« 東電の電力需要、この冬最大 暖房使用の増加で | トップページ | 不都合な真実、不快な謝罪、敗者に求められる態度 日本はどこに行きたいのか »

2014年2月14日 (金)

内閣府の藪蛇(ヤブヘビ)は、毒蛇。

飯山一郎

2014/02/14(金)2 

 

死んだのは30才の内閣府職員ではない
50才近い 内閣(内の謀略機関)の人間

30才

「韓国からゴムボートで日本へ潜入って ランボーかよ」
「それをいうなら シンボーかよ 」 とは面白いギャグだが、現実は、面黒いデッチアゲ情報ばかり…ww つーか、かなり苦しい事情があるんだろ。

 

「北九州市沖で内閣府の男性職員(30)が遺体で発見されていた」(2014年2月21日号『週刊ポスト』)などと、内閣府広報マンの青山繁晴氏やメディアは、巨額な外交利権にまつわる政治事件を30才の青年の個人的なトラブルに矮小化し、強引に収束させようとしている…。

しかし! 問題の内閣府の男性職員(30)はミネソタで生きている。
韓国にも行ってないし、ゴムボートにも乗ってない。愛人は不明www

つまり! マスクをかけてゴムボート買ったり、別名で別のホテルに荷物あずけたり、釜山から股ソウルへ舞い戻ったりして、目くらましの「足取りづくり」をヤッていた人物の「別名」ってのが、じつは「本名」って、韓国のホテルでパスポート見せてるし…ww

「パスポートを紛失した!」って、“韓国の交番”にワザとらしく駆け込んだのも「別名」のシトだ、と。

ま、内閣府も、青山センセも、知的劣化鼠~か、説得力や判断力が甘利大臣クラスだ罠~ww

「内閣府職員死亡、“真相は闇”」と甘利大臣は語ったが…、
”じゃないでしょ! スケスケ・ミエミエの“”でしょ!(爆)
ヘビが にょろにょろ たくさん出てきてるし…

ほっぺにキズがある闇の毒蛇 に気ぃつけるん蛇象!

« 東電の電力需要、この冬最大 暖房使用の増加で | トップページ | 不都合な真実、不快な謝罪、敗者に求められる態度 日本はどこに行きたいのか »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/59130373

この記事へのトラックバック一覧です: 内閣府の藪蛇(ヤブヘビ)は、毒蛇。:

« 東電の電力需要、この冬最大 暖房使用の増加で | トップページ | 不都合な真実、不快な謝罪、敗者に求められる態度 日本はどこに行きたいのか »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ