« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2014年7月

2014年7月31日 (木)

昭和は遠くなりけり 家族の崩壊、不釣り合いな政策

あいば達也

Photo_3

2014年07月31日
昭和は遠くなりけり 家族の崩壊、不釣り合いな政策

 7月25日付の拙コラムで「日本、少子化対策と口々に叫び 子供の貧困を見逃す社会観」と云うのを書いたが、今日の朝日にも、関連する情報が掲載されていた。日本の家族社会が崩壊に向かっている事を示す現象が、紙面を賑わしていた。棄民ではなく、「棄墓現象」だ。「空き家率」の問題も一面で取り上げられているが、このような日本の家族制度が崩壊している傾向が益々顕著だと云うのに、お上の発想も、右派政治家の事実認識は、家族制度の再生などと云う戯言に興じているのだから、批判する気力さえ湧いてこない。まあ、無気力を装いながら、皮肉っぽくけなしておこう。

 朝日が、この二つの明確なデータを1面でデカデカと報じた意味は何なのだろう。仮に別のセクションから個別に出てきた記事だとして、整理部が、この二つのデータが指し示すテーマが同じベクトルにあることを感じ取らなかった、と云うのはあり得ない。つまり、意識して「棄墓現象」と「空き家率」を並べたと解釈する方が自然だ。朝日が、どこまでを意図して、この二つのデータを並べたか別にして、明らかに、日本の家族社会の大きな綻び、或は崩壊を印象づける。少子化問題や子供の貧困にしても、老老介護問題にしても、お上や政治家の時代認識がずれていることによる弊害なのである。

 

続きを読む "昭和は遠くなりけり 家族の崩壊、不釣り合いな政策" »

安倍さん、あなたの『世界で最も』が、どれほど軽薄で嘘っぱちなものか、それがよく分かりました

ウィンザー通信 

2

安倍さん、あなたの『世界で最も』が、どれほど軽薄で嘘っぱちなものか、それがよく分かりました
2014年07月29日

安倍さんは、なにかというと、『世界』という言葉をよく使います。
安倍さんの言う『世界』とは、いったいなんのことを意味してるのでしょうか。
『世界で最も厳しい』
『世界で最も優れている』
彼の言う世界がどれほど粗末で嘘っぱちなものか、それがこのビデオにはよく表れています。

毎回、申し訳がないのですが、Daily Motionのビデオを、ここに載せることができません。
ビデオを止めて、数枚写真を撮ってみましたが、どれもピンぼけで見にくいものばかり…。
けれども、日本の原発というものが、いかにいい加減で、無責任な考え方の元に成り立ってきたか、
しかも、あの凄惨な事故を経験してもなお、ほとんど改善されることもなく、この先も続けられようとしているか、

そして、スリーマイル島とチェルノブイリの事故後、それらの事故を教訓に、設計段階から考え抜かれた数々の安全対策が、欧米の原子力業界には存在していること、
メルトダウンは起こり得るものだという認識で、それに対する対策はもちろん、
過酷事故が起こり、『メルトダウンに至る事象の始まりから12時間は、格納容器保護のために人的対応に依存してはならない』というように、
事故の対処に当たる人たちの、被ばくの軽減にまで踏み込んだ規定が、原発の設計基準には組み込まれています。

続きを読む "安倍さん、あなたの『世界で最も』が、どれほど軽薄で嘘っぱちなものか、それがよく分かりました" »

北九州市役所で福島産のモモPR ミスピーチキャンペーンクルー

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2


北九州市役所で福島産のモモPR ミスピーチキャンペーンクルー

福島市の小林香市長らが北九州市役所を訪れ、福島産のモモの安全性とおいしさをPRした。

福島市のモモの生産量は2006年実績1万1500トンで、市町村別では全国2位。北九州市中央卸売市場に入荷されるモモの4割(2013年度実績、208・5トン)を福島市産が占めている。

小 林市長は23日に北九州市の梅本和秀・副市長を訪問。東京電力福島第1原発事故後の風評被害を念頭に「福島のモモは放射能検査で、昨年度、本年度ともに基 準値未満だった。安心して召し上がっていただけます」と安全性をPR。福島産の果物を全国でPRする「ミスピーチキャンペーンクルー」が、梅本副市長にモ モをプレゼントした。

ミスピーチキャンペーンクルー

=2014/07/30付 西日本新聞朝刊=
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/f_kitakyushu_keichiku/article/104525
===============================================


放射能汚染廃棄物にしろ、使用済み核燃料にしろ、最終処分場はまずは首相公邸と経団連会館、そして電力会社の地下に建設すればいいんでないの。

くろねこの短語

Photo


2014年7月31日 (木)
放射能汚染廃棄物にしろ、使用済み核燃料にしろ、最終処分場はまずは首相公邸と経団連会館、そして電力会社の地下に建設すればいいんでないの。

 ここ何年も、セミの声が聞こえるのが遅くなっていると感じているんだが、我が家の周辺では昨日ようやくミンミンゼミが鳴いていた。セミ時雨なんて言葉も、東京では今は昔か・・・なんてちょっとセンチな夏の朝である。

 ところで、福島第一原発事故で発生した汚染廃棄物(焼却灰、下水汚泥、稲わらなど)の最終処分場をめぐって、また国が相談なしに勝手に進めたっていうんで地元が反発している。今回は栃木県での話だけど、千葉、茨城、群馬でもこれから同じようなことが起きてくるんでしょうね。

最終処分場 また突然提示 指定廃棄物「名水の里になぜ」

 放射能汚染された廃棄物の最終処分場を地元に建設されたら、誰だって反対するのは至極もっもなことなんだね。これって、ようするに廃棄物は地元処理っていう基本原則に立ち返らない限り、何事もおさまりません。そもそも、放射能汚染された廃棄物は拡散させない、っていうことを徹底するしかないんだけど、ガレキ処理の時もそうだったように、なぜかこの国は全国にばら撒こうとしてるんだよね。

 原発の使用済み核燃料だって同じです。金をばら撒いて青森県六ヶ所村に再処理工場作ろうとしたけど、これなんか最早計画そのものが頓挫してますからね。そう考えれば受益者責任で、福島第一原発の使用済み核燃料なんてのは、東京に保管するのが筋ってもんなんだね。安全だって言ってるんだから、経団連会館や首相公邸の地下に保管所建設したらいかがでしょう。いっそのこと、東京湾に建設したらどうだろう。めっちゃライトアップして、江戸川乱歩のパノラマ島みたいにしたら受けるんでないの。

 それはともかく、最終処分場なんてものはやめて、すべての放射能汚染廃棄物は地元処理ってことにしたら、もっとみんなが危機感を共有できるんじゃなろうか、それくらい、ドラスティックなことしないから、「最終処分場は必要だけど、自分の所には嫌よ」って、みんなが他人事になっちまってるんですね。

 こうなったら、レレレのシンゾーの地元である山口県に使用済み核燃料の最終処分場建設することをおすすめしたい。で、閣僚はもとより、経団連のオエラ方の出身地にも義務づけたりしたらどうだろう。「先ず隗より始めよ」って言葉もあるんだからさ・・・。

きたぞ! 免疫力の異常な低下現象が…

飯山一郎

2014/07/30(水) 

 

「ヘルパンギーナ」急増、過去10年間で最多!

ヘルパンギーナ

「夏かぜ」の代表的な疾患のヘルパンギーナが首都圏で猛威を振るっている!という。 (記事)
これは子供たちの免疫力が著しく低下していることの証拠だ。
何としても、免疫力をアップせよ!
強靭な免疫力があれば、病原性ウイルスなど全く恐くない!

 

ヘルパンギーナはエンテロウイルス群によるウイルス感染症だが、効果的な治療法はない。予防となる抗ウイルス剤やワクチンもない。発熱や頭痛などに対してアセトアミノフェンなどを用いる対症療法のみだ。(安易に解熱剤を処方するな!)

人類史上最悪の放射能国家・日本では、今後、様々な感染症が大流行する!
これに対処する効果的な治療法を、現代医学は全くもって持ってない! 現代医学は、対症療法で対処する以外、何も出来ない。それほどに今の医学は無力なのだ…。

となると、われわれは自己防衛するっきゃない!
が、病原性ウイルスだって、病原菌だって、ちーとも恐くない!ってこと、日頃からアレとアレとアレで免疫力を高める生活をしているヒトには分かる夜寝?!

ところで…、
アレとアレとアレで免疫力を高めたり、運動と入浴や日光浴で血流を盛んにする生活をしていないシトが、きょう、志布志の鷲の宿舎に来た。

そのシトは72歳で、自殺願望もある!と奥さんが言うので、ホテルは発作的に飛び降りても大丈夫な2階の部屋をとった。

で、その72歳の平熱は35.2℃だという。
医者は何も訊かずに向精神薬を出しただけ…、この副作用が自殺願望だ。

鷲は、ウツの原理(病理)と原因を良~く説明したあと、温熱療法や日光浴や温泉浴を何時間もヤッてもらった。

72歳は6時間後、ケロッ!と、憑きが落ちたような明るい表情になった。

こんなシトたちが毎日、二人、三人と鷲の宿舎に来るのだ…。

たいていの病気(癌の末期、余命1ヶ月!などと宣告された患者も)は、ほんと、2週間もあれば社会復帰できる。こういう「癒しの医療」を、有能なドクターと志布志で開始すべく鷲は準備を始めた。

「癒しの医療」のコンセプトとコンテンツについて、鷲は昨日のエントリに書いた。
日本再生につながるプロジェクトなので、再読・熟読をお願いする次第。

2014年7月30日 (水)

2011年7月末~8月中旬、福島第一原発で再臨界が起きていた

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2


2011年7月末~8月中旬、福島第一原発で再臨界が起きていた

東日本大震災と福島第一原発事故の発生から半年が経過した9月11日、東京電力は「避難されている方々に1日も早く帰宅いただけるよう全力で取り組んでい く」とする西沢俊夫社長の談話を発表。原発事故の収束に関して、工程表の「ステップ2」の目標である「放射性物質の放出が管理され、放射線量が大幅に抑え られている状態」を来年1月までに目指すと表明した。

以前、東電が発表した1~4号機の廃炉計画では、圧力容器と格納容器すべてを水で満 たし、溶け落ちた核燃料を回収する「水没法」が提案されている。しかし、そのためには原子炉施設全体に生じた無数の穴やヒビ割れをふさがなくてはならず、 この前段階作業だけでも10年では終わらないと予想されている。つまり、東電が表明した目標に反し、今後も当分の間は放射能の“垂れ流し状態”が続くこと を覚悟するしかないのだ。

それだけではない。実は公的機関が発表している放射線量の数値で、不可解な動きが計測されているのだ。それは、 7月末から8月にかけて発生した放射線量の大幅な上昇。3月の事故直後から、事態の深刻さをネット上での論文発表などで訴え続けてきた日沼洋陽工学博士は こう解説する。

「私は福島第一原発1~3号機のいずれかで、メルトダウンした核燃料が連鎖的に核分裂する『再臨界』が発生し、4月以降で は最大量の放射性物質が施設外へ漏れ出したと考えています。時期は7月28日から31日頃と、8月19日から21日頃の2回。放射物質の大量流出は、発表 数値が実際よりも低めではないかと疑われている東京都や横浜市の線量測定データからもはっきりと読み取れる科学的事実です」

例えば、東京都発表のデータでは、8月19日の最大線量が前日の約1.4倍となる0.0865マイクロシーベルトを記録。この日には横浜市でも0.051マイクロシーベルトと、こちらは3月末並みの線量が観測されている。

「さ らに詳しくデータを分析してみると、7月よりもよりはっきりと数値が上昇している8月のほうでは、規模が大きく継続時間が長い『即発臨界』という分裂反応 が起きたと推定されます。これによって大量発生した放射性のセシウムやヨウ素などが首都圏にも達し、線量を増大させたと考えていいでしょう」(日沼氏)

振 り返ってみれば、東京都と神奈川県の「下水脱水汚泥」から高い数値の放射性ヨウ素131が検出され始めたのも7月後半から。ヨウ素131の半減期は8日間 なので、3月の臨界で発生したものが7月以降になってから検出されることはありえない。また8月には、都内各区の数十ヶ所の砂場で安全基準値を大幅に上回 る放射線量が測定され、砂を全交換するまで使用禁止の措置がとられた。だが、その砂場のほとんどが7月以前の計測では基準値以下だったのだ。

この夏、福島第一原発で再臨界が少なくとも二度発生、新たに放射性物質が降り注いでいる可能性が高いと言わざるを得ない。(取材/有賀 訓、写真/下城英悟)

再臨界が起きていた?
いまなお放射線が漏れ続けていると思われる福島第一原発。原子炉内では、まだ活動が続いているとの疑念を抱かせるデータとは?(写真はイメージです)

週プレNews [2011年09月12日]
http://wpb.shueisha.co.jp/2011/09/12/6900/
=========================================================

そのころ↓のニュースです。

10シーベルトの放射線はどこからきたのですか?
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/4237777.html

10シーベルト越えはいつからあったのですか?
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/4262661.html

福島第1の地面から大量の放射能を含んだ水蒸気が噴出!! (その1)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/4572750.html

福島第1の地面から大量の放射能を含んだ水蒸気が噴出!! (その2)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/4574146.html

福島原発が再臨界していたというのは本当ですか?
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/4628063.html

安保法制担当大臣になったら国会で集中砲火浴びちゃって、へたすりゃボロ出しちゃうかもしれないから、石破君の腰も引けちゃってます&「世論二分」してるから俳句掲載拒否。だったら、「世論二分」してる問題を閣議決定した政治家は退場だね。

くろねこの短語

Photo

2014年7月30日 (水)
安保法制担当大臣になったら国会で集中砲火浴びちゃって、へたすりゃボロ出しちゃうかもしれないから、石破君の腰も引けちゃってます&「世論二分」してるから俳句掲載拒否。だったら、「世論二分」してる問題を閣議決定した政治家は退場だね。

 9月にも内閣改造なんて声が上がって、さぞかし陣笠議員センセイたちの猟官運動が激しくなることでしょう。でもって、目玉の安保法制大臣の人事で、なにやら揉めそうな気配です。戦争やりたくてしょうがない、娘が東電のアンポンタン幹事長・石破君なんか最適だと思うんだが、本人は来年の総裁選を睨んで就任を渋っているとか。

 へたに安請合いしちゃうと、集団的自衛権にまつわる法整備の審議で火達磨になっちゃって、ただでさえ無理筋の屁理屈を駆使して閣議決定したくらいだから、最悪はボロが出ちゃうってこともありますからね。そんなことになったら、総裁選どころの話じゃなくて、政治生命すら脅かされかねないって計算してるはずです。政治理念よりも、まずは我が身が大事ってわけで、政治家なんてそんなもんです。

・内閣改造:石破氏に安全保障法制担当相就任を打診

 ところで、「梅雨空に 『九条守れ』の 女性デモ」って句の月報掲載を、さいたま市の公民館が拒否したってんで問題になってたんだが、市の教育委員長がしゃしゃり出てきて、「世論を二分しているものは月報にそぐわない。今後も掲載しない」って言い放ってくれたそうだ。市長も、「世論が大きく分かれる問題で一方の意見を載せると、市の意見だと誤解を招く。(掲載拒否は)おおむね適正だ」って寝ぼけたこと言ってます。

「九条守れ」俳句、今後も不掲載 世論二分なら排除

 この俳句をどう解釈するかってのはひとそれぞれだから、そこはひとまず置くとして、この問題に限らず最近は「世論を二分するもの」をテーマにするとすぐお上の“検閲”が入るんだが、これを突き詰めていくと、川柳なんてのはまず成り立ちません。さらには、かつては寄席を賑わした時事漫談なんかもってのほか。ぼやき漫才だってダメです。

 もっと言えば、小説だって「世論を二分するもの」をテーマとしてたら、公的な図書館には置かしてもらえないなんてことにもなりかねない。たとえば、あの百田センセイの迷作『ゼロのなんたら』でさえ、ひっかかる可能性があります。

 そもそも、世の中ってのはすべからく二分されているもので、「陽」と「陰」があるからこそこの世は楽しい。「男」と「女」もまたしかり。その間を流れる、誰も渡れないように見える深くて暗い川に漕ぎ出すことこそ文学やおまへんにゃ。

 って、わけがわかんなくなったところで、そもそも「世論が二分するもの」を政治家が好き勝手に解釈してやりたい放題することに比べりゃ、俳句のひとつはどうってことありません。そんな些細なことに目くじら立てるような、木を見て森を見ない器の小さい国になってしまったことを嘆きたい今日この頃なのだ。

トラブルが起きた時住民の安全を守るというのが、日本の規制基準の中には入ってない。これで世界最高?

ウィンザー通信

2


トラブルが起きた時住民の安全を守るというのが、日本の規制基準の中には入ってない。これで世界最高?
2014年07月28日

Daily Motionビデオ『泉田知事・「日本の原子力の新規制基準は、国際標準を満たしていない」』を、字起こししました。

いかに、地元や近隣にお住まいの方々にとって、避難が難しいものであるか、そのことをとても具体的に、分かりやすく語っておられます。
ぜひ、地元や近隣以外にお住まいの方にも、その実態を知っていただきたいと思います。

ビデオを、ここに載せることができません。
右横の文字⇒http://www.dailymotion.com/video/x21yrvk_泉田知事-日本の原子力の新規制基準は国際標準を満たしていない-第5層がそっくり抜けている_newsをクリックしてください。
別画面で観ていただけると思います。


2007年7月16日
新潟中越沖地震


続きを読む "トラブルが起きた時住民の安全を守るというのが、日本の規制基準の中には入ってない。これで世界最高?" »

2014年7月29日 (火)

麻生派研修会で割烹着姿ではしゃぎまわる女性記者&「国民が安全保障に臆病だから」(菅官房長官)安倍政権の支持率が低下したんだとさ

くろねこの短語

Photo_3


2014年7月29日 (火)
麻生派研修会で割烹着姿ではしゃぎまわる女性記者&「国民が安全保障に臆病だから」(菅官房長官)安倍政権の支持率が低下したんだとさ。

 組織というのはトップが腐ると下もとことん腐るもので、レレレのシンゾーと酒食を共にするマスメディアの幹部連中を見習ったってことなんでしょうか、ひょっとこ麻生の派閥研修会に参加した番記者たちのはしゃぎようがとんでもなくお下劣だったとか。

 なかでも、「女性記者は割烹着を着て、“改造はあります!”と小保方晴子さんのモノマネをしながらAKB48の『恋するフォーチュンクッキー』を歌いました」ってんだから、これはほとんどキャバクラですね。

 上も下も権力とつるんで、そこに屈託を感じるならまだしも、自分たちも権力を握っているかのように錯覚して、美味しい汁をすすってるんだから、まともな記事なんて書けるわけがない。女性アナウンサーが軒並みクラブのチーママ状態になったように、いまでは女性記者がキャバクラ嬢まがいのことやってんだから、セクハラ野次なんてのにも寛容になっちまうわけです。

 新聞記者が“女”であることを武器にして媚売ってちゃ、いつまでたっても女性の社会進出なんて本物にはなりませんよ、ったく。

9月内閣改造で大ハシャギ 麻生派「派閥研修会」のお下劣

 ところで、貧相顔の官房長官・菅君が、来日中のカナダの外務大臣から安倍政権支持率低下の理由を聞かれて、「国民が安全保障に臆病だからです」って答えたそうだ。東京新聞が小さく報道してたんだけど、何をたわけたことをおっしゃっしゃってくれちゃってんでしょう。安全保障に臆病なんじゃなくて、嘘ついてでもやりたい放題をかましてくれることに危機感を覚えてるからこその支持率低下だってのに、何言ってんだか。

Photo_4


 ようするに、レレレのシンゾー一派のセンセイ方の人品骨柄の卑しさに辟易してるんです、一般大衆労働者諸君は。そこをまったく理解していないところがこの政権の痛いところなんだね。東京新聞「本音のコラム」でルポライターの鎌田慧氏が、「戦争をしたがる政府の敵は国民である。戦中に猛威を振るった憲兵隊の残虐さを見るとよくわかる」って書いていたけど、「国民が安全保障に臆病だから」って言葉こそ国民に対する敵意の表れなのかもしれない、そんな気がする夏の日差しが爽やかな火曜の朝であった。

佐世保女子高生殺人事件の異常性と素早い火消し

simatyan2のブログ 

Simatyan2

佐世保女子高生殺人事件の異常性と素早い火消し
2014-07-28 18:55:03

長崎県佐世保市で起きた女子高生殺人事件には驚かされました。

首と手首を切り落とすという猟奇性は17年前のサカキバラ事件
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A5%9E%E6%88%B8%E9%80%A3%E7%B6%9A%E5%85%90%E7%AB%A5%E6%AE%BA%E5%82%B7%E4%BA%8B%E4%BB%B6

を思い起こさせるに十分な残忍性です。
http://mainichi.jp/select/news/20140728k0000m040140000c.html

小さいころから小動物の解剖を繰り返すなどの問題行動があったと
言う点も非常に似ていますね。

続きを読む "佐世保女子高生殺人事件の異常性と素早い火消し" »

栄枯盛衰・盛者必衰

飯山一郎

2014/07/28(月)  

 

衰退し、やがて消滅する産業

巨大な産業が一つ、いま日本から消えようとしている。
10兆円近い貿易黒字を出して外貨の稼ぎ頭だった日本電子産業、製品が売れすぎて世界中で貿易摩擦を起こしていた日本電子産業――
今やそれは夢まぼろしである。 (日経『電子立国は、なぜ凋落したか』)

 

盛者必衰! 花型産業の衰退は、革新(イノベーション)の欠如と、仕組み(モデル)の陳腐化が原因である。
日本の電子産業の衰退も、技術革新(より良い製品づくり)と、価格革新(より安く)の面で中台韓に遅れをとったからである。

ところで…、
次に衰退していく産業は、医療産業であろう。

日本は、今後、大疾病時代(癌と免疫不全症)に突入するが、しかし、医療産業は衰退する!

日本の「医療モデル」、「治療モデル」は、患者を地獄の苦しみに突き落とす三大荒療治しかなく、オドシとダマシだけでムンテラ(優しい言葉と姿勢)がなく、心身がなごむ癒やしの医療など望むべくもない…。

日本の医療は今後も癌宣告を乱発するが、技術革新がないので、三大荒療治で患者の大半が死んでしまう。

こんな残酷で過酷な医療モデルは、今後益々敬遠されていくだろう。

『医者に殺されない47の心得』とか、『がん放置療法のすすめ』といった“近藤本”が大ベストセラーとなって読まれ続けているのは、「患者」が病院を敬遠する理由を見つけるためである。

しかし…、
病院を敬遠するのはEーが、迷える子羊のような患者は、いったい、どこに行ったらEーのか? 誰を頼り、何を信じたらEーのか?

迷える子羊を優しく受け入れる施設が今の日本には全くないのだ。
のみならず、従来の荒療治に代わる医療技術がない。治療方法も確立してない。いるのは古いタイプの医者ばかりで…、斬新で画期的で未来型の医療(「いやしの医療」)を行う医師が皆無なのだ。

ところが!である。
いま、志布志市において、「悪性の癌で末期!」とか「余命3ヶ月!」と宣告され、医者にオドシまくられ、イジリまくられて、身も心もヨレヨレになった患者 が、2~3週間(最短は4日)で心身ともに癒されて回復し、元気になって社会復帰してゆく症例が激増している…。そういう時空間が志布志にはあるのだ。

ソレは特段に変わった新型の医療行為ではない。いや、医療ですらない。治療行為なども皆無だ。
しかし、「患者」は確実に癒され、治っていく…。

じつは…、
この「癒し」の秘密・秘法を見破った医師がいる。
フランスや米国で、分子生物学や遺伝子工学、予防医学などの基礎医学をみっちりと研究したあと、日本の医療現場の実態を克明に観察しながら臨床医としての経験を7~8年以上も積んできた(文字どおり有能な)医師である。
いや、医師というよりヒポクラテスのような稀有な医療哲学者だ。

その和製ヒポクラテスが、初秋には志布志市に移住してこられる。

彼だけではない。
「牛~、今の日本で行われている殺人医療はヤリたくない!」
と言ったワケではないが、そーゆー意識を持った別の医師も志布志移住を計画している。

日本の医療は志布志から大きく変わっていく!
そー期待してくれてもEーかんね!>皆の衆

日本は「露魔女」に近づくな 痛い目に遭うと脅す日経

あいば達也

Photo_2

2014年07月29日
日本は「露魔女」に近づくな 痛い目に遭うと脅す日経

 “切り張り”のおかげ?で貴重記録残った 藤原定家の「明月記」“なんて記事が朝日新聞に掲載されていたが、同日、米国務省はロシア軍が自国領からウクライナに砲撃していることを示す証拠写真なるものとしてハリウッド特撮班製作の“切り張りテクニック”を公開した。そういえば、STAP細胞のリケジョも“切り貼り”で時の人になったという。げに、偽物の多き世の中だ。米国務省などと云うのは、世界最強の捏造情報機関であり、アメリカのご都合主義な「正義」の総合商社。これは、イラク戦争後の世界の常識だろう(笑)。

 話は、以下の日経の滝田洋一なる編集委員の解説記事なのだが、読んでびっくりだ。ウクラナ問題の犯人は、ロシアなのは当然だが、それでも制裁の方法は、なかなか難しいとか何とか語り、最後になって≪…第2のパリバ問題が持ち上がらねばよいが。かの国の先行きが思いやられるが、日本にとってもよそ事ではない。マレーシア機事件後に安倍晋三首相が、プーチン大統領との対話に言及したことに対し、米国側は水面下で不快感を伝えてきているからだ。 ロシアのプーチン大統領の今秋訪日にこだわると、しっくりとはいっていないオバマ政権の虎の尾を踏みかねない。邦銀の対ロ与信も200億ドル近くにのぼる。江戸の敵を長崎で討たれないよう、細心の注意を払いたい。≫が言いたかったので、見出しは安倍政権への脅しで、国際金融なんて関係ない結語で終わる。

≪ 対ロ制裁で「虎の尾」に身構える国際金融界
編集委員 滝田洋一
 虎の尾を踏んでしまわないか。国際金融界が対ロ制裁で神経をとがらせている。ウクライナ問題で非があるのは明らかにロシアだが、経済制裁の音頭をとるのは米国。ロシアと取引している銀行にとって、その米当局との間合いは実に微妙だからだ。 欧州は何といってもロシアとの経済関係が密接だ。融資や債券引き受けなどによる対ロ与信額は今年3月末時点で欧州銀が1500億ドル余りと、全体の4分の3を占める。
 個別行ではオランダのINGグループ、仏ソシエテ・ジェネラル、ドイツ銀行、伊ウニクレディト、オーストリアのライファイゼン。欧州銀の与信額が、米シティグループなどと並び大きい。
 米国による対ロ制裁の強化は、これらの銀行の活動に影を落とす。7月16日に米財務省は、ロシアの大手行2行とエネルギー大手2社に、新たな制裁を科した。米国で90日を超える新たな借り入れをし、株式を発行することを禁じることにしたのだ。 銀行では、天然ガス最大手ガスプロム傘下のガスプロムバンクと国営の対外経済銀行(VEB)。エネルギーでは、天然ガス2位のノバテクと石油最大手のロスネフチ――。以上の4社は今後、米金融市場から締め出される。
 現時点では欧州連合(EU)はそこまでの制裁措置をとっていない。とはいえ欧州銀も、これらロシア銀と企業に対する新規融資には、二の足を踏まざるを得まい。ウクライナ上空でマレーシア航空機が撃墜されたことで、EUも対ロ制裁の強化に動いているが、そればかりではない。
 欧州銀は米国を有力なビジネスの拠点としている。ドルを抜きには商売があがったりになってしまう。しかも対ロ制裁で抜け駆けした際に、米国の法律に触れたりすれば、巨額の制裁金を科されるのは必至だ。 懲罰的な制裁には先例がある。仏銀のBNPパリバである。米国が制裁しているスーダン、キューバ、イランと、子会社などを通じ取引していた。事が発覚し米当局に89億7000万ドル(約9000億円)もの制裁金を科される羽目になった。 同行は2015年初から1年間、事件の舞台となった石油・ガス取引に関する、ドル資金の決済をも禁止される。一時はドル資金の取引から根こそぎ締め出されるのでは、と同行関係者は身震いしていたほどだ。
  最高執行責任者(COO)が詰め腹を切らされるなど、経営体制も大揺れとなっている。最近の米当局は内外の金融機関に巨額の制裁金を科している。ことロシアとの取引で逆鱗(げきりん)に触れたら、ただではすまない。いきおい、ピリピリした雰囲気が欧州の金融界を覆っている。
 米仏の首脳同士の関係がしっくりいっていないことが、問題をこじらせている面もある。6月初めにブリュッセルで開いた7カ国(G7)首脳会議では、ロシア制裁をめぐってオバマ米大統領とオランド仏大統領が売り言葉に買い言葉のけんか腰となった。
 マレーシア機撃墜という事件が起きたというのに、フランスはミストラル級の強襲揚陸艦2隻をロシアに予定通り売却した。景気低迷と対外収支悪化に苦しむフランスとしては、売却代金の12億ユーロは喉から手が出るほど欲しいのだろう。
 第2のパリバ問題が持ち上がらねばよいが。かの国の先行きが思いやられるが、日本にとってもよそ事ではない。マレーシア機事件後に安倍晋三首相が、プーチン大統領との対話に言及したことに対し、米国側は水面下で不快感を伝えてきているからだ。
 ロシアのプーチン大統領の今秋訪日にこだわると、しっくりとはいっていないオバマ政権の虎の尾を踏みかねない。邦銀の対ロ与信も200億ドル近くにのぼる。江戸の敵を長崎で討たれないよう、細心の注意を払いたい。 ≫(日経新聞)

 最近は、北朝鮮の主張にも、幾分真実が紛れ込んでいると思いたくなる、欧米マスメディアのプロパガンダ騒乱だが、ハマスが北朝鮮製ロケット弾を購入しようとしていたと云う情報に、北朝鮮外務省報道官は「米国が作り上げた全く根拠のないでっち上げだ」、「米国の謀略策動には、イスラエルをかばう犯罪行為を正当化しようとする不純な意図がある。国際社会の非難の焦点を我々に向けようと画策している」と言っているのは正しいかもと感じてしまう(笑)。ウクライナ政府は、首相の辞任で、政治状況自体が流動的になり、ポロシェンコ大統領も首の皮一枚で繋がっている危うさだけに、焦りが先行、マレーシア機ブラックボックスの解析情報の一部をリークしてしまった。「地対空ミサイルがやったのだ!」。無論その通りだが、親ロ派、ロシア、ウクライナの、どのミサイルだったかが問題なのであり、ミサイルであるのは、言わずもがな。それを言う辺りが臭いのだ。馬鹿者!

 最後はイスラエルの引っ込みつかないガザ地区攻撃は、もうめくら撃ち状態。遂にガザ市内の難民キャンプにまで、爆撃を行った。この攻撃で避難中の子供7人が犠牲になったそうだが、イスラエルの狂気を糾弾する世界中の良識のデモが気炎を上げるだろう。ネタニャフとしては、何らの成果もなく、たった50人の貴重だと云うイスラエル人の命を失わせた報酬が、パレスチナ1000人以上の犠牲だけでは物足りないと、イスラエル国民から糾弾されるのは拙い。せめて、ガザ地区の生命線である、トンネル全破壊程度の報酬をゲットしたいとケリーに仲裁内容を書かせたのだろう。アメリカもイスラエルも糞な国家である。1000人以上の殺人を侵し、アリの巣コロリンかね?まさに馬鹿者である。

1兆ベクレルが『微量で健康被害は生じない』と論じる福島民報 |

  とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo


1兆ベクレルが『微量で健康被害は生じない』と論じる福島民報 |

原子力災害対策 早急に「県版指針」を

東京電力福島第一原発3号機で昨年8月、がれきを撤去する際、放射性物質を含む粉じ んが飛散した問題は、住民の健康に影響のないレベルとはいえ、事故の収束作業には危険性が伴うことをあらためて知らしめた。間もなく1号機のがれき撤去に 向けた作業が始まる。原子力規制委員会は早急に「福島版」の原子力災害対策指針を示すべきだ。

1号機のがれき撤去に向けては、早ければ今 月中にも建屋カバーの解体が始まる。東電は粉じんの飛散防止策として薬剤散布回数を増やすなどして粉じんが舞い上がるのを抑制する計画だ。建屋上部の3階 開口部はゴム製の膜で覆い、防風シートの設置も検討している。抜本対策とみられていた建屋カバー全体を覆うコンテナの設置は工期の長期化などを理由に見送 られた。

県廃炉安全監視協議会の17日の現地調査では東電の対応の不十分さをただす発言が相次いだ。十分な対策を講じるのは当然であり、 東電は県民の不安を解消するため万全の態勢を整える必要がある。それとともに欠かせないのが、万が一の際に備えた実効性のある防災計画だ。原発事故後、小 欄では事あるごとに指摘してきたが、いまだにまとまっていない。

最大の理由の一つは原子力規制委員会が「福島版」の原子力災害対策指針を 示さないためだ。全国の原発立地自治体は事故後に規制委員会がまとめた指針に基づき地域防災計画の見直しを進めている。事故を起こした第一原発は「特定原 子力施設」に指定され、指針では別枠扱いになっている。県は「福島版」の指針を求めているが、災害対策重点区域や緊急事態区分などはいまだに示されていな い。

京都大の小泉昭夫教授のチームの調査結果によると、3号機のがれき撤去に伴う放射性物質を含む粉じんは原発から約30キロ離れた南相 馬市をはじめ約50キロ離れた相馬市まで飛散した可能性が高いとした。今回は放射性セシウムの濃度が微量で、短期間の濃度上昇だったため健康被害は生じな いとみられている。ただ、原発で何かあれば、再び放射性物質が拡散する可能性があるということは明らかだ。

規制委員会は今後の廃炉工程で 起こり得る緊急事態と周辺地域への影響を明らかにし、災害対策指針を示すべきだ。専門家の間には粉じんの飛散問題について「あまり過剰反応すべきではな い」との受け止めもある。それはそれとして、万が一の事態に備えることが「3・11」の教訓だ。よもや忘れているわけではあるまい。(早川 正也)

福島民報

( 2014/07/28 08:36 カテゴリー:論説 )
http://www.minpo.jp/news/detail/2014072817115
===============================================

地震大国日本の原発は、もう二度と、動かしてはならない!

ウィンザー通信

2


地震大国日本の原発は、もう二度と、動かしてはならない!
2014年07月27日

責任者であるはずの誰もが、自分は、あるいは我々は責任を取らないと、はっきりと、ぬけぬけと、公の場で表明していて、
それを、報道はそのまんま、疑問を提示したり抗議したりするような態度すら見せずに、タラタラと報じ、
それを、市民はそのまんま、ため息ついたり腹を立てたりしながら、タラタラと読む。

あんな、今だにどうしようもない、何一つうまいこといってない、ものすごく酷い汚染を作り続けている、複数の原子炉の事故を起こした当事国日本の政府と電力会社は、
そんなことはもう昔のことみたいに、無かったかのように、経済や電気のために再稼働ったら再稼働!とばかりに、ゴリ押ししている。

続きを読む "地震大国日本の原発は、もう二度と、動かしてはならない!" »

2014年7月28日 (月)

1号機建屋カバー撤去できず 放射性物質の飛散対策不十分

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_3


1号機建屋カバー撤去できず 放射性物質の飛散対策不十分

東京電力福島第1原発事故の廃炉作業で、1号機のがれき撤去に向けた建屋カバーの解体工事が1カ月近く遅れている。3号機のがれき撤去の際に大量の放射性物質をまき散らしたことが判明し、飛散抑制対策が不十分であると政府が指摘しているためだ。

福島県などは工事の影響を考えて放射性物質の監視装置を周囲に増設する方針を決定。ただ飛散抑止の抜本対策はないのが現状で、カバー撤去が進まないと廃炉工程全体への遅れにもつながる。

水素爆発があった1号機の原子炉建屋最上階には、放射性物質に汚染されたがれきが積もっている。放射性物質の拡散を防ぐために平成23年10月、建屋カバーを建設したが、廃炉作業を進めるためにカバーを取り除くことが決まっていた。

しかし昨年8月に行った3号機のがれき撤去作業で、放射性物質を含むちりやほこりが巻き上がり、福島県南相馬市ではコメから基準値以上の放射性物質が検出された。東電は今月23日、最大1兆1200億ベクレルの放射性セシウムが飛散したとの推定値を公表。

当初、1号機のがれき撤去は今月初旬にも開始する予定だったが、原子力規制委員会は「飛散防止を十分にしなければ1号機の工事は着手できない」と指摘した。

東電は飛散抑制対策として、作業時に散水したり、ちりを吸引する局所排風機、防風シートを導入。設備機器の開口部をふさぐため大型の風船も用意した。

ただこれらの対策の効果は不透明だ。福島県廃炉安全監視協議会は今月17日、原発を視察した上で「飛散を防ぐ万全の対策と十分な情報提供を」と求めた。

屋外での作業となるため、強風などで放射性物質が飛散するリスクを抱えており、東電は「ステップ・バイ・ステップで慎重に進めていきたい」としている。(原子力取材班)

1号機建屋カバー撤去できず

2014.7.28 14:36
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/140728/dst14072814360004-n1.htm
===============================================

この件↓で大きな騒ぎになってしまったので,いい加減なことができなくなってしまったのですね。

南相馬市 米の基準値超過で東電・国の姿勢ただす
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7779305.html

4号機吹き飛ばし解体作業動画発見!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7780534.html



ロシアを魔女にする欧米 世界破滅の覚悟は出来たのか

あいば達也

Photo_2

2014年07月28日
ロシアを魔女にする欧米 世界破滅の覚悟は出来たのか

 覇権国家の力が頂点を越え、下降線を辿るようになると、現在、我々が目撃しているような混沌が起きるのだなと思う。おそらく、ロシアのプーチンは、ロシアが世界の覇権国家になろうなどとは思っていないだろう。現実に、なろうとしても、その夢は、初夢の類に違いない。にもかかわらず、欧米各国は、寄ってたかって、ロシアを世界の悪者に仕立てようとしている。西側諸国の経済が、本当に伸びていたなら、このようなキナ臭い問題を噴出させる必要もなかった。つまり、世界景気の真実は、明らかにリセッションと云う奔流に飲み込まれていると云うことのようだ。

 単に、デモクラシーの堅持とか、侵略を許さないという高邁な目的で実行されているプロパガンダではないと云うのが、筆者に認識だ。ロシアのプーチンの失墜が実現したら、次は中国の民主化に手を突っ込むのは必定だと言えるだろう。もしかすると、習近平はプーチンの失墜をみてビビりまくり、民主化するようなフリに専念するかもしれない。世界の主たる国々の指導者や識者の多くが、本当はロシアや親ロ派がミサイルを撃ったわけではない、と気づいているかもしれない。ただ、“物言えば唇寒し…”なのも事実、アメリカに楯突いて、生き延びた者はいないというトラウマは、厳然と西側の人々に染みついている。

 

続きを読む "ロシアを魔女にする欧米 世界破滅の覚悟は出来たのか" »

集団的自衛権行使容認を閣議決定したことで、いい気になって外遊だ何だとハシャギ回っているレレレのシンゾーのお気楽ぶりに、苦々しく思っている自衛官もきっといるに違いない&元自衛官泥さんの演説

くろねこの短語

Photo

2014年7月28日 (月)
集団的自衛権行使容認を閣議決定したことで、いい気になって外遊だ何だとハシャギ回っているレレレのシンゾーのお気楽ぶりに、苦々しく思っている自衛官もきっといるに違いない&元自衛官泥さんの演説

 星陵高校が9回裏に8点差を逆転して優勝。まさにミラクルだけど、負けた小松大谷にも愛の手を・・・そんな気がする月曜日。

 中南米をお楽外遊のレレレのシンゾーは、北朝鮮にまたミサイル発射されて、「国連安全保障議決違反だ」ってコメントしたようだけど、ま、拉致問題をエサにされて一部制裁解除しちゃったんだから、どんなに喚いてみたところでまったく迫力ありません。しょせんは、自分の人気取りに拉致問題を利用した罰が当たってってことです。

 で、家訓の憲法改正を実現するために、違法行為もなんのその閣議決定で解釈変更しちまった集団的自衛権だけど、関連法案の整備はまだまだ先延ばしにするそうだ。福島と沖縄の県知事選、さらには統一地方選と選挙が続くから、それまでは事を荒立てずにって企んでいるわけですね。でもって、地方再生がどうしたこうしたとか、またバラマキで人気取りしようって魂胆だ。

 でも、孫子の兵法にもあるように、「戦いとは迅速をもってよしとす」るもので、時間をかければかけれるほど反対の火の手がいたるところで上がってくるもの。昨日は、アンチ安倍の立場で設立された、「国民安保法制懇」が集会をもったようだし、閣議決定を違憲とする訴訟も全国で起こってくることだろう。

 集団的自衛権行使容認を閣議決定したことで、いい気になって外遊だ何だとハシャギ回っているレレレのシンゾーのお気楽ぶりに、苦々しく思っている自衛官もきっといるに違いない。

 でもって、今日は1年ぶりの腎臓結石の検査なので、最後にいま話題の元自衛官の泥憲和さんの飛び入り演説をご紹介して、お後がよろしいようで。

(街頭にて、泥憲和さんの演説より)

突然飛び入りでマイクを貸してもらいました。
集団的自衛権に反対なので、その話をします。
私は元自衛官で、防空ミサイル部隊に所属していました。
日本に攻めて来る戦闘機を叩き落とすのが任務でした。
...
いま、尖閣の問題とか、北朝鮮のミサイル問題とか、不安じゃないですか。
でも、そういったものには、自衛隊がしっかりと対処します。
自衛官は命をかけて国民をしっかり守ります。
そこは、安心してください。

いま私が反対している集団的自衛権とは、そういうものではありません。
日本を守る話ではないんです。
売られた喧嘩に正当防衛で対抗するというものではないんです。
売られてもいない他人の喧嘩に、こっちから飛び込んでいこうというんです。
それが集団的自衛権なんです。
なんでそんなことに自衛隊が使われなければならないんですか。
縁もゆかりもない国に行って、恨みもない人たちを殺してこい、
安倍さんはこのように自衛官に言うわけです。
君たち自衛官も殺されて来いというのです。
冗談ではありません。
自分は戦争に行かないくせに、安倍さんになんでそんなこと言われなあかんのですか。
なんでそんな汚れ仕事を自衛隊が引き受けなければならないんですか。
自衛隊の仕事は日本を守ることですよ。
見も知らぬ国に行って殺し殺されるのが仕事なわけないじゃないですか。

みなさん、集団的自衛権は他人の喧嘩を買いに行くことです。
他人の喧嘩を買いに行ったら、逆恨みされますよね。
当然ですよ。
だから、アメリカと一緒に戦争した国は、かたっぱしからテロに遭ってるじゃないですか。
イギリスも、スペインも、ドイツも、フランスも、みんなテロ事件が起きて市民が何人も殺害されてるじゃないですか。

みなさん、軍隊はテロを防げないんです。
世界最強の米軍が、テロを防げないんですよ。
自衛隊が海外の戦争に参加して、日本がテロに狙われたらどうしますか。
みゆき通りで爆弾テロがおきたらどうします。
自衛隊はテロから市民を守れないんです。
テロの被害を受けて、その時になって、自衛隊が戦争に行ってるからだと逆恨みされたんではたまりませんよ。
だから私は集団的自衛権には絶対に反対なんです。

安部総理はね、外国で戦争が起きて、避難してくる日本人を乗せたアメリカ軍の船を自衛隊が守らなければならないのに、いまはそれができないからおかしいといいました。
みなさん、これ、まったくのデタラメですからね。
日本人を米軍が守って避難させるなんてことは、絶対にありません。
そのことは、アメリカ国防省のホームページにちゃんと書いてあります。
アメリカ市民でさえ、軍隊に余力があるときだけ救助すると書いてますよ。

ベトナム戦争の時、米軍は自分だけさっさと逃げ出しました。
米軍も、どこの国の軍隊も、いざとなったら友軍でさえ見捨てますよ。
自分の命の方が大事、当たり前じゃないですか。
そのとき、逃げられなかった外国の軍隊がありました。
どうしたと思いますか。
軍隊が、赤十字に守られて脱出したんです。
そういうものなんですよ、戦争というのは。

安倍さんは実際の戦争のことなんかまったくわかってません。
絵空事を唱えて、自衛官に戦争に行って来いというんです。
自衛隊はたまりませんよ、こんなの。

みなさん、自衛隊はね、強力な武器を持ってて、それを使う訓練を毎日やっています。
一発撃ったら人がこなごなになって吹き飛んでしまう、そういうものすごい武器を持った組織なんです。
だから、自衛隊は慎重に慎重を期して使って欲しいんです。
私は自衛隊で、「兵は凶器である」と習いました。
使い方を間違ったら、取り返しがつきません。
ろくすっぽ議論もしないで、しても嘘とごまかしで、国会を乗り切ることはできるでしょう。
でもね、戦場は国会とは違うんです。
命のやり取りをする場所なんです。
そのことを、どうか真剣に、真剣に考えてください。

みなさん、閣議決定で集団的自衛権を認めてもですよ、
この国の主人公は内閣と違いますよ。
国民ですよ。
みなさんですよ。
憲法をねじ曲げる権限が、たかが内閣にあるはずないじゃないですか。
安倍さんは第一回目の時、病気で辞めましたよね。
体調不良や病気という個人のアクシデントでつぶれるのが内閣ですよ。
そんなところで勝手に決めたら日本の国がガラリと変わる、そんなことできません。

これからが正念場です。
だから一緒に考えてください。
一緒に反対してください。
選挙の時は、集団的自衛権に反対している政党に投票してください。
まだまだ勝負はこれからです。
戦後69年も続いた平和を、崩されてたまるもんですか。
しっかりと考えてくださいね。
ありがとうございました。

2014年7月27日 (日)

安富歩いわく ピンキリと云う二つの立場を設えた安倍晋三

あいば達也

Photo_3

2014年07月27日
安富歩いわく ピンキリと云う二つの立場を設えた安倍晋三

 以下の“安富歩”のインタビュー記事に物申すつもりはない。必ずしも、すべて同感とはいわないが、異なる視点で物事を見ることの大切さも教えてくれる。彼と、現役東大生のすれ違いが滑稽にさえ見える授業風景は、時折IWJで愉しむことがある。安富教授の講義内容は理解していても、その授業には同化せず、おのれ独りの知恵にしようと云う雰囲気が、東大生気質を観察するようで面白い。

 ところで、欧米各国が、嫌にガザ地区のイスラエル殺戮テロ国家の仲介に必死なフリをしている。充分に殺すだけ殺したから、これ以上は、国際世論上も拙いだろうから、矛をおさめたらどうか。今なら、人道的見地から停戦を受け入れる姿勢を見せることで、湧きあがりつつある「反イスラエル機運」を覆すことが出来る、等とでも思っているのだろうか。米国務長官ケリーやEUや英仏独伊が善人の真似ごとに興じている。殺させるだけ、殺しておいて、仲介だとか、和平交渉だとか、そんな理屈が成り立つ世界自体が奇異だろう。生活のロジスティクスである、トンネルを全部破壊は、休戦中もOKなんて、キチガイ染みた仲裁案など、糞のようなものだ。

 

続きを読む "安富歩いわく ピンキリと云う二つの立場を設えた安倍晋三" »

携帯電話の次はパチンコに税金かけようとしているらしい。こうなると、死亡税なんてのも現実味を帯びてくるかも。

くろねこの短語

Photo_2

2014年7月27日 (日)
携帯電話の次はパチンコに税金かけようとしているらしい。こうなると、死亡税なんてのも現実味を帯びてくるかも。

 このところ経験したことのない最悪の二日酔いでダウン。それでも、必死の思いで新聞開けば、なんとまあ自民党がパチンコ税なるものを企んでいるとか。実現すれば、2000億円の増収って皮算用しているそうな。なに馬鹿なこと言ってるんだろうね。携帯電話の次はパチンコかい。

自民に「パチンコ税」導入案

 ようするに、これって法人税減税で減収した分をどうにか取り戻そうっていう魂胆なんだよね。つまりは、大企業優遇のツケを一般大衆労働者諸君に押しつけようってわけです。死んだひとの財産に一定の税率をかけて徴収するという死亡消費税なんてのも噂になってるけど、それこそ息するのにも税金かけられるような時代がやってくるかもしれないね。

 なんてことを妄想してたら、ますます二日酔いがひどくなってきたので、お後がよろしいようで。

放射性物質含む汚泥焼却灰 横浜市が建設資材化へ

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo

放射性物質含む汚泥焼却灰 横浜市が建設資材化へ

東京電力福島第一原発事故の影響で横浜市の下水汚泥に放射性セシウムが含まれ、最終処分が凍結されている問題で、市が焼却灰を建設資材化する業者に試験的 に搬出し始めたことが分かった。市は「資材に混ぜて薄めるため、放射性廃棄物として扱う必要がないレベルになり、安全と確認している」としているが、発表 していない。(橋本誠)

毎日約四十トン発生する焼却灰は以前はセメント原料として業者に再利用されていたが、原発事故で停止。二カ所の汚 泥資源化センターに保管されている量は約三万四千五百トン(六月末現在)になり、置き場所は限界に達している。市は新たに発生する焼却灰を南本牧廃棄物最 終処分場(中区)の陸地部分に埋め立てる計画だが、住民や港湾関係者の反対で実現していない。

保管している焼却灰の放射性物質濃度は、二 〇一一年六月に測定された一キログラム当たり六四六八ベクレルが最高。国の基準の一キログラム当たり八〇〇〇ベクレルより低く、最近発生しているものは同 数百ベクレルに下がっている。市によると、業者から「三〇〇~五〇〇ベクレルなら建設資材に使える」と提案があり、今月十八、二十四日に各約九トンを南部 汚泥資源化センター(金沢区)から搬出した。

二十五日にも搬出し、八月中旬からは毎日十トンずつ来年三月末まで運び出す予定。市が負担する処理経費は一トン当たり約三万円となる。市下水道施設管理課は「震災直後から保管している焼却灰は無理だが、日々発生している新たな焼却灰は処理できる可能性がある」としている。
◆「風評被害招く」と業者など非公表市民ら懸念「計画明らかに」

横浜市は焼却灰の建設資材化を始めたことを発表せず、資源化の詳しい方法や業者名も公表していない。「風評被害を招くため」としているが、関係者らからは疑問の声も出ている。

本牧・根岸地区連合町内会の岩村和夫会長は「以前にセメント会社が引き取っていたように資源化できるのなら、資源化していただきたい」と一定の理解を示す。ただ、市から詳細は聞いておらず、「実際にやるなら事前に知らせてほしかった」とも話している。

市民団体「hamaosen対策協議会」の大谷賢治共同代表は「搬出されている焼却灰の放射性物質濃度や使い方がはっきりしていない」と前置きしたうえで、「拡散につながるような使い方はやめてほしい。計画を明らかにし、民主的に進めてほしい」と懸念を示した。

井上さくら市議は「薄めて拡散させるのではなく、濃縮して容積を減らし、管理すべきだ。少なくともデータを公表してほしい」と求めている。

横浜市が建設資材化へ
保管スペースが限界に近づいている汚泥焼却灰のコンテナや袋。建設資材化の搬出作業の撮影は許可されなかった=横浜市金沢区で

2014年7月25日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/kanagawa/20140725/CK2014072502000118.html
=========================================================

2014年7月26日 (土)

「あたしの意見は福島差別になるのだろうか」 室井佑月

  とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_3


「あたしの意見は福島差別になるのだろうか」 室井佑月

抗議を受けた室井佑月「あたしの意見は福島差別になるのだろうか」

以前書いたコラムに多くの抗議がきたという作家の室井佑月氏。福島の現状を踏まえたうえでこう主張する。

***
先々週、

「『美味しんぼ』問題を受け、政府は、修学旅行先として福島のモデルコースを設定し、全国の学校に提案することなどの(風評被害払拭にむけた)強化策をまとめた」

というニュースを観て、なんでわざわざ危ない事故を起こした原発のある福島へ、全国の子どもたちを連れていかなきゃならないの、ということを書いた。政府の意見が正しいことの証明に、子どもを使うのは野蛮すぎると。

そしたら、「福島を差別するな!」と、ものすごい数の抗議を受けた。

あたしの意見は福島差別になるのだろうか。

今、現在、福島に住んでいる人たちがいるのもわかる。福島では、線量の高いところも低いところもあるのも知っている。

だが、福島ではなにも起きていないといってしまえば、東電の起こした原発事故のその後のすべてが風評被害であるというすり替えが可能になってしまう。国も東電も、被害者に対して手厚い保護など考えなくていいことになってゆく。

現に、この国の環境を守るのが仕事の環境省の大臣が、汚染土の中間貯蔵施設建設をめぐり、「最後は金目でしょ」という発言をした。

「もっと丁寧に安全だということを説明しないと」ではない、「金でなんとかなるでしょ」ということだ。

正 直にいえば、もうこうなった以上、最後は金で解決しかないのかもしれない。が、それは事故の責任者が被害者に謝り倒し、どうかこれで勘弁してくださいとい うお金であるべきだ。劣悪な環境も「金を払えばいいんでしょ」という金ではない。金は金じゃんという人もいるだろうが、そういう心根の在り方が差別なんだ とあたしは思う。

政府が全国の学校の修学旅行先に福島を推奨する件だって、本当に差別されるのは、普通の家の子や貧しい家の子たち、公立の学校に通う子どもたちではないか。希望者を募っていくボランティアならともかく、全員が行く修学旅行で、裕福な家に生まれた私立の子たちが行くのかな?

福島と隣接する県にある私立の全寮制の学校が、震災後、子どもたちを避難させた。そして、今いる生徒たちの卒業をもって、学校を閉じるらしい。

もっと大変な環境で頑張ってる子どもたちはいるのに!そう怒る人はいるかも。でも、そういったところで、大変な環境の中で生活を強いられる子のためにはならない。それどころか、なにもなかったことにされ、逆に足を引っ張ることになる。

あたしは自分の学校の生徒をなにがなんでも守るという選択をした、この私立校の英断を偉いと思う。

そうそう、仲が良い大学教授の先生が、原発事故・放射能問題を、

「戦争責任問題と似ていますよね。結局、1億総懺悔で、戦争責任は追及せず、です」

といっていた。その通りだとあたしも思う。

室井佑月

※週刊朝日 2014年8月1日号
http://dot.asahi.com/wa/2014072300073.html?page=1
=========================================================

水俣病問題のときも加害側は問題を過小評価させるために「差別」,「風評」というワードをよく用いました。

それらのワードは被害者同士を分断させ,問題の本質をうやむやにするのに大きな効果がありました。

原発問題でも加害側は同じことをしようとしていますね。

反原発デモに違和感や反感 「福島差別」を助長した側面
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7779359.html

安倍が悪魔を呼び寄せた イスラエルと軍事パートナー

あいば達也

Photo_2

2014年07月26日
安倍が悪魔を呼び寄せた イスラエルと軍事パートナー

 もう、イスラエルの乱暴狼藉がとまらない。パレスチナ人すべてを抹殺するまで止めたくない、そんな感じだ。米国務長官ケリーが仲裁に乗り出した云々の話なんか、ニュースじゃないだろう。事前に米国情報筋とは話がついていると考えるのが妥当だし、米国務省も程々なら、良いんじゃないの、と了解したことは、容認想像がつく。米国だって、ハマスの勢力が増えることは好ましくないわけで、イスラエルが悪役を引き受けるなら、渡りに船に近い話である。なぜ、ガザでの大量殺戮を横目で見ながら、ロシア・プーチンの悪口三昧を言うのに多忙だったから等と云うことはないだろう。

 米国が、動かざるを得なくなった一番の理由は、報復の範囲とか、正義の鉄槌とプロパガンダ出来ない世界世論が盛り上がった点にある。ウクライナクーデター謀略では、世界世論を概ね上手いこと印象操作することで、プロパガンダが成功しているが、ロシアにかまけている間に、イスラエルの暴挙にまでは、神経が充分に至らなかった部分があり、西側メディア全体の、逆風が吹いてきて、今さらイスラエル擁護など出来るはずもない。国際世論の雰囲気は、イスラエルの乱暴狼藉、テロ国家とさえ名指しされるに至っている。これはヤバイ!早く手を打たないと、と云うのが現状だろう。また、イスラエル自身が自国民の犠牲が、たった30人超えただけで、国内世論がネタニヤフ首相の失敗に言及する論調も生まれてきている事実は、イスラエル自身も困っていた。

 

続きを読む "安倍が悪魔を呼び寄せた イスラエルと軍事パートナー" »

籾井のドヤ顔、百田が吠える、女だてらに長谷川が舞う! 「安倍の砦の三悪人」撮影快調!・・・アホくさっ。

くろねこの短語

Photo

2014年7月26日 (土)
籾井のドヤ顔、百田が吠える、女だてらに長谷川が舞う! 「安倍の砦の三悪人」撮影快調!・・・アホくさっ。

 梅雨が明け、さあ、夏だ!なんて浮かれていたら、途端の猛暑で昨日は熱中症で3人死亡とか。こんなんで6年後のオリンピックが大丈夫なわけありません。へたすると、アウトドアの競技では命の危険もあるんじゃなかろうか。いや、絶対にあるね。オリンピックも命あっての物種ってことになりますよ。

 ところで、世の中にはそれをやっちゃあおしまいよ、ってことがある。たとえば、自分の思想・信条とは相容れないからって、みんなで決めたルールを無視した行動や発言を繰り返すってのもそのひとつ。ましてや、どこぞの違憲総理のように、ルールそのものを勝手な解釈で換骨奪胎しようなんてのはもっての他。

 なのではあるが、トップがトップだから、その手下にはそうした社会性の欠如した野蛮な輩というのが集るもので、その典型である売文家にしてNHK経営委員という百田君がやってくれました。NHKの御用キャスター、大越君が『ニュースウオッチ9』で、「「在日コリアン1世の方たちというのは、1910年の韓国併合後に強制的に連れてこられたり、職を求めて移り住んできた人たちで、大変な苦労を重ねて生活の基盤を築いてきたという経緯があります」ってな珍しく正論吐いたそうなんだが、百田君はこれに難癖つけちゃいました。それも、個人の講演ではなくて、NHK経営委員会というオフシャルな場での発言っていうから、これはもう「それをやっちゃあおしまいよ」の最たるのものですね。

百田氏、NHK番組の強制連行発言に意見 放送法抵触か

 なんとなれば、NHKの経営委員ってのは、個別の番組についてとやかく言うことは放送法で固く禁じられているわけで、いわば違法行為ってことなんだね。おそらく、そんなことは百も承知なんだろうと思う。ようするに、言いたいこと言ったもの勝ちというか、それをまた新聞・TVが報道することで、暗に現場にプレッシャーかけてるわけですね。「夜道に気をつけろ」っていうヤクザの脅しの手口と同じようなもんです。

 虎の威を借るというか、レレレのシンゾーの後楯あってのことなんだろうけど、さあ、御用キャスターの大越はどうする、どうする。しょせんはお仲間なんだから、なかったことでスルーしちゃうか、それとも放送の現場を預かる者として最低限の矜持(そんなものがあったらの話だけど)を示せるか。あまり期待できないだろうけど、売文家・百田君のブラフに毅然とした態度をとれないようだと、NHKのお先は真っ暗ってことでしょう。

 で、この百田発言は、けっしてNHKだけの問題ではなくて、同じように様々な圧力が他の新聞・TVにも降りかかってきているいま、各社・各局にとってこの発言はちょぃとしたリトマス試験紙かも。特に、古館君の降板の噂があったりして揺れているテレビ朝日がどんなスタンスで報道するか興味津々です。ていうか、報道すらしなかったりして。

 なにはともあれ、籾井イヌアッチイケー会長、売文家・百田センセイ、愛国婦人会・長谷川女史の「安倍の砦の三悪人」がのさばっいるうちは、NHKの受信料なんか払うもんかの運動が全国に広がることを節に願う猛暑の朝である。


2014年7月25日 (金)

まさに狂気!世論誘導!原発32基の再稼動

simatyan2のブログ 

Simatyan2

まさに狂気!世論誘導!原発32基の再稼動
2014-07-25 21:19:14

24日、日本エネルギー経済研究所が、国内の原発32基が
平成27年度に再稼働した場合、 全停止時に比べ化石燃料輸入
総額が2兆5千億円減少し、国内総生産(GDP)を0・26%
押し上げる効果があるとの試算を発表しました。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/140724/biz14072421140022-n1.htm

火力発電の稼働減により、二酸化炭素(CO2)排出量も9800
万トン減少するという。

再稼働に向け現在19基が審査申請中だが、さらに27年度末まで
に追加の審査申請があり、32基が再稼働すると仮定した。

32基が再稼働した場合、27年度の発電コストは、全停止時に
比べ1キロワット時あたり2・8円低下し、

液化天然ガス(LNG)の輸入量も約2千万トン減少するとした。

原発32基再稼動すれば、化石燃料輸入総額が2兆5千億円

減少して、GDPを0・26%押し上げる効果があるって?

全くとんでもない事を考えていますね。

放射性廃棄物の件も、低~高レベル廃棄物の処理費用と処理年数も
全然考えていませんね。

そもそも原発全部動かしても全電力の7%ぐらいだと言われている
のにです。

続きを読む "まさに狂気!世論誘導!原発32基の再稼動" »

関東に東電福島原発からの風が来ます 2014.7.25

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_3


関東に東電福島原発からの風が来ます 2014.7.25

日付が変わっているので,本日です。

因みに,福島では異常な高線量が続いているようです。


憶測呼ぶアルジェリア機の墜落 フランス人多数犠牲か?

あいば達也

Photo_2


2014年07月25日
憶測呼ぶアルジェリア機の墜落 フランス人多数犠牲か?

 この見出しのような憶測はほぼ外れだと思う(笑)。現時点では、憶測の域を出ていない話だが、昨日のアリジェリア航空の、マリ上空での消息を絶ったという。飛行事故はなぜか連鎖的に起きると云う歴史があるので、単純に飛行機事故と受けとめてしまえば、それまでだ。しかし、この当該アルジェリア航空の乗客の半分以上がフランス人だったという報道に接すると、フランスが米英のブーイングに関わらず、オランド仏大統領は、ロシアへの輸出を計画してきたミストラル級強襲揚陸艦2隻のうち1隻を予定通り納入すると宣言した事とニュースが連鎖する。

 勿論、考え過ぎの連鎖だとは思うが、アルジェリアと云う国が、フランスと旧宗主国と云う関係にあることや、軍事兵器等がロシア製、中国製であることなども考慮に入れ、対ロ制裁での、英国キャメロンとフランスオランドの罵り合戦なども記憶しながら想像をたくましくすると、奇妙な符号があるのではと、チョッとだけ疑っておきたいニュースである。まさか、フランスの対ロ制裁への不協和音に対する制裁にしては隔靴掻痒なのだが、今の世の中、何が正しく、何が嘘で、誰が嘘をついているか判らないだけに、疑って観察し、口に出さないのが悧巧と云うことか(笑)。

≪ アルジェリア機、墜落か=116人搭乗、マリ上空で交信途絶
  【ロンドン時事】アフリカ西部ブルキナファソの首都ワガドゥグからアルジェに向かっていたアルジェリア航空のMD83型機(乗客乗員116人)が24日、消息を絶った。ロイター通信によると、アルジェリア航空当局者は同機が墜落したと述べた。
  同機はワガドゥグを24日午前に離陸した。アルジェリアのラジオがセラル首相の話として伝えたところによると、交信が途絶えたのは離陸から約50分後のマリ上空。アルジェリアとの国境からは約500キロだったという。関係筋によれば、同機は嵐のため迂回(うかい)を指示され、針路を変更した後に消息を絶った。 機体はスペインの航空会社スウィフトエアからアルジェリア航空にリースされており、乗員6人は全員スペイン人という。ロイターによれば、搭乗者名簿にはフランス人50人が記載されている。
 アルジェリアでは2月、軍のC130輸送機が悪天候の中、北西部の山岳地帯に墜落し70人以上が死亡した。  日本政府高官は24日夜、「邦人被害の情報はない」と述べた。 ≫(時事通信)

≪  仏、対ロ軍艦輸出を強行へ=制裁より巨額契約優先
 【パリ時事】フランス政府は、ロシアへの輸出を計画してきたミストラル級強襲揚陸艦2隻のうち1隻を予定通り10月に納入する。ウクライナでのマレーシア機撃墜事件の影響で国際世論は一段と厳しく、計画の撤回を求めてきた米英両国の反発は必至だ。仏メディアが一斉に報じた。
 3月のクリミア半島併合以来、欧米諸国はロシアに対する批判を強め、対ロ制裁を発動してきた。そうした中でフランスがロシアとの大型商談をこのまま進められるのか注目されてきた。
 オランド仏大統領は21日、記者団に「船体はほぼ完成した。10月に引き渡す」と明言。予定通り揚陸艦の対ロ輸出を貫く考えを内外に表明した。 ≫(時事通信)

避難所となっている学校を爆撃するなんて、これはもうマレーシア機撃墜と同じ無差別殺人だ。

くろねこの短語

Photo

2014年7月25日 (金)
避難所となっている学校を爆撃するなんて、これはもうマレーシア機撃墜と同じ無差別殺人だ。

 済美の安楽君が3回戦で敗退。でも、肘のこと考えたら、ここで負けてよかったかも。ダルビッシュやマー君、大谷クラスの器ですからね。大事に大事に育ててあげないと。安楽君の野球人生はこれからなんだから・・・。

 日本の夏が高校野球に染まろうとしているいま、ガザの夏は戦火で染まってます。なんと、避難所となっている国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)運営の学校がイスラエルの爆撃にあって、多くの子供たちに死傷者が出ている。避難民の中にハマスの一味がいるっていうのがその理由らしいが、こうなるともう無差別殺人です。

・ガザ:国連の学校に爆撃 避難民ら15人死亡 攻撃者不明

・田中龍作ジャーナル
【ガザ発】イスラエル軍、国連避難所を攻撃 死傷者200人超

 でもって、国連人権理事会では、「イスラエルによるガザの民間人の虐殺を『戦争犯罪』と認定して『強く批難』するという決議案を賛成29、反対1、棄権17の賛成多数で採択した」ってね。反対1ってのはアメリカです。じゃあ、日本はっていうと、なんとまあ棄権だってさ。マレーシア撃墜によるロシア制裁では、プーチンの顔に泥塗るようにして賛成にまわったくせに、アメリカが支援するイスラエルの蛮行にはこれだもんな。

・ガザ戦闘:国連人権理事会がイスラエル非難の決議

 こんなんだもん、G8の中でもどんどん存在感がなくなっていくわけです。それどころか、へたすりゃ、どこぞの首領様と同じく、世界の厄介者のレッテル貼られたって不思議じゃありません。集団的自衛権だなんだと偉そうなこと喚き散らしたって、一触即発の危機的状況に世界中が落ち込んでいる時に、ただただアメリカにお追従してるだけなんだから世話はない。

 ああ、それなのに、レレレのシンゾーは今日から中南米に外遊だとか。お気楽なもんだ。中南米くんだりにノコノコ出かける暇があったら、イスラエルに飛んで、お友達のネタニヤフ首相に「学校爆撃しやがって、なんてことするんだ」と一喝してやりゃあいいのに・・・って、妄想もこここまでくると馬鹿馬鹿しくなる猛暑日になりそうな週末の朝であった。

2014年7月24日 (木)

報ステの平等欺瞞 ユダ特殊部隊員とガザの少女の死

あいば達也

Photo_3

2014年07月24日
報ステの平等欺瞞 ユダ特殊部隊員とガザの少女の死

 最近の西側主要メディアの論調において感じることは、米国を中心とする欧米中心の世界の維持と云う“合言葉”が歴然と存在することである。デモクラシーと自由主義の世界こそが「普遍的価値」を持ち、穏当で妥当な地球人の生き方のように思われてきた。その世界で、惹起する諸問題も、あくまで、その欧米的普遍的価値の中における、個性の発露程度の認識で済まされていた。この絶大とも思える価値観に揺らぎが生じていると感じる人々は、まだまだマイナーな存在でしかない。世界中の主たるマスメデァの情報に接する限り、虐殺を正当化するイスラエルと云う国にも、正当な理があると云うのだから、あまり世界の枠組みに反することを主張しても無意味かな?思ってしまうこの頃である。

 敗戦国のわが国が、末席であっても名誉白人的な特別扱いを受け、西側諸国のサブ・メイン・プレヤーのように扱われる世界の持続が、日本民族の矜持など忘れた人々には、心地いいものなのだろう。(注:小野寺防衛大臣がアメリカに出向き演説。何度となく、「大国」と叫んだそうである(笑)。米国人がコケているらしい)まあ、それも悪くない。そういう世界が未来永劫続く保証でもあるなら、それなりの平和は続くし、転ぶことはあっても、死には至らないだろう。丁度、放射能で、何らかの人体的影響があったとしても、放射能の所為か、人体細胞の宿命的疾患に由来するか不明確なのだから、原因不明で、それなりの人生を全うできるのだから、まあ良いような気もする。

続きを読む "報ステの平等欺瞞 ユダ特殊部隊員とガザの少女の死" »

がれき撤去で飛散 1兆ベクレル超と推定

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2

がれき撤去で飛散 1兆ベクレル超と推定

東京電力福島第一原子力発電所で、がれきの撤去作業で飛散した放射性物質が福島県南相馬市の一部の水田を汚染したおそれがある問題で、東京電力はこの作業で1兆ベクレルを超える放射性物質が飛散したとの推定結果を明らかにしました。

去 年、福島第一原発から20キロ余り離れた南相馬市の一部の水田で収穫されたコメから、国の基準の1キログラム当たり100ベクレルを超える放射性セシウム が検出され、原因の1つとして、去年8月に3号機で行われたがれきの撤去作業で飛散した放射性物質が風で運ばれたおそれが指摘されています。

この問題に関連して、東京電力は飛散した放射性物質の量が1時間当たり2800億ベクレル、全体では1兆1000億ベクレルに上るとの推定結果を23日開かれた原子力規制委員会の専門家会合で示しました。

福島第一原発では、現在も1時間当たり平均で1000万ベクレルの放射性物質が放出されているとみられていますが、今回の推定結果はがれきの撤去作業で飛散した放射性物質の多さを改めて示しています。

福島第一原発では近く1号機でもがれきの撤去を行うため建屋を覆うカバーの解体を始める予定で、確実な再発防止策と地元への説明が強く求められています。

がれき撤去で飛散 1兆ベクレル超と推定

7月23日 17時53分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140723/k10013231491000.html
=========================================================

4号機吹き飛ばし解体作業動画発見!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7780534.html

追伸


何かが起こる前兆…鴨

飯山一郎

2014/07/24(木)  

 

下図の赤く太い矢印の部分に注目

上のチャートを拡大して見る

上のチャートの赤く太い矢印の部分の出来高は、異常である!

 

株価は今の価格ではなく、未来価格だ。
つまり、株価は先を読んで動く。
そらそうだ。
投資家は「命の次に大切なカネ」、これを賭けての大博打をしているワケで、だから、必死に未来を見透かす。先を読み抜く。
先読みに成功した者だけが勝利者になれるからだ。

ところで…、
上のチャートの出来高の異常な増加。これは異常だ。
これは、いったい何を意味するのか?

911のときもそ~だったが…、何か異常なコトが起きるのか?

鷲は…、
近々、米国の株価が暴騰し…、その後は暴落してしまう!
というシナリオを想定しているが、これはあくまでも一つのシナリオ。

とにかく、しばらくの間、米国の株価の動きは注目だ。

続きを読む "何かが起こる前兆…鴨" »

注意!隠れワタミに気をつけろ!

simatyan2のブログ

Simatyan2

注意!隠れワタミに気をつけろ!
2014-07-23 16:45:43

業績不振で60店舗閉鎖するとか言ってたワタミですが、
店舗名を変えて頑張ってるようです。

ブラック企業ワタミのイメージでは客がこないし、従業員
すら集まらないので、名前を変えて店を出してることは前に
も書きました。

でもワタミグループが、これだけの数の違った名前で店を
構えているとは知りませんでした。

T02200156_0800056813011903524


http://livedoor.blogimg.jp/wai1111/imgs/0/4/0471e7ff.jpg

これだと「ワタミには行かないぞ!」と思ってる人も、つい
うっかり暖簾をくぐるでしょうし、ブラック企業には勤めたく
ない、と思ってる人も就職するまで気がつかないかも知れ
ませんね。

続きを読む "注意!隠れワタミに気をつけろ!" »

上海の食品会社ってアメリカ企業の子会社なんだね。どうりで中国が潜入取材するわけだ&都知事はいつから政府のパシリになったんだ&汚染水、もうどうにも止まらない

くろねこの短語

Photo

2014年7月24日 (木)
上海の食品会社ってアメリカ企業の子会社なんだね。どうりで中国が潜入取材するわけだ&都知事はいつから政府のパシリになったんだ&汚染水、もうどうにも止まらない。

 え~、世の中には物好きな方というのがいるもので、当ブログの4月16日付けのエントリーが映像化されてYouTubeで流れています。たまたまググって遊んでたときに発見したんだけど、どこのどなたか存知ませんが、ありがたいことです。BGMが細川たかしの『心のこり』というのもなかなかワサビが利いてます。

 そんなことより、中国の期限切れ肉混入事件です。中国のテレビ局が潜入取材までしてよくぞ告発したもんだと思ってたんだが、どうやら摘発された食品会社はアメリカの大手食品加工会社の傘下だったってね。どうりで気合入れて叩いてるわけです。中国だったらやりかねない、なんて単純に思ってると、今回の事件はちょいと判断誤るかも。

期限切れ肉「組織的」 上海市当局 会社5幹部を拘束

 ところで、都知事のマキゾエ君が韓国に行ってるんだが、レレレのシンゾーのメッセージとやらを懐に忍ばせているってね。まるで、レレレのシンゾーのパシリです。レイシストが尖閣問題に火をつけたのもそうだけど、国政に首突っ込む暇があったら、他にやらなきゃいけないことは山ほどあるだろうに。都政ってのはそんなに甘いもんにゃおまへんにゃ。

舛添知事:韓国大統領との会談調整 関係改善狙い

 そんな甘いもんじゃないとくれば、福島第一原発です。地下トンネルにたまる高濃度汚染水の抜き取り作業が難航していて、ニッチもサッチもいかなくなってるってね。なんでも、凍結止水ってなことを狙ってるんだそうだが、これが一筋縄じゃいかなくて、とうとう氷を投入して冷やすんだとか。原子力規制委員会は、「極めて原始的な方法だが、やれることは何でもすぐにやってほしい」って冷ややかなご意見を述べとります。

<原発汚染水>凍結止水、8月完了を 規制委が東電に指示

 それにしても、まだこんなことやってるんだね。こんなんじゃ凍土壁なんて夢のまた夢。汚染水は永遠に海に垂れ流されて、いつしか太平洋は死の海に、なんてことだってあながち妄想とは言えなくなるかもしれない。それ程の危機が、いま現在目の前に転がっているってのに、福島でオリンピックの合宿しようだとか、聖火リレーしようだとか、ホント、この国の政治家センセイってのはトンチキな野郎が多いんだから、いやんなっちまう今日この頃なのだ。

養蜂業の影で頑張るグルンバ

飯山一郎

2014/07/23(水)  

 

グルンバ用のタンク、出荷!

乳酸菌の大量培養は、グルンバとタンクがあれば、一日に何百トンでもOK!だ。こんなシステムはグルンバだけだ。
つまり、グルンバの乳酸菌培養能力は世界一なのだ。

 

EM乳酸菌は1リットルが2千円もするが、グルンバ乳酸菌は、1トンで2千円。つまり、1000分の1のコストだ。
だっからグルンバ乳酸菌はコストを気にすることなく、がんがん使えるワケ。 たとえば、悪臭ふんぷんの養豚場にグルンバ乳酸菌を10トンも散布すれば、悪臭はアッ!と言う間に消える。

それだけではない。ブタが病気にならなくなり、死ななくなり、子豚がミツバチのように爆発的に増えて、爆発的に儲かる養豚業が経営できる。

農地にグルンバ乳酸菌をジャブジャブ散布すれば…、ネギも、キャベツも、トマトも、ナスも大収穫できる。もちろん、味も最高だ。

おっと、上のグルンバ用のタンクは、志布志から浜松に運ばれる。
間もなく、浜松では農業革命が起きる。

医食同源! 食べたヒトを健康にするネギなどの乳酸菌野菜が、大量に、しかも安価に出荷されるようになる。

ネギのたまり漬け醤油も発売されるだろう。これは革命的な醤油だ。
たまり漬け醤油で、食卓文化に革命が起きる。

たとえば…、
たまり漬け醤油を数滴たらしただけの玄米ご飯!
この美味しさは、ほんと、たまらない。
しかも、健康食そのものだ。

早く市場に出して猪ー大寝!>浜松のにーちゃん

2014年7月23日 (水)

3号機の爆発が核爆発だったことを示す客観的事実

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2


3号機の爆発が核爆発だったことを示す客観的事実

 



   2011/05/04 にアップロード          

  小出先生は『核爆発』と言う言葉は使っていません---核暴走と言われてます。

unit3

以下は,原発問題さんからの引用です。

=========================================================
日本政府が隠している3号機燃料プールが核爆発の決定的証拠が世界機関より発表されている

群 馬県高崎市にあるCTBT放射性核種探知観測所で3・11以降に、大気中から高濃度のテクネチウム99m(Tc-99m)、バリウム140(Ba- 140)、プロメチウム151(Pm-151)、ランタン140(La-140)、テルル129/129m/132(Te-)、ヨウ素131/132 /133/135(I-)、セシウム134/136/137(Cs)、希ガス状のキセノン131m/133(Xe)などが検出されていた。

キセノン131m/133については、3月15日前後の濃度が高すぎて計測不能となった。

なおCTBTの観測所は包括的核実験禁止条約違反を監視する国際的観測ネットワークのひとつで、日本政府の機関ではない。
http://www.cpdnp.jp/pdf/110427Takasaki_report_Apr23.pdf

文部科学省及び米国エネルギー省航空機による航空機モニタリングについて
http://www.mext.go.jp/a_menu/saigaijohou/syousai/1304694.htm

5月6日に驚愕のデータを発表。アメリカと合同のため発表せざるを得なかったのか?
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/05/06/1305820_20110506.pdf

福 島県伊達市を含む半径30km以上60km以下のエリアで600000Bq/m2(16.2Ci /km2)を超える超高濃度の汚染が、そして福島市を含む半径60km以上80km以下のエリアで300000Bq/m2(8Ci/km2) を超える高濃度の汚染が見つかった。

チェルノブイリではセシウム137の地表蓄積が5Ci/km2から 15Ci/km2までの第二汚染エリアは自主移住、15Ci/km2以上の第一汚染エリアは強制移住とされた。

※1Ci(キュリー)=37000,000,000Bq=37000MBq(MBqは百万ベクレル)、1km2=1000,000m2

http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/469fc0126f2b1da8eddeaa981c48e957
=========================================================

マレーシア機撃墜の原因究明にアメリカから協力要請ってのは、集団的自衛権の予行演習かもね。

くろねこの短語 

Photo

2014年7月23日 (水)
マレーシア機撃墜の原因究明にアメリカから協力要請ってのは、集団的自衛権の予行演習かもね。

 脱法ドラッグが危険ドラッグって呼び名に変わるとか。それはいいけど、母さん助けて詐欺ってのはどうなっちゃったんだろうの今日この頃です。

 そんなことより、マレーシア機撃墜の原因究明に日本も協力しろって、レレレのシンゾーがアメリカにせっつかれちゃいました。プーチンといかに親しいかってあれほど宣伝してたくせに、まったく存在感を示すこともなく、おざなりなコメント出してお茶を濁してんじゃねえぞ、ってなことなんでしょうね。

・米 マレーシア機撃墜原因究明で日本に協力を

 こういう時こそ外交力ってのが試されるんだが、口だけは勇ましいこと言っても、けっして高邁な理念や思想、戦略ってのがあるわけではないから、ただただ右往左往するだけで、おそらく世界中から嘲笑されてますね、レレレのシンゾーは。

 今回のアメリカの協力要請ってのは、集団的自衛権の予行演習って意味もあったりするんじゃなかろうか。覚悟はできてるか、っていう暗黙のプレッシャーだったりして。

 プーチンの手前、無条件でアメリカに尻尾振るわけにもいかず、かといってアメリカの要請を無碍にすることなんて土台できない話で、さぞかしお腹の痛いことでしょう。ざまあみろです。

高僧和讃

飯山一郎

2014/07/22(火)  

 

高僧も ミツバチ入巣で 取り乱し

和讃

「和讃」とは、仏教歌謡の一種で、仏・菩薩の教えやその功徳、あるいは高僧の行績を日本語で誉めたたえる讃歌をいう。

 

鷲の「ファン」の一人は、さる名刹(名高い寺)の高僧だ。
御歳は84才。見るからに落ち着き払った風貌で、悟りの境地に達せられた感があり、会う人すべてが深い心の安らぎを得る! そんな風格をお持ちの高僧だ。

ところが…、お寺を任せていた長男が宗派の事情で分寺の住職となったため本寺を出て行ったんだ、と。
これで一番困ったのは、運転手(=長男)が不在になって不自由になったことだという。
そこで高僧は、妻(77才)に運転免許を取らせたんだ、そーな。

普通、77才という年齢は免許を警察に返納しても おかしくない歳なのに、新たに免許を取った老婆。
これには警察も感心した、鼠~か、驚いて、署長さんが免許証を手渡したんだ、と。

で、2ヶ月ほど前…、
「飯山一郎さんに会いたい。志布志まで運転してくれ!」
と、高僧(84)は 妻(77)に命じたんだ、と。

「はい!」 と、忠実な妻は一つ返事で高僧を車に乗せて150kmも離れた志布志に向かったが、高速道路の走り方も、高速道路への入り口も分からないので、一般道を走って志布志に辿りついたワケ。ほんと、ご苦労様でした!

老高僧が、拙宅に着いて開口一番に言われたことは、
「飯山さん、あなたの手製の巣箱を譲ってください!」
有無を言わせない リン!とした落ち着き払った発声であった。
鷲が、老高僧に巣箱を差し上げたのは言うまでもない。

本日、その老高僧から上ずった声で電話が入った。

「飯山さん! きょ、きょう、寺の境内に数千匹以上の蜜蜂がウナリをあげて飛んできて…、その全てがアッ!と言う間に、巣箱に入ったのです!」

高僧も ミツバチ入巣で 取り乱し

悟りきったはずの老高僧(84)も…、蜜蜂の大群の突然の飛来と入巣! こんなコトは仏陀(ブッダ)の教えにもあろうはずがなく…、老高僧の取り乱したような上ずった発声と興奮は、まるで少年のような若々しさであった。

老高僧の妻(77)も、少女のようにハシャいでいた、という。

2014年7月22日 (火)

1000キロ縦断リレーに高橋尚子さんら

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_5


1000キロ縦断リレーに高橋尚子さんら

6年後の東京オリンピックとパラリンピックの聖火リレーを想定して、東日本大震災の被災地と東京をたすきでつなぐ「1000キロ縦断リレー」に、女子マラソンの高橋尚子さんなどが参加することになりました。

「1000キロ縦断リレー」は、東京都などが6年後の東京オリンピックとパラリンピックの聖火リレーにつなげる大会として去年から始めています。

オリンピックの招致が決まって初めてとなることしの大会には、女子マラソンの高橋尚子さんのほか、有森裕子さんなど、多数のゲストランナーが参加することが決まりました。

リレーは、24日に青森県庁をスタートし、岩手・宮城・福島、そして茨城・千葉の沿岸部など東日本大震災の被災地を経て、来月7日の東京・江東区でのゴールまで、すでに参加が決まっているおよそ900人がたすきをつなぎます。

今回の大会から、岩手県の旧大槌町役場など、震災で多くの犠牲者が出た場所を通る際はランナーが立ち止まって手を合わせることにしていて、東京都は「リレーを通して、復興を後押しするとともに震災の記憶を風化させないようにしたい」と話しています。

1000キロ縦断リレーに高橋尚子さんら

7月22日 6時18分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140722/k10013178731000.html
===============================================

米情報機関及びキエフ政府に深まる謎 怪しいのはどっちだ!

あいば達也

Photo_4

2014年07月22日
米情報機関及びキエフ政府に深まる謎 怪しいのはどっちだ!

 以下は、寡黙だが、確実に証明可能な事実関係及び証拠しか出さないロシア軍の一部データが示された。バラク・オバマが連日連夜、米国の大統領の職を辞して、ホワイトハウスのスポークスマンに転職したような、滑稽とも見えてくる、国家総動員態勢のプロパガンダに、知的人々は眉をひそめていたに違いない。しかし、わが国の「マスマスウソゴミ」は、サッカーの次はマレーシア機撃墜が花形話題だと、ダボハゼのように飛びつき。こちらは、「マスマスウソゴミ」が、御用コメンテータを雁首並ばせ、口々に「証拠は上がった。犯人はテロ勢力だ。テロ勢力のボスはプーチンだ」との言説作りに奔走中である(笑)。

 その意味で、筆者としては、「情報とか、言い分」と云うものは、東西とか、好き嫌いの別なく、公平な質量で、吟味するのが民主的で平等な理念に適う「モノの見方、考え方」の基礎だと認識している。ゆえに、あまりにも、多勢に無勢なロシア側からの情報は、筆者は意識的にダダ漏れにしておく(笑)。オバマの印象操作声明などは、「マスマスウソゴミ」に任せておけばいい。

≪マレー機事件のロシア公開データー、キエフ当局に多くの疑問を投げかける
 ロシア軍部は21日のブリーフィングで、事故の起きる前のウクライナ、ドネツク州の状況を示した客観的なコントロールのデーターを発表した。ロシア国防省の準備した資料は欧州先進諸国およびマレーシアの専門家らに手渡される。資料へのアクセスは自由に行える。

 マレーシア機の航空路のずれ
 ブリーフィングで発言したロシア空軍参謀本部第1作戦部部長のアンドレイ・カルタポロフ中将によれば、ドネツクまでマレーシア航空機は通常決められた航空路をたどっていた。ところがドネツク以後は航路を北方向に曲げている。
 
 軍機は空中で何をしていたのか?
 ロシア軍の有するデーターでは、マレー機の墜落事件当時現場付近にはウクライナ空軍機はなかったというキエフ当局の声明が覆される。カルタポロフ中将によれば、事件の前、マレー機から3-5キロメートルの地点にウクライナ軍の戦闘爆撃機Su25が確認できる。

 なんのために「ブーク」が移動したのか?
 カルタポロフ中将によれば、墜落機はウクライナ軍の地対空ミサイル「ブーク」の行動ゾーンにあった。中将はマレー機の飛行スキームを示し、「スキームでは 航空路が分かるほか、同機の墜落したとされる場所がウクライナ軍の地対空ミサイル『ブーク』の稼働ゾーンと一致していることが分かる」と語っている。

 米国の人工衛星には全てが見えていたか?
 カルタポロフ中将によれば、事件の起きた時刻にちょうど、ウクライナ上空を米国の人工衛星が通過している。 「これが偶然なのか、それとも違うのか。だがマレー機の事件の発生時刻と米国の人工衛星がウクライナ領域を観測していた時刻が一致している」 ≫(ロシアの声)

権力者たちよ、私たちとともにシファー病院で一晩、たったの一晩でいい、過ごしてほしい!

ウィンザー通信

2


権力者たちよ、私たちとともにシファー病院で一晩、たったの一晩でいい、過ごしてほしい!
2014年07月21日

ブログ『薔薇、または陽だまりの猫』より、転載させていただきます。

ガザ通信2014 
ガザからの3つの手紙/岡真理さん から

2014-07-21

ガザに対するイスラエルの地上戦が始まり、死傷者の数も一挙に倍増しています。
土曜の晩から日曜にかけて、イスラエル軍は、ガザ市東部のシュジャイヤ地区を攻撃、多数の死傷者が出ています。
メディアや医療関係者も、狙い撃ちされています。

現地から、私たちに向けて発信された、3つの手紙を紹介します。

ひとつは、ガザのアズハル大学の英文学教授、サイード・アブデルワーヘド教授のFB。
もうひとつは、ガザ市のシファー病院で医療活動にあたっているノルウェーの医師、マッヅ・ギルベルトの手紙。
3つ目は、エレクトロニック・インティファーダに投稿された、アブーニウマのシュジャイヤ地区に対する攻撃についてのレポートです。

アブーニウマのレポートには、シュジャイヤ地区の写真もたくさんありますので、サイトの方もぜひご覧ください。

続きを読む "権力者たちよ、私たちとともにシファー病院で一晩、たったの一晩でいい、過ごしてほしい!" »

「放射能に負けない体を作りましょう」って福島県が戦時国策スローガンみたいな非科学的キャンペーンをやらかし始めたそうだ。

くろねこの短語   

Photo_2

2014年7月22日 (火)
「放射能に負けない体を作りましょう」って福島県が戦時国策スローガンみたいな非科学的キャンペーンをやらかし始めたそうだ。

 倉敷の少女誘拐の容疑者は、自称イラストレーターだそうだ。つい先日、ろくでなし子さんが猥褻だなんだと言いがかりをつけられて逮捕された時も、新聞・TVはこぞって警察リークの自称芸術家って肩書きつけてたけど、「自称」ってのはようするにそれだけ胡散臭い奴だってことを言いたいがためのものなんだね。でもって、それを報道しているのは、みんな自称ジャーナリストってことです。「きっこのブログ」のきっこ氏が、「そんなこと言い出したら、安倍晋三だって『自称総理大臣』だよね。日本の有権者の15%にしか支持されてないんだから(笑)」ってつぶやいていたのは、ごもっともなことなのだ。

 で、その自称総理大臣は、昨日もゴルフ。休みになるとゴルフ三昧で、ちったあ勉強しろやの今日この頃なのだが、ほったらかしの福島では、「放射能に負けない体を作りましょう」なんてまるで戦時国策スローガンみたいなことをホームページでやらかし始めたってね。

1)放射性物質を取り込まない
      ・食品を選ぶときは産地や品目が偏らないようにする      
      ・家庭菜園でとれた作物は、きちんと検査をする      
2)速やかに排泄する
食物繊維、発酵食品などを食べて便通を良くする      
3)きちんと食べて放射性物質を取り込みにくくする      
放射性物質と性質が似ているミネラルを蓄えて、少しでも放射性物質が(体内に)取り込まれるのを防ぐ      
4)放射線に負けない体をつくるための食事      
・バランスの良い食事で腹八分目
・節度ある間食の摂取
・抗酸化ビタミン・ファイトケミカルを毎日補充      
・よく噛む
      ・朝食を食べる

 戦時国策スローガンに、「足らぬ足らぬは工夫が足らぬ」ってのがあるんだが、それと同じで「被曝被曝は工夫が足らぬ」ってお上が言ってるってわけです。いつの時代も役人の考えることってのは似たようなもんなんだね。

福島市が「放射能に負けない体を作りましょう」とHPで公開し話題に

 福島原発事故後の健康支援を議論する環境省の専門家会議がとんでもないことになっていると、東京新聞「こちら特報部」のリポートしてるんだが、それによると、「専門家会議は現在のところ、(福島)県内外の被ばく線量は100ミリシーベルトをかなり下回っていると見込んでいるため、『放射線による健康影響は証明できない』『影響が証明できない以上、福島県内の検診すら不要』という方向に傾き始めている」んだとか。

 「放射能に負けない体を作りましょう」ってのは、こうした動きにも同調してるのは間違いない。国と御用学者がぐるになって、いますぐに健康被害なんてないんですよ、もし将来何かが起きてもそれと原発との因果関係はわかりませんよ、ってことにしたいってことです。そのために、いまから布石を打ってるわけです。

 中部電力が周辺の県知事に賄賂贈ってたことが暴露されたけど、これだってさもありなんなわけで、政財官学報が一緒くたになって、原発推進+被曝隠しにこれからも奔走していくことでしょう。

中部電、4県の知事候補に裏金 愛知前知事認める

 「放射能に負けない体を作りましょう」では、

・窓を開けて室内の換気
・洗濯物は日光にあてる
・天気の良い日は布団を干す
・外から帰ったら手洗い・うがいをする

なんことも書かれてるんだが、それこそインフルエンザの予防じゃないんだからね。それにしても、なんとまあ非科学的なスローガンなことでしょう。

原発作業員の募集広告が酷い!!

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo


原発作業員の募集広告が酷い!!

今でも断続的に臨界が起きていて,そのたびに環境に放射性物質が出続けている↓というのに,現場が低線量のわけないじゃないですか。

東京,神奈川,長野でヨウ素131が検出!! 臨界の可能性
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7773505.html

さらに広い範囲で計測されるヨウ素131 福島は臨界している
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7777085.html

因みに,除染作業員の募集広告も同様に酷いです。

 

ニッポンは、犬死的早死国家

飯山一郎

2014/07/21(月)  

 

ニッポン…。なんと生きにくい国であろうか!
国民の安全や健康や財産を、国は全くもって守ってくれない。
のみならず…、
この3年半に数千万人以上の国民が放射性物質を吸い続けた結果、深刻な内部被曝状態にあるのに、何の対策もとらない。大爆発した4基の原発も、原子炉がムキ出しのまま、何もせずに放置。

国民の健康を守るはずの医療も、恐怖のガン宣告を乱発して、「早期発見・早期治療」という殺人行為を強行する悪辣(あくらつ)さ。

人工透析だって、透析患者の大半は医者に透析を強要されて、無理やり透析患者(リピーター)にさせられたのだ。人工透析ってのは物すごく儲かる医療ビジネスなので…、医者としては、オドしたりスカシまくってでも強行するワケ。

このようにして、ニッポンという国は病人だらけの国になってしまった…。

病気を治すはずの医者が増えれば増えるほど、患者の数が激増してゆく…。鼠~ことは、病気は病院でつくられる鼠~ことなんだ罠~。

もはや政府も病院も国民の敵!になってしまっている! 鼠~認識があるかないかで、人生も大きく変わってくる。認識がないシトは寿命が短くなる!ってこと。

ま、葬儀屋が大繁盛する時代が来たワケだが…、
葬儀屋じたいが早死(はやじに)しちゃうので、気をつけて猪ー大寝!

2014年7月21日 (月)

米豪日にNATOは負けている 米国に追随しようキャメロン

あいば達也

Photo_5

2014年07月21日
米豪日にNATOは負けている 米国に追随しようキャメロン

 バラク・オバマがブッシュに変身したような勢いで、推測を連発し、マレーシア機撃墜犯人を名指し、共謀罪適用で、「犯行のドンはロシア・プーチンだ」とマフィアのゴットファーザーな目つきで公式声明を出している。調査の緒にも就いていないのに、犯人が彼らでなければ、俺が困るとでも言わんばかりの勢いだ。ある意味で、オバマの行動か奇怪だ。ブッシュ・ジュニアの場合は、自国内で起きた「同時多発テロ事件」自国の国民が犠牲になったのだから、判断に拙速さがあっても、多少のエクスキューズは認められるが、遠いウクライナでの、戦闘地の民間機撃墜事故で、ここまで、米国大統領が前面に出てきて、実行犯を名指し、と云うのは外交的でもなく、軍事的でもなく、覇権国らしからぬ振る舞いで、自由主義陣営も、このオバマの異様な興奮度に度肝を抜かされているようだ。

 このような異様な、米大統領バラク・オバマの行動について、ジャーナリストは、冷静な分析を行うべきである。日豪の政府や役人、マスメディアがオバマの“口走り”に追随するのを見て、遅れ馳せ参じたのがイギリスのキャメロンだ。キャメロンはサンデータイムスに寄稿「「プーチン・ロシア 大統領がウクライナに対する姿勢を変えないなら、欧州、西側もロシアに対する姿勢を根本的に変えなければならない」とオバマにメッセージを送った。米英同盟は不滅ですってね。ユーロ圏から離脱している英国の首相に、“欧州も”と云う言葉は宙に浮く。

 

続きを読む "米豪日にNATOは負けている 米国に追随しようキャメロン " »

男子三日会わざれば刮目して見よ!

飯山一郎

2014/07/20(日)  

 

3月16日。某超有名人が鷲を頼って霧島に来た。
この方は、日本で最も権威ある大学病院で悪性の胆管ガンと診断され、2回(合計4クール)に渡って強力な副作用のある(猛毒の)抗がん剤を処方されたが、病状は悪化するばかりだった。

思い余って、佐賀の悪徳医者の病院に入院したが、「オドシとダマシの医療」の結果、高額な非金属の歯に交換させられ数百万円を支払わされたが、病状は悪化する一方だった。

霧島に着いた時は、階段を登るのもヤットというヘトヘトの状態。表情にもウツの症状が強くでていて、顔面蒼白で見るも痛々しい有り様だった。

ところが!である。

3泊4日の霧島滞在の間に、「癌」という病気に対する見方・考え方がガラリ!と一転し、癌という病気は自力で克服できる! という自信を持ちはじめ、明るい希望が湧き始めた…。

そーしたら、がぜん元気が出てきて、まわりが驚くほど食欲旺盛になり、食うわ!食うわ!
朝の散歩も、鷲が寝てる間に霧島神宮の本殿まで登って行く有り様。

昨日(19日)の夕刻、飛行場へ向かうため霧島倶楽部を出る時は、顔色も、歩き方も、姿勢も、すべてが健康そのもの、生来の魅力的な笑顔が戻って、冗談まで連発する某超有名人の変わり方には、ホテルのスタッフも驚き、桃の木、陽気になって手を振っていた…。

わずか3泊4日の間に、こうも見事に人間は変身できるものなのか?! それは論より証拠で…、やがて、その某超有名人が証言するだろう。

オドシやダマシではなく、「患者」を優しく癒やす(いやす)「いやしの医療」、これを霧島か志布志で始めるとき、某超有名人は、開始!のゴングを鳴らすはずだ。

きょう(3月20日)までに、その「いやしの医療」に協力する!というドクターが4名も応募してきた。

そのうちの一人の医師は北海道の勤務医だが、本日の朝に応募してきて、本日の夜には北海道から志布志に到着されている。

ものすごいスピードで「いやしの医療」が始まる予感がする…。

「男子三日会わざれば刮目して見よ!」とは、日々鍛錬する人は、3日も経つと見違える程成長しているものだと言う意味。出典は、三国志演義。

「放射能でひとりも死んでないだと……このうそこきやろう人殺し」青田恵子『拝啓関西電力様』より

ウィンザー通信

2


「放射能でひとりも死んでないだと……このうそこきやろう人殺し」青田恵子『拝啓関西電力様』より
2014年07月19日

 

花てぼさんのブログより拝借させていただきました。
このブログでも、以前に一度、紹介させていただいた、青田恵子さんの詩『拝啓関西電力様』。
方言の持つしなやかさやリズムが、そして花てぼさんの流れるような優しい文字が、
棄民をひたすら続行する国や電力会社への憤り、絶望、悲鳴が、そこらかしこから聞こえてくるような激しい言葉を、あたたかく包み込んでいます。

↓以下の写真は、花てぼさんが紹介してくださった、みどりさんのブログ『日々の暮らしを記憶に刻む』よりお借りしました。


860a0b6d01b01e0d503dcd8240590224

57c6ca55548ff348f0275e8f7c96065f

522ae170962f67ffa618abea2c2ca27f





↓以下、花てぼさんのブログより、転載はじめ

2014年07月13日
青田恵子さんの詩「拝啓関西電力様」

「入間書人展」で発表して、大変好評をいただいている。
毎日展7/16日から、東京都美術館で展示のものと同じで、見に行ってくださる予定の方もおられて、こちらを先に載せるのは憚られたが、
作風が随分違うので、一つはこちらでご覧いただいて、もう一つの方と比較して見るというのもいいのではないかと思っています。
私自身はこちらの作品が好きです。
と言っても、もう一方の作品は提出が早かったので、詳細を思い出せません。


今回、書としてよりも、青田恵子さんの詩を多くの方に知っていただいたり
この作品の前で「脱原発談義」が聞かれるのが、私の願いでもありましたから、実際そのように見受けられるのが嬉しいです。
方言と共に、この文字の優しさが、この詩の重苦しさ(作者ご本人や、当事者の方たちには、これでも言い足りないお気持ちでおありのことでしょう)に、ワンクッション置かれているように感じるなどと言っていただくと、書にした者冥利に尽きる思いがします。
詩を書くことを快く承諾してくださった青田恵子様、お世話いただいたNO NUKES from shiga 脱原発・滋賀☆アクションhttp://nonukesiga.exblog.jp/ 様に、心より感謝申し上げます。


『拝啓関西電力様』
青田 恵子

エアコン止めで 耳の穴かっぽじって よーぐ聞け
福島には 「までい」っつう言葉があんだ
までいっつうのは ていねいで大事にする
大切にするっちゅう意昧があんだ
そりゃあ おらどこ東北のくらしは厳しかった
米もあんまし穫んにぇがったし
べこを飼い おかいこ様を飼い 炭を焼き
自然のめぐみで までいにまでいに今まで 暮らしてきた
原発は いちどに何もかもを 奪っちまった

原発さえなかったらと
壁さ チョークで遺書を残―して
べこ飼いは首を吊って死んだ。

一時帰宅者は
水仙の花咲く自宅の庭で
自分さ火つけて死んだ。

放射能でひとりも死んでないだと……
この うそこきやろう 人殺し
原発は 田んぼも畑も海も
人の住む所も ぜーんぶ(全部)かっぱらったんだ。
この 盗っ人 ドロボー
原発を止めれば 電気料金を二倍にするだと……
この 欲たかりの欲深ども
ヒットラーは毒ガスで人を殺した
原発は放射能で人を殺す
おめえらのやっていることは ヒットラーと なんもかわんねぇ
ヒットラーは自殺した

おめえらは誰ひとり
責任とって 詫びて死んだ者はない
んだけんちょもな おめえらのような人間に つける薬がひとつだけあんだ
福島には 人が住まんにゃくなった家が なんぼでもたんとある
そこをタダで貸してやっからよ
オッカアと子と孫つれて 住んでみだらよがっぺ
放射能をたっぷり浴びた牛は そこらじゅう ウロウロいるし
セシウムで太った魚は 腹くっちくなるほど 太平洋さいる
いんのめぇには、梨もりんごも柿も取り放題だ
ごんのさらえば 飯も炊けるし 風呂も沸く
マスクなんと うっつぁしくて かからしくて するもんでねえ
そうして一年もしたら 少しは薬が効いてくっかもしんにぇな

ほしたら フクシマの子供らとおんなじく
鼻血が どどうっと出て
のどさ グリグリできっかもしんにぇな
ほうれ 言った通りだべよ
おめえらの言った 安全で安心な所だ
 
さあ、急げ!
荷物まどめて フクシマさ引っ越しだ
これが おめえらさつける
たったひとつの薬かもしんにぇな

世界は恐怖する死の灰の正体 亀井文夫監督

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_4


世界は恐怖する死の灰の正体 亀井文夫監督

 



              2013/07/29 に公開          

         
            

1957年制作原水爆実験後の日本の実態

単位換算
1キュリー(Ci)=約370億ベクレル(Bq)、
1マイクロキュリー(µCi)=約37,000ベクレル(Bq)
1マイクロマイクロキュリー(µµCi)=約0.037ベクレル(Bq)
1レントゲン=約10ミリシーベルト

ストロンチュウム90が115マイクロマイクロキュリー=約4ベクレル
セシウム137が240マイクロマイクロキュリー=約9ベクレル
1,500レントゲン=約15,000ミリシーベルト=15シーベルト

         

世界は恐怖する死の灰の正体
==================================================

 

子沢山には支援を厚くして「大家族を評価するような制度改革を議論すべきだ}(安倍晋三)・・・いずれは、「産んで殖やして育てて皇楯」ってことか。大きなお世話だ!

くろねこの短語

Photo_3

2014年7月21日 (月)
子沢山には支援を厚くして「大家族を評価するような制度改革を議論すべきだ}(安倍晋三)・・・いずれは、「産んで殖やして育てて皇楯」ってことか。大きなお世話だ!

 子供たちは夏休みでおおはしゃぎなのはけっこうなことだが、たった2日間の集団的自衛権集中審議で格好だけつけた永田町のセンセイたちも夏休みってんだからお気楽なことだ。しかも、税金使って海外視察とやらにまたぞろ出かけていくらしい。税金ドロボーという意味では、記者会見で喚き散らした地方議員と何ら変わりはありません。

 ところで、レレレのシンゾーが、「少子化対策の一環として『第3子以降に特化し、重点的に支援していく。(従来とは)次元の異なる大胆な施策を検討していきたい』と述べ、3人目以降の子どもの出産や育児を抱える家庭を重点的に支援する政策を打ち出していく考えを示した」ってね。

 続けて、「大家族で支え合う価値を社会全体で改めて確認すべきだ。大家族を評価するような制度改革を議論すべきだ」ってほざいたってんだが、大きなお世話だ。ていうか、女性に働けと言ったり、子育てしろっと言ったり、ようするに男にとって都合のいいことばかり喚いてるんだね。おそらく、こうした古色蒼然たる大家族制度って発想は、生活保護の親族扶養義務の範囲を大幅に広げようとしているのと根っこは同じです。家族による介護を重点にした介護保険の改悪もしかり。

第3子以降を重点支援=安倍首相「大家族の評価を」

 働くのも、子供を産むのも、それは個人の自由なんであって、何も国にとやかく言われる筋合いはありません。世の中には、いろんな理由で、働きたくても働けない、産みたくても産めないひとがたくさんいる。単に、「産めよ、増やせよ」って号令かけたってどうなるもんではありません。

 そうした根本の問題を解決するための具体的な政策に手をつけるのが政治の役割だろうに、この男の口から出るのはいつも情緒的とは聞こえはいいけど無味乾燥な標語なんだね。そのうち、「子沢山も御奉公」とか「二人して五人育てて一人前」とか「産んで殖やして育てて皇楯(みたて)」なんてことを口走るんじゃないか。ちなみに、こうした標語は、「昭和戦時下、日本人を叱り続けた究極の<上から目線>の壮絶コピー集」である『黙って働き 笑って増税』(現代書館)より引用しました。

 それはともかく、レレレのシンゾーが子沢山で、大家族ってんならまだしも、しょせんはお腹の調子がいまいちの御仁ですからね。身の程をわきまえろ、って悪態ついたところで、お後がよろしいようで。

第一原発5号機で60リットル水漏れ 配管

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2

第一原発5号機で60リットル水漏れ 配管

東京電力は19日、福島第一原発5号機で、使用済み核燃料プールに冷却水を送る配管の2カ所の弁付近に、合わせて60リットルの水がたまっているのが見つかったと発表した。

弁からの漏えいは確認されておらず、東電は詳しい原因を調べている。

東電によると、19日午前1時半ごろ、5号機原子炉建屋5階で、使用済み核燃料プールにつながる配管の弁を収める2つの箱に水たまりがあるのを社員が発見した。

水を検査した結果、それぞれ1リットル当たり2100ベクレル、同3400ベクレルのコバルト60が検出され、プール内の水と同レベルの濃度だった。

水たまりを取り除いた後に配管に通水したが、箱内の弁や配管から水漏れは確認されなかったとしている。

東電は水たまりの原因の特定を急いでいる。

今のところ、プールの水位や水温などに影響は見られないという。

水たまりがあった箱の弁の点検は平成21年11月以来だった。

今月18日午後、プールの冷却系統のタンクで水位上昇が見られたため、社員が周辺の配管や弁を調べ、水たまりを見つけた。

5号機では今月6日、プールにつながる別の配管の弁で水漏れが見つかり、冷却を一時停止した。

現在は原子炉冷却に使用する配管の系統を使い、原子炉とプールを交互に冷やしている。

18日には現地調査に入った県廃炉安全監視協議会が水漏れのあった弁を確認し、建屋内の配管系統の点検や保守管理の徹底を要請していた。

KFB福島放送
2014年07月20日 14時15分 配信
http://www.kfb.co.jp//news/index.cgi?n=201407200
========================================================

MH17便撃墜を奇禍とし 米国はロシアをイラクの二の舞に

あいば達也

Photo

2014年07月20日
MH17便撃墜を奇禍とし 米国はロシアをイラクの二の舞に

 時事通信はマレーシア機撃墜の情報戦がロシアとウクライナの間で起きていると報道するが、まったく違う。アメリカ、オーストラリア、日本の主たるメディアとの情報戦になっている。それが、現状の西側諸国のメディアの論調だ。冗談でも、ウクライナ対ロシアなどと云う矮小化された枠組みの問題ではない。こういう日本メディアのピント外れな論調が、安倍のピント外れの集団的自衛権に関する衆参両院の予算委員会における質問議員をコケにするような態度を見逃すのである。

 今や、環太平洋軍事同盟化しつつある{日米豪軍事同盟}はNATOにおける、各国の独立意思の尊重という概念を取り払った、“アメリカ教”軍事同盟に変貌しつつあることが最大の課題だ。このかなり強引な結びつきを強める日米豪同盟的状況が、NATOの結束の弱さを補完するように大きな枠組みで動いている。この動きと、ウクライナ東部上空で起きたマレーシア民間機の撃墜事故宣伝戦は、「911同時多発テロ事件」と同様の構図を持って、西側諸国のマスメディアを躍起とさせているのだ。EU(NATO)諸国などそっちのけである(笑)。

 

続きを読む "MH17便撃墜を奇禍とし 米国はロシアをイラクの二の舞に" »

2014年7月20日 (日)

「川内はなんとかしますよ」(安倍晋三)・・・なんと軽薄な。アメリカから集団的自衛権せっつかれた時もこんな具合だったんだろう。「なんとかしますよ」で戦場に送られちゃたまりません。

くろねこの短語

Photo

2014年7月20日 (日)
「川内はなんとかしますよ」(安倍晋三)・・・なんと軽薄な。アメリカから集団的自衛権せっつかれた時もこんな具合だったんだろう。「なんとかしますよ」で戦場に送られちゃたまりません。

 162kmのストレート。凄すぎるぞ、大谷。久々に球場に足を運びたくなる選手だね。札幌まで行っちゃおうかなあ。

 でもって、行方不明の少女が無事保護とか。いやあ、何はともあれ、めでたしめでたしの連休ど真ん中の日曜である。

 ところがどっこい、ひとの感情を逆撫でするのが大好きなレレレのシンゾーがまたやってくれました。昨日の夜は山口県知事や産経新聞社長たちと下関の焼肉屋で会食したようだが、その前の日、18日には九電の社長や九州財界を牛耳るひょっとこ麻生の弟たちと博多の高級料亭で酒食に耽っていた。この席で、九電の社長に川内原発の再稼働をおねだりされて、「川内はなんとかしますよ」ってふんぞり返ってたってね。

安倍首相「川内はなんとかします」 九電会長らと会食

 奇しくも、というかおそらく事前にスケジュール調整してたんでしょう、原子力規委員会が審査適合の結論を出した2日後ってのがミソですね。言ってみれば、再稼働の前祝いしてたんでしょう。でなけりゃ、原発再稼動と言う極めてナーバスな問題が目の前に転がっているってのに、総理大臣がその当事者と酒食を共にするなんてことは、まず常識では考えられません。

 サイコパスの特徴として、口が達者、平気で嘘をつく、無責任で問題行動が多い、責められると逆切れする・・・なんてことがあるそうだが、この国はとんでもない男に権力持たせちゃったかもしれないね。

 それにしても、「なんとかする」って言い草の軽薄さかげんには寒気がしてきます。アメリカから集団的自衛権せっつかれた時も、こんな具合に返事したんだろうね。そして、アメリカの戦争に自衛隊の参加を要求されたら、きっと同じように答えるんだろうね。「なんとかする」でよその国のために戦場に送られちゃたまりませんよ、ったく。

2014年7月19日 (土)

「放射線に負けないからだをつくろう」 福島市

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_4


「放射線に負けないからだをつくろう」 福島市

福島市が「放射線に負けないからだをつくろう」と呼びかけ、射線に負けない体をつくるための生活習慣のポイントを紹介しています。

放射線に負けない体をつくりましょう1

放射線に負けない体をつくりましょう2
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/uploaded/attachment/32868.pdf

放射線に負けない体をつくりましょう3
http://www.city.fukushima.fukushima.jp/uploaded/attachment/32869.pdf
=========================================================

ここでは食べ物のことしか取り上げていませんが,怖いのは食べ物からの内部被曝よりも,呼吸による内部被曝です。

戦って勝てる相手じゃないと思う。

逃げてください。

追伸

こともあろうに脱被曝策としてきのこを食べることを勧めていますが,きのこは御用医師坪倉でさえも指摘している脱被曝のための避けるべき食品ツートップのうちのひとつ↓ですよ。

これは知らなかったでは済まされない,殺人です。

“見込み捜査”情報合戦 西側はロシア主犯説垂れ流し

あいば達也

Photo_3

2014年07月19日
●“見込み捜査”情報合戦 西側はロシア主犯説垂れ流し

 日本に住んでいて、ロシアのプーチン大統領やウクライナ親ロ派の強面な人々を擁護することは、中々大変だ。世界中が、911同時多発テロ事件以来の仰々しさで、実行犯人、教唆犯人探しに奔走している。西側世界のマスメディア全体で見れば、7:3くらいの按配でアメリカ発の情報が正しい前提でメディアが動いている。中東やアジア、アフリカ、南米では、ほぼ五分五分の情報が流れているようだ。英国を除く、EU諸国の報道はまちまちで、65:35でアメリカ情報に偏るが、西側全体の潮流よりは抑制が効いている。

 このようなロシアと経済中心に関係の深いEU諸国の現象は印象的だ。アメリカと云う暴力装置付覇権国家の行動原理に、独仏伊などは必ずしも全面同意の姿勢は示していない点が、今回のウクライナ問題全体に言える傾向であった。日本の安倍政権も、米国・イスラエルの対露姿勢に、全面同調はしていない。つまり、ロシア封じ込めのウクライナのNATO化、中国封じ込めのミヤンマー民主主義化の動きが、順調に進むためには日韓関係が親和的でなければならないし、NATO軍の結束が盤石である必要がある。

 

続きを読む "“見込み捜査”情報合戦 西側はロシア主犯説垂れ流し" »

いやし vs おどし、だまし

飯山一郎

2014/07/19(土)  

 

霧島倶楽部で悪徳医者の講演会

鷲が定宿にしている霧島倶楽部が、明日と明後日、豚でもない悪徳医者に講演会場を提供するんだと。
その豚でもない医者とは、何ヶ月か前、霧島倶楽部の社長が癌の疑いで入院した病院の院長で、結局はその豚でもない医者の「オドシとダマシ」に引っかかって、あげく、金属が使われた歯は危険だからと非金属を使った歯に交換させられた…。この間に支払った金額は、数百万円!
こういう「オドシとダマシの医療」の宣伝のために霧島倶楽部が使われる…。残念でならない。

 

豚でもない悪徳医者の魔手にかかり…、食べられない、立つのもやっと!という状態にまで病状が悪化した患者=犠牲者の「被害状況」について、鷲は下の文章で公開した。これは広く注意を喚起するためだ。

この悪徳医者の儲けの手口は、豚でもない高額な歯の治療だ。
歯科金属から危険な「ガルバニック電流」が生じているからと弱った患者の歯を抜き、非金属を使った歯に交換するという豚でもない医療行為。これが「気功」を使うという悪徳医者のビジネスモデルだ。 A子さんという患者=犠牲者が「気功医者」に払った治療代は、上の文章では300万円と書いたが、実際は500万円を超えていた!と。

いま鷲が霧島で相談を受けている患者=犠牲者は、じつは超有名人なのだが、この患者=犠牲者も「オドシとダマシの医療」を受け高額な非金属の歯に交換させられ数百万円を支払わされている。

こういう悪徳医者の講演会が、明日と明後日、霧島倶楽部で行われる。
霧島倶楽部の社長は、悪徳医者のヒドすぎる医療の実態にやっと気づいたのか…、講演会には顔を出さない。
ま、そーゆー講演会だ。

今後、日本は、前代未聞の大変な癌社会になる!

これを見越した医療側は、ビッグ・ビジネスチャンスだ!と手ぐすねをひいている。
くれぐれも、患者という名の犠牲者にならないよう、広く注意を喚起する次第。

オドシやダマシではなく、「患者」を優しく癒やす(いやす)「いやしの医療」、これを実現する時空間を霧島につくりなさい! と、鷲は霧島倶楽部の社長に言おうと思う。
いつ言うか?
悪徳医者の霧島講演会の日(明日と明後日)に志布志で言おうと思う。

 

マレーシア機撃墜、イスラエルがガザに侵攻・・・いまこそ戦争の愚かしさを論じるべきなのに、新聞・TVときたら・・・この唐変木が!

くろねこの短語

Photo_2

2014年7月19日 (土)
 マレーシア機撃墜、イスラエルがガザに侵攻・・・いまこそ戦争の愚かしさを論じるべきなのに、新聞・TVときたら・・・この唐変木が!

 柳家小三治が人間国宝になったとか。あの世の談志はさぞかし悪態ついてることだろう。人間国宝になるほど落ちぶれちゃいねえや・・・なんてね。

 そんなことより、ウクライナで撃墜されたマレーシア航空機だ。アメノカは鬼の首でも取ったかのようにロシアを非難してる。アメリカだって、ペルシャ湾でイラン航空機を撃墜しちゃったことがありますからね、大きな顔できた筋合いではありません。ようするに、戦争状態になれば、恐怖が恐怖を生んで、見境のない殺戮が繰り広げられるってことです。

親ロシア派、ミサイル発射か マレーシア機撃墜

 いまこそ戦争がいかに愚かな行為かってことを論じる絶好の機会だろうに、新聞・TVは撃墜した犯人探しに話題を集中させてるんだから困ったものなのだ。昨日のテレビ朝日『スーパーJチャンネル』では、コメンテーターの萩谷順が「ここに日本が巻き込まれることはありません。ただし、世界の目がウクライナに向いているうちに、東シナ海で中国が不穏な動きをするかもしれない。それにも注意を払いたいですね」なんてアホなことほざいていた。オスプレイが抑止力になるなんてことを平然とのたまっちまう御用コメンテーターだからさもありなんなんだが、何気にマレーシア機撃墜を中国脅威論に結びつけちゃう、こうした論理の飛躍ってのをこやつはけっこうするんだね。

 でもって、マレーシア機撃墜騒動にまぎれてかどうかは知らないけれど、イスラエルがガザに侵攻。あっちでもこっちでも、憎悪の連鎖で子供たちがひどい目にあってます。そんな時に、中国脅威論をほのめかす御用コメンテーターが大きな顔してTVに出てるんだもの、恥かしいったらありゃあしない土曜の朝なのである。

・イスラエルがガザ侵攻、暴力の応酬激しく

「癌だ!癌だ!」と騒ぐ医者とは絶交だ

飯山一郎

2014/07/18(金) 

 

癌の治療は絶対にするな! 先ずは放置だ!

放置療法

鷲も、医者に「ガンです!」と言われたことが何回かあるが、そういう医者とは絶交した。お陰様で、胃癌も大腸癌も自然に消えて跡形もない。
ほとんどの人は癌が発見されると医者の言うがままの治療を受けるが、近藤誠氏は慌てて治療を始める不利益を説く。
癌を放置しておいても癌が転移せず、大きくもならない人が多数いるからだ。
癌を放置している患者たちの証言は、医学がデッチアゲた仮説=「たちまち増大し転移して、死に至る」という癌の定義を覆す。
ま、「癌だ!癌だ!」と騒ぐ医者とは絶交して、ガン検診も含め、病院には行かない!これが長生きの秘訣だ。

 

近藤誠がすすめる「癌の放置療法」を激しく批判する本がある。
『「抗がん剤は効かない」の罪』(勝俣範之著)という本で、「ミリオンセラー近藤本への科学的反論」という副題付きだ。

この勝俣本を鷲は読んでみたが…、おそろしく非科学的で、説得力は皆無に近い。ほんとうに頭の悪い医師だ。

勝俣本の主要な主張は、たとえばこんなふーだ。
「抗癌剤の副作用は非常に激烈で危険だが、“腫瘍内科医”が使えば大変な効果をもたらす。しかし、日本には抗癌剤の専門家である“腫瘍内科医”は数百人しかいない。“腫瘍内科医”以外の医者の抗癌剤使用は危なかしい…」

これじゃ恐ろしくて…、病院には行けない罠~(爆)

勝俣本は、東電の勝俣みたいに国民の健康無視で、体制ベッタリで、医療マフィアの手羽先が書いたような本だ。

勝俣範之氏に関しては、こんな話もある。

勝俣範之氏は、近藤誠氏との対談をいったんOKしながら、2カ月後に“近藤本を読んで、自分は準備不足だとわかった。この話はなかったことに” と敵前逃亡した、と。

「近藤先生はがん研究に10万時間かけ、数万人のがん患者を診て、がん放置療法を確立した信念の人。昨年開設したセカンドオピニオン外来にも、1年間で 2000組も相談が殺到しているというから、いま全国津々浦々のがん患者がどんな治療をすすめられ、どんな目にあってるか、バッチリ把握してるだろう。勝 俣先生は近藤先生とディベートしても、とても歯がたたないから本書で抗戦?」という投稿もある。
ま、そんなところだろう。

ツバメが一羽飛んできた ゆえに夏到来と思うことなかれ

あいば達也

Photo

2014年07月18日
ツバメが一羽飛んできた ゆえに夏到来と思うことなかれ

 以下は、地方からの反乱を予想する山田厚史氏のコラムだが、山田氏も滋賀県知事選での自公敗北一つで、糠喜びするべからず、と言いながら、どこか浮き浮きしている(笑)。まあ、あまりにも体たらくな野党の様を見ていれば、僅かな光でも、気持ちが安らぐのは事実だ。負けるよりは、断然いい。しかし、嘉田知事を生みだした地域性も考慮すれば、勝つべくして勝った選挙と云う見方も可能だ。あの自公推薦の官僚候補者は、ハッキリ言って「玉が悪すぎ」と云う一言に尽きるだろう。

 ただ、筆者も、中央集権統治のシステムに組み込まれた、全国紙メディアや学者、評論家の類の言説が、ストレートに国民の気持ちに入り込めない状況が、各所に表れている。この傾向は、グローバル世界と云う、鵺のような世界の混沌を抜け出す手立ての一つとして、地域の主張を成長させないと、すべて霞が関の好きなようにやられてしまい“棄民化”が益々増長するに違いない、と云う機運が生まれていることは、傾向的に見られる。無論、まだ顕著と云うには、ほど遠い。しかし、無から有になった点は、素直に好感を持ちたいと思う。

 

続きを読む "ツバメが一羽飛んできた ゆえに夏到来と思うことなかれ" »

2014年7月18日 (金)

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shunzo480707/4711706「マレーシア機撃墜」のニュースに改めて思う、行方不明機は何処へ&DNA鑑定がどうしたこうしたよりも、子供にとって何が一番幸せかを考えないとね。

くろねこの短語

Photo_3

2014年7月18日 (金)

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/shunzo480707/4711706

「マレーシア機撃墜」のニュースに改めて思う、行方不明機は何処へ&DNA鑑定がどうしたこうしたよりも、子供にとって何が一番幸せかを考えないとね。

 「マレーシア機 撃墜か」の朝刊一面に、おお、行方不明機のことか、と一瞬頭を掠めたのだった。で、よく記事を読んでみればまったく別の話で、アムステルダム発のマレーシア機がウクライナ東部で撃墜されたらしいとか。おいおい、これは大変なこっちゃ。親ロシアの反政府勢力もウクライナ政府も、俺たち知らんもんね、とシラを切っているようだけど、冷戦時代だったらへたすりゃ第三次世界大戦の引き金にだってなりかねません。なんだか、世界は凄いことになってきています。それにしても、行方不明のマレーシア機は何処へ。

・マレーシア機墜落は「撃墜」とウクライナ当局、親ロ派は関与否定

 でもって、日本ではヘンテコな最高裁判決が出ました。DNA鑑定で血縁が否定されても、それまでの父子関係は覆らないってんだが、当事者にとっては複雑な思いでしょうね。特に子供の立場に立ってみれば、いくら民法の規定だからっていっても、釈然としないのでは。

 「子の法的な身分を安定させる狙い」が民法の主旨だって言われても、そもそもが古臭い家父長制を土台にしたもんなんだから、時代にそぐわないのは自明のこと。5人の裁判官のうち、裁判長を含めるふたりが判決に反対意見を述べているけど、金築裁判官の反対意見がまともな判断だと思うけどね。曰く、「夫婦関係が破綻し、子の出生の秘密があらわになっており、生物学上の父と法律上の親子関係を確保できる状況にあるという要件を満たす場合は、取り消しを認めるべきだ」。

 法律上の父子関係である元夫とは離婚して、いまは実の父親と一緒に子供は平和な生活してるんだから、何も法律でがんじがらめに縛りつけることはないんじゃないのってことです。元夫の男性にしたって、勝手なこと言わせてもらえば、往生際が悪くないかい・・・。一番大切なことは、いまの子供の気持ちなんだよね。「生物学上の父と法律上の親子関係を確保できる状況にある」というのは、そういうことです。

 だから、逆のことだって成り立つんだね。実の親子ではなくても幸せに家族として暮らしているところに、突然、DNA鑑定で証明された実の父親が現れたって迷惑なだけなんだから。子供の幸せってなんだろう、ポンズ醤油のある家さじゃなくって、血縁だろうがなかろうが、暖かい家族に守られているってことなんだってことなんです。野良だった我が家のドラ猫を見ているとよくわかる・・・って、なんのこっちゃ。てなわけで、お後がよろしいようで。

DNA型訴訟 最高裁、3対2の僅差 「父子とは」立法議論求める意見

じゃあもう無理ね⇒「安全だとは申し上げないと、国会でも何でも何回も答えてきた」原子力規制委員長田中氏

ウィンザー通信 

2

じゃあもう無理ね⇒「安全だとは申し上げないと、国会でも何でも何回も答えてきた」原子力規制委員長田中氏
2014年07月17日

福島の原発事故が起こり、
そのあと、なんの解決も得られないまま、汚染だけがどんどん増して、
住民は棄てられ、無視され、無かったことにされようとしているのに、
そんなことが、今の日本で、現在進行形で存在しているというのに、

いまだ、こんなふうに考えている人たちがいる。
こんなふうに考えざるを得ないと信じている人がいる。

だからこそ、日本は変わらないのだ。
だからこそ、日本は変われないのだ。
だからこそ、日本を変えなければならないのだ。


↓以下は、幸雄さんがFacebookで教えてくださった、植草一秀氏の『知られざる真実』からの抜粋です。

続きを読む "じゃあもう無理ね⇒「安全だとは申し上げないと、国会でも何でも何回も答えてきた」原子力規制委員長田中氏" »

これが普通!「まず、総理から前線へ」

ハイヒール女の痛快日記

Photo_2

2014.07/18 [Fri]
これが普通!「まず、総理から前線へ」

はじめまして!東京ルミックスです。
ハイヒールからペタンコ主義になりそうなアチキ?!


琉球新報 2014年5月9日 良い記事だ。こんなポスターがある。両端に武装した2人の自衛隊員。少し腰を曲げ、出迎えのホテルマンのように手を広げ、真ん中へ導く。「まず、総理から前線へ」の文字。最近のきな臭い空気を映したものかと思っていたら、

1982年にコピーライター糸井重里さんらが作ったという


20140717235707d88


本 当かい?糸井氏が作ったのかい?今の糸井をみていると嘘だろ!とつい言いたくなるほど体制ベッタリになってしまっている。コピーライターと呼ぶとそれっぽ く見えるが、所詮、企業の手先なのだ!彼は、世の中をスイスイ生きて行く天才だね。羨ましいような気もするが、遭われなような気もする。

何れにしてもそんなに器用に生きられないわ。

▼同じ思いを持つ人は100年前にもいた。大正期の評論家・長谷川如是閑(にょぜかん)によると、デンマークの陸軍大将が「戦争絶滅受合法案」を発案した。内容はこうだ。開戦後10時間以内に、砲火飛ぶ最前線に次の順で一兵卒として送り込む。

(1)国家元首(2)その親族(3)総理、国務大臣、次官(4)国会議員(戦争反対者を除く)(5)戦争に反対しなかった宗教指導者。さらにその女性親族は最前線の野戦病院で看護に当たる

▼戦場を見た軍人だけあって、戦争の本質を鋭く突いている。戦争をやりたがる権力者は安全な地で声高に危機感をあおるだけ。犠牲になるのは庶民という構図は歴史の常だ

▼時の政権が「戦争ができる国」へと前のめりになっている。「人のけんかを買って出る権利」(思想家の内田樹氏)である集団的自衛権の行使容認に向け憲法までも誤読を企てる。戦場に送り出される心配のない
特権階級の人たちが、机上で描く悪魔の青写真だ

▼安全圏にいる安倍さん、絶滅法案こそ正しい意味の「積極的平和主義」だと思いますが、どうですか。


「まず、総理から前線へ」かあ?メチャンコいいですね。安倍はこの「戦争絶滅受合法案」を通してから戦争でもなんでもやって欲しいわね。

外見も内面も極めて幼稚男だけど、マジに安倍ちゃんを愛するかもよ?

死者数、200:1 の紛争 イスラエルは地球上で何がしたい

あいば達也

Photo

2014年07月17日
死者数、200:1 の紛争 イスラエルは地球上で何がしたい

 見出しの「死者」の数は、パレスチナ・ガザ地区に住む人々の死者と、イスラエルの国民の死者を対比したものだ。この数字が、すべてを語っていると云うことだ。外交上とか、軍事上とか、如何にも西側諸国にメディアの論調を見聞きしていると、イスラエルに理があり、パレスチナ・ハマス勢力がテロ組織のような地位にある。しかし、このような紛争をみつめる視座を、“人としての”宗教や哲学に立ってみると、到底イスラエルに正義はない。ハマスが、その地域の治安維持に、どれ程悪影響を及ぼしているとしてもだ。イスラム原理主義勢力だからと云って、その組織する人々の生命と、気敬虔なユダヤ信者の生命に、軽重があって良い筈はない。

 ある意味で、汎用的民主主義やアメリカンデモクラシーにおいては、そのイデオロギーに馴染まないイデオロギーを悪のように、悪しざまに語る傾向があるが、相当に身勝手なロジックに過ぎない。人間の命と云う基準で眺めれば、1人の死者しか出していないイスラエルに、正義があるとかないとか、そんな議論はマヤカシである。戦力的には死者の数と反比例、200対1の事実があるのだろう。こういう場合、200の力を有する勢力は、自己抑制するか、部分的制裁を科すべきであり、市民に、ミサイル撃ち込むから、何処かに行けとか、ムチャクチャ言うものではないだろう。かなり乱暴な、トルコのエルドアン大統領に、イスラエルは「テロ国家」だと言われるようでは、救いようがない。

続きを読む "死者数、200:1 の紛争 イスラエルは地球上で何がしたい" »

2014年7月17日 (木)

高校生18人が熱中症か 病院に搬送される 福島

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2


高校生18人が熱中症か 病院に搬送される 福島

生徒18人が熱中症の疑いで病院に運ばれました。

16日午前、福島県南会津町の高校で行われていたスポーツ大会で、生徒3人が気分が悪いと訴え、熱中症の疑いで病院に運ばれました。

その後も手足のしびれなどの症状を訴える生徒が相次ぎ、合わせて生徒18人が病院に運ばれました。

高校では今後、再発防止策などについて協議する予定です。

高校生18人が熱中症か

(07/16 17:21)
http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000030790.html
===============================================

安倍晋三総理大臣のヒドイ国会答弁

simatyan2のブログ   

Simatyan2

安倍晋三総理大臣のヒドイ国会答弁
2014-07-16 11:35:28

たまたまリアルタイムで見た15日の参議院予算委員会。

このとき見たのは民主党福山哲郎議員の集団的自衛権について
の質疑でした。

これがまた実に酷い内容でして、もちろん総理の答弁がです。

このとき福山議員は下のパネルを見せて問いただしていました。

T02200165_0800060013004674474_2


https://pbs.twimg.com/media/BsjfwYpCcAIAmRM.jpg:large

「C国からB国に攻撃があり、B国から日本に集団的自衛権の行使
 要請があった場合、日本は攻撃を受けていないC国に武力行使
 を行うことになります。

 これは戦争に巻き込まれるとかいう段階ではなく、紛れも無く
 戦争に参加することじゃないんですか?

 総理お答えください」

すると安倍総理は、

続きを読む "安倍晋三総理大臣のヒドイ国会答弁" »

「基準の適合性を審査した。安全だということは申し上げない」(田中俊一原子力規制委員会委員長)。どいつもこいつも責任逃れするような危険なモノは動かしてはいけない。

くろねこの短語

Photo

2014年7月17日 (木)
「基準の適合性を審査した。安全だということは申し上げない」(田中俊一原子力規制委員会委員長)。どいつもこいつも責任逃れするような危険なモノは動かしてはいけない。

 自民党の元神奈川県議が脱法ドラッグで逮捕っていうんだけど、おそらく辞職願い提出した時点で司直の手が伸びてたんだろうね。議員辞職してお目こぼしってのを狙ったけどうまくいかなかったってことでしょ。さすがに現職議員じゃインパクト強すぎるから、自民党県連も裏で手を回してたんだろうけど、そうは問屋が卸しません・・・なんて妄想も楽しい木曜の朝である。

 ボンクラ県議の逮捕なんかどうでもよくて、そんなことより原発です。原子力規制委員会が、鹿児島の川内原発の適合審査にお墨付き与えちゃいました。これで早ければ、秋には再稼働です。

 委員長の田中センセイの言い草がふるってます。「基準の適合性を審査した。安全だということは申し上げない」だとさ。そのくせ、「(川内原発の安全性は)ほぼ世界最高レベルと思っている」ともほざいてるんだから、ホント、食えないオッサンです。ようするに、事故が起きた時に責任問題になるような言質はとらたくないってことなんだね。

川内原発、審査で安全性担保せず 原子力規制委員長

 で、レレレのシンゾーは「自治体の理解を得て再稼動」ってのたまい、貧相顔の官房長官・菅君は「再稼働は各事業者の判断で」といまから逃げを打つ。ようするに、どいつもこいつも、責任逃れしてるだけです。

 福島第一原発事故で、当事者たる東電はもちろんのこと、政治家も官僚も、原発政策に関わった誰一人として責任を取ってこなかったチャランポラン体制は、いまでもそしてこれからもずっと続いていくってことです。そのくせ、避難対策は地元がちゃんとやれよって丸投げなんだから、こんな楽なことはありません。

 川内原発再稼働で、人も金も戻ってくるって喜んでいるひとたちもいるようだけど、やっぱり命あっての物種だってことを、もう一度考えてみた方がいいんじゃないのかねえ。福島第一原発事故が喉元過ぎるには、いくらなんでも早すぎる。あれからまだ3年。原発直下の大地は、おそらく未来永劫に汚染されたままだというのに、なんてこったいなのだ。

2014年7月16日 (水)

「情緒外交」今日も行く ボクちゃんが気持ち好くなりたいの

2014年07月16日
●「情緒外交」今日も行く ボクちゃんが気持ち好くなりたいの

東京新聞が珍しく、夜中に東京新聞TOKYOWEBが共同発の記事を更新した。どのような記事かと云うと、以下の通り。

≪ 米、安倍首相訪朝の自制要求 制裁解除にも不快感
 ケリー米国務長官が7日の岸田文雄外相との電話会談で、日本政府の拉致問題対応に関し「安倍晋三首相が北朝鮮を訪問すれば、日米韓の連携が乱れかねない」と自制を求めていたことが分かった。首相訪朝を検討する場合は米側と事前に協議するよう要請し、拉致再調査の進展に伴い段階的に独自の経済制裁を解除するとの日本の方針に不快感をにじませた。複数の日米関係筋が15日、明らかにした。
 核・ミサイル問題での日米韓連携を重視するオバマ米政権が「日朝接近」を警戒している実態が鮮明となった。拉致問題の早期解決と、日米同盟の強化を並行して実現したい首相は難しい立場に立たされた格好だ。 ≫(東京新聞、共同)

続きを読む "「情緒外交」今日も行く ボクちゃんが気持ち好くなりたいの" »

「電気の代わりはあるけど琵琶湖の代わりはない。そして命の代わりも」滋賀県新知事・三日月氏

ウィンザー通信

2_2

「電気の代わりはあるけど琵琶湖の代わりはない。そして命の代わりも」滋賀県新知事・三日月氏
2014年07月14日

無所属新人の元民主党衆院議員三日月大造氏が、無所属2新人を破り、初当選されたんですね。
その無所属2新人の中のひとりは、自民、公明両党推薦の、元経済産業省官僚小鑓隆史氏やったんですね。
そして投票率は、50%を、わずかとはいえ、上回ったんですね。

八百長は、50%を超えると、しにくくなるのかな。

だったら、最低でも50%以上の、有権者のせめて半数の大人たちが投票したら、とりあえずはまともな、世論が反映された結果が出るのかな。

いずれにせよ、自民党の好き放題の悪行に辟易している大人が、滋賀県には他の県よりたくさんおられるのだと、
そしてその思いを投票という行為で示す、主権者としての義務をきちんと果たした方が、ふたりにひとりはおられたのだと、
元滋賀県の住民としては、とても嬉しいニュースとなりました。

ありがとう滋賀県民さん!
他の県のみなさんも、滋賀県に続いて欲しい!
特に、次に選挙を控えている長野県、香川県、福島県、新潟市、愛媛県、福岡市、沖縄県、和歌山県の主権者のみなさん、ぜひぜひ滋賀県に続いて欲しい!

長野県知事選(8月)
香川県知事選(9月)
福島県知事選(11月)
新潟市長選(11月)
愛媛県知事選(11月)
福岡市長選(12月)
沖縄県知事選(12月)
和歌山県知事選(12月)

心からそう願います。

「電気の代わりはあるけど琵琶湖の代わりはない。そして命の代わりも」
と、三日月氏はおっしゃったそうです。

卒原発&集団的自衛権反対をはっきりと打ち出した上での当選。
自民党の名の通った議員が、100名近く滋賀県に送り込まれ、おなじみの経済活性化&インフラ整備などをエサにしたバラマキ戦略を展開しました。
それでも負けた。勝てなかった。
民意を投票という形で示した滋賀県の有権者のみなさんに、権力やカネが勝てなかった。

日本を地方から変える。
そのはじめの一歩!

『正常化』を“偽装”する政府に不信感⇒川内村の避難指示解除見送り⇒なんとお粗末で安易な『正常化』

ウィンザー通信

2

『正常化』を“偽装”する政府に不信感⇒川内村の避難指示解除見送り⇒なんとお粗末で安易な『正常化』
2014年07月14日

 

福島県川内村、26日の避難解除見送り 住民の反対相次ぎ、再検討へ 
「正常化」を”偽装”する政府に不信感(各紙)

2014年7月14日

各紙の報道によると、
政府は13日、東京電力福島第一原発事故後に避難指示解除準備区域としている川内村の避難指示解除を当初、26日としていたが、
住民の間に不安が強いことから、26日の解除を見送ることにした。

13日、川内村と郡山市内で開いた住民向け説明会で、住民からは、
村の生活環境の整備が不十分である、放射能汚線量が高い地域があるなど、不安意見が、相次いで出された。



村内の懇談会には約60人、郡山市には約20人が参加した。
政府は説明会で、区域内の放射線量の一定程度の低減を踏まえて、「解除の条件はおおむね整った」と説明、
26日の解除に理解を求めたが、こうした政府の「正常化」強調に対して住民たちは、
実感としての不安と、政府の「帰還促進」姿勢に、不信感を示した形だ。

また住民の間からは、「帰っても仕事がなく、生活が不安定になる」などの不満の声もでた。
放射能除染で表面的な線量を低減できたとしても、「正常化」はそれだけでは実現しない。
普通に暮らすためには、働く場が必要だし、子どもたちが安心して遊び学べる場、家族や友人と語らい、談笑できる環境の回復が必要である。

避難指示解除準備区域の、年間被ばく線量20ミリシーベルト以下を一時的に確保するだけでは、生活の復興につながらないことを、住民たちは肌感覚で感じているといえる。
霞ヶ関、永田町で報告されてくるデータだけをみて判断しているようでは、住民との差は埋まらないだろう。

遠藤雄幸村長は、懇談会最後のあいさつで、解除に向けた村の検証委員会が、28日にも中間答申をする予定とした上で、
「検証委の答申を踏まえて、解除時期を判断したい。26日の解除は政府に再考してもらい、もう一度協議する時間が必要と感じた」と述べた。
復興庁の熊谷敬統括官も、解除しない方針を示した。
区域内では、4月26日から3カ月間、帰還のための準備宿泊(長期宿泊)が行われており、
25日で期限が切れるため、期間を延長した上で解除時期を再協議する
見通し。

以上、転載おわり


この、帰還のための準備宿泊というのが行われる、というニュースを聞いた時からずっと、
いったいどこの誰が、どういう確証でもって、この避難指示解除というものを行い、帰還のための準備などといって、3ヵ月もの長期宿泊を提案したのか。
ということについて考えていました。

報道によると、
長泥地区では、故郷の景観を守ろうと、年に数回、住民らが集まって、桜並木や道路の手入れを行っているのだそうです。
生業、そして何世代もかけて受け継がれてきた農地や集落。
それらをすべて、一瞬にして奪い取られてしまった住民の方々の気持ち。
過疎の農村で、13年だけとはいうものの、嫁として暮らしたことがあります。
強いつながり、しがらみ、良くも悪くも深い絆が、小さな村には存在しています。

どうやったら、あの事故の直前まで、活き活きと生きていた地域を継続し得るのか。
国や県は、地域内で決めろと言う。
だから自分たちでやっていくしかない。
そんなふうに思い詰めている年配の方々。

国は、原発事故の直後は、『積算線量』(将来どれだけ被ばくするかの目安)を知ることが重要だ、と言っていました。
なので、この帰還解除を言い出した時、政府が発表した被爆線量は積算などではなく、帰還後たった1年の被爆線量だけです。

避難指示を解除すると、解除後1年で、賠償が打ち切られます。
原発事故の処理費用を抑える為には、強引にでも、避難指示を解除する必要があるのですね。


「道路の復旧も終わっていない」
「自宅前の道路の放射線量が下っていない」
「(商店や病院などがある)他町村が帰還できなければ、インフラが戻ったとは言えない」
「除染土の仮置き場が撤去されていない」

懇談会では、市民の方々からの、そんな苦情や指摘が相次いだそうです。

政府の出した避難指示解除は、なんとお粗末で安易なものだったか……。
そんなことをする政府を、いったい誰が信じられるのか……。

年間被ばく線量20ミリシーベルト以下を一時的に確保するだけでは、生活の復興につながらない

そういうことを我が事のように捉え、考えることができるまともな人が、決議の権利を持てないまま、月日だけがどんどん過ぎていってしまう……。
こんな現状にどうやったら終止符が打てるのか。
そのことを考えています。

ふげんの屋外機器でボヤ

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2


ふげんの屋外機器でボヤ

15日正午前、福井県敦賀市にある研究用の原子炉で解体作業が進められている「ふげん」で、屋外に設置していた機器から出火するぼやがありました。

ふげんを管理する日本原子力研究開発機構によりますと、火は現場の作業員がすぐに消し止め、放射性物質が外部に漏れ出すなどの影響はなかったということです。

15 日午前11時40分ごろ、敦賀市の研究用の原子炉で解体作業が進められている「ふげん」で、「トリチウム」と呼ばれる放射性物質を取り除く機器を動かすた めに屋外に設置されたコンプレッサーから出火しているのを巡回中の作業員が見つけ、消防に通報しました。火は作業員がすぐに消火器で消し止めたということ です。

原子力機構によりますと現場は、放射性物質の取り扱いが厳しく管理される区域の外で、放射性物質が外部に漏れ出すなどの影響はなく、けが人もいませんでした。

原子力機構によりますと、出火したコンプレッサーは、昭和60年に設置され、7月9日から電気を止めていましたが、15日、再びスイッチを入れたところ出火したとみられるということで、原子力機構で出火の原因を調べています。

ふげんの屋外機器でボヤ

07月15日 19時04分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukui/3053021711.html
=========================================================


ああ言えば、こう言う。こう言われたら、ああ逃げる・・・ただの言い合い、言いっ放しの不毛な国政学級会

くろねこの短語

Photo

2014年7月16日 (水)
ああ言えば、こう言う。こう言われたら、ああ逃げる・・・ただの言い合い、言いっ放しの不毛な国政学級会

 国会では論戦とは程遠い、ただの言い合いが繰り広げられている今日この頃。こんなんでは議論が深まるはずもない。そもそもからして、閣議決定による解釈改憲というまやかしをしちゃったものだから、レレレのシンゾーの答弁が理屈合わせになっちゃって、こうなると集団的自衛権に賛成のひとたちだって納得いかないんじゃないだろうか。

 なんてこと考えつつ、国会中継観ていたら、レレレのシンゾーは「徴兵制については憲法違反であるということは、私はこの委員会で明確に述べてきている。 徴兵はまったく考えられない」ってなことをのたまっとりました。でも、解釈改憲なんて不正な手口を使った後ですからね、誰がそんなこと信じるものですか。

徴兵制は憲法違反と総理 説得力欠く反論

 ようするにこの2日間の集中審議ってのは、単なる儀式にしか過ぎなくて、とてつもなく不毛な言い合いをしてただけなんだね。ああ言えば、こう言う。こう言われたらら、ああ逃げる。で、結局のところは、やったもの勝ちで、後はなし崩し的に既成事実で押し通す。

 厚木に飛んできたオスプレイも、おそらくそうなります。沖縄の基地軽減なんてのはただの建前で、日本の空をオスプレイが飛び回るようしたいのが本音なんですから。その最初の既成事実としての首都圏飛来ってことです。

・オスプレイ 米「今後も本土各地へ」 厚木、御殿場に飛来

 こうしたやったもの勝ちってのは、経済、教育、福祉・・・etc、てな具合にすべての政策に及んできますよ、これからは。そのためのごまかしやまやかしは、御用メディアが垂れ流してくれますからね。

 にしても、レレレのシンゾーのこうしたやり口ってのは、誰の指南によるものなんだろう。ポリティック・サスペンスだと「鎌倉の老人」なんて黒幕がいるんだけど・・・果たして、真相やいかに。

病院は殺人機関なので、行くな!

飯山一郎

2014/07/15(火)  

 

乳幼児が殺人医療の標的になっている

殺人医療1 殺人医療2 殺人医療3 殺人医療4 殺人医療5 殺人医療6 殺人医療7 殺人医療8 殺人医療9

集中治療における人工呼吸中の鎮静においては、小児等には投与しないこと」と鎮静剤「プロポフォール」の効能書には明記されている。
しかし、
人工呼吸器を付けた子どもに同剤を使用している集中治療室(ICU)が約2割を占め、小児専門施設に限ると4割近くに上ることが13日、分かった。
人工呼吸器を付けた子どもへの投与は「禁忌」とされているが、医療現場で順守されていないのだ。
これは、まさしく殺人医療だ!

 

悲しい電話が多い。
思わず「医者は悪魔だ!」と叫びたくなる時もある。

生後1ヶ月の赤ちゃんが「軟骨不生成症」だとCTスキャンで被曝し、濃厚なホルモン剤を注射されている。止めさせたいが医者の強引なオドシに負けてズルズルと…。

3才の女の子が幼児検診で「要精密検査」だと言われ、京大病院に行くと脳腫瘍だと言われ、医者の巧妙な説得で開頭手術をされてしまった。手術後の写真が送られてきたが…、あまりに痛々しくて涙が出た。

4才の女の子の下痢が止まらないので病院に行ったらガンがあると言われ、開腹手術をされ、放射線治療も受けさせられた。

7才の男の子が鼻呼吸ができず苦しそうなので、病院に行ったらアデノイドを切除された。

こんな電話が、この2年間、数限りなくかかってきている。

上の4例は、どれも放っておけば、必ず自然に治ってゆく症例だ! なのに医者は、強引に、かつ迅速に、殺人医療を強行する…。

鷲が、「医者は悪魔だ!」と言わざるをえない事情は、“殺人医療”の犠牲者のナマの声を聞いているからだ。

今回の東京女子医大の2才の男の子を殺した殺人医療も、最初は「首に腫瘍がある!」とオドされ、強引に手術にもっていかれた。

そのあげく…、
集中治療における人工呼吸中の鎮静においては、小児等には投与しないこと」と効能書に明記されている危険極まりないクスリを静脈注射されて死亡。これは殺人だろう!

「医師免許は殺人許可証である!」 と、きのこ女史は喝破したが…、そのとおりだ。

つまり…、
病院とは殺人許可証をもった医師が患者を殺す殺人機関なのだ。
こういう病院はさながら虐殺収容所だ。
殺人医療0 以上、鷲が 「病院には行くな! 殺されるぞ!」 と言い続けている理由の一端を申し述べました。

2014年7月15日 (火)

どんどん後から問題が表面化する原発問題

simatyan2のブログ 

Simatyan2

どんどん後から問題が表面化する原発問題
2014-07-15 10:03:37

昨日14日、福島原発で昨年8月のがれき撤去時に放射性物質が
飛散し、20キロ以上離れた福島県南相馬市の水田を汚染した
可能性があるという報道がありました。

東電が同原発からの放射性セシウムの総放出量を、最大4兆ベク
レルと試算しているにもかかわらず、公表せず、市にも伝えて
いなかったことを明らかにしたのです。

T02200176_0800063913003668766


http://www.imart.co.jp/9.2-4gouki.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140714-00000128-mai-sctch

なぜこういう大事な事を起きた時点では公表せず、後で事後承諾
のような形で知らせるのでしょうか。

それも猛暑などの報道の合間に申し訳程度に・・・。

これは明らかに意図的に行ってますね。

続きを読む "どんどん後から問題が表面化する原発問題" »

“棄民政権”いつまで許容 国民が政治家を逆洗脳しよう!

あいば達也

Photo_2

2014年07月15日
●“棄民政権”いつまで許容 国民が政治家を逆洗脳しよう!

 正直、安倍政権のボロが出始めたのは事実だが、どれ程、その政権がボロボロでも、他力で倒閣と云うのは現実的ではないだろう。当然、安倍政権の倒閣は、身内から起きることに期待するしかないだろう。タイミング的には、8月中の内閣改造は、そのようなリスク回避の意味合いで準備されていたのだろう。しかし、安倍晋三の“腐る足”が速まり、腰が引ける閣僚候補もいるのではないだろうか。折角、大臣になれても、数か月の命では、間尺に合わないと思う入閣待ち組も多いことだろう。出来ることなら、1年程度大臣の妙味を味わいたいわけで、とても気分は複雑に違いない。

 連立与党である、公明党の存在があやふやになってきているため、公明党の連立離脱は考えられないし、与党予備政党がみんな、次世代、維新、民主の一部と云うことになると、公明党としても、今まで通りの偉そうな顔は出来ない。かといって、自民党内に党を割るほどのエネルギーは、まったく残っていないと云う状況では、与野党全体を見渡しても、倒閣エネルギーの不存在が理解できる。つまり、国会におけるパワーで安倍倒閣を期待するのは、相当無理な状況だと言える。それでは、このまま安倍晋三の言いたい放題、やりたい放題を座視するしかないのか、と云う現実にぶち当たる。

 

続きを読む "“棄民政権”いつまで許容 国民が政治家を逆洗脳しよう!" »

地球の歴史上、最大の産業事故

飯山一郎

2014/07/14(月)  

 

地球の歴史上、最大の産業事故!
フクイチ・グローバル核惨事
◆ ヘレン・カルディコット博士があらためて警告 ◆ 「放射性降下物はこの先、数百~数千年にわたって、日本の広い地域を覆い、決して“除染(クリーン・アップ)”されることはないだろう」
「放射能の元素を呼吸し、放射能の汚染されたものを飲み食いすることで、癌が多発することだろう」
これは「地球の歴史上、最大の産業事故」である!

 

医師という国家免許をタテに自尊心ばかりが高く、教養・素養のない医者が多いが、ヘレン・カルディコット博士は心から尊敬できる医師である。

ついでに言っておくが…、
お医者様がもつ「医師」という資格は、はるか昔に取得したもので…、はるか昔に学んだ医学知識でもって現代人の病気を診察している。これだもん、時代遅れの旧態医療しか出来ないのは当然なのでR ww

さらに言っておくが…、
医師は、患者が来ると、先ず患者の「症状」を「病名」にしてカルテに書く。血圧が高い患者は「高血圧症」、胃に炎症がある場合は「胃炎」などと、「症状」が「病名」となる。何とも馬鹿馬鹿しい限りだ。
で、この「病名」=「症状」をおさえるクスリを出したり処置をするのだが、これらは全て決められているので、医者には考える余地がない。つまり、思考停止のまま「対症療法」だけの医療が進行していく…。

もっとハッキリ言えば…、
医師には、病気を根本的に治す!という考え方が全くない。
病気を根本的に治す!という知識もなければ技術もない。
症状をおさえておけば、やがて自然治癒力=免疫力で病気が治るだろう…、と良心的な医者は考えている。
が、悪徳医者は、処方しないほうがEー抗癌剤の投与や、やらなくても済んだ腎臓透析を強行する。これで医者は儲かるが、患者は死ぬまで病気で苦しむことになる。

その無茶苦茶医療のヤリすぎや医療ミスで患者が死んでも、医者は責任を問われない。これが「医師免許は殺人許可証である!」というきのこ女史のタンカの由来だ。 (『妊婦に抗がん剤?!』)

余談はこのくらいにして、本論だが…、
まぁ、よーするにアレだ、「地球の歴史上、最大の産業事故」を起こしながら、何の対策もせず(「除染作業」なんてのは単なるカネくばりだ!)、何の責任もとろうとしない国! こんな国がさらに暴走するときは、一挙に、そして完璧にツブしてしまえ! と世界中が思っても当然だし、仕方がないんじゃないの?
鼠~こと。

だって…、
「この国は、いったんはツブれないと駄目だわ!」
と、日本人の鷲でさえ思うんだもん。

解釈改憲は憲法違反ということを、国会はなぜ議論しないのか。まるで、「愚か者の船」ですね。

くろねこの短語

Photo

2014年7月15日 (火)
解釈改憲は憲法違反ということを、国会はなぜ議論しないのか。まるで、「愚か者の船」ですね。

 何が集中審議なもんか。レレレのシンゾーはまともに質問に答えず、言いたいことだけをひたすら繰り返すだけ。そんなんだから、与野党協議でナンミョー党に配慮したはずの集団安全保障なんかも口にしちゃうんですね。で、聞いてりゃいい気になって、「経済的な打撃を受けた場合も集団的自衛権行使できる」なんてどんどんエスカレートしちゃうんだから、ついTVに向かってモノ投げてやりたくなっちまった。

 それを攻める野党もこれまた迫力がないんだね。そもそも、社民、共産、生活以外は集団的自衛権には積極的な党ばかりなんだからお話になりません。本当なら、集団的自衛権がどんな時に行使できるのか、なんて運用面の話以前に、閣議決定で解釈改憲したことが憲法違反なんだということを議論しなくちゃいけないはずなのに、なんてこったいなのだ。

武力行使の新3要件、「あいまい」と野党批判

 そこにもってきて、NHKのニュースなんかもひどいもんです。たまたま昼のニュースを観ていたら、野党の質疑なんかそっちのけで、レレレのシンゾーの答弁を延々と垂れ流してました。さすが、「アベ様のNHK」だけのことはあります。

 集団的自衛権のとぼけた議論している国会議員のセンセイのツラ見てると、誰一人として若者が戦場で血を流すことになるかもしれないという覚悟が感じられないのは哀しいものがある。ようするに、他人事なんだね。自分は戦争に行かないからって顔に書いてありますから。こんな奴らに集団的自衛権を議論してなんかほしくないとつくづく思う、灼熱の太陽が照りつける火曜の朝であった。

2014年7月14日 (月)

NHKでも仕込みが発覚した!

simatyan2のブログ 

Simatyan2

NHKでも仕込みが発覚した!

2014-07-13 21:53:34

やはりと言うべきか、先日の民放の仕込み発覚に続いてNHKも
仕込み映像を使っていたことがバレたようです。

昨日12日のニュース7の中で、猛暑の部分がそうなんですね。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140712/k10015965311000.html

このニュースの中で、女性が立ち止まって汗を拭いている場面
があるのですが、

T02200124_0800045013002288761


http://livedoor.4.blogimg.jp/himasoku123/imgs/7/1/7169e866-s.jpg

見つけた人によると去年のニュースにも同じ女性が出ていたと
いうのです。

T02200124_0800045013002288762


http://livedoor.blogimg.jp/hikoshi727/imgs/7/d/7d3064f1-s.jpg

確かに見比べると同一人物と断言してよさそうですね。

同じ福島ですから、もし通勤時間が同じで同じ道路なら、同一
人物でも偶然映ったと考えられなくもないですが、去年と今年
で、時間も10時と正午という点から考えても、偶然映りこむ
確立は限りなくゼロに近いんじゃないかと思うのです。

続きを読む "NHKでも仕込みが発覚した!" »

がれき撤去で福島産コメ汚染か 国が東電に対策要請

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_4


がれき撤去で福島産コメ汚染か 国が東電に対策要請

農林水産省は14日、福島県南相馬市で昨年秋に収穫されたコメから基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を超えるセシウムが検出されたのは、東京電力福島第1原発内のがれき撤去が原因の可能性があるとみて、ことし3月に東電に対策を要請したことを明らかにした。

基準値を超えるセシウムが検出されたコメの中には、福島第1原発から20キロ以上離れた水田のものも含まれている。東電は昨年8月中旬に第1原発3号機の大型がれきを撤去した。

農水省はその際にセシウムが付着した粉じんが舞い上がり、南相馬市まで飛散してコメを汚染した可能性が捨てきれないとみている。(共同通信)

main_logo

2014年7月14日 11:08
http://www.okinawatimes.co.jp/article.php?id=76572
===============================================

瓦礫の撤去作業など行なわなくても放射性物質は常に出続けているのです。

そんなものが到達しうる距離の場所で農作物など作るべきではありません。

また,100ベクレル/kgという基準も高すぎます。食べ物ではありません。放射性廃棄物です。

「100ベクレルの基準受け入れられぬ30%」
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7550966.html

ドイツのレースチーム 日本の食料品を恐れる
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7364812.html

10bqの食事でも子供に健康被害! チェルノブイリ
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6911250.html

追伸


●永遠に、米国に“金の玉”握られる情けなき日本の防衛

あいば達也

Photo_3


2014年07月14日
永遠に、米国に“金の玉”握られる情けなき日本の防衛

 まずは、安倍政権に小便をかけた程度の話だとしても、滋賀県知事選で、自公推薦候補を敗北させた事実は、同慶の至りだ。あまりにも低い投票率にヤキモキしたが、あまりにも腐ったような官僚を担ぎ上げた与党自公の不甲斐なさが目立つ選挙で、保守層の投票行動を阻害したようだ。まあ、その間の安倍政権の集団的自衛権行使容認の閣議決定もボディーブローになったろうし、その後の言い訳だらけの集団的自衛権一問一答、菅官房長官のNHK国谷のなみだ事件などの醜態が2~30%の保守票を日本海に投げ捨てたのだろう。福島県知事選は正体不明で論じようがないが、沖縄県知事選でノックアウトしてしまえば、もうパンパースは間近だ!

 さて本題。中東は、かなり手のつけられない状況に至っている。第4次まで継続、焼けぼっくいが再び炎をあげ、第5次中東戦争が始まる方向に限りなく近づいている。ただ、今回の中東戦争は、石油利権と云うシンボリックな戦いでなく、民族や曖昧なイデオロギーによる戦いであり、各地域で、其々に異なる勢力が対峙すると云う、非常に厄介な性格を持っている。これに、ウクライナ紛争が入り込んでくるので、現状を把握するだけでも、かなり大変な状況である。尚且つ、プロパガンダ報道合戦の色彩も帯びているので、現状を正確に把握すること自体、容易ではない事態に至っている。

続きを読む "●永遠に、米国に“金の玉”握られる情けなき日本の防衛" »

室井佑月「なぜ子どもをわざわざ福島へ連れていかなきゃいけないの?」

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2


室井佑月「なぜ子どもをわざわざ福島へ連れていかなきゃいけないの?」

原発事故の影響や集団的自衛権など国内でも、多くの問題を抱える日本。作家の室井佑月氏は「今の大人たちのやるべきこと」ができていないと憤慨する。

***
テレビを観ていて仰(の)け反(ぞ)ってしまったよ。あたしが観たのはテレ朝のニュース。ニュースではこういっていた。

「原発事故による風評被害の払拭に向け、政府は、修学旅行先として福島のモデルコースを設定し、全国の学校に提案することなどの強化策をまとめました」

起きたまま夢を見てしまったかと思った。だが、違った。その後、6月24日付の毎日新聞の朝刊に、「復興庁風評対策で強化指針 『美味しんぼ』問題受け」というおなじ内容の記事が載っていたもん。

福島県では子どもたちに甲状腺の検査を受けさせ、2次検査で穿刺(せんし)吸引細胞診を受けた子どものうち90人が悪性または悪性疑いとなり、51人が摘出手術を実施し、50人が甲状腺がん確定となったという。

このことについて福島県は、過剰診断じゃないかといっているが、「被曝影響の解明の仕方については今後、検討する」ともいっている。

つまり、放射能の影響かどうかまだわからないといっている。

あたしはなぜ、全国の子どもたちをわざわざ福島へ連れていかなきゃいけないのか理解できない。

逆じゃないの?福島の子どもたちを、被曝の影響があるかどうかまだわからない場所から、一時でも避難させたほうがいいのでは……そういう考えになぜならない?

事故当時よりはずいぶんマシになったとはいえ、まだ汚染水は漏れているし、まだ放射性物質も漏れている。そして、一歩間違えばさらなる大事故につながるといわれている燃料取り出し作業をしている最中だ。

政府は福島へいって(住んで)「大丈夫」という人間が増えれば、それが真実だっていいたいのか。

だとすれば、健康被害を受けたといっている少人数の人間は、嘘をついていることになるのか。大丈夫じゃなかった人には、大丈夫じゃなかったということが真実だろう。

政府の意見が正しいことの証明に、子どもを使うのはやめてくれないかな。大丈夫であることの証明に、子どもを使うって野蛮すぎる。

大丈夫じゃなかった人たちはなぜそうなったのか……そこの部分の追及・解明に命をかけることこそ、今の大人のやるべきことだとあたしは思う。

集団的自衛権に対してもそうだよ。日本の若者も血を流さないと?

まず先に、どうすれば日本の若者が血を流さずにすむのか。そこに命をかけることこそ、今の大人が頑張ることだろ。

そういえば集団的自衛権の閣議決定案には、公明党の意向を踏まえ、

「紛争が生じた場合にはこれを平和的に解決するために最大限の外交努力を尽くすとともに(中略)」

という文が新たに明記されたとか。そんなこと当たり前だと思っていたが、当たり前のことが当たり前でなかったりするから。

sasahi

dot. 7月11日(金)16時18分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20140711-00000011-sasahi-soci
===============================================

ただ反対するにとどまらず,代替案を提供しているところがいいですね。

滋賀県知事選勝利はあくまでもはじめの一歩。この流れを次に繋げられるかどうか、それが問題だ&NHKのOBが籾井イヌアッチイケー会長に反旗。罷免求める署名運動開始!

くろねこの短語

Photo

2014年7月14日 (月)
滋賀県知事選勝利はあくまでもはじめの一歩。この流れを次に繋げられるかどうか、それが問題だ&NHKのOBが籾井イヌアッチイケー会長に反旗。罷免求める署名運動開始!

 ドイツVSアルゼンチンの決勝戦は、なんとも熱い試合だった。PK戦にもつれこんだら、やるせないことになるなあと思ってたら、決まるときはこんなもんだよの典型で、延長戦後半に実にアッサリとドイツがゴール。今日も暑くなりそうな予感がする、手に汗握る好ゲームではありました。

 熱いとくれば、滋賀県知事選です。自公推薦の元官僚のヨコヤリじゃなかったコヤリ君が、天下御免の向こう傷・三日月君に負けちゃいました。いやあ、めでたい。でも、これはあくまでもレレレのシンゾー一派の悪行の数々にお灸をすえてやろうってことであって、けっして政局的に大きく潮目が変わったわけではありません。そこを勘違いしちゃいけないんだね。それが証拠に、投票率はかろうじて50%を超えた程度で、前回選挙よりも11%以上も低いんですからね。

滋賀知事選自公敗れる 集団的自衛権・やじ影響

 民主党なんか、自分たちの力でもないのにはしゃいでます、日和見・馬渕君なんか、「この選挙を反転攻勢の第一歩にしたい」なんてほざく始末だ。馬鹿だね。滋賀県知事選の勝利は、三日月君がどうしたとか、ましてや民主党がどうしたなんてこととはまったく関係はありません。あくまでも、レレレのシンゾー一派への鬱憤晴らしってのが大きいわけで、こういう事実の積み重ねを草の根運動的に広げていくのが大事なんですね。だから、レレレのシンゾー一派粉砕のための始めの一歩ってことで、小さくガッツポーズするのがちょうどいい。

 ところで、NHKのOBが立ち上がって、籾井イヌアッチイケー会長、百田尚樹・長谷川三千子経営委員の罷免を求める署名活動を開始したってね。いいぞ、いいぞ。小さな動きかもしれないけれど、こうした流れがつながって、いつしか大河になることだって夢ではないのだから、とにかく諦めずに「NON」の声を上げ続けることなんだね。

NHKのOB 157名が【籾井NHK会長、百田尚樹・長谷川三千子経営委員の罷免を求める】署名活動を開始!

 久しぶりにちょいと興奮気味の月曜の朝なのであった。

「愚か者めが!」

飯山一郎

2014/07/13(日) 

 

自分の立ち位置が認識できない国

行政調査新聞

硬派のメディア『行政調査新聞』が、おそろしい記事を載せている。
「日本孤立化作戦」発動』 という記事である。
どういうことか?
日朝中韓に加え、米と霧を巻き込んだ大きな動きが東アジアで出てきており、その究極の目的は、“日本封じ込め”だというのだ。
この記事は『文殊菩薩』でも取り上げた。

 

まず、お詫びから。鷲の昨日のエントリのなかで、
 ・ 『世界指導者としての自覚』 や、
 ・ 『世界指導者としての自覚:その証拠
上の記事が重要だと言いながらURLが正しくありませんでした。上の下線部分をクリックすると、正しく読めます。すみませんでした。m(__)m

さて…、
日本孤立化作戦」=「日本封じ込め」という作戦については、日本国政府もマスコミも全く認識してないし、自覚もない。

しかし…、
中国と韓国がロシアと米国を巻き込んだ「日本孤立化作戦」を発動しており、「日本を封じ込めろ!」という暗黙の了解の上で国際政治は動いている! と認識し、自覚し、覚悟を決めておくべきだと、鷲は思う。

なによりかにより、実際問題、日本は外交政治的に中国とは絶好状態だし、韓国とも対話ひとつできない状態で、孤立化しているではないか!

日本の政府はアメリカの戦争屋の言いなりなので、オバマの米国政府には嫌われ、ロシアにはオチョくられ、北朝鮮にはEーように翻弄され、オーストラリアには「反中」でオダテられてアベッチだけがご満悦だし…、本当に日本の味方になってくれる国は一つもない。

のみならず…、
唯一、日本を守ってくれるはずの米国は中国との間で軍事関係を強化しているし、日本の仮想敵国=中国はロシアと軍事関係を強化し、高性能の戦闘機やミサイルを導入する段取りだ。

日本にとって世界の現実は、『行政調査新聞』が書いた「日本孤立化作戦=日本封じ込め」どころではない、もっともっと厳しいのだ。

この際だ、ハッキリと書いておこう。

現実は、「日本封じ込め」どころの話ではない。

「日本は極右化し、危険な軍国主義が抬頭し、無茶苦茶な戦争を仕掛けてくる…。その際は、日本を一挙にそして完璧にツブしてしまえ!」 という意識が、世界には暗黙の了解としてあるのだ。

「70年前、一挙にそして完璧にツブされ、無条件降伏したことを、日本は忘れてしまったよーだな! 愚か者めが!」 という想念を世界はもっているのだ。

「日本をひとり血祭りにあげ、生け贄(イケニエ)にすれば…、儲かるし、世界は上手くいく…、放射能の問題も一挙に解決できるし…」 などと世界に思われているとはツユ知らず…、きょうもアベッチは意気盛んだ。

「愚か者めが!」

2014年7月13日 (日)

県などに63億5700万円 復興庁の原発

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_5


県などに63億5700万円 復興庁の原発

復興庁は11日、東京電力福島第一原発事故による長期避難者向けの災害公営住宅を新たに190戸整備する費用などとして、県などにコミュニティー復活交付金(福島再生加速化交付金)63億5700万円を交付すると発表した。

今回の交付で、整備計画戸数4890戸の8割を超える3931戸の整備着手が決まった。

復興庁は残る959戸について9月末までにめどを付ける方針。

配分は6回目で、交付額は福島市など県内8市村の生活拠点で実施する災害公営住宅の用地取得・建設費などの予算となる。

また、今回交付分を含めた災害公営住宅の整備状況は、用地確保済みの戸数は1723戸となっている。

入居はまだ始まっていないが、平成26年度内に576戸で入居ができる見込み。

一方、既に着工した災害公営住宅は730戸と整備計画の約15%にとどまっている。

復興庁の担当者は「昨年度まで人手不足や資材高騰などによる入札不調があった。

現在は改善しているので着実に整備を進めたい」と述べた。

KFB福島放送
2014年07月12日 12時10分 配信
http://www.kfb.co.jp//news/index.cgi?n=201407127
=========================================================

メルケルがオバマを泣かせる番が来た プーチンは当然笑う

あいば達也

Photo_4

2014年07月13日
メルケルがオバマを泣かせる番が来た プーチンは当然笑う

 今日は、在英で活躍中のジャーナリスト、木村正人氏のコラムを二本紹介する。EU(NATO)と米国のオバマの、ウクライナやイラク、パレスチナにおける距離感は、英国ではかなり冷静に観察されている現状を理解できるものになっている。イーグルトンの「アメリカ的、イギリス的」も皮肉に満ちているが、米国のDNA的朋友の英国においてさえ、友はヤバイ状況に陥っている、と見ているようだ。川北稔の「イギリスの繁栄のあとさき」を経験した大先輩は、どのように、現アメリカと云う国を見ているか、とても参考になるコラムだ。部分的に、筆者とは意を異にする部分もあるが、奔流としての観察眼は確かだ。

 09年のニューズウィークが、メルケルと云うドイツの女性リーダーが、他国のリーダーに冷淡なのかと嘆くようなコラムを書いていた。サルコジには食って掛かり、ブラウン首相などケチョンケチョン。バラクオバマに至っては、この若造何者?といった風情と評していた。そして、『冷淡な態度はドイツの外交政策の延長線上にある。冷戦後、ドイツはアメリカから距離を置き、国益を重視するようになった。イラクやアフガニスタンのような軍事面でも、今回の世界経済危機への対応でもそれがうかがえる。それに歴代首相と違い、メルケルは旧東ドイツの物理学者として政界の外でキャリアを積んだ。そのため外交スタイルはビジネスライクで、べたべたしていない。』と書いている。

続きを読む "メルケルがオバマを泣かせる番が来た プーチンは当然笑う" »

閣議決定による解釈改憲という不正な手口で扉をこじ開けてからというもの、「戦争のできる国」に向けた流れがどんどんエスカレーとしている。「徴兵制」について「理屈では可能性がある」なんてことを口走るセンセイまで登場する始末だ。

くろねこの短語

Photo_3

2014年7月13日 (日)
閣議決定による解釈改憲という不正な手口で扉をこじ開けてからというもの、「戦争のできる国」に向けた流れがどんどんエスカレーとしている。「徴兵制」について「理屈では可能性がある」なんてことを口走るセンセイまで登場する始末だ。

 今夜は迎え火。我が家には7つの霊が一時帰宅するので、その用意でお盆提灯やなんやらを納戸の奥から引っ張り出したり、夕方には息子と娘もやって来るので、夕飯の仕度もしなくちゃいかけなかったりで、一日中獅子てんやわんやの日曜である。

 てんやわんやとくれば、集団的自衛権です。閣議決定で解釈改憲という不正な手口で無理矢理扉をこじ開けたと思ったら、そのための法整備とやらを目指してレレレのシンゾー一派のリークがどんどんエスカレートしてます。

 いつのまにか歯止めなんかどこかへ吹っ飛んじゃって、あろうことか、「日本が外国から攻撃を受ける前でも武力行使できるようにする方針を固めた」そうだ。つまり、先制攻撃するぞってことです。どこが「憲法9条を尊重」だい。こうやって、新聞・TVを使って、「戦争のできる国」に向けた自分たちの思惑を小出しにリークさせて、世論操作をはかろうってのが魂胆なのはわかりきってることだけど、なんとも哀しいのはそんな手口を重々承知の上でそうしたリークを垂れ流すマスメディアなんだね。

<集団的自衛権>「危険切迫」で行使可能 武力事態法改正へ

 閣議決定以後、ピタリと集団的自衛権行使容認の報道が止まって、明日からの国会集中審議が注目されます、なんてまるで他人事なんだから、「リンダ、困っちゃう」なのだ・・・って、化石みたいな言葉引っ張り出してきちまった。

 でもって、政界の失楽園・船田君はTV番組で徴兵制に言及したってね。「理屈で言うと、可能性はある。でも、私は許しません」ってエクスキューズしてるんだけど、腹の中じゃ将来的な政治スケジュールに盛り込もうとしてますね。なんてったって、「国民としてどう生きるべきか、国民と国家の関係はどうあるべきか、も憲法にきちんと書いておく必要があるのではないか。国家権力をしばる憲法というだけではなく、国民としての規範もきちんと書いて、憲法をつくっていく必要があるのではないか」なんてことを、自民党の憲法対話集会で臆面もなくのたまっちゃう失楽園男ですから。

自民議員、徴兵制の可能性を示唆

 政治家が、可能性とはいえ、TV番組で「徴兵制」という言葉を口にしたことに対して、もっと神経質にならなくちゃいけないのに、この話って表立ってはまったく報じられていません。そういう現実こそが恐ろしいと、今夜は一時帰宅するオヤジの霊に言いつけてやろうと心に誓うのであった。ついでに、滋賀県知事選の行方も気になる日曜です。

毒饅頭+ネオコン傀儡男に、思考停止と揶揄されたメディア

あいば達也

Photo_2

2014年07月12日
毒饅頭+ネオコン傀儡男に、思考停止と揶揄されたメディア

 今回の現代ビジネスに載っていた長谷川幸洋のコラムは酷過ぎた。このようになりふり構わぬコラムを長谷川が書く羽目に至ったのには訳があるだろう。それは、歯止めが利かなくなってきた「内閣支持率」の低下である。内閣支持率が低下する元凶は、内閣にあらず。すべてマスコミの報道の仕方が拙いのだ。なにも、あそこまで真実を報道する必要はない。まったくもって、ケシカランという心理状態に陥っている証左だ。

 気に障る記事が出ている度に、朝日を呼びつけ、日経を呼びつけ、NHKに至っては、菅官房長官自ら不快だと恫喝し、NHK幹部を土下座させ、国谷キャスターを涙させるに至っている。NHK土下座を詳細に伝えるフライデーは記者クラブの縛りが利かず、イライラは募るばかりだ。もう完璧なファシズム政権に変貌したのが安倍官邸である。このような死に物狂いの「起死回生」の一環として、毒饅頭ジャーナリスト、正義の味方長谷川が、ここまで酷い提灯記事を書くに至ったと推量する。早晩、安倍政権は崩壊しそうだ。次に徴兵制の石破では、国民は泣くに泣けないことになるが、国民の逆切れ(無血革命デモ)に発展する予感さえする。

続きを読む "毒饅頭+ネオコン傀儡男に、思考停止と揶揄されたメディア" »

日本、WTOで懸念表明 原発事故理由の韓国、輸入禁止措置に

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo


日本、WTOで懸念表明 原発事故理由の韓国、輸入禁止措置に

日本政府は9日、ジュネーブで開かれた世界貿易機関(WTO)の衛生植物検疫委員会で、東京電力福島第1原発事故を理由にした韓国の水産物輸入禁止措置に懸念を表明、解除を求めた。

日本による懸念表明は昨年10月、今年3月に続き3回目。WTOで訴えることにより国際社会の理解を得るのが狙い。

韓国は昨年9月から青森、岩手、宮城、福島、茨城、栃木、群馬、千葉の8県からの水産物を輸入するのを禁止している。

日本政府はこれまでも、韓国の措置は科学的根拠に乏しく貿易に悪影響を与えていると主張。韓国との非公式協議などの場でも繰り返し撤回を呼び掛けたが、韓国は応じていない。(共同)
logo_sankeinews

2014.7.10 00:59 [韓国]
http://sankei.jp.msn.com/world/news/140710/kor14071000590001-n1.htm
=========================================================

知らぬが日本人というところに気付いていない(あるいは気付かないふりをしている)ところが痛い。


2014年7月12日 (土)

敵をつくるのは深刻な問題を隠すため

飯山一郎

2014/07/11(金)  

 

米中が軍事関係強化
海洋権益問題は距離縮まらず

米中

7月10日、米中が反テロ対策での協力や軍事関係の強化で合意。写真はケリー米国務長官と中国の習近平国家主席(右)。

 

米中が軍事関係強化」と、ロイターが写真入りで報道している。

み~んな仲良くヤッているのだ。
中国と米国は、ウラでは仲良しこよしで、軍事関係まで強化している。日本の存在など眼中にない。

日本もオーストラリアと仲良くなったようだが、これは日中を離反させるための策略にアベッチが引っかかっただけだ。中国とオーストラリア(=英国)、とくに経済面で物凄く仲がEーのだ。

もっともっと仲良くなったのはロシアと中国だ。
ロシアと中国は、ドルではなくルーブルと人民元での決済を開始し、さらに中国向けパイプラインの建設が開始されるという。(記事)

日本は、深刻な内憂(国内の深刻な問題=大爆発した原子炉が3年4ヶ月もムキ出しのままで、数千万人の国民が内部被曝しているという致命的な問題)を抱えているので、外患(外に敵をつくって、内憂を隠すこと)が必要なのだ。

経団連の会長が「原発再稼働は国民全体の願い」などと平気で発言する。こーゆー大馬鹿が国のトップにいる国なので、何も解決できないまま、外に敵をつくって、戦争やって、最後は滅びていくんだろー。

まったく、鷲も豚でもない国に生まれてしまったもんだ。

ほんと、くやしい。

NHKを恫喝したレレレのシンゾー一派ってのは、なんとまあケツの穴が小さいひとたちなんだろう。戦争になったら真っ先に逃げ出すのはこういうタイプです。

くろねこの短語

Photo

2014年7月12日 (土)
NHKを恫喝したレレレのシンゾー一派ってのは、なんとまあケツの穴が小さいひとたちなんだろう。戦争になったら真っ先に逃げ出すのはこういうタイプです。

 集団的自衛権行使容認の閣議決定以後、案の定、一部を除いて大方の新聞・TVはそれが当たり前であるかのようにピタリと批判の声を上げることがなくなった。それをいいことに、レレレのシンゾーは、たかが閣議決定にしかすぎないくせに、それがあたかも国民の意思であるかのようにオセアニアくんだりまで出かけて声高に喚いている。

 でもって、調子に乗ったついでに、オスプレイや強襲揚陸艦の導入なんてのを検討しだしてもいる。ちょっと待ってだよね。たかが閣議決定しただけなんだよ。閣議決定したからなんでもかんでもOK、なんてことになったら議会なんていらないわけで、レレレのシンゾー一派のこうした手口の異常性、猟奇性、変態性を野放しにしている新聞・TVってのも共犯者ってことです。

・ヘリ搭載 上陸用艦導入検討 武器「攻撃型」シフト

 だから、レレレのシンゾー一派は平気で新聞・。TVの報道に脅しをかけてきます。沖縄の名護市長選の時に、琉球新報が公正さに欠けるって新聞協会にクレームつけたことがあったけど、今度はNHK『クローズアップ現代』にいちゃもんつけて大騒ぎになってます。

・クローズアップ現代
集団的自衛権 菅官房長官に問う

安倍官邸とNHKを倒す事になる週刊フライデーのスクープ記事

 「政府が右ということを左というわけにはいかない」ってほざいたイヌアッチイケー会長のお言葉通りにNHKは土下座したってんだが、権力の横暴云々以前に、いくらなんだもケツの穴が小さすぎですね、レレレのシンゾー一派は。こんなんで、戦争できないんじゃないの。天守閣に号砲一発轟いただけで腰抜かしちゃった淀君みたいになっちまうのがオチです。

 とはいえ、週刊誌が報じるような脅しをレレレのシンゾー一派がしていたとしたら、これは見過ごすわけにはいきません。っていうか、ここまで増長させちゃったのも、実は新聞・TVの幹部連中がレレレのシンゾーと酒食を共にするという節操のなさ故のことなんですね。ま、自業自得な面もあるわけだけど、現場はそうはいかないからね。おそらく、たまりにたまった不満があるはずだし、そのうちしっぺ返しがあったとしても不思議ではない。

 期待するだけ無駄かもしれないけれど、マスメディアの中でも特にTVは水に落ちた犬を叩くのが大好きだから、NHK恫喝スキャンダルが調子こいてるレレレのシンゾーにひと泡吹かせるきっかけになったら愉快なんだけど・・・そんな妄想するのはちょっと甘いか。

2014年7月11日 (金)

「名誉白人」に歓喜した日本人 白人コンプレックス精神

あいば達也

Photo_2


2014年07月11日
●「名誉白人」に歓喜した日本人 白人コンプレックス精神

 初めに、腰の抜けるような話題をひとつ。あのゲッペルス風な成り上がり政治家で、安倍晋三の片腕・菅義偉官房長官が、「内閣支持率の低下は、集団的自衛権行使容認を閣議決定したこと。都議会や国会で自民党所属議員による「セクハラやじ」が影響していると云う解析をテレビの報道番組で語った。この発言が、それほど違和感なく世論に吸収されて行く事実が、日本の劣化を象徴している。糞も味噌も完全に一緒くただ。日本人の意識も舐められたものである。集団的自衛権容認とセクハラやじが並列で並ぶことを言い放っても、そこに違和感を持たない日本人がいることが問題なのだろう。宮台と大塚の「愚民社会」そのものだ。愚民と呼ぶのは高級すぎる「土人」でも構わんだろう(笑)。今や「土人」は放送禁止用語のようだが…。

 「土人」とは、その土地に土着の人間のこと。ほぼ英語のnative(ネイティブ)に等しい。 転じて、野蛮、未開の生活形態を残す先住民族を指す。更に転じて俗に(主にインターネットスラングとして)品位や教養の無い様、非礼・無礼な有様を指す侮蔑的な意味合いで用いられる事もある。(Wikipedia参照)と云うことで、土着、品位、教養のなさに関しては、まさに日本人を特定した言葉にさえ思えてくる。こんな悪口雑言を好き勝手に書いていると、「アパルトヘイト」と云う南アの人種隔離政策を思い出した。

 

続きを読む "「名誉白人」に歓喜した日本人 白人コンプレックス精神" »

「集団的自衛権は権利なので戦争とは無関係」という大嘘

simatyan2のブログ

Simatyan2

「集団的自衛権は権利なので戦争とは無関係」という大嘘
2014-07-11 09:17:50

安倍政権やネット右翼、テレビでは御用評論家たちが口を揃えて
言ってることに次のようなことがあります。

・日本以外の国連加盟国は全て集団的自衛権の行使を認めている。
・集団的自衛権は権利である。
・諸外国と同じ権利を行使することがどうして戦争に繋がるのか、

と言う意見ですね。

安倍政権の飼い犬、独立総合研究所の青山繁晴などは、

「個別自衛権と集団的自衛権は、どちらか片方だけでは成立せず、
 両方セットで自衛権と言う」

などと言ってます。

続きを読む "「集団的自衛権は権利なので戦争とは無関係」という大嘘" »

ハマスがイスラエルの原子力施設にロケット弾発射。それなのに、火力発電所のトラブルにかこつけて電力不足を煽って原発推進のひとたちがいる。

くろねこの短語

Photo

2014年7月11日 (金)
ハマスがイスラエルの原子力施設にロケット弾発射。それなのに、火力発電所のトラブルにかこつけて電力不足を煽って原発推進のひとたちがいる。

 どうも右肘の調子が悪い。関節炎で2、3週間前に水がたまって、医者からは間接の炎症がおさまれば水がたまることもなくなる、って言われてホッとしていたんだけど、確かに水がたまったことによる腫れは治まってきたものの、今度は肘の痛みがひどくなってきちまった。うヘん、老化とはこういうことか・・・とひとりで感心してたら、カミさんが一言。「とっとと医者行ったら」。そんな、台風一過とはいかない朝である。

 台風といえば、福島第一に影響はないのだろうか。そんなことを心配していたら、ハマスがイスラエルの原子力施設にロケット弾3発をぶっ放したってね。被害はなかったっていうけど、ついに来るものが来たってことです。

原子力施設狙いロケット弾、ハマス イスラエルはガザ空爆継続、死者80人に

 有事の際は云々かんぬんってレレレのシンゾーは喚くけど、原発にミサイル撃ち込まれたら、もうそれだけで一巻の終わりなんだよね。そんな時に、集団的自衛権なんか何の意味も持ちません。ああそれなのに、秋には川内原発再稼働しそうだし、経団連の酒鬼薔薇会長は「原発再稼働は国民全体の願い」なんてほざくし、レレレのシンゾーは原発セールスに躍起になってるし、いまそこにある危機に対してまったくの無防備なんだから、机上の戦争屋てのはまったくもって能天気なもんです。

 イスラエルの原子力施設にロケット弾が発射されたってのは、けっして対岸の火事ではなくて、明日は我が身ってことも簡単に想定できることなんだね。だからこそ、いまのうちにエネルギー政策の転換を図らなくちゃいけないってのに、原発維持・推進の世論を煽ろうってんでしょう、火力発電所にトラブル続出なんてニュースが飛び交っている。でもって、夏の電力不足が心配だなんて理屈をこねまわしつつ、だから原発は必要なんだよって持って行こうとしているわけです。

「老朽火力」トラブル相次ぐ 夏の電力供給は綱渡り 橘湾1号機停止

 でも、集団自衛権で、仮に自衛隊が中東に派遣されて、アメリカの戦争に参加でもしてごらんなさい。イスラムにとって日本は敵対行為をしたってことになるから、当然のごとくテロの対象になります。丸裸の原発は格好のターゲットですね。原発に突っ込むぞ、って脅しかけるだけでも、充分な効果があります。原子力村は、そんな時でも、世界最高水準の安全技術があるから大丈夫ってホラ吹いてたりして。

 「原発にテロ」が現実味を帯びてきたいま、やっぱり世界はカタストロフに向かってまっしぐらってことなんでしょうか。

こんな時だからこそ、“戦場カメラマン”石川文洋さんや、“詩人”宮尾節子さんに会いにいこう!

ウィンザー通信 

2

こんな時だからこそ、“戦場カメラマン”石川文洋さんや、“詩人”宮尾節子さんに会いにいこう!
2014年07月10日

『石川文洋を旅する』という映画を、上地っこさんから教えていただきました。
わたしはこの、石川氏の存在を、詳しく知りませんでした。
今、社会の有り様と、それに深く関わっている自分を、日々見つめ直す毎日が続いている中で、
彼のような人生を歩んでこられた人を旅することは、とても意義があることだと思います。
彼を旅する。
それは、ベトナム、沖縄、そして彼の生い立ちと青春を、彼とともに見つめるということ。
今なお、全く過去になり得ていない、米国の属国としての日本の姿を体現し続けている沖縄を、目をそらさずに見つめるということ。

少し前に、ツィッターで紹介した、宮地さんの詩とともに、紹介させてもらいます。



続きを読む "こんな時だからこそ、“戦場カメラマン”石川文洋さんや、“詩人”宮尾節子さんに会いにいこう!" »

2014年7月10日 (木)

放置国家ニッポンの呆痴現象

飯山一郎

2014/07/10(木) 

 

安倍首相:豪首相の おだてに ご満悦

安倍豪州にて

経済連携協定と防衛装備品移転に関する協定の署名で笑顔を見せる安倍首相(左)とオーストラリアのアボット首相=8日、キャンベラ(AP)
これは、国際政治学的には、英豪による「日中離反策」の妙技だ。
中豪は、政治的・経済的・人脈的にウラで緊密にツナがっているので、日豪の反中姿勢は「豪の政治的な演技」だと中国は諒解している…。

 

天木直人氏が安倍総理のことを「豪州くんだりまで出かけて敗北宣言した恥しらず」と笑った。
鷲は、
「暴走イノシシの安倍が、豪州くんだりまで出かけて敗北宣言するはずがなかろう…。ズルさが出てきて一層狡猾になった暴走イノシシを甘く見てはいけない。」
と、『文殊菩薩』に書いた。(その鷲の文章)

天木直人氏が言う「安倍総理の敗北宣言」とは…、
「安倍首相が、集団的自衛権行使容認に不可欠な自衛隊関連法改正を、秋の臨時国会に提出することなく、来年の通常国会まで先送りすると宣言したこと」を指す。

天木直人氏は、集団的自衛権の行使容認には自衛隊関連法改正が不可欠だと思いこんでいる。

日本がまともな法治国家なら、集団的自衛権の行使には自衛隊関連法改正が不可欠だ。しかし、3.11以降、日本という国は法治国家ではない。大爆発した原子炉をムキ出しのまま放置する放置国家なのだ。

放射能の基準値を勝手気ままに上げるわ、公約を無視して消費税を上げるわ、放射能で汚染されたガレキを全国にバラまくわ、尖閣を国会審議なしに国有化する わ、国家の基本法である憲法を勝手気ままに解釈して国の基本をネジ曲げるわ…、憲法を守らない国家なんてモノは法治国家とは言えないだろう。

集団的自衛権の行使だって、自衛隊関連法を改正して面倒な法整備なんかしなくとも、法の運用のしかたで政府は何でも出来る! と、安倍総理は自信満々なのだ。

だから、これからも安倍総理はドンドン暴走していく。戦争だろうが、原発再稼働だろうが、ヤりたい放題に何でもヤル!

コレにならって、医療もマスコミもヤリたい放題に何でもヤルだろう。

かくして放置国家ニッポンのヤリたい放題の呆痴現象は、国家消滅!
いや、民族滅亡まで続くだろう。そー思ってEー。

 

原発マネーを受け取ったタレント ワースト12

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_4


原発マネーを受け取ったタレント ワースト12

以下は,My News Japanさんからの引用(一部)です。

===============================================
勝間、星野、草野…原発CMに汚染された“黒いタレント”たちの苦しい言い訳

佐々木奎一 02:45 04/20 2011

福 島第一原発事故を引き起こした原因の一端は、多額のカネを受け取って安易に原発の有用性をPRしてきたCMタレントたちにもある。出演者を過去5年間につ いて調べ、その12名を影響力によってランキングしたところ、ダントツのワースト1位は、経済評論家の勝間和代氏だった。勝間氏は形だけ「お詫び」を表明 したが、原発の“毒饅頭”を受けとったまま、中立な振りをして今後も評論家を続けるつもりだろうか。2位は、皮肉にも被災地・東北楽天で指揮をとる星野仙 一監督、3位は中立的な立場が求められる司会者・草野仁氏。これら「不適切な人たち」に、原発の安全性をどこまで確認した上で出演したのか尋ねた。

原発CMワーストランキング

政 府と電力会社は「原発は安全」と呪文のように唱え続けてきたが、福島第一原発では、最悪レベルの事故が起こった。これまで原発安全神話のお先棒を担いでき た連中のなかで見過ごせないのは、原発CMで主演を張ってきた著名人たちだ。中でも、発言力の大きいオピニオンリーダーであればあるほど国民に対する影響 力は大きく、罪深い。

そこで、原発PRを目的とするCM(過去5年間のうちに放送されたもの)に出ていた著名人12人をピックアップし、 「オピニオンリーダー度数」順にランキング化した。定量化にあたり、過去5年間(2006年4月1日~2011年3月31日)の全国紙(朝日、読売、毎 日、日経、産経)で記事の見出しに名前が出ている数(連載記事、特集記事、インタビュー記事)の合計を「オピニオン度」と定義した。以下が、その「原発 CMワーストランキング」である。

 

                                                                                                                                                                                                                                                                                                                        
順位出演者オピニオン度社名放送期間
1位 勝間和代 252 中部電力 2011/2/12~2011/3/11
2位 星野仙一 32 関西電力 2009/11/1~2011/3/11
3位 草野仁 31 東京電力 2010/12/13~2011/1/17
4位 玉木宏 13 四国電力 2006/7/1~2008/7/1
5位 北村晴男 6 中部電力 2011/2/12~2011/3/11
6位 岡江久美子 3 NUMO 2008/10/1~2011/3/1
6位 渡瀬恒彦 3 NUMO 2008/10/1~2011/3/11
8位 江口ともみ 2 中部電力 2010/6/1~2010/9/1
8位 蟹瀬誠一 2 北陸電力 2005年3月~2006年12月頃
10位 大槻義彦 1 中部電力 2010/6/1~2010/9/1
10位 薬丸裕英 1 中部電力 2011/2/12~2011/3/11
12位 美山加恋 0 関西電力 2007/11/1~2009/4/1


ランキング上位の著名人に、以下の質問を試みた。「原発の安全性を確認した上で出演されたのでしょうか?」「確認していたなら、どのくらい調査した上で出演を決めたのでしょうか?」。

なお、入手できた原発CMについては、ユーチューブにアップしているので、是非ご覧いただきたい。ランキング上位から順にみていこう。

◇ポーズだけの謝罪、勝間和代

ま ず、ダントツの一位となったのが、経済評論家の勝間和代氏。勝間氏は、朝日新聞に「勝間式『自分ナビ』宣言」、毎日新聞に「勝間和代のクロストーク」、産 経新聞に「人生戦略の立て方経済評論家・勝間和代」など複数の連載を持ち、時代の寵児のようなオピニオンリーダーぶり。特に、シングルマザーや働く女性か ら高い支持を得ているのは周知の事実だ。その勝間氏が、弁護士の北村晴男氏、タレントの薬丸裕英氏とともに出演したのが、中部電力が事故発生まで流し続け た次のCMである。

ポーズだけの謝罪、勝間和代

こ のCMは、今年2月12日から放送されたが、3月11日の震災で打ち切りとなった。本当はいつまで流す予定だったのか。それについて、中部電力広報部に聞 くと「第三者に契約内容について言うことはできない」との対応。他の原発CMと同様の扱いと考えると、半年、一年、二年といったスパンで契約していたと推 測される。

ちなみに福島第一原発で事故が起きた後の2011年3月26日、勝間氏はテレビ朝日の『朝まで生テレビ』に、あたかも中立的な 評論家であるかのような顔をして出演。電力会社のPRマンとしてCMに出ていることは視聴者に伝えられておらず、中部地方以外の視聴者は知る由もない。

番 組内で勝間氏は、福島第一原発3号炉のプルサーマル炉について「プルトニウムが、たまたま濃いだけ。特に大きな危険の区別はないはずです」と発言してい た。その後も、原発問題について「放射性物質が実際よりかなり怖いと思われていることに問題がある」「今回の原子力の問題について、死者が出ましたか。津 波の死者に比べて、報道のされ具合と死者の多さの、バランスが悪い」などと原発擁護の発言を行った。

これらのCMやテレビ番組での、電力会社の代弁者のような発言ぶりが物議をかもしていた最中の4月15日、筆者は勝間事務所に対し、原発の安全性を自分で確認したうえでCMに出たのかを質問した。すると、次の回答が返ってきた。

「似たような取材がすでに何度もありましたので、本日17時に本件に関する回答に相当する内容の論考をReal- Japan.org上で公開する予定です。どうぞ、宜しくお願いいたします」

実際、そのサイトでは、謝罪文がアップされた。

だ が、周辺住民への影響にとどまらず国際問題に発展した事態の深刻さから、そもそも謝って済むようなレベルの問題ではない。“原発マネー”を受け取っている 以上、具体的なアクションで示すべきではないか。つまり、過去に受け取った原発マネーを公開して、まずは被害者に寄付するのが第一歩である。

お 詫びの気持ちがあるなら、まずは電力会社との癒着を断ち切るべき。「断る力」とは、こういう時こそ必要だ。電力会社からCM料を受けとった状態のままで、 中立的な立ち位置が確保できるはずがない。今のままでは、電力業界お抱えの御用評論家だと言わざるを得ず、政府や電力会社に「公開提案」する資格すらない といえる。

この“謝罪文”では原発対策について、東電の役員総辞職や、電力会社にいる天下り官僚の総辞職、原子力保安院の解体といった、 組織を多少衣替えする程度の、国民の不満のはけ口・ガス抜きの話ばかりが並び、肝心の原発自身を今後どうするのかについては「全原子力発電所の徹底した調 査」「全原子力発電所の冷却装置の改良」などとあるだけ。

だがたとえば、勝間氏が出演したCMである中部電力の浜岡原発で懸念されているのは、津波や停電ではない。直下型の大地震により、原発そのものが破壊されるリスクである。そのリスク対策を真摯に考えない限り、結局、原発の根本的な問題に目を背けることになる。

続きはhttp://www.mynewsjapan.com/reports/1423
===============================================

仕事は選んでほしいですね。

イラク、ウクライナ、パレスチナ 制御不能な同時多発戦争危機

あいば達也

Photo_3

2014年07月10日
イラク、ウクライナ、パレスチナ 制御不能な同時多発戦争危機

 ロシア人や東欧の人々は、皮肉者で、哲学的思索が好きで、且つ裏切りも外交の手法の一つと捉えている傾向がある。皮肉屋で、哲学思考が好き、ここまでは筆者と同じだ(笑)。ただ、裏切りを潔しとしない縄文人であるところが大いに異なる。日本人の多くが、第二次世界大戦において、全面降伏確実を見た上で、日本との協定を一方的に破棄したソ連に対し、一種の怨みと云うトラウマを持っている。丁度、中国人や韓国人が、日本侵略と云うトラウマから抜け出せず、人格障害のような振る舞いをしている姿と、筆者などは同じレベルの情緒なのだろうと理解している。

 仮にロシア嫌いでも構わないが、アメリカ教への信心は、いくらなんでも、そろそろ見直してみたら、と云う気になるのだが、わが国の潮流に兆しはまったく見えない。まあ、日ごと夜ごと、美名に隠れた呪いを掛けてくるアメリカ教の本部なので、簡単に洗脳教育、時にはマインドコントロールに至るのだが、極端な表現をすると「カルト教」を信じてしまう、少々奇異な目で見られるカルトの信者と我々日本人を一緒にするとは何事だ、と抗議の大合唱が起きそうだが、残念ながらアメリカ教は、どう云う宗教なのかと問われれば、準カルトです、と筆者答える(笑)。

続きを読む "イラク、ウクライナ、パレスチナ 制御不能な同時多発戦争危機" »

指定廃棄物最終処分場 動かぬ環境相 気をもむ候補地



とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2

指定廃棄物最終処分場 動かぬ環境相 気をもむ候補地

福島第1原発事故で発生した指定廃棄物の最終処分場建設をめぐり、宮城県内の候補地選定に向けた石原伸晃環境相の動向を各首長や村井嘉浩知事が注視してい る。環境省はことし1月に3候補地を提示したが、詳細調査さえ受け入れられずに足踏み状態のまま半年近くがたつ。石原氏自身の失言もあり、選定の行方が不 透明さを増している。

6月30日に仙台市内であった国と県、候補地3市町による5者協議第4回会合の終盤、村井知事は「論点が出尽くしている。石原大臣のリーダーシップで今後の進め方を意思決定してほしい」と切り出した。

石原氏は翌1日の閣議後の記者会見で報道各社の質問に答え「詳細調査をしないことには、どの候補地が適切か決定できない」と語った。

しかし、村井知事が要請した意思決定については「地元の理解を得られるよう丁寧に説明することがこれからも必要」と述べるにとどまり、慎重な姿勢を崩さなかった。

県内への処分場建設をめぐってはこれまで市町村長会議が5回、5者協議は4回重ねられた。しかし、石原氏は一度も出席していない。井上信治環境副大臣が大半の会合に立ち会い、3候補地の現地視察も行った。

そうした中、石原氏は6月に福島第1原発周辺に計画している除染廃棄物の中間貯蔵施設建設をめぐり「最後は金目でしょ」と発言。多くの批判を浴び、秋にも予想される内閣改造では交代がささやかれている。

環境省による詳細調査の受け入れを拒む猪股洋文加美町長は「感情を逆なでする発言で、建設に反対する住民の意思はさらに強固になった」と強調。「大臣の来県が最終カードのつもりなのか知らないが、意味を感じない」と切り捨てる。

浅野元大和町長は「金の問題ではない。誰が来ても、こちらの主張、姿勢は同じ。大臣が来たから『受け入れます』とはならない」と語る。

佐藤勇栗原市長は「来県するとすれば、それは大臣が任期中に一歩前進させたいという思いの表れだろう。今後の大臣発言を強い関心を持って注視したい」と話す。

動かぬ環境相
参院環境委員会で答弁する石原環境相。リーダーシップが問われている=6月19日

2014年07月09日水曜日
http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201407/20140709_11029.html
===============================================

制裁一部解除したのにミサイル発射されちゃって、拉致被害者を駆け引きの材料に使った罰があたったね&集団的自衛権の影に隠れて司法改革じゃなくて捜査権の拡大を議論してたようだ。

くろねこの短語

Photo

2014年7月10日 (木)
制裁一部解除したのにミサイル発射されちゃって、拉致被害者を駆け引きの材料に使った罰があたったね&集団的自衛権の影に隠れて司法改革じゃなくて捜査権の拡大を議論してたようだ。

 PK戦の緊張感は観ているこちらまでゾクゾクするけど、キーパーは全責任を背負っちゃってるから、負けた時にはなんともやるせない。というわけで、アルゼンチンがオランダに競り勝っての決勝進出。南米でのワールドカップで、まさかヨーロッパ勢による決勝では格好がつかないし、ブラジルが大敗した後だけに南米のひとたたちはホッとしてるかも。これで、ブラジルの暴動も少しはおさまるか知らん。

 ところで、制裁解除して、レレレのシンゾーがノホホンとオセアニアに外遊している隙をついて、北朝鮮がミサイル発射しちゃいました。これは格好つきませんね。ていうか、北朝鮮の駆け引きに翻弄されちゃって、安全保障の環境が変わったなんてほざいて集団的自衛権行使容認の閣議決定しておきながら、この始末です。ようするに、頭の中だけで戦争してるからこうなっちゃうんだね。北朝鮮制裁決議で手を組んでいるアメリカ、中国、韓国はもとより、国連決議に賛成した国々も腹の中では馬鹿にしてますね、きっと。

北朝鮮、日本海に短距離ミサイル2発 奇襲能力を誇示か

 ちゃんとした外交戦略や戦術があれば、ここは制裁復活させるのが筋ってもんなんだけど、おそらく拉致被害者帰国という条件で何らかのバーターしちゃってるはずだから、それもできない。それが証拠に、日経は、「生存者リストに複数の拉致被害者 北朝鮮、約30人提示」って飛ばしてます。貧相顔の官房長官・菅君は否定してるけど、日経に書かせてるのは官邸に決まってすから、おそらく事実でしょう。つまり、拉致被害者が人質になっちまってるってことです。これって、拉致された人にとっては二重の被害ですね。

・生存者リストに複数の拉致被害者 北朝鮮、約30人提示

 レレレのシンゾーは、拉致被害者帰国で一気に集団的自衛権の汚名をそそごうと目論んでいたんだろうけど、なんのことはない、手玉にとられただけで、国際的な信用失墜して笑い者になって終わり・・・なんてことになるかもしれませんね。これが、机上の戦争屋の実態です。

 で、そんな戦争屋の解釈壊憲の裏側で、こっそりと言うか、ひっそりと言うか、チャッカリと言うか、法制審の刑事司法改革の最終案が決定した。この3年間何してたんだ、ってくらいひどいもんです。そもそもは、冤罪を生まないための取調べの可視化や証拠の全面開示が議論されるはずだったのに、いつのまにか盗聴だとか司法取引だとか、捜査権の拡大ばかりに力点が置かれて、結局のところナンチャッテ最終案に決定しちゃったってわけです。

冤罪の懸念残し法制化へ、法制審 捜査・公判改革案を了承

 ようするに、まな板に載せられていた側(=警察、検察)が、勝手に料理し始めちゃったってことです。刑事訴訟法の専門家が、「まな板に載せられるはずの捜査機関が主導権を握るような組織では、抜本改革は不可能だということだ」(大出良知東京経済大学教授)って嘆くのもむべなるかななのだ。

 司法取引なんか導入してごらんなさい、我が身可愛さにチクリ合戦になりますよ。それこそ冤罪の温床になりかねない。たとえば、郷原弁護士たちが弁護団を組んでいる美濃賀茂市長収賄事件なんか、どうもそれっぽい気がしなくもない今日この頃ですから・・・

【吉永さんが『さようなら原発』と】日本記者クラブ 岸惠子・吉永小百合 著者と語る『歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合 人生を語る、未来を語る』 2014年07月07日

とらちゃん

5


2014年07月10日08:02
【吉永さんが『さようなら原発』と】日本記者クラブ 岸惠子・吉永小百合 著者と語る『歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合 人生を語る、未来を語る』 2014年07月07日

656a1041

■日本記者クラブ 岸惠子・吉永小百合が語る「歩いて行く二人」
配信日時: 2014年07月07日(月)19:30~20:30
動画時間:73分40秒



ムネオさんの日記から、。。。
東京新聞1面では「『さようなら原発』 岸・吉永さん語る」と言う見出しで「『二人は理想としては日本の原発は止めるべきだ』との考えを述べた。吉永さんは小泉純一郎・細川護煕両元首相らが設立 した脱原発を目指す『自然エネルギー推進会議』の賛同人に名を連ねており、二人とも東日本大震災被災地を訪れている。
会見では吉永さんが『さようなら原発』と声を出していきますと言うと岸さんは『私だって原発がない方が良い』と応じ『じっくり考えて次の行動を考えるべき』などと話した」(東京新聞1面)

  東京新聞と共同通信ぐらいでしょうか。
  他のメディアでは、そのことは一切書かない、。。。


 

Broadcast live streaming video on Ustream












原発やめてほしいと吉永さん 本出版で岸恵子さんと会見










■日本記者クラブ 岸惠子・吉永小百合が語る「歩いて行く二人」
配信日時: 2014年07月07日(月)19:30~20:30(日経配信)

日本映画界を代表する2人の女優、岸惠子と吉永小百合が著書の発刊について日本記者クラブで会見する。
2人は世界文化社の雑誌『家庭画報』の企画で2009年に初めて対談して話題を呼び、2013年10月には再会の約束をパリで実現。1983年に共演した 映画『細雪』での市川崑監督の思い出、若き日の失恋、被災地への思いなどについて語った対談がまとめられ、3日に『歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合』(世界文化社)として発刊された。



■日本記者クラブ 2014年7月7日 15:00〜 16:00
氏名 岸惠子、吉永小百合
研究テーマ 著者と語る『歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合 人生を語る、未来を語る』
会見メモ
女優の岸惠子さんと吉永小百合さんが横浜とパリで行った3回の対談(2009年10月~2013年10月)をまとめた『歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合 人生を語る、未来を語る』(世界文化社)の出版を機に、会見を行いました。
記者による会見リポート(会報から転載)
研究テーマ:著者と語る『歩いて行く二人 岸惠子 吉永小百合 人生を語る、未来を語る』


『A2-B-C』を観よう!『現場の生の声』を聞こう!

ウィンザー通信 

2


『A2-B-C』を観よう!『現場の生の声』を聞こう!

 

Facebookのページ上で、Joutarou Zinさんという方が、『A2-B-C』を取り上げておられました。
この映画のことは前々から知っていましたが、友人の幸雄さんが観に行かれ、
「私も5日の第一回目に行きました。もっと多くの人達が「現場の生の声」を実感するべきだと思いました。必見!お薦めです」とのコメントが入っていました。

300bfc55fe9eae8f28a2df7be4d75320





必見!『A2-B-C』
福島の母親 子の健康案じて 米監督が記録映画

続きを読む "『A2-B-C』を観よう!『現場の生の声』を聞こう!" »

2014年7月 9日 (水)

集団的自衛権容認 手枷足枷ハメられ、金と命をみつぐ君

あいば達也

Photo_4

2014年07月09日
集団的自衛権容認 手枷足枷ハメられ、金と命をみつぐ君

 正直、時間が経てば経つほど、安倍晋三と云う阿呆の火遊びが、わが国を、いっそう隷米の国にしてしまった。安倍は、真意は違うと強弁するだろうが、通じない。「憲法の縛りがあるから出来ない」から、「憲法上出来るけどやらない」と云う外交交渉をしなければならない立場に、日本は追い込まれた。日米間の条約、協定、申し合わせ、公式声明等々では、常に言葉の綾で、その解釈に疑義が生じることは多々あった。しかし、今回の集団的自衛権容認の、日米の解釈の齟齬は看過できるレベルではないだろう。

 現実に、今現在の日本の置かれている日米基軸路線を踏襲する限り、多くの日本人が、日米関係の破壊を望むことは、概ねないだろう。つまり、今後も日米基軸は変わらないと云う精神構造で生きるだろうから、アメリカ様を本気で怒らせることは出来ない。軍事費の削減が、覇権国アメリカのテーゼになっている昨今では、安倍の集団的自衛権容認は、飛んで火にいる夏の虫なのである。安倍晋三が、どれほど、そこまで閣議決定はしていないと言っても、米国は聞く耳を持たず、「お前たちが決めたじゃないか。俺たちは、あそこまで要求した覚えはない」と主張するに相違ない。

続きを読む "集団的自衛権容認 手枷足枷ハメられ、金と命をみつぐ君" »

原発避難計画策定も課題が

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_3


原発避難計画策定も課題が

九州電力・玄海原子力発電所の事故に備える30キロ圏内の医療機関と福祉施設の避難計画をめぐり佐賀県はすべての施設について受け入れ先を決めたと発表しました。

ただ、避難の際に必要となる車両については、30キロ圏の一部が避難するケースしか想定されず県民の理解を得られるかが今後の課題となります。

九州電力・玄海原子力発電所の事故に備える佐賀県の地域防災計画は東京電力・福島第一原発の事故を教訓に見直され、原発30キロ圏内の医療機関や福祉施設はそれぞれの施設ごとに避難計画をつくることになっています。

しかし、医療機関や福祉施設の多くからは、患者や入所者の受け入れ先や避難の手段の確保が難しく、施設単独での避難計画づくりは困難だという声が上がっていました。

こうした声を受けて佐賀県は30キロ圏にあるあわせて241の医療機関と福祉施設について受け入れ先の調整を進め、8日、記者会見を開いて、すべての施設について受け入れ先を決めたと発表しました。

ただ、避難の際に必要となる車両については佐賀県バス・タクシー協会などから応援を受けるとしていますが、30キロ圏のすべての施設が一斉に避難するケースは想定されず、実際に放射線量が上昇して避難指示が出された一部の施設の避難だけを想定しています。

また、佐賀県バス・タクシー協会に依頼したあと、どの会社がどの施設に何台向かわせるかなどの具体的な計画も現段階では作られていません。

福 島第一原発の事故では、事故の状況に関する的確な情報が得られない中で、多くの人たちが避難指示を待たずに自主的に避難をはじめていたことから、こうした 30キロ圏の一部が避難するケースしか想定されていないことについて、県民の理解を得られるかが今後の課題となります。

古川知事は、記者会見で「医療機関と福祉施設の避難計画ができたことは良かったと思うが、これが100%ではないので引き続き計画の詳細を詰めていきたい」と述べました。

newsweb
NHK NEWSWEB 07月08日 19時44分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/saga/5085823801.html
=========================================================

「自分自身を救いにいく」「外から観た安倍政権」ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日より

ウィンザー通信

2


「自分自身を救いにいく」「外から観た安倍政権」ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日より
2014年07月07日

とても共感する、そしてまだ掴み切れなかった世界の仕組みを、分かりやすい言葉で話して下さっているブログ、
ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日』に出会いました。
彼の言葉の一部分を、ここに紹介させていただきます。
ぜひみなさんにも、その全文を読んでいただきたいので、紫色の文字をクリックして、彼の世界を覗いてみてください。

↓以下、引用はじめ

自分自身を救いにいく
July 6, 2014

続きを読む "「自分自身を救いにいく」「外から観た安倍政権」ガメ・オベールの日本語練習帳v_大庭亀夫の休日より" »

きのこが蜂に刺される日

飯山一郎

2014/07/08(火)  

 

きのこ邸に来る蜂は 凶暴で猛毒…鴨

サインではないぞ! > きのこ
「銘(めい)」といってなー、すぐれた作品に入れる作者の名前なの蛇夜。
E^という「銘」で、「イーヤマ」と読む。「Eー人」とも読む。
「銘」を入れたのは、後々、Eー値がつくから蛇。
それほどの自信作なの蛇。(爆)

 

鷲は、きのこ女史の歯にコロモを着せぬ激しい権力者批判に日頃から感心しきっている一人蛇。
感心のあまり…、鷲が自作した日本蜜蜂の巣箱を贈呈したワケ蛇。

残念なのは…、その直後に鷲は、日本蜜蜂をおびき寄せる誘引剤の開発に成功したことだ。
その誘引剤を巣箱に塗れば、蜜蜂の大群が巣箱に入りやすい…。

その誘引剤は、きのこが塗るとヤバイことになる。
色気のあるヲンナは、たちまち発情してしまうから蛇!
あ、きのこは色気がないから大丈夫かな?

それと…、鷲の巣箱は傾けやすく、中が見やすい。
その時、ハチたちをビックリさせると刺されることがある。

好奇心が旺盛なきのこは、ついつい中が見たくなり…、きっと刺されてしまうだろう。

ヒヒヒ、た の し み!

「原発再稼働は国民全体の願いでもある」(榊原経団連会長)・・・さすが、産業競争力会議で利益誘導して恥じない「越後屋」だけのことはある。

くろねこの短語

Photo_2

2014年7月 9日 (水)
「原発再稼働は国民全体の願いでもある」(榊原経団連会長)・・・さすが、産業競争力会議で利益誘導して恥じない「越後屋」だけのことはある。

 ブラジルは悪夢の敗退。なによりも、選手が心配だ。批難の嵐が過ぎ去るまでどこかに身を隠した方がいいんじゃなかろうか。

 悪夢と言えば、集団的自衛権です。早速、中国がレレレのシンゾーの挑発に乗って、騒ぎ出したようだ。なんでも、重慶の週刊紙が、「日本がまた戦争をしたがっている」として広島、長崎にキノコ雲を描き込んだ日本地図を掲載したんだとか。

中国:日本地図にきのこ雲 週刊紙に全面広告

 「日本がまた戦争をしたがっている」ってのは正しいんだけど、影が薄くて昼間の幽霊みたいな外務大臣・岸田君は「誠に不見識で、容認できない。被爆者感情を逆撫でしてる」って息巻いてます。不見識って言えば確かにそうだと思う。被爆者感情を逆撫でしているというのも、ごもっとも。でも、これ見よがしに靖国参拝したり、河野談話見直しと喚いてみたり、在特怪のヘイトスピーチをほったらかしにしたり、これまでさんざん挑発して、感情を逆撫でしてきたのはレレレのシンゾーなんだよね。「三流の人は話を聞かない」ってのは将棋の羽生名人の名言だが、中韓の反日感情ってのは聞く耳持たないレレレのシンゾーの挑発外交へのしっぺ返しみたなもんなんですね。すべての元凶は、シンゾーにあり、です。

 ちなみに、羽生名人の名言はこう続きます。

三流は人の話を聞かない。
二流は人の話を聞く。
一流は人の話を聞いて実行する。
超一流は人の話を聞いて工夫する。

 これもまた、レレレのシンゾーには耳の痛いことで・・・。

 で、いまの世の中、三流のひとたちがいたるところで権力を握っているようで、財界も例外ではありません。なんとまあ、ヘボクラ会長の後を引き継いだ経団連会長にして産業競争力会議のメンバーでもある東レ会長の榊原郁恵じゃなかった定征君が、「安全が確認された原発は、速やかに再稼働すべきだ。国民全体の願いでもある」ってほざいてくれちゃってます。この男、まるで大名行列のようにして東日本大震災の被災地を訪れていたそうで、女川原発視察の後にこんな与太飛ばしてくれったってんだから、ロクなもんじゃありません。一流の財界人は一流の知識人であり、一流の文化人でもあった時代は遠くなりにけりです。

原発再稼働「国民全体の願い」 経団連会長

 それにしても、原発再稼働が「国民全体の願いでもある」っていう言い草は聞き捨てなりません。この男には、毎週金曜の反原発デモは見えないことになってるんですね。さらに、大飯原発運転差し止め判決なんてのも、おそらく目を通したことはないでしょう。でなけりゃ、「国民全体の願い」なんてことを軽々しく口にしたりはしません。ようするに、分別というものが毛ほどもないんだね。

 経団連は軽減税率にも反対しているようだし、財界はまさに時代劇の越後屋だらけってことか。そんなところの会長だもの、これからは酒鬼薔薇会長と呼ぶことにした台風接近におののく朝であった。

“米国ゼウス”は武装している 賄賂・恫喝・介入・暗殺・空爆・核兵器

あいば達也

Photo


2014年07月08日
●“米国ゼウス”は武装している 賄賂・恫喝・介入・暗殺・空爆・核兵器

 以下のロイターのコラムは、アメリカが絶対神ゼウスだと云う、驚くべき立場に立脚した人が書いているようだ。アメリカの「ゼウスもどき」だと云う正体は、世界の一定レベルの知識人であれば、多かれ少なかれ理解している。仮に、絶対正義の、“嘘・賄賂・恫喝・暗殺・空爆・核兵器”の除外された法廷が存在すれば、歓んで証言台に立つ人々で溢れかえるだろう。しかし、そういうことは起きない。夢想するだけ無駄なのである。ゆえに、もうこの件について、考える事を放棄しているのが、20世紀後半から21世紀前半の世界なのだろう。アメリカは、自らを正当化するプロパガンダ機構を完璧にコントロール下に置き、思い通り覇権国の地位を維持している。しかし、アメリカの“嘘・賄賂・恫喝・暗殺・空爆・核兵器”の攻撃に耐えうる勢力(中国・ロシア)が生まれてきているのは、歴史の皮肉でもある。まずは、米国ゼウス説に帰依した、ロイターコラムを読んでいただこう。

続きを読む "“米国ゼウス”は武装している 賄賂・恫喝・介入・暗殺・空爆・核兵器" »

2014年7月 8日 (火)

原子力規制委員 田中知氏の就任問題なし

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_4


原子力規制委員 田中知氏の就任問題なし

菅官房長官は閣議のあとの記者会見で、原子力規制委員会の新しい委員への就任が決まっている東京大学大学院の田中知教授が電力事業者から報酬を得ていたことについて、金額は少額で委員に就任することは問題ないという認識を示しました。

原子力規制委員会の新しい委員への就任が決まっている東京大学大学院の田中知教授を巡っては、原子力業界との関係が深いとして委員としての中立性を懸念する意見があります。

これに関連して菅官房長官は、田中氏について「日本原燃など電力事業者の委員会の委員を務めており、それにかかる報酬があったことは政府として承知している」と述べました。

そのうえで菅官房長官は「いずれにしても報酬の金額は少額であり、専門技術的な立場から助言を行っており、委員に就任していただくうえで、全く問題ないと承知している」と述べました。

ま た菅官房長官は、記者団が「年間50万円以上の報酬を受け取っていた者は委員になれないなどとする民主党政権時代のガイドラインを安倍政権は踏襲するの か」と質問したのに対し、「前政権の内規と理解している。政府としては、法に定められた要件に照らして考えるというのが基本的な考え方だ」と述べました。

原子力規制委員 田中知氏の就任問題なし

NHK NEWSWEB 動画あり 7月8日 14時09分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140708/k10015829551000.html
===============================================

原子力規制委の人事 原子力ムラと関係深く再稼働へ人選基準「無視」
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7722564.html

「官邸に連絡します」 権力と一体化するマスコミ

田中龍作ジャーナル   

Photo_3

「官邸に連絡します」 権力と一体化するマスコミ
2014年7月8日 11:28

Fa8890b78144947071822e6b0accc3b6「主権在マスコミ」を地で行く国会記者会館に「主権在民」の旗がひるがえった。記者クラブにはこの あてつけ が理解できただろうか? =1日夜、国会記者会館前庭 写真:筆者=

 安倍政権が「集団的自衛権の行使容認」を閣議決定する前夜の6月30日、官邸前は大勢の市民で埋め尽くされた。「憲法壊すな」「安倍は辞めろ」のシュプレヒコールが永田町の夜空に響く。

 抗議は殺気さえ帯びていた。デモ隊の前進圧力で警察のピケとバリケードは幾度も決壊しそうになった。

 人々のうねりを俯瞰で撮影したい。そう思ったフリーランス記者約10人は、国会記者会館屋上に駆け登った。

 “ 下界 ”のようすが手に取るように分かった。人々が巨象に闘いを挑むアリの大群のように見えた。記録にとどめておく必要がある。我々は夢中でカメラのシャッターをきった。

 ものの5分と経たぬうちに国会記者会館の職員が飛んできた。「ここはダメです。出て行って下さい」。職員は居丈高に言った。

 「国民の税金で作られたこの建物を納税者が利用できないのはなぜか?」
理由を聞くと職員は「我々に管理権があるから」と答えた。

 「降りろ」「いや、降りない」の押し問答が続く。すると、「官邸に連絡します」…職員は訳の分からないことを口走った。ふつうの国民には理解しがたいのだが、彼らにとっては本音なのだ。マスコミと権力が一体化している実態でもある。

Ed01abaf2b6ba3280d135d2efb22fa00「ここから降りて下さい」と繰り返す国会記者会館職員(中央)。=30日夜、国会記者会館屋上 写真:筆者=

  <人々が国会記者会館前庭を事実上占拠した>
 
 国有財産であるのに特定の任意団体だけが無料で使い、任意団体以外の者には使わせない。それが記者クラブ様専用の国会記者会館だ。大通りをはさんで首相官邸と国会議事堂に隣り合う。

 この国の最高権力に向かって物言える場所であることから、原発再稼働、TPP、特定秘密保護法などに反対する市民たちが集う。国論を二分するような問題が起きると「官邸前」が騒然とする。

 権力と庶民が対峙する場。それを多くの人に見てもらいたいと思うのがフリーランス記者で、見せたくないのが記者クラブを含めた権力だ。

 権力中枢を一望できる国会記者会館をめぐっては裁判になっている。原告のフリーランスが撮影のための屋上使用を求め、被告の国会記者会は管理権をタテに「使わせない」としている。

 翌7月1日夕、国民の反対にもかかわらず安倍政権は「集団的自衛権の行使容認」を閣議決定した。だがそれから1時間もしないうちに驚くことが起きた。

 市民たちが国会記者会館の前庭に溢れかえったのだ。事実上の占拠である。占拠したのは閣議決定に抗議するために官邸前の歩道に集まっていた参加者だった。その数100人あまり。

 権力の一端を担う国会記者会館の前庭に「安倍政権打倒」「ファシストやめろ」のプラカードが林立するさまは、革命をかすかに連想させた。

 前日、フリー記者約10人に退去を迫った記者会館の職員も、なす術がなかった。

小泉元首相 原発再稼働方針を重ねて批判

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2


小泉元首相 原発再稼働方針を重ねて批判

小泉元総理大臣は東京都内で講演し、今後のエネルギー政策に関連して「原発推進の論理は完全に破綻している」と述べ、原子力規制委員会で安全が確認された原発は運転再開を決定するという政府の方針を重ねて批判しました。

この中で小泉元総理大臣は今後のエネルギー政策に関連して、「原発は安全ではないし、コストも一番高いうえ避難路の確保やテロ対策も不十分で、推進の論理は完全に破綻している」と述べました。

そのうえで小泉氏は「政府は、『世界一厳しい安全基準だから再稼働する』と言うが、再稼働できるはずがない」と述べ、原子力規制委員会で安全が確認された原発は、運転再開を決定するという政府の方針を重ねて批判しました。

また小泉氏は、原発から発生する高レベル放射性廃棄物の最終処分場について、「『原発を再稼働して核のゴミが出るから処分場をつくってくれ』と言っても無理だ。『原発をゼロにするからなんとか協力してくれ』ということにしなければ住民は協力しない」と指摘しました。

小泉元首相 原発再稼働方針を重ねて批判

NHK NEWSWEB 動画あり 7月7日 17時38分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140707/k10015808481000.html
===============================================

決して間違ったことは言っていないのですが,この方の脱原発の話を聞いているといつも空虚さを感じてしまいます。

その原因は,脱被曝に言及しない点と,日米原子力協定に言及しない点です。

原発を止めなければならない一番の理由はエネルギー問題でも,コストの問題でも,ゴミの問題でもなく,原発がわたしたちの人格権(健康に生活する権利)を侵害するからです。

大飯原発の裁判でもそのことが判決の主な理由でしたし,ドイツが脱原発決めた理由も原発が非人道的だからというものでした。

そして,日米原子力協定を破棄しなければ日本は絶対に脱原発を実現できませんが,彼はそれをスルーしています。

そんな理由からわたしはこの方の脱原発論に空虚さを感じてしまうのです。

ひょっとしたら性差別野次問題は自民党のアキレス腱になるかも&集団的自衛権に地方の反乱

くろねこの短語

Photo

2014年7月 8日 (火)
ひょっとしたら性差別野次問題は自民党のアキレス腱になるかも&集団的自衛権に地方の反乱

 伊勢湾台風に匹敵またはそれ以上のなにやらもの凄い台風が来ているいるようで、沖縄、九州が心配だ。伊勢湾台風の時は東京もすさまじい雨風で、近くの川が決壊するかもってんで、大人たちが大騒ぎしたのをかすかに覚えている。週末の東京はどうなることやら。

 どうにもならないようなのが、都議会の性差別野次です。セクシスト鈴木をスケープゴートにして一件落着を企んだようだけど、そうは問屋が卸しそうにありません。昨日も再発防止を求めた集会があって、野次飛ばしたエロオヤジは万事休すになりそうで喜ばしいことです。こうした間断なき批判ってのはとても大事なことで、集団的自衛権にもこうありたいものです。

 それはともかく、こうした動きは娘が東電のアンポンタン幹事長・石破君も頭が痛いようで、議会内での品位ある行動や対応を求める通達を出したそうだ。自分たちは憲法に対して品位のカケラもない不正な態度をとってるくせに、よく言うわってなもんです。

やじ問題 「品位ある行動を」 自民幹事長通達

 ようするに、かつて東南アジアで買春ツアーに精出していたエロオヤジたちと、その品性のうえではなんら変わらないのがいまの国会議員のセンセイたちなんだね。だから、いくら品位ある行動をって言ったって、臭いものは元から断たなきゃだめなんであって、無知蒙昧な愚か者をトップにいただいてるうちは何言ってもダメです。

 で、そんなオヤジたちが推し進めている集団的自衛権だけど、東京新聞「こちら特報部」によれば、地方紙のほとんどが反対の論陣を張っているそうだ。その比率は、反対39紙、賛成3紙っていうから、これは圧倒的に集団的自衛権反対の勝ちですね。多くの地方議会が反対の意見書を可決している事実と重ね合わせれば、オニギリ男・高村君が「地方議会も日本人であれば慎重に勉強してほしい」ってほざいたのは危機感の現われと言えないこともない。

 集団的自衛権どころか集団安全保障も視野に入れた今回の解釈壊憲の行き着く先は徴兵制だろうから、そうなれば疲弊した地方の農村というのは兵隊の供給源として重要なエリアになりますからね。地方の反乱というのは、いまのうちから叩いておかないと、という思惑も絡んでいるに違いありません。

 だからこそ、性差別野次に対するのと同じように、集団的自衛権に対して途切れることなく反撃を繰り返していかなくてはいけないんですね。なんてったって、「社会の木鐸」たるジャーナリズムが、この国ではまったく機能していないのだから・・・。

2014年7月 7日 (月)

「戦争は嫌だぜベイベー!」by 忌野清志郎

ウィンザー通信

2

「戦争は嫌だぜベイベー!」by 忌野清志郎
2014年07月06日

 

89b68472361f8de96204bb9a72c01c5f




「戦争は嫌だぜベイベー!」

銃を持ったら撃ちたくなる。
刀を持ったら斬りたくなる。
軍隊を持ったら戦いたくなる。
核を持ったら核爆弾を作りたくなる。

そして平和憲法を忘れてしまう。

「永久に戦争を放棄する。
 人間は平等である。
 世界の平和のために、国として貢献する」

日本の憲法第九条は、まるでジョン・レノンと同じことを、うたっているのです。

政治家のみなさん、アメリカに言ってください。
「もう戦争はやめましょう。
 人を殺したり傷つけるために、武器を作るのは、もうやめましょう。
 そんな、何千億円単位のお金があるのなら、平和のために使いましょう。
 人類は進歩すべきです。
 今でも、世界では、戦争が行われていて、人々が死んでいます。
 アメリカさん、僕たちと手をつないで、いっしょに戦争がなくなるように努力しましょう」と、

日本の総理大臣や外務省は、アメリカをはじめ、世界中に発信するべきだ。
だって、僕たちはいつまでも、自分の国を信じられないでいるんですよ。


忌野清志郎




07bd517bbbba08a6ee60ce4b4a4880ac
2eed800943a95f6f7a0f96230930d948




 

 

天下分け目沖縄知事選 仲井真の狙い、三選、カジノ、金目?

あいば達也

Photo_6

2014年07月07日
天下分け目沖縄知事選 仲井真の狙い、三選、カジノ、金目?

 本来であれば、10月福島県知事選、11月沖縄県知事選と自民党を揺さぶる地方首長選が連続する筈なのだが、どうも福島県知事選は候補者に名乗り出るものが不在の状態が未だに続いており、世間の注目はほとんど見られない。復興、補償、放射性残土処理、除染、東電対応等々、火の車状態なのだろうが、それだからこそ、知事の役割は重要なわけで、泡沫地方議員などがなった場合は、今まで以上に霞が関の棄民政策に拍車がかかるに相違ない。沖縄を除く知事の中で最重要な知事の選挙だと云うのに、中央のマスコミが取り上げる兆しすらない。

 現職の佐藤雄平が民主党主体の知事であっただけに、自民党は今回独自候補擁立に積極的なようだが、目玉の森まさこが現職大臣なので、内閣改造後に候補者に擁立する動きがあるようだ。あとの自民党議員で知名度勝負できそうな候補者は、福島音痴な筆者の知識では見当たらない。民主党は現職の佐藤が3選を目指すなら、すんなり落ち着くのだろうが、ダメな場合は前職の金子恵美前参議院議員でも引っ張り出すことになるのかもしれない。現職玄葉光一郎が火中の栗を拾うわけもない(笑)。まあ現時点では、沖縄県知事選のほぼ1か月前に行われる地方首長選としては、あまりにも動きが悪く、予想もヘッタくれもないのが現状だ。

続きを読む "天下分け目沖縄知事選 仲井真の狙い、三選、カジノ、金目?" »

原発付近に住む子ども、白血病の発病率が2倍=仏調査

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_5


原発付近に住む子ども、白血病の発病率が2倍=仏調査

原子力発電所の近くに住むフランスの子どもたちは、白血病の発病率が通常の2倍であることが、同国の専門家の調査結果で明らかとなった。近くがん専門誌「International Journal of Cancer」に掲載される。

フランスの国立保健医学研究所(INSERM)が、2002―07年に国内の原発19カ所の5キロ圏内に住む15歳未満の子どもを調査したところ、14人が白血病と診断された。これは他の地域と比べて2倍の発病率だった。

共同で調査を行ったフランス放射線防護原子力安全研究所(IRSN)のドミニク・ローリエ氏は、この結果を統計的に重要だとした上で、さらに慎重な分析が必要だと指摘。また同氏は、多国間で大規模な共同調査を行えば、より確かな結果が得られるだろうと述べた。

フランスはエネルギーの原発依存度が最も高く、58基の原子力発電所を有しており、電力の75%を原発でまかなっている。

一方、昨年発表された英国の35年に及ぶ調査では、原発の近くに住む子どもにおける白血病の発病率は高いとの証拠は得られていない。

白血病の発病率が2倍

[パリ 11日 ロイター]
http://jp.reuters.com/article/worldNews/idJPTYE80B01H20120112
=========================================================

原発は事故らなくても放射能を撒き散らしながら運転しているのです。

こんな殺人発電機,再稼動させてよいと思いますか?

「グレーゾーンから集団的自衛権にかかわるものまで、幅広い法整備を一括して行っていきたい」(安倍晋三)・・・ってことは、ロクに審議する気はないってことか。このうつけ者め!!

くろねこの短語

Photo_3

2014年7月 7日 (月)
「グレーゾーンから集団的自衛権にかかわるものまで、幅広い法整備を一括して行っていきたい」(安倍晋三)・・・ってことは、ロクに審議する気はないってことか。このうつけ者め!!

 梅雨空の七夕。織姫と彦星は会えるのだろうか・・・なんてセンチな今日この頃。

 そんなことより、レレレのシンゾーです。集団的自衛権行使容認の違憲閣議決定すませて、さっさとオーストリアに外遊だそうだ。集団的自衛権についても説明するって言ってるようだが、国内でもまともな説明できないくせによく言うよであります。いつも目が泳いでいる防衛大臣の小野寺君もアメリカに言い訳しに行ってるようだけど、なんでこの者どもは一般大衆労働者諸君に真摯に向き合わないで、外国にばかり目が向いちゃうんでしょうね。それで、「国民の生命と財産を守る」なんて田舎芝居の大見得きられちゃっても、背筋が寒くなるだけです。

 でもって、レレレのシンゾーは、オーストラリアへの行きがけの駄賃に、「グレーゾーンから集団的自衛権にかかわるものまで、幅広い法整備を一括して行っていきたい」ってほざいたそうだ。「今回の閣議決定が国民の命と平和な暮らしを守るためにいかに有効で意義のあるものか、しっかりと丁寧に説明したい」って行ってるそばからこれです。

安保法制担当の閣僚新設へ 集団的自衛権、首相が表明

 「法整備を一括して」ってやり口は、レレレのシンゾーの得意とするところで、これによってミソもクソもゴッタにして法案通しちゃおうって魂胆なんだね。社会保障について一括審議した時と同じです。もう、ハナっから「丁寧に説明」する気なんてありません。

 そこへもってきて、マスメディアは、いったん事が決まっちゃうと、なんの検証もしないし、忘れるのも早いという習性がありますからね。しかも、集団的自衛権については、頻繁にマスメディアの幹部たちがレレレのシンゾーと酒食を共にして裏取引してるようだから、おそらく今後は「閣議決定の違憲性? 何それ?」ってなりますよ。ま、妄想ですんでくれればいいけれど・・・。

 日本人は為政者のやらかすことを忘れやすい、ってよく自虐的に言われたりするけど、実際はマスメディアが忘れやすい方向に世論操作してるってことが大きく影響しているのだとくろねこは妄想している。「社会の木鐸」という矜持は、どっくのとうにどこかに捨ててきちゃってますからね。世論をリードする、って気概なんてサラサラありません。考えてみれば、しょせんはサラリーマン・ジャーナリストですから。

 読売とレレレのシンゾーが結託して、共同通信に代わる新たな通信社をデッチ上げようという企みもあるらしいから、いよいよこれからが正念場ってことです。さあ、いろんな意味でフンドシ締め直さなきゃ、と短冊に願いを込める朝であった。

2014年7月 6日 (日)

NHKの陰謀!「テレビがない」が通用しなくなる!

simatyan2のブログ 

Simatyan2

NHKの陰謀!「テレビがない」が通用しなくなる!
2014-07-06 12:27:28

NHKのインターネット業務拡大を含む、 改正放送法が参院本会議
で可決、成立しました。

http://www.lifeshot.jp/files/photos/1306059992/1404616990_o.jpg
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140703-00010001-noborder-pol

この改正によって、NHKの放送とネットの融合を進め、さらに
地域経済の低迷で経営に苦しむ 地方局を支援する。

来年4月には施行される予定。

今回の改正放送法の最大の特徴は
「テレビの全ての番組の同時提供」を除くという条件は付いた
ものの、 「放送した」から「放送する」番組へと広がった点
にある。

法令上、これまで明確な記載がなかった放送と同時のネット
配信が“解禁”される。

これはつまり、パソコンがある家庭から受信料とるための
下準備と見て間違いなさそうです。

回線があれば受信料徴収が可能になり、これまで

「家にテレビがないので受信料は払わない」

と言っていた、受信料徴収拒否回避の策が通用しなくなる
わけですね。

それにしてもネット上で散々叩かれてるのに、ネットでNHKって
何考えてるんでしょうかね全く。

先月もNHKの集金人が恫喝したとかネットで話題になってました
が、

T02200293_0600080012994752464


http://www.lifeshot.jp/files/photos/1306059992/1404616922_o.jpg

ネットで通常番組が視聴出来るようになると、さらに新たな
トラブルが出てきそうですね。

そもそも一番大切な契約や集金業務をNHK職員でやらずに、

全国の求人情報紙へ求人出して雇うことからして、トラブルの

元だと思うのです。

しかも採用するのが外部業者ということは、つまりそれだけ
集金業務を嫌な仕事と位置づけてる証拠なんですね。

新聞購読料勧誘員と共に胡散臭さ満点です。


メルトダウン燃料解決技術はこの世の何処にも無い

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2


メルトダウン燃料解決技術はこの世の何処にも無い

 



              2014/07/04 に公開          

         
            

日本語字幕:Jo2Rayden☺☞

2:00 福島原発を訪問した米NRC高官「日本訪問中に、人々から何度も何度も、米国には解決­技術はないか?と聞かれた。

現実は、[メルトダウンした核燃料]問題を、解決できる技­術が世界の何処にも存在しないのだ!」「新技術を開発し、リサーチしなければならない­。 これには時間がかかるのだ。」

 *Top U.S. Official: "The reality is, no technology exists anywhere to solve problem" of Fukushima's melted fuel.

* NHK Nuclear Watch: US View on Fukushima Daiichi, July 2, 2014 (at 2:00 in): NHK: Experts say that one of the most difficult challenges of decommissioning the plant is removing fuel debris... And Magwood says that there is no magic wand to wipeout this problem.

William Magwood, US Nuclear Regulatory Commission: I think people have to be realistic how difficult this is, how long it's going to take. During my visit to Japan this week, people have asked me from time to time, "Are there technologies in the US that can help solve this problem?" The reality is there is no technology that exists anywhere to solve this problem.

         

メルトダウン燃料解決技術はこの世の何処にも無い
===================================================


時代遅れの日米安保 覇権の寿命は歴史の必然忘れてはいけない

あいば達也

Photo

2014年07月06日
時代遅れの日米安保 覇権の寿命は歴史の必然忘れてはいけない

 世界全体の流れとして言えることは、もうこれからは強固な軍事同盟と云う枠組みが不要になりつつある、と認識できる。日米安保条約(日米同盟)のような一心同体思考の軍事同盟は、影を潜めている。NATOも軍事同盟ではあるが、米軍基地が我が物顔で、同盟国の国土を蹂躙し、治外法権化させている国など、日本以外見当たらない。ドイツであろうが、フランス、英国にも、日本のような性格の軍事基地は見当たらない。敗戦国だから、占領の名残だろうと言っても、ドイツは日本以上の敗戦国であるが、米軍基地は名目上残っているに過ぎない。

 また、北大西洋条約機構(NATO)の軍事同盟として縛りは、年々緩やかなものになっており、個別の案件ごとに、各国が自分の意志で、是々非々を判断して、行動を起こす同盟関係に変貌しつつある。その理由は第一にソ連邦の崩壊により、ソ連を仮想敵国化した軍事同盟の意味合いが薄れたことである。第二に、20世紀後半から21世紀に入り、経済のグローバル化が制御不能な勢いで世界中を駆け巡る状況になり、同盟関係を結んでいても、個別的利益損得の関係上、同一行動を取ることに、合理性がなくなった現実がある。

続きを読む "時代遅れの日米安保 覇権の寿命は歴史の必然忘れてはいけない" »

オドシの名人だが…

飯山一郎

2014/07/05(土)  

 

東海アマ氏の予測は当たるだろう

倒壊デマ
GF

原発ムラの工作員たちから 「倒壊デマ」 と揶揄(やゆ)される東海アマ氏だが、彼の予測は当たる確率が高かった。
とくに大地震の予測は、年がら年中 「大地震が来る!」と言い続けていたので、当たる確率は100%だった。(爆)
今回の「あと2年で本当の地獄がやってくる!」という予測も当たるだろう。
ただし彼のばやい、危機を大袈裟に言う傾向があり、さらに的確な対策や対処法を提案できないので、彼のオドシを信じて無闇矢鱈におびえてしまうシトが多い。 (東海アマ氏のツイート)

 

「これまで健康だった人も、あらゆる病気にかかり取り返しのつかない状態になる…」と東海アマ氏は言うが、倒壊デマだ。

病気の原因は免疫力の低下! これだけだ。
だから日頃から免疫力を高める生活をしている人は、病気にならない!

ただし、大半の日本人は放射能に無関心になるように洗脳されて脳天気な生活を送ってきたので、今後、「あらゆる病気にかかり取り返しのつかない状態になる」。

そうして30年後には日本の人口は2~3千万人になり、50基の原発は全て老朽化し、管理も廃炉もできなくなり、もちろん「もんじゅ」も手がつけられなくなり、全国各地の原発が次々にメルトダウンし…、日本列島は「腐海」に沈む。

この予測も当たるはずだ。
つーか、このくらいの最悪事態を想定して対策を立てる!
それが正しい危機管理というものだ。

避難先での事業再開支援へ 震災機構、帰還希望条件に

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_8


避難先での事業再開支援へ 震災機構、帰還希望条件に

国の出資で二重ローン解消に取り組む東日本大震災事業者再生支援機構(仙台市)が、被災地以外の避難先で事業を再開する企業や個人事業者も支援していく方 針を決めたことが4日、分かった。帰還を望むことを条件に、機構が金融機関から債権を買い取り、返済条件の緩和や債権放棄に応じる。

これまで避難者への対応は法律で明確になっておらず、救済が手付かずになっていた。東京電力福島第1原発事故により、全国各地で暮らす福島県の事業者を主に想定し、帰還後の本格再建に結び付けたい考えだ。

震災支援機構の関係法令は、2011年に成立した。

西日本新聞
西日本新聞 2014年07月04日(最終更新 2014年07月04日 17時15分)
http://www.nishinippon.co.jp/feature/earthquake/article/99252
=========================================================

戦争で一番傷つけられるのは、国でも役人でも上官でもない。それは市井の市民と元市民の歩兵たち!

ウィンザー通信

2


戦争で一番傷つけられるのは、国でも役人でも上官でもない。それは市井の市民と元市民の歩兵たち!
2014年07月04日

 

http://www.dailymotion.com/video/xnsvdk_よみがえる戦場の記憶-沖縄戦-600本のフィルム_news

上記の青文字をクリックしてください。
そして、Daily Motionのビデオ『よみがえる戦場の記憶 沖縄戦 600本のフィルム』を観てください。
どうしても時間の無い方は、文字起こししましたので、以下の文章を読んでください。

家族との別れをしたところで、文字の強調をするところにまで気力がありません。
みなさんひとりひとりの心の中で、感じ、受け取り、考えてもらえたらと思いながら、作業をしました。


よみがえる戦場の記憶 沖縄戦 600本のフィルム

透き通る青い海。
珊瑚礁に囲まれた、沖縄の島々です。
今から65年前、この海に、黒い鉄のかたまりが押し寄せてきました。

続きを読む "戦争で一番傷つけられるのは、国でも役人でも上官でもない。それは市井の市民と元市民の歩兵たち!" »

まるでカルト集団の勧誘パンフみたいな集団的自衛権のおちゃらけ問答集

くろねこの短語

Photo_7


2014年7月 6日 (日)
まるでカルト集団の勧誘パンフみたいな集団的自衛権のおちゃらけ問答集

 またしても新聞の今日の運勢ですが、「うま年 天が万物を愛育するように、上に立つ者は広大の慈愛を持つべし」とありました。うま年のあの男に聞かせたいものです。おそらく、彼の場合は、「慈愛」ではなく「自愛」でしょうが・・・。ついでに新聞休刊日の明日の運勢には、「うま年 論より根拠という。百の議論よりひとつの実行を心がけるべし」とあります。「根拠」のないことをやたら「愚論」でゴリ押しするあの男にはさぞかし耳の痛いことでしょう。

 そんなことより、集団的自衛権です。内閣官房のホームページに、集団的自衛権行使容認に関するQ&Aが掲載されたというので、ちょいと覗いてみました。ハッキリ言って、貴様ら、舐めとんのか、って罵りたくなるほどおちゃらけた問答集になっとりました

・内閣官房
「国の存立を全うし、国民を守るための切れ目のない安全保障法制の整備について」の一問一答

 しかし、反面、こうして言葉にしてみると、いかにレレレのシンゾー一派の屁理屈が穴だらけで、論理破壊しているかが一目瞭然なので、それはそれで意義があることなのもしれませんね。

 というわけで、Q&Aの一番目「なぜ、今、集団的自衛権を容認しなければならないのか?」。この答えが「今回の閣議決定は、我が国を取り巻く安全保障環境がますます厳しさを増す中、我が国の存立を全うし、国民の命と平和な暮らしを守るため、すなわち我が国を防衛するために、やむを得ない自衛の措置として、必要最小限の武力の行使を認めるものです」ときたもんだ。

 集団的自衛権というのは、「他の国家が武力攻撃を受けた場合に直接に攻撃を受けていない第三国が協力して共同で防衛を行う国際法上の権利である」というのが世界共通の定義なんですね。どこをどうひっくり返しても、「我が国を防衛するために、やむを得ない自衛の措置として、必要最小限の武力の行使を認めるものです」とはなりません。

 そもそもの出発点が間違っちゃってるんですね。新聞・TVはそこをまったく突っつきません。ま、詳細についてはQ&Aをご一読いただくとして、最後の設問がふるってます。「安倍総理はなぜこれほどまでに安全保障政策が好きなのか?」。その答えは、「好き嫌いではありません。総理大臣は、国民の命、平和な暮らしを守るために重い責任を負います。いかなる事態にも対応できるよう、常日頃から隙のない備えをするとともに、各国と協力を深めていかなければなりません」。

 これが、憲法解釈を変えて国のカタチを変えようという為政者が、国民に理解を求めるために用意したQ&Aです。悲しくて悲しくて、とてもやりきれない日曜の朝となったのでありました。

焼身自殺国内マスコミ報道はアリバイ作りの言論統制!

ハイヒール女の痛快日記

Photo_6

2014.07/06 [Sun]
焼身自殺国内マスコミ報道はアリバイ作りの言論統制!

はじめまして!東京ルミックスです。
ハイヒールが似合わない年齢に近づいた?!


東 京の新都心新宿で6月29日、多くの買い物客らでごった返す中、男性が自らの身体に火を放って焼身自殺を試みる事件が起きた。私の親友が偶然その事件に遭 遇して一切を見ていた。一瞬何が起きたか分からず、大きな衝撃を受けたという。さらに、現場にいた人々が撮影して生々しい写真や映像がネットに出回った。

しかし、大手新聞社やテレビ局では大きく報じなかった。

要 は一切無視だ。その理由は、この男性の行為が、拡声器で集団的自衛権や安倍首相に関する批判を激しくした後、ガソリンのような液体をかぶり、火をつけたた めだ。外国メディアがこぞって報じているのに、国内メディアの報道はアリバイ作りのために、誰も気がつかないように3 行程度のお知らせだった。セコすぎる。NHKではニュースにもしなかった。完璧な言論統制でしょ。戦前、軍部が台頭して国民に都合の悪いニュースは

すべて言論統制をして戦争に突入して行った時代と酷似している。

こ の人はこうならないために抗議しているのだ!マジにこれがニュースとしての価値が無いと思ってるのなら、マスコミの連中は体制に組み込まれた公務員か、局 所をちょん切られた宦官みたいなものだ。最早、マスコミは我が国に必要ない。飛鳥の脱法ハーブを連日報道する暇があれば、焼身自殺を企てた真相を究明しな さいよ!芸能人がどうなろうが知ったこっちゃないでしょう。日本のマスコミ自由度は世界最低ランクで、記者も腑抜け切ったアホばかりだ。

私ならマスコミに勤務してることすら恥辱だ。

そ の際たる男がこいつだ!時事通信社出身のジャーナリスト・石井孝明氏だ。彼曰く「海外メディアは、このところ日本ものは派手なニュースでないと伝えませ ん。また利害関係もない。奇妙さを軸にニュースを選んだのではないでしょうか。私は大手活字メディアにいましたが、自殺の扱いは慎重にすることと学びまし た。言論統制ではまったくないでしょう」と話す。

どんだけ体制に急所を握られてんだ?これがマジならば言論火消し部隊だ!

さ らに、ネットメディアで軽々しくこの事件が拡散されたことを懸念する。「人の命をネタにして、自分のツイッターやフェイスブックの閲覧数を増やしたいのだ ろうか。恥ずかしい行為。ただ、誰もが悪い人ではないだろうから気づいてほしい」とピンボケのコメントしている。この発想も凄いが、いったいアナタは何様 のつもり?

伊勢谷友介がこの事件について「焼身自殺と言う命をかけた行動を、頭ごなしに迷惑だとか、狂人扱いし、卑下することは許せない」と言っていたが真っ当な神経だ。石井に加え、伊勢谷や湯川れいこをネットで批判する日本の若者は本当に頭が悪い連中ばかりだ。

文字も書けないほど知能指数の低い安倍に心酔してんだから呆れるわ!

集団的自衛権について:誤解も多いようでございます

八木啓代のひとりごと

Photo


集団的自衛権について:誤解も多いようでございます

 さて、集団的自衛権そのものについても、かなり誤解が蔓延しているようなので、少し書いておくことにいたします。
 そもそも、読んで字のごとく、集団的自衛権は「自衛」のためのものです。

 それでもって、安倍首相が言ったように、

  例えば、海外で突然紛争が発生し、そこから逃げようとする日本人を、同盟国であり能力を有する米国が救助し輸送しているとき、日本近海において攻撃を受け るかもしれない。我が国自身への攻撃ではありません。しかし、それでも日本人の命を守るため、自衛隊が米国の船を守る。それをできるようにするのが今回の 閣議決定です。

 というのは、根本的に間違っています。というのも、「海外で突然紛争が発生し、そこから逃げようとす る日本人を同盟国であり、能力を有する米国が救助のために輸送」することはありえないです。これは日本に限らず、どの米国の同盟国であっても、米国が、軍 艦や軍用機が民間人を輸送することはありません。

 実を言うと、私は、80年代終わりの『地球の歩き方・メキシコ中米編』で、グアテマラで軍用機に乗った体験を書いた、「軍用機ヒッチハイク女」伝説の主なのですが(大爆)、これは、中米の堕落しきった政権のもと、腐敗した軍が小遣い稼ぎのためにやったことです。
 とはいえ、この軍用機に乗った経験が楽しかったかというとそんなことはございません。
 軍の輸送機に乗っている間にですね、「ただいま、反政府ゲリラ占領地域上空を通過中、敵は対空ミサイルを調達しているので、各自注意」などというアナウンスが流れるんですね。

 をい、ちょっと待ってくれよ。撃墜されるかもしれないから各自注意って、どーせーっちゅうんだ?!(と、こちらは「アッチョンブリケ」状態)
 そうなのです。軍艦とか戦闘機って、撃沈・撃墜対象ですから、いっちゃん危ないのです。

  そういえば、そのころの「地球の歩き方・中米編」には、「エルサルバドルで旅行をするときは、軍の基地や軍人らしき人には近づかないように、なぜなら、そ こが一番、ゲリラの攻撃対象になって、巻き添えをくう可能性があるから」なんていう記述があったもんです。当時の「地球の歩き方」はサバイバル感がありま したね。(って、書いたのは私ですが)

 軍用機に乗った体験と言えば、アルゼンチンを巡業したときにも、ブエノスアイレスから南部に飛ぶ のに軍用機に乗ったことがありましたね。これは、軍の「アルバイト」で民営航空より、だいぶ格安の値段で乗っけてくれるとかいうので、現地のマネージャー が契約しちまってたのでした。
 当時、アルゼンチンは別に戦争をしていないので、そういう意味での危険はなかったのですが、軍がそういうセコいア ルバイトをやること自体ですね、さすが大騒ぎをしてフォークランド戦争をやったくせに、遠くから軍を派遣してくるイギリスにあっさり負けるだけのことはあ るわ、とゆー印象を持ったことは否定しません。

 まあ、もちろん、客船が沈没事故に遭って、海に浮かんで救助を待っている遭難者がいるときに、たまたま軍艦が通りかかったら、生存者救助をする、というようなことはあるでしょうが、それは同盟国であるかどうかという話ではなく、人道的な話であります。

 でもってですね、そういう意味で、戦闘状態にあるときに、軍の航空機や輸送船が民間人を乗せることはありません。これは、乗せた方がかえって危険だからというのもありますし、乗せた民間人が敵側の要員だったりしたら、これまた大変なことになるからです。

 つーか、米国人ですら
 http://travel.state.gov/content/passports/english/emergencies/crisis-support.html
 見ればわかるように、

「米国軍ヘリや米国政府の輸送機が護衛付きで救出してくれることを期待するのは、ハリウッドのシナリオに影響されすぎで、現実的とはいえません」
「米国政府支援による米国国民の当該国からの離脱は、高価なものになります」
「我々は米国国民の支援を最優先します。米国市民でない友人や親類を米国政府のチャーター機や民間以外の輸送手段に乗せられるとは期待しないでください」

 と書いてあります。

 ですので、
 
「1.外国で戦争が勃発!」→「2.巻き込まれた日本人民間人を米軍が救出!」→「3.でもって、米艦でその日本人を輸送!」→「4.その米艦が攻撃されるかもしれないんで、自衛隊出動!!!」

 なんつー、お花畑なことは考えない方がよろしいです。「2」がそもそもありえませんので。

....という点は、すでにあちこちで指摘されていますが、それともうひとつ、集団的自衛権について、安倍総理の、もうひとつの、さらに、お花畑な点を指摘させていただきます。

 つまり、1986年に、国際司法裁判所は、集団的自衛権に関して、
 
1.武力攻撃の犠牲国が自ら犠牲となった旨を宣言せず、
2.なおかつ集団的自衛権を行使する国に対して犠牲国が援助要請をしていない場合に、
3.集団的自衛権行使を容認する規則は、慣習国際法上存在しない

という判決を出しています。
つまり、「正規軍による越境軍事攻撃、もしくは、それに匹敵するほどの武力行為を行う武装集団等の派遣・援助等」があり、そのうえで、それに基づいて、「その犠牲国が援助要請」しない限り、集団的自衛権の行使が認められられないということです。

これってね、けっこうハードル高いです。
「米国が中東に戦争に行くから、日本も派兵」というのは、集団的自衛権の枠組みでは、国際法上「できない」のです。もしやっちゃった場合は国際法違反です。

また逆に、国際司法裁判所では、

「正規軍による単なる越境事件、正規軍による軍事攻撃に匹敵しない程度の私人の武力行為の黙認等」については、「被害国による均衡性のとれた対抗措置、集団的対応は不可、武力を伴う対抗措置が可能かは判断回避」

と 裁定していますので、たとえば、中国のある団体などが尖閣に軍事攻撃をしちゃったことが原因で、中国・日本間が緊迫したとしても、米国が無条件に日本を支 援してくれるかどうかは、そーとー疑問です。尖閣に安保は適用されるとオバマ大統領は言ったそうですけど、それはリップサービスというやつです。実際に米 国が軍を派遣するためには、議会の承認が要りますから、議会で否決されたらそれで終わりですので、ご注意ください。

ただ、いずれにして も、この機会に、憲法とは何か、自衛とは何か、戦争に参加するかもしれないとはどういうことか、政治家ってこういうことができちゃうんだ、ということを、 多くの若い人が「身近なこと」として考えた、という点では、むしろ、私は前向きに捉えたいと思っています。

2014年7月 5日 (土)

7月に1号機建屋カバー解体開始

  とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_5


7月に1号機建屋カバー解体開始

東京電力は27日、水素爆発で大破した福島第1原発1号機の原子炉建屋カバーの解体作業を7月初旬に始めると発表した。カバー解体後に建屋上部に散乱しているがれきを撤去し、使用済み核燃料プールからの燃料取り出し用クレーンを設置する。

東電は2017年度中に1号機プールからの燃料取り出しを始める予定。

東電は事故後の11年10月、1号機からの放射性物質拡散を防ぐため建屋カバーを設置。当初は昨年度中に解体する計画だったが、がれき撤去に使う遠隔操作クレーンのアームが昨年9月に折れ、計画が延期された。

東電は年度内に建屋カバーの解体を終えがれき撤去作業を開始する計画。

カバー解体開始
東京電力福島第1原発1号機の原子炉建屋=20日、福島県大熊町

2014/06/28 00:58   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201406/CN2014062701002521.html
=========================================================


昭和のオヤジが跋扈する議会ってのは、どこもかしこも場末のスナックみたいですね&集団的自衛権行使容認で内閣支持率低下したのは「ネガティブな報道をされたのが影響した」ってコメントを載せる読売新聞の策謀

くろねこの短語

Photo_4

2014年7月 5日 (土)
昭和のオヤジが跋扈する議会ってのは、どこもかしこも場末のスナックみたいですね&集団的自衛権行使容認で内閣支持率低下したのは「ネガティブな報道をされたのが影響した」ってコメントを載せる読売新聞の策謀

 都議会の性差別野次はセクシスト鈴木君に罪をすべておっかぶせて、自民党は逃げ切りを図っているけど、今度は国家でもエロオヤジのゴロツキ発言が発覚。議会ってのは、どこもかしこも、場末のスナックみたいな様相を呈してまいりました。

 今度のエロオヤジも当初は「わしゃ知らん」ってシラ切ってたってね。この大西とかいう議員は自民党でよくある地元のボスタイプらしく、面の皮が厚いのだけが取りえの陣笠議員です。で、言い訳が振るってる。「つい、親しみから不用意な発言を」だって。「早くから結婚して子供産まないと駄目だぞ」なんてゴロツキまがいの発言を、親しみからされたんじゃかないまんよ、ったく。

女性蔑視やじ また自民 「産まないと駄目」国会は大西氏

 それにしても、レレレのシンゾーが権力を握ってからというもの、なんか世の中がトゲトゲしくなったというか、言葉の暴力の氾濫が目に余る。そもそも、国会質疑で薄笑い浮かべて相手を嘲笑したり、はぐらかしと論理のすり替えで相手をやり込めたり、真摯な議論なんてハナからする気がない天ぷら野郎が「最高責任者」だって威張りくさってるんだから、世の中がすさんでくるのも致し方ないってことか。トップを変えない限り、この風潮はおさまりません。

 ところで、読売新聞が、内閣支持率が下がったって喚いている。で、総裁特別補佐の萩生田光一の「ネガティブな報道をされたのが影響した」」なんてコメントを載せている。よく言うよであります。読売、産経、日経の集団的自衛権バンザイ報道、いわば「ポジティブな報道の影響」があればこそ、支持率はどうにか40%後半で高止まりしてるんだよね。本来なら、支持率40%を割り込んだっておかしくないんだから。「ネガテイブな報道」ってのは、おそらくこれ以上の支持率低下を防ぐための読売新聞の世論操作に違いない。

内閣支持率、5割切る…政府・与党に衝撃

 読売新聞にすれば、あれだけヨイショ報道してきたのに支持率が5割切ったってことに、ちょいと焦りがあるんだろう。今後は、集団的自衛権の関連法案整備のプロセスで、「戦争のできる国」にするための大キャンペーンが展開されるんでしょうね。読売やサンケイグループが、新聞・TVを使ってどんなサプリミナル効果を仕掛けてくるか、けだし見物な今日この頃なのだ。

米国史上最悪の大統領オバマ、日本史上では安倍と野田が競り合う?

あいば達也

Photo_3


2014年07月04日
米国史上最悪の大統領オバマ、日本史上では安倍と野田が競り合う?

 世界の地政学的雲行きが目まぐるしい展開を見せている。正直、わが国に隣接する、中国、韓国、北朝鮮の関係にも大きな変化がみられる。中国と韓国が同盟関係でも結ばんばかりの勢いで接近している。そんな最中、今度は北朝鮮と日本が、拉致問題等を出汁にして接近を試みている。正直、これは正体不明なエネルギーが流れをつくり出し、北東アジアの4か国がその渦に巻きこまれて行くような、嫌な感じになっている。この渦が一過性のものか、恒常的なものなのか、現時点で判断は難しい。

 中国、韓国、北朝鮮、日本、この4か国とも、これらの関係性と米国との距離感をどのように保つか、外交防衛経済上難しいカジ取りを4か国ともに行わなければならないようだ。米国の関与度にも注目する必要があるのだろうが、通り一遍の反応しか聞こえてこない。そんな筆者の疑問に応えたわけではないだろうが、読売新聞も同様の疑問の中で記事を書いている。

続きを読む "米国史上最悪の大統領オバマ、日本史上では安倍と野田が競り合う?" »

子宮頸がんワクチン 厚労省、接種再開にやる気満々 

田中龍作ジャーナル

Photo_2

子宮頸がんワクチン 厚労省、接種再開にやる気満々 
2014年7月4日 18:17

32fdf105db8d14f611ef010fd0c20696
「友達の名前も顔も忘れる」「脳がこのままダメになっていくんじゃないか」…少女たちは不安を訴えた。=4日、厚労省前 写真:筆者=

 厚労省は何度薬害を繰り返せば気が済むのだろうか。

 「子宮頸がんワクチン」を接種したため重篤な副作用に苦しむ被害者とその親たちが、きょう、厚労省前で接種の再開中止と実態調査を求めた。

 厚労省がきょう午後、ワクチンの副作用について審議する検討部会を開いたためだ。

 子宮頸がんワクチン(薬剤名:ガーダシル=米MSD社/ サーバリックス=英グラクソ・スミスクライン社)をめぐっては、欧米などで手足の疼痛や記憶障害など重い副作用があることが報告されていた。

 にもかかわらず厚労省は2009年10月に承認、同年12月から一般の医療機関で接種ができるようになった。

 行政が強く勧めたため、337万人もの少女がワクチンの接種を受けた。その結果、副作用を訴える少女が相次ぐようになった。だが厚労省は因果関係を認めず、子宮頸がんワクチンは法定接種のままだ。

 厚労省は一年前から勧奨接種を休止しているが、「予防接種・ワクチン分科会副反応検討部会」の委員10人のうち8人が、「安全対策調査会」は5人の委員のうち3人が製薬会社からカネを受け取っていることが明らかになっている。

 政治家と製薬会社との密接なつながりも指摘されている。典型的な薬害である。

 にもかかわらず厚労省は勧奨接種の再開にやる気満々と見られている。被害者や親たちに不安と怒りがつきまとう。

Cdf22d5060fe29f8496ce2daaf5f2dc6被害者や親たちが「ワクチン接種を再開しないように」求めるビラを配布したが、10人中9人は受け取りを拒否した。=4日、厚労省前 写真:筆者=

 車イスの少女(中学3年・神奈川県)は中1から中2にかけてワクチンを3回接種した。昨年3月頃、2回目を打ったところ、過呼吸発作が出た。半年後に3回目を打ったら歩けなくなった。

 下半身が痛く、過呼吸の症状が1日に4~5回現れる。記憶障害も深刻だ。友達の顔、ひらがなを忘れる。数が多くなると足し算もできない。

 彼女は行政からハガキが来て子宮頸がんワクチンを接種するよう強く勧められた。友達からも「まだ打っていないの?」と言われたため、近くの病院に行き接種した。行政の強い勧めさえなければ、彼女が苦しむことはなかったのである。

 本来なら高校3年生の女子生徒は、学校に満足に行けなくなったため高校2年生だ。降りしきる雨のなか少女は「私たちのような被害者を出さないで下さい」と訴えた。

 国民の命と健康を守るはずの厚労省が、多くの少女たちに残酷な副作用のある薬を接種させてしまったのである。製薬会社の利益を優先させて。

 薬害エイズから20年が経つが、厚労省と業界の癒着体質は何ひとつ変わっていない。

 「全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会」は、ワクチンを接種した337万人の少女の追跡調査を厚労省に要求している。厚労省は沈黙したままだ。

続きを読む "子宮頸がんワクチン 厚労省、接種再開にやる気満々 " »

2014年7月 4日 (金)

根本復興相「食べて被災地応援を」=風評被害対策、経団連に要請

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_2


根本復興相「食べて被災地応援を」=風評被害対策、経団連に要請

根本匠復興相は3日、経団連に榊原定征会長を訪ね、東京電力福島第1原発事故に伴う農林水産物などの風評被害対策として、経済界を挙げての福島県産品の積 極的利用を要請した。これに対し、榊原会長は「会員企業への呼び掛けを強め、さらなる消費拡大に取り組みたい」と応じた。

東日本大震災発生から3年以上がたったが、福島県を中心に被災地では現在でも風評被害に苦しんでいる。復興相は会談後、記者団に対し「被災地の産品を購入して食べ、さまざまな場で利用してもらうことが必要だ」と強調し、社員食堂での福島県産品の利用拡大などを訴えた。
jiji
(2014/07/03-17:22)
http://www.jiji.com/jc/c?g=eco&k=2014070300708
===============================================

食べて応援とか,……

食べて応援で死亡率6%アップ!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7743251.html

TOKIOと福島野菜をPRした三瓶明雄さん死去 死因は急性白血病!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7715466.html


風評被害とか,……

加害者側が「風評」という言葉を使うことへの強い違和感
http://blog.livedoor.jp/home_make/archives/1871964.html


未だにそんなことを言っている人がいることが信じられません。


調査委員会設置しただけで制裁解除。北朝鮮とどんなバーターしてんだろう。被害者帰国を集団的自衛権行使容認の目くらましに使おうとしてやしないでしょうね・・・。

くろねこの短語

Photo

2014年7月 4日 (金)
調査委員会設置しただけで制裁解除。北朝鮮とどんなバーターしてんだろう。被害者帰国を集団的自衛権行使容認の目くらましに使おうとしてやしないでしょうね・・・。

 新聞の今日の運勢によれば、「うま年 利害関係で結ばれし者は苦境に立てば見捨てられる」とか。おお、レレレのシンゾーがうま年だったと妙に納得した小雨降る週末の朝である。

 で、おそらくなんらかの利害関係があるんでしょう、レレレのシンゾーが北朝鮮制裁を一部解除するそうだ。拉致調査委員会設置するからというのがその理由なんだが、ホンマかいな。そもそも、拉致ってのは国家の犯罪で、首領様がリーダーなんだから、被害者がいま何してるかなんてのはすべて把握してますって。把握してなけりゃ、それはそれで北朝鮮の国家体制に緩みが出てきている証拠で、でもそんなことはありません。

 日経新聞が拉致被害者のリストを北朝鮮が提示したって報道してたけど、おそらく事実でしょう。貧相顔の官房長官・菅君は否定してるが、何の見返りもなくただ調査委員会設置したくらいで、一部とはいえ制裁解除なんかしやしません。拉致被害者がどうなったか、かなり突っ込んだところまで政府は知ってるんじゃないかとくろねこは疑っている。

 特定失踪者問題調査会の代表は、「リストがないなら、特別調査委員会の設置だけで制裁解除したことになる。国民への背信だ」「政府は都合の悪い情報を隠さず、合意文書を原文のまま国民に提示すべきだ」って記者会見で批判してたけど、おっしゃる通りです。

制裁解除は国民への背信=「結果出ていない」と批判―失踪者調査会

 いまでこそ、レレレのシンゾーをはじめ、自民党に限らず政治家センセイたちは拉致はけしからんなんて息巻いてるけど、70年代に拉致が噂に上り始めた頃なんて、けんもほろろで鼻で笑ってたんだからね。拉致被害者の会が結成されて経済制裁を求めた時も、北朝鮮利権にまみれた代議士センセイが先頭に立って邪魔してたことはけっして忘れません。もちろん、レレレのシンゾーが体張って被害者の会をサポートしたなんて話も聞きません。おそらく、「北朝鮮拉致? 何それ?」だったに違いない。

 それはともかく、どうも今回の北朝鮮との交渉は胡散臭い。ここからは妄想だけど、ひょっとしたら北朝鮮にミイサイル発射してもらって、集団的自衛権行使容認の後押ししてもらったんじゃないのかねえ。でもって、前みたいに経済援助するから、うまく利権にしてお互いいい思いしようじゃない。ついでに、拉致被害者の何人か帰国させてくれれば、集団的自衛権のことなんかみんな忘れちゃうから、そこんところもよろしく頼むよ・・・なんて筋書きのあるドラマを演じてるんじゃないのか。もちろん、アメリカだってそのへんのところは了解済みで、北朝鮮を引っ張り込んで中国の鼻明かせてやろうっててぐすね引いてたりして・・・。

2014年7月 3日 (木)

福島住民、環境省訪れ 「石原金目大臣は辞任を」

田中龍作ジャーナル

Photo_4

福島住民、環境省訪れ 「石原金目大臣は辞任を」
2014年7月3日 19:24

B29cc6cdcef57c6207eff04205635b9c福島住民との話し合いの中で「福島に住んでもいい」と軽々に答えた官僚がいたため騒然となった。=3日、環境省前 写真:筆者=

 中間貯蔵施設の建設をめぐり「最後は金目でしょ」と思わず本音を漏らし、世論のバッシングを浴びた石原伸晃環境相。

 福島県知事や一部の市町村長への謝罪で幕引きを図ったつもりだったが、そうは問屋が卸さなかった。

 「原発いらない福島の女たち」がきょう、環境省を訪れ、石原環境相の辞任を要請した。「金目発言」だけではない。でたらめな被災者支援政策の改善も要請した。

 「子ども被災者支援法」が有名無実であるうえに、政府は被災者を帰還させようとしている。

 さらには除染の目標値を下げようというのだから、呆れるばかりだ。福島の人々の怒りは察して余りある。

 午後1時30分ごろ、約50人が環境省に貸切りバスで乗り付けた。約10人はタイベック姿だ。白装束が大事な故郷を奪われたことへの恨みを物語っていた。

 20数人が環境省の入る政府庁舎の門をくぐったが、通されたのは1階の面会室だ。入館ゲートの手前にあり正式な面会記録には残らない。客人として認めたくないのだろうか。

 環境省は総合環境政策局・放射線健康管理担当参事官室の鈴木研一参事官補佐ら4人が対応した。

 福島市の佐々木慶子さんが口火を切った。「環境省の皆さんが血の通った人間かどうか、きょうは確かめに来た。福島をばかにするなという思いだ」。

 鈴木参事官補佐は「貴重なご意見をうかがいます」と答えるに留まった。これがきょうの環境省のスタンスだった。浅はかな大臣の問題発言をいちいち官僚が対応するわけにはいかない、ということか。

86ccf8ddcc7a271d74466337338935a1「私たちにとって大事なことが密室で決まっている」。女性は行政への不信を露わにした。=写真:筆者=

 原発から1・2キロの地区に住んでいた双葉町の女性は「石原大臣に言って下さい。お金は1円も要りませんから、きれいな福島を返して下さい」と迫った。

 「石原大臣が被害者に会えない理由はあるんですか?」(福島市の女性)。

 「石原大臣は子供と奥さんと一緒に福島に住めますか?」(郡山市の女性)。参加者からは石原環境相への不信感が噴出した。

 「原発いらない福島の女たち」は期限を区切って回答を求めたが、環境省側は「約束はできませんが、持ち帰ります」とかわした。

 タイベック姿で環境省に乗り込んだ女性(田村市)の言葉が本質を突いていた。「除染してカネを儲け、今度は焼却して儲け、ということですか?」

 彼女は環境省の建物を退出すると「政府は(我々の)命のことなど何も考えていないということが分かった」と話した。

 馬鹿な大臣がいて、天下りしか考えていない官僚がいて、復興ビジネスに狂奔するゼネコンがいる。被災者は置き去りにされたままだ。


東芝、ブルガリアで原発受注へ 5000億円規模

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_3


東芝、ブルガリアで原発受注へ 5000億円規模

東芝がブルガリアの国営電力会社から原子力発電所を受注する見通しとなった。米子会社のウエスチングハウス(WH)が原発1基を受注し、原発運営会社の株式も一部取得する案が有力視されている。

東日本大震災以降、国内での受注が期待できない東芝や日立製作所は欧州の原発営業に力を注いでいる。

受注が実現すれば、日本勢では東欧で初となり、需要のある欧州での事業展開に弾みとなりそうだ。

WHは出力100万~120万キ…
nikkei
日本経済新聞 電子版 2014/7/3 2:00
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDZ020BJ_S4A700C1MM8000/
===============================================

日本が海外に輸出した原発から出た放射性廃棄物はどこに行くか知っていますか?

日本です。

日本が海外に輸出した原発が事故を起こしたら誰が賠償することになっているか知っていますか?

日本国民です。

メディアが報道しない原発輸出の真実
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7608719.html


憲法第98条「最高法規である憲法に反する国務行為は効力を有しない」。集団的自衛権行使容認の閣議決定は明らかに憲法違反ですね。早くも違憲訴訟の声が上がっている。

くろねこの短語

Photo_2

2014年7月 3日 (木)
憲法第98条「最高法規である憲法に反する国務行為は効力を有しない」。集団的自衛権行使容認の閣議決定は明らかに憲法違反ですね。早くも違憲訴訟の声が上がっている。

 集団的自衛権行使容認が閣議決定されて、早速、共同通信が世論調査をやりました。反対54%、歯止めがなくなることへの懸念73.9%、解釈改憲は妥当ではない60%・・・なんて結果は、まあ、こんなもんなのかもしれないけれど、内閣支持率が47.8%というのはなんとも情けない数字だ。固定電話による調査だから、対象となった年代はかなり高めだとは想像できるけど、この数字がいまの日本が抱えている病理のひとつなのかもしれませんね。レレレのシンゾーの爺様が60年安保の時に、「国会周辺は騒がしいが、銀座や後楽園球場はいつも通りである。私には“声なき声”が聞こえる」ってほざいたそうだが、そういう言葉を裏付けるようなひとたちが少なからずいるわけで、「サイレントマジョリティー」と呼ばれるそうしたひとたちが自民党政治をこれまでずっと支え続けていたんですね。おそらく、これからもそうでしょう。

集団的自衛権「検討不十分」82% 共同通信世論調査 内閣支持率47%に下落

 それにしても、たかが24%程度の得票率しかないくせに、あたかも白紙委任されたかのようなやりたい放題はどうにかしないといけません。そんな矢先、三重県の松阪市市長が、集団的自衛権行使容認した閣議決定は、「憲法が保障する国民の平和的生存権を侵す」として、「違憲確認と損害賠償を求める国家賠償訴訟を起こすことを明らかにした」(東京新聞より)ってね。アッパレ。こうした訴訟は、おそらく全国で起きてくるんだろね。ていうか、起きてほしい。起きなくてはいけない。起きろ!

 そもそも、憲法第98条には、「この憲法は、国の最高法規であつて、その条規に反する法律、命令、詔勅及び国務に関するその他の行為の全部又は一部は、その効力を有しない」って明記されている。集団的自衛権行使容認を閣議決定するなんてことは、明らかに98条に違反してます。レレレのシンゾーは、「行政権は、内閣に属する」という第65条を持ち出して、内閣が憲法をどう解釈しようと、それは行政権の一部であり、なんら問題ない、って詭弁を弄しているけど、最高法規である憲法を無視した行政権の行使なんてことができるわけがありません。

さ らに、98条に続く99条では、「天皇又は摂政及び国務大臣、国会議員、裁判官その他の公務員は、この憲法を尊重し擁護する義務を負ふ」とも定められているんだから、こうなったら訴訟の渦でレレレのシンゾー一派をがんじがらめにしていくことが焦眉の急ではないのだろうか・・・なんて、熱く血を滾らせてみる木曜の朝であった。

” ヒーロー ヒーローになる時 それは今♪ " 安倍のエクスタシー

あいば達也

Photo

2014年07月02日
●” ヒーロー ヒーローになる時 それは今♪ " 安倍のエクスタシー

 日銀短観は消費増税の悪影響は改善の方向と嘘八百を枕詞にしているが、企業の業況判断を分析するとあまり良くないと云う事実。全企業中7割の企業が「さほど良くない」と答えており、リセッションとは言わないが、改善方向に向いているには程遠い。さほど良くないとは、本当は悪いのだが口にしたくない企業の気持ちの表れだろう。増税や円安による物価上昇を消化できる筈の賃金上昇は、前年比0.8%の上昇で、物価の変動を考慮した実質賃金は前年比3.6%減になっている。にもかかわず、日銀は改善方向の枕詞を連発し、GPIF等の年金買いへの期待誘導相場を形成している。国家が東証の株価を維持しているようなもので、その歪みは早晩弾けることになるだろう。

 まあ株価も含め、欺瞞だらけなのだが、オバマ米国も欺瞞の連鎖が続いているので、目くそ鼻くその金融市場である。株式市場はさて置くとして、イラクでは、米軍仕込みの、自国意識の希薄なイラク政府軍兵士がヘナヘナで、イスラム国樹立勢力、ISIS或いはISILの軍事勢力の優勢は顕著で、米国の関与は限定的で、オバマ自身逃げ出すチャンスを模索している。ウクライナも同様の情勢で、米国EUの後押しで大統領紛いに就任したポロシェンコ大統領は政府内で実権を握ることが出来ず、ロシア及び親露派勢力との休戦宣言の延長が出来なくなっている。プーチンが一旦ひっこめた軍事力をいつ再開させるか、そういう状況になっている。無論、オバマが動ける状況ではないので、EUとロシアが米ネオコンの狼藉で迷惑を蒙る事態になっている。

 

続きを読む "” ヒーロー ヒーローになる時 それは今♪ " 安倍のエクスタシー" »

名人や匠(たくみ)は 気ままに生きている

飯山一郎

2014/07/02(水)  

昨日、特異な整体術で腰痛を一発解消させてしまう名人の話を書いたところ問い合わせが殺到している。

この整体術の名人(U氏)は、じつは、国が認めた整体師ではなく、整体を商売にしているわけではない。

U氏は様々な技術を駆使して人を助けることは好きだが…、温泉まわりも好きなので九州各地の温泉を転々と泊まり歩く自由気ままな生活を送っている。

U氏は、鷲の家には月に2~3回ほどヒョイと訪ねてきて、夜は焼酎を飲みながら歓談し、そのまま鷲の家に泊まっていく…。そういう仲だ。

世の中には腰痛もちの人間が結構多いので整形外科は大繁盛だが、手術や鎮痛剤などの対症療法でロクでもない医術でしかない。

U氏のように本当の医術をわきまえ、匠(たくみ)のワザをもつ名人は、やはり野で咲け蓮華草で、世の中には結構おられる。

どうか病院に行くことは止めて、自分の街の鍼灸師や整体師のワザを確かめるために、あちこち歩きまわってはどうか?

やたらめったらガンの宣告を乱発したり、過剰医療ばかりする病院には絶対にいない本物の医療の名人と出会えるはずだ。

出会えなくても、街を歩きまわっているうちに、腰痛などケロリとなおってしまう可能性だってあるのだから…。

 

医者に

現代西洋医学が完全敗北した瞬間の写真

飯山一郎

2014/07/01(火) 

 

20年来の腰痛が一発解消!

一発整体芸

「代替医療」という分野の医療行為がある。
鍼灸(はりきゅう)とか、按摩、整体医療法、カイロプラクティックなど、現代西洋医学が主流の医療を補完する医療行為のことだ。
現代西洋医学の医師が、上から目線で多少の軽蔑をこめて言う場合もあるが…、どっこい!

 

猿と違って、人間は二足歩行が常態だ。
二足歩行が出来るようになった猿は、脊椎の上に頭が置けるので、大きくて重い大脳が発達し、やがて類人猿から人間に進化していった。

その大きい頭脳の重量が最もかかる部位は、腰(こし)で…、これが腰痛(ようつう)の原因である。

もっとも激烈な腰痛は、ギックリ腰と椎間板ヘルニアだろう。この両者を医師は区別するが…、いずれの場合も医師は簡単には治せない。

病院での椎間板ヘルニアの治療は、部位が悪いと、開腹手術で腸を外に出してから脊髄をイジる!という大変な手術になる。この手術は失敗も多い。

ところが! 鷲の友人の整体師(熊本の「民間人」)は、ギックリ腰でも椎間板ヘルニアでも、わずか5分の間に、大腿部の骨と、腰の骨をバン! バン!と強力に二押しするだけで、治してしまう。

アッ!と言う間に腰痛を直してしまう そのワザは、それは見事なもので、見る者(ギャラリー)すべてが「うわーー、すげーーッ!」と感嘆の声をあげる。

4~5日前に撮った上の写真は…、
10何年もの間、重篤な腰痛に悩んできた70才近いオッサンの腰痛を瞬間的に治してしまった時のものだ。

上の「民間人」といい、「養生法の探求」氏といい、病院の医師をはるかにしのぐ医療技術をもっている。

つーか、対症療法だけで病気を根本から治すことができない現代西洋医学は、退場!クビ!鼠~こと。

2014年7月 2日 (水)

嘘と誤魔化しと論理のすり替えと騙しの数々を駆使したヘナチョコ記者会見。どうりで、ロレツも回らないはずだ。

くろねこの短語

Photo_3

2014年7月 2日 (水)
嘘と誤魔化しと論理のすり替えと騙しの数々を駆使したヘナチョコ記者会見。どうりで、ロレツも回らないはずだ。

 昨夜の官邸前の熱気が続いているかのような強い陽射しに、久々に暑くなりそうな予感がする朝である。

 でもって、集団的自衛権行使容認の閣議決定なんだが、レレレのシンゾーの記者会見はひどいもんでした。のっけから「集団的自衛権が現行憲法の下で認められるのか。そうした抽象的、観念的な議論ではない」なんてボケかましてくれました。のっけからこれだもんな。「集団的自衛権が認められるかどうか」という議論を積み重ねてきた結果が「集団的自衛権行使はできない」ってなってるんだね。、それはけっして抽象的でも観念的でもなくて、実際的な議論の末に導き出されたもので、それを卓袱台返しするにはそれこそ「集団的自衛権が現行憲法の下で認められるのか」という徹底的な議論が必要だってことが理解できてないんだから、しょっぱなからして論理が崩壊してます。

 それに続いた説明が、これまた「米艦に救助された邦人保護のための米艦援護」ってんだから何をかいわんやなのだ。アメリカの艦船が日本人を救出するなんてお伽噺は、アメリカだって否定していることだってのに、どうしてこうもわかりやすい嘘を記者会見で平然と口にできるんでしょう。正直言って、頭の中が壊れてますね。まともな神経してたら、さんざんみんなから「そんなのあり得ない」って批判された事例を、憲法解釈変更の閣議決定という歴史の転換点の記者会見でなんの修正も加えずに引き合いに出すなんてことはしません。

 ま、終始一貫こんな調子で、嘘と誤魔化しと論理のすり替えと騙しの数々を駆使してどうにか取り繕うとはしてるんだけど、底の浅いのがミエミエなもんだから、口のまわり方もいつもよりひどいもんでした。

 なによりも、記者会見を聴いていて思ったのは、集団的自衛権の定義が間違ってるってことなんだね。レレレのシンゾーは、「武力行使が許されるのは自衛のためだけ。他国を守るために日本が戦争に巻き込まれることはあり得ない」って盛んにほざくんだけど、これって個別的自衛権のことですね。集団的自衛権というのは「よその国を守るために一緒になって戦争する」ことなんだから、そもそも何もわかっちゃいないってことです。なんで、新聞・TVはこんなお粗末な誤魔化しを追及しないのか不思議です。

 レレレのシンゾーには覚悟ってものがありません。集団的自衛権行使して「密接な関係にある他国への武力攻撃」に反撃するってことは、戦争するってことなんだから、日本の若者が血を流すわけで、そうした覚悟をこの男はこれまでに一言も口にしたことがない。おそらく、頭の中でシミュレーションゲームやってるようなもんだから、戦争に対しての想像力は貧困なんでしょう。だから、昨日の記者会見でも、「自衛隊員の血が流れることになるが」っていう質問に答えなかったんだね。ていうか、答えられなかったんでしょう。そんな男です。

 しかし、何度も何度も言うけど、集団的自衛権行使容認がどうしたこうしたということよりも、それを閣議決定で決めてしまうという手口の違法性にもっとフォーカス当てないといけないはずで、「閣議決定は政府方針の表明にすぎないともいえる。政策の実効性には自衛隊法の改正や法整備が必要で、そこには抵抗の余地がある。法が成立しても、訴訟提起、違憲・違法判決が予想され、闘いはむしろこれからだ」(東京新聞より)ってことを肝に銘じて、声を上げ続けることがなによりも肝要なのだと我が家のドラ猫に説教する梅雨も中休みの朝であった。

安倍内閣がルビコン川を渡る 犠牲が出た頃、晋三は只のオッサン

あいば達也

Photo_2


2014年07月01日
安倍内閣がルビコン川を渡る 犠牲が出た頃、晋三は只のオッサン

 アメリカの中東戦略は悉く裏目に出て、出口はほぼ塞がれている。ウクライナ情勢もNATOと抱きつき心中でもするようなアメリカの醜態は感極まっている。このような状況はオバマ政権の戦略の失敗と云うより、レーガンやクリントン政権下において芽生えた覇権国アメリカ力量の凋落なのである。それに追い打ちをかけ、凋落の度合いを加速させたのが、ブッシュ時代の911であり、その大失敗と挫折の具体的を世界に明示するのがオバマ政権の運命のように物事は進んでいる。

 ウクライナ、イラク、シリア、エジプト問題等々、覇権国のポジションを死守する為に、オバマ政権は必死こいている(笑)。ところが、アメリカ政府の金庫は空っぽで、どのような出鱈目な経済統計を並べてみても、最後は基軸通貨の威光以外頼るものがなくなりつつある。アメリカ国債は10年物で2.5%あるわけだから、低金利時代としては投資妙味がないわけでもない。ロシア、カリブ金融センター、石油輸出国などの保有は、その妙味の表れかもしれない。格付け会社が基軸通貨を擁する米国債をAランクから落とすことはない約束事の中で、起きている。

続きを読む "安倍内閣がルビコン川を渡る 犠牲が出た頃、晋三は只のオッサン" »

汚染水漏れストロンチウム回収

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo


汚染水漏れストロンチウム回収

東京電力福島第一原子力発電所で去年8月、タンクの汚染水300トンが漏れたトラブルで、東京電力は、漏れた汚染水に含まれる放射性物質のうち、環境への影響が大きいとされるストロンチウムについては、8割程度を回収できたとする報告書をまとめました。

このトラブルは、去年8月、福島第一原発にある高濃度の汚染水をためたタンクで継ぎ目の隙間から、およそ300トンが漏れたものです。

東京電力は30日、トラブルの経緯や影響などをまとめた報告書を原子力規制庁に提出しました。

報告書では、このトラブルで漏れ出た汚染水に含まれる放射性物質のうち、環境への影響が大きいとされ、もっとも濃度が高かったストロンチウムがあわせて45兆ベクレル流出したとしています。

東京電力によりますと、ストロンチウムは土の中にとどまりやすい性質を持ち、汚染水が染みこんだ土壌を集めたことで、8割程度にあたる37兆ベクレルが回収できたとしています。

東京電力は、残りのおよそ2割については、土の回収が難しい設備の下などに、今もとどまっているとみていて、地下水などを通じてストロンチウムが海に流れ出たおそれは低いとしています。

一方、このタンクから100メートルほど海側には、「地下水バイパス」で、水をくみ上げている井戸があり、一部の井戸からは海への放水を判断する値を上回る放射性トリチウムが検出されていて、東京電力は、引き続き関連を調べることにしています。

汚染水漏れストロンチウム回収

NHK NEWSWEB 動画あり 07月01日 10時30分
http://www3.nhk.or.jp/lnews/fukushima/6055629591.html
=========================================================

死神に取り憑かれた「美しい国日本」

simatyan2のブログ 

Simatyan2

死神に取り憑かれた「美しい国日本」
2014-06-30 20:50:34

美しい国や強い国とは程遠い、恐ろしい死神に日本の国民は
取り憑かれてしまったようです。

T02200390_0577102412989219950

http://www.lifeshot.jp/files/photos/1306059992/1404128204_o.jpg

6月に入ってから信じられないような事件が続出しています。

昨日29日の新宿焼身自殺もそのひとつで、報道されない中、
その後隠し切れなくなった大手メディアが、ほんの少しですが
ワイドショーなんかで取り上げ始めました。

続きを読む "死神に取り憑かれた「美しい国日本」" »

2014年7月 1日 (火)

苦肉の燃料移送先変更 福島第1原発4号機

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_3


苦肉の燃料移送先変更 福島第1原発4号機

東京電力は、福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールからの燃料取り出し作業で、未使用燃料180体の移送先を当初予定していた別棟の共用プールではなく、6号機原子炉建屋内のプールに変更した。

東電は共用プール(容量6750体)内のスペースを空けるため、もともと入っていた燃料を空冷式の「乾式キャスク」と呼ばれる金属製容器に入れて屋外保管設備に移送するという「玉突き」方式で対応してきた。

しかし乾式キャスクの製造が間に合わず、製造を待つと年内に取り出し作業を完了できなくなる。6号機への移送先変更はまさに苦肉の策だ。

た だ6号機のプールにも現在、1706体の燃料が入っており、空きスペースがあるわけではない。東電は10月にまず6号機プールから未使用燃料230体を取 り出して同じ建屋内の新燃料貯蔵庫に移しスペースを確保した上で、11月から4号機の未使用燃料180体を6号機に移送する。

昨年11月に始まった4号機からの燃料取り出し作業では、1533体のうち今月23日までに1122体を共用プールに移し終え、残る燃料は未使用180体と使用済み231体となっている。

4号機からの取り出し作業が終わると、来年度前半には3号機プールからの取り出しが始まる予定で、綱渡りの燃料移送が続く。

苦肉の燃料移送先変更

(共同通信)2014/06/30 15:11
http://www.47news.jp/47topics/e/254859.php
===============================================

4号機の使用済み燃料プールが空であることは世界にはばれている↓のです。

憂慮する科学者同盟が4号機no燃料問題の暴露本!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7734507.html

4号機からの燃料取り出しはやっぱり大芝居だった!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7669925.html


マスメディアが安倍晋三の嘘に寛大だったあげくが解釈改憲なわけで、またしても戦争の片棒担いでしまったってことか。

くろねこの短語

Photo_2

2014年7月 1日 (火)
マスメディアが安倍晋三の嘘に寛大だったあげくが解釈改憲なわけで、またしても戦争の片棒担いでしまったってことか。

 残すところわずか数時間で日本が大きく変わろうとしている朝である。新聞・TVはいまさらのように解釈改憲がどうしたこうしたと形ばかりに報道しているけど、これって特定秘密保護法の時とまったく同じです。法案が議論されている最中にはまったく無関心を装って、というより一般大衆労働者諸君の注意が向かないように意図的な報道して、法案が成立するって間際になるとアリバイ作りで反対意見を喚き出すというやつですね。

・海外で武力行使 可能に 集団的自衛権 憲法解釈を変更

 ナンミョー党があたかも自民党のプレッシャーと戦っているかのように報道し続けていたのも罪深いことだ。で、そのナンミョー党だが、高村試案の実は提案者だったとされる遮光器土偶・北側君は、「国民の理解を十分に得られていないかもしれない。(閣議決定したら)説明責任を果さないといけない」なんて舐めたことを口にしてます。事が終った後に説明責任果たすってなんのこっちゃ。そういうのはただの言い訳と呼びます、世間では。

 それにしても、ここのところの集団的自衛権行使容認に向けた議論で何が嫌かって、嘘や誤魔化しがベースになってることなんだね。憲法改正論者でありながらレレレのシンゾーのやり口を痛烈に批判し続けている小林節慶応大学教授は、「(政府の閣議決定案は)単なる言葉遊びで、分析できないぐらい論理が壊れている」って呆れているけど、戦争やりたくて仕方がない永田町のセンセイたちの頭の中も同じように壊れちゃってんだろうね。だから、平然と嘘はつくし、前言は簡単に翻すし、言うに事欠いて「日本人であれば慎重に勉強してほしい」なんて与太飛ばす恥知らずまで出てきちゃうわけです。

 それもこれも、権力を握ってからのレレレのシンゾーの嘘に、いたって寛容、寛大だったマスメディアのおかげです。そのあげくが、解釈改憲なわけで、またしてもマスメディアは戦争の片棒担いでしまったってことです。

【集団的自衛権】公明幹部「安倍総理が急いでいるんだ」、殺気立つ官邸前

【集団的自衛権】公明幹部「安倍総理が急いでいるんだ」、殺気立つ官邸前
2014年6月30日 23:59

A06864fcb08a25d61de9af58d7bf918e前進圧力をかけるデモ隊を懸命に押し戻す警察隊。=30日午後9時15分ごろ、首相官邸前 写真:田中=

 国の形が変わる日の前夜、永田町では翼賛体制に向かう勢力と平和を守ろうとする勢力が交錯した。

 30日午後2時、衆院会館。公明党執行部は党所属の国会議員を集め「集団的自衛権の行使容認」に向けて意見集約した。

 筆者は会合が持たれている公明党政策調査会会議室に近づくこともできないため、エレベータホールで退出してくる議員を待ち、ぶら下がった。

 議員たちの話を総合すると、井上義久幹事長が「政治決断する時期に来ている。もう時間がない。我々(執行部)に一任してほしい」とまとめた。

 若手議員を中心に反対論が出た。「武力行使はダメだ」「後戻りができなくなる」「(政府案は)不透明な所がある」・・・

 だが執行部は「安倍さんが急いでいるんだ」などとして反対論を押し切った。

 連立与党に留まりたい公明党が党是ともいえる「平和の党」の理念を正式に捨てた瞬間だった。公明党は「戦争遂行政権」の補完勢力に転じたのである。時計の針は午後5時にさしかかっていた。

 この頃、官邸前には平和を求める人々が集まり始めていた―

8aa4eca8b77085df261a5954136caf80参加者は警察のピケを破り、官邸前の車道に溢れ出ようとした。 =30日午後7時20分ごろ、国会記者会館屋上より 写真:山田旬=

 翌日の閣議決定を何とか阻止しようと全国各地から老若男女が集まった(呼びかけ:解釈で憲法9条を壊すな!実行委員会/戦争をさせない1000人委員会)。

 これまで官邸前の抗議集会に立ち会ってきたが、今回ほど殺気立つ人々を見たのは初めてだ。

 福島市から今日のデモのために上京した30代の主婦は、頭に「怒」と書かれた大きなりんごの髪飾りをつけての参加だ。

 「安倍政権は国民の声に耳を傾けてほしい。自分達が選ばれた代表だということを忘れているのではないか。前の大戦の反省を生かせていない。戦争を経験した人がまだ存命なのに許せない」と話す。

 国会記者会館前に立つ黒いスーツに身を包んだ23歳の女子学生は就職活動中だ。就活の帰りにひとりで参加した。「解釈改憲してはいけない。大学には集団的自衛権の問題に関心を持つ人は少ない。日本が戦争する国になるのを止めたいと思って来た」。

 時間が経つにつれ仕事を終えたサラリーマンらが続々と訪れ、官邸前周辺の歩道は参加者で一杯になった。ぎゅうぎゅう詰めだ。

 「安倍は辞めろ」「ファシストうせろ」「憲法壊すな」…シュプレヒコールが絶え間なく響いた。

 デモ隊の前進圧力で道路は左右一車線ずつ塞がった。それでも警察隊が次々と増派されるため、規制線は決壊しなかった。

 人々の声を封殺して戦争に道を開く安倍政権の姿勢を象徴しているようだった。

読売の混乱とナベツネ帝国の崩壊 清武訴訟でパニック症状か

あいば達也

Photo

2014年06月30日
読売の混乱とナベツネ帝国の崩壊 清武訴訟でパニック症状か

 読売新聞が土台から崩れかけているようだ。新聞全体の心棒が抜けたような記事が此処1か月続いている。このようなことは嘗てない事なので、目立つ。何が違うか、決定的論拠はないが、渡邉恒雄(ナベツネ)の新聞と云う臭気が薄まっていることだ。その辺の諸事情に関する情報がないので、筆者の思い過ごしかと思っていたが、必ずしも思い過ごしとは言えない事情もあるようだ。そのことに気づいたのは、以下の情報屋として名高い歳川氏のコラム内で知ることが出来た。無論、筆者の深読みと云う危惧もあるのだが、その気づきの根拠等は、歳川コラムを読んだ後、簡単に語っておく。

続きを読む "読売の混乱とナベツネ帝国の崩壊 清武訴訟でパニック症状か" »

« 2014年6月 | トップページ | 2014年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ