« 福島第一原発以前から問題多く「スパゲティ症候群」の指摘 | トップページ | 「米一極主義体制」ボスは仲介に徹す 行司が土俵で相撲取る »

2014年4月12日 (土)

オボちゃん ありがとう!

飯山一郎

2014/04/12(土)  

 

オボちゃんの「研究」は正解!
小保方氏が語れない「真実」

『日本経済新聞 電子版』 2014/4/10 0:36
オボちゃん

 

 

「世界中の研究者が再現しようと試みたが駄目だった」というSTAP細胞。
研究者であるオボちゃんは、発表時は「新型万能細胞だ!」と拍手喝采だったが、いまは叩きぬかれている。可哀想に…。

それでもオボちゃんは9日の記者会見で、
「200回以上も成功している!」と必死に訴えた。

が、世間の目は厳しく…、
『日刊ゲンダイ』などは 「“200回作製”で完全墓穴!」などとクソミソ。

ところが! である。

ヨモギや茶葉などの植物から採取した乳酸菌を使えば…、「STAP細胞」が出来るのだ! こんなふーに。

STAP

すごいっしょ?!
ま、動物であれ植物であれ、体細胞に植物性乳酸菌をふりかけると、すさまじいほどに細胞が活性化することは確かだ。

たとえば、ピンポン玉が入るほど大きな褥瘡(じょくそう、床ずれ)に、植物性乳酸菌液を滲み込ませた脱脂綿を押し込んでおくと…、褥瘡内に筋肉細胞や血管細胞や皮下細胞ができて盛り上がってきて、やがて皮膚細胞ができて、大きな褥瘡が治ってしまう。この「再生医療」は感動ものだ。

植物や農作物の場合も同じだ。植物性乳酸菌液を散布すると、とくに発芽点の細胞が驚くほど活性化して、元気な根や茎や葉ができてくる…。

簡単に言うと…、
生物の細胞には「分化多能性」が本来的に備わっていて、その分化多能性が乳酸菌によって活性化される! というだけの話だ。

このことをオボちゃんは(200回も!)実証してくれたワケだ。

ただ、「乳酸菌をつかった」とは言えず、「オレンジジュースのような酸性液で外的刺激を加えた」なんてことを言ってしまったので、再現性がない!と総スカンを喰らってしまった…。

でもま、
理研」という組織体が「利権」の巣窟だった!ってことを(結果的に)知らせてくれたオボちゃんの功績は大きい。

オボちゃん ありがとう!

オボちゃんが語れない「真実」が何か? は、ココに書きました。

« 福島第一原発以前から問題多く「スパゲティ症候群」の指摘 | トップページ | 「米一極主義体制」ボスは仲介に徹す 行司が土俵で相撲取る »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/59455933

この記事へのトラックバック一覧です: オボちゃん ありがとう!:

« 福島第一原発以前から問題多く「スパゲティ症候群」の指摘 | トップページ | 「米一極主義体制」ボスは仲介に徹す 行司が土俵で相撲取る »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ