« 世紀の馬鹿の「これが消費税10%にする理由」 | トップページ | 「増税中毒」日本 »

2014年8月20日 (水)

5年で半分が死んでしまう 今の癌医療

飯山一郎

2014/08/19(火)  

 

生存率? 殺人率というべきだろう
がん治療の成績は、5年生存率50%
50%のうちの何人かは、昨日まで元気だったのに、検診を受けたら癌を宣告され、「余命三ヶ月!」とまでオドされ、やむなく切除手術や抗癌剤治療を受け…、ボロボロになって死んでいった人も含まれているんだろう。
今の癌医療は、ほとんど犯罪(殺人)だ!

 

今朝も…、
「私の父は83歳で元気なんですが、たまたま検診を受けたら悪性の肺癌がみつかり、このままだと余命三ヶ月!と言われました。どうしたらいいでしょう?」 という電話相談が福井県の方からあった。
こんな電話が1週間に何回もかかってくるので、鷲は頭痛が痛い。

癌の宣告をする病院が激増中!』にも書いたが…、いま、日本中の病院で「癌の宣告」が乱発されている。癌患者を「粗製乱造」しているのだ。

その結末は、「5年後の生存率50%」という恐るべき殺人率である。

えらそうに「5年生存率」などと言うが…、
QOL(クオリティ・オブ・ライフ、健康で人間らしい生活)という観点から言えば、病院で癌の治療(三大荒療治)を受けた瞬間から社会人としては死んだも同然のボロボロの身体になるのだ。

それでもなお!
「早期発見して、早期に切除手術を受けましょう!」
などという頓馬な悪魔ばかりなのだ。日本の医者は。
だっから、「早期発見・早期治療」などと言う医者には、絶対に近づかないほうが賢明だ。

今後、この国は、癌が大発生する時代になる!
それでも、(癌患者を粗製乱造するための)癌検診や癌の治療は絶対に受けない! という覚悟は、今後の日本で生命を永らえるための鉄則である。

そういう覚悟をした「がん難民」や「医療難民(「今の医療は受けたくない!」)」といった“覚醒人”が、いま、激増中である。

この「医療難民」を優しく癒やす“癒しの医療”が、間もなく鹿児島の地で始まる。

この“癒しの医療”は、従来の医療とは全く異なる医療形態になる。

「治療はしない!」 「投薬もしない!」 「癌や糖尿病や高血圧は自力(免疫力)で治す!」 「癌細胞を活かす!」といった考え方に立つからだ。

ともかく今、日本の(殺人)医療を鹿児島から変える!という志(こころざし)をもった“覚醒したドクター”たちが志布志に集結しよう!としている。

ほんと、たのもしいかぎりだ。

« 世紀の馬鹿の「これが消費税10%にする理由」 | トップページ | 「増税中毒」日本 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/60179277

この記事へのトラックバック一覧です: 5年で半分が死んでしまう 今の癌医療:

« 世紀の馬鹿の「これが消費税10%にする理由」 | トップページ | 「増税中毒」日本 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ