« いくぶん懐疑傾向のある植草氏だが 最高のエコノミスト、且つ真実に純粋 | トップページ | 「社会保障見直し工程法案 強行採決」。出ましたね、自民党の伝家の宝刀。ひょっとすると、来週にも特定秘密保護法案で同じ刀が抜かれますよ。 »

2013年11月16日 (土)

宗像市に行き “古神道の森”の空気を吸った。

飯山一郎

 

大海人皇子(天武天皇)の日本上陸地は、宗像(むなかた)大社

宗像大社の「高宮祭場」。宗像三女神の降臨地と伝えられている。沖ノ島と並び我が国の祈りの原形を今に伝える全国でも数少ない古代祭場が、清浄な森の中で今も息づいている…。

 

天武天皇と済州島の関係は深い。
このことは日本書紀にハッキリと記されている。(解説)

大海人皇子は、胸形(宗像)君から娘の尼子娘(あまこのいらつめ)を妻に差し出され、生まれたのが長子の高市皇子、と記紀には書いてある。

とにかく天武天皇と宗像、日向(百済の里)、西都原(古墳群)、志布志の関係は(異常なほど)深いのである。

上のリンクをクリックして各記事を読むと、日本建国の前史がスッキリと見えてくるはずである。

鷲は本年の元旦、日向(百済の里)を訪ね、西都原古墳群に行き…、そして昨日は宗像大社に参拝して、日本建国の秘密を全て見透かした! という信念を深めることができた。

天武天皇が建国した日本という国は、宗像市から始まっている!と。

宗像大社の「高宮祭場」という依代(よりしろ、神人が降臨する聖地)は、空気が凛!と澄みきっていた。

そこには、沢山の精霊たちが今も密やかに棲んでいる。

その空気を、鷲は、何度も何回も深呼吸をして吸い込んだ。

そして真剣に祈った。

日本よ 永遠なれ! と。

« いくぶん懐疑傾向のある植草氏だが 最高のエコノミスト、且つ真実に純粋 | トップページ | 「社会保障見直し工程法案 強行採決」。出ましたね、自民党の伝家の宝刀。ひょっとすると、来週にも特定秘密保護法案で同じ刀が抜かれますよ。 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/58584510

この記事へのトラックバック一覧です: 宗像市に行き “古神道の森”の空気を吸った。:

« いくぶん懐疑傾向のある植草氏だが 最高のエコノミスト、且つ真実に純粋 | トップページ | 「社会保障見直し工程法案 強行採決」。出ましたね、自民党の伝家の宝刀。ひょっとすると、来週にも特定秘密保護法案で同じ刀が抜かれますよ。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ