« 「原発重大事故に備え、被曝医療の拠点病院」って、再稼働するから被曝を覚悟しろ、ということかい | トップページ | <記念版・初質疑>「被ばくによる健康被害・食品の安全基準・収束作業員の労働環境・特定秘密保護法」山本太郎議員 参議員内閣委員会11/5(すべて文字起こし) »

2013年11月 6日 (水)

植民地以下の「属領」だったヌッポン

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st11061

2013/11/06(水)  植民地以下の「属領」だったヌッポン

 

評判上々! 『文殊菩薩』は只のコピペサイトではない

『文殊菩薩』

てげてげ』『文殊菩薩』『里子のブログ』は飯山一郎の情報発信基地だ。連日、老骨にムチ打って!つーほどでもないが 気張って情報を発信している。基本は「イカレない精神」 「マスコミの常識を疑う」 「人生楽しく!」。「イカレない精神」とは、何かの思想に囚(とら)われず、思い込まない!ということ。この精神でいきます。ご愛読、ご笑読のほど。

 

きょうの東京新聞に、日本人としては実に忌々しい(いまいましい)記事が載っている。

日本国内に米軍機が住宅地に墜落しても日本側は手も足も出せない!という記事だ。 (記事)

その法的根拠は「日米地位協定」。
早い話、日本は米国の「植民地」どころか「属領」というコトなのだ。

米国から見れば、我々は「属領」の土着民なのだ。
この現実を忘れて、日本人同士が愚かな議論をして反目しあうことは、(米国から見れば)属領内における土着民の対立でしかない。この対立は「分割統治」の助けになるだけ。

ま、喧嘩するにしても、バカバカしい争いになることは避けるべぇ!と、おもう昨今。

« 「原発重大事故に備え、被曝医療の拠点病院」って、再稼働するから被曝を覚悟しろ、ということかい | トップページ | <記念版・初質疑>「被ばくによる健康被害・食品の安全基準・収束作業員の労働環境・特定秘密保護法」山本太郎議員 参議員内閣委員会11/5(すべて文字起こし) »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/58525417

この記事へのトラックバック一覧です: 植民地以下の「属領」だったヌッポン:

« 「原発重大事故に備え、被曝医療の拠点病院」って、再稼働するから被曝を覚悟しろ、ということかい | トップページ | <記念版・初質疑>「被ばくによる健康被害・食品の安全基準・収束作業員の労働環境・特定秘密保護法」山本太郎議員 参議員内閣委員会11/5(すべて文字起こし) »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ