« 第1原発3号機建屋で漏水確認 冷却水の一部か | トップページ | 耄碌石原の妄言を正論と勘違い報道するメディア 連合東京は東電の御用組合を白状 »

2014年1月19日 (日)

本稿:気の弱い放射脳は読むな!

飯山一郎

2014/01/19(日)  

 

最悪事態を想定して対処法を準備する.これが王道.

ウクライナ保健省の予想が当たるとは限らない.もっと悪い事態になる可能性もある.
いずれにせよ,最悪事態を想定するときの参考にはなる.


大爆発した東電福島の4基の原発は,一部が覆われただけで,何の対策も講じられてはいない.しかも,今なお連日連夜,濃厚なプルーム(放射能雲)を噴き上げ,海には濃密な汚染水がダダ漏れ状態である.

この最悪事態を隠すための東京オリンピックなのだが,いずれにせよ,日本国は狂っているし,滅亡していく…. これが正常な判断なのだ.

最悪事態が予想されるときに,「大丈夫!核廃棄物など恐ろしくない.人体に危険でもない!」 副島隆彦)などと安心論をブツのは愚者の現実逃避である.

危機が迫ると,愚かなダチョウは穴に頭を突っ込んで見ないようにするが,アレである.

ともかく日本国は,今後さらに最悪の状態になる!

どれほどソレが最悪なのか? こういう想定もある.

10年後の日本は,医師も看護師も国会議員も下級官僚も原発の管理技術者も,誰もかれも…,国中が病人だらけになる.ウクライナ保健省の予想どおりになる.

そうなると50基もある原発の管理が行き届かず…,何基かの原発は軽い事故か大地震によってメルトダウンを起こす….こんな事態になってしまう可能性は大きいし…,その時,日本列島は完全に終りになる.

上のような最悪事態を想定して対処法を考え,凛!と覚悟して準備を怠らない! これが王道なのであるが…,みんな!この王道を平常心で生きていけるかな?

鷲は,生きていける!生き抜いていける!生き残れる!
こういう自信をもって,鷲は,いま,毎日を生きている.

鷲の心身には,地震に負けぬ自信が,フツフツと燃えている!

« 第1原発3号機建屋で漏水確認 冷却水の一部か | トップページ | 耄碌石原の妄言を正論と勘違い報道するメディア 連合東京は東電の御用組合を白状 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/58971999

この記事へのトラックバック一覧です: 本稿:気の弱い放射脳は読むな!:

« 第1原発3号機建屋で漏水確認 冷却水の一部か | トップページ | 耄碌石原の妄言を正論と勘違い報道するメディア 連合東京は東電の御用組合を白状 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ