« 日本没落!国家による死に物狂いの収奪が始まった! | トップページ | 【広瀬隆さんより】美味しんぼ騒動についてDAYS JAPANから知性的な反論 »

2014年5月14日 (水)

殺人国家の殺人病院

飯山一郎

2014/05/14(水)  

 

きょうの志布志は終日の雨。なのに客足がたえない。
接客の場所はベランダ。7~8人の客が昼食抜きで、茶(あらびき茶、プーアール茶、紅茶)を飲みながら、延々と雑談を楽しんだ。

昼食を出さなかったのは、理由がある。
博多から来た癌?患者(癌でもないのに博多の済生会病院で「早く切除しないと手遅れになる!」と脅され、手術日まで勝手に決められ、志布志に逃げてきた)が、「1日1食の少食生活」を昨日から始めていたからだ。

その癌?患者(62)は、12日(月)に志布志に来たのだが、500メートルも歩くと疲れて歩けなくなっていた…。

その患者?は5月初旬、下腹部にシコリを感じたので福岡県済生会病院で受診したら、Dr.西に悪性の卵巣腫瘍だと言われ、様々な検査の日程と手術日(30日)が一方的に決められた…。(その書類一式は鷲の手元にある)。

病院の「オドシ」は悪質で、その癌?患者(62)は、見事なほど「末期癌の癌患者」になっていて…、歩行も500メートルがやっと!だった。

医師から、「重篤な心臓肥大もある!」などと徹底的にオドされていたので、まぁ、仕方がない鴨寝。
しっかし、ほんと、オドシの上手い医者だ罠~~(爆)

えーと…。
色んな途中経過はプライバシーの問題があるので省略するがー、その癌?患者(62)は、昨日(13日)と、きょう(14日)の2日間で、合計16キロメートルもの距離を歩き抜いたのだが…、きょうは鷲の家でケロッとして、コロコロ笑いながら雑談を楽しんでいた。

12日までの彼女(62)は、断続的な咳(せき)が止まらず苦しがっていたが…、きょうなどは「12日までの私とは別人!」と元気モリモリ。

彼女(62)は助かったが…、『癌(ガン)は 病院でつくられる』に書いたように、「医者が患者を強引にガン患者にしてしまう」例が、最近は益々激増している。

そうして、病院に言われるままに手術をして、抗癌剤を飲んで、放射線治療をして…、ボロボロになって死んでゆくシトって、ほんと、ものすごく多いんだろーなー。

日本の医療ってのは、ほんと、末期症状だ罠~。

« 日本没落!国家による死に物狂いの収奪が始まった! | トップページ | 【広瀬隆さんより】美味しんぼ騒動についてDAYS JAPANから知性的な反論 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/59643496

この記事へのトラックバック一覧です: 殺人国家の殺人病院:

« 日本没落!国家による死に物狂いの収奪が始まった! | トップページ | 【広瀬隆さんより】美味しんぼ騒動についてDAYS JAPANから知性的な反論 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ