« 原発事故に備え大規模避難訓練 | トップページ | 福島第1原発1号機 燃料震災前破損70体 全体の4分の1 »

2013年11月16日 (土)

百済国から宗像海人族が運んだ莫大な金銀財宝

飯山一郎

 

秋の行楽シーズン。九州は観光客でごった返している。
鷲は人混みのなかを彷徨き(うろつき)ながら、宗像大社で閃いた日本国の「建国史」の “謎解き” で夢中だ。

世界のなかで、建国の歴史がハッキリしていないのは日本だけ。
「建国記念日」なんてのは、神話のなかのそのまた神話で学問的な根拠はゼロ。だっから、ますます建国の歴史が曖昧模糊(あいまいもこ)になってしまって…、誰も敬意を払わない。

「日本は、満州の覇者・百済の後継国家である!」という今は通説になってきた史観を、鷲や山形明郷はブッてきたわけだが、問題は…、
「如何なる経緯で百済国が日本国になったのか?」ということだ。

その「秘史」が今回の宗像大社を参拝することで一層明らかになった。

宗像(胸形)君の娘と大海人皇子が婚姻したことは記紀に書いてある (日本書紀の記事) が、この婚姻には次のような背景がある。

(まだ歴史書に書いてないことを書く…)

はるか遠く満州の地にあった百済国の王族・貴族と平民の大半を、宗像という海人族の船団が済州島経由で九州まで運んできたこと。

もうひとつ“重大な秘密”がある。
それは、「百済国の国宝・秘宝・金銀財宝」を宗像族が預かって保管したことだ! どこに保管したか?

百済国が宗像族に預けた莫大な金銀財宝・秘宝は、一体全体どこに隠されたのか?
こんな重大なことは(鷲としても)そーそー簡単には言えない!

だっから、諸君、きょうのところは…、
「日本は、百済国の後継国家である!」ということを天皇陛下が言われると、どんな表現になるのか?その動画をユーチューブにアップしたので、ソレを見ながら色々と想像をめぐらして、待ってて猪ー大寝!

 

« 原発事故に備え大規模避難訓練 | トップページ | 福島第1原発1号機 燃料震災前破損70体 全体の4分の1 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/58587813

この記事へのトラックバック一覧です: 百済国から宗像海人族が運んだ莫大な金銀財宝:

« 原発事故に備え大規模避難訓練 | トップページ | 福島第1原発1号機 燃料震災前破損70体 全体の4分の1 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ