« 沢山の被害者がいるのに、加害者がいないのはおかしなことです。これでも罪を問えないのですか? | トップページ | 3号炉核爆発は5度爆発音を発した! 岩田清 »

2014年3月 9日 (日)

飯山一郎が花咲か爺さんになった!

飯山一郎

2014/03/09(日) 

 

元気に 生きてさえいれば 花も咲く…

志布志の鷲の事務所の横の庭(6m☓30m)をお花畑にした。
カタバミ(大黄花酢漿草)の種をまき、せっせと米とぎ汁乳酸菌液を散布したら…、春満開の春爛漫。
コレすべて、巣箱に蜜蜂を呼ぶための作戦 なんだが、見事に成功! 蜂たちが万来している。
しかし、女王様がお目見え下さらない。(T_T)
嬢王蜂の御来訪(分蜂)は、3月下旬過ぎ!なんだって。

 

カタバミ(酢漿草)は、名前のとおり茎や葉に「蓚酸(しゅうさん、COOH2)」という有機酸を含んでいるので、噛むと酸っぱくて美味しい。

米とぎ汁乳酸菌の威力は絶大で、カタバミが大繁殖しただけでなく、素晴らしい酸味が出て、噛めば口の中で絶妙な「酢の物」になる。

鷲は、こういうお花畑を志布志のあちこちに(無断で)つくっている。コレすべて、蜜蜂を増やすための作戦なのだ。ハハハ。

先日は熊本の山林王で山林学者、平野虎丸翁が志布志まで来てくれ、「熊本の何百ヘクタールの森でもニホンミツバチを飼おう!」 と提案してくれたので、作戦会議をヤった。

来週は、鷲の養蜂の師匠・早田重信師が、そのまた上の師匠(X師)と共に志布志に来てくれる。

で、そのX師の上に、さらにY氏という仙人のような師匠がおられ…、『アナスタシア』に出てくる蜜蜂に刺してもらって鍼治療をする話、アレも出来るんだという。

で、そのY氏の上の上が天皇陛下で、おそれおおくも天皇こそは日本蜜蜂どころか、シベリアやバイカル湖畔に棲息する日本蜜蜂の秘法の総元締めらしい。

これは、まこと、おそれおおい話になってきた…。
おそれおおい。

« 沢山の被害者がいるのに、加害者がいないのはおかしなことです。これでも罪を問えないのですか? | トップページ | 3号炉核爆発は5度爆発音を発した! 岩田清 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/59262329

この記事へのトラックバック一覧です: 飯山一郎が花咲か爺さんになった!:

« 沢山の被害者がいるのに、加害者がいないのはおかしなことです。これでも罪を問えないのですか? | トップページ | 3号炉核爆発は5度爆発音を発した! 岩田清 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ