« 国のトップが堂々と嘘を言っても許される国である。日本のどこかに正義があってほしいものだ。 | トップページ | 現場作業員が告白「汚染水1年半前から漏れていた」「コントロールできてない」「マスコミへの口封じ」 »

2013年10月12日 (土)

叱って諫める親心、てか。

飯山一郎

Photo_3

Photo_4


http://grnba.com/iiyama/index.html#st10121

2013/10/12(土)  叱って諫める親心、てか。

 

鷲と文殊菩薩の編集長の「仲違い」を心配しているヒトが多い。
「仲違い」ではなく、兄貴分である鷲が弟を諌めている構図だ。
鷲としては、親が子を叱りとばす気分でいる。(爆)

「忠臣、三度諌めて殿を斬る!」 という物言いがある。
乱心の殿を忠臣が諫める。三度まで諌める。それでも殿様の御乱心が直らなかったら、斬る!直後、臣も切腹。

この命(=死)を懸けた激しさは、いったい、なぜなのか?
藩(=国)を守るためである。藩中で生きる全ての民のためである。

国を守るということの本質を、忠臣は、わきまえていた。
国家というものは、外敵によって滅ぼされるのではない。
指導者の失政、暴政、錯覚、腐敗等々、国は内部から滅ぶ!と。

いまの日本は、国家内部の暴政と腐敗で滅亡した国家の典型だ。
「滅亡した」と過去形で書いた。日本国が今も健在だと錯覚している馬には念仏としか聞こえんだろが、この認識がない個人も滅びる。

おっと、件の編集長だが、まだ「オカルト病」は治っていない。
【飯山一郎のコメント】という文章を何度も書いて諄々と諌めてきたのだが、今だ鷲の文章の真意が読み取れない精神状態。

「日本を救うためにハマッキー宇宙船団が台風24号を鎮めてくれた!」 などという幻想を本気で信じて(信じるのは個人の自由だが)、それをブログに書きまくるビョーキは、全治まで2ヶ月といったところか?(爆)

今回は、「殿、三度諌めて臣を斬る!」 という構図。
だが、殿が愚臣を斬るのは当然なので、殿の切腹はない。(大爆)

« 国のトップが堂々と嘘を言っても許される国である。日本のどこかに正義があってほしいものだ。 | トップページ | 現場作業員が告白「汚染水1年半前から漏れていた」「コントロールできてない」「マスコミへの口封じ」 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/58367239

この記事へのトラックバック一覧です: 叱って諫める親心、てか。:

« 国のトップが堂々と嘘を言っても許される国である。日本のどこかに正義があってほしいものだ。 | トップページ | 現場作業員が告白「汚染水1年半前から漏れていた」「コントロールできてない」「マスコミへの口封じ」 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ