« デング熱報道で隠したかったものとは? | トップページ | 被災地「見放された」 3県出身大臣ゼロ »

2014年9月 6日 (土)

胆管がん列島

飯山一郎

2014/09/05(金)  

 

済美高校野球部 上甲監督が死去

上甲正典さん

春の選抜高校野球大会で2度の初出場優勝を果たすなど高校野球界の名将として知られる上甲正典(じょうこう まさのり)さん(愛媛・済美高監督)が2日午前、入院先の愛媛県内の病院で亡くなりました。
67歳でした。
済美高校によりますと、上甲さんは先月中旬に体の不調を訴え、先月下旬に愛媛県東温市内の病院に入院して治療を受けていましたが、2日午前、胆管がんのため亡くなりました。 (NHKの記事)

 

今年の3月には、女優の川島なお美(53)が胆管がんを患い、都内病院で12時間に及ぶ手術を行っていたことが報じられたが…、
いま、日本は、胆管がん列島といった状況になっている。

これは、医者がイトも簡単に「胆管癌」とか「胆膵癌」などという病名をカルテに書くからだ。
この瞬間から、(検査を受けに来ただけなのに)「胆管癌の患者」にされ、悪性腫瘍の治療が強引に始まる…。

「胆管癌」という“病名”は、医者にとっては大変に便利な病名だが、「患者」にされたほうは、たまったもんではない。“死に直結”するからだ。

人は癌では死なない!病院の治療で死ぬ!」ということの真相は…、

先月中旬に体の不調を訴え、先月下旬に愛媛県東温市内の病院に入院して治療を受けてたが、胆管がんのため亡くなった…。

という上甲監督の“死亡例”に如実に示されている。

先月の下旬に入院し、今月の2日には亡くなってしまう!
いったい病院はどんな「治療」をしたのか?! これは永久に闇の中だ。

昨日…、
ガン宣告のショックでヘトヘトになった78歳の老人が来られた。

「東北の某病院で『胆管癌』と診断されてオドされ、このままだと“三大荒療治”をされるので、その前に飯山さんの話を聞いておきたい!」と、娘さんと一緒に、わざわざ東北の某市から志布志まで来られたのだ。

鷲が…、

「あれ?! この肝機能の数値が悪いのは、新たに処方されたクスリが原因で…、ズバリ感想を言えば、あなたは胆管癌ではない!

と率直な感想を言うと、老人は、その途端、顔を輝かせた!

「牛~病院などには行かないことです!そうすれば畳の上で死ねる!」
と鷲が言うと、
「なんか、生きる希望と、もっと生きるぞ!という意欲がわいて来ました」
と老人は(先ほどまでの暗さがウソのような)明るい声で宣言した。

そして老人は、ポツリと言った。 「なんか腹が減りました…」

鷲は、「よし!志布志名物の『丸チョン・ラーメン』を御馳走します!」と言い、皆をラーメン屋に連れて行った。

老人は さも美味そうにラーメンを平らげた。それを見た娘さんは…、
「お父さん、ほんとに凄い食欲ね!」

4~5日、ゆっくりと志布志に滞在する予定だった老父と娘は、急きょ予定を変更し、「仕事をする!」と、明日の早朝のバスで志布志を立つ。

上の一部始終を見ていた野次馬が言った。
「病気なんて一瞬で治るもんなんだな~」

鷲は答えた。
「そらそーだよ。医者がデッチアゲて病名をつけただけだもの!」

癒しの医療は、医者よりも素人のほうが上手い!鼠~こと鴨寝。

« デング熱報道で隠したかったものとは? | トップページ | 被災地「見放された」 3県出身大臣ゼロ »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/60266455

この記事へのトラックバック一覧です: 胆管がん列島:

« デング熱報道で隠したかったものとは? | トップページ | 被災地「見放された」 3県出身大臣ゼロ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ