« 香港の吉野家:「100%絶無 日本福島食材」 | トップページ | ウクライナ取材を終えて 米国のお先棒担ぐ日本マスコミ »

2014年3月30日 (日)

「ヌーランドを泳がせろ!」

飯山一郎

2014/03/30(日)2  

 

最凶の戦争屋ヲンナ二人 密談中

ヒラリーとヌーランド

9・11事件を惹き起こし、アフガン、イラク、リビヤ、シリアの戦争を始めたのと同じ者たちが、ウクライナの政権交代の背後にいる。
このネオコンの連中は、アメリカの外交政策を内部から巧みに支配している。その一人が ヴィクトリア・ヌーランド(Victoria Nuland)だ。
この女性高級官僚は、ヒラリー・クリントン(Hillary Clinton)の時代に国務省の報道官を勤め、現在の職位は米国務省国務次官補(欧州・ユーラシア担当)で、キエフを頻繁に訪れ、「工作」をしてきた。

 

ウクライナの政権転覆(クーデタ)を企画してきたのは、ヒラリー、マケイン、ソロス、ヌーランド(夫は極右思想家のロバート・ケーガン)など米国の極右戦争屋軍団である。 プーチンが(スノーデンをつかって)執拗に追いかけたのは、ヌーランド米国務省国務次官補の「工作活動」であった。

彼女は「アメリカはウクライナに対し過去20年間で50億ドルを投資し、“IMF改革”を要求する」などと語っていたが、さらに重大な機密情報を語った録音データをロシアはユーチューブにリークした。(米国務省のサキ報道官はこの会話内容が本物であることを認めている。)

その録音テープの中でヌーランドは、なんと!後々実際に組閣メンバーとなる者たちの名前を挙げていたのである。また、ヌーランドの意にそぐわないEUを「fuck EU(EUなんかクソくらえ)」と侮蔑する発言もしていた。
これがプーチンには筒抜けであった…。

アメリカの(ホワイトハウスのスタッフによる)ウクライナに対する内政介入とクーデタ計画は明々白々だったし、その全容をプーチンは熟知していたのである。

アメリカの戦争屋軍団が主導するクーデタ計画を熟知しながらも、プーチンはソチ五輪の警備にかこつけて、ウクライナには一兵卒も残さず、キエフを真空地帯にした…。

つまり…、
プーチンは殊更にスキをみせて、敵を釣って蜂起を誘ったのである。これが家康や島津が得意とした「釣り野伏(つりのぶせ)戦法」である。

おもえば、ウクライナのクーデタで、プーチンが受けたメッリトは大きい。

何より、ウクライナの国家財政を蚕食しまくって私財を肥やしていた「親露派」のヤヌコビッチを追放できたワケだし…。

プーチンの戦略(=謀略)の精華と成果が見られるメインイベントは、しかし、じつは、これからである。

クリミアを手中にしたプーチンを、いま、喜ばせているのは…、
ウクライナ危機・新局面に 極右が国会封鎖』 という事態である。
これについては、先ずはココを読んでいただきたい。

読めば…、
今回のウクライナの大騒動は、全てがプーチンの謀略だった!ということが分かってくるはずである。
何より…、乱世を生きる英雄・プーチンから学ぶことは、大きい。

« 香港の吉野家:「100%絶無 日本福島食材」 | トップページ | ウクライナ取材を終えて 米国のお先棒担ぐ日本マスコミ »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/59382981

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヌーランドを泳がせろ!」:

« 香港の吉野家:「100%絶無 日本福島食材」 | トップページ | ウクライナ取材を終えて 米国のお先棒担ぐ日本マスコミ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ