« 「放射能でひとりも死んでないだと……このうそこきやろう人殺し」青田恵子『拝啓関西電力様』より | トップページ | 米豪日にNATOは負けている 米国に追随しようキャメロン »

2014年7月21日 (月)

男子三日会わざれば刮目して見よ!

飯山一郎

2014/07/20(日)  

 

3月16日。某超有名人が鷲を頼って霧島に来た。
この方は、日本で最も権威ある大学病院で悪性の胆管ガンと診断され、2回(合計4クール)に渡って強力な副作用のある(猛毒の)抗がん剤を処方されたが、病状は悪化するばかりだった。

思い余って、佐賀の悪徳医者の病院に入院したが、「オドシとダマシの医療」の結果、高額な非金属の歯に交換させられ数百万円を支払わされたが、病状は悪化する一方だった。

霧島に着いた時は、階段を登るのもヤットというヘトヘトの状態。表情にもウツの症状が強くでていて、顔面蒼白で見るも痛々しい有り様だった。

ところが!である。

3泊4日の霧島滞在の間に、「癌」という病気に対する見方・考え方がガラリ!と一転し、癌という病気は自力で克服できる! という自信を持ちはじめ、明るい希望が湧き始めた…。

そーしたら、がぜん元気が出てきて、まわりが驚くほど食欲旺盛になり、食うわ!食うわ!
朝の散歩も、鷲が寝てる間に霧島神宮の本殿まで登って行く有り様。

昨日(19日)の夕刻、飛行場へ向かうため霧島倶楽部を出る時は、顔色も、歩き方も、姿勢も、すべてが健康そのもの、生来の魅力的な笑顔が戻って、冗談まで連発する某超有名人の変わり方には、ホテルのスタッフも驚き、桃の木、陽気になって手を振っていた…。

わずか3泊4日の間に、こうも見事に人間は変身できるものなのか?! それは論より証拠で…、やがて、その某超有名人が証言するだろう。

オドシやダマシではなく、「患者」を優しく癒やす(いやす)「いやしの医療」、これを霧島か志布志で始めるとき、某超有名人は、開始!のゴングを鳴らすはずだ。

きょう(3月20日)までに、その「いやしの医療」に協力する!というドクターが4名も応募してきた。

そのうちの一人の医師は北海道の勤務医だが、本日の朝に応募してきて、本日の夜には北海道から志布志に到着されている。

ものすごいスピードで「いやしの医療」が始まる予感がする…。

「男子三日会わざれば刮目して見よ!」とは、日々鍛錬する人は、3日も経つと見違える程成長しているものだと言う意味。出典は、三国志演義。

« 「放射能でひとりも死んでないだと……このうそこきやろう人殺し」青田恵子『拝啓関西電力様』より | トップページ | 米豪日にNATOは負けている 米国に追随しようキャメロン »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/60019991

この記事へのトラックバック一覧です: 男子三日会わざれば刮目して見よ!:

« 「放射能でひとりも死んでないだと……このうそこきやろう人殺し」青田恵子『拝啓関西電力様』より | トップページ | 米豪日にNATOは負けている 米国に追随しようキャメロン »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ