« 本田志布志市長:日本蜜蜂の蜂蜜は市の特産品! | トップページ | 「規制基準クリア=安全確認」という新たな「安全神話」のデッチ上げ&「辺野古はもう過去の問題」(菅官房長官)。こいつらにとっては、福島も同じなんだろうね。 »

2014年9月10日 (水)

くつがえる医学常識

飯山一郎

2014/09/10(水)2  

 

コレステロールを下げるための投薬が
心不全など多くの副作用を引き起こす

コレステロールは高いほうがEー!

日本脂質栄養学会は、コレステロールを下げる医療を推進するほかの学会に対して、ガイドラインを改めるように緊急提言をした。

提言では、「コレステロール値を上限未満に保とうとする医療には根拠がなく、コレステロールを下げるための投薬こそ、心不全など多くの副作用を引き起こす」と主張していて、コレステロールの上限値などを定めている、日本動脈硬化学会に対して、ガイドラインを改めるように緊急提言した。

日本脂質栄養学会は2010年に、「コレステロールは、なくてはならないもので、数値が高い方が病気になりにくい」というガイドラインを発表している。
FNNニュース

 

コレステロールを下げる医療には根拠がなく、コレステロールを下げるための投薬こそ、心不全など多くの副作用を引き起こす!

日本脂質栄養学会のこの提言は正しい! と、鷲は判断する。
これは、鷲の判断能力、物事の真偽を判断する鷲の能力を総動員して判断した結果でR。

「科学的な論拠は? エビデンス? 客観的なデータは?」などと、“科学信仰”の信者は矢鱈と騒ぐが、じつは、“科学”とか“医学”なんてものは宗教と似たり寄ったりで、“信者”に支えられている。

ところで、
この世のあらゆる事象には、常に相反する見解が成立している。
たとえば…、
「微量でも放射能は危険だ!」という鷲の見解と、「妊婦も子供も100ミリシーベルトまでは何の問題もない、絶対に大丈夫だ!」という偉い教授が述べていた見解は、まるで真逆で、相反する。

「ストロンチウムは最も危険な核種だ!」と鷲は確信しているが…、ある東大の教授は「ストロンチウムは食べても大丈夫!」などとTVに出て吠えていた…。

コレステロールについても、「安全」と「危険」、相反する見解があるが、このどちらを選ぶか? これは個人の自由だ。

が、鷲は、クスリは副作用のリスクが高すぎるので絶対に服用しない。
こういうヒトのほうが、実際、長生きしてるし…。

ま、そういうこってす、鷲的に言えば。

« 本田志布志市長:日本蜜蜂の蜂蜜は市の特産品! | トップページ | 「規制基準クリア=安全確認」という新たな「安全神話」のデッチ上げ&「辺野古はもう過去の問題」(菅官房長官)。こいつらにとっては、福島も同じなんだろうね。 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/60295241

この記事へのトラックバック一覧です: くつがえる医学常識:

« 本田志布志市長:日本蜜蜂の蜂蜜は市の特産品! | トップページ | 「規制基準クリア=安全確認」という新たな「安全神話」のデッチ上げ&「辺野古はもう過去の問題」(菅官房長官)。こいつらにとっては、福島も同じなんだろうね。 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ