« 年金をいい加減に計算してみた 夫婦で月額22万也、乗り切れるか? | トップページ | 川内原発の再稼動はこれで消える! »

2014年4月20日 (日)

一天 にわかに かき曇り

飯山一郎

2014/04/19(土)2  

 

またまた我が庭に日本蜜蜂の大群が来た!

にわかに

またまた日本蜜蜂の大群が我が庭に飛んできてくれた。
数万匹の蜜蜂たちが乱舞し、空がかき曇るほどの勢い。
ギャラリーの一人は、
「蜂が逃げた話は聞くが、蜂の大群が巣箱に飛び込んでくる…。凄い! 飯山さんはプロだ!」 と、感心しながら言ってくれた。嬉しい!

びっしり

我が庭の空が曇るほど乱舞していた蜜蜂の大群も、女王様が巣箱に入巣されると、次々に整然と巣に入ってゆく…。
その統制(ガバナンス)と秩序(オーダー)、そして情報力(インテリジェンス)は、まさに完璧(パーフェクト)である。無法者(アウトロー)は皆無だ。

 

自然界にいる蜜蜂を環境の良い鷲の巣箱に呼び寄せる秘法!
これを鷲=飯山一郎は発見してしまった! と書いた。 (記事)

その秘法の一つは…、
カラの巣箱のまわりの木々や雑草に乳酸菌を毎日散布することだ。

蜜蜂が好む森や林の木々の葉には大量の乳酸菌が付着している。

森の木々も、雑草も、農作物も、その成長点では乳酸菌が関与して、葉や枝が出来てゆく…。

植物の成長点は、じつは、万能細胞の宝庫なのだ。

植物が成長点で万能細胞をつくる際、乳酸菌が関与している…。

そういう乳酸菌が豊富に存在する環境を、蜜蜂たちは好むのだ。

乳酸菌に関してはズブの素人です」と言った熊本大の太田准教授に、鷲の弟子が乳酸菌液を差し上げた…、そのとき太田准教授は「乳酸菌と万能細胞」のアイディアに素直に思い至ったようだ。

しかし、その後、太田准教授は素直になれなかったためにドジを踏んでいくワケだが、その話は後日。

それにしても、ニホンミツバチたちは、ほんと、素直だ。(爆)

« 年金をいい加減に計算してみた 夫婦で月額22万也、乗り切れるか? | トップページ | 川内原発の再稼動はこれで消える! »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/59498853

この記事へのトラックバック一覧です: 一天 にわかに かき曇り:

« 年金をいい加減に計算してみた 夫婦で月額22万也、乗り切れるか? | トップページ | 川内原発の再稼動はこれで消える! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ