« ウクライナ取材を終えて 米国のお先棒担ぐ日本マスコミ | トップページ | 有名人に急増中…知っておきたい“突然死の予兆” »

2014年3月31日 (月)

墜落ではない。拉致事件なのだ!

飯山一郎

2014/03/31(月) 

 

ついにロシアの国営メディアが書きました!
米国の指導でディエゴ・ガルシアに着陸!と

MH370

撃墜された!墜落した! ガセネタを信じ、捜索、捜索、捜索の3週間。

 

不明ボーイング機、米国の指導でディエゴ・ガルシアに着陸?
と、(ロシアの国営メディアである) 『ロシアの声』が大見出し! (記事)

『ロシアの声』の記事は見てきたような講釈師。
「米国は、乗客の中の20人の中国人に目をつけていた。
彼らは中国の研究者だった。最近彼らは飛行機を100%見えなくする技術で特許をとっていた。この技術の創案者を確保するために米国がボーイングを掠奪した可能性排除されない。」

鷲の中国の友人(レノボ本社前にオフィスがある)は…、
「北京の清華大学と聯想(レノボ)に所属していて、極秘の研究をしていた18~20名が搭乗していて、中南海(北京政府中枢)は真っ青になっている!」と “QQ電話”で話してくれた。

思えば…、
今回のマレーシア航空 MH370便の失踪は、「撃墜→墜落→捜索」という巧妙なデマ先行型だった。

しかし!
次の観点から言えば、墜落などでは絶対になく、航空機の略奪(ハイジャック)と、中国人の特殊研究者を拉致した犯罪事件なのだ。

  1. パイロットか高度な専門知識を持った人物が、入念な計画をもってレーダーとの交信を絶つ位置と時間を選んだ。
  2. レーダーと交信するトランスポンダのスイッチを切断し、さらに、機体の状態を地上に送信するシステム「エーカーズ(ACARS)」も停止させた。
  3. 「エーカーズ(ACARS)」の遮断方法は、操縦士に交付されるマニュアルには書いてない。
  4. よって、今回の「航空機失踪」は、入念な計画と綿密に考え抜かれた行動によるものである。
  5. その操縦技術は、普通の操縦士ではなく謀略機関の航空機の専門家(特殊技能をもった操縦士)の行動である。

以上の観点から、ズバリ!犯人は、米軍ではなく、米国の謀略機関であろう。(今の米軍は謀略作戦的な策謀行動をとらない。)

したがって、着陸地も、米軍の飛行場(ディエゴ・ガルシア)ではない別の飛行場である。

MH370便は交信遮断後6~7時間の飛行をしていることから、着陸した飛行場は中央アジアの某国か、ディエゴガルシア島の北のモルディブ島?鴨。

« ウクライナ取材を終えて 米国のお先棒担ぐ日本マスコミ | トップページ | 有名人に急増中…知っておきたい“突然死の予兆” »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/59385549

この記事へのトラックバック一覧です: 墜落ではない。拉致事件なのだ!:

« ウクライナ取材を終えて 米国のお先棒担ぐ日本マスコミ | トップページ | 有名人に急増中…知っておきたい“突然死の予兆” »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ