« 2013年9月 | トップページ | 2013年11月 »

2013年10月

2013年10月31日 (木)

山本太郎議員、「皇室政治利用」で処分も

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_11


山本太郎議員、「皇室政治利用」で処分も

山本太郎参院議員が秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡したことに関し、政界からは31日、皇室の政治利用に相当するなどとして、山本議員への批判が相次いだ。山本議員の処分を求める声も上がっており、参院議院運営委員会は11月1日午前に理事会を開き、対応を協議する。

山 本議員の行動について、自民党の脇雅史参院幹事長は取材に対し「国会議員としてあるまじき行為で、相当の処分が必要だ」と強調。同党国対幹部も「絶対に やってはいけないことだ」と憤りを隠さなかった。公明党の石井啓一政調会長は衆院議員会館で記者団に「皇室の政治利用になりかねない問題だ」と指摘した。

参院事務局によると、国会外での議員の言動を理由に懲罰動議が提出された例はないが、参院規則は「議院の体面を汚し」た場合も処分の対象としている。山本氏の問題を取り上げる議運理事会では、厳しい対応を求める意見が出る可能性がある。 

山本議員と天皇

[時事通信社]
http://jp.wsj.com/article/JJ12258022758766324760117705535203900918870.html?mod=wsj_share_tweet
=============================================







山本太郎議員、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡し

山本太郎議員、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡し 

http://www.youtube.com/watch?v=HyJnFvqm41Q

-----------------------------------------------------------------

田中龍作ジャーナル

山本太郎議員、天皇陛下に「子供と労働者を被ばくからお守りください」
2013年10月31日 16:44

  山本太郎事務所によると山本議員が天皇陛下に手渡した手紙の内容は「子供と労働者を被ばくから救って下さるよう、お手をお貸し下さい」。 まさしく平成の田中正造である。

------------------------------------------------------------------

 

 山本太郎参院議員は31日に行われた秋の園遊会で天皇陛下に手紙を渡したことについて、同日記者会見し、「原発労働者などの現状を陛下に伝えたかった」と述べた。 

------------------------------------------------------------------------

山本太郎さん、国民を代表して天皇陛下にお手紙を渡して下さってありがとうございます。

みんな楽しくHappyがいい♪ 

続きを読む "山本太郎議員、秋の園遊会で天皇陛下に手紙を手渡し" »

米国市民は『コレ』でシリア侵攻を止めた!日本市民は『コレ』で特別秘密トンデモ保全法を止めよう!

ウィンザー通信

Photo_9

米国市民は『コレ』でシリア侵攻を止めた!日本市民は『コレ』で特別秘密トンデモ保全法を止めよう!
2013年10月30日

 



『特定秘密保護法案』

この法案のこと、まだ知らん人がけっこういてはるって聞いたけど、ほんまやろか?
もしほんまなら、新聞もテレビも、今だにきちっと伝えてへんっちゅうことやね。
こんな法律が成立したら、一番困るはずの報道機関が、なんで大騒ぎして、市民に知らせへんのやろ?

なぁ~るほど!
もう日本の報道機関っちゅうのは、国の手先になってるとこが多いから、この法律が成立した方がええんやね。
そうしたらもう、今までみたいに、マスゴミとか言うて責められることもないし、
これからもガンガン、政府や財閥が隠して欲しいことは隠し、伝えて欲しいことだけ伝えたら、会社も社員も安泰やしね。

けど……この法案で一番取り締まられる立場の公務員である議員まで、なんかシーンとしてるのはなんでなんやろか?
まさか、一般の市民みたいに、知らん……なんてことはないよな。
法律決める側に居て、そういうこと一切学んでへんかったりする……わけないよな。
長い長い夏休みの間、まるっきり遊んでた……わけないよな。
当選さえしたらあとは野となれ山となれ、なにしてても、なんもしてんでも、税金で食わせてもらうも~ん♪とか思てる……わけないよな。


ここからは、あの原発事故の後、なんか変やぞ……ええんかいな……と思い始めてるあなたに話します。

続きを読む "米国市民は『コレ』でシリア侵攻を止めた!日本市民は『コレ』で特別秘密トンデモ保全法を止めよう!" »

試験操業シラスの放射能サンプル検査時のバックグラウンドにヨウ素131

みんな楽しくHappyがいい♪

Photo_8

試験操業シラスの放射能サンプル検査時のバックグラウンドにヨウ素131

福島市の市場で恒例「市場まつり」 マグロの解体ショーも
FNNローカル 2013/10/27


福島市の市場で、恒例の「市場まつり」が開かれ、多くの買い物客でにぎわった。
2013年で30回目となる「わくわく市場まつり」では、旬の野菜や魚介類が、通常の­店頭価格よりも、2割から3割ほど安く販売された。
買い物客は「いくら買ったかな。結構、買ってるんじゃないかな。箱1つ買ったから」と­話した。
マグロの解体ショーも行われ、多くの人が、さばきたてのマグロを買い求めていた。
また、一般の買物客が、競りで商品を購入するイベントも行われ、会場は盛り上がった。
競りで商品を購入した人は「失敗して、『1,000円』と言ってしまった。(別の商品­を購入できて)良かったです」と話した。
福島水産取締役の東 功史さんは「福島のものが、量が少ないんですよ。水揚げが増えてくれたらと思います」­と話した。
27日は、試験操業で水揚げされた、福島県沖のシラスやコウナゴなども販売され、人気­を集めていた。



ーーー

このニュースを見た時、一番気になったのが最後の
試験操業で水揚げされた、福島県沖のシラスやコウナゴなども販売した」というところ。
試験操業の魚も市場に出ているんだということを改めて自覚しちゃったので、
試験操業のシラスやコウナゴの放射性物質の検査がどのようにされているのか、とても気になり、
検査結果を探してみました。


ーーー

続きを読む "試験操業シラスの放射能サンプル検査時のバックグラウンドにヨウ素131" »

柏市 小学女子の甲状腺に「小さな袋状のもの」

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_6


柏市 小学女子の甲状腺に「小さな袋状のもの」

けさ(10月31日)朝日新聞の千葉地域版「柏の課題・放射能」の片隅で、とても気になる一文を見つけた。

それは小学生の娘の「甲状腺に小さな袋状のものが見つかった」というもの。

「子ども」「甲状腺異常」とあれば、たちまち核分裂生成物「ヨウ素」が原因と想起する。

そう、これは福島原発事故による学習効果だ。

ヨウ素を取り込み蓄積するという機能がある甲状腺は、ヨウ素が取り込まれると甲状腺ホルモンとなって放射能を放出しつづけ、甲状腺がんを引き起こす、という……。

チェルノブイリ原発事故で住民に甲状腺がんが多発したこと、さらに胎児や乳幼児、若年層は細胞分裂が活発なことなどから、成人よりも放射線の影響を受けやすいことも、ぼくたちは嫌というほど学んだ。

そして、「甲状腺の小さな袋状」は、放射線による晩発性障害の「拡大の始まり」かもしれない、ということも。

原発事故後、わが家(柏市内)の近くの通学路を、それ以前とまったくかわらず、マスク一つせず、多くの小さな子どもたちが「ふつうに」歩いていた。

公園では、幼児が砂場で無邪気に遊び、小学生低学年が遠足で公園の芝生の上で弁当をひろげていた。

――そんな光景を思い出す。

さて、この小学生の娘の母親は、事故直後の初期被曝を心配してエコー検査を受けさせた結果、「甲状腺に小さな袋状」が見つかったのだが、ほとんどの子どもたちはエコー検査を受けていないのが現状だ。

柏市はエコー検査を助成せず、健康調査は国の責任でおこなうように求めている。

だが国は、福島県外の住民の健康管理を「有識者会議で検討」とするだけで、まったく放棄している。

この国は、子どもたちの健康がないがしろにし、身捨てたのだ。

柏市は、事故直後の対応は消極的だったが、市民の根強い働きかけがあって、それなりに積極的な放射能防護に乗り出す。

市内の幼稚園や学校の除染は12年度中に完了し、公園も大半が終わっている。

また食品に含まれる放射能測定も無料で実施し、ホールボディカウンターの内部被曝検査には、市が独自に助成金を出している。

だけど、なぜか、子どもの甲状腺検査は放棄されている。チェルノブイリで頻発している、というのに……。

(参考・引用資料『朝日新聞』第2千葉、2013年10月31日朝刊)

 

関東一円が放射性ヨウ素被ばく
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7226043.html

日本政府は3月12日以降のセシウム汚染状況を知っていた!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7180398.html

首都圏の人々は去年の3月15日にどれくらい被曝しましたか?
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6161921.html

福島県警、公害罪法の告発状受理 県警は政府におもねる検察との違いを見せられるか?

あいば達也

Photo_5


2013年10月31日

●福島県警、公害罪法の告発状受理 県警は政府におもねる検察との違いを見せられるか? 

 福島県警は、放射能汚染水を垂れ流す東京電力、及び同社幹部を公害犯罪処罰法違反容疑で市民が告発した告発状を受理した。拙コラム(10月7日付)、≪ 検察の逆襲!”もう反省はなし、殊勝な態度もヤメ、捏造不法違法なんでもやる” ≫
http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/08fc57b4c6294ccff32abe52ede22452
において語ったように、検察は政府や霞が関と一体であり、原発を推進しようと云う安倍自民政権に気兼ねせざるを得ず、到底、彼らが標榜する「法の正義」とはかけ離れた存在であることを書いた。現場検証も、証人尋問もせず、原発訴訟を一顧だもせずに、不起訴にする不埒な検察の振舞いを非難したのだが、僅かな希望の芽が生まれたようである。

 おそらく、福島県警であれば、福島出身、在住の警察官も多いことだろうから、東京地検特捜部長山上秀明のような公安筋の法解釈論者とは異なる観点から捜査に着手する可能性はある。あの原発訴訟に対する、呆気なく無味簡素で、人間性の欠片もないような捜査手段は、県民が直視するだけに、一定の範囲で捜査が行われるものと期待できる。勿論、県警の捜査には、警察庁の考えも影響はするだろうが、検察庁の政治性とは相当の開きがある。そうしないと、福島県警自体が、福島における、それ以外の犯罪捜査において、県民の協力を仰ぐ状況を不利にする。そう云う意味で、僅かであるが、福島県警の奮起に期待したい。

 今回の告訴に関しては、福島独自であり、起訴手続きのテクニックで、東京地検特捜の山上秀明が横槍を入れることは不可能だ。そもそも、福島地検は原発訴訟に多少前向きであった筈だが、政治的配慮で東京地検に邪魔された感情的シコリもあるので、県警の一定範囲の捜査を邪魔するような手段に出ることは難しい。県警は検察と異なり、日々県民と接する立場にあるわけで、検察のように、ケンモホロロに世論や県民感情を蔑にはし難いだろう。まぁ福島医大のような例もあるので、過大な期待は無理にしても、何らかのアピールはあるのではないかと推量する。以下に、この件に関する週刊金曜日の記事を引用しておく。

≪ 特捜チーム編成で、本腰捜査となるか――福島県警、告発状を正式受理

 福島第一原発から高濃度の放射能汚染水を垂れ流し続ける東京電力と同社幹部らを公害犯罪処罰法(公害罪法)違反容疑で市民が訴えていた告発状を、福島県警察本部が一〇月一一日、正式に受理した。

 同日に受理されたのは、福島第一原発事故の刑事責任を問い続ける「福島原発告訴団」の武藤類子団長ら三人が、九月三日に刑事告発していたものだ。 汚染水対策の責任は東京電力に課せられているが、東電は汚染水管理のために必要な注意義務を怠り、汚染水タンクから高濃度の放射能汚染水を漏洩させる一 方、地下水や海洋にまで汚染を拡大させていた。

続きを読む "福島県警、公害罪法の告発状受理 県警は政府におもねる検察との違いを見せられるか?" »

秘密保護法案、日本版NSCにかこつけて、どうやら諜報機関(日本版CIA)の新設まで語られ始めてるようだ。

くろねこの短語

Photo_4

2013年10月31日 (木)
秘密保護法案、日本版NSCにかこつけて、どうやら諜報機関(日本版CIA)の新設まで語られ始めてるようだ

 「外交・安全保障に関する首相官邸の司令塔機能の強化」というのが日本版NSCの目的だってんだが、つまりはレレレのシンゾーのための戦争シミュレーションゲームみたいなもんなんじゃないかと思う今日この頃。

 そのための関連法案の質疑が衆議院国家安全保障特別委員会で続けられているが、東京新聞によればどうやらCIAみたいな諜報機関の必要性まで語られてるようですね。日本維新の会の議員からは、「特待秘密保護法が成立するこの機会に、国家的な情報機関が必要だ」なんて意見が飛び出したらしい。おいおい、「特定秘密保護法が成立するこの機会に」って、まだ国会審議もしてないってのに、こやつは何言ってんだろうね。ま、野党にしてこういう輩がいるわけだから、成立しちゃう確率はかなり高いのは間違いないところなんだが、こうもヌケヌケとのたまわれちゃうと、そうは行くかい、ってなるのが人情というもの。

 特定秘密保護法案の危険性ってのは、これをテコにして戦前の治安維持法を復活させようという動きが出てくることなんだね。というか、おそらくそれを想定しているんだと思う。CIAみたいな諜報機関なんて話がでてくるのもその延長線上のことで、そのうち特高警察みたいな発想も平然と語られるようになりますよ。

 昨日のエントリーで書いた婚外子の相続問題だって、最高裁の判決に「家族制度」だの「婚姻制度」だのを持ち出してイチャモンつけてるくらいで、自民党の議員が司法の裁定に口出しするようになってきたってのは、かなり危険な兆候と言わざるを得ない。

 つむじが右に曲った西田センセイなんか、昨日の参議院政策審議会で、「最高裁はわれわれの常識とは違うが、現行憲法を結びつけると今回の決定になる。現行憲法が間違っている」てなトンチンカン発言してるほどだ。思想は自由だが、その前に憲法遵守義務があるってことをすっかり忘れちゃってるようですね。

婚外子、民法改正に異論続出 自民、司法判断軽視

 こういう舐めた議員がどんどん増長していく様を、先の戦争でなくなった兵士たちは、どんな思いで草葉の陰から見つめていることだろう。

「小児がん対策」強化 震災、原発事故踏まえ県

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_3


「小児がん対策」強化 震災、原発事故踏まえ県

県は29日、初めてつくる県がん対策推進条例の素案を明らかにした。東日本大震災と東京電力福島第1原発事故後の状況を踏まえ、甲状腺がんなどの小児がん対策や県外避難者のがん検診の受診支援などの根拠とし、全県を挙げたがん対策を強化する方針を示した。

がん予防と早期発見、治療に向けて、県民や県、市町村、医療関係者らの役割も明記する。県は来年の2月定例県議会に条例案を提出、4月1日施行を目指す。

素案は、福島市で開いた県がん対策推進協議会で示した。がん予防と早期発見、医療充実、患者への支援、教育・普及啓発の4項目が柱となる。県が取り組む各種施策に条文を対応させ、がん対策を体系化する。

がん対策推進条例

福島民友新聞 10月30日(水)10時48分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131030-00010001-minyu-l07
=========================================

どうせ,「強化」されるのは情報隠蔽の徹底と被曝の影響の否定でしょう。

つまり,情報の『完全なブロック』。


暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~

Photo


http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/81b7cbd46138fd014703cb393411c446

北海道電力・泊原発再稼動の年内容認が明らかに ~危惧される「原発再稼動」の加速~
2013年10月31日

 




北海道電力・泊原発の再稼動が年内にも容認される可能性が高いことが明らかとなった。

まだ「地元同意」といった問題があるが、北海道知事の高橋はるみが 北電とズブズブの関係にあり、電力会社幹部からの政治献金は勿論のこと、同知事の資金管理団体「萌春会」の会長が北電の南山英雄元会長というのであるか ら、「地元同意」が容易に取り付けられることは自明であろう。

さて、現在運転停止中の国内原発の再稼動問題については、 以前のエントリーにてコメントしてきたとおり、世界の原子力政策を牛耳る米仏の原発推進勢力の間では、今年3月の時点で既に「今年中での日本国内の原発再 稼動」が”規定路線””決定事項”となっていたというのがその実情である。

そのことは、今年3月の時点で仏アレバ社より「2013年に日本国 内の6基の原子炉を再稼動させる」との発言がなされるや否や、政府・官僚・電力各社が足並みを揃えて柏崎刈羽・泊・高浜・伊方・川内・玄海の計6基の「原 発再稼動」に向けた動きを具体化させていることからも明らかであろう。

さらに同4月には、仏アレバ社より高浜3号機向けのMOX燃料を乗せた貨物船が仏を出港(既に到着済)したという事実をみれば、これが”規定路線”であることは自明であろう。

即ち、”傀儡”政権たる安倍晋三以下閣僚連中や原発利権ムラの面々は、世界の原発推進勢力より”絶対服従”とされた指令を受け、死に物狂いで「原発再稼動」に邁進しているのである。

安倍晋三に至っては、持病持ちにも拘らず長時間のフライトを重ね、自らトルコをはじめとする新興国に対して原発のトップセールスまでさせられる始末である。

このような背景を考えれば、今回、泊原発の再稼働が年内にも見通しが立つとの報は特に驚くべき話ではなく、ある意味、”予定調和”と言ってよい話であろう。

否、現時点で漸く目処が立ったのが泊原発のみということは、むしろ当初予定よりも「遅れ気味」ということなのやも知れない。

よって、今後予想されることは、再稼動の第1陣とされている残る5基の早期での「再稼動容認」であり、”命の恫喝”を受けているに違いない安倍政権と原発ムラによる更なる原発再稼動の加速であろう。

特に今回の泊原発や、伊方原発、玄海原発、川内原発の4つについては、火山活動が活発であり、過去に超巨大噴火の影響を受け、火砕流が到達した場所に建っているとの指摘もなされているが、そんなことは全くお構いなしにである。

本日、政府がフクシマ原発周辺住民の「全員帰還」を断念 し、困難区域の住民に移住を促すとの方針が明らかとなったが、ひとたび重大な原発事故が起きれば、かくも重篤な事態となることを認識しながら尚も「原発再 稼動」に邁進するニッポンの姿は、海外の目には一体どのように映っているのであろうか?

”右傾化”が強く指摘される現政権の政治姿勢と併せてみれば、まさに「クレイジー(crazy)」であり、第2次大戦下の「カミカゼ精神」を想起させるであろうことは想像に難くない話であろう。

しかしながら、当の本人であるはずの日本国民のうち、一体どれぐらいの割合の国民が自国が「狂乱国家」同然と化していることに気づいているであろうか?

「原発政策」のみならず、「TPP参加」「消費増税」「特定秘密保護法案」のいずれにおいても、多くの国民の反応は”条件反射”こそすれど、自身の頭で熟慮することなく、重度の「思考停止」状態に陥っていると言わざるを得ないであろう。

芸能人の不用意な発言や、個人や民間企業の単純な問題行動に対して は”炎上”する程に過剰に反応する一方で、ちょっとした思料を要する問題にはほとんど無反応という状況が日常的に散見されるのをみるにつけ、「日本国民 の”民度”の低下」を感じざるを得ないというのが率直な思いである。

無論、国民を非難したいのではなく、国家権力による教育・メディア等を通じた国民の「愚民化政策」が如何に功を奏しているかを改めて実感している次第である。

随分と話題が逸れてしまったが、兎にも角にも北海道電力・泊原発の再稼動を機に、今後、その他の国内原発の再稼動が加速化されるであろうことをよくよく注視することが肝要であろう。


(転載開始)

続きを読む "暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ " »

人間に最も多く災禍をもたらすものは、人間である。凶悪な人間は人相も凶悪だ。交番にある手配書の極悪犯人は全員が悪相で凶相だ。とにかく悪相の人間には注意したほうがいい。

文殊菩薩

人間に最も多く災禍をもたらすものは、人間である。凶悪な人間は人相も凶悪だ。交番にある手配書の極悪犯人は全員が悪相で凶相だ。とにかく悪相の人間には注意したほうがいい。

『飯山一郎の人相学入門』
害人顔 悪人顔は 害悪をなす
厳 重 注 意 !
↓   ↓   ↓   ↓
Wf

Wf4


Wf2


Wf3



常識を超えた最先端の科学者が、ここに初顔合わせ!
ワールドフォーラム11月・日本再生!シンポジウム
『新しい科学文明の地平線を越えて』
大盛況のうちに終了いたしました。ありがとうございました。

あ~、ほんと、笑っちゃいました。
しっかし、ま~ま~よくぞ悪人顔の悪相男たちがそろったもんだ罠~(爆)
狡猾(こうかつ)そのもの!という詐欺師顔の狡相も出てる…。凶相も。
悪相、狡相、凶相。三拍子そろっちゃってるのでーー、
みんな偉い先生様なんだろーがー、ま、気をつけたほーがEー鴨夜!
(あれ? なんか『てげてげ』の文体だ…www)

『飯山一郎の人相学入門』の各論は下の文章を読んで下さい。
あ、上の「爬虫類顔」のマッケイン上院議員の件。
これは、爬虫類顔の人相は良くない!と書いただけで、マッケインが「レプティリアン(爬虫類人)」だなんてことは言ってない。

つーか、オバマを応援するために、私は動画まで編集してアメリカの友人に送ったワケ。
ま、私なりの政治工作をしたワケだ。正当な方策じゃななかったけど…。

「レプティリアンの実在」なんてコトを信じているのは…、
ま、思い込みの激しい「レプティリアン(爬虫類人)」だべな!(爆)

ホテルの食材産地偽装をこれほど問題にするなら、放射能汚染の疑いのある食品の産地偽装もそれ以上の問題になるべきではないのですか。

村野瀬玲奈の秘書課広報室

ホテルの食材産地偽装をこれほど問題にするなら、放射能汚染の疑いのある食品の産地偽装もそれ以上の問題になるべきではないのですか。

ホテルの食材産地偽装をこれほど問題にするなら、放射能汚染の疑いのある食品の産地偽装もそれ以上の問題になるべきではないかと思いました。

    ●毎日jp(毎日新聞)
    阪急阪神ホテルズ:メニュー偽装認める 社長が辞任表明
    http://mainichi.jp/select/news/20131029k0000m040118000c.html
    毎日新聞 2013年10月28日 21時30分(最終更新 10月28日 21時58分)

     阪急阪神ホテルズ(大阪市)が運営するレストランなどでメニュー表示と異なる食材を使用していた問題で、出崎(でさき)弘社長は28日、記者会見を開き、メニューの一部が事実上の偽装だったことを認め、来月1日付で引責辞任すると表明した。出崎社長はこれまで「偽装ではなく誤表示」と主張していたが、「単に表示を誤ったとのレベルを超えており、客にとっては偽装と受け止められても仕方がない」と謝罪。メニュー偽装問題は発覚から1週間でトップ辞任に発展した。

     同社は25日以降、表示と異なる食材を使用した47品のうち、6品について再調査。出崎社長が従業員ら22人に聴取した結果、▽既製品を使用していた「手作りチョコソース」は、既製のチョコレートリキュールとコーヒークリームを混ぜる手間に着目し、「手作り」と表示した▽中国産と日本産をブレンドしていた「天ざるそば(信州)」は、メニュー採用時に取り寄せたサンプル品に信州にちなむ地名があり、信州と表示した−−などの経緯が判明。出崎社長は「客を欺く意図を持って不当な利益を上げようとはしていないが、客にその理屈は通らない。信頼していただいた客への裏切りにほかならない」と話した。

     出崎社長が会見を開くのは問題発覚後2回目。当初は「だます意図はなかった」として「誤表示」と主張していたが、消費者などから批判が続出していた。出崎社長は「阪急阪神ブランドへの信頼を失墜させた」として社長とともに、親会社の阪急阪神ホールディングスの取締役も辞任する。後任の社長は29日の臨時取締役会で決める。【石戸諭、田所柳子、古屋敷尚子】

(転載ここまで)

これで社長が辞任なら、当然福島第一原発事故や放射性物質汚染の責任が少しでもあると考えられる者たち、つまり、東京電力の当時の取締役全員、自民党議員全員、政府の原発関連、放射能汚染措置関連の人々など軒並み辞任もの、財界引退もの、政界引退ものでしょう。

 

ひとつ例をとるなら、安倍首相の「汚染水ブロック発言」の嘘と、この阪急阪神ホテルズの社長の発言のどちらが悪質か、普通に判断すれば安倍発言の方が悪質ですよね。

「みのもんた氏に対する陰謀説」by・空き菅直人。 はあぁ~?原子力ムラがみのもんた失脚の陰謀を仕掛けたと空き菅はブログで書いてるんだけど…

晴 天 と ら 日 和

Photo_2


2013年10月30日21:26
「みのもんた氏に対する陰謀説」by・空き菅直人。 はあぁ~?原子力ムラがみのもんた失脚の陰謀を仕掛けたと空き菅はブログで書いてるんだけど…
 

 

s-20131017機密保護法案

  特別秘密保護法云々って言う政治だもの
  こういうことも隠されていくのでしょうね、。。

  

■NHK 10月30日 19時21分
冷戦下 米は日本の核保有に否定的
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131030/k10015686861000.html

東西冷戦の緊張が高まっていた昭和41年、日米両政府の高官が会談した際、アメリカ側が日本の核兵器の保有について、アメリカの核抑止力と重複することに なり不経済だなどとして、否定的な考えを伝えていたことが分かりました。外務省が30日公開した外交文書によりますと、昭和41年11月に、当時のニュー ヨーク総領事でのちに外務省の事務次官を務めた東郷文彦氏と、アメリカ国防総省で東アジアを担当していたステッドマン次官補代理がワシントンで非公式に会 談しました。

この中でステッドマン氏は、日本の核兵器の保有について「日本が独自の核戦力を持つことはもちろん可能であり、日本自身が決めるべき問題であるが、どんな に努力してみても米ソなどに比べて独立の抑止力と言えるだけの域には到底達せず、米国の核抑止力と重複して不経済なものとなるであろうことは明らかだ」と 述べています。

そのうえでステッドマン氏は「日本が核開発に大きな資源を振り向けるくらいなら、同額を対外援助に使用したほうが、安全保障の見地からもはるかに有効だ」と述べ、日本が核兵器を持つことに否定的な考えを伝えました。
ステッドマン氏の発言は東郷氏の質問に答えたもので、東郷氏の発言はこの文書には記されていません。

昭和41年当時は、ベトナム戦争のさなかの東西冷戦の緊張が高まっていた時期で、2年前には中国が核実験を行い、アジアで初めての核保有国になることが日 本にとって安全保障上の新たな脅威となっていました。当時の佐藤総理大臣は翌年の昭和42年に、「非核三原則」を宣言しましたが、これが定着するまでの 間、日本政府が核兵器保有の是非について検討を進めていたことを示す資料も見つかっています。

日米外交史が専門の日本大学の信夫隆司教授は「当時の日本にとっていちばん脅威だったのは、中国が核実験に成功したことであり、外務省の人たちも何らかの 形で対応しなければならないということを考えていたのではないか。経済力をつけた日本が核を持たないのかという疑問もあり、東郷氏は率直にその疑問をぶつ けてみたのではないかと思う」と話しています。

昭和41年は、ベトナム戦争のさなかで、東西冷戦の緊張が高まっていた時期でした。
アメリカ、ソ連、イギリス、フランスの4か国がすでに核兵器を保有していたほか、2年前には、中国が核実験を行い、アジアで初めての核保有国になることが、日本にとって安全保障上の新たな脅威となっていました。

一方、高度経済成長を続けていた日本はエネルギー需要をまかなうため、発電を目的とした原子力技術の開発を進め、ちょうどこの年に、国内で初めてとなる商 業用の原子力発電所が運転を始めました。また、昭和30年代から使用済み核燃料を再処理して、プルトニウムを再利用する「核燃料サイクル」を導入する計画 も進めていました。

プルトニウムは核兵器の原料に転用できるため、日本が核兵器を製造することも技術的には可能になると指摘されてきました。当時の佐藤総理大臣はこの翌年の 昭和42年に、核兵器を「持たず、作らず、持ち込ませず」という「非核三原則」を宣言しましたが、これが定着するまでの間、日本政府が核兵器保有の是非に ついて検討を進めていたことを示す資料も見つかっています。

続きを読む "「みのもんた氏に対する陰謀説」by・空き菅直人。 はあぁ~?原子力ムラがみのもんた失脚の陰謀を仕掛けたと空き菅はブログで書いてるんだけど…" »

2013年10月30日 (水)

「独りファシズム」と「独りファイティズム」

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10302

2013/10/30(水)2  「独りファシズム」と「独りファイティズム」

 

  
  
略奪者のロジック』の著者 響堂雪乃が衝撃的な発言をした。

日本は近々、必ず警察国家=弾圧国家になり、過酷な恐怖政治が蔓延する暗黒国家に急変していく!と確言したのだ。

 だから早めにネットへの書き込みなどは止めて、無知を偽装し、言語を慎み、沈黙に徹し、連帯を拒絶し、不信を貫き、大衆と同化し、地下に潜伏し、暗闇に息 を潜めて、生存・延命・健康という自己保身の一点だけにエネルギーを使う!これが今後は最も賢明な生き方だ、と響堂雪乃は書いたのだ。 (記事) 

然り!
この国は、間違いなく響堂雪乃の予測どおりになるだろう。
だから、諸君も響堂雪乃の言に従った生き方をすべきだ。
少なくとも覚悟だけは固めておくべきだろう。

しかし、鷲、飯山一郎だけは違う!
鷲は最後まで独りで闘う。 ファイト!独りファイティズムだ。
311の時に鷲は、きょうあることを覚悟し、ネット界では「たたかう老人」と名乗って生きてきた老人だ。だから命など惜しくない。老い先も短い。好きなコトばかりヤッて、充分に生きてきたから、牛ーいつ死んでもかまわん。
 

警察官憲あがりの平沢勝栄にヤラれたときも、原発の大本営=読売の別働隊だった木下黄太氏を攻撃したときも、みんなから「殺されるぞ!」と言われたが、「上等だ!」と答えた。このていどのフテブテしさをもった老人が、昔の日本にはゴマンといた。

特定秘密保護法などという弾圧法制を敷く支配権力は、末期症状なのだ。被支配者の反乱が恐ろしくてたまらんのだ。奴らには暴力を発動する強権発動しか牛ー策はない。絶対権力が絶対的に腐敗している。 死闘結構!ヤッてやろう蛇ないの。 老人の鷲には死ぬ自由がある。キミらにはないぞ!>若い衆

福島第1原発4号機から取り出した核燃料が落下したと想定し訓練

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_16


http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7386526.html

福島第1原発4号機から取り出した核燃料が落下したと想定し訓練

福島第1原発4号機の使用済み燃料プールから取り出した核燃料が、落下したことを想定した訓練が行われた。

訓練は、4号機の使用済み燃料プールからの燃料の取り出し中に、5階から核燃料が落下したという想定で行われた。

さらに、燃料が落下したことで、再臨界したときに発生する「キセノン」という気体が発生したと想定し、5km圏内の住人に、避難警報を出す訓練も行われた。

4号機では、早ければ11月8日にも、燃料の取り出しが始まる見通しで、11月1日からは、燃料を取り出すクレーンの稼働を確かめる、使用前検査が行われる予定。


unit4

FNN 動画あり (10/29 19:14 福島テレビ)
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00256816.html
=============================================

 

 

 

最後のツイートが根拠があるだけに怖すぎます。

訓練すること自体は評価できますが,東電の想定を見てみると,失敗した場合の事の重大さをちゃんと理解しているのかがいささか不安です。


「我々はもう同じ失敗は繰り返さないと思っている」←この期に及んでこんな無責任な事を言う経産省役人

ウィンザー通信 

Photo_15


http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/e8fb11477781a3c00a53e3993a60fc67

「我々はもう同じ失敗は繰り返さないと思っている」←この期に及んでこんな無責任な事を言う経産省役人
2013年10月29日

 

『暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~』ブログから、福島第一原発4号機の、燃料プール使用済み核燃料の取り出し作業についての記事を転載させてもらいます。

11/8より4号機燃料プールの使用済核燃料取り出し作業開始 
~万一の際の想定はゼロ~

2013年10月30日

世界中が注目している、福島第1原発4号機の燃料プール内に残置されている、使用済核燃料1533体の取り出し作業が、
11/8より、いよいよ開始される模様である。

「当初計画では、11月中旬の開始予定だったものを、少しでも前倒しして」と言うと聞こえはいいが、
残念ながら、以下の、福島テレビ記事でも指摘されているように、
万一、燃料が落ちた際、「落下した燃料をどうするのか?」「住民への周知方法はどうするのか?」等について、
何ら具体の方策が準備されていないという、お粗末極まりない状況
であるのが、その実情である。

以下、2つ目の福島テレビ記事にて、
4号機燃料プールからの使用済核燃料の取り出し中に、5階から地上に、核燃料が落下するという事故を想定した訓練の様子が、映し出されているが、
同動画より、この訓練のデタラメさ加減が、よくわかるであろう。

即ち、『再臨界』という重大な事態を想定していながら、
5km~30km圏内のモニタリングポストの空間線量を読み取り、5km圏内の住民に避難指示を出すだけ
という、実にお粗末な内容である。

その後の事故対応について、少なくとも同ニュースからは、一体誰が、どのように、その収束を図るのか等、
リアルな中身が一切欠落している、と言わざるを得ないであろう。

早い話、訓練を行なうこと自体が、その目的となっているということであり、
こんな緩い訓練では、実際に不測の事態となった際、マトモな対処がなされないことは明らかであろう。

そんな状況ゆえ、当然に、「テロが起きた際どうするのか?」についてや、
「取り出し作業中に、大地震・津波に襲われたらどうするのか?」といった、複合的事象が同時に起きる状況など、
まったく想定されていないことは、想像に難くないところである。

では、一体どうするつもりなのか?

それは、経済産業省・木野正登による、
我々は、もう同じ失敗は繰り返さないと思っているので、訓練を通じて、また対応・対策を強化していきたい」、
という言葉に凝縮されている、と言ってよいであろう。

即ち、経産省も、何ら具体的な対応策を持ち合わせておらず、
単なる”神頼み”状態にて、失敗すれば全世界に影響が及ぶであろう、重大な作業に臨もうとしている
のである。

とてもじゃないが、真剣な姿勢が感じられない ”おざなり” 訓練でお茶を濁し、
準備作業もたったの1週間という状態で、日本全土、否、北半球全体にまで影響が及ぶであろう「最重要課題」に臨もうという
のであるから、
これはもう、正気の沙汰ではない話である。

(11/1~、燃料を取り出すクレーン稼働の、使用前検査予定)

まさに「狂乱国家ニッポンここに極まれり」と言ってよいであろう。


(まうみ注・↓以下は、福島テレビの映像が載っているはずでしたが、すでに削除されてしまっていたので記述だけ)

◆福島第1原発4号機の燃料取り出しについて、斎藤記者の解説です。
10/29 21:01 福島テレビ

福島第1原発4号機では、11月8日にも、使用済み燃料プールからの燃料取り出しが行われます。

原発担当の、斎藤 真太郎記者の解説です。

Q:燃料が落下するという、最悪の事態も想定しなければならないのか?

これから燃料の取り出しという、世界でも例を見ない試みが行われますので、最悪の事態も想定しなければいけません。
そのためにも東京電力は、使用済み燃料プールから燃料を取り出す4号機で、
11月1日から、燃料を取り出すクレーンの稼働を確かめるための、使用前検査を行う予定です。
その作業と同時に、現場で事故を想定した訓練も、必要になってきます。

Q:まだまだ、不測の事態を想定しなければならないということか?

4号機の使用済み燃料プールには、1533体の燃料がありますし、
それを1つひとつ、1年という長い時間をかけて、取り出していくことになります。

しかし、万が一、燃料が落ちた際に、落下した燃料をどうするのか、また、テロが起きたときにどうするのか、
その対応や検討も進んでいませんし、住民への周知の方法もこれから
です。

汚染水問題1つとっても、対策が後手後手になっています。


◆福島第1原発4号機の燃料取り出しへ、事故を想定し初訓練
10/29 21:02 福島テレビ

福島第1原発4号機では、11月8日にも、使用済み燃料プールからの燃料取り出しが行われる。

燃料の取り出し中に事故が起きたら、どう対応するのか、
29日は、最悪の事態を想定した、初めての訓練が行われた。

政府の担当者は、「福島第1原子力発電所4号機の燃料取り扱い事故が発生」と話した。

訓練は、4号機の使用済み燃料プールからの燃料の取り出し中に、5階から地上に核燃料が落下した、という想定で行われた。

訓練では、燃料が落下したことで、再臨界したときに発生する「キセノン」という気体によって、5km圏内の住民に、避難指示が出される

担当者は、
屋内退避を実施している地域にある、モニタリングポストの値が上昇しており、
5kmから30km圏内の複数箇所で、40マイクロシーベルト(μSv)パーアワーを超えています
」と話した。

目前に迫った、使用済み燃料プールからの、燃料の取り出し作業。

福島第1原発では、トラブルが相次いでいるだけに、避難が続く住民からも、不安の声が聞かれる。

住民は、
「不安はあるよね。今までの状況から見たって、満足な汚染水処理だってできてない状態なのに、初めてのことだからね」
「(放射能が)漏れないようにしてほしい。安全にね」などと話した。

訓練で担当者は、
「事業者通報第4報を配布します。14時30分、海水消防車ポンプが故障し、海水炉心冷却の機能が喪失しました」と話した。

一方、29日の訓練では、外部電源の喪失とともに、原子炉に注水ができなくなり、制御不能になったことも想定された。

福島第1原発から5kmの場所にあるオフサイトセンターは、使用ができなくなっていて、
事故後に放置された福島市で、国の訓練が行われるのは、今回が初めて。

経済産業省・木野正登さんは、
われわれとしては、もう同じ失敗は繰り返さないと思っていますので、そこは訓練を通じて、また対応・対策を強化していきたいと思います」と話した。

4号機では、早ければ11月8日にも、燃料の取り出しが始まる見通しとなっている。

(転載終了)


↓続いて以下は、カレイドスコープのハリマオさんが翻訳してくださった、グローバルリサーチからの記事

続きを読む "「我々はもう同じ失敗は繰り返さないと思っている」←この期に及んでこんな無責任な事を言う経産省役人" »

日英豪アメポチは傍受価値なし 盗聴された側、無価値組、共に馬鹿にされている

あいば達也

Photo_13


http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/d8d4990e1cae2f68f2f2105db67d407a?fm=rss

2013年10月30日

●日英豪アメポチは傍受価値なし 盗聴された側、無価値組、共に馬鹿にされている

 海の向こうでは、EU首脳らとオバマ大統領が、アメリカ国家安全保障局NSAの盗聴スパイ行為で、鍔迫り合いを行っている。オバマは就任以来蚊帳の外に置かれていて、盗聴の事実を知らないと報道されているが、そんな馬鹿なことがあるものか、すべてを聞き及んでいたと考えるのが妥当だ。仮に、知らなかったとすれば、余程無能なトルーマン以上のバカ殿と云うことだ。この米国の、NATOなど同盟国首脳の個人的携帯の話まで盗み聞きしていたのだから、言い訳御無用の話である。

 そんな世界情勢であるにも関わらず、安倍自民党政権は、その盗み聞いた情報を欲しがって、秘密保護法を必死で閣議決定するのだから、呆れるにもほどがある。その秘密保護法の運用も、民主主義国家とは思えぬ秘密だらけで、ピンからキリまでが秘密で、永遠に秘密を隠蔽することも可能だと云うのだから、アメリカよりも更に酷い。おそらく、そこまでしたら、外交軍事情報を恵んでやっても構わんぞ、と言われたのだろうが、真の軍事秘密を日本政府に、“そのまんま”で渡してくれるわけがない。常識で考えても判りそうな話だ。

 アメリカでは、国立公文書館(国立公文書記録管理局:NARA)が連邦政府下の独立機関として存在し、特別なものを除き30年後には、大統領の布告や行政命令等々の公文書が一般に開示され、一定の時代を経過したのち、その事実関係を歴史的に検証する手段を定めている。但し、911以降はテロと云う枕詞を駆使して、公文書の一般開示を逃れようと、米政府は色々工作しているようだが、アメリカの似非デモクラシーであっても、市民運動が大統領選などに直結しているため、思い通りに公文書を隠すことは難しいようだ。仮に、日本が糞のような情報を後生大事に“秘密だよ”とお蔵に隠し、隠蔽破棄したとしても、本当に重要なものであれば、いつの日かは、この国立公文書館からダダ漏れになる場合もある。

 

続きを読む "日英豪アメポチは傍受価値なし 盗聴された側、無価値組、共に馬鹿にされている" »

東電の経常黒字 1100億円超

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)Photo_12


http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7386153.html

東電の経常黒字 1100億円超

東京電力はことし9月までの中間決算で、福島第一原子力発電所の事故以降、半期として初めて経常黒字となり、黒字額は1100億円を超えることが分かりました。

関係者によりますと、東京電力はことし4月から9月までの半年間の中間決算で、経常損益が1100億円を超える黒字となることが分かりました。

半期の黒字はおととしの福島第一原発の事故以降、初めてで、3年ぶりです。

これは、ことしの夏の猛暑で電力販売量が増加したことや、去年9月の家庭向けなどの電気料金の値上げによって売上が増えたこと、それに、発電所や送電設備などの修繕を先送りすることでコストを大幅に削減したためです。

東京電力は、コスト削減によって通期でも経常黒字を確保したいとしています。

ただ、経営立て直しのカギを握る柏崎刈羽原子力発電所の運転再開の見通しが立たないうえに、巨額の賠償や廃炉それに汚染水対策の費用がかかってくることから、厳しい経営状況が続くことになります。

東電の経常黒字 1100億円超

NHK NEWSWEB 動画あり 10月29日 20時53分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131029/t10015657851000.html
============================================

 

志葉玲 汚染水問題と政府が東電を破綻させない理由
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7330185.html

「脱原発」で社民党首と会談 小泉純一郎元首相に“愉快犯”の見方も

日刊ゲンダイ

Photo_11


http://gendai.net/articles/view/news/145547

「脱原発」で社民党首と会談 小泉純一郎元首相に“愉快犯”の見方も

2013年10月30日 掲載

5e80fea12ca57ad6aca4c965d5ad41b3_2
利己主義の塊/(C)日刊ゲンダイ

 いったい何が目的なのか。「脱原発」を言い出している小泉元首相。29日は社民党の吉田党首と会談して、マスコミを賑わせた。

 約45分間の会談は、フィンランドの核廃棄物最終処分場「オンカロ」を視察した感想など、小泉がほぼ一方的にしゃべっていたという。

 脱原発勢力の連携を期待する社民党のラブコールに対しては、「それぞれの立場で世論に訴えていこう」と一蹴して終わった。

 ま、連携なんてハナからあり得ない話。小泉は、社民党が厳しく批判する超格差社会をつくり出した張本人だ。手を結べるワケがないし、落ち目の社民党に恩を売る必要もない。それなのに、小泉が会談に応じたものだから、さまざまな臆測を呼んでいる。

 まずは、脱原発勢力を分断するための陽動作戦という見方だ。
「小泉氏の言動は結果的に野党共闘を潰すことになる。昨年末に小沢一郎氏が提唱した『オリーブの木構想』が実現するとすれば、脱原発が軸になる。その中心に小泉氏が躍り出れば、オリーブの芽をまるごとのみ込んでしまいかねない」(野党ベテラン議員)

 次は「安倍コノヤロー説」。

 安倍は24日のテレビ番組で、小泉の脱原発について「ひとつの勘なのだろうが、(原発)ゼロを約束することは無責任だ」と言っていた。これにカチンときたという見方だ。今回の会談は、21日に吉田が呼びかけ、25日に小泉から「OK」の返事がきて実現したという。安倍の発言に「コノヤロー」と思って、会談を受けた可能性は十分ある。

 政治アナリストの伊藤惇夫氏は「愉快犯みたいなものでしょう」と、こう言った。
「小泉氏に確固とした信念があるとは思えない。利己主義の塊のような人ですからね。自分の発言が注目され、政界が右往左往しているのを見て、面白がっているのではないですか。ひょっとしたら、自分が首相を務めた5年5カ月という記録を抜きそうな安倍首相に対する対抗心があるのかもしれません」

 いずれにせよ、小泉の脱原発なんて、期待するほうがおかしい。すり寄る社民党はみっともない。

深い認識は実践を成功に導く!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10301

2013/10/30(水)  深い認識は実践を成功に導く!

 

鷲、飯山一郎(67)は、いま、猛烈な勢いで情報を発信している。
愛する家族や大切な友人・同志に遺言を残す気持ちで書いている。

とは言っても…、
乳酸菌や唐辛子、太陽凝視など色々様々な「飯山一郎式延命術」。
これを日々実践・実行して研鑽に励んでいるため、体力・体質・体格・耐性が別人のような強靭・頑健な健康体に変身した。

だっから臨終の床での本物の遺言は、遥か先のことになりそーだ(爆)

下手すっと、諸君ら若い衆のほーが先に逝き、その弔辞を鷲が詠む!な~んてコトにもなりかねん象!(大爆)
とにかく、延命術、日本仙人道の研鑽に励みなさい!>若い衆

ま、今の鷲は「太陽凝視」という医者も禁止する常識はずれな行為の威力、その効果に驚きまくる毎日。

だってそーだろ。
「太陽を直視するな!」 この60年以上も信じてきってきた医学常識がウソだった!

「飯山の兄貴!ワシも思いきってヤッてみたが、カスミ眼が治り、老眼も良くなってる。コレって、いったいどーゆーこと? 教えて!」
という電話が何本も入るのだが、うまく説明できないモドカシサ。(爆)

でも、間もなく上手に説明する記事をバンバン発信するつもりだ。
『文殊菩薩(ブログ版)』も、説明を補足する媒体、資料室としては至極便利だからガンガン書く! 「凄く良くなった!」ってホメられてるC~。

あ、きょうの記事。毛色の変わったヤツ。これは感心しちゃう記事だ。
読んで教養つけてよ! 強要しちゃってワリーけどさ。

あと、『超少食』。これも暗記するくらいまで何回も読んで猪ー大寝!
それで、なるほど!と納得できれば、少食生活も成功する!

深い認識は、実践を成功に導く! 鼠~こと。

小泉元首相「脱原発」講演 全容を聞くBS-TBS(小泉演説部分文字起こし)

みんな楽しくHappyがいい♪   

Photo_8


http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3366.html

小泉元首相「脱原発」講演 全容を聞くBS-TBS(小泉演説部分文字起こし)

2013年10月16日(千葉 木更津)
2013102921s

BS-TBS 2013.10.20
小泉元首相「脱原発」講演 全容を聞くより

(講演部分の音声)




2013102923s


総理大臣の時代は CO2を削減しなきゃいかん。
地球温暖化の問題もある。
油の依存度を下げていかないと、また油が上がった時にどうするのか?と、
そこで原子力というのはCO2を出さない。
「安全なんだ」と。
太陽光とか風力とか石炭の火力とか、さまざまなエネルギー源に比較しても「コストが一番安い」と、
そういう専門家の話を信じていましたね。

続きを読む "小泉元首相「脱原発」講演 全容を聞くBS-TBS(小泉演説部分文字起こし)" »

トルコ原発建設受注。自分の家のトイレが汚物垂れ流してるに、ご近所のトイレ工事請け負ってどうする&婚外子相続差別違憲判決にイチャモンつけけて、民法改正を阻む自民党のお歴々。

くろねこの短語

Photo_5

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-fbf8.html

2013年10月30日 (水)
トルコ原発建設受注。自分の家のトイレが汚物垂れ流してるに、ご近所のトイレ工事請け負ってどうする&婚外子相続差別違憲判決にイチャモンつけけて、民法改正を阻む自民党のお歴々。

 ホテルの偽装メニュー問題は飲食業界全体に飛び火しているようで、グルメ評論家の皆さんは戦々恐々としてるんじゃないでしょうか。TVのワイドショーは、ここぞとばかりに、偽装、偽装とかまびすしいったらありゃあしない。しかしなんですね、偽装メニューにそんなに目くじら立てるんだったら、レレレのシンゾーの汚染水完全コントロール偽装発言をほったらかしにしてるのはおかしいんじゃないの。水に落ちた犬を叩くのはお得意なくせに、長いものにはすぐ巻かれちゃうんだから、しょせんは電気紙芝居だったってことですね。

 その汚染水完全コントロール偽装発言の嘘つきソーリは、国会ほったらかして嬉々としてトルコに外遊です。原発売りつけてご満悦だそうで、なんともはや。で、「東京電力福島第1原発事故の教訓を世界と共有することで原子力安全の向上を図っていくことはわが国の責務だ」なんてことほざいてます。教訓も何も、原発事故はただいま進行中でっせ。自分の家のトイレが汚物垂れ流してるのに、ご近所のトイレ工事請け負うようなもんだろ。バッカじゃなかろかルンバですね。

原子力安全は日本の責務=安倍首相

 バッカじゃなかろかと言えば、最高裁の婚外子平等相続判決に自民党部会がイチャモンつけて、民法改正が遅々として進まないでいる。でもって、


あろうことかツムジが右に曲った参議院議員の西田昌司センセイが「最高裁判所の非常識な判断に従って法改正をしてしまうと、婚外子がどんどんできて家族制度が崩壊してしまう。慎重に考えなければならない」てなことほざいて笑われてます。

自民法務部会 民法改正案の了承見送り

 この発言に対して、「嫡出子と非嫡出子の相続分に差があるから非嫡出子を作るのは控えよう、差がないから心置きなく作ろうと考える人はいないだろう。あくまで法の下の平等の観点で見るべきで婚姻制度の崩壊といった話は的外れ、勘違い。こういうことを言っている自民党の議員連中が秘密保護法も推進している」って落合洋司弁護士がツイートしていた。お説ごもっとも。そもそも、婚姻制度とか家族制度なんてことを持ち出すこと自体、アナクロの極みなんであって、最高裁判決に「もの凄く悔しい」なんて口走った化粧崩れの政調会長・高市センセイみたいなのもいるくらいだから、こういうひとたちの頭ん中ってのはいまだに教育勅語で汚染されてるに決まってる。見たわけじゃないけど。

 それにしても、このところの自民党の女性議員のセンセイたちの威勢のいいことったらありません。東京新聞「本音のコラム」で、斎藤美奈子さんがこんな具合にからかっとります。

(これより引用)

 秘密保護法にからみ「新聞の首相動静は国民の『知る権利』を超えている」と述べた自民党の小池百合子広報本部長。婚外子の相続差別を違憲とする最高裁決定について「ものすごく悔しい」と語った高市早苗政調会長。この決定を受けた民法改正に異を唱える西川京子文部科学副大臣。さらに昨年禁止された日雇い派遣を解禁する法案を提言した稲田朋美行革相。生活保護法改正に意欲を燃やす片山さつき総務長官。領土問題や教育問題で存在感を示す山谷えり子参院政審会長。自民党の女性議員は大変な逸材ぞろいだ。

(引用終わり)

 いやはやです。「彼女らが出世したのは首相に近い発想の持ち主だからだろう」とも書いているが、「女子(議員)と小人(安倍晋三)は養い難し」のアッパレな晴天の水曜の朝であった。

Photo1


原発温存のエネルギー基本計画が着々と進行中

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_4


http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7385724.html

原発温存のエネルギー基本計画が着々と進行中

 

エネ庁

資源エネルギー庁ホームページ
http://www.enecho.meti.go.jp/info/committee/kihonseisaku/8th/8th.htm

原発再稼働の目的は発電ではなくプルトニウム消費
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7334286.html

原発日誌(74)秘密保護法案を制定させてはならない

疲労困憊したおじさんのブログ

Photo_9

http://ameblo.jp/masaya1015/entry-11659096533.html

一部転載

原発日誌(74)秘密保護法案を制定させてはならない

2013-10-30 11:55:32

これは、今年の1月に明らかになった福島原発事故による問題の一つで国直轄の除染事業において受注した業者の一部が、作業員らに現場の放射線量や被ばく線量を伝えておらず作業員は線量も知らずに作業をしていたという業者の怠慢によるものだが、そして、これに加え3月と5月には楢葉町において除染事業主である前田建設と下請け2社による杜撰な作業管理により2名の作業員が死亡するという事故もあり事業主は3ヶ月だけの指名停止となっている。いずれにしてもこれらの問題は福島事故を無かったことにするための国の事業だが、犠牲になるのは作業員である。私が7月に参加した「被ばく労働を考えるネットワーク」http://www.hibakurodo.net/集会において除染作業されている方たちから聞き及んだのは愕然とする内容であり賃金の中抜き(ピンハネ)は当たり前でマスクの支給すらなかったと報告を受けた。いわゆる、昔からの下請け重層構造の悪しき奮励が建設業界に今、尚、根深く存在しているのであって、「自分の身は自分で守れという」戦中の兵士のような訓示が堂々とまかり通っているから始末が悪いのである。

O0507078512732735661

続きを読む "原発日誌(74)秘密保護法案を制定させてはならない" »

雨ニモマケズ、安倍ニモマケズ 「秘密保護法反対」

田中龍作ジャーナル

Photo_3


http://tanakaryusaku.jp/2013/10/0008117

雨ニモマケズ、安倍ニモマケズ 「秘密保護法反対」
2013年10月29日 22:27

5f95821735894716a06940b8eb2e1b91プラカード「秘密保護にNO」の裏は「ビクビクしたくない 大らかに生きたい」。=29日夜、日比谷 写真:山田旬=

 秘密保全法(特定秘密保護法)案が来週にも国会で審議入りしそうだ。危機感を抱く市民たちが今夜、都心で同法案に反対する集会・デモを行った(主催:フォーラム平和・人権・環境)。

 集会開始直前まで冷たい雨の降る悪天候にもかかわらず2,800人が参加した(主催者発表)。

 秘密保全法案は、米軍と共有する軍事情報を漏えいさせないように、と米国から持ちかけられた法律だ。国防軍創設を高らかに謳いあげる安倍政権が、重要法案として力を入れる。それだけに、集団的自衛権の行使そして交戦権に道を開くのではないかと危惧する向きは多い。

 会場の日比谷野音には、戦前、戦中生まれと見られる世代が目についた。終戦直前の昭和20年(1945年)1月生まれの男性は、2番目の兄が台湾の高雄で終戦を迎えた。

 「兄は志願して予科練に行ったが帰ってきてからは『戦争は絶対やってはいけない』が口グセになっていた」「秘密保護法は戦争につながる法律。日本は平和外交で行くべきなのに、軍事国家になる」。男性は真剣な表情で話した。

 毎週土曜日の新宿西口に立ち反戦・平和を説き続けている大木晴子さんは、「ビクビクしたくない 大らかに生きる」と書いたプラカードを持参した。イラク開戦(2003年)の直前から始めた大木さんの辻説法は11年にもなる。

 「秘密保護法は戦争につながる。個が消滅してゆく恐ろしい法律です」。大木さんは顔を曇らせた。

 今は亡き筆者の母は、兄をニューギニア戦線で失っている。母はいつも「戦争はいけない。あの時代に戻してはならない」と話していた。

 安倍首相は先の戦争の尊い犠牲を無にするつもりだろうか。

4321e26316a36c70507fb54010825d0f原発も秘密指定されることから脱原発運動でおなじみの顔も目立った。マイクを握っているのはカリスマ・アジテーターの火炎瓶テツさん。=写真:山田旬=

【福島第1原発】 11/8より4号機燃料プールの使用済核燃料取り出し作業開始 ~万一の際の想定はゼロ~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~   

Photo_2


http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/7da52e91abebdeba792c4ea9556ab046

【福島第1原発】 11/8より4号機燃料プールの使用済核燃料取り出し作業開始 ~万一の際の想定はゼロ~
2013年10月30日

世界中が注目している福島第1原発4号機の燃料プール内に残置されている使用済核燃料1533体の取り出し作業が、11/8よりいよいよ開始される模様である。

「当初計画では11月中旬の開始予定だったものを少しでも前倒しして」と言うと聞こえはいいが、残念ながら、以下の福島テレビ記事でも指摘されているように、万一、燃料が落ちた際、「落下した燃料をどうするのか?」「住民への周知方法はどうするのか?」等について何ら具体の方策が準備されていないという、お粗末極まりない状況であるのがその実情である。

以下2つ目の福島テレビ記事にて、4号機燃料プールからの使用済核燃料の取り出し中に、5階から地上に核燃料が落下するという事故を想定した訓練の様子が映し出されているが、同動画よりこの訓練のデタラメさ加減がよくわかるであろう。

即ち、「再臨界」という重大な事態を想定していながら、5km~30km圏内のモニタリングポストの空間線量を読み取り、5km圏内の住民に避難指示を出すだけという実にお粗末な内容である。

その後の事故対応について、少なくとも同ニュースからは、一体誰がどのようにその収束を図るのか等、リアルな中身が一切欠落していると言わざるを得ないであろう。

早い話、訓練を行なうこと自体がその目的となっているということであり、こんな緩い訓練では実際に不測の事態となった際、マトモな対処がなされないことは明らかであろう。

そんな状況ゆえ、当然に「テロが起きた際どうするのか?」についてや、「取り出し作業中に大地震・津波に襲われたらどうするのか?」といった複合的事象が同時に起きる状況などまったく想定されていないことは想像に難くないところである。

では一体どうするつもりなのか?

それは、経済産業省・木野正登による「我々はもう同じ失敗は繰り返さないと思っているので、訓練を通じて、また対応・対策を強化していきたい」という言葉に凝縮されていると言ってよいであろう。

即ち、経産省も何ら具体の対応策を持ち合わせておらず、単なる”神頼み”状態にて、失敗すれば全世界に影響が及ぶであろう重大な作業に臨もうとしているのである。

とてもじゃないが真剣な姿勢が感じられない”おざなり”訓練でお茶を濁し、準備作業もたったの1週間という状態で日本全土、否、北半球全体にまで影響が及ぶであろう「最重要課題」に臨もうというのであるから、これはもう正気の沙汰ではない話である。
(11/1~、燃料を取り出すクレーン稼働の使用前検査予定)

まさに「狂乱国家ニッポンここに極まれり」と言ってよいであろう。

 

(転載開始)

◆福島第1原発4号機の燃料取り出しについて斎藤記者の解説です。
 

 10/29 21:01 福島テレビ

 

 

 

 

福島第1原発4号機では、11月8日にも使用済み燃料プールからの燃料取り出しが行われます。

原発担当の斎藤 真太郎記者の解説です。
(燃料が落下するという最悪の事態も想定しなければならないのか?)

これから燃料の取り出しという、世界でも例を見ない試みが行われますので、最悪の事態も想定しなければいけません。
そのためにも東京電力は、使用済み燃料プールから燃料を取り出す4号機で、11月1日から燃料を取り出すクレーンの稼働を確かめるための使用前検査を行う予定です。

その作業と同時に、現場で事故を想定した訓練も必要になってきます。
(まだまだ不測の事態を想定しなければならないということか?)

4号機の使用済み燃料プールには、1,533体の燃料がありますし、それを1つひとつ、1年という長い時間をかけて、取り出していくことになります。
しかし、万が一、燃料が落ちた際に、落下した燃料をどうするのか、また、テロが起きたときにどうするのか、その対応や検討も進んでいませんし、住民への周知の方法もこれからです。
汚染水問題1つとっても、対策が後手後手になっています。

 

◆福島第1原発4号機の燃料取り出しへ、事故を想定し初訓練

10/29 21:02 福島テレビ

 

 

 

 

福島第1原発4号機では、11月8日にも使用済み燃料プールからの燃料取り出しが行われる。

燃料の取り出し中に事故が起きたらどう対応するのか、29日は最悪の事態を想定した初めての訓練が行われた。

政府の担当者は「福島第1原子力発電所4号機の燃料取り扱い事故が発生」話した。
訓練は、4号機の使用済み燃料プールからの燃料の取り出し中に、5階から地上に核燃料が落下したという想定で行われた。

訓練では、燃料が落下したことで、再臨界したときに発生する「キセノン」という気体によって、5km圏内の住民に避難指示が出される。
担当者は「屋内退避を実施している地域にあるモニタリングポストの値が上昇しており、5kmから30km圏内の複数箇所で40マイクロシーベルト(μSv)パーアワーを超えています」と話した。

目前に迫った、使用済み燃料プールからの燃料の取り出し作業。
福島第1原発では、トラブルが相次いでいるだけに、避難が続く住民からも、不安の声が聞かれる。

住民は「不安はあるよね。今までの状況から見たって、満足な汚染水処理だって、できてない状態なのに、初めてのことだからね」、「(放射能が)漏れないようにしてほしい。安全にね」などと話した。
訓練で担当者は「事業者通報第4報を配布します。14時30分、海水消防車ポンプが故障し、海水炉心冷却の機能が喪失しました」と話した。

一方、29日の訓練では、外部電源の喪失とともに、原子炉に注水ができなくなり、制御不能になったことも想定された。
福島第1原発から5kmの場所にあるオフサイトセンターは使用ができなくなっていて、事故後に放置された福島市で、国の訓練が行われるのは、今回が初めて。

経済産業省・木野正登さんは「われわれとしては、もう同じ失敗は繰り返さないと思っていますので、そこは訓練を通じて、また対応・対策を強化していきたいと思います」と話した。
4号機では、早ければ11月8日にも、燃料の取り出しが始まる見通しとなっている。

(転載終了)

特定秘密保護法は、日本国民には秘密だが米国には秘密ではない。法律自体が違憲だ。

かっちの言い分   

http://31634308.at.webry.info/201310/article_28.html

特定秘密保護法は、日本国民には秘密だが米国には秘密ではない。法律自体が違憲だ。

<<   作成日時 : 2013/10/29 22:36 

特定秘密保護法の内容が、かなりわかってきた。この法案は、国会で理解が深まるほど、その恐ろしさが明らかになってきている。今日、岩上安身氏のツイッターに、ネットで講演したフリップが紹介された。以下がそのツイッターであるが、この法律の本質は、国民には秘密にする内容も、行政の長が必要と判断すれば外国の政府、国際機関には提供できるということである。外国とはイコール米国ということである。日本国民には秘密であるが、米国には秘密ではないということだ。日本国民より、米国の方が偉いということである。

岩上安身 ‏@iwakamiyasumi
これが本質。RT @musihokori: 秘密保全法の第9条に驚愕「必要であれば 外国の政府又は国際機関に特定秘密を提供することが出来る」ぇぇえ! RT @_kuru_kuru MXTV 岩上さんによる秘密保護法案のフリップ http://twitpic.com/dj2wiq

138304696825501267227
MXTV ニッポンダンディ 岩上さん @iwakamiyasumi による秘密保護法案のフリップ

日本国民は、どんな事柄が秘密にされたのか、どんな内容が米国に知らされたのかもわからないということである。これでは日本は米国の隷属国である。それも、いたずらに中国を敵視しするから、米国におんぶに抱っこ状態で言いなりになるのである。米国にとって、この状態が最も都合が良い。日本と中国とが仲良くされては困る。尖閣諸島の問題も、まんまと米国に煽られて国有化した。

この特定秘密保護法は運用面で酷い法律であるが、憲法上も違憲な法律の疑いがあると共産党の志位氏がツイートしている。

志位和夫 ‏@shiikazuo
「秘密保護法」に反対する刑事法研究者の声明は、同法が憲法31条の「罪刑法定主義」――犯罪と刑罰は国会の制定する法律によらなければならない――に反する違憲立法と指摘している。たしかに行政機関の長が「秘密」の範囲を決定し、罰するとなれば、「罪刑法定主義」は空文化する。重要な論点です!

上記を読むと、この法を犯せば刑事事件として罰せられるが、犯罪に対する刑罰は、国会で制定する法律でなければならないと憲法で規定されている。

つまり、行政の長が勝手に決めた秘密の事項を犯したからと言って、秘密の内容と犯罪の刑量を決めていないもので罰することは出来ないというものである。これを突き詰めると、行政の長が勝手に秘密事項を決め、それを漏洩したと言えば誰でも罰せられるということである。こんな理不尽なことはない。これはかなり本質的な論理であり、今後憲法論議として国会で追及しなければならない。

4号機核燃料棒取り出しは、日本単独での作業を中止にし、即刻国際協力の元、行うように要望する!

ウィンザー通信 


Photo

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/8f95f7195fc8b1641cc02ddf7caa6b3b

4号機核燃料棒取り出しは、日本単独での作業を中止にし、即刻国際協力の元、行うように要望する!
2013年10月28日

夏の終わりから、ずっとずっと心配していたこと。
心配ごとはいっぱいあるけれども、ほんでそのどれもが、重大で重要であるのやけれども、
この、4号炉の燃料棒取り出しについては、汚染水やらガレキやら食べ物やらの問題とはまた違う、
ほんのちょっとのミスが、とんでもなく恐ろしい連鎖事故を招き、それが地球規模の放射能汚染につながる可能性が高い。
そして、いったん始めてしもたら、作業が完全に終るまで、ひとつとして失敗が許されへん。
大風が吹こうが、地面が揺れようが、大雨が降ろうが、竜巻が発生しようが、絶対の絶対に、失敗できひん。
そんなことが可能なんやろうか。

クレーンで吊ることばっかり心配してたら、友人で、プラントのことにとても詳しい幸雄さんが、いろいろと教えてくれはった。
彼も、専門家の目から、この作業についてものすご心配してはる。
なんとか中止にできんかと焦ってるわたしに、彼の懸念を分かり易う説明してくれはったのを、みなさんにも。

↓以下、転載はじめ(文字の強調は、わたしがしました)

続きを読む "4号機核燃料棒取り出しは、日本単独での作業を中止にし、即刻国際協力の元、行うように要望する!" »

2013年10月29日 (火)

なぜ黒字?なぜ東電に1000億円超の経常利益がでるの?被害者への補償をちゃんとしろ!妙に高い電気代返せ(╬◣д◢)!

みんな楽しくHappyがいい♪ 

Photo_10


http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3367.html

なぜ黒字?なぜ東電に1000億円超の経常利益がでるの?被害者への補償をちゃんとしろ!妙に高い電気代返せ(╬◣д◢)!

中間決算、3年ぶり黒字に=事故後初、コスト削減で-東電
時事ドットコム(2013/10/29-08:40)

東京電力が2013年9月中間連結決算で、
1000億円超の経常利益を確保することが29日、分かった。
修繕費などコスト削減や家庭用電気料金の値上げが寄与した。
福島第1原発事故前の10年9月中間決算以来、3年ぶりの黒字。
必達目標としている14年3月期通期の経常黒字転換が視野に入りそうだ。



ーーー

ま、いつものように東京電力は早速この記事に対して反論をしています。

2013102927s


原発事故後いつも決算のたびに報道の記事が先に出て、
東電は今回と同じように反論の文章を自分のホームページに載せていますが、
時が経って結果を見てみるといつも報道の方が正しかったと思います。



税金を湯水のように使い、電気料金をバンバン上げて、銀行からは借金して、
それなのに、被害者への賠償金を打ち切ったり、きちんと補償はしないし、
作業員への待遇は悪くし、安っぽいタンク作っては雨が降れば海へ躊躇なく流す。


東京電力が今の状態で黒字になるという事はあり得ないのです!
1000億円は払わなきゃいけないところにしっかりと支払うか、
それをしないなら私に高すぎる電気代の支払い過剰分を返金して下さい!

東海アマの見解としては、外部被曝の600倍以上のリスクのある内部被曝の8割が呼吸から肺経由で取り込まれるという事実から、食品測定よりも、家屋内ダストと尿の測定が重要であると考えます

文殊菩薩

Photo_9

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-6942.html

東海アマの見解としては、外部被曝の600倍以上のリスクのある内部被曝の8割が呼吸から肺経由で取り込まれるという事実から、食品測定よりも、家屋内ダストと尿の測定が重要であると考えます

 

Tokaiama


上は、ツイッターの大御所『東海アマ』氏のツイートである。
注目すべき、そして信頼に足るツイート情報である。
(これに↑飯山一郎は「反論的注釈」を加えた。)

このツイートに対して、放知技の大御所『さすらいの旅人』氏は次のようにコメントした。

さすらいの旅人 2013/10/29 (Tue)

  シャープの空気清浄機で寝室の埃を取るのは効果的。

  

https://twitter.com/tokaiama/status/394999692531990530

『さすらいの旅人』氏は、『放射能ゼロ空間』のことを言っているのだ。
シャープの空気清浄機で寝室の埃を取って『放射能ゼロ空間』をつくろう!というワケだ。
慧眼である。
もう日本全国どこに逃げても駄目、アウトという状況になっているからだ。
大気の流れで、食べ物で、ガレキで、放射能が追いかけてくるからだ。
日本は、黒澤明の映画『夢』の予言どおりになっている…。

 
シャープの空気清浄機を24時間まわしどおしにすれば、寝室や居間の空間から放射性物質が付着したホコリが、ほぼ完全に取れる。
これが飯山一郎が言いつづけてきた『放射能ゼロ空間』だ。

『さすらいの旅人』氏、よく言った。
さすがだ。『さすらいの旅人』氏の書き込みを唄(アカペラ)にしてユーチューブにアップするファンまでいるだけのことは、ある。

さすらいの旅人さんの歌。仙人になろう!↓

11月8日から燃料取り出し-日本は前人未到の領域に入る

カレイドスコープ

Photo_8

http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2432.html

Mon.2013.10.28 

11月8日から燃料取り出し-日本は前人未到の領域に入る

201310271


国は26日午前2時過ぎ、福島県沖で起きた地震をアウターライズ地震であると結論付けました。
今回は、NHKも、ずばり「逃げて!」のテロップを出しました。
これくらいでないと日本人は避難しませんから、ちょうどいいと思います。


世界中で過去にM9.0以上の巨大地震は5回起きています。
その後、東日本大地震以外では巨大なアウターライズ地震が起こり、大津波によってさらに被害を増しています。
東日本大震災だけが例外となる可能性は低いでしょうから、これで地震のエネルギーが解放されたと見ることはできません。今回の地震と津波を未来からの警告と考えて、緊急避難について、再びイメージ・トレーニングしてみましょう。

次は国民も「想定外」は通用しない

今回のP波(本震の前に到達する縦揺れ)は、今までに体感したことのない揺れでした。上下の振幅の大きな揺れでした。
関東直下型地震かと思ったほどです。
これで福島県沖のエネルギーが解放されたとは到底思えません。

もし、再び宮城-福島県沖で巨大なアウターライズ地震が起きた場合、どのようなことが想定されるのか。そして、どんな構えをとるべきなのか、おさらいの意味でこの記事を書いておきたいと思います。

福島第一原発事故から2年半以上経ちました。
これから想定される事故の様相は、3.11のときと異なってきます。

それは、福島第一原発下の地殻構造が変わり、使用済み燃料プールの燃料棒もそこそこ冷えてきたということだけではなく、私たちに「実体験」という要素が加わった分だけ、別の動きが出てくる可能性があるということなのです。
それが新たな「想定外」の事態を引き寄せてしまうかもしれません。

過去に起こった事象は時間の経過と共に変化していきます。特に、福島第一原発事故のように、いまでも「生き続けて成長している」事象についてはなおさらそう言えるでしょう。

以下、かなり深刻な事態が想定されるケースについて書きますが、万一の時、自分の命を守りたいと思っている方だけお読みください。
まだ現実から目を背けたい人には逆に有害でしょう。読まない方が賢明だと思います。

これからは自分ですべてのリスクを引き受ける段階に入ったのです。
「想定外」が許されないのは何も事故の責任を取るべき原子力ムラや文部科学省、経済産業省の官僚、自民党の政治家たちだけではないのです。

続きを読む "11月8日から燃料取り出し-日本は前人未到の領域に入る" »

危機を煽ればEー、鼠~もんではない

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10294

2013/10/29(火)4  危機を煽ればEー、鼠~もんではない

 

東海アマ氏が↓重要な見解をツイッターで述べた。
外部被曝の600倍以上のリスクのある内部被曝の8割が呼吸から肺経由で取り込まれるという事実 (記事)
しかし、魂消ることはない。

放射性物質の6~8割は、肺に到達する前に咽頭部で捕獲される。
その際、咽頭部の粘膜細胞細胞が放射線で障害を受けるが、痰となって排出される。

肺にまで到達した放射性物質も肺細胞に障害を与えるが、大半は痰となって排出される。ガン化した異常肺細胞も、マクロファージが呑食してしまう。

乳酸菌で免疫力が強化されていれば、怖いものはない。

寝室や居間に、シャープの空気清浄機があれば申し分ない!

危機を煽ればEー、鼠~もんではない。

どうにも判らない小泉純一郎の「脱原発発言」  綺麗事か、政局か、ビックビジネスか

あいば達也

Photo_7

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/f28a056d0de1d0df96d502112789a199

2013年10月29日

どうにも判らない小泉純一郎の「脱原発発言」  

綺麗事か、政局か、ビックビジネスか

 社民党の新党首・吉田忠智が小泉純一郎の「脱原発」を巡る発言に素直な反応を見せている。以下は産経の記事だが、他社の扱いは極小なもので、どうでも良い風な按配だが、色々と憶測を呼ぶ、小泉元首相の「脱原発発言」である。語っていることは、まさに正論で、幾ばくのケチをつける個所もない。しかし、素直に受け取れないのが、普通の感性の持ち主の偽らざる気持ちなのだろう。

≪ 社民党首、「脱原発」で小泉元首相と会談へ 「方向性は一緒だ」
 社民党は28日、吉田忠智党首が自民党の小泉純一郎元首相と29日に東京都内で会談すると発表した。「脱原発」をめぐり意見交換する見通しだ。社民党側が小泉氏に会談を要請していた。小泉氏は「脱原発」を主張し、政府・自民党にエネルギー政策の転換を求めている。
 吉田氏は23日の記者会見で「(小泉氏と)方向性や考え方は一緒だ。脱原発に向けて、どう取り組んでいくかを話し合いたい」と話していた。
 小泉氏はみんなの党の渡辺喜美代表らとも9月下旬に会談している。脱原発を掲げる野党幹部と相次いで会談することは、さらに臆測を広げそうだ。 ≫ (産経新聞)

続きを読む "どうにも判らない小泉純一郎の「脱原発発言」  綺麗事か、政局か、ビックビジネスか" »

環境省、福島除染計画を突然の白紙撤回

nuclear allergy ~福島の悲劇を二度と繰り返さないために~

Photo_6


http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-855.html

環境省、福島除染計画を突然の白紙撤回

 

 

最近、汚染水ばかりがクローズアップされている福島だが、全く進まぬ除染問題の裏に、こんな出来事が隠されていた。

環境省、福島除染計画を突然の白紙撤回~汚染廃棄物焼却で放射性ガス排出の懸念も


「不倫問題で経済産業省から飛ばされたあの西山英彦元官房審議官が、出向先の環境省で辞表を叩きつけたらしい。なんでも、除染事業の破たんを見抜いたのに相手にされず、抗議の辞職だったそうだ」

 中央官庁がひしめく東京・霞が関界隈で、そんな話がささやかれるようになったのは、この秋になってからのことだ。

  西山元審議官といえば、2年前の福島第1原子力発電所事故を受けて、経産省原子力安全・保安院(当時)の広報マンとして、連日テレビカメラの前に立ってい た。ニュース等でよく顔を知られた人物が、さらにその名を広く知らしめたのが、2011年6月に「週刊新潮」(新潮社)が報じた不倫スキャンダルだった。

  「事故発生後の3月から6月にかけて、執務中に自身の審議官室で、30代の女性職員と不適切な行為に及んだとして、停職1カ月の懲戒処分を食らいました。 官房付になり、これで世間的には姿を消した。ところが、彼はやがて環境省に出向し、福島除染推進チーム次長という除染の現場責任者となって、第二の人生を 歩み始めていたんです」(環境省クラブ記者)

 そんな西山氏が、今年6月いっぱいで辞表を提出し、50代半ばで官僚人生を終えていた。その真相を探ると、「抗議の辞職」もうなずける、おぞましい環境省の「除染放棄」の実態が浮かび上がってきたのだ。

●密かに除染計画「白紙」を画策した環境省主流派

 いったい、環境省で何が起きていたのか。前出の記者は、次のように語る。

  「環境省は、東京電力福島第1原発の周辺11自治体に対し、国の責任で『来年3月』までに除染を終了するというロードマップ(工程表)を決め、ホームペー ジにも掲載してきました。ところが、実際にスタートできているのは、楢葉町など4つの自治体だけで、残りの浪江町など7自治体は除染作業の計画すら立たな い状態。やる気のない環境省のせいですが、石原伸晃環境相をはじめ環境省の上層部はなんと、ロードマップの練り直しではなく、除染終了のめどを『白紙』に すると密かに決めてしまったんです。これは事実上、除染計画の破たんを意味します。そんなことを一方的に決められ、西山さんは怒りを募らせていました」

  5月末、西山氏は環境問題に関する専門紙のインタビューに応じていた。その中で西山氏は、国による除染は「12年度までに田村市、楢葉町、川内村、飯舘村 で開始しています。今年度中には他の7市町村も含めて、できるだけ進めたいと思っています」とロードマップの厳守を表明していたのだ。

 ところが、西山氏のこうした声は封じられた。西山氏辞職後、まるで足かせでも外れたかのように、石原氏は次のような不心得な発言を平気でしている。

  「それは、福島市で開いた8月11日の会合でのことです。汚染された土壌を運び込む中間貯蔵施設の用地確保が進まない現状に触れて、『福島県をはじめとす る皆さま方が、自ら行動するという認識を持っていただくことが重要』と県民に責任転嫁する発言をしました。傍聴した報道陣から会議後に真意を問われても、 『地方自治の趣旨はなんなのかと再認識してほしい』と繰り返し、国の責任を放棄してしまった。西山氏のコメントから180度転換しています」(福島の地元 メディア記者)

 結局、ロードマップの「白紙」決定は9月10日、環境省によって正式に公表された。実は、この発表にも裏がある。大手紙の官邸担当記者は次のように語る。

  「環境省は、この夏いつでも発表できる段階にあったようだ。でも、9月7日の2020年オリンピックの開催国決定を控えた緊迫したタイミングだったから、 除染の立ち遅れが世界中に知られたらまずいというので、菅義偉官房長官が自ら環境省に指示を出して、環境省はやすやすと『白紙』の発表を先送りした。実に 卑怯なやり方だった」

●除染技術開発の放棄に反発した西山氏

 辞職の背景事情を知る側近の話によると、西山氏は、今回、除染計画の破たんの誘因とされる中間貯蔵施設建設問題に終始クビをひねっていたという。

 破たんの原因といえば、環境省は常々「汚染残土を運び込む場所がないから、除染が一向に進まない」という立場を崩さなかった。しかし、西山氏は、高度の除染技術によって汚染残土そのものを減らす「減容化技術」の開発に目を向けていた。

  「減容化」とは、汚染土壌から放射性物質を取り除く分離技術を駆使し、捨てる土壌を減らすこと。過去には、10パーセントにまで汚染土壌量を減らし、きれ いになった90パーセントの土を大地に返す試験結果も出ていた。こうした技術があるからこそ、いつ用地が確保できるかもわからない中間貯蔵施設構想だけに 頼る環境省主流派に疑問を持ち続けたというわけだ。

 実際、西山氏は前出の環境問題に関する専門紙のインタビューにおいて、こんなやりとりをしている。

--除染の加速のためには、新技術の利用拡大も欠かせません。

西 山氏 11年度は22件の実証事業、12年度は15件の実証事業に取り組んできました。今年度も6月中には事業者を決定する予定です。多岐にわたる企業の 英知を活用し、福島県内で優秀な技術を持った企業も採択されています。今年度からは技術実証事業だけでなく、民間で開発された新技術を幅広く活用して除染 を加速させたいと考え、近く、『除染技術ポータルサイト』を立ち上げる予定です。

 除染技術に希望を託す西山氏。ところが、石原氏ら環境 省主流派は、ハシゴを外す行為に及んだ。なんと、汚染土壌はそのまま中間貯蔵施設に持ち込み、減らしたければ可燃物のがれきだけは焼却してよい、という極 めて原始的なこの処理方針を環境省のホームページで表明し、高度の減容化技術の開発を推進しようとした西山氏の声を封じたのだ。除染技術に詳しいジャーナ リストは、次のように大気汚染の危険性を指摘する。

 「広域がれき処理が検討されたとき、各地で汚染廃棄物を燃やすことによる弊害が再三 にわたり各自治体やメディア等で取り上げられていたが、今度は福島で堂々と放射性物質を燃やそうとしている。焼却炉技術はまだ不十分な段階。ろ過用のフィ ルターがセシウムを取り過ぎると、フィルター付近の線量が何十万ベクレルにも達して、処理が極めて危険になるので、“取り過ぎない”焼却炉を投入するは ず。そうなると、放射性物質を含んだ排気ガスが放出され続け、福島の大気は汚染されてしまう」

 西山氏は退職間際、環境省の会議室の一角を板で囲い、即席の個室をあてがわれていた。「それはまるで、座敷牢に閉じ込め、西山さんの声を抹殺するに等しい扱いでした」と前出の環境省クラブ記者は同情する。

 除染事業の破たんは、何事もなかったかのように、見過ごされてしまうのだろうか。

Business Journal 10月28日

続きを読む "環境省、福島除染計画を突然の白紙撤回" »

環境省 福島除染計画を突然の白紙撤回の無責任さ

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_5


http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7384346.html

環境省 福島除染計画を突然の白紙撤回の無責任さ

環境省、福島除染計画を突然の白紙撤回~汚染廃棄物焼却で放射性ガス排出の懸念も

「不倫問題で経済産業省から飛ばされたあの西山英彦元官房審議官が、出向先の環境省で辞表を叩きつけたらしい。なんでも、除染事業の破たんを見抜いたのに相手にされず、抗議の辞職だったそうだ」

中央官庁がひしめく東京・霞が関界隈で、そんな話がささやかれるようになったのは、この秋になってからのことだ。

西 山元審議官といえば、2年前の福島第1原子力発電所事故を受けて、経産省原子力安全・保安院(当時)の広報マンとして、連日テレビカメラの前に立ってい た。ニュース等でよく顔を知られた人物が、さらにその名を広く知らしめたのが、2011年6月に「週刊新潮」(新潮社)が報じた不倫スキャンダルだった。

「事 故発生後の3月から6月にかけて、執務中に自身の審議官室で、30代の女性職員と不適切な行為に及んだとして、停職1カ月の懲戒処分を食らいました。官房 付になり、これで世間的には姿を消した。ところが、彼はやがて環境省に出向し、福島除染推進チーム次長という除染の現場責任者となって、第二の人生を歩み 始めていたんです」(環境省クラブ記者)

そんな西山氏が、今年6月いっぱいで辞表を提出し、50代半ばで官僚人生を終えていた。その真相を探ると、「抗議の辞職」もうなずける、おぞましい環境省の「除染放棄」の実態が浮かび上がってきたのだ。

●密かに除染計画「白紙」を画策した環境省主流派

いったい、環境省で何が起きていたのか。前出の記者は、次のように語る。

「環 境省は、東京電力福島第1原発の周辺11自治体に対し、国の責任で『来年3月』までに除染を終了するというロードマップ(工程表)を決め、ホームページに も掲載してきました。ところが、実際にスタートできているのは、楢葉町など4つの自治体だけで、残りの浪江町など7自治体は除染作業の計画すら立たない状 態。やる気のない環境省のせいですが、石原伸晃環境相をはじめ環境省の上層部はなんと、ロードマップの練り直しではなく、除染終了のめどを『白紙』にする と密かに決めてしまったんです。これは事実上、除染計画の破たんを意味します。そんなことを一方的に決められ、西山さんは怒りを募らせていました」

5 月末、西山氏は環境問題に関する専門紙のインタビューに応じていた。その中で西山氏は、国による除染は「12年度までに田村市、楢葉町、川内村、飯舘村で 開始しています。今年度中には他の7市町村も含めて、できるだけ進めたいと思っています」とロードマップの厳守を表明していたのだ。

ところが、西山氏のこうした声は封じられた。西山氏辞職後、まるで足かせでも外れたかのように、石原氏は次のような不心得な発言を平気でしている。

「そ れは、福島市で開いた8月11日の会合でのことです。汚染された土壌を運び込む中間貯蔵施設の用地確保が進まない現状に触れて、『福島県をはじめとする皆 さま方が、自ら行動するという認識を持っていただくことが重要』と県民に責任転嫁する発言をしました。傍聴した報道陣から会議後に真意を問われても、『地 方自治の趣旨はなんなのかと再認識してほしい』と繰り返し、国の責任を放棄してしまった。西山氏のコメントから180度転換しています」(福島の地元メ ディア記者)

結局、ロードマップの「白紙」決定は9月10日、環境省によって正式に公表された。実は、この発表にも裏がある。大手紙の官邸担当記者は次のように語る。

「環 境省は、この夏いつでも発表できる段階にあったようだ。でも、9月7日の2020年オリンピックの開催国決定を控えた緊迫したタイミングだったから、除染 の立ち遅れが世界中に知られたらまずいというので、菅義偉官房長官が自ら環境省に指示を出して、環境省はやすやすと『白紙』の発表を先送りした。実に卑怯 なやり方だった」

●除染技術開発の放棄に反発した西山氏

辞職の背景事情を知る側近の話によると、西山氏は、今回、除染計画の破たんの誘因とされる中間貯蔵施設建設問題に終始クビをひねっていたという。

破たんの原因といえば、環境省は常々「汚染残土を運び込む場所がないから、除染が一向に進まない」という立場を崩さなかった。しかし、西山氏は、高度の除染技術によって汚染残土そのものを減らす「減容化技術」の開発に目を向けていた。

「減 容化」とは、汚染土壌から放射性物質を取り除く分離技術を駆使し、捨てる土壌を減らすこと。過去には、10パーセントにまで汚染土壌量を減らし、きれいに なった90パーセントの土を大地に返す試験結果も出ていた。こうした技術があるからこそ、いつ用地が確保できるかもわからない中間貯蔵施設構想だけに頼る 環境省主流派に疑問を持ち続けたというわけだ。

実際、西山氏は前出の環境問題に関する専門紙のインタビューにおいて、こんなやりとりをしている。

--除染の加速のためには、新技術の利用拡大も欠かせません。

西 山氏11年度は22件の実証事業、12年度は15件の実証事業に取り組んできました。今年度も6月中には事業者を決定する予定です。多岐にわたる企業の英 知を活用し、福島県内で優秀な技術を持った企業も採択されています。今年度からは技術実証事業だけでなく、民間で開発された新技術を幅広く活用して除染を 加速させたいと考え、近く、『除染技術ポータルサイト』を立ち上げる予定です。

除染技術に希望を託す西山氏。ところが、石原氏ら環境省主 流派は、ハシゴを外す行為に及んだ。なんと、汚染土壌はそのまま中間貯蔵施設に持ち込み、減らしたければ可燃物のがれきだけは焼却してよい、という極めて 原始的なこの処理方針を環境省のホームページで表明し、高度の減容化技術の開発を推進しようとした西山氏の声を封じたのだ。除染技術に詳しいジャーナリス トは、次のように大気汚染の危険性を指摘する。

「広域がれき処理が検討されたとき、各地で汚染廃棄物を燃やすことによる弊害が再三にわた り各自治体やメディア等で取り上げられていたが、今度は福島で堂々と放射性物質を燃やそうとしている。焼却炉技術はまだ不十分な段階。ろ過用のフィルター がセシウムを取り過ぎると、フィルター付近の線量が何十万ベクレルにも達して、処理が極めて危険になるので、“取り過ぎない”焼却炉を投入するはず。そう なると、放射性物質を含んだ排気ガスが放出され続け、福島の大気は汚染されてしまう」

西山氏は退職間際、環境省の会議室の一角を板で囲い、即席の個室をあてがわれていた。「それはまるで、座敷牢に閉じ込め、西山さんの声を抹殺するに等しい扱いでした」と前出の環境省クラブ記者は同情する。

除染事業の破たんは、何事もなかったかのように、見過ごされてしまうのだろうか。

石原伸晃環境相
石原伸晃環境相

Business Journal 10月28日(月)17時32分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131028-00010003-bjournal-bus_all
=========================================

『福島県をはじめとする皆さま方が、自ら行動するという認識を持っていただくことが重要』は,無責任すぎます。

除染は自分でやれということですよね。

一度は除染をすると言ったのですから,『努力しましたが,できませんでした』と謝罪するのが筋だと思います。

尖閣には、想像外の現実がある。

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10293

2013/10/29(火)3  尖閣には、想像外の現実がある。

 

尖閣周辺は中国によって実効支配されている

これは↑『陽光堂主人の読書日記』 (2013-08-12)の見出しである。

魔坂!と思う記事だが、本日只今現在も、陽光堂主人が述べた「尖閣は中国が実効支配している」という実態は変わっていない。

41年前。田中角栄総理が周恩来首相と交わした「尖閣を次世代まで棚上げ」。この約束は、じつは、現在も有効!なのである。

その証拠が、日本政府の「何かに縛られたような不可思議な姿勢」だ。

日本政府は「尖閣という日本固有の領土」を放置したままで一切手をつけず、日本人の上陸も許さないのだ。

「約束」は破れないからな。破ると密約のアレが……

しかし「約束」を無視して野田総理は尖閣を国有化。
これに中国は激怒。この結果が「中国による尖閣実効支配」という現在只今の実態なのである。

石原慎太郎、野田佳彦、前原誠司。この米国戦争屋の手羽先が中国を下手に挑発したために、日本は尖閣を失った。

もっとも、原子炉爆発という激甚災害による放射能により、日本国は関東・東北の広大な国土を汚染させてしまった。

今のところは強引な隠蔽工作と国民洗脳、東京五輪ムリ筋音頭などで、かろうじて体裁を保っているが…、実際は関東・東北の広大な国土を失った!鼠~コトなのだ。

鷲も、関東地方に時価総額二十数億円(5年前)の土地を所有しているが、今は、1億円でも売れない。これが土地本位制資本主義国ヌッポンの現実なのだ。国破れて山河無し! 五言律詩「春望」を詠んだ杜甫も分かるまい…。唐の時代には、原発なんてなかったからな…(爆)

 


春望

 

     『春 望』  杜 甫
國破れて 山河在り 城春にして 草木深し
時に感じて 花にも涙を濺ぎ 別れを恨んで
鳥にも心を驚かす 峰火 三月に連なり
家書 萬金に抵る 白頭掻いて 更に短かし
渾べて簪に 勝えざらんと欲す

首相がどこで何をしていようが国民は知るべきではないそうです

陽光堂主人の読書日記

Photo_4

http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-1122.html

首相がどこで何をしていようが国民は知るべきではないそうです

 特定秘密保護法案は米国の要請で成立を急いでいるということですが、要請は2000年の段階からなされていますから、10年以上放置されてきました。これまでも成立させようという動きはありましたが、反対派によって潰されてきました。

 2000年の米国は今より威光がありましたから、日本に圧力をかけるのは容易だったはずで、それが放置されてきたのはそれほど重要視されていなかったことを物語っています。最近になって事情が変わったというわけですが、米国より日本政府の都合が優先されているような気がします。

 日本は米国の属国(属領と言うべきだという人もいます)ですが、政府はそれを認めようとはしません。権威に関わりますから当然ですが、それ故、「日本は自主独立の国だ」ということを常に強調しています。

 それなのに秘密保護法案については、安倍政権は「米国の要請によるもの」とあっさり認めています。外圧を利用した方が通りやすいと考えたのでしょうが、些か引っかかるものがあります。米国が要請していることは事実ですが、安倍政権はそれを利用して独裁体制を強化するつもりのようです。

続きを読む "首相がどこで何をしていようが国民は知るべきではないそうです" »

 世界の大きな流れを見透かす!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10292

2013/10/29(火)2  世界の大きな流れを見透かす!
いま、戦争の瀬戸際! 日中領土紛争

尖閣は一触即発!の状態。安倍晋三も習近平も半歩たりとて引かぬ!という姿勢。この神経戦の結末は?
「中国の挑発は外交の延長策。日本には外交なし。放射能災厄=癌患者に勝ち目なし!」と飯山一郎が喝破。

「日本は各国と力を合わせ協力してのみ、生きていくことができる」

第9回北京-東京フォーラムが27日午前に閉幕した。
日本の福田康夫元首相は「日本の発展は国際社会全体と切り離せない。日本は各国と力を合わせ協力してのみ、生きていくことができる」と表明した

戦争屋勢力に取り組まれた安倍晋三と、これを憂える福田康夫。
この「鬩ぎ合い(せめぎあい)」が歴史をつくる。

はたして日中の軍事衝突はあるのか?
上の二つのニュース…、
読んで、考えて、世界の大きな流れを見透かしてほしい。

「原発ホワイトアウト 」 覆面官僚を直撃10/22キャスト(内容書き出し)

みんな楽しくHappyがいい♪   

Photo_3

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3363.html

「原発ホワイトアウト 」 覆面官僚を直撃10/22キャスト(内容書き出し)

内部告発か?「原発ホワイトアウト」 覆面官僚を直撃
ABCテレビ・キャスト 2013.10.22


内部告発か?「原発ホワイトアウト」 覆面官僚を直撃 投稿者 tvpickup

いま永田町、そして霞が関で波紋を広げる1冊の本がある。
「原発ホワイトアウト」
政・官・財が密接に結びつく原子力ムラの実態を暴露した衝撃作だ。

制度の細部の決定権を最後の最後まで放さないことが官僚のパワーの源泉なのだ。
日本の経産省や文科省から出向している職員が強硬に反対し、
最新の安全性は盛り込まれることなく骨抜きにされていた。

この本が波紋を広げる理由はその内容からだけではない。
著者は現役キャリア官僚。
小説の体裁をとった内部告発なのだ。
そのリアル過ぎる描写ゆえ誰が書いたのか犯人捜しが始まっているという。
その話題の人物にキャストはテレビ初のインタビューに成功。
都内のホテルで編集者立ち会いのもと行われた。

次々に飛び出す驚くべき証言の数々。

実際にはみなさんに情報を隠したところでゴソゴソと再稼働しようとしている。
安全安全と言っておけばいい。
再稼働の結果また事故が起こるという事があると思いますね。

小説のリアルさを伝えるのは登場人物たち。
現職の新潟県知事を思わせる人物(泉田裕彦)や、脱原発を訴えて初当選下参議院議員(山本太郎)。
さらに

経済産業省大臣官房付で退官した古賀茂明は暴発したものの一人だ。



原子力ムラの実態を暴露したという小説がこちらです。

2013102811s


原発ホワイトアウト。
筆者は 若杉冽さん、現役キャリア官僚であり、ま、覆面の著者なんですね。
私たち読者に与えられている情報はこの3行だけです。
東大法学部卒、国家公務員Ⅰ種試験合格、現在霞が関の省庁に勤務する現役のキャリア官僚である、
ということだけなんですね。

続きを読む "「原発ホワイトアウト 」 覆面官僚を直撃10/22キャスト(内容書き出し)" »

人間はガンでは死なない!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10291

2013/10/29(火)  人間はガンでは死なない!

 

超少食と唐辛子で癌を消す!

少食 青唐辛子

左の写真は鷲の昨夜の夕食 写真拡大。青唐辛子3本、「ビックリ炊き玄米」、志布志湾産のキビナゴ、焼酎のお湯割り。鷲は一日一食なので、昨日の食事は、これだけ!

 

みんな!サバイバル教科書、『超少食』 ←(クリック)。読んでくれたかな?
超少食でガンが消える! ←この理屈、分かっただろ?

鷲も、医者に「直腸にガン化したポリープがある!」ってオドされたことがあるがー、ポリープなんてのは吹き出物と同じで、出来たり消えたりなのだ。放っておけば自然に消える。鷲の直腸癌も消えた。

ガンは、誰の身体のなかにも2個や3個はある。これも出来たり消えたりなの夜。ソレを偶々(たまたま)検診などで「発見」されると、医者は…、
「ガンです!早期発見です!切りましょう!」と大騒ぎ。

これを信じた「患者」は、ガン治療の結果、早死(はやじに)

という病気は医者がつくった病気で、じつは病気でも何でもない。
『超少食』 これで消えてしまう。

ガンで死ぬヒトの90%は、癌の治療(三大荒療治)で死ぬ。あとの10%は、ガンができるようなストレス環境のなかで死ぬ。

つまり、人間はガンでは死なない!

話かわって、唐辛子。
上の写真の青唐辛子は、辛いの!辛くないの!って、超激辛。
一昨日、福山イチゴ君が遊びに来たので夕飯を馳走した。
料理は、乳酸菌豚肉と地場野菜の鍋もの。兆馬買ったろ?>福山君

で、上の青唐辛子なんだが、福山君は丸々一個も食べられなかった。
あまりの超激辛に福山君は「ウワーッ! み、水下さい!」と大騒ぎ!
ところが鷲は、なんと20個もの青唐辛子を平然と食って見せた…。

人体実験老人。飯山一郎。
彼は今、超激辛の唐辛子を毎食(一日一食)10個も食い続けている。

唐辛子のカプサイシン→ヒートショック!→免疫力超アップ!
この流れで…、飯山一郎の体内から全ての癌が消えてしまった!

つづく

ついにワタミの崩壊が始まった!!

  simatyan2のブログ

Simatyan2

http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11657299362.html

ついにワタミの崩壊が始まった!!
2013-10-29 08:38:09

ワタミの今期純利益が66%減に落ち込んだそうです。

ワタミは25日、2014年3月期の連結純利益が前期比66%減の12億円に
なりそうだと発表した。

従来は38億円と増益予想だったが一転、大幅減益になる。

国内で外食事業の客数が回復せず、2013年4~9月期は既存店売上高が
前年同期比5%減と不振だった。

調理済み食品を宅配する宅食事業も伸び悩んだという。
http://www.nikkei.com/markets/kigyo/gyoseki.aspx?g=DGXNASFL250U0_25102013000000

しかし66%もの減益とは半端じゃなく異常ですね。

まさか選挙資金や政界にばらまいた金が会社から出てたんじゃないか?

と疑いたくなりますが、それだけ消費者のブラック企業離れが進んだ
証拠と見るべきしょうか。

まあ安くて美味しければ救われますが、決して安いというわけじゃなく、
おまけに不味いという評判でしたから・・・。

なおかつ儲けてさえいれば何をしても正義という社風が消費者の反感を
かい、ブラック企業の烙印を押し、客が離れて行ったのだと思います。

不景気の所為じゃなく、普通に消費者から避けられているんでしょう。

何しろ従業員を乾いたぼろ雑巾のように絞りまくっていましたからね。

以前、ワタミのホームページに、

「ワタミメンバーの軌跡」としてインタビューを受けていた恭平さん
という方の写真が載っていました。

T02200160_0500036412731582645

http://livedoor.blogimg.jp/nana_news/imgs/9/6/96f5ee83.jpg

あまりにガリガリに痩せすぎているとのことで話題になり、今はこの人
の写真は削除されています。

続きを読む "ついにワタミの崩壊が始まった!!" »

首相動静は特定秘密ねえ。こうやって、どんどん秘密の定義は拡大解釈されていくというわけですね&憲法・刑法学者が秘密保護法案反対表明。TVで偉そうにコメントしているジャーナリストの皆さんはどうして声を上げないんでしょう。

くろねこの短語

Photo

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-e80f.html

2013年10月29日 (火)
首相動静は特定秘密ねえ。こうやって、どんどん秘密の定義は拡大解釈されていくというわけですね&憲法・刑法学者が秘密保護法案反対表明。TVで偉そうにコメントしているジャーナリストの皆さんはどうして声を上げないんでしょう。

 みずほ銀行の暴力団融資は、明らかに暴力団排除条例に抵触してますね。で、頭取が責任とって半年間報酬ゼロにするってんだが、これがなんと年収1億1600万円もあるもんだから、半年無給といったって5800万円はいただけるんだってね。ベラボーな話だ。「われわれの給与は業界の常識から設定されており、突出して高くない」なんて浮世離れした開き直りしてるようだが、こんな銀行になけなしの金を預けているかと思うと虚しくなってくる。そろそろ口座の解約を検討するか。

 ところで、政界の渡り鳥ホステス・小池百合子センセイが、新聞の首相動静について、「国民の『知る権利』の範囲を超えている」から「見直せ」ってのたまったそうな。ま、秘密保護法案がらみでちょいと目立ちたくてパフォーマンスのつもりで口走ったんだろうが、まあ、非難ごうごうです。当たり前ですね。でも、こうやって秘密指定ってのはどんどん拡大解釈されてくんだってことがはしなくも露呈されちゃったんだから、その意味では大いに意義のある発言だったってことか。

首相動静は特定秘密? 小池氏「知る権利を超えている」

 憲法や刑法の学者265人が秘密保護法案に反対声明を発表したのも、こういうお馬鹿な発言をするセンセイ方にまかしておいたら、この国はヤバイぞ、っていう危機意識の現れなんでしょう。それはそれで大いに歓迎すべきことなんだが、何度も言うけど、駄目なのはマスメディアなんだね。新聞もTVもひどいもんです。演歌歌手みたいな名前の森雅子センセイが、秘密保護法案の「不当な方法による取材活動」とは「西山事件に匹敵するような行為と考える」って記者の質問に応えたのにも、まったくは反応してなかったからね。

秘密保護法案:森担当相「処罰対象は西山事件に

 沖縄密約を曝露した西山事件は、「ひそかに情を通じ、これを利用して・・・」って文言一つで事件が矮小化され、国の「嘘」がウヤムヤにされちゃったわけで、そんな事件を引き合いに出されてもシレっと受け流しちゃうんだもん、ジャーナリズムとしての矜持もへったくれもありません。

 ジャーナリストを気取るニュースキャスターや新聞記者出身のコメンテーターのセンセイたちの動きも鈍いもんね。鳥越君も大谷君も、ちょこちょこ発言はしているようだけど、組織だって反対表明するような動きはまったくないですから。ま、電波芸者の田原総一朗あたりが出張ってこないだけまだいいか。筑紫哲也が存命であったらどうしただろう、なんてつまんない妄想してしまう雨模様の火曜の朝であった。

石原伸晃・環境省が「除染計画」を白紙撤回 ~汚染土はそのまま中間貯蔵施設に廃棄、可燃瓦礫は焼却処分~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~

201310131211269c9

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/1f7bbb339924ba4817971727c090cdd8

石原伸晃・環境省が「除染計画」を白紙撤回 ~汚染土はそのまま中間貯蔵施設に廃棄、可燃瓦礫は焼却処分~
2013年10月29日

以下の「Business Journal」記事を読むまで不覚にも気づいていなかったのだが、東京五輪開催決定のドンちゃん騒ぎをよそに、9/10、環境省が「除染ロードマップの白紙決定」を正式に公表していた模様である。

東京五輪決定が9/7、環境省の除染放棄公表が9/10付である点 をみれば、同記事にて指摘されているように、菅官房長官と環境省が五輪誘致を前に”除染の立ち遅れ”の実態を世界の目から隠蔽するべく、いつでも発表でき た問題をこの絶好のタイミングを狙って公表したことは自明であろう。

そういう意味では小生も騙された愚民のうちの一人である。

同記事では、一貫して経産省の西山英彦元審議官の目線に立った形で 話が展開されているが、正直、経産省官僚の話などはどうでもよく、重要なのは「石原伸晃と環境省が”除染”そのものを白紙撤回し、汚染土はそのまま中間貯 蔵施設に廃棄し、可燃性の汚染瓦礫は焼却処分するという、さじを投げたも同然の判断に至った」という事実である。

即ち、これまで地元民に魔法をかけるが如く見果てぬ夢を抱かせてきた”除染”の「安全神話」が崩壊していることを霞ヶ関官僚自らが認めたということである。

そもそも論として、”除染”についてはその効果が疑わしいにも拘らず、”利権”目的に継続されてきた故、これが白紙となり負の連鎖が断ち切られること自体は喜ばしい話である。
しかし、問題はその”向かう先”である。

まず、今回、石原伸晃と環境省の腐れ官僚どもが、狡猾にも”除染”の責任を国から地元(県)に転嫁しているというのであるから呆れた話である。
早い話、実に安直にさじを投げたのである。

さらに、未だ中間貯蔵施設の設置場所が決定していないにも拘らず、 放射性物質に塗れた汚染土壌を中間貯蔵施設に廃棄する方針を示すと共に、燃やせる汚染瓦礫はじゃんじゃん焼却処分として大気中に放射性物質をぶちまければ よいと言っているのであるから、何もかも滅茶苦茶である。

続きを読む "石原伸晃・環境省が「除染計画」を白紙撤回 ~汚染土はそのまま中間貯蔵施設に廃棄、可燃瓦礫は焼却処分~" »

ガン細胞が39.3度以上で死滅するのならサウナや酵素風呂に入ろう!

wantonのブログ

http://ameblo.jp/64152966/entry-11461803557.html

一部転載

ガン細胞が39.3度以上で死滅するのならサウナや酵素風呂に入ろう!

Yahoo!知恵袋より引用

ガン細胞は39.3度以上で死滅する

http://note.chiebukuro.yahoo.co.jp/detail/n72356

がん細胞は39.3度以上で死滅するので、
体を温める事はガンに対抗する最良の方法です。

心臓や脾臓は温度が高いのでガンになりません。

ガン患者が梅毒の発熱によって、治癒した際に
ガンも完治した…という例で発見されたようです。

もちろん39度の体温を維持するのは、体にとって
ウィルス感染など異常事態ですので、そうではなく
体温を上げた状態を作る・・・という健康法と
お考え下さい。

運動する
筋肉量を増やす
半身浴
サウナ
体を温める食べ物を食べる
(生姜、ねぎ、唐辛子、他、陽性食品)
靴下の重ねばき
腹巻

 

35度ではがん細胞がもっとも増殖するので
低体温の人は要注意です。

   詳しくは『石原 結實』先生の著書『空腹力』で

-引用終わり-
---------------------------------------------------

続きを読む "ガン細胞が39.3度以上で死滅するのならサウナや酵素風呂に入ろう!" »

2013年10月28日 (月)

サバイバル教科書 『状況認識編』

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10283

2013/10/28(月)3 サバイバル教科書 『状況認識編』

 

危機状況にあるときのリスク管理には鉄則がある。
それは何事も楽観することなく最悪事態を想定して対処することだ。

東電福島から連日連夜、大量の放射能が漏れだしているというのに…、「放射能で死んだ人はいない。放射能は恐くない。食べて応援、福島!」とか言ってるシトは逝ってる鼠~か、フジテレビの大塚範一氏から学んでない。

とにかく今、我々は、いかなる状況下に置かれていて、今後どーなっていくのか?どー生きていったらEーのか?
このことをシッカリハッキリ認識できたヒトだけが生き残る。

そのために鷲は教科書を用意した。容易な仕事ではなかった。
だから真剣に読んで欲しいのだ夜。>皆の衆

題して、サバイバル教科書 『状況認識編』
この教科書は、『文殊菩薩』のココ収載した。
そこに鷲はコメントを書いた。真剣に書いた。読んで欲しい。

あと半年後から厳しい選別がはじまる。
明るく健康な人生をおくるヒト。すぐに風邪をひいて肺炎になってしまうシト。病気ほど辛く苦しいものはないぞ!
すべては免疫力にかかっている。

免疫力は、豆乳ヨーグルトを薬のように飲むだけではダメだ。
運動! そして小食! これがともなわないとダメだ。

少食たって、凡人には出来ない!
しかし理屈が分かれば、少食による空腹も楽しくなってくる。
そのために、教科書 『超少食』 ←(クリック)を用意したワケ。
読んでくれたかな? ほんと、読まなきゃダメだかん寝~!

あと、サバイバル教科書第二弾 玄米で乳酸菌を~ もな!

「特定秘密保護法施行されたら米軍のみが全ての情報を扱えることになる」岩上安身氏

KABASAWA YOUHEI BLOG

Kabasawa_2


http://ameblo.jp/takumiuna/entry-11655973691.html

October 28, 2013
「特定秘密保護法施行されたら米軍のみが全ての情報を扱えることになる」岩上安身氏

法案が通れば施行日に41万件が「特定秘密」に指定されるといいます。これでは政府部内でも自分の分野以外はわからない。米軍のみが全ての情報を扱えることになる。

IWJの岩上安身氏が最新版の赤旗日曜版で秘密保護法案の危険性について語ってます。
重要な指摘が多いのでシェアします。

O0800132012730615935


秘密保護法に賛成の人たちは「スパイ防止」とよくいいます。でも日本で一番情報工作している国はどこか?アメリカですよ。CIA(米中央情報局)の要員であっても、日本に来るとき、横田や厚木の米軍基地経由で入国すれば何のチェックも受けません。

秘密保護法の第9条にはこう書かれています。「必要があると認めたときは、外国の政府または国際機関に・・特定秘密を提供することができる」日本政府が「外国」と「秘密」を共有するといえば、、ほとんどアメリカのことです。この法案が成立すれば、国民には何が「秘密」かさえ明らかにしない「特定秘密」という巨大なブラックボックスができる一方、アメリカには軍事情報、行政情報をダダ漏れにすることが制度化されるのです。

日本の国益を損なう情報は提供しないと説明しますが、すべて秘密で何十年たっても公表しないから、永遠に検証は不可能です。原発事故のとき、文科省の放射能影響予測システム「スピーディ」が、福島県民には提供されないのに、米軍には提供されていました。主権者国民には秘密にして、外国の軍隊にだけ情報提供したいというのは許しがたい。秘密保護法というのは、これが全面的に制度化されることです。

結局、この法案はアメリカが戦争を続けていくために、日本が「協力」というより隷属し、軍事一体化を推し進めるための一連の戦略のひとつ。この米国隷属の危険性についてはずっと警告し続けてきました。

中略

法案が通れば施行日に41万件が「特定秘密」に指定されるといいます。これでは政府部内でも自分の分野以外はわからない。米軍のみが全ての情報を扱えることになる。

菅が「みのもんた陰謀説」で自己正当化を図っている。

ハイヒール女の痛快日記    

Photo_6

http://tokyolumix.blog60.fc2.com/blog-entry-1264.html

2013.10/28 [Mon]
菅が「みのもんた陰謀説」で自己正当化を図っている。

菅が自身のブログで、原子力ムラの陰謀説を「みのもんた」を例にあげ、如何にも自己中のインチキ菅らしく、人のせいにして正当化を図っている。ってか、書かれていることは、

菅本人のことを除いて基本的には正しいと思う。

但し、菅が首相時代に福島原発を廃炉にするなりの行動していればリアリティがあるが、今さら口で言うのなら誰でもできる。過去の自分の行動を棚に上げて、批判することは卑怯で矮小な行為にしかみえない。

目くそ鼻くそを笑うの類いね。転載してみる。

みのもんた氏は汚染水問題など原発問題で東電と安倍総理を厳しく批判していた。この発言に対して原子力ムラがみのもんた氏失脚の陰謀を仕掛けたという説が流れている。

私 はみのもんた氏の息子の事件に関しては、マスコミ報道以上のことは知らない。しかし、原子力ムラがスポンサーとして膨大なコマーシャル料を支出することに より、マスコミに対する影響力を行使して、自分に批判的な報道に圧力をかけてきたことは知っている。事実、公開された東電のテレビ会議の記録を読めば東電 幹部間でのそうしたやり取りが出ている。

また「海水注入を止めさせたのは菅総理」というウソの情報を原子力ムラ関係者が各方面に流し、現 総理の安倍氏が2011年5月20日付けの自らのメルマガに書き、翌5月21日の読売新聞と産経新聞朝刊が一面にそのウソの情報を載せたことは当時の安倍 さんのメルマガ記録や新聞を見てもらえば一目瞭然だ。福島原発事故後、原発ゼロにかじを切った私を総理辞任に追い込む原子力ムラの「陰謀」と言える。

地 域独占企業である電力会社は競争がないのだから、コマーシャルの必要はない。それにもかかわらず膨大なコマーシャル費用を使ってきたのはマスコミに対する 支配力を確保するためだ。電力業界に都合の悪いことを言う役者やコメンテーターをテレビ番組から外してきたのはコマーシャル費用の力だ。そして電力業界の テレビコマーシャル費用は発電のための原価として電力料金に上乗せされてきた。

批判する政治家もかつての福島県知事のように陰謀によって 失脚させられてきた。今も原発稼働に慎重な知事や議員を引きずりおろすため、一部マスコミを使ってスキャンダルをでっち上げる陰謀がたくらまれているとい う、うわさが流れている。原発ゼロ実現のためには、原子力ムラのマスコミ支配をまず打ち破らなくてはならない。

これだけ見れば、正しく良いこと言ってんじゃんと思う。しかし、文脈はみのもんたに引っかけて、自分が陰謀の被害者のように強調しているだけでしょう。ツーか、陰謀説はともかく、

自身の失脚は首相としての原発対応がデタラメだったからでしょ!

菅は福島原発事故でベント作業のとき、SPEEDIの予測データを住民の避難に役立てようとせず被曝を拡大させた。ベントまで数時間の余裕があったにもかかわらず「予測図が不正確」との理由で、

近隣住民に避難勧告を出さなかったのだ。

しかも、自分が福島原発を視察した時は、SPEEDIの予測データをいの一番で使い放射能の安全を確かめて行っているのにだ。菅は完璧に、未必の故意の殺人者で逮捕されてもおかしくない。

菅おろしの時も鳩山と会談をし、自らの退陣を匂わせ不信任決議案に反対の合意を取り付けておきながら、実際には辞めなかった。お人好し鳩山を上手くダシに使ったのだ。

この時、あの温厚な鳩山に「ペテン師」と蔑まれているのだ。

考えてみれば、安倍の「放射能は完全にコントロールされてる」という大嘘も、菅に習ったと言えばそれまでだ。早い話が菅も安倍も、似たり寄ったり、五十歩百歩、どんぐりの背比べ!人のことを言ってる場合ではない!

あなた達のことを同じ穴の狢と言うのよ!

【東電と規制庁】 汚染水問題で非公開面談、柏崎刈羽原発の再稼働には触れず?

田中龍作ジャーナル

Photo_5

http://tanakaryusaku.jp/2013/10/0008111

【東電と規制庁】 汚染水問題で非公開面談、柏崎刈羽原発の再稼働には触れず?
2013年10月28日 17:05

4bb174e1bb01662a59174f1c21b7d274_2面談する田中俊一委員長(左側・手前)と廣瀬直己社長(右側・手前)。報道陣は「頭撮り」だけで退出となった。=28日午前、原子力規制庁 写真:山田旬=

 福島第一原発からの汚染水流出で打つ手なしの東電。原子力規制委員会の田中俊一委員長がきょう、東電の廣瀬直己社長を原子力規制庁に呼び事情を聞いた。面談は『非公開』だった。

 約1時間の面談後、廣瀬社長と原子力規制庁の池田克彦長官が、ぶら下がり記者会見に応じた。

 面談に同席した池田長官によると、両者から出た話の概要は以下のようなものだった―

廣瀬社長 → 田中委員長
・作業員の確保が難しくなっている。
・東電全体として人(作業員)を出す。
・必要なコストを思い切ってかけてゆきたい。

田中委員長 → 廣瀬社長
・ドラスティックな改革と長期的なプランで臨んでほしい。
・サイト内の線量を下げてほしい。マスクを着けて作業は能率が悪い。
・4号機からの使用済み核燃料の取り出しは慎重にやってほしい。

 柏崎刈羽原発の安全審査(再稼働)が議題にのぼることはなかった、という。額面通りに受け取ってよいものだろうか。

 池田長官はメモを読み上げながら話した。廣瀬社長は ぶら下がり会見で記者2人の質問にしか答えなかったが、廣瀬社長と池田長官の話は重複する。矛盾点はひとつもない。おそらく規制庁側と東電側で『ぶら下がり会見ではこう答えましょう』と摺合せができているのだろう。

74d6af04233593ce6a433d5651d5cd67原子力規制庁に呼びつけられた廣瀬社長は、田中委員長への冒頭あいさつで「詳しく述べさせて頂きます」と殊勝だったが…=写真:山田旬=

 作業員が確保できないために初歩的なミスが相次ぐ。ALPS(多核種除去装置)はトラブル続きでまともに稼働しない。タンクばかりでない。高濃度汚染水のトレンチからの海洋流出も深刻だ。たいがいの人は汚染水問題がニッチもサッチも行かなくなっていることを知っている。

 廣瀬社長からはもっと深刻な現状が報告され、田中委員長からは大胆な解決策が提案されたのではないだろうか。

 両者の面談には池田長官を含め原子力規制庁の職員が同席している。規制庁詰め記者の「夜回り取材」で話の内容が少しずつ明るみに出るものと期待したい。

 「特定秘密保護法」がこのまま施行されたら、非公開が当たり前になる。原発問題が秘密指定となることを内閣府は明らかにしている。記者会見では出てこなかった事実が少しずつ明るみに出ることもなくなる。

【乳酸菌培養の教科書】:「玄米乳酸菌」を簡単手軽に培養する方法を分かりやすく写真をつかって説明。 北海道の『グレープおばさん』

文殊菩薩

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-6925.html#more

【乳酸菌培養の教科書】:「玄米乳酸菌」を簡単手軽に培養する方法を分かりやすく写真をつかって説明。 北海道の『グレープおばさん』

グレープおばさん玄米で、乳酸菌を~


シカゴさんの「玄米浸漬培養液」を作ってみました。

なんと、。ヨモギ乳酸菌の元菌液に匹敵するほどか、、
それ以上にたくさんの乳酸菌がいるとのこと。
シカゴさん曰く驚異の玄米浸漬培養液」なんだそうです。

一合の玄米で2リットルの培養液が得られるそうです。
できた乳酸菌液の乳酸菌密度が
とても高い~


シカゴさんの「玄米浸漬培養液」の作り方

続きを読む "【乳酸菌培養の教科書】:「玄米乳酸菌」を簡単手軽に培養する方法を分かりやすく写真をつかって説明。 北海道の『グレープおばさん』" »

“勝者”が気がつくと、“敗者”になっている法則 正義の玉手箱は実存するのか?

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/27780b61f001a15e6989f16eb52c80f8

2013年10月28日

●“勝者”が気がつくと、“敗者”になっている法則 正義の玉手箱は実存するのか?

 ひとつのコラムが、糞づまりの思索にヒントを与えてくれることがある。今日紹介する以下のコラムも、そのような示唆に富むものである。コラムは、消費税増税で、生活費をいかに少なくするか工夫する庶民にとって、いくばくかの光明を投げかけている。“やらずぼったくり”を平気で行う血も涙もない霞が関財務省への、庶民からの復讐の一つの方法を示している。無論、消費税を8~10%支払う取引に比べれば、若干リスクはあるだろうが、マルチ商法のような詐欺行為が横行しているわけでもなく、ただ、自己責任の範囲が多少拡がる程度に考えれば、賢い倹約方法だろう。

 おそらく、このような取引の流れは、TPPに加盟した時とか、戦略特区などを導入した際には、政府や役人が考え及びもつかなかった、自由取引が幅を利かせる可能性は大いにある。まして、ネット世代が高齢世代の消費よりも旺盛であれば、ITインフラの仕掛け次第で、大化けしてしまうのだろう。孫正義は、その辺も手当てした感じである(笑)。ところで、安倍晋三率いる自民党と云う20世紀の亡霊にしがみつく古臭い政党は、霞が関の役人の掌の上で良い気持ちになっているようだ。反自民の人々にとっては、苦々しい日々が続いているわけだが、案外、勝者が、あっという間に、考えもしなかったに敗者に向かう道を突っ走っているとしたら、これは考えただけでも愉快な話ではないだろうか。

続きを読む "“勝者”が気がつくと、“敗者”になっている法則 正義の玉手箱は実存するのか?" »

ガラスバッジの目的は線量に基づかない対象地域を正当化すること

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

Photo_4


http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7382691.html

ガラスバッジの目的は線量に基づかない対象地域を正当化すること

被災者支援法:線量基準定めず、福島33市町村に限定

東京電力福島第1原発事故に対応する「子ども・被災者生活支援法」 で、復興庁が支援対象地域を線引きする放射線量基準を決めないまま、福島県内33市町村を対象地域に指定する基本方針案をまとめたことが分かった。住民か らは「基準作りを回避し、支援の範囲を不当に狭めるものだ」との批判が出そうだ。【日野行介、袴田貴行】

基本方針案によると、対象地域は 「原発事故発生後に相当な線量が広がっていた」とする同県東半分の自治体のうち、避難指示区域やその周辺を除く33市町村。具体的な支援策は、復興庁が3 月発表した「支援パッケージ」の拡充を検討するとした。さらに、同県の西半分の会津地域や近隣県を「準支援対象地域」と位置づけ、個人線量計による外部被 ばく線量調査などの支援を実施する。

だが、法令は一般人の年間被ばく線量限度を1ミリシーベルトと定めている。原発事故後に広く指標とさ れてきた空間線量でこの1ミリシーベルトを基準としたなら、支援対象範囲は福島県以外にも及ぶ。近隣県にも局所的に線量の高い地域があり、福島県内の一部 に範囲を限定することに対して反発は必至だ。

また、災害救助法に基づく県外への避難者向けの民間住宅家賃補助は、昨年末に新規受け付けが打ち切られた。支援法による復活を求める声もあるが、基本方針案には含まれない。

一 方、原子力規制委員会は28日、復興庁の要請を受けて専門家チームを設け、関係省庁を通じて支援対象地域の個人線量データ収集を始めた。住民一人一人の個 人線量は空間線量より低く出る傾向がある。国はこの点に着目し、低いデータを基に住民に帰還を促すとともに、線量に基づかない対象地域指定を科学的に補う 狙いがあるとみられる。

支援法は昨年6月、議員立法で成立。原発事故に伴う年間累積線量が一定の値以上で、国の避難指示区域解除基準 (20ミリシーベルト)を下回る地域を支援対象とする。だが一般人の被ばく限度との整合性をどう取るか難しく、線引きによっては避難者が増える可能性もあ り、復興庁は基本方針策定を先送りしてきた。福島県などの住民は早期策定を求めて東京地裁に今月提訴した。

支援対象地域となる33市町村
支援対象地域となる33市町村

2013年08月30日 02時44分
http://sp.mainichi.jp/m/news.html?cid=20130830k0000m010159000c&inb=mo&fm=rnk07

以下は,このニュースに関する,南相馬市 大山こういちのブログさんの記事からの引用です。

続きを読む "ガラスバッジの目的は線量に基づかない対象地域を正当化すること" »

自国の安全保障すら覚束なくなった落日の米国

陽光堂主人の読書日記   

Photo_3


http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-1121.html

自国の安全保障すら覚束なくなった落日の米国

 シリアの化学兵器問題は話題に上らなくなり、米国などによる武力介入の話も忘れ去られていますが、NATO諸国とロシアはシリアを巡って一時一触即発の状況となりました。下手をすると第三次世界大戦に繋がりかねない有り様だったようです。

 9月3日に、地中海の中央から東に向けて2発のミサイルが発射されるという事件が発生しました。イスラエルは米国と共同で行ったミサイル実験と説明しましたが、実際にはシリアに向けて発射されたものが、途中で撃ち落とされてしまったようです。撃墜したのは、もちろんロシア軍です。

 27日付の「櫻井ジャーナル」には、この事件に関する顛末が記されていますので、以下該当部分を引用します。(http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201310270000/)

 集団的自衛権という名目で侵略への道を進もうとしている安倍政権だが、頼りの米国が政策転換

   (前略)

 アメリカが軍事的な圧倒しているという神話も崩れ始めている。例えば、9月3日には地中海の中央から東へ向かって2発のミサイルが発射されたが、このミサイルをロシアの早期警戒システムがすぐに探知、2発とも海中に落ちたとされている。

 直後にイスラエル国防省はアメリカと合同で行ったミサイル発射実験だと発表したが、事前に周辺国(少なくともロシア)へ通告はなく、シリアに向かって発射されたと思われても仕方のない状況だった。

 実際にシリアへの攻撃を始めたのだとする説もある。スペインにあるNATOの基地から発射されたミサイルをロシア軍が撃墜したとレバノンのメディアは報道しているのだ。ジャミングでミサイルのGPSが狂って落下したとも言われている。いずれにしろ、アメリカ軍の攻撃が機能しなかったということになる。

 その当時、地中海にはアメリカ軍、ロシア軍、中国軍の艦船が集結し、軍事衝突に発展しても不思議ではない状況にあった。ミサイルが発射された直後にロシア側からアメリカ側へ強い抗議があったという。ロシア側の軍事的な能力と反応を「西側」は見誤っていた可能性が高い。

 ミサイル発射の後、その状況が大きく変化する。ロシア政府の提供した情報でシリア攻撃の「大義」がないことは明らかになっていたが、ミサイルが人為的に落とされたのならば、軍事衝突になってもアメリカ軍が勝てる保証はないことを意味する。

 アメリカと最も緊密な関係にある国はイギリス。そのイギリスの下院はシリア攻撃に関する政府提出の動議を否決、デイビッド・キャメロン首相は武力行使を断念すると表明せざるをえなくなった。アメリカのバラク・オバマ大統領も開戦の責任を議会へ押しつける形で戦争を避ける方向へ動き始める。サウジアラビアはロシアやアメリカを脅したが、効果はなかったようだ。

 アメリカは経済が破綻してるだけでなく、軍事的に世界を制圧する力もない。金融の世界にのめり込んだアメリカでは経済が急速に疲弊、ものをつくる能力も衰え、その影響は軍事の世界にも波及している。そうしたアメリカのために集団的自衛権を行使しようとしているのが日本の安倍政権だが、日本も足下が崩れ始めている。  (下線は引用者による)

 文中の「ジャミング」は、妨害電波を意味します。NATOの基地から発射されたのなら、本気で戦争に突っ込むつもりだったのでしょう。全く狂った連中です。

 オバマは軍産複合体の圧力に抗して巧みに戦争を回避していると評価する人がいますが、彼が平和主義者なんて麗しすぎる誤解です。師匠はあのブレジンスキーですし、ミサイル発射に関しても承認を与えたはずです。

 ともあれ、ロシア軍によって撃墜されたことで、NATO諸国の野望は潰えてしまいました。その後のみっともない対応振りを見れば、それがよく判ります。

 米国のミサイル迎撃システムは上手く作動しておらず、迎撃実験も中々成功しません。軌道が判っていても撃ち落とすのが難しい状況ですから、不意に飛んで来た場合はとても対応できません。日本の自衛隊も、大枚を払って穴だらけのミサイル防衛システムに参加させられています。もちろん、米国を守るためです。

 それなのに、ロシア軍はあっさりとミサイル2発を撃ち落としてしまいました。これじゃまともに戦えないということで、米国やイギリスはさっさと逃げ出したのです。

 軍事オタクの人たちは、「いやいや、米国は超弩級の兵器を持っているが、隠しているだけだ」などと言うかもしれません。もしそうなら、どこの国も米国に逆らわず、各国首脳は「オール安倍」と化していることでしょう。米国は金欠ですから、軍事力は確実に低下しています。

 日本が本当に自衛ということを考えるなら、日米安保体制を見直すべきです。米国は最初から日本を守る気などありませんし、自国の安全すら怪しくなっているのですから。中露韓などと集団安全保障体制を築くべきですが、日本を売り飛ばして危険に晒すことしか考えていない狂気の安倍内閣では到底無理です。

鷲たちの願いは 日本民族の永遠

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10281

2013/10/28(月) 鷲たちの願いは 日本民族の永遠

 

哲学者。別名を 愛知者 とも言う。
愛知者とは、宇宙の森羅万象と人間社会の全ての事象を徹底的に疑い、深く考えぬき、物事の本質を洞察できる人間ことだ。
愛知県に多い。(爆)

ネット界には愛知者が多い。筆頭は響堂雪乃だ。彼の著作ブログを徹底的に読めば、今の世界と日本の状況が克明に分かる!

物事の本質を短文でズバリと言いあてるきのこ女史も、哲学者だ!と鷲は思う。

阿呆ばかりの医療界には愛知者は少ない。
それでも関西のDr.大愚とか、九州のDr.安田とか、天才的な哲学者がいるにはいる。

そのDr.大愚が本日、おそろしい洞察をしている。

皇后が五日市憲法に言及した。
国民の権利を大切にせよ と命令したのだ。
それだけ今が 民族の存亡の危機だということである。

上の文章のURLは http://p.tl/WIpG ←クリックして是非とも読んで欲しい。

民族存亡の危機! こう天皇皇后両陛下が認識されておられる…。
と、Dr.大愚は書いている。
そのとおりだろう。だからこそ皇后陛下は言われたのだ…。

さて!
民族存亡の危機!という認識のもと、この危機状況を生き抜いていくための知恵と方法が書かれた必読の教科書を指定したい。
題して、「サバイバル教科書」。

その第一弾は、『 超 少 食 』 ←クリック

サバイバル教科書」は、暗記するくらいまで熟読して欲しいのだ。

命のために。健康で生き抜いていくために。希望をつくるために。

そして、鷲たちの願い=日本民族の永遠のために

秘密保護法案慎重審議を82.7%。世論操作(調査)をもってしても民意を「完全にコントロール」できなかったわけか&東電が除染費用支払い拒否したってことは、国民に対してケツまくったってことですね。慮外者めが。

Photo_2


http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-68d0.html

2013年10月28日 (月)
秘密保護法案慎重審議を82.7%。世論操作(調査)をもってしても民意を「完全にコントロール」できなかったわけか&東電が除染費用支払い拒否したってことは、国民に対してケツまくったってことですね。慮外者めが。

 マスメディアは相変わらずダンマリを決め込んでいる特定秘密保護法案について、共同通信が世論調査をした。その結果は、反対50.6%、慎重審議82.7%だったとか。ついでに、福島第一原発の汚染水に対するレレレのシンゾーの「全体として状況はコントロールされている」発言を信頼できないは83.8%。この調査では、安倍内閣支持60.7%、自民党支持44.6%というから、自民党支持者からも特定秘密保護法案やレレレのシンゾーの「嘘」については手厳しい批判があるってことなんだね。さらに、「安倍政権の経済政策で景気が良くなったという実感はあるか」と言う質問には、78.8%が実感していないって回答してるってんだから、何をかいわんやなのだ。

 世論調査とは名ばかりの世論操作とは言うものの、この結果を見る限りは、世論操作しようとしてもおっつかなくなるほど、民意ってのはちょっとづつだけどとんがり始めたのかもしれない。山本太郎が東京新聞のインタビューで、「もっと民意をむき出しにできる環境をつくっていかないと」と語っていたが、おっしゃる通りで、世論操作しようとした世論調査ですら抑えきれずに、これだけの批判的な数字が出てきたってことは、まだまだ一般大衆労働者諸君も捨てたもんじゃないってことなんでしょうか。って、甘いか。

 ところで、東電が除染費用の支払いを全面的に拒否するって政府にケツまくってたってね。いろいろ理屈をつけているようなんだが、除染費用は環境省が復興予算から立て替えてるわけで、この原資は税金です。てことは、東電は国民への借金を踏み倒したってことです。行き着く先は、放射能汚染地域の住民、つまりは被害者がこの金を国から請求されるってことにもなりかねないんだね。

東電 除染費負担を全面拒否 「賠償と二重払い」主張

 こんなブラック企業に税金注ぎ込んで救済しなくちゃならない理由なんて、爪のアカほどもありません。経営幹部はいまだにシレっとして高給を食み、事故の責任者である元幹部の多くが海外逃亡しているこんなヤクザな会社は、世界広しといえどもそう多くはないだろう。それもこれも、思考能力ゼロの無教養な世襲政治家がこの国を牛耳っているからなんだね。「ベンチがアホやから」発言で現役引退したプロ野球選手がいたが、「政府がアホやから」ってんで海外逃亡できない我が身がいじましい今日この頃なのだ。

【再褐動画】 『ユタ州に巨大監視センターを建設するNSA』 ~米国民のあらゆる個人情報が丸裸に~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~   

Photo

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/e0d013fbd0d07833ece676304e5e96a6

今回、再褐させていただくのは、ここ最近のエントリーにて度々取り上げてきた「米NSA」がユタ州に巨大監視センターを建設している事実とその問題点を指摘する内容のものである。

こ んな巨大な監視センターが構築され、そこに今国会にて安倍政権が成立を目論む「特定秘密保護法案」と「日本版NSC創設法案」がセットで可決されれば、日 本中のあらゆる個人情報が「米NSA」の建設するこの巨大監視センターとリンクされ、まさに丸裸同然とされるのである。

こ こまで言ってもまだ他人事のように感じている国民が多いであろうが、「米NSA」がスマートフォン向けプラットフォームについてユーザーデータにアクセス する能力を保持しているという機密文書の存在が独誌「Spiegel」にて確認されている意味合いをよくよく理解すべきであろう。

即ち、「米NSA」は、Appleの「iOS」や「Android」、「BlackBerry」の各モバイルOSについて、ユーザーの連絡先リスト、SMSの履歴、ユーザー位置情報等にアクセス可能だということである。

昨年、同動画を取り上げた際は主に米国民の個人情報監視の危険性についてコメントをする一方で、日本国民については将来同様の危険性があるとの指摘に留まる内容としていたが、その後1年ちょっとの間に、我々日本国民も同様の危険に晒されることとなる訳である。



 

【必見動画】 『ユタ州に巨大監視センターを建設するNSA』 ~米国民のあらゆる個人情報が丸裸に~

 

2012年10月23日

 

暮らしの中でドンドンとIT化が進行するにつれ、我々国民の個人情報は益々容易に”捕捉可能”なものとなっている。

即ち、IT化と共に「監視社会化」が加速しているのである。

ここ最近、スマホの”脆弱性”を狙ったウイルス・スパイウェアにより、個人情報の漏洩が社会問題化しているが、今後、スマホユーザーの増加と共に益々「監視社会化」のデータベースとなる個人情報の漏洩が頻発することであろう。

今回取り上げるのは半年ほど前の動画であるが、「監視社会先進国」たるアメリカにおいて巨大な情報監視センターが密かに建設中との恐ろしい内容の映像である。

「国家安全保障局 (NSA)」が旗振りを行なう極秘の監視プログラム「ステラウィンド」の一環としてこの巨大な監視センターが建設されているとのことであるが、同施設によ り、米国民のメールや会話、ネット検索履歴、チケットや乗車券の購入、旅行日程、書店での購買記録などあらゆる個人情報が蓄積され、高速ネットワーク網が 構築されるというのであるから実に恐ろしい話である。

これは何もアメリカに限った話ではなく、その属国たる日本でも近い将来、同様の取り組みが行なわれる可能性は極めて高いと考えるべきであろう。

兎にも角にも要注目の内容である。

 

◆ユタ州に巨大監視センターを建設するNSA
 『Democracy Now!』




動画URL:http://democracynow.jp/video/20120321-1

放送日: 2012/3/21(水)
再生時間: 11分

国家安全保障局 (NSA)がユタ州の山間の町ブラフデールに巨大な情報監視センターを密かに建設中であることが、長年NSAの動きを追い続けてきたジェイムズ・バンフォード記者のスクープで判明しました。
 
「ス テラウィンド」という極秘の監視プログラムの一環で、NSAは米国中に盗聴ポストを設けて国内および国外から発信される膨大な数の電子メールや携帯電話の 内容を収集しています。ユタ州に建設される巨大データセンターは10万平米の敷地を持ち、無尽蔵の収容能力を持ちます。ここに一般国民のメールや会話、 ネット検索履歴、チケットや乗車券の購入、旅行日程、書店での購買記録などあらゆる個人情報が蓄積され、高速ネットワークでつながった全国各地のNSA拠 点からデータにアクセスしてします。
 
NSA はCIAと並ぶ米国のインテリジェンス・コミュニティの中核組織ですが、その活動は秘密のベールに包まれています。CIA が人間に対する諜報活動を行うのに対し、NSAは通信の傍受や暗号解析が専門です。公式には他国の通信情報を収集分析するのが任務のはずですが、バン フォード記者が指摘するように国内でも通信情報を傍受しています。米国では情報機関が外国で諜報活動をするのは合法ですが、米国内で市民の通信を傍受する ことは捜査令状がない限り違法行為です。
(中野真紀子)

英語スクリプトはこちら
http://www.democracynow.org/2012/3/21/exposed_inside_the_nsas_largest_and

*ジェイムズ・バンフォード(James Bamford)
調 査報道記者。ワイアード誌に"The NSA Is Building the Country’s Biggest Spy Center (Watch What You Say)"(NSAは巨大監視センターを建設中~ 壁に耳あり)という記事を発表し、ユタ州の巨大情報集積センター建設をスクープした。 1980年代からNSAに関する調査報道を続け、その存在を明るみに出すことに貢献してきた。著書は、 The Shadow Factory: The Ultra-Secret NSA from 9/11 to the Eavesdropping on America などが有名
 
全体監修:中野真紀子

特定秘密保護法によって公安警察活動も秘密、市民運動も監視対象だ。

かっちの言い分

http://31634308.at.webry.info/201310/article_26.html

特定秘密保護法によって公安警察活動も秘密、市民運動も監視対象だ。

<<   作成日時 : 2013/10/27 21:19 

しんぶん赤旗に今回の特定秘密法案の「秘密事項」に公安警察活動が入っていることが共産党の聞き取り調査で明らかにされたと報道されている。また『都道府県警察が収集した情報』も秘密の範疇に入ることが分かったという。元々、公安関係の情報は表に出て来ないものであるが、特定秘密保護法が法安化されたら、二度と表には出て来ないだろう。これを知るために、情報にアクセスしたマスコミ関係者、議員でさえ、罰則の対象になるということである。世の中、公安が元気な社会は碌なことはない。安保の頃は、過激派に神経を使っていたが、これからは米軍・安保関係、原発関係に関する一般市民の活動も特定秘密の調査関連に入るということである。

公安警察活動も「秘密」指定
違法な国民監視を隠ぺい

http://www.jcp.or.jp/akahata/aik13/2013-10-27/2013102701_02_1.html
 国が保有する軍事・外交・治安分野の広範な情報を「特定秘密」として国民の入手・閲覧を制限する「秘密保護法案」では、公安警察が収集した捜査情報や活動内容などの広範な情報も「秘密」の指定対象であることがわかりました。日本共産党の赤嶺政賢衆院議員の聞き取りに対し、内閣情報調査室が明らかにしました。
 同法案は、治安の分野では、テロリズムや「特定有害活動」の防止に関連して収集した情報を「秘密」に指定します。赤嶺氏は、これらに関連する指定項目として法案の「別表」にあげられている「その他の重要な情報」とは何かと質問。同調査室の橋場健参事官は「都道府県警察が収集した情報」が該当すると説明しました。都道府県警察でテロ活動などの情報収集を担当する治安機関は、事実上、警視庁公安部に代表される公安警察に限られています。
 橋場参事官はまた、都道府県警察や海上保安庁など治安機関の「情報の収集整理又はその能力」も「秘密」の対象になると説明。公安警察の活動内容や情報収集の「能力」を示すような広範な情報も全て「秘密」になりえることになります。
公安警察はテロに限らずさまざまな名目で政府を批判する市民運動やデモ・集会を監視対象としており、秘密保護法案によって国家権力による違法な国民監視も国民から隠されることになります。

記事の最後の段落に書かれているが、「政府を批判する市民運動やデモ・集会を監視対象」としている。これは怖い。自民党政権50年間の間にも、これほどの法案が出て来たことはない。絶対安定多数で何も恐ろしいものはないということである。打ち出の小槌状態である。どんな法案でも通そうと思えば何でも通る。国民からどんな批判を受けようが闘志満々である。

今日の共同通信社の世論調査では『共同通信社が26、27両日に実施した全国電話世論調査によると、政府が今国会に提出した特定秘密保護法案に反対が50・6%と半数を超えた。賛成は35・9%だった。慎重審議を求める意見は82・7%を占め、今国会で成立させるべきだとする12・9%を上回ったhttp://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2013102701001872.html』で、この秘密保護法案には国民の過半数が反対で、慎重審議を求める意見は83%程度なっており、国民はこの法案の胡散臭さを本能的に感じている。戦前の昔に逆戻りになるかの正念場である。

2013年10月27日 (日)

徳洲会、阪急、乗っ取り作戦

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10272

2013/10/27(日)2  徳洲会、阪急、乗っ取り作戦

 

徳洲会がねらわれ
阪急が狙われている
それぞれ弱点を攻められている
徳洲会はアホ息子と病身の創業者
阪急は幹部の緩んだサラリーマン意識
TPPで乗っ取るためだよ。
・・・・・

 

医療界の問題の全てを知りぬいた医師であり、同時に、おっそろしく鋭い社会評論を書く哲学者でもある「Dr.大愚」の文章です。

このあと、もっとドスのきいた文章が続きます。

文章の続きは、ココで読んで下さい。迫力ありまっせ~~

Dr.大愚ほどの筆力ある書き手は、今では、希少価値がある。

9月の月刊降下物量 東京は上位

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7382132.html

Baf73d02s

 

東京の土壌汚染

秘密保護法反対が半数超、慎重審議求める意見82%。汚染水漏れはコントロールされているというアベシアの説明は「信頼できない」83・8%だってw

晴 天 と ら 日 和 

Photo_4

http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52127214.html#more

2013年10月27日22:24
秘密保護法反対が半数超、慎重審議求める意見82%。汚染水漏れはコントロールされているというアベシアの説明は「信頼できない」83・8%だってw

s-20131017五日市憲法草案の碑
五日市憲法の碑
  安倍に、
  国民に対しての
  これほどの慈愛があれば、っと、。。。

  

■皇后陛下お誕生日に際し(平成25年)
 宮内記者会の質問に対する文書ご回答
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h25sk.html

5月の憲法記念日をはさみ,今年は憲法をめぐり,例年に増して盛んな論議が取り交わされていたように感じます。主に新聞紙上でこうした論議に触れながら, かつて,あきる野市の五日市を訪れた時,郷土館で見せて頂いた「五日市憲法草案」のことをしきりに思い出しておりました。明治憲法の公布(明治22年)に 先立ち,地域の小学校の教員,地主や農民が,寄り合い,討議を重ねて書き上げた民間の憲法草案で,基本的人権の尊重や教育の自由の保障及び教育を受ける義 務,法の下の平等,更に言論の自由,信教の自由など,204条が書かれており,地方自治権等についても記されています。当時これに類する民間の憲法草案 が,日本各地の少なくとも40数か所で作られていたと聞きましたが,近代日本の黎明期に生きた人々の,政治参加への強い意欲や,自国の未来にかけた熱い願 いに触れ,深い感銘を覚えたことでした。長い鎖国を経た19世紀末の日本で,市井の人々の間に既に育っていた民権意識を記録するものとして,世界でも珍し い文化遺産ではないかと思います。

五日市憲法草案
68年、東京経済大の色川大吉教授らのグループによって旧五日市町深沢(あきる野市)にある土蔵から、明治初期の自由民権運動関係の文書とともに発見され た。自由民権運動の盛り上がりのなか、全国各地で100以上作られた私擬憲法のひとつ。1881年、五日市の公立小学校で教えていた仙台藩出身の千葉卓三 郎(1852~83)が起草した。

続きを読む "秘密保護法反対が半数超、慎重審議求める意見82%。汚染水漏れはコントロールされているというアベシアの説明は「信頼できない」83・8%だってw" »

「自分のことしか考えない政治家が国の進路を決めてゆく。国民の生死を決めてゆく。:兵頭正俊氏」  

晴耕雨読

http://sun.ap.teacup.com/souun/12422.html

2013/10/27
「自分のことしか考えない政治家が国の進路を決めてゆく。国民の生死を決めてゆく。:兵頭正俊氏」  
https://twitter.com/hyodo_masatoshi

日本は「恥の文化」といわれ、いい意味で恥を知る民族といわれてきた。

昔の日本人は、人前で恥をかく、かかされるのを、極端に恐れ、命を賭けて名誉を守ってきた。

現在の政府は、恥などなんとも思わない。

国際舞台でも平気で嘘を吐く。

恥という概念自体がないのだ。

続きを読む "「自分のことしか考えない政治家が国の進路を決めてゆく。国民の生死を決めてゆく。:兵頭正俊氏」  " »

【秘密保護法案】脱原発デモもテロとなる

nuclear allergy ~福島の悲劇を二度と繰り返さないために~

Photo_3


http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-854.html

【秘密保護法案】脱原発デモもテロとなる
脱原発デモもテロ!?

Bxybgemcmaatamv


特定秘密保護法案には、脱原発デモも取り締まれる内容が巧妙に埋め込まれていた。
その対象処罰無制限。

「人権」が無視、「公共の福祉」も無視、国民の弾圧であり、憲法13条の改訂に等しい内容だ。
公約を全て破った上にこれかよ。
自民党のやり方は汚すぎる。

しかし、怖がる事なかれ。
デモが数万人規模になれば、検挙は不可能となるはずだ!

秘密保護法は“内調マタ―”日米同盟強化はダミーの疑い 暗躍公安の思惑は?

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/29ff0834d9a9f07dec8a0ee7b1b9c932?fm=rss

2013年10月27日

●秘密保護法は“内調マタ―”日米同盟強化はダミーの疑い 暗躍公安の思惑は?

 安全保障などに関する国家機密を漏らした国家公務員らへの罰則強化を盛り込んだ特定秘密保護法案を決定、国家安全保障会議(日本版NSC)創設関連法案とセットで、今国会での成立を目指すと云う話題が“旬”なのだが、どうも取材の自由だとか、国民の知る権利だとか、そういう抽象的話題に引き摺られる傾向があるのだが、ポイントは、もう少し国民の生活に近い部分を狙った法案ではないか、と筆者は考えている。例えば、反原発運動に携わる国民や、米軍基地の監視や、沖縄辺野古海兵隊基地新設問題などに対応する“治安マタ―”ではないかと疑っている。その証拠と云うわけではないが、法案担当が内閣情報調査室だと云うことだ。

 おおかた、この法案の趣旨は日米軍事同盟の一体的強化のためには、重要な日米の軍事機密等々の保護が喫緊の課題であり、アベノミクスの経済成長戦略が最優先される筈だったことを思うと、嫌に“泥縄的”に急いでいる。日本版NSC設置とセットで出された為に、より日米の軍事秘密に関する法案かと思いがちだが、防衛、外交、特定有害活動、テロリズム防止の4大目的の内、前の二つを罰する法律は既に各省庁に存在し、特に改めて今回慌ただしく提出しなければならない法律ではない。

 おそらく、この法律作成の意図は後半の目的である「特定有害活動、テロリズム防止」が主目的と考えた方が、急ぎ提出する理由として納得出来る。なぜ急ぐのかと云うと、この「特定有害活動、テロリズム防止」を取り締る法律を欲しがっていたのは「公安警察」である。一時に比べ、警察における公安部の地位は見る影もない状態になっていたが、この法案が、昔の治安維持法的に駆使可能な法文になっている点からも窺える。どんなに暴走を防ぐような文言を入れようとも、霞が関文学に彩られ、“その他”ひとつで条文など、どうにでも解釈は可能である。

続きを読む "秘密保護法は“内調マタ―”日米同盟強化はダミーの疑い 暗躍公安の思惑は?" »

天皇皇后両陛下の御心は…

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10271

2013/10/27(日)  天皇皇后両陛下の御心は…

 

美智子皇后様が「五日市憲法草案」に言及されたのは【日本国憲法】を否定し【戦争国家】へと暴走するする安倍晋三首相への天皇・皇后両陛下の精一杯の抗議・抵抗だ!

 


美智子皇后様

皇后陛下が「五日市憲法草案」へ言及されたのは、日本国の現状に対して大変な「危機感」をお持ちだからだ。 (記事)
今回の皇后陛下のご発言は、買弁と化した「政体」への「国体」側からの「反撃」が開始された!と見てよい。問題は「次の一手」だ。
11月中旬。キャロライン・ケネディの日本着任と同時に「日米の平和勢力」の共同戦線が組まれる。
キャロラインのバックにはオバマがいる。オバマのバックには文武両道の不沈がいる。
「国体」と「政体」の壮絶な闘いが始まる!
来年、日本国は正念場を迎える
天皇皇后両陛下のご覚悟は半端ではない。
両陛下の御心に添う決死の覚悟を固める秋だ。

難病重症患者も医療費自己負担・・・安倍晋三の大好きな「応分の負担」というのは「貧乏人は早く死ね」って言ってるようなもんなんだね。

くろねこの短語 

Photo_2

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-8d16.html

2013年10月27日 (日)
難病重症患者も医療費自己負担・・・安倍晋三の大好きな「応分の負担」というのは「貧乏人は早く死ね」って言ってるようなもんなんだね。

 台風が去って、久しぶりの青空が広がる、秋も真っ盛りの朝である。てなこと思いつつ新聞開けば、そんな爽やかな秋晴れに水を差すように、「難病重症患者も自己負担」の文字が1面に踊っていた。

 おお、なんだなんだと紙面に目を通してみると、なんとまあこれまで無料だった難病疾患の重症患者の医療費が、収入に応じて自己負担することになるんだとか。「患者が負担する月ごとの医療費の上限は、夫婦二人世帯の場合①生活保護世帯はゼロ②住民税の非課税世帯は八千円③年収三百七十万円までの世帯は一万二千円④それを超える世帯は四万四千四百円」となるんだと。年収375万円超えたら年間で最大約53万円の負担増ですよ。

 年収375万円以上たって、そりゃあ500万、600万稼いでいるんならまだしも、ギリギリ375万円で生活してるひとにしたら、こりゃあもう死活問題です。実際、くろねこの友人も筋萎縮側索硬化症(ALS)で亡くなったんだが、家族はそりゃあもう大変でした。月4万円を超える医療費払えなんて、そう簡単に右から左にできるもんじゃありません。

・難病重症者も自己負担 厚労省素案、医療費無料→年最大53万円

 難病重症患者の医療費自己負担の背景には、レレレのシンゾーが大好きな「応分の負担」ってのがあるんだね。「応分の負担」ねえ、聞こえの良い言葉だこと。しかるに、その真意はと言うと、「地獄の沙汰も金次第」って発想なんだね。

 そもそも、医療費無料というのは、「難病は誰もが罹る可能性があるんだから、その苦労はみんなで分かちあおう」っていうのが原点なんじゃないの。つまり、「公助」の理念ですね。でも、医療費自己負担というのは、自分たちでどうにかしなさい、って言ってるようなもんなんだね。レレレのシンゾーが大好きな「自助」ってやつです。

 社会保障制度の「公平かつ安定的な仕組み」にするためには、弱者だろうがなんだろうが切り捨てるぞって宣言したようなもんですよ、これじゃあ。国会議員一人を養うのに1億円以上の経費がかかっているってのに、自分たちは税金の上に胡坐をかいて高見の見物してりゃあいいんだから、お気楽なこった。

 「応分の負担」というなら、それこそ「隗より始めよ」で、議員のセンセイたちが身を切るところから始めてくんなまし。それには、まずは議員歳費の徹底的な削減をすることです。領収書なしの通信費が月額1000万円も使える世界は、永田町にしかないんですからね・・・クソッ!

【くろねこの競馬予想】

 台風でどうなることかと新馬かしていたが、どうやら晴天の天皇賞。おそらく、馬場もやや重暗いまでには回復するはず。それでも、切れ味勝負のジェンテイルドンナやエンイシンフラッシュにとってはあまり歓迎できたことではない。とはいえ、渋った馬場なら大得意のトウケイヘイローも、逃げて目標になるだけに、展開的にちょいとひっかかる。
 その他の馬では勝ち切るまではどうでしょうってことで、2着ははずさないという意味で中心は、女傑ジェンティルドンナ。やや重ならにどうにかこなしてくれるのでは。相手筆頭はトウケイヘイロー。府中の2000mを逃げ切るのは至難の業だが、重賞3連勝の充実ぶりに期待。勝てないまでも、ワイドの穴にアンコイルト、オーシャンブルー。
◎ジェンティルドンナ、○トウケイヘイロー、▲ダノンバラード、△エイシンフラッシュ、コディーノ、アンコイルド、オーシャンブルー

ドコモユーザーさん大丈夫?⇒『便利』と『快適』の仮面の裏に潜む『監視社会』と『秘密警察国家』

ウィンザー通信

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/8758c7ffebc7f8088e57f1c1e5e86da2

ドコモユーザーさん大丈夫?⇒『便利』と『快適』の仮面の裏に潜む『監視社会』と『秘密警察国家』
2013年10月26日

秘密保全法が昨日、閣議決定されてしまいましたね。
でも、まだ成立していないのです。
11月半ばがヤマ場。
まだまだ諦めたらあきません。
絶対に諦めたらあきません。
これをくつがえすことがまず第一歩。

主権者としての自覚と誇りを取り戻してください。

山本太郎氏が、スピーカーを肩にかけ、全国を回ってはりますね。
知らん人が多過ぎるからです。
知らされてない人が多過ぎるからです。

なんでかって?
伝えるべき報道機関の親玉連中が、総理から高級料亭に呼ばれて、とんでもない高価な料理を食べながら、
あれこれと、腹黒い密約交わしてるんやから……しゃあないんです。
そもそも、『秘密保全法』みたいな法律が成立したら、一番困るのは報道関係者のはずやのに、
それが困らん言うのやから、この日本がいかに腐ってきてるかが、ようわかります。

なので、新聞テレビに洗脳されたまんま、お笑いやらドラマ観て、ワハハワハハ笑てる人らにも、
とりあえず、成立阻止運動に参加してもらうっちゅうような贅沢は言わんから、どんな法律か、せめて知ってもらいませんか?

以下は、山本氏が作ってくれはった、嘆願書の例です。



人権や民主主義を破壊する
『秘密保全法』に反対しよう!!


自民党は、今秋の臨時国会で、『特定秘密の保護に関する法律案』=秘密保全法(通称)を提出しようとしています。

続きを読む "ドコモユーザーさん大丈夫?⇒『便利』と『快適』の仮面の裏に潜む『監視社会』と『秘密警察国家』" »

”天下の悪法”「共謀罪」の法案成立を目論む安倍政権の愚 ~「現代版・治安維持法」が現実に~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ 

Photo

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/929eb44d4ca4e5b4e2e94353ecd3aee0

”天下の悪法”「共謀罪」の法案成立を目論む安倍政権の愚 ~「現代版・治安維持法」が現実に~

夏の参院選にて圧勝を収めて以降、その”暴走ぶり”が半端なしの安倍政権が「特定秘密保護法案」「日本版NSC設立法案」に飽き足らず、今国会にて成立させんと目論むトンでもない法案がまだあることを皆さんはご存じであろうか?

それが「現代版・治安維持法」たる「共謀罪」創設法案である。

そんな話は聞いたことがないという方も多いであろうが、それもそのはず、これを報じたのは小生の知る限りでは以下に転載した9/24付けの産経のみだからである。

何故、今回、この「共謀罪」を取りあげたかというと、昨日(10/25)の東京新聞記事の中に以下の表現があるからである。

「漏えいや取得をそそのかし、あおりたて、”共謀”した場合も罰則の対象となる。行政情報を得ようとする市民団体やNPO法人などのメンバーが罪に問われる可能性がある。」

即ち、我々一般市民が情報を得ようとした際、警察等の公権力がその行動を”共謀”と判断すれば、忽ちにしてお縄になるということである。

「いくら何でもそれはちょっと考えすぎではないのか?」

恐らくそのようにお感じの方が多いであろうが、そのセリフは、本エントリー末尾の『盗聴法(組織的犯罪対策法)に反対する市民連絡会』HP上のQ&Aをご覧になってからにしていただきたい。

いかがであろうか?

続きを読む "”天下の悪法”「共謀罪」の法案成立を目論む安倍政権の愚 ~「現代版・治安維持法」が現実に~" »

2013年10月26日 (土)

憑かれているシトと、覚めているヒト。

飯山一郎
2013/10/26(土)  憑かれているシトと、覚めているヒト。
アメリカでは ロン・ポール議員が徹底して覚めている
上の画面をクリックで音声。短い動画です。エー語の勉強 ww
さて、ロン・ポールは米国共和党の下院議員で、徹底した反・戦争屋だ。彼の主張は日本人なら注目すべきだ。こうだ。↓
「日本は米軍依存をやめるべきであり、在日米軍基地は撤退すべきだ。米軍基地の抑止力と言うのは虚構に過ぎない!」として、在日米軍を「過去の遺物」と呼んだ。さらに…、↓
「戦争をしなければならないのは国民を守らなければならない時だけであり、下院による宣戦布告なしの開戦は許されない」と主張している。
イラク戦争に関しては、2002年の「イラクに対する兵力動員承認に関する法案」の下院での審議の際は徹底してイラクとの開戦に反対した。大統領になった暁には、イラクから即時に撤退すると表明していた。

今の時代、これからの社会で、いったい何が一番大切か?
それは健康と、頼れる仲間と、あと、覚めた精神と頭脳である。

覚めた精神(頭脳)を失い、何かに取り憑かれて、思い込んでしまうと人生破滅!
昨今、破滅人間が矢鱈と増えているので、ほんと、可哀相だ。

Resurrection(復活)”氏は、次のように述べている。
「いま、利己的傾向の強い人間に自己中心主義の「霊」が憑依している。この洗脳から脱するは難しい。」 (ココ読んで猪!)

“カレイドスコープ”氏も↓書いている。

日本では、まだニビル脅威論、アヌンナキ、レプティリアンが実在するという虚妄に狂わされている人々が大勢います。

これは、オカルトが何よりの好物で、自分では調べていない無責任なブロガーたちによって広められた結果です。

目を覚せない幼子のような日本人は、自ら進んで死出の旅路に踏み出していることが分からないのです。

とズバリ核心をついている。これまた熟読の記事だ。 (記事はココ)

ということで、本日の結論を3項目にまとめる

 1.“健康”は、豆乳ヨーグルトと運動と日光浴で獲得できる。
 2.“頼れる仲間”は、健康が一番!と考えているヒトと付き合う。
 3.“覚めた精神と頭脳”は、鷲の文章を読むことで獲得できる。
以上。

全国のジジイども よく聞け!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10261

2013/10/26(土)  全国のジジイども よく聞け!

 

コレ聴いて 遠い青春時代を
おもいだせ! ローハイド!

60年代。日本はまだ貧しかったが、アメリカは黄金時代だった。そのアメリカの3S(スポーツ・セックス・スクリーン)愚民化政策の最高傑作『ローハイド』の主題歌だ。
オレはクリント・イーストウッド演じるカーボーイの…、何つったけ? そ、ロディが好きだった。女たらしの不良っぽい噴霧器だが、悪人が攻撃してくると命を張って闘った。そーして3千頭のウシと仲間を守りきった! (ほんと、Eー時代だった…)

 

ClintEastwood3
クリント・イーストウッド氏(右)と、妻の
ディナ・イーストウッドさん=AP (拡大)
クリント・イーストウッド、83才。ま~ま~、今もってすんげー女たらし!35才も年下の綺麗なカミさんがいるのに、別のオンナと同棲中だって夜!そんで離婚話。
さらに朝日新聞によると「同氏は数々の女性との間に計7人の子どもがいる」んだと。
牛ー加藤 茶も顔負けの絶倫ぶりだが悪いこっちゃない。むしろ見習うべき! つーか、あやかりたい。
いや!日本の若者のセックスへの無関心は、牛ーどーしよーもないから、われわれ老人が片っぱしから若いヲンナを口説きまくってもEーん蛇ねーべか!とも思う。(爆)

あ、サービス(おまけ)クリント・イーストウッドの懐かしい写真を下に載せた。
若き日のクリント・イーストウッド、じつに若い!
オレたちにも若い時代があったんだぞ!>全国のジジイども

あの頃(60年代)は、夢があった。それは現実的な夢だった。拝金主義と物質主義。
立身出世の学歴主義に、小さな幸せ「マイホーム主義」。
この現実的な夢と希望を抱いて、み~んな元気で明るかったーー。
いまはソレがない。

今の若い衆は…、バブル崩壊後20年以上もつづく不況のなかで、夢や希望をもつこともなく、夢や希望のある国家社会のなかで元気一杯!明るく生きる人生など知るよしもなく成人して…、気がついたら放射能まみれの殺人国家。

全国のジジイども! オレたちの出番だ!
世のため人のために、もう一回ぐあんばろう! オレたちの青春を牛ー1回つくろう!
オレたちの青春は、これからだ! オレはそ~思って、今、身体を鍛えている。

それにしても、クリント・イーストウッドはこの頃の元気を持ち続けてきたんだ罠~。

 

ClintEastwood1 ClintEastwood2

 

秘密保護法案が閣議決定され、NHK経営委員に安倍晋三の元家庭教師の名前が・・・そのうち日本は「安倍一族」に乗っ取られることになりますよ。

くろねこの短語   

Photo_2

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-36cb.html

2013年10月26日 (土)
秘密保護法案が閣議決定され、NHK経営委員に安倍晋三の元家庭教師の名前が・・・そのうち日本は「安倍一族」に乗っ取られることになりますよ。

 夜中の地震はやけに揺れたと夢うつつに思っていたら、マグニチュード7.1というからけっこう大きかったようだ。台風とあわさって、震度4の揺れだった宮城県のひとたちは、さぞかし気が気じゃなかったことでしょう。

 気が気でないといえば、秘密保護法案なんだが、とうとう閣議決定されて、暗黒社会に一歩踏み出してしまった。なんてったって自公で過半数握っているわけだから、国会の議論なんかはセレモニーにしかすぎません。ほぼ成立したも同然です。この法案に加担する議員の名前は、永久に記憶にとどめておくべきでしょう。

 新聞・TVはおざなりに閣議決定のニュースを流しているけど、危機感はまったく感じられません。それどころか、阪急阪神ホテルズの偽装メニュー事件にことさらフォーカスして、秘密保護法案の影を薄くしようとしているようにすら思えてくる。それに加えて、ヤマト運輸のクール宅急便の杜撰な温度管理が持ち上がり、まあ実にタイミングのよいこと。

 それはともかく、情報とは国家のものではありません。主権者たる国民のものであって、それを権力者や官僚が隠蔽しようとすること自体、憲法違反なはずなんだけどね。秘密に指定された情報については、国政調査権すら及ばないんだから、国会そのものが形骸化することにもつながるってのに、政治家センセイの多くはこの法律が大好きなんだから困ったものなのだ。

・秘密保護法案全文

 で、秘密保護法案が閣議決定されたその日に、レレレのシンゾーはNHK経営委員にお友だちを推薦しています。なかには、レレレのシンゾーの元家庭教師だった人物もいたりして、まさにやりたい放題です。会長人事にも影響が出そうというから、NHK乗っ取りの布石なんでしょうね。

・<NHK経営委>新任4人、首相と近く…会長人事にも影響か

 それにしても、いたるところでレレレのシンゾーの取り巻き連中が登用されるという、独裁国家並みの偏向人事がよくもまあ罷り通るものだ。自民党の中にだって、反安倍のセンセイがいるだろうに、なんでこんなにも官邸の力が強くなったんだろ。これじゃまるで「安倍家にあらずば人にあらず」ってことですね。そのうち、日本が「安倍一族に」乗っ取られますよ。くわばら、くわばら。

“日米集団的自衛権”で嘆く日本のリベラル “日米同盟2プラス2”で官々諤々の韓国 

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/cd16528c320778f47954bff1d8681cfa?fm=rss

2013年10月26日
● “日米集団的自衛権”で嘆く日本のリベラル “日米同盟2プラス2”で官々諤々の韓国 

*本日は多忙のため、右翼支持者が泣いて歓びそうな日経編集委員の鈴置高史氏の韓国ウォッチャーコラムを紹介する。日経新聞では、サムソンにしてやられたと嘆き節を奏でているわりには意外なコラムの音色である。筆者にとって、必ずしも好ましい隣国ではないのだが、ここまで書くかね?というコラムなので、大変面白く読んだ。無論、内容すべてを是とするものではないが、韓国という国の、半島ゆえの、好ましからざる怨嗟の歴史を思うと、気持は複雑だ。在特会や噴き上がり右翼国民は、こぞって拍手を送るような話だ。しかし、「日米同盟強化・2プラス2」の図式をあまりにも短絡的に評価した上で語られたコラムである。「日米同盟強化・2プラス2」が韓国が苛立つほど、日本を優先したものではないことを教えてあげたい(笑)。米韓FTAを見返りなしで結んでしまったツケを、いま払わされていると云うことだ。

≪ 日米同盟強化で逆切れした韓国  「だったら、中国と同盟を結ぼう」
 米国が日本との軍事同盟を強化した。すると、中国の意向も受け反対していた韓国が「面子を潰された」と逆切れ。一部の韓国紙は「米国が日本を大事にするのなら、中国と同盟を結ぼう」と書き始めた。

■日本の新聞以上に騒いだ韓国紙
 韓国が大騒ぎになったのは10月3日。日本の集団的自衛権の行使に対し米国が賛成したうえ、多角的で厚みのある日米同盟の強化を打ち出したからだ。それを鮮明にしたのが日米安全保障協議委員会(2+2)の共同声明だ(注1)。 (注1) この声明はこちらで読める。
 朝鮮日報はそれを4日付1面トップで「米国、日本の集団的自衛権の行使歓迎……緊密に協力」と報じた。さらに4日、5日と連日、社説で扱ったうえ、日米同盟強化に関し背景や影響など様々の角度からの特集を組んだ。
 中央日報も5日付1面トップの「日米蜜月、試される韓国外交」(注2)で解説したうえ、7日付の社説でも論じた。 (注2)この記事はこちらで読める。
 日本の新聞の4日付は読売、毎日と産経が1面トップ。ただ、日経は1面4段、朝日が1面3段だった。それと比べると、韓国メディアの異様に大きな扱いが目に付く。韓国人は何をそんなに驚きあわてているのだろうか――。

続きを読む "“日米集団的自衛権”で嘆く日本のリベラル “日米同盟2プラス2”で官々諤々の韓国 " »

中学生を対象にした安全デマ教育が酷い!!

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7379761.html

中学生を対象にした安全デマ教育が酷い!!

「放射線って身近なところにあるんだね」

9月7日、豊島区立千川中学校(東京都)で、「放射線とは何か」を学ぶ公開授業が行われました。

これは、同校が定期的に行っている公開授業の一つ。

<中略>

授業に参加した生徒の声

■ 「放射線=よく分からなくてこわい」というイメージだったけど、実験によって、目に見える形でいろいろ教えてもらえてよかったです。(中2・女子)

■ 放射線が自然界に普通に存在しているものなんだと初めて知りました。(中3・男子)

■ 放射線は人の役に立つ利用法もあることが分かりました。(中3・男子)

■ 危険だと思っていたので、絶対に関わりたくなかったけど、少しの量ならそれほど心配しなくてもいいということが分かりました。(中2・男子)

F98f0ac8s

リビングひろしま2013年10月26日号(電子新聞)
http://hliving.jp/2013/1026/index.html#page=13
=============================================

原発を推進する人々がよく持ち出す論法のひとつに,自然界には元々天然放射線があり,人類はそれと共存してきたのだから,人工放射性物質も恐れるべきではない,というものがあります。

これは真実でしょうか?

=============================================
天然放射性物質と人工放射性物質の違い

続きを読む "中学生を対象にした安全デマ教育が酷い!!" »

トリチウムのオンタリオ州飲料水質基準に関する報告と助言

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7379802.html

『トリチウムのオンタリオ州飲料水質基準に関する報告と助言』

カナダ・オンタリオ州飲料水諮問委員会 2009年5月21日

19ce67ccs

2009年5月カナダ・オンタリオ州の飲料水諮問委員会は州環境省長官に対して飲料水に含まれるトリチウムの上限値を1㍑あたり20Bqとする内容の報告 書を提出した。この経緯については、諮問委員会委員長がオンタリオ州環境省長官に提出した報告書のカバーレター(表書き)に比較的よくまとめられている。 引用しておく。

「  環境省長官 ジョン・ガレステン(John Garresten)閣下

 2007年2月21日、前環境省長官、ローレル・C・ブローテン(Laurel C. Broten)閣下がオンタリオ州飲料水諮問委員会(ODWAC)にトリチウムのオンタリオ州の飲料水水質基準に関して助言を提出するよう要請しました。

 その要請はトロント市医療健康局長が環境長官に送致した手紙の結果なされたもので、医療健康局長はその地域(トロント市地域近辺のことだと思われる。トロント市から西にわずか20kmの場所にピカリング原発があり、ピカリングではトリチウムによる健康被害が-特に乳児の-以前から問題になっていた。)におけるトリチウム及びその他の放射線核種に関してさらに健康防護的なオンタリオ州飲料水水質基準を採用するよう依頼していました。また前環境基準諮問委員会(ODWACの前身)時代の1994年に提出した報告書「トリチウムの基準:環境・エネルギー長官への勧告」(“A Standard for Tritium: A Recommendation to the Minister of the Environmental and Energy”)に対して特別な考慮を払うよう要請もしていました。

 この要請に引き続いてブローテン長官はまた諮問委員会に対して、グリーンピース・カナダのイアン・フェアリー博士(Dr. Ian Fairlie)氏が書いた「トリチウム危険報告:カナダの核施設からの公害と放射線リスク」(“Tritium Hazard Report: Pollution and Radiation Risks from Canadian Nuclear Facilities”)に対しても考慮を払うよう要請していました。」

 

続きを読む "トリチウムのオンタリオ州飲料水質基準に関する報告と助言" »

【特定秘密保護法案】 原発関連情報が「特定秘密」となることが判明 ~安倍政権の本心は原発問題の隠蔽~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~

Photo


   http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/15c86dbf2e4f29f6c530f265fa205feb

【特定秘密保護法案】 原発関連情報が「特定秘密」となることが判明 ~安倍政権の本心は原発問題の隠蔽~

本日(10/25)、安倍政権の悲願である「特定秘密保護法案」が閣議決定され、今国会での成立を目指し審議されることとなった。

 

残念ながらここまでくれば、もはや誰も安倍政権の暴走を止めることはできないであろう。
いよいよ安倍晋三らの思惑どおり、今国会にて「特定秘密保護法案」と共に「日本版NSC創設法案」が成立するのである。

 

ここ最近、「米NSA」による盗聴行為が次々と明らかとなり世界各 国にて強く非難されているが、「日本版NSC」とは、愚かしくもこの「米NSA」の”劣化コピー”そのものであり、我々国民の膨大な個人情報がこの米スパ イ機関に”相互リンク”可能とされるというのであるから馬鹿馬鹿しい限りである。

 

否、実態としては、米側が”一方的”に我々日本国民の個人情報にアクセス可能となる代物であり、デジタル化されたあらゆる個人情報がプロファイリングされ、丸裸にされるのである。

本 日閣議決定された「特定秘密保全法案」については、公務員や記者のみならず、「特定秘密」指定された情報を得ようとする我々一般市民も厳罰の対象になりか ねず、国民の「知る権利」が侵害されるとして、これを非難する声が多数寄せられているにも拘らず、「そんな声はどこへやら」、アッサリと成立されようとし ているのであるから、民意無視も甚だしい”傍若無人ぶり”と断じてよいであろう。


と、ここまでは「想定内」の話であったが、今日になって驚きの事実が判明した。
それは、これまで一貫して「原発関連情報が特定秘密となることは絶対にない」としていた政府説明が一転、原発関連情報も「特定秘密」の対象となるという、トンでもない話である。

以下の赤旗記事にあるように、これは内閣情報調査室の参事官・橋場健が明言したものであるが、
その理由としては、「テロ防止」名目に、原発関係施設や核物質貯蔵施設の警備実施状況が「特定秘密」指定対象となるということのようである。

しかしながら、ハッキリ言ってこんなものは全くの”詭弁”である。

真 に「テロ防止」を謳うのであれば、原発に出入りする作業員の素性・思想信条は勿論、その家族構成から犯罪履歴等に至るまで厳重な身辺調査がなされて然るべ きであるはずであるが、実態はそんな調査は全くなされず、テロリストが原発の現場に侵入することなど容易い状況である。
(実際、マトモに全国の原発施設の夜間警備もロクにせずにテロ防止とは笑止千万である)

 

では、原発に関して政府は一体何を秘密にしようとしているのであろうか?

 

答えは簡単、それは、フクシマ原発の汚染水の状況であり、事故収束の見通しであり、放射能汚染の実態であり、放射線被曝による人体への影響等々、「フクシマの現実」の隠蔽目的であることは自明であろう。

 

続きを読む "【特定秘密保護法案】 原発関連情報が「特定秘密」となることが判明 ~安倍政権の本心は原発問題の隠蔽~" »

特定秘密保護法の閣議決定を受けて、各党の反撃の本気度はいかに?

かっちの言い分   

http://31634308.at.webry.info/201310/article_24.html

特定秘密保護法の閣議決定を受けて、各党の反撃の本気度はいかに?

<<   作成日時 : 2013/10/25 23:03 

特定秘密保護法の閣議決定を受けて、各党が本法案に対しての見解を述べている。今更、見解を述べても現実的にはもう遅いという感じがするが、何も言わないよりはいい。

それにしても、今回の国会は攻めどころ満載であるが、野党の追及が実に甘い。まるで裏で話が付いているようにも思える追及である。「汚染水完全ブロック」の大嘘などは簡単に論破できるはずなのに、誠にふがいない限りである。

この秘密保護法案に対して民主党は反対をするというが、どこまで本気かわからない。なぜなら、自民党の一人勝ちを許した野田元首相が、こんな法案を出した張本人の安倍首相に対し、よくやっていると自分のブログでエールを送っていると言うからだ。維新は、やはり野党と言いながら自民党の補完勢力だけあって、修正案を出して賛成すると言っている。全く期待できない。

この法案の担当大臣の国会答弁を聞いていたが、野党の質問にタジタジでほとんどまともに答えることができなかった。質問の中に、先に中国漁船が海上保安庁の監視船に体当たりした映像を、保安員がYoutubeに投稿したことは「秘密事項」かと問われたが、当然「秘密事項」に入ると思ったら「秘密事項」ではないという。既にお咎め無しの事項は「秘密事項」とは言えないと言う。実にいい加減であり、基準などはその時の行政の都合でいくらでも変わってしまうことを物語っている。

この中で、一番真っ当なことを主張している生活の党の公式見解が、鈴木幹事長から出された。

特定秘密保護法案の閣議決定を受けて
平成25年10月25日
生活の党

本日、政府は閣議で特定秘密保護法案を決定した。国家の安全保障に関する重大な情報を厳重に管理することは、国家の存立にかかわる重要な課題であり、機密が必要な限りにおいて、守られていなければならないことを否定しない。

しかし、安倍政権が決定した特定秘密保護法案は、日本国憲法の基本原理である国民の知る権利、言論・表現の自由を制約し脅かすものになりかねない。「特定秘密」の範囲が広く曖昧で、その指定も行政機関の長の裁量に委ねられるために、このまま法案が成立すれば、国民に知らせたくないことはいくらでも「特定秘密」として指定できる。

指定された情報を公開しようとした公務員も、情報を得ようとした報道機関も国会議員も、そして一般の国民さえも厳罰に処せられ、また何を秘密にしたのかさえ永久に分からなくすることも可能になる。

権力は腐敗する。だからこそ、民主主義の根幹である国民の知る権利を最大限保証することによって権力は絶えず監視されなければならない。各国の秘密保護法は、徹底的な情報公開制度の整備が前提となっているが、我が国の情報公開制度は未だ不十分である。

国家の安全保障と国民生活の安心安全のために特定秘密を保護するという名目で、いよいよオールマイティな国家権力が作られようとしている。我々は、国民の基本的人権を制約し、民主主義の危機を深める法案に断固として反対していく。

中々本質を突いている。「何が秘密かの基準があいまい」、「行政機関の長の考えに依存する」、「情報を得ようとしたマスコミ、国会議員、一般国民も処罰対象になる」、「これにより権力が腐敗する」、「それを阻止する情報公開が担保されていない」と述べている。生活に森ゆうこ氏が居たら、きっと政府もたじたじの反撃をしてくれたと思うと本当に残念である。早く国会に帰ってきてほしいものである。

最新の核燃料棒取り出しプランはあまりにも酷く不適切。この惑星を東電から守るためにも断固中止に!

ウィンザー通信

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/56466bccf5f391c590d9cb0f5da4b1bd

最新の核燃料棒取り出しプランはあまりにも酷く不適切。この惑星を東電から守るためにも断固中止に!
2013年10月25日

村田光平氏のオフィシャルサイトより

村田氏は、アフリカ・セネガルほか周辺国や、スイスの大使を長年勤めてこられた方です。
現在は、日本ナショナルトラスト評議員(2004~)、
原発震災を防ぐ全国署名連絡会名誉顧問、
地球システム・倫理学界常任理事、
などを勤めておられます。

彼は、これまでにも、何度となく、岸田外務大臣、菅内閣官房長官、そして安倍総理にも手紙を送り、さまざまな件について改善や考慮を願い出てはります。

その中のひとつ、安倍総理に、彼はこのような文面の手紙を書いて送らはったんです。
紹介させてもらいます。

↓以下、転載はじめ

続きを読む "最新の核燃料棒取り出しプランはあまりにも酷く不適切。この惑星を東電から守るためにも断固中止に!" »

2013年10月25日 (金)

「連合、ベア1%以上要求へ」消費税は3%も上るのに

まるこ姫の独り言 

Photo_2

http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2013/10/1-78f0.html

2013年10月25日 (金)
「連合、ベア1%以上要求へ」消費税は3%も上るのに

アベノミクスが成功したと見せかけるためのアリバイ作りが始ま
った。
大企業や、連合はあの手この手で、アベノミクスを持ち上げるが
庶民は、ただただ生活が苦しいだけだし、苦しくなる一方だ。
連合は、2014年の春闘で1%以のベアを要求すると言うが。。。

連合、ベア1%以上要求へ=中小企業は1%上乗せ
              時事通信 10月24日(木)16時7分配信

>連合は24日、中央執行委員会を開き、2014年の春闘で1%以
上のベースアップ(ベア)の統一要求を行う方針を盛り込んだ「基
本構想」をまとめた。連合のベアの統一要求は5年ぶりとなる。
 記者会見した古賀伸明会長は「物価だけが上昇して所得が伸
びなければ、家計や社会が混乱する。同時に引き上げなければ
ならない」と語り、政府・日銀が2%の物価上昇を目標とする中で
賃金引き上げは不可欠だと強調した。

1%でも上がらないより上がった方がましだが、あくまでも連合に
加入している企業が1%を要求すると言う話で。。。。
しかも消費税3%上がるのに、何で1%要求なのか。
所得が伸びなければ社会が混乱すると言うが、今まさに家計は
混乱している。
賃金も上がらぬままのインフレ政策は、確実に家計を直撃してい
るが、組合のある会社はまだ良い。
連合のような大手の組合に加入していて、連合会長の掛け声で
ベースアップできる会社は良いが、現代は組合すらない会社が
ほとんどで、連合でrさえ5年ぶりの要求なのに、組合がない企
業が政府の言うようにベースアップに応じるとも思えない。
しかも、連合のベースアップ要求がしょぼい。
5年ぶりに要求で、景気が良くなったと政府やマスゴミが大騒ぎ
し宣伝するほどのベアか?(笑)

上らないよりましだという程度で、たったの1%要求。
消費税は3%上がり、2%の物価上昇だったら、素人的には5%
のベアでないと、可笑しな勘定になる。
1%を上げても消費税は8%だ。
それに加えて、社会保障費は年々上がり、税金も復興税まで上
乗せされていては、可処分所得は減る一方だ。
悪いけど、1パーセント程度では焼け石に水じゃないか。
それでも要求できるところは恵まれている。
非正規はどうなるのか。
非正規が4割にも達すると言われているのに。

>基本構想によると、定期昇給分(約2%)の確保に加え、1%以
上のベアを要求する。賃金水準が低い中小企業の労組には、さ
らに「格差是正分」として1%程度の上乗せを提案した。同一人物
で合計3~4%以上の賃上げ要求となる。

合計3~4%でも、アベノミクスのインフレ政策には追い付かない。
しかも、これはあくまでも連合の数値で、組合に加入していない企
業が、アベノミクスが成功するために骨を折るものか。
来春以降は、大企業と組合もない一般中小・零細企業との格差
が拡がるばかりだ。
消費税10%になったらもっと中小・零細企業の業績は悪くなるの
ではないか。

消費税はどんどん上げられ、マイナンバー制で情報はほとんど捕
捉され、極めつけは秘密保護法案で権力者にとって都合の悪い
情報は秘密裏になってしまうと。。。。。
知らない内に一億総奴隷化が、じわじわと着実に進行中だ。

【広瀬隆さんより】緊急!! 特定秘密保護法案を閣議決定

日々雑感

http://hibi-zakkan.net/archives/33464138.html

【広瀬隆さんより】緊急!! 特定秘密保護法案を閣議決定

全国のみなさま  広瀬隆です

添付ファイルをご覧ください。そして下記のサイトをご覧ください。
山本太郎が解説する・・・特定秘密保護法案・国家安全保障会議・通信傍受法/愛知弁護士会の矢崎暁子さんに訊く。
日本版「国家安全保障会議(NSC)」創設法案とセット
http://taro-file.net/archives/385847.html 

以下、傑作です(管理人より)

続きを読む "【広瀬隆さんより】緊急!! 特定秘密保護法案を閣議決定" »

モンゴルの「アヴァール社」は、ダミー鴨

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10252

2013/10/25(金)2  モンゴルの「アヴァール社」は、ダミー鴨

 

50億円の影に朝青龍の姿が見え隠れ…

朝鮮総連の本部を50億円で落札した謎のモンゴル法人「アヴァール社」は、朝青龍の親戚だという。朝青龍は3年前の4月に北朝鮮を訪れ、「自分もチャンスがあればモンゴルと北朝鮮とのビジネスに参加したい」と意欲満々の国際ビジネスマンだ。
時々、コロッとダマされてしまうお人好しだが…。

 

モンゴルと北朝鮮の国家関係は、互いに友好的で緊密だ。
朝青龍は、この両国の政府トップに太い人脈がある。
で今回、朝鮮総連の本部を落札したモンゴル法人「アヴァール社」は、朝青龍と親戚関係にあるという。

問題は資金の流れだ。
ヒントは、朝青龍と北朝鮮の関係は、朝青龍と朝鮮総連の関係!鼠~ことらCー。

朝青龍が大好きな大阪のタニマチ(語源は大阪市中央区の谷町)筋の某在日僑胞(チェーイルキョッポ)なら50億程度のカネは現金で持ってる!鼠~噂もある。鷲も、このラインだろーと思う。

が、問題は、22日に東京地裁が売却認可の決定を延期し、アヴァール社の審査を続けるという異例の対応を取ったことだ。このバックに麻生太郎がいる、鼠~噂もあるんだが…、麻生は日本一の北朝鮮利権屋で、麻生のバックは仏国ラファージュ社だ。

日・仏・蒙・朝、この4ヶ国をまたがる人脈が見えてくる…。

FUKUSHIMA IS HERE!

ウィンザー通信 

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/21504fc99827c516a28b3aa9d3fb3088

FUKUSHIMA IS HERE!
2013年10月24日

 

485c86bfa32e87ad405c20e0ce10682f



<19日、米カリフォルニア州サンフランシスコの砂浜で「フクシマ・イズ・ヒア」という人文字をつくった市民ら>(共同)
2013年10月20日

人文字でフクシマと連帯 米西部海岸に500人
 
東京電力福島第1原発事故による、放射性物質拡散を懸念する、米国の市民約500人が19日、
西部サンフランシスコの、太平洋に面した砂浜に集まり、「フクシマ・イズ・ヒア(ここにも福島がある)」という人文字をつくった。
事故に苦しむ人々と連帯し、日本政府に、対策の徹底を求める狙い。

バーバラ・ウィリアムズさん(85)は、
「社会を変えるには、草の根の活動が大切。福島の原発が、今も汚染水を海に流し続けているのは、常軌を逸している」と憤った。

呼び掛けた市民団体「フクシマ・レスポンス」の広報担当ジョン・バーツチさん(62)は、米国以外でも、同様のアピールをする賛同者を募りながら、
「日本の外から、日本政府に対して、汚染実態の情報公開を求めたい」と話した。 




さて、日本のみなさん、あなたの心に『福島』がしっかり宿り、育っていますか?
あなたは『福島』を受け止め、深く考えていますか?

福島県沖の魚が“産地偽装”され食卓に上っている!

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7378592.html

福島県沖の魚が“産地偽装”され食卓に上っている!

福島県冲では、原発事故の発生直後から、全域で地元の漁が“自粛”されている。再開のめどはいまも立っていない。福島を代表する漁港であるいわき市の小名浜港でも、港に帰ってくるのは、はるばる北海道の沖合でサンマを捕ってくる大型漁船だけだ。

ところが、この誰も捕っていないはずの“福島県沖の魚”が、消費者が気付かないうちに、市場に出回って、食卓に上っているという。いったい、どういうカラクリで福島県産の魚が水揚げされ、私たちの食卓に上るというのか。

取材を進めると、福島県のある水産加工業者が、絶対匿名を条件に打ち明けてくれた。

「福島県では、漁ができない。だから魚を買い付けて売りさばく、仲買の仕事もできない。そこで、福島の卸業者は県境を越えて、茨城の漁港までいって、そこに水揚げされる魚を競り落として商売にしている」

通常、仲買人や地元の直売店が魚を競り落とすと、その場で箱詰めして発送したり、そのまま店頭に並べたりする。ところがーー。

「一部の業者は、その魚を福島の港まで運ぶ。そして、そこで箱詰めの作業をする。ところが、その箱詰めが問題なんだ……」

このとき、魚が箱詰めされる発泡スチロールには、あらかじめ「○○産」などと金型で彫り込まれていたり、印字が施されていたりするという。本来の産地とは違った地名が書かれたそうした箱をわざわざ用意しておくのだ。

「そこに茨城から買ってきた魚を詰めちまう。箱には○○産とあるから、出荷された先ではわからない……」

これは明らかな"産地偽装"だ。こうしたことは、少なくとも昨年の秋口から行われ、この業者と直接取引のある東京や神奈川のスーパーや小売店に出荷されていったという。そしてもうひとつ、ここに重大な疑惑が絡んでくる。前出の水産加工関係者が続ける。

「漁船がいったん沖に出ていけば、どこの魚を獲っているかは、わかったものじゃない。県境を越えて、福島沖で獲ったものを水揚げしていてもわかんねぇんだ」

つまり、原発事故による汚染で漁を自粛に追い込まれている場所に、他県の船が入り、魚を捕っている、その可能性も否定できない、というのだ。だが、そんなことが本当にあるのかーー。

「ああ、こっちにも入って来ているよ」

操業自粛に追い込まれている福島の漁業関係者を取材すると、そうあっさり認めた。現地を歩くと、福島をはじめ近隣の漁業関係者、水産加工関係者の窮状は筆舌に尽くし難いものがある。だからといって、消費者の信頼を根底から欺く、漁場や産地の偽装を決して許してはならない。

だが、そうせざるを得ないような状況に追い込んだ、福島第一原発の事故と、いまだに事故処理の進まない現状にこそ、消費者の健康をむしばむ元凶があることを忘れてはならない。文/青沼陽一郎(ノンフィクション作家)

女性自身 10月22日(火)0時0分配信
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20131022-00010002-jisin-soci
=========================================

福島と近い茨城産の魚がより遠くの産地のものとして流通しているということです。

しかも,その"茨城産"の魚は茨城の漁師が福島で獲ったものである可能性さえあると……

やっぱり魚は恐すぎて食べられません。


正気が消えた社会…

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10251

2013/10/25(金)  正気が消えた社会…

 

精神薬が売れまくり 医者も患者も精神病

精神異常者が増えている

精神薬が売れまくりである。精神のバランスを崩したシトが激増しているという背景があるからだ。「医は算術」という背景もあるが…。 悪循環。

ある精神病院での会話。

患者: 先生、私は自分が犬なのではないかと思っているのですが
医者: ほー。いつ頃からそのように思うようになったのですか?
患者: 私が子犬の頃からです

この話は“アメリカン・ジョーク”であるが、笑ってもいられない。

とくに日本では「思い込み」にハマってしまい、精神のバランスを崩した人が激増している実態があるからだ。

なにしろ日本では総理大臣までもが逝っちゃってる感じだ。
だっから米国も中国も韓国も、首脳が会ってくれない。プーチンも会ってはくれたが呆れ顔。亡国の原発事故はそっちのけで、ミエミエのウソついて東京五輪。これが「日本をトリモロス!」ってこと? 気は確か?

マスコミも、大企業も、農水省も、「食べて応援、福島!
これをオカシイ!と思わない精神状況。逝っちゃてる罠~~ (´,_ゝ`)

国家社会のリーダーたるべき人が、みんなオカシクなっちゃってる…。

文殊菩薩の元編集長なども、志布志の市会議員宅をわざわざ訪問し、
「日本は宇宙人が救ってくださいます!」と、真顔で1時間以上もブチまくったという精神異常ぶり。 大恥かいたのは「友人」の鷲。

飄(つむじ風)も、完璧なハマッキー信者
鷲は昨日、「飄(つむじ風)はオワタ!」と宣言し、合掌 した。(爆)

あと2~3年もすると、まわりが全部パープーな宇宙人!てなことになっちゃうんだろーなー。

正気が失せた国家社会…。日本人の精神崩壊がはじまっている。

「安倍総理! 民の悲鳴が聞こえぬか!  亀井静香」  

晴耕雨読

http://sun.ap.teacup.com/souun/12397.html

2013/10/25
「安倍総理! 民の悲鳴が聞こえぬか!  亀井静香」  

安倍総理! 民の悲鳴が聞こえぬか!  亀井静香 投稿者 世界精神 日時 2013 年 10 月 23 日 から転載します。

 安倍政権の推進する消費増税やTPPは、確実に日本国民の生活を蝕み、格差を拡大させる。アベノミクスで景気が良くなったなどと言っているが、それは一部の人間だけで、中小零細企業は悲鳴をあげている。

 それにもかかわらず大手マスコミはそれに反対の声をあげようとしない。彼らは皆、カネ、カネ、カネの論理で動いている。

 どうすればこの金権主義の世の中を打ち破ることができるのか。我々には何が必要なのか。そのことについて真剣に考えねばなるまい。

続きを読む "「安倍総理! 民の悲鳴が聞こえぬか!  亀井静香」  " »

原子力規制員会の安全審査は単なるアリバイ作り

陽光堂主人の読書日記

http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-1119.html

原子力規制員会の安全審査は単なるアリバイ作り

昨日付の「日刊ゲンダイ」に、新潟県知事の泉田裕彦氏に対するインタビュー記事が掲載されています。先月末に柏崎刈羽原発6・7号機の安全審査の申請を条件付きで認めたので、泉田知事がひよったのではないかという懸念から行われた直撃インタビューです。

 この遣り取りを見る限り、住民の命と安全と財産を守るという知事の信念は変わっていないようです。東電側が県の要請を受け入れたので、手続き上、安全審査の申請を断る理由がないとのことです。後は東電がどう出るかにかかっています。

 インタビューの中で重要な指摘がなされていますので、以下その部分を引用します。原子力規制員会が行っている安全審査について、泉田知事は次のように批判しています。(http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-10116.html)

「そもそもあれは安全審査じゃない。規制基準適合審査なんです。そしてその規制基準は、一定の確率で事故が起きるという基準です。事故が起きても『我々は起きる前提でご説明していましたから、基準には合ってたんです。責任はありません』と言うために審査をやっているとしか言いようがありません。規制委員会には設備班と断層班しかないんです。世界の標準は『住民の命と健康をどう守るか』なのに、田中委員長は『そこは私たちの仕事ではない』と言う。無責任以外の何ものでもありません」

 要するに、原子力規制員会の安全審査は、責任逃れためのアリバイ作りに外ならないわけです。あれだけの大事故を引き起こしても、原子力ムラの住人は誰一人責任を取っていませんが、その同じ連中が厚顔にも「安全審査」しようというのですから、国民をバカにしています。

 原子力ムラの住人たちは原発から遠く離れた場所に住んでいるので無責任で、当事者感覚がありません。「住民の命と健康を守る」という世界標準に近づけるためには、原発内か直ぐ近隣に彼らを住まわせる必要があります。そうすれば直ぐ対策が打てますから一石二鳥です。それが嫌なら原発推進の旗など振るべきではありません。

 泉田知事は、自己の責務について次のように述べています。

「知事としてやらないといけないことは、住民のみなさんの安全と生命と財産を守ること。07年の中越沖地震の時、柏崎刈羽原発の東電のサイトと連絡が取れなくなりました。ホットラインのある建物が地震で歪んでドアが開かず、入れなかったというのですが、地震の際、事故は複合で起きるわけだから、ホットラインが使えないと困ると、かなり言ったんです。もう知事、そろそろいいんじゃないかという話も多々ありましたけど、断固としてやってくれと言った。そうしたら造ってくれたのが免震重要棟なんです。あわせて、福島にも免震重要棟を造った。完成したのが、東日本大震災の8カ月前でした。だからあの時、私がひよって、言うべきことを言わなかったら、あの福島に免震重要棟はなかったんですよ。免震重要棟がなかったら、いま東京に住めないんじゃないですか。口をつぐんでしまえば、同じ事故が起きたときに不作為の責務を負ってしまう。『変人』と言われようと、言うべきことは言っていきます」

 泉田知事が頑張ったお陰で福島第1原発に免震重要棟が出来たそうです。確かにこれがなかったら東京は大変なことになっていたでしょう。震災の8カ月前ということですから、結構ギリギリのタイミングで、危ないところでした。

 知事は利権屋から変人扱いされていて、原子力規制委員会の田中委員長も「個性的な人」と嫌らしい言葉を投げ付けています。泉田知事のお陰で最悪の事態を避けることが出来たのに、田中氏の方が余程変人です。知事には、今の調子で頑張ってもらいたいものです。

 変人かつ無責任な田中委員長ですが、どういう訳か汚染水問題に関しては正直で、「事態は益々悪くなっている」と安倍政権の意に沿わない発言をしています。それほど状況は悪化しているわけですが、国際的な動きを見据えて早くも保身に走っているのかも知れません。

 ロシアは福島第1原発の状況を危惧しており、国際管理下に置いて解決することを提案しています。(23日付「The Voice of Russia」) そうなったら安倍内閣は真っ青で、政権の座から降りなければなりません。現状のままでは政府や東電の任せていても解決不能ですから、決断するなら早い方がよいでしょう。

「特定秘密は政権交代したら解除もあり得る」ってことは、権力者が好き勝手に秘密指定できるって言ってるようなもんだろう。

くろねこの短語

Photo


http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-6089.html

2013年10月25日 (金)
「特定秘密は政権交代したら解除もあり得る」ってことは、権力者が好き勝手に秘密指定できるって言ってるようなもんだろう。

 阪急阪神ホテルズの偽装メニューの釈明会見は、まるでコントだったね。とびっ子をレッドキャビアとしたのは納入業者の表示に従ったからとか、フレッシュジュースがいつのまにか既製品にすり替わっていたのは現場との連携ミスだとか、漫才だったら「舐めとんのか」と突っ込むみどころ満載でありました。こんな低レベルの言い分けを堂々と記者会見で口走っちゃたんだもの、企業としての品格もへったくれもありません。

 品格がないのは政治家なんか最たるもので、平気で嘘つく輩が永田町に跳梁跋扈しているんだが、そんな嘘つきたちが今日の午前中にも特定秘密保護法案を閣議決定するようだ。ここにきて、憲法学者が反対声明出したり、自民党の中からも疑問の声が上がってきたようだが、なんとも歯がゆい。なんとなれば、行き着くところは新聞・TVの無関心ぶりにあるわけで、どんなに反対の声が大きくなっても、これをマスメディアが無視し続ければ、それはなかったことになっちゃうからなんだね。

 昨日の予算委員会で、レレレのシンゾーは、「政権交代で新しい内閣が誕生した場合、あらためてその適否を判断することもあり得る」って答弁したけど、つまり権力者が恣意的にいかようにでも秘密指定ができちゃうってことを意味じくも曝露してくれたわけです。このことひとつ取り上げたって、この法律がどれだけ危険なものかわかろうというものだ。

参院予算委:政権交代で変更も…特定秘密の指定、首相答弁

 しかも、この法律の文言には、霞ヶ関流の作文手法が随所に散りばめられていて、東京新聞「こちら特報部」が、そこを丹念にリポートしてます。たとえば、「又は」「その他」「関する」などを多用することで、いかようにでも拡大解釈できる罠が仕掛けられてるんですね。テロリズムについて、「政治上その他の主義主張に基づき、国家若しくは他人にこれを強要し、又は社会に不安若しくは恐怖を与える目的で人を殺傷し、又は重要な施設その他の物を破壊するための活動」なんて定義している表現はその典型です。この条文の「政治上その他の主義主張に基づき」という文言は、さあその後のセンテンスのどこまでかかっているでしょう・・・てなクイズをやってみたくなる。東京新聞の解説を引用すると、

(これより引用)

 原発の再稼働や輸出に熱心な安倍政権から見れば、脱原発運動は「政治上の主義主張に基づき、国家に強要」することにほかなにない。その後の「人を殺傷し」などの条件が、「かつ」や「同時に」でつながっていれば、デモ行進などは入らない。
 しかし、条文は「又は」である。「政治上・・・」の部分は単独で成立している。

(引用終わり)

 つまり、「政治上・・・」の文言が、「又は」以後にもかかっているかどうかで意味が違ってくるわけで、レベルの低い国語の問題みたいなもんです。答えは、「どっちにもとれる」。これは恐いことなんだね。そりゃあ屁理屈だろう、って文句言っても通じません。これが霞ヶ関の作文手法なんですから。

 つい最近、日本人の読解力は世界一って調査結果が発表されたけど、特定秘密保護法案に散りばめられた霞ヶ関流作文手法を読み解く力こそがいま必要なのだ、と実感する台風接近の金曜日である。

4号機 燃料取り出し前倒し 来月8日にも

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7378401.html

4号機 燃料取り出し前倒し 来月8日にも

東京電力が福島第1原発4号機の使用済み核燃料プールに保管している1533体の燃料取り出しについて、早ければ11月8日にも開始する方針を固めたことが23日、関係者への取材で分かった。

廃炉が決まっている1~4号機のプールからの本格的な燃料取り出しは2011年3月の事故以来、初めてとなる。当初計画では11月中旬の開始予定だった。

政府・東電が示す廃炉工程表は三つの期間に分かれており、「第2期」に当たる4号機プールからの燃料取り出し開始で、廃炉工程は新たな段階に入る。取り出しは来年末まで続く見込み。

燃料取り出し前倒し4号機

2013/10/24 05:54   【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201310/CN2013102301001711.html
=========================================

そうなんですよね。

作業自体,失敗が許されない類のものなので,東電では不安だし,事故原因にかかわる重要な証拠を隠蔽してしまう可能性があるという意味でも東電は適性を欠いていると思います。

4号機核燃料取出で放射能再拡散!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7319466.html

「東電に任せてる場合ですか」 田中三彦
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7308759.html

4号機燃料取り出しと建屋カバー建設計画の真相
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6358494.html

この『青島ミカン』の写真は、みさと屋/野菜食堂のオーナー・藤川氏の誠実さの表れ

ウィンザー通信

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/79dd50fbb35a300cfd07cc346b3dcf86

この『青島ミカン』の写真は、みさと屋/野菜食堂のオーナー・藤川氏の誠実さの表れ
2013年10月24日

 

Mikan

↑この写真、先日に載せたので、覚えてはる方もいらっしゃると思います。
この写真を見て、dominaさんという方が、ぜひこのお店がどこにあるかを教えて欲しいと、コメントしてくださいました。
そして、その写真についての詳しい情報を、残し忘れたわたしが困っていたら、白やぎさんがちゃっちゃと調べて、教えてくださいました。

もしかしたら、みなさんの中にも、ぜひ知りたいと思わはった方がいらっしゃるかもしれないと思い、もう一度改めて載せておきます。

この写真のお店は、東京、調布にある 『みさとや/野菜食堂』
http://www.jca.apc.org/~misatoya/index.html

3.11以降、一度も灯したことがないという
30894e1f952e6d79cf6a22a0497070f9

みさと屋のレストラン
MISATOYA・野菜食堂


・住所:
〒182-0024 調布市布田2-2-6
・TEL:
0424-87-1714
・FAX:
0424-87-1742

・営業時間(日祝休)
11:45~14:30
(ランチタイム)
食事セット650円より

14:30~17:00
(ティータイム)
お茶とケーキのサービス
(貸しスペース)
この時間帯は貸しスペースとして、ご会合やセミナーにご利用いただけます

17:00~20:00
(ディナータイム)
食事セット800円より

残念なお知らせ

みさと屋・野菜食堂は、22年前(1986年)の開業時から、変わらない値段で、ランチ(お食事セット)を提供してきました。
しかし、今年に入ってからの多くの食材の値上げのために、たいへん苦しい状態になってしまいました。
このままでは、安全な食事を提供させていただく仕事自体を、あきらめなければならない事態となりかねません。
 
たいへん申し訳ありませんが、お食事セットの値段を、3月から、約100円ほど上げさせてください。
多くのお客様にご迷惑をおかけしたり、落胆させたりすることは、承知の上です。
私たち自身も「値上げをした経験」がないので、困惑しています。
 
そして、今回の値上げだけで済むかどうか、不安です。
今後もさらに、小麦や大豆の値上がりが、予想されているからです。
国産材料中心の安全な食事が、庶民の手の届かない「高価」なものとなってしまったら、私たちは廃業したいと思います。
お金持ちのためのグルメ料理を、提供したいのではありません。
「この内容で、この値段なら、納得できる」と、お客様が感じてくださる水準を、なんとか維持していきたいと思います。
 
お願いです。
値上げに対する怒りは、私たちに対してではなく、食材高騰の原因を作った小麦や大豆やトウモロコシを、
食品ではなく「投資」の対象としてしか見ない人たちに、向けていただきたいと思います。

みさと屋/野菜食堂
TEL:042-487-1714



そしてこれ↓が、オーナーである、藤川泰志さんのフェイスブック(このブログ記事に載せたみかん)の写真です。

https://www.facebook.com/photo.php?fbid=427554530666819&set=a.108481952574080.23342.100002368285221&type=1

今年初の、神奈川みかんが入荷。
はらはらしながら放射能測定をしてみると……、

「青島みかん」と呼ばれる、湯河原のみかんから、5.6ベクレルを検出。

国の基準の1/15以下の微量だから、同業他社・店は、「不検出」として売ることになるだろう。
最も厳しい基準を掲げているところでも、10Bqだから。

私の気持ちとしては、幼児には食べさせたくないので、
写真のようなポップをつけて、店頭に並べました。
買ってくれる人がいるでしょうか。
実験をしているようなものです。

地元紙「福島民友」による行き過ぎた「穏やかな日常」の演出 ~”既成事実化”される「原発安全神話」~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/40634284c8790586bb63b43d1aa1b185

地元紙「福島民友」による行き過ぎた「穏やかな日常」の演出 ~”既成事実化”される「原発安全神話」~
2013年10月25日

「これが福島県の目指す”復興”の姿なのか?」

 

本日(10/24)付の地元紙「福島民友」に並ぶ”お花畑満載”の 記事を読んでいると、まるで原発事故の収束目途が立ち、残すところは街の復興のみであるかのように錯覚してしまう報道姿勢に終始しているのであるが、ハッ キリ言ってこれは話の順序自体からしてメチャクチャな内容である。

フクシマ原発の地元紙だからこそ、まずは汚染水問題、原発プラントの現状、収束に向けた作業の見通しといった問題と真正面からきとんと向き合い、その見通しが立ってはじめて街の復旧や、街を元の姿に戻す術を語るべきはずである。

 

にも拘らず、未だ線量が高いままの地域での生活を”美化””称賛”してこれを後押しするなど、言葉は悪いが、重大犯罪に等しい行為であろう。

 

さて、この「福島民友」であるが、何のことはない、”CIA要員”ナベツネ率いる読売新聞傘下の地元紙であり、現社長の神田俊甫も当然の如く”本体”たる読売新聞出身である。

早い話、「福島民友新聞」=「読売新聞・福島地方版」ということであり、そのように考えると数々の「安全神話」「美談」が連呼される理由も容易に理解できるであろう。

即ち、原発を日本に導入するべく、読売新聞社主として、そして政治家として中曽根康弘らと共に暗躍したのが読売新聞創始者である”CIA要員”の正力松太郎であることを考えれば、「原発の歴史=読売の歴史」と言っても過言ではないであろう。

そのような背景を意識しながら、以下に取り上げた「福島民友」に掲載されている原発関連記事をご覧いただきたい。

1つ目の記事などは見出しこそ『”揺れる”「1ミリシーベルト」基準』としているが、紹介されている住民コメントは1ミリシーベルトという数値にこだわる必要はないとの一方的なものばかりである。

同記事より、福島民友(=読売)が”インチキ原発推進機関”たるIAEAと共に、フクシマ原発周辺地域における低線量被曝による健康被害の有無そのものを有耶無耶にせんとする思惑が働いていることは自明であろう。

続いて、猪瀬都知事による「東京五輪の各国選手の合宿地を被災3県 に」との発言であるが、高濃度汚染水が制御不能という状況の中で非常に危険な4号機燃料プールの使用済み核燃料の取り出しを控えた段階で、安易に口にすべ きではない無責任極まりない話であると断じてよいであろう。

フクシマの現状を日本以上に憂慮してみている世界各国が、自国の選手団の合宿地に被災3県を選ぶことなど、情弱国の政府高官に余程のカネを握らせでもしなければまずあり得ない話である。
(東京五輪誘致にてすでに”ロビー活動”と称して多額のカネがばら撒かれている故、今さらの話であるが)

これ以外にも、浪江町内に「仮設焼却施設」を建設して汚染瓦礫処理 を行なうことで大気中に放射性物質をぶちまけるわ、「高濃度汚染瓦礫」を実に安易に原発敷地内に埋めるわ、汚染土壌の中間貯蔵施設建設用地の所有者の頬を 札束で叩くことを当然のように肯定するわ、といった具合である。

正直言って、「ここに”正常な精神”は存在しているのか?」と強い疑念を感じる次第である。

そして最後はいまやすっかり”お約束”となった「風評被害」&「美談」ネタである。

海外の首脳らが集まる国際会議「島サミット」を福島県で開催することで福島第1原発事故による「風評被害」の払拭につなげると共に、絶滅危惧種「ウミミドリ」が保全区域で見つかったことに希望を見い出す記事内容である。

 

しかし、申し訳ないが「ウミミドリ」の話など、それと引き替えに一体何種類の動植物が深刻な放射線被害で絶滅同然の危機に瀕しているかを考えれば、”希望”よりも圧倒的に”絶望感”が大きい話と言うべきではなかろうか?という話であり、喜んでいる場合じゃなかろう。

 

「福島民友」によるあまりに酷い記事の連続を目の当たりにして、今回は随分と毒を吐いてしまったが、「穏やかな日常」を演出するにしてもあまりに”行き過ぎ感”が半端ない内容であった故、敢えて思いのままに頭に浮かんだ言葉・思いを活字にさせていただいた次第である。

兎にも角にも、東京五輪招致における「安倍汚染水発言」および”原 発推進機関”IAEAによる「1ミリシーベルト有耶無耶化発言」により、チェルノブイリ同様、日本においても隠蔽に満ち溢れた「原発安全神話」が”既成事 実化”されようとしていることをよくよく理解することが肝要であろう。

 

 

 

(転載開始)

 

続きを読む "地元紙「福島民友」による行き過ぎた「穏やかな日常」の演出 ~”既成事実化”される「原発安全神話」~" »

安倍首相の祖父さん時代の特高を復活させる、特定秘密保護法案

かっちの言い分 

http://31634308.at.webry.info/201310/article_22.html

安倍首相の祖父さん時代の特高を復活させる、特定秘密保護法案

<<   作成日時 : 2013/10/23 22:10   >>

特定秘密保護法案は公明党も認め閣議でも認めて、本国会に提出されることが確実で、そのまま行けば絶対多数の自公の賛成で法案化されてしまう。

この拙いブログでいくら批判しても無駄な努力というものであるが、東京新聞も渾身の批評を書いている。「戦前を取り戻す」のか、とまで言っている。つまり、安倍首相に、あなたの祖父さん(岸信介)の時代に逆行させるのか?と怒っている。

「戦前を取り戻す」のか 特定秘密保護法案
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2013102302000123.html

 特定秘密保護法案が近く提出される。「知る権利」が条文化されても、政府は恣意(しい)的に重要情報を遮蔽(しゃへい)する。市民活動さえ脅かす情報支配の道具と化す。

 「安全保障」の言葉さえ、意図的に付けたら、どんな情報も秘密として封印されかねない。

 最高十年の懲役という厳罰規定が公務員を威嚇し、一般情報も公にされにくくなろう。何が秘密かも秘密だからだ。情報の密封度は格段に高まる。あらゆる情報が閉ざされる方向に力学が働く。情報統制が復活するようなものだ。一般の国民にも無縁ではない。

「何が秘密かも秘密」というものだ。また米国では大統領の秘密ですら公文書管理下に置かれるが、行政機関の「長」、つまり大臣から事務次官レベルでいくらでも秘密を担保出来てしまう。

◆米国は機密自動解除も

 秘密保護法案の問題点は、特段の秘匿を要する「特定秘密」の指定段階にもある。行政機関の「長」が担うが、その妥当性は誰もチェックできない。

 大統領でも「大統領記録法」で、個人的なメールや資料、メモ類が記録され、その後は公文書管理下に置かれる。機密指定の段階で、行政機関の「長」は常に「説明しなさい」と命令される状態に置かれる。機密指定が疑わしいと、行政内部で異議申し立てが奨励される。外部機関に通報する権利もある。

ここからが非常に重要である。

続きを読む "安倍首相の祖父さん時代の特高を復活させる、特定秘密保護法案" »

2013年10月24日 (木)

「線量が高すぎる。地元業者では福一で働く人間の神経を疑うと話している」いわき市業者

KABASAWA YOUHEI BLOG

http://ameblo.jp/takumiuna/entry-11650168628.html

October 24, 2013
「線量が高すぎる。地元業者では福一で働く人間の神経を疑うと話している」いわき市業者

「人員問題は近々、行き詰まるだろう。最後は雇い兵のような外国人を雇うつもりだろうか」元福島原発作業員

本日の東京新聞が福島原発の作業員不足が深刻であると伝えています。
4号機の燃料取り出しがこれからはじまるという情勢の中、本当に収束できるのか。
外国人を多数動員なんていうことが近い将来訪れるような気がしてなりません。

O0709096012726357024


福島原発事故の収束や賠償などの金銭的重圧にあえぐ東京電力。政府は同社を破綻処理せずに税金で救済しようとしているが、問題は財務面だけではない。人手も不足しつつある。経験豊かな作業員が現場を離れ、素人同然の作業員が増えてトラブルを生む。東電本体の離職者も増えている。まだ事故から2年半。向こう数十年にわたる収束、廃炉作業に黄信号がともっている。

◆離れる地元企業 線量高く

続きを読む "「線量が高すぎる。地元業者では福一で働く人間の神経を疑うと話している」いわき市業者" »

“同病あい憐れむ”宗主国と属国 米国の秘密は期間限定、日本の秘密は永遠

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/0699a42727b349096110dd9b6ff4be67?fm=rss

2013年10月24日
● “同病あい憐れむ”宗主国と属国 米国の秘密は期間限定、日本の秘密は永遠

 限界集落とは≪過疎化などで人口の50%以上が65歳以上の高齢者になって冠婚葬祭など社会的共同生活の維持が困難になっている集落を指す、日本における概念。「限界集落」にはもはや就学児童など未成年者の世代が存在せず、独居老人やその予備軍のみが残っている集落が多く病身者も少なくないという。≫(ウィキペディア)となっている。新潟中越地震から9年を迎えたわけだが、旧山古志村(現長岡市)では人口が半減し、過疎と高齢化が山古志地域を襲っているという。火山噴火や土石流災害で伊豆大島(東京都大島町)も過疎化は、限界集落の怖れを感じないではいられない。

 「限界集落」はいつの日か消滅する村や町と言われているが、実際には意外にしぶとく生き残る。山下祐介氏の著書『限界集落の真実 ─過疎の村は消えるか?』でも疑問を呈しているが、意外にも定義上「限界集落」と呼ばれた地域は元気に存在している。勿論、財政上の不都合で生活は必ずしも快適とは言わないが、このような地域では日本独特の「共同体自治意識」が強く、自助・共助の精神でしぶとく生き残っている。また、最近では、土着的に棲んでいた人々の中に、都会目線から脱却した若者世代の参入するケースも増えてきた。そこには、微笑ましくなるような「ジジババと孫」と云う奇妙な共同体が成立している。

続きを読む "“同病あい憐れむ”宗主国と属国 米国の秘密は期間限定、日本の秘密は永遠" »

放射能濃度さらに上昇14万ベクレル、規制委員長、非公開で東電社長と面談へ

まるこ姫の独り言 

http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2013/10/14-ccc0.html

2013年10月24日 (木)
放射能濃度さらに上昇14万ベクレル、規制委員長、非公開で東電社長と面談へ

この体たらくで、福島がコントロールされていると言えるのか。
誰が見ても、福島は悲惨な状態なのに、コントロールされている
と詭弁を使っているのは、安倍首相と国会で汚染水はブロックさ
れていると答えて、安倍首相を野党の攻撃からブロックした甘利
経済再生 担当大臣だけではないか。

放射能濃度さらに上昇=14万ベクレル、外洋への排水溝                
                時事通信 10月24日(木)8時4分配信

>東京電力は24日、福島第1原発港湾外の外洋につながってい
る排水溝から23日に採取した水で、ストロンチウムなどのベータ
線を出す放射性物質が最大で1リットル当たり14万ベクレル検出
されたと発表した。この場所での過去最高値を更新し、同じ場所
の前日の値と比べても2.3倍に上昇した。

この場所での過去最高数値を更新し前日の値と比べても2.3倍だ
と?
ますます、ひどくなる汚染水じゃないか。
というか、地上から地下から水は止めようがないという事だ。
10月に入ってから台風が頻発しているが、人間の考えることや
人間が作ったものは、自然の猛威の前にはなすすべがない。
伊豆大島の災害でも見事に証明している。
どれだけ科学が発達しても、どれだけ人々の暮らしが便利になっ
ても、大自然の力には到底太刀打ちできないのだ。

福島だって、汚染水は留まるところを知らず、安倍首相のアンダ
ーコントロール発言とは裏腹に、状況はますます悪化している。
使用済み燃料棒の最終処分場もどこに作るのやら、いかにも原子
力を甘く見たツケが今、ここにきている。
人間は、自然に対してもう少し謙虚になる必要があるのではない
だろうか。
傲慢すぎた。
今年の日本は災害列島ではないか。

福島原発はにっちもさっちもいかない状態に陥っているが、ここへ
きて、規制委員長と、東電の社長が非公開で会談をするそうだ。

田中規制委員長、非公開で東電社長と面談へ
                ロイター 10月23日(水)17時2分配信

>原子力規制委員会の田中俊一委員長は23日の定例会見で、
東京電力<9501.T>の広瀬直己社長と近く会談する意向を明ら
かにした。汚染水処理などでトラブル続きの福島第1原発への対
応について、「ありとあらゆる問題について率直に意見を交わした
い」と述べた。
原子力規制庁によると会談は非公開とする方針だ。

東電を監督する規制庁と監督される側の社長が密室で会談する
なんて、国民を舐めているのか。
しかも、柏崎刈羽の再稼働審査も議論するそうだ。
秘密保護法案を、今から地で行くような非公開会談だ。
秘密保護法案が可決されたら、取り締まる方と取り締まられる方
がどんなことをしても、“安全保障”の名の下にどんな暴走だって
出来てしまう。
この会談はガラス張りで行われるべきだ。

しかし北朝鮮や中国を、ねつ造やら隠ぺいやらとマスゴミは嗤う
が日本だって程度の差こそあれ、同じようなものじゃないか。

【秘密保全法・第2R】 「世論の90%が秘密でないと言っても、行政が判断すれば秘密となる」

田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.jp/2013/10/0008097

【秘密保全法・第2R】 「世論の90%が秘密でないと言っても、行政が判断すれば秘密となる」
2013年10月24日 16:51

97a439bb6a44be7daaefc28028faa83f主濱了議員(生活の党)。「罪刑法定主義を突破しない限り、この法案をあげた途端、安倍総理は笑い者になる」。=24日、参院会館 写真:島崎ろでぃ=

 秘密保全法(特定秘密保護法)案が明日(25日)にも閣議決定されるようだ。野党議員たちがきょうまた、政府を相手に秘密保全法の秘密に迫った。21日に続く第2ラウンドも「行政の突出」が明らかになった。

 政府は前回同様、内閣官房、警察庁、防衛庁、総務省、外務省の中堅官僚が出席した。人数は前回より4人増え、総勢11人となった。

 野党議員が真っ先に質したのは、特定秘密保護法の立法過程だ。前回(21日)の交渉でも福島みずほ議員(社民)が「有識者会議のメモを出してくれ」と迫った。

 立法経緯のメモをなぜ開示しないのか? との質問に内閣官房は「今のところ公表するつもりはない」と突っぱねた。なぜ公表できないのか? と重ねて問うても「中味になる部分を精査する必要がある」と応じない。

 立法過程も明らかにできない、闇の中で作られた法律が国会議員や国民を縛ることになるのだろうか。

 何が(特定秘密の)情報漏えいにあたるのか? を質すために、野党議員たちは「過去に何件の情報漏えいがあったのか?」と尋ねた。内閣官房は「内閣情報調査室としては把握していない」と答えた。

 そこで直近のケースとして尖閣沖衝突事件(2010年9月)のビデオ流出について、政府の見解を聞いた。内閣府の回答は「ビデオそのものはそう(情報漏えい)ではない」だ。

 しかし「(衝突事件の)情報そのものは秘密か?と聞くと「保護すべき情報は保護すべき」と答えた。海上保安庁の巡視船が中国漁船に衝突された事件そのものは秘密にしておきたいようだ。漏えいした海上保安官は罪に問われることになる。

 「世の常識からして秘密ではない」とされる事項がどう扱われるのかも気にかかる―

 野党議員「世論の90%がそれは秘密でないとしても秘密か?」
内閣官房「行政が判断すればそれは秘密指定になる」―“秘密指定は官僚のほしいままだよ”と公言した瞬間だった。

4030d30d3433964e519c593226275d45吉良よし子議員(共産党)は「権力に従う従順な人しか中央省庁にいられないんじゃないか?」と追及した。=写真:島崎ろでぃ=

 前回の交渉で内閣府は「原発とTPPは対象にならない」としていたが、きょうの交渉では一転「核物質の保護は警備上、秘密指定されるものもある」との見解を示した。

 特定秘密保護法の怖さは「何が秘密なのか分からない」ことだ。主濱了(しゅはま りょう・生活の党)議員が「罪刑法定主義に合致しているのか? 予め“これは罪にあたる”と国民に知らせておかねばならないが?」と問い質したが、官僚からは明確な回答はなかった。

 さらに驚いたのは警察の対応だ。
野党議員「捜査員はこれが特定秘密だと言っていて捜査をするのか?」
警察庁「秘密指定するのは担当省の長。警察としてはどれが特定秘密にあたるのか分からない」。

 同じくらい驚いたのは内閣官房が「(秘密指定は)第3者によるチェックは予定していない」と答えたことだ。これこそ闇の中だ。

 特定秘密を指定する行政機関の長だけが超然としていることも明らかになった。山本太郎議員が「行政機関の長は適正評価しなくていいんですよね? 一番狙われるんじゃないんですか?」と質した。

 内閣官房は次のように答えた―

 「その人たちは当然特定秘密を扱えるものだと考えておりますし、それから任命されるにあたって当然必要な様々な判断が。。。たとえば内閣総理大臣になりますと国会の中で審議されるものでありますので、そういうことを考慮して適性評価を有しないということのほうの整理をさせて頂いております」。

 読解不可能だ。官僚答弁と言えばそれまでだが、わけが分からない。質問した山本議員も内閣官房の回答に「言ってる意味が分からないんですけども」と言う他なかった。

 近代刑法の原則である罪刑法定主義もあいまい。行政の長が秘密指定し、第3者によるチェックも受けない。秘密を指定する行政の長は適正評価を受けない。

 かりに人格破綻者であっても行政の長ともなれば、ほしいままに秘密指定ができる、ということだ。北の将軍様を笑えない。特定秘密保護法は暗黒国家の始まりを告げるものとなる。

いま、「でたらめ放送局」が面白くて面黒い。

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10242

2013/10/24(木)2  いま、「でたらめ放送局」が面白くて面黒い。

 

これが 「社会派エンターテインメント」 というやつです

りこ

これは面黒い!「らっきー デタラメ放送局」。泉谷しげるバンドのギタリスト、藤沼伸一さんが手づくりでつくっている番組だ。
ちょっとトボけたキャスターの「らっきー」女史は、あの『レジーナバンド』の人気ボーカル、“りこ”さんだ。
ま、このくらいのメッセージを発信してごらん!>三宅洋平君

 

「ご町内の皆さま~ ご不要になった新聞・雑誌・テレビなどの既成メディアを処分しませんかぁ!」
というトボけたナレーションではじまる「らっきー デタラメ放送局」

面白がって見ているうちに、なるほど納得!の語りは大変な説得力で、映像資料も至れり尽くせりだ。

おっと!「百聞は一見にしかず」だ。
まずは見てもらわんと、「社会派エンターテインメント」というやつが分かってもらえない。

あの『レジーナバンド』の人気ボーカリスト、“りこ”さんのスッとぼけた語りを聞いて、学んで…、鷲たちもスッとぼけながら辛い浮世をスイスイ渡っていきましょう!

下は、鷲が「先ずは見て欲しい!」と思ってサッと選んだ動画だ。

皆さんも色々視聴してみて、「このほーがEーべ!」というのがあったら『放知技』にでも書き込んでみて下さい。

 


 



クリック → 『らっきー デタラメ放送局』の番組一覧表です。

核ゴミ「影響を数万年から数百年に」

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7377095.html

核ゴミ「影響を数万年から数百年に」

原子力発電所を運転すると発生する高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のゴミ」の捨て場が決まっていない問題で、文部科学省は、放射性物質による環境への影響を現状の数万年から数百年に縮める新たな技術の開発に、本格的に乗り出すことになりました。

高レベル放射性廃棄物、いわゆる「核のゴミ」は、原発を巡る最大の課題とも言われ、放射性物質による環境への影響が数万年以上続くことなどから、安全性への懸念が根強く、国は地下深くに埋める計画ですが、捨てる場所は全く決まっていません。

文部科学省は専門家の会合で、環境への影響を数万年から100分の1程度の数百年に縮める新たな技術の開発に本格的に乗り出す方針を示し、大筋で了承されました。

具体的には、使用済み核燃料から寿命の長い放射性物質を取り出し「加速器」という装置で発生させた「中性子」を当てて、寿命の短い物質に変える計画で、実現すれば埋める場所も100分の1程度に小さくできるということです。

しかし、寿命の長い物質を取り出す方法や安全性の確保など課題も多く、実現までに少なくとも数十年はかかるとみられています。

専門家からは「国際的に連携する必要がある」といった意見のほか、「実用化は慎重に判断すべきだ」といった意見も出ました。

日本原子力研究開発機構の大井川宏之室長は「国際的な協力も得られれば、20年か30年くらいで実用化が見えるのではないか」と話しています。

核ゴミ「影響を数万年から数百年に」

52166eb5


NHK NEWSWEB 動画あり 10月23日 14時45分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131023/k10015488801000.html
=========================================

恐らく,今後の原発の再稼働や新設のために考えているのでしょうが,もしもそのようなことが技術的に可能なのであれば,直ちに福島第一原発事故の収束のために使っていただきたいですね。

東北関東の太平洋が死の海となるのも近い

nuclear allergy ~福島の悲劇を二度と繰り返さないために~

http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-851.html

東北関東の太平洋が死の海となるのも近い

今日、作業員により、福島第一の現状が語られた記事を見つけた。

    毎日のように、ニュースを賑わせる原発汚染水問題。
    安倍首相の見解とはまったく逆だが、ほぼ、アンコントロール状態にあると見て間違いないだろう。最前線で闘う男たちにイチエフのいまを聞いた。

    ■ 間抜けなことばかり起きる

    作業員A 先日もホースの交換中に汚染水が漏れて作業員6人が被曝するトラブルがあったけど、原発汚染水漏れはほとんどが初歩的なミス。8~9割がヒューマンエラーだと思う。

    作業員B 作業員の士気、相当低いからね。とにかくコロコロ人が替わるから、責任感みたいなものがない。いま一緒に作業しとる仲間の前職は新宿の居酒屋店員、プールの監視員、塾の講師、トラック運転手と、ど素人ばかり。熟練さんがおらん。

    作業員C 僕はフリーターでした。原発内の前線基地である免震重要棟と隣接するプレハブ小屋に出入りする作業員たちの、備品や汚染度の管理をする仕事をやっていまして、同僚は10代後半から60代まで数十人。北海道から九州まで全国から来ていますけど、地元の福島の人が一番多いかな。

     それはいいんですが、とにかく現場がいい加減。被曝講習がJヴィレッジ(福島第一原発から20kmの距離にある東電の後方拠点)で行われたんですが、ビデオを観た後にテストがあって、それをクリアすると講義を受けてまたテスト。中には居眠りしている同僚もいたんですが、全員合格。ようは形だけなんです。

    作業員B 現場でも東電が作業員に直接指示を出すことは、ほとんどない。あっても「早くしろ」「時間がない」くらいやね。こないだ安倍さんが視察に来たけど、ホンマ、大迷惑でした。というのも「安倍さんに汚いところを見せられない。ガレキを片付けろ!」と東電に言われ、1週間もかけて現場の掃除をやらされたんです。掃除で作業が滞るというアホらしさ。安倍さんが見たのはほんとのイチエフ(福島第一原発)の姿やないですよ(笑)。

     俺たちは何が起きてるんか、これからどないなるんか、何もわからん。毎日毎日、自分の作業が何のためになるんかもわからず、ただ言われたとおり動いとる。

    作業員A だから、ゴムシートを現場に置き忘れて、それが排水口に詰まるなんて、初歩的なミスが起きる。「それぐらいで?」と思うかもしれないけど、原発ではちょっとした落とし物でも大事故につながる。構内には「ゴミを落とすな」という張り紙があちらこちらにあるくらい。私からしたら、ゴムシートを放置するなんて考えられない。原子炉からALPS(放射性物質除去装置)へ汚染水を注ぐホースにゴムのカスを詰まらせたときは、原子炉の冷却ができなくなって、温度が上昇。「何があったんだ?」と大騒ぎになった。

    作業員D 汚染水タンクの配管も、どれだけ傷んでいるか想像もつかないですよね。とにかく「急げ、急げ」と急かされて作ったから、純正品ではなく、既製品を組み合わせている。配管として使っていた市販のホースがチガヤという雑草のせいで穴があくというマヌケな事故もありましたよね。

    作業員C 汚染水タンクの設置当初から水漏れは懸念されていましたけど、そうした声は東電に伝わらない。東電はタンクをパトロールしていると言ってますが、1000基あるタンクを二人で2~3時間で見るわけでしょ? 長く見積もっても1基あたり30秒弱。連結部分は数万ヵ所あるわけで、とてもチェックできない。

続きを読む "東北関東の太平洋が死の海となるのも近い" »

汚染水問題は東電の無能ぶりの象徴だけど、作業員の技術力の低下、人員不足も影響しているはず。いまこそ、真剣に作業員の「準公務員化」を検討すべき時期なのでは・・・。

くろねこの短語

Photo_3


http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-1086.html

2013年10月24日 (木)
汚染水問題は東電の無能ぶりの象徴だけど、作業員の技術力の低下、人員不足も影響しているはず。いまこそ、真剣に作業員の「準公務員化」を検討すべき時期なのでは・・・。

 汚染水処理ひとつとっても東電の無能ぶりてのは明らかなんだが、またしてもやってくれました。先週の台風に引き続き、明日、明後日にも27号が迫り来る中、汚染水を溜めているタンク周辺の堰内に降り注ぐ雨水の移送先がないっていうんで、4月に水漏れが起きた地下貯水池を使うことにしたらしい。

 「やむにやまれず、地下貯水池を使わせていただきたい」てなことを東電は言ってるってね。日本は台風銀座で、福島が通過地になることなんか、子どもにだってわかることだってのに、これまで何の手立ても打ってこなかったくせに、「やむにやまれず」とは言いも言ったりだ。一事が万事こんな調子で、税金注ぎ込んでもらっている破綻会社のやることではありません。

欠陥貯水池に雨水移送 福島第一、台風対策窮地に

 聞くところによれば、ベテランの作業員は線量の問題もあって、多くが福島を去り、残されたのは不慣れな作業員ばかりなんだとか。それでもみんな必死になって過酷な現場で働いてくれてるんだが、張本人の東電がそうした作業現場の環境にまったく無頓着なんだね。無神経と言ってもいいかもしれない。下請けに丸投げして、後は作業員がどうなろうと知ったこっちゃない、ってなんもんなんでしょう。殿様商法がこんなとこにも出てきているわけです。

 賃金も含めて、作業員の働く環境を整備するためには、いっそのこと公務員並みの扱いをした方がいいんじゃないのだろうか。そうすれば、暴力団まがいのブラック企業がビンハネすることもなくなるだろうし、なによりも作業員のモチベーションだって上がるはずなんだね。さらには、ならばって言うんで、積極的に作業員として働きたいというひとだって出てくるかもしれない。

 作業員の「準公務員化」というのは、東京新聞「こちら特報部」が以前から言ってたことだけど、いまこそ真剣に考える時期なんじゃないかと思う今日この頃なのだ。

汚染水問題をマスコミが急に取り上げだした理由

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7376886.html

汚染水問題をマスコミが急に取り上げだした理由

 

   

公開日: 2013/10/20

IWJ より
http://www.ustream.tv/recorded/40010206
IWJ会員案内: http://iwj.co.jp/join/

ラジオフォーラム
=============================================

2年半以上前から,汚染水問題はあったにもかかわらず,今年に入ってから急にマスコミが取り上げだしたのは不自然ですよね。

その理由をこの動画の最後のところ(1時間34分45秒ごろから)で,おしどりマコさんが鋭い推測をされています。

以下は,その部分を書く出してくださった,まっちゃんのブログさんからの引用です。

続きを読む "汚染水問題をマスコミが急に取り上げだした理由" »

秘密保全法 市民「マスコミが言わないから分からない」

田中龍作ジャーナル

Photo_2


http://tanakaryusaku.jp/2013/10/0008090

秘密保全法 市民「マスコミが言わないから分からない」
2013年10月23日 21:08

5daa53cf2c08ab1afd986d70a601b1d6「わからない」のシールを貼る人の多くは若年層だった。=23日、上野アメ横 写真:筆者=

 秘密保全法案(特定秘密保護法案)は自公が合意し、国会上程が確実になった。「何を秘密にしたのかは公表しない」「秘密事項を指定するのは行政の長」…。

 “こんな暗黒法をこのまま通してはならない” 危機感を抱く市民たちが懸命の街宣活動を続けている。

 「シール投票」を呼びかけているのは「秘密保護法を考える市民の会」だ。きょうは上野アメ横で道行く人に投票を呼び掛けた。2時間にわたる投票の結果は「賛成23票」「反対105票」「わからない133票」。トップは「わからない」だった。

 反対に投票した男性(自営業者・男性50代)は「主権者たる国民の知る権利がなくなる。有権者は政治家のクライアントなのだから言った通りにやってくれなきゃ困る(=国民が願ってもいないことをしてほしくない)」と憤る。

 東京への出張中に通りがかったビジネスマン(40代)は、『わからない』に投票した。「マスコミが言わないので、よく知らない」とボソリ。

B14d0c0d94d05b65fd43b8700c91fc73          秘密保全法の国会上程に危機感を募らせる人々が集まった。=写真:筆者=

 「政府にもの申す場」として定着した首相官邸前ではきのう(22日)から、秘密保護法案に反対する集会が行われている(主催:プロジェクト99%)。今夕も勤め帰りのサラリーマンや家事を終えた主婦などが足を運んだ。参加者は約200人。

 「特定秘密は何のため」「特定秘密は誰のため」…ドラム隊が打ち鳴らすリズムに乗ってシュプレヒコールが響いた。金曜恒例の原発反対集会とよく似た雰囲気と熱気だ。

 武蔵市の女性(40代)は、学童疎開世代の母親(昭和8年生まれ)からよく聞かされていた話を思い出しここに駆け付けた、という。「戦争は急に始まるんじゃなくて徐々に分からないうちに進められる。気がついた時は誰も抵抗できなくなっている」。母親の言葉が身にしみている彼女は「戦前に戻してはいけない」と、危機感を募らせた。

 平成の治安維持法といわれ警戒すべき秘密保全法案(特定秘密保護法案)なのだが、マスコミは肯定的にとらえているようだ。

 世論調査によると『賛成』はフジ・産経の83・6%を筆頭にTBS75%、テレビ朝日65%などとなっている。最も批判的な毎日でさえ57%が賛成だ。(政府資料より)

 知る権利が奪われればマスコミは情報を独占できる。国民に真実を報せずに新聞が戦争を煽った昭和初期を思い起こす。

  ◇
『田中龍作ジャーナル』は読者のご支援により維持されています…http://tanakaryusaku.jp/donation

【注目記事】 『福島第一原発作業員 緊急座談会「汚染水処理の現場はヤクザとど素人だけになった」』

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~

Photo


http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/d1c158f5e27c205595656957aa4c656e

フクシマ原発において、現状、とても割に合わない報酬しか得られないために「熟練工」の面々が姿を消し、原発プラントが何たるかすら理解していないような”ド素人”ばかりが、日々、作業に当たっているという実態については、先日のエントリー「作業員不足により益々深刻化するフクシマ原発 ~事故収束・廃炉の見通しは限りなくゼロ~」にて指摘したとおりである。

それもこれも、これだけ未曾有の事故を引き起こしておきながら尚、原発利権ムラ連中が”旧態依然”のままに何ら反省することなくその”利権”を温存し、”お仲間”であるヤクザによる搾取の構造も何ら改善されることなく維持されたままである。

続きを読む "【注目記事】 『福島第一原発作業員 緊急座談会「汚染水処理の現場はヤクザとど素人だけになった」』" »

汚染水の濃度は東電発表より数倍~数十倍高いのでは

nuclear allergy ~福島の悲劇を二度と繰り返さないために~

http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-850.html

汚染水の濃度は東電発表より数倍~数十倍高いのでは

東工大・冨安名誉教授がALPSについて語っている。

    東電・東芝の「ALPS」は、役に立たない~

    東工大・冨安名誉教授に汚染水処理の対案を聞く~

     福島第一原子力発電所の廃炉作業にとって、最大の難関が30万トン以上にものぼる汚染水処理だ。今年に入り、地下貯水槽やタンク底部からの汚染水の漏えい、堰からの流出事故が相次ぎ、汚染水の一部は海にも流れ出たとみられている。
     相次ぐ事故や増える一方の汚染水への対策として、政府と東電は多核種除去設備「ALPS」の増設や凍土壁建設を打ち出した。だが、切り札であるALPSによる汚染水処理に異議を唱える学者がいる。東京工業大学名誉教授の冨安博氏(現・大和エネルギー研究所技術総括)がその人だ。核燃料再処理など原子力化学の専門家である冨安氏に東電が進める汚染水処理の問題点について聞いた。

    ■汚染水とは、ストロンチウム90問題にほぼ等しい

    ――かつて東工大で原子炉工学研究所教授を務めた冨安さんは、東京電力が導入したALPSによる汚染水処理に疑問を投げかけています。

    福島第一原発の汚染水の実態は、ストロンチウム90による汚染にほぼ等しい。東電の公表資料によれば、処理対象水(RO濃縮塩水)に含まれるストロンチウム90の濃度は1600万ベクレル/リットルに達している。ほかの核種は十数ベクレルからせいぜい数万ベクレル/リットル程度。こうした事実から見ても、人体への毒性が強い放射性ストロンチウムのリスクをいかに減らせるかがポイントとなる。

    東電は現状の技術では除去が困難なトリチウムを除く62の放射性核種を、ALPSを用いて規制値以下に減らすとしているが、本当の狙いは処理後の水を海洋投棄することにあると思われる。しかし、現在の年間規制値の10倍にも達する大量のトリチウムが含まれているALPS処理済み水を海に捨てることは事実上不可能だ。トリチウムの生物学的毒性についてはさまざまな見解があるものの、無害ということはない。

    ■ALPSは無駄だけでなく危険、発想を切り替えよ
    ――冨安さんは、ALPSによる処理はコスト的に無駄であるだけでなく、危険だとも指摘しています。

    東電はALPS処理済み水の海洋投棄を想定しているので、ストロンチウムと比べて相対的に微量で、危険性の少ない核種も高いコストと手間ひまをかけて基準値以下に減らそうとしている。そのためにALPSは設備が大がかりになった一方で、最も重要なストロンチウム除去のための工程が合理的に設計されていない。

    東電の公表資料によれば、チタン酸塩を吸着材とする吸着塔の中で放射性ストロンチウムを吸着させることになっている。しかし、過度にストロンチウムを吸着した場合、放射熱と放射線化学反応(ベータ線が水に照射して水素を発生)による水素爆発のおそれがある。

    偶然というべきか、前処理工程の「炭酸塩沈澱処理設備」でマグネシウムやカルシウムとともにストロンチウムの大部分が除去されるため、結果的に吸着塔の負荷が小さくなっている。しかし、こうした設備のあり方は本来あるべき姿とは違う。それに爆発のリスク自体もゼロではない。また、ALPSで除去した放射性ストロンチウムなどは、高性能容器(HIC)で厳重に保管するとしているが、ここでも発熱リスクや水素爆発のリスクが存在する。

    ――ALPSは故障続きで本稼働のメドがいまだに立っていません。その一方で増え続ける汚染水を減らすために、「高性能ALPS」を新たに導入する計画があります。

    そうしたやり方は間違っていると思う。第一に考えるべきは、ALPS稼働を前提とした海洋投棄ではなく、できるだけリスクが少ない形で汚染水を溜め続ける方法に発想を切り替えることだ。
     
     簡便さと安全性を考慮すると、私が以前、東電とともに共同開発した炭酸塩沈殿法に勝る方法はないと思う。詳しい方法は後で述べるが、この方法は私が東京工業大学の原子炉工学研究所在籍時に東電から研究費を得て開発したもので、使用済み核燃料の再処理をすべて水溶液内で沈澱分離する方法だ。1997年の米国の原子力学会誌に学術論文が掲載されている。

    この炭酸塩沈殿法にわずかな改良を加えると、放射性ストロンチウムは数百ベクレル/リットルの濃度まで除去できる。せっかく開発した技術を生かさない手はない。

    ■「沈殿分離法」を提案したが、受け入れられず
    ――今年に入って、地下貯水槽や組み立て式タンクからの汚染水の漏えい、大雨で汚染水が堰からあふれる事故などが相次いでいます。ALPSの本格稼働を待ち続けるのではなく、一刻も早くタンク内にある汚染水のリスクを減らすことに注力すべきではないでしょうか。 

    その通りだ。汚染水が漏れた場合の緊急対策としては、撹拌させながら、①塩化カルシウム水溶液と塩化ストロンチウム(非放射性)水溶液の混合溶液の投入、②炭酸ナトリウム水溶液の投入という手順で対策を講じる。

    ②の炭酸ナトリウム溶液を投入すると、液は直ちに混濁し、放射性ストロンチウムは炭酸カルシウムとともに沈澱する(写真参照)。

    沈殿物は土壌によって濾過されるため、漏えいした場合でも地下水汚染は軽減される。

    貯蔵タンクが壊れそうな場合にも、緊急対策の原理を応用できる。つまりタンク内に塩化カルシウム水溶液と塩化ストロンチウム水溶液を投入して、ポンプで十分に撹拌した後に、炭酸ナトリウムの粉末を投入する。放射性ストロンチウムはその99.99%以上が貯蔵タンクの底部に沈澱する。ベータ線より沈殿物は発熱するが、大量の水の自然対流によって冷却されるため、危険性は少ない。「沈澱→遠心分離→乾燥→冷却」が最も確実な方法だが、それが難しいのであれば、タンク内に沈澱させる方法を考えてみるべきだ。

    ――冨安さんの提案内容は東電に伝わっていないのでしょうか。

    原発事故から2カ月後の2011年5月には、清水正孝社長(当時)宛の書簡で、水溶液中で沈澱分離する方法として提案した。その後、担当者から「貴重なご提案ありがとうございます」という返事があっただけだった。今年4月には下河邉和彦会長にも書簡を送ったが何の返答もない。8月には田中俊一・原子力規制委員長に、汚染水処理の緊急提案として意見書を送付したが、反応はなかった。

    大地震が来てタンクから汚染水が海に流出したら、取り返しがつかないことになる。それだけに、関係者には現実的な方法としてぜひ真剣に検討してもらいたい。

    (なお、冨安氏の提案内容は、東京理科大学のホームカミングデー2013(10月27日開催)でポスター展示。また、9月25日の東電による記者会見で、相澤善吾副社長は「放射線量が高いために、タンク内でのそのような作業(=吸着剤の投入および撹拌作業)は困難」と説明している)

    東洋経済オンライン 2013年10月22日

以前この話を聞いた時に、冨安教授の処理方法は合理的かつ色々な意味で応用がきくと思っていた。
例えばALPSでの除去前に「炭酸塩沈殿法」を行ないALPSに送れば、ALPS稼働の効率も良いし、リスクも減るし、機器の故障も少なく、稼働寿命も稼げる。

しかしこの手法は何故かお蔵入りになった。

私は、東芝以外にこの処理を委託させたくないという思惑が、東電にはあると考えている。
おそらく汚染水の濃度は、東電発表より数倍~数十倍高いと思う。
燃料デブリは地下に落ちたとは言え、溶融の時にいたる所にへばりついている可能性が非常に高い。
とすると、汚染濃度は東電発表どころの数値ではすまないはずだ。
公表できないその数値を共有出来るのは、プラント開発社の東芝でしかない。

東電が福島第一敷地内の業務を、入札でなく子会社や関連会社に委託している問題は、規制委員から既に指摘を受けている。

安価なタンクを使ったり、作業員の危険手当をカットしたり、コストカットに必死な東電が、受注先を入札でなく、身内で固めているのには、それなりの理由があるはずだ。
汚染水の濃度は、東電発表以上に酷いのではなのではないだろうか。

ネットで発狂

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10241

2013/10/24(木)  ネットで発狂

 

ホワイトハウス職員、Twitter発言で免職

ネット狂気

米ホワイトハウスの職員が長期間にわたりTwitterで政府を辛らつに批判するコメントを書き込み、情報漏洩も行っていたとして、免職された。

この男性職員は2年間にわたりnatsecwonk(国家安全保障エキスパート)のハンドルネームで書き込みを行っていた。ホワイトハウス職員ジョフィ・ ジョゼフ氏と同定されたのち、免職が決まった。同氏のアカウントはすでに削除されている。The Daily Beastが報じた。

ジョゼフ氏は核不拡散に関する専門家としてホワイトハウスに勤務し、イランとの交渉にも参加していた。

ジョゼフ氏はしばしばホワイトハウスの政策を辛らつに批判し、また政府高官の知性や容姿について冒涜的な発言を繰り返していた。

同僚の多くが今回の摘発・解雇にショックを覚えている。氏は政界ではよく知られた存在で、「政治的ガリ勉」の異名をとっていた。 (記事)


 

ネットの言葉と映像と音声は、脳内にイメージを形成させる。

マコトしやかなUFOの映像を見ているうちに、イメージ(想像)がドンドンふくらみ…、そこへ、もっともらしい言葉で…↓
「ほら!何百機ものUFOが台風を鎮めて日本を救おうとしています!」
といった文章を数回読んだけでUFO信者!こんな例はゴマンとある。

ここで簡単に「言語イメージ論」を述べるが…、
言葉の本質は、人間の脳内にイメージを形成させることだ。

たとえば、「UFO」という言葉を見たり、聞いたりすると、その人の脳内には「UFO」のイメージが形成される。

「いやー!あの店の梅干しの酸っぱさ!酸っぱいの何の!」
などと聞くと、唾液腺から唾液がでてくる…。

このように言葉は、相手に生理反応を起こさせることもできるのだ。

言葉や映像で、人の脳内には「想像」(イメージ)が惹起(じゃっき)され、それは時に「妄想」(イリュージョン、デリュージョン)にまで膨らんでしまう。

この「妄想」が最も膨らみやすい媒体が、じつはネットなのだ。

最近、「このシト、逝っちゃってる!」と思われる宇宙人が増えているが、「ハマッキー」だの、「ハーモニー」だの、「レプティリアン」といった言葉を連発するシトは「逝っちゃってる」部類に属すると思ってEー鴨。

あと、「波動」とか「ソマチット」とか「白砂糖」とか「酵素」を連発するシトは詐欺師だと思って下さい。

それから上のホワイトハウス職員やHISの音田君のようにネットで憎悪心をムキだしにする人は、すでに逝っちゃってる!場合が多いです。

昔は、「ネットは馬鹿をあぶりだすカガミ」とかと言われましたがー、
今は、「ネットは狂人をつくりだすツール」になってますなぁ、実際。(爆)

2013年10月23日 (水)

アメリカの世界覇権は 今月で終わりました。

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10232

2013/10/23(水)2  アメリカの世界覇権は 今月で終わりました。

 

ドルよ さらば

元の時代

中国は最近、ドルを介在させない元による直接取引を急増させ、また、大量の金塊を買い増している。これは元の価値を金で裏付けして米ドルの代替手段にするための施策で、中国元が世界のハードカレンシー(国際決済通貨)になる政策を強力に推し進めている。

 

鷲は毎日、『文殊菩薩(ブログ版)』にコメントを書いている。
きょう書いたコメントのなかには、「魔坂!」と思われる文章がある。
たとえば…、

どうやら今月から、中国・ロシア・北朝鮮。この国家グループが、政治的にも、経済的にも、軍事的にも、文化的にも、世界の覇権を握ったようです。

軍事面での戦力データは、まだアメリカが圧倒的に有利ですが、実質的に米国は軍事面でも手も足も出せない状態になっています。

すなわち今月朔日(ついたち)、米国のシャットダウン(政府閉鎖)が契機となり、世界の歴史の流れがドラマチックに、かつドラスチックに変わり始めている!ということです。

このことは本エントリを読めば認識・納得できるでしょう。

「アメリカは世界覇権を失い、世界の覇権国家となったのは、中国・ロシア・北朝鮮だ!」 と、鷲は確信して書いたのである。

内戦状態に近い内乱状態にあるアメリカ」に対して、中国の勃興が如何に凄まじいものであるかは、『ドルよ さらば! 非アメリカ化を公式に表明した中国』は是非とも熟読していただきたい。

いま、“世界の大勢”は…、
今月が歴史の転換点であった! ということ。
この流れ=トレンド=潮流は絶対に後戻りしない! ということ。
この認識は、世界の常識になりはじめている。

そして今、中国・ロシア・北朝鮮が最も注目しているのは…、
日本国の国家崩壊!なのだ。

とくにロシアは、東電福島の原発事故が日本国の力では解決不能になった!とする認識を表明している。

日本国を国際管理下に置く! このことは彼(か)の国のアジェンダ(検討課題、公的スケジュール)になっている。

昨今の中露による海空からの頻繁で執拗な日本列島監視体制の意味は、上の文脈で理解すれば納得できるだろう。

とにかく、日本国の一寸先は闇である。
「闇」とは、「暗すぎて何も見えない状態」を意味するが、もうひとつ…、 「違法で恐ろしい状態(例:闇市、闇金融、闇社会)」のことでもある。

深い闇が待ち構えている! こう認識しておくべきだろう。
しかし、免疫力と健康さえあれば、どんな闇でも切り抜けられる。
闇の中に一筋の光が射すこともあるんだし…。

「福島の子供達が、今のウクライナの子供達のようになることが、確実に近づいている」井戸川前双葉町長

ウィンザー通信 

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/c923ef4bdcb9333f82bf98640ab12400

「福島の子供達が、今のウクライナの子供達のようになることが、確実に近づいている」井戸川前双葉町長
2013年10月22日

井戸川前双葉町長を支援されているYoshinari Nishijimaさんに、前町長から送られてきた手紙

先週、井戸川克隆前双葉町長から、一通の茶封筒が届きました。
中には、井戸川さんからの手紙と、岩波新書「福島原発事故 県民健康管理調査の闇(日野行介)」が、一冊同封されていました。
以下に、井戸川さんからの手紙を、転載させていただきます。
今、3.11後を生きる日本人が、真摯に耳を傾けるべき言葉だと思います。


続きを読む "「福島の子供達が、今のウクライナの子供達のようになることが、確実に近づいている」井戸川前双葉町長" »

『福島安心安全神話』に侵された『悪党ども』が書いた『看板』

ウィンザー通信 

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/28be9bcb47097a714d09f565ce0777b9

『福島安心安全神話』に侵された『悪党ども』が書いた『看板』
2013年10月22日

秘密保全法案が、自民党によって国会に提出されることになりました。

あんな愚劣な、権力者がやりたい放題するのに極めて都合のいい法案が、法律として作られてしもたら……、

わたしは思いっきり、↓に書かれてある『過激派団体』『カルト団体』のメンバーのひとりとして、マークされることになるんでしょ。

ほんでもって、ここでは逮捕や勾留は無いとしても、日本に戻るたんびに、空港などでひっかかるかもしれません。

これを、被害妄想やと笑いたい人は笑てください。

ここアメリカでは、9.11の直後に、ブッシュ政権が決めてしもた『愛国法』にひっかかって、

マークされた挙げ句に、あれやこれやの、地味で目立たない、けれども一般市民に与えるダメージとしては十分の迫害をされて、

すっかり口を閉ざしたり、活動をやめたりした人が、とても大勢います。

イラクへの攻撃をしとうてウズウズしていた政府を、なんとかして思いとどまらそうと、各地で各町で、通りに立って反対を訴えた大勢の人たち。

わたしもその中のひとりとして、何回も立ち、歩きましたが、その間中、拘束される自分を想像して、正直大丈夫かな、と思ったこともありました。

活動がもっと目立つと、あからさまな逮捕や勾留、もしくは国外追放などに追い込まれます。

99%デモもやはり、ありとあらゆる方面から、執拗な妨害を受け、ずいぶんと静まってしまいました。

同じ同朋を思い、勇気を振り絞り、自分の生活に多少の支障が出るのをものともせずに立ち上がった人々を、

『過激派団体』『カルト団体』などと呼び、行動と意思を妨害する悪党らに、では誰が立ち向かえるのか?

それは……助けてもらうべき、窮地に立たされ、困り果て、疲れ果てているあなた方の、助けを求める強い願いです。

私たちを助けようとする人々を救おう!

そうやって、助けが必要な人たちと、助けようとする人たちが、互いに気持ちを強くして、手をしっかりとつなぎ合う。

それが、以下のような、とんでもない文面を、大学の門に掲げるような愚行を繰り返す悪党らに、立ち向かえる力になると思います。


↓以下、福島大学の門近くに設置された看板の写真。

続きを読む "『福島安心安全神話』に侵された『悪党ども』が書いた『看板』" »

今後の小沢一郎(3) 20世紀の世界から脱却、縄文の魂に戻る政治哲学を

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/f591de8d39b6c86b820987a6809e8bb6?fm=rss

2013年10月23日

●今後の小沢一郎(3) 20世紀の世界から脱却、縄文の魂に戻る政治哲学を

 昨日のコラムは見出しを間違い、思わぬところで恥を書いた。“今後の小沢一郎”と見出しを書くべきところ、“小沢一郎の今後”と書いてしまった。後者の場合、幾分引退した後のことを書いている印象を含む。前後しただけと開き直るのも良くないと思い、先ずは訂正させていただく。

 何らかのアクシデントがない限り、3年近くは自民党政権の、好き勝手し放題の呪われた時間が過ぎることになる。それで国民は大丈夫なのかと問われれば、正直、まだ大丈夫だと答えることになる。なぜ大丈夫なのかと云うと、国民の側に、まだ痛みに耐えるだけの蓄えがマクロ的には存在するからだ。それが財務省など、霞が関官僚の感覚である。国民全体を並べての話だが、国民は生活が苦しいなどと口にしているが、マクロ的に観察する限り、1500~2000兆円の現預金を懐に抱え込んでいるのは事実だ。

 この国民の現預金を含む包括的な“生活収支”は、充分にプラスと云うのが、財務省の考えである。支出が収入を上回っても、手持ちの現預金の切り崩しで、国民のマクロ的生活資金は循環すると考えている。勿論、個別の人々の中には、現預金を持たない層もいるので、その人々は個別に苦境に立たされるが、総体的見方としては、財務省的図々しい胸算用は可能なのである。これだけ肥大化した消費社会を謳歌したのだから、遣り繰り上手な我が国民は、ほど好く現預金の切り崩しが起きないように、生活を見直すであろうし、それが不可能な場合には、嫌々だが現預金に手をつけるだろう。

 

続きを読む "今後の小沢一郎(3) 20世紀の世界から脱却、縄文の魂に戻る政治哲学を" »

被害者を逮捕し加害者を隠蔽しようとした警察

simatyan2のブログ

http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11648463280.html

Simatyan2


被害者を逮捕し加害者を隠蔽しようとした警察
2013-10-23 09:14:33

酷い話があったものです。

下のNHKのニュースタイトルは、

警視庁巡査部長を児童買春容疑で告発
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131022/k10015465451000.html

となっているので、うっかり見過ごすと、よくある警察官の児童買春事件
かと思ってしまいますよね。

T02200124_0384021612725201655

http://livedoor.blogimg.jp/jin115/imgs/e/1/e1d566a4.jpg

でもそんな簡単なもんじゃないのです。

警視庁の石神井警察署に勤務する42歳の巡査部長が少女に金を払って
ホテルでわいせつな行為、

ここまではよくある話ですね。

実際、巡査部長はことし6月、埼玉県川口市で、当時、高校生だった少女
2人に「3万円を払う」などと言ってホテルに連れ込み体を触るなどの
わいせつな行為をしていたそうですから。

だから金で釣られた少女達にも問題があるのは確かです。

ただこの事件はここからが酷いのです。

この時、巡査部長は警察手帳を見せて少女が抵抗できないようにしたという

から驚きです。

さらに驚くのは少女たちが被害を証明するために警察手帳を持ち出したと
いうことで逮捕され、

しかし巡査部長にはお咎めが無かったんですね。

それを被害者の弁護士が警察の対応がおかしいといことで検察庁に告発し
やっと明るみに出たわけです。

それも警察署じゃなく直接地検へ告発したから表面化したのです。

なぜなら警察署に告発していたらもみ消される可能性があったからです。

これは非常に怖いことですね。

弁護士が告発しなければ警官は無罪のまま、少女達だけが犯罪者になって
いたんですから。

もしこれが警察官じゃなく一般人だったとしたらどうでしょうか?

即効で逮捕で、容疑者の段階から顔写真と実名を晒されますね。

片山被告のように・・・。

でも警察官は実名も顔写真も無しです。

たぶんいつもの

「未成年とは知らなかった」

「酔っていて記憶に無い」

で懲戒処分となり、再就職付の自主退職に落ち着くでしょうね。

表面化しなければ隠し続けるのが日本の体質です。

あくまで身内に甘い体質、だから日本は公務員天国と言われるんですね。

首都圏で初めてシイタケの出荷制限が解除(栃木県)

みんな楽しくHappyがいい♪ 

Photo

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3356.html

首都圏で初めてシイタケの出荷制限が解除(栃木県)

原発事故後 首都圏で初 シイタケ出荷再開へ
東京新聞 2013年10月23日 朝刊

東京電力福島第一原発事故により国の出荷制限が続いている栃木県産シイタケについて、
県は22日、矢板市の農家一軒の制限解除を国の原子力災害対策本部に申請した。
国の事前審査は済んでおり、近く解除される見通し。
シイタケの出荷制限が解除されるのは首都圏では初めて。

栃木県の原木生シイタケ生産量は883.2トン(2011年)で、群馬県に次いで全国二位。
しかし、原発事故後、高い放射性セシウム濃度を計測、
施設栽培で9市町、露地栽培で21市町に出荷制限がかかっていた。

国は解除の条件として、汚染を防ぐための生産工程管理の確立などを規定。
栃木県は県外産の原木の調達、原木の高圧洗浄など
約60項目にわたる生産工程管理マニュアルを独自にまとめた。


県が今年8月、
矢板市の「君嶋きのこ園」が県のマニュアルに沿って施設栽培した
原木生シイタケ12検体をモニタリングしたところ、
24.1~53.7ベクレル(平均38.1ベクレル)と、
全て基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を下回った。

県は、同園が施設栽培する原木生シイタケについて解除するよう国と調整を進めていた。

今後、同様に安全を担保できると判断した農家について、個別に解除を申請する。

ただ、原木生シイタケの生産農家は栃木県内に581軒(今年3月末現在)あり、
解除の見通しがついているのはごく一部。
施設栽培より生産量が多い露地栽培は先になりそう。
福田富一知事は「一山越えたというところ。引き続き、早期解除を目指して取り組みたい」と話した。

続きを読む "首都圏で初めてシイタケの出荷制限が解除(栃木県)" »

核燃料取り出し開始 6号機、プールに移送

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7375474.html

核燃料取り出し開始 6号機、プールに移送

東京電力は21日、福島第一原発6号機原子炉から核燃料を取り出し、使用済み燃料プールへの移送を始めた。東日本大震災以降、同原発1~6号機の原子炉から燃料を取り出すのは初めて。

6号機原子炉には計764体の燃料があり、11月下旬までに全て移す。燃料を集約させることで、冷却などの維持管理を簡素化できるという。作業は、燃料から放出される放射線を遮るため水中で行っている。専用のクレーンでつり上げ、同号機内の燃料プールに移している。

6号機は震災発生時、5号機とともに定期検査中で運転を停止していた。外部電源を一時失ったが、6号機の非常用発電機が津波被害を受けず作動したため、燃料の冷却機能は維持された。5号機の燃料は平成26年度上期に取り出す予定。

一方、1~3号機は溶けた燃料の状態が全く分かっていない。4号機は原子炉内に燃料がなかった。

核燃料取り出し開始 6号機、プールに移送

福島民報(2013/10/22)
http://www.minpo.jp/news/detail/2013102211658
=============================================

続きを読む "核燃料取り出し開始 6号機、プールに移送" »

秘密保護法案が閣議決定されるようで、暗黒の時代へのカウントダウンが始まった。新聞・TVは、そんなことにおかまいなく景気がどうしたこうしたと、拝金主義にドップリ浸かってる。バッカじゃないの。

くろねこの短語   

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-ebb0.html

2013年10月23日 (水)
秘密保護法案が閣議決定されるようで、暗黒の時代へのカウントダウンが始まった。新聞・TVは、そんなことにおかまいなく景気がどうしたこうしたと、拝金主義にドップリ浸かってる。バッカじゃないの。

 週刊朝日の編集長がセクハラ、パワハラで懲戒解雇になったって話題になっていたが、なんとまあ福岡地裁の裁判官が酔っぱらったあげくに司法修習生へのセクハラ行為で戒告処分だと。戒告処分ねえ。ちょっとお叱り受けたって程度だろ、これじゃ。週刊朝日の編集長の懲戒解雇と比べたら、大甘もいいところです。セクハラは犯罪ですからね。犯罪犯した裁判官が、どの面下げて法廷で判決下すってんだろう。この裁判官の名前は、高橋信慶です。末永く記憶にとどめておきたいものです。

司法修習生にセクハラ、男性裁判官が戒告処分 福岡地裁

 さて、秘密保全保護法案がいよいよ閣議決定の運びとなりそうで、この国は暗黒の時代へと一歩踏み出そうとしています。昨日は、首相官邸前で秘密保護法案反対のデモがあったってのに、TVのニュースではほとんど取り上げられていなかったもんね。この国のジャーナリズムは、とことん腐ってます。

 東京新聞社説は、「『戦前を取り戻す』のか」とその危険性に警鐘を鳴らしているけど、マスメディア全体を見わたせば、ほとんど無関心ってのが現実なんだね。そのくせ、景気がどうしたこうしたと、言ってみれば「金」のことばかり叫んでる。かつては、金権主義を追求したマスメディアが、いまや拝金主義にどっぷり首まで浸かってるんだから何をかいわんやなのだ。

・東京新聞社説
「戦前を取り戻す」のか 特定秘密保護法案

 先日、広告批評の天野祐吉さんが亡くなった。若かりし頃、久保宣のコピーライター講座で「広告はジャーナリズムだ」って講義を聞いたのが懐かしい思い出だが、その天野さんのコラムの一節を気弱な地上げ屋さんがブログ「ラ・ターシュに魅せられて」で紹介していた。いかに、いまのジャーナリズムが拝金主義に犯されているかを憂いておられます。最後にそれを引用させていただいて、お後がよろしいようで。

いまこの国は・・
景気さえよくなれば・・
憲法を変えようが・・
原発を再稼働させようが・・
ええじゃないか!ええじゃないか!?の空気にあふれている。
昔は・・
こういう情けない空気を・・
新聞やテレビは痛烈に批判したもんだが・・
いまはアベノミクスがどうしたこうしたと・・
金勘定のニュースが最優先。
だったら・・
せめて、どこかの企業が・・
「金々節」 をCMソングに採用してくれないかと思うのだが・・
だめかなあ?
それともいっそ、東電さんあたりが・・
自己批判も含めて・・
金だぁ! 金だぁ! この世は金だ!とやってくれたら・・
日本も・・
変わると思う・・。

除染「1ミリシーベルトこだわらず」 ~原発推進機関『IAEA』による「フクシマ隠蔽劇」が本格化~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ 

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/d5d48812b56c44d87426694aea926e11

除染「1ミリシーベルトこだわらず」 ~原発推進機関『IAEA』による「フクシマ隠蔽劇」が本格化~
2013年10月23日

原発推進派の主張の中で「チェルノブイリ原発事故で放射能被曝による死亡者はゼロ。(だから安全である)」という声をよく耳にするが、そう発言する者は、その「安全神話」が隠蔽の上に隠蔽を重ねた代物であることを一体どこまで理解しているのであろうか?

 

結論から言えば、このチェルノブイリ原発事故による健康被害をゼロと称する「安全神話」は、共に国連機関であるIAEAとWHOの合作による”ペテン”である。

 

即ち、世界の原発推進機関たるIAEAはチェルノブイリの健康被害を訴える声を悉(ことごと)く”もみ消し”にしてきたのである。
そして、世界の人々の健康を基本的人権の一つと捉え、その達成を目的として設立されたはずのWHOは、こと原発(核)に関する健康被害については一切の見解・コメントを許されず、IAEAの思いのままに情報操作可能な仕組みとなっているのである。

 

チェルノブイリの真実を語る科学者・医療関係者の主張では、実に 900万人もの人々が放射線被曝によって命を落とすか、あるいは健康被害に苦しんでいるというのに、IAEAは今日まで大々的な隠蔽工作を講じることで” その声”をかき消し、WHOもダンマリを決め込んでいるのである。

 

そんなIAEAの調査団が来日し、以下2つ目の福島民放記事にあるように、案の定、「除染目標値については、必ずしも年間1ミリシーベルトでなくてもいい」などというトンでもないことを言い出している模様である。

 

早い話、今回IAEAの調査団が来日した目的は、佐藤雄平ら福島県や政府が、年間5~20ミリシーベルトという高線量地域への帰村・定住を促し、福島県民を被曝させるという”愚行””蛮行”の後押しのためである。

 

今はまだ慎重な姿勢にて「住民の同意得てから」「年間1ミリシーベルト」との言及がなされているが、時が経つと共にこれらが有耶無耶にされ、都合よく拡大解釈されることは歴史が証明しているといってよいであろう。
要はそう遠くない将来、平然と「年間5ミリシーベルト以上でも大丈夫」などと言い出すであろうということである。

 

以下の読売新聞記事にあるように、今回、日本政府がインチキ機関た るIAEAに原発周辺海域の水質調査を一任し、「韓国ほか周辺国に参加を要請した場合、調査の客観性が損なわれる可能性がある」との詭弁を弄しているが、 先に述べた話を考えれば、日本政府がフクシマの海洋汚染の実態を隠蔽せんと画策していることは自明であろう。

 

即ち、IAEAと日本政府の合作による「フクシマ隠蔽劇」がいよいよ本格化する訳であり、原発マフィア連中の商売のために「安全神話」が喧伝され、「チェルノブイリの悪夢」が再び日本にて繰り返されるのである。

 

”売国宰相”安倍晋三が現在行なわれている臨時国会にて、フクシマ 近海の海洋汚染の実態が数多く明るみになっているにも拘らず、未だに「放射能汚染は港湾内で完全にブロックされている」などと強弁しているが、なるほど、 安倍晋三の強気の理由は「IAEAのお墨付き」が得られる”カラクリ”だったということである。

 


また、以下3つ目の福島民放記事にあるように、IAEAの インチキ団長は「市場で流通しているコメや水産物は安全」「高いレベルで安全を確認」とのコメントを発しているが、IAEAの目的が原発推進のためのフク シマの健康被害隠蔽であることから考えれば、こんなものは全く信用ならない話であることは言わずもがなであろう。

 

旧ソ連がチェルノブイリ原発事故発生から5年で崩壊したが、今回の一連の報道内容をみるにつけ、日本が歩んでいる道も旧ソ連同様の「滅びの道」ではなかろうか?との思いを強く感じる次第である。

 

最後になるが、IAEAとWHOのデタラメさ加減を詳しく知りたい方は是非とも以下の動画をご覧頂きたい。

 

約50分とそこそこの長編の動画であるが、冒頭7、8分も観れば”事の真相”が理解できるであろう。

 

 

 

 

(転載開始)

 

◆汚染水、IAEAが海域調査へ…政府、受け入れ
 2013年10月22日14時31分  読売新聞

 

東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題を巡って、政府は国際原子力機関(IAEA)に原発周辺海域の水質調査を要請し、11月にも調査団を受け入れることが22日わかった。
 
韓国など周辺国との共同調査は見送る。政府筋が明らかにした。

 

政府は、これまでの周辺海域などの調査で日本産水産物の安全性を確認しているが、IAEAによる調査を受け入れることで、安全性を改めて国内外にアピールする狙いがある。

 

IAEAの調査団は11月後半にも来日する見通し。原子力規制委員会や東電の海水採取地点や放射性物質の測定方法などを確認した上で、具体的な調査方法の検討に入る。調査自体は来年1月以降に着手する見込みだ。

 

水質調査を巡っては、原子力規制委の田中俊一委員長が今月7日、IAEAのほか、韓 国や東南アジア諸国など周辺国と共同で行う考えを示していた。しかし、政府は、韓国なども加盟する国際機関であるIAEAの調査を受け入れることで、調査 の信頼性を国際的に十分発信できると判断した。周辺国に参加を要請した場合、「調査の客観性が損なわれる可能性もある」(政府筋)などの点も考慮した。

 

 

 

◆除染「1ミリシーベルトこだわらず」 IAEA調査団 住民の同意得てから
 2013/10/22 11:41 福島民放

 

東京電力福島第一原発事故に伴う除染の進捗(しんちょく)状況を調査するため来日し た国際原子力機関(IAEA)の専門家チームのフアン・カルロス・レンティッホ団長は21日、東京都内で会見し、除染目標について住民の同意が得られれば 「必ずしも(国が追加被ばく線量の長期目標に掲げる)年間1ミリシーベルトでなくてもいい」との認識を示した。

 

レンティッホ団長は、国際放射線防護委員会(ICRP)などの国際機関が示している 防護基準について「地域の実情に応じ、(各国が)年間1~20ミリシーベルトの間で選ぶ趣旨だ」と指摘。作業する人材や予算が限られる中、除染による効果 と負担のバランスを最適化させるべきだとし、検討に当たっては「地域住民の合意を得ることが必要」と述べた。

 

ただ、県内では「1ミリシーベルトより下がらなければ帰還しない」と考える避難者は少なくないのが実情だ。環境省は「1ミリは政府の長期目標であり今後も変わらない」と強調している。

 

記者会見後、レンティッホ団長は石原伸晃環境相に中間報告書を提出した。日本政府の 取り組みを評価しながら、今後の進め方について8項目の助言を盛り込んだ。「1ミリシーベルトの追加被ばく線量が除染活動だけで短期間に達成できるもので はないことを説明する、さらなる努力が必要」とするなど、政府と地域住民の除染に対する認識にギャップがあるとして、相互のコミュニケーションを改善・強 化するよう求めた。IAEAは約2カ月後をめどに最終版をまとめる方針。

 

 

 

◆本県の食材安全性評価 IAEA団長 コメや水産物「高いレベルで確認」
 2013/10/22 17:59 福島民放

 

21日に東京都内で会見した国際原子力機関(IAEA)の専門家チームのフアン・カルロス・レンティッホ団長は、海外メディアから本県産の水産物の安全性を問われたのに対し、「市場で流通しているものは安全だ。私も川内村で養殖の魚を食べた」と語った。

 

さらに、伊達市で東京電力福島第一原発事故に伴うコメの全量検査を視察したことを明かし、「高いレベルで安全確認がされていた」と評価した。

 

(転載終了)



IAEAが"日本人皆殺し”にやってきた!「福島県の食材は安全だ。年間1ミリシーベルトにはこだわらなくていい」

みんな楽しくHappyがいい♪

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3353.html

IAEAが"日本人皆殺し”にやってきた!「福島県の食材は安全だ。年間1ミリシーベルトにはこだわらなくていい」

福島県内ニュース
本県の食材安全性評価 IAEA
KFB福島放送 2013年10月22日 11時13分 配信

21日に東京都内で会見した国際原子力機関(IAEA)の専門家チームの
フアン・カルロス・レンティッホ団長は、海外メディアから本県産の水産物の安全性を問われたのに対し、
「市場で流通しているものは安全だ。私も川内村で養殖の魚を食べた」と語った。

さらに、伊達市で東京電力福島第一原発事故に伴うコメの全量検査を視察したことを明かし、
「高いレベルで安全確認がされていた」と評価した。



「1ミリシーベルトこだわらず」IAEA
KFB福島放送 2013年10月22日 11時17分 配信

東京電力福島第一原発事故に伴う除染の進捗(しんちょく)状況を調査するため来日した
国際原子力機関(IAEA)の専門家チームのフアン・カルロス・レンティッホ団長は
21日、東京都内で会見し、除染目標について住民の同意が得られれば
「必ずしも(国が追加被ばく線量の長期目標に掲げる)年間1ミリシーベルトでなくてもいい」
との認識を示した。

レンティッホ団長は、国際放射線防護委員会(ICRP)などの国際機関が示している防護基準について
「地域の実情に応じ、(各国が)年間1〜20ミリシーベルトの間で選ぶ趣旨だ」と指摘。

作業する人材や予算が限られる中、除染による効果と負担のバランスを最適化させるべきだとし、
検討に当たっては「地域住民の合意を得ることが必要」と述べた。
ただ、県内では「1ミリシーベルトより下がらなければ帰還しない」と考える避難者は少なくないのが実情だ。
環境省は「1ミリは政府の長期目標であり今後も変わらない」と強調している。

記者会見後、レンティッホ団長は石原伸晃環境相に中間報告書を提出した。

日本政府の取り組みを評価しながら、今後の進め方について8項目の助言を盛り込んだ。

1ミリシーベルトの追加被ばく線量が除染活動だけで短期間に達成できるものではないことを説明する、
さらなる努力が必要」とするなど、
政府と地域住民の除染に対する認識にギャップがあるとして、
相互のコミュニケーションを改善・強化するよう求めた。

IAEAは約2カ月後をめどに最終版をまとめる方針。




ーーー

1ミリシーベルトにこだわる必要なし 除染目標でIAEA団長

2013/10/21

東京電力福島第1原発事故に伴う除染を支援するため来日した国際原子力機関(IAEA)
専門家チームのフアン・カルロス・レンティッホ団長は21日、都内で記者会見し、
日本政府が除染の長­期目標に掲げている年間追加被ばく線量1ミリシーベルトについて
「年間1~20ミリシ­ーベルトの範囲内で利益と負担のバランスを考え決めるべきだ」と述べ、
必ずしもこだわ­る必要はないとの認識を示した。
除染の目標として
「必ずしも(国が長期目標に掲げる)1ミリシーベルトにはこだわらない。利益と負担のバランスを考え、
地域住民の合意を得るべきだ」と述べた。

その後、レンティッホ氏は石原伸晃環境相と会談し、除染の進め方などを助言する中間報告書を提出した。



(動画文字起こし)
2012102211s


フアン・カルロス・レンティッホ団長 同時通訳:
その地域、あるいはそのサイトと言いますか、
における適切な防護レベルを「1ミリシーベルト/年から20ミリシーベルトの間で選んでいく
というふうな趣旨、あるいは基準がございます。
最適なバランスですね、つまりこの環境回復活動に伴う、
もたらされる利益と、それに伴う負担、といったもののバランスを考えて最適化を図る

対象となる住民の方々、ないし市民の方々のコンセンサス(合意形成)を得るということ、
それが必要だという事を意味しています。

この後、レンティッホ団長は環境省の石原伸晃大臣を訪問。
年間1ミリシーベルトは
「除染作業だけで短期間に達成できるものではないことをもっと住民に説明するべきだ」

などと助言する中間報告書を提出した。
2012102212s


石原氏は「助言を生かし除染を加速させたい」と語った。



---


「助言を生かし除染を加速させたい」ではなく、
「助言を生かし無駄な除染は終了させます」ではないのかな?

やっぱ、フアン・カルロス・レンティッホ団長は人の命じゃなくて利益と負担を重視していますね、
IAEAだから当たり前かもしれないけど

「IAEAがやってきた」武藤類子さん4/21郡山(内容書き出し)

「IAEAが今、郡山に乗り込んで福島県民を殺そうとしているんです」広瀬隆氏12/15(文字起こし)

<1> 原子力マフィアによる被ばく強制の歴史“IAEAとICRP”
12/14広瀬隆氏郡山(内容書き出し)





よその家のおっさんにこんなこと言わせておいていいのか!
あんたどこの人?
人の家の事情に偉そうな顔した口出すな!
家族が毒盛られて死んじゃうかもしれないのに、
コンセンサス?なんで合意しなきゃいけないのか!?
自分の命、家族の命、子孫の命の問題です。
こんな話 認めちゃいけない(╬◣д◢)!

国会での安倍首相の、汚染水「完全ブロック」答弁の、詭弁・茶番は酷過ぎる。

かっちの言い分

http://31634308.at.webry.info/201310/article_21.html

国会での安倍首相の、汚染水「完全ブロック」答弁の、詭弁・茶番は酷過ぎる。

<<   作成日時 : 2013/10/22 21:26 

オリンピック招致で、安倍首相は汚染水は「0.3平方Km内に完全に完全にブロックされている」と大嘘をこいたが、今日の国会で追及された。質問者は維新の松野頼久氏であった。この質問のマスコミ報道は以下の通りである。これでは安倍首相は、何の問題もなく答弁したと思ってしまう。全く報道になっていない。実際に聞いたやりとりの内容を以下に示したい。

首相、海洋への汚染水影響を否定 「完全にブロック」認識変えず
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/499507.html

 安倍晋三首相は22日の衆院予算委員会で、東京電力福島第1原発の汚染水漏れ問題に関し、放射線モニタリング結果が基準値を下回っているとして、海洋への影響を否定した。「完全にブロックされている。考え方は変わっていない」と述べた。

松野氏の質問は、首相は完全ブロックと言っているが、「湾の外には漏洩しているか? していないのか?」のどちらかと問うたが、安倍首相はこれには答えず、専ら茂木経産大臣がのらりくらりと詭弁を弄して答えた。茂木氏は決して「漏れた」とは言わないで、湾の水は湾の外と入れ替えはあるかもしれないが、問題なのは、放射性物質の測定値が湾の外でも基準値よりも小さいという一点張りであった。常識的には、湾の海水との入れ替えがあるなら漏れていると言えるのに。松野氏の突っ込みも甘い。

これでは、埒が明かないとみたのか、東電の広瀬社長に、汚染水タンクから湾を通さず、直接海に放出されている側溝の水には、放射性物質は含まれないのかと質問した。これに対して広瀬社長は、雨水等に混じって海に流れているとあっさりと認めて答えた。松野氏が、これは「漏れた」ことではないのかと質問したが、茂木大臣は決して「漏れた」とは認めず、あくまで基準値以下であるから問題はないとの回答に終始した。

こんな嘘が通用する国会は、青少年には見せられない光景である。このような詭弁がまかり通る国会は、もはや茶番である。

マスコミもこのような出鱈目な国会の真の姿を、報道も解説もしない。世も末である。絶対多数を持っている驕り以外の何物でもない。

日本の国会がこんな政府に牛耳られている。日本はどこに連れていかれるかわからない。

2013年10月22日 (火)

グルンバは 超シンプル!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10222

2013/10/22(火)2  グルンバは 超シンプル!

 

これだけの装置で焼酎カスが有機肥料に変身!

グルンバの威力 詐欺師と一緒

九州各所にある焼酎カスの処理プラントは、どれも巨大で高額な装置であるが、グルンバを使うと超シンプルな装置でOK!(写真は太久保酒造のプラント)

 

焼酎カスを処理するグルンバ装置を見学された方々は、
「へー!こんな簡単な装置で焼酎カスが処理できるんですねぇ!」
と、みなビックリした声をあげる。

しかも、タンク類は全部が中古品。中古のタンクローリーのタンクを解体屋から買ったモノだwww

グルンバ装置の下にあるタンクには、「雪印ロリエース」って文字がまだ書いてあるので、見たヒトは笑ってしまう。

この「雪印ロリエース」のタンクに焼酎カスを入れ、上のグルンバ装置で超微細化処理をしてから乳酸菌を混ぜる…。すると、たちまち発酵して焼酎カスが有機肥料に変身!鼠~ワケだ。

いや、焼酎カスだけでなく、生ゴミも、余剰汚泥も、豚ふん尿も、全~部これと同じ装置で処理ができてしまう。

これって、まさに、これからのシステム、未来型のプラントでしょ?

きょう、コレをみた山梨の社長さんも、
「これだけでEーんだぁ! 牛ー俺はでっかいプラントはつくらない象!」
と、でっかい声で叫んでた。

 

この山梨の社長さんは、今後、汚泥処理に人生を賭けて取り組む。
あ、鷲の親友の「がけっぷち」こと木崎クンも命を賭ける。
だっから、
興味と野心のある人は、グルンバビジネスに取り組んで猪ー大寝!

上の左側の写真をクリックすると、少し詳しい説明が出ます。
下は木崎君の著書。お読みでない方、読んでみて下さい。安いからwww

 

儲かる汚泥

 

色々と化けの皮が剥がれてきた

nuclear allergy ~福島の悲劇を二度と繰り返さないために~

http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-849.html

色々と化けの皮が剥がれてきた

随分と色々な分野で「化けの皮」が剥がれてきました。

■TPPの「重要5項目を死守する」という自民党公約が守れない事に関して、石破幹事長は「自民党に一票を入れた国民が判断しろ」と言い始めた」

<石破幹事長>TPP公約「数字巡る議論しない」

  自民党の石破茂幹事長は11日、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)交渉で「重要5項目(586品目)を死守する」とした党公約と、同党が重要5項目 の関税撤廃ができるか検証することの整合性について、「自民党を信じて1票を投じた方々が判断することだ。今数字を巡る議論はしない」と述べた。

 札幌市内で「586品目が一つでも関税撤廃されたら、(本当に)公約を守ったことになるのか」との記者団の質問に答えた。政府・自民党は国内に影響が大きい品目を守ることで、重要5項目の大枠を維持したとアピールし、「公約違反」との批判を避けたい考えだ。

毎日新聞 10月11日

最初から守れない約束をしたのは自民党であり、「出来ない」という結果が出たら、一票を入れた国民に責任転換だそうです。
こんなの「公約」って言えますかね?

続きを読む "色々と化けの皮が剥がれてきた" »

特定秘密保護法案を知っていますか?

nuclear allergy ~福島の悲劇を二度と繰り返さないために~

http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-848.html

特定秘密保護法案を知っていますか?

特定秘密保護法案についてのラジオ番組です。
自民党衆議院議員、中山泰秀氏と、弁護士 太田健義氏が出演され、この法案がどのような物かを語っています。


131011 報道するラジオ「特定秘密保護法案を知っていますか?」




以下、内容から抜粋。

■特定秘密保護法案は、全国の弁護士会が反対している。

■秘密の取扱対象者は6万4千人。10月9日の時点で既に41万件もの情報が秘密扱い。

■秘密は5年ごとに更新されるので、更新し続ければ永遠に秘密になる。

■殆どの行政機関がこの法案の対象に網羅されている。

■秘密にしたこと自体も秘密となり、何もかもが秘密となる。

■秘密にした事が妥当かどうか、第三者機関がチェックしないので、違法な秘密も生まれる、隠したい情報を勝手に隠す事が可能。

■今ですら情報を隠しまくっている政府が、情報公開も担保出来ない。

■パブリックコメントに9万件の意見が寄せられ、8割が反対であったが、自民党はそのまま進めている。

■秘密取扱対象者は公務員だけでなく、研究者や民間事業者も入る。

■「報道の自由」「知る権利」は書かれているだけで、第三者機関がチェックしないので担保されていない。


現在この法案に対して、140名以上の大学教授ら学者達が反対の声をあげているそうです。

黙っていたらそれは「賛成」です。国民の沈黙は大きな代償をもたらします。

仕事人・飯山一郎の充実した日々

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10221

2013/10/22(火)  仕事人・飯山一郎の充実した日々

 

山梨の汚泥には 亜鉛が980ppm!

亜鉛1 亜鉛2

亜鉛(Zn)は、免疫機能の向上に大きく関与する必須元素だ。いま、日本人の亜鉛欠乏症は(あまり指摘されないが)深刻な問題だ。ただでさえ内部被曝で免疫が低下しているのだから…

 

昨日、山梨の客人が提示してくれたデータは、驚異だった。

なかでも鷲の度肝を抜いたのは、グルンバ処理した亜鉛の含有量だ。
数値は、なんと! 980mg/L。これはすでに「機能性食品」だ。

この汚泥を配合飼料と混ぜてブタに与えれば、病気で死ぬブタがいなくなり、画期的な豚肉になる。その豚肉を食べた人間も免疫機能が亢進し健康になる。

ブタだけではない。山梨の汚泥を肥料にすれば、画期的な農作物が育つ。

あと、山梨の汚泥は、食品工場の汚泥が多いので、重金属は、なし。
重金属の化合物は、じつは、グルンバ処理した後の汚泥微生物が原子1個の状態にして無害化する作用もある。

重金属、たとえばカドミウム(Cd)は、工場から排出されたCdの化合物があの悲惨な「イタイイタイ病」の原因になったのであって、Cdそのものが悪いのではない。

水俣病だって、チッソ社がつくった水銀の化合物(有機水銀)が犯人なのであって、水銀(Hg)という重金属には何の罪もない。

クロム(Cr)も人間がつくった六価クロムが猛毒なのであって、三価クロムは必須ミネラルで、これが不足すると糖尿病になる。

このように、「重金属が悪い!」という考え方は、悪い!(爆)

おっと、話題がソレてしまったが…、時間がない。
これから、山梨の客人と作戦会議だ。
きょうも充実した会議になるだろう。
よし! 行くぞ!>運転手さん

中国の大気汚染をそしる資格は汚染水垂れ流している日本にはありません&経済政策をゴルフにたとえてオチャラケ答弁。まるで飲み屋でオダあげるオヤジです。知性のカケラもあったもんじゃない。

くろねこの短語

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-e72c.html

2013年10月22日 (火)
中国の大気汚染をそしる資格は汚染水垂れ流している日本にはありません&経済政策をゴルフにたとえてオチャラケ答弁。まるで飲み屋でオダあげるオヤジです。知性のカケラもあったもんじゃない。

 中国の大気汚染が凄まじいことになっている。TVのワイドショーは、「よくこんなんで平気で住んでられますね」とか「もっと危機感をもたないと日本にも迷惑がかかる」なんてことを、コメンテーターがくっちゃべっている。言ってることは確かにその通りなんだが、ちょっと待てよ、よその国のことをとやかく言える立場か日本は。福島第一原発からは放射能が大気中に拡散し、汚染水は確実に海を汚してるってのに、自分のことは棚に上げってのはこういうことを言うんでしょうね。

 大気汚染でモヤがかかった中国の都市は、そのまま東京の姿かもしれませんよ。放射能は目に見えないだけで、確実に東北、関東に降り注いでいるんだから。中国の大気汚染を非難する資格は、日本にはありません。そのうち、海洋汚染の不始末で、外国から訴訟起こされることだって十分に考えらるんだからね。

 そうなったら大変だ、って思ったのかどうかは知らないが、原子力規制委員会は福島の沖合い1000~3000キロの海域で放射性物質の濃度を測定するってね。海面近くの海水を採取するらしいが、海洋汚染って表面をなぞっただけじゃハッキリしたことはわからないんじゃなかろうか。海底にホットスポットが散らばっていることがわかってるんだから、そこはどうするつもりなんだろう。

福島沖1000~3000キロで測定 放射性物質、範囲拡大

 海底のホットスポットは、カレイやヒラメといった底魚に多大な影響を及ぼしているはずで、単純に海面近くの海水の汚染度測ったからって、それで良しとはならないんだよね。ま、やらないよりはいいんだろうけど、深刻な汚染はなかった、っていう結論ありきの汚染調査にならなけりゃいいけどね。

 ところで、衆議院予算委員会で、レレレのシンゾーがゴルフに例えて経済政策を語ったそうだが、おいおい、飲み屋の会話じゃないんだからさ、ちった あ考えて答弁したらどうだ。「ボールがバンカーに入ってしまった。グリーンの先に崖があると心配して、ずっとパターで打っていたら出ない。われわれはサン ドウエッジでグリーンに乗せようとしている」って、なんのこっちゃ。知性のカケラもありません。

 この国の政治は、政治が家業の世襲政治屋と選挙で選ばれたわけでもない有識者とかいう御用学者が好き勝手してるってわけです。「節度」って言葉が、この国からはどんどん失われ、なんだか、日々、心が疲れていく今日この頃なのだ。

小沢一郎の今後(2) “マネー”に対抗し得る“政治哲学の創造”をじっくり練る

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/cfb40b10ac122712f8bde681d57d0b31

2013年10月22日

●小沢一郎の今後(2) “マネー”に対抗し得る“政治哲学の創造”をじっくり練る

 小沢一郎は、前原誠司口先民主党代表時代の「堀江ガセメール事件」でボロ雑巾のようになった民主党を立て直すべく代表選に立候補した時、代表選演説で映画『山猫』の中に出てくるサリーナ公爵の言葉を借りて≪ 最後に、私はいま、青年時代に見た映画『山猫』のクライマックスの台詞を思い出しております。イタリア統一革命に身を投じた甥を支援している名門の公爵に、ある人が「あなたのような方がなぜ革命軍を支援するのですか」とたずねました。バート・ランカスターの演じる老貴族は静かに答えます。「変わらずに生き残るためには、自ら変わらなければならない。英語で言うと We must change to remain the same. ということなんだそうです。」確かに、人類の歴史上、長期にわたって生き残った国は、例外なく自己改革の努力を続けました。そうなのだと思います。よりよい明日のために、かけがえのない子供たちのために、私自身を、そして民主党を改革しなければならないのです。≫と立候補の際語っている。

 筆者も遅ればせながら7年ほど前に『山猫』を観た。筆者自身はヨコシマナ心の持ち主なので、クライディア・カルディナーレの野性味あふれた目の強さにひたすら惹かれたが、あまりに長過ぎる長編映画に閉口した(笑)。記憶には“変わらずに生き残るためには、自ら変わらなければならない。”と云う言葉があったとは思わなかったが、劇場映画としては、あまりに長いので英語版では、驚くほど短縮されたものになっている。アチコチ調べてみると、オリジナルは≪全てが以前のままであるためには、少々の変化は受け入れねばならぬ。≫と少々無味簡素なセリフになっているのだが、あくまで英語版では、小沢の引用の通りなので、間違いでもないし、オリジナルよりも含蓄のあるセリフに代わっているとも言えるだろう。

続きを読む "小沢一郎の今後(2) “マネー”に対抗し得る“政治哲学の創造”をじっくり練る" »

放射能は微量でも、体内の特定の場所に集まるので危険です!年令が低いほどその危険は大きくなります!

ウィンザー通信

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/b66ed18361609c8feafafeb28db8a8aa

放射能は微量でも、体内の特定の場所に集まるので危険です!年令が低いほどその危険は大きくなります!
2013年10月21日

今朝一番、あのウソ吐き男が、福島県沖で獲れたタコを、頬張ってる写真を見てしもた。

それで一気に血の流れがおかしくなり、慌てて気功の型で気を整え、あれこれと考えをまとめてみた。

見つけた写真や記事を、順番がちょいとおかしなるかもしれんけど、自分なりにまとめてみる。

↓これは、前にもここに載せたことがある、青森県のお医者さんたち(核燃サイクル反対の意見広告を出す、医療従事者の会)によって作られた意見広告。

23b238904c7eae55bae27707435884cb




放射能は微量でも危険です!!
年令が低いほど、放射能の危険が大きくなります。
放射能は、体の中で、特定の場所に集まる性質を持つので、
濃縮されます。
ガンは白血病の原因になるのは、そのためです。



■ 皮膚
クリプトン85(10年)
■ 甲状腺
ヨウ素131(8日)
■ 肺
プルトニウム239(2万4000年)
■ 肝臓
コバルト60(5年)
セリウム144(284日)
■ 腎臓
ルテニウム106(1年)
■ すい臓
ポロニウム210(138日)
■ 筋肉
セシウム137(30年)
■ 生殖腺
セシウム137(30年)
プルトニウム239(2万4000年)
■ 骨
ストロンチウム90(28年)
ラジウム226(1620年)
炭素14(5600年)
 



ほんでもって、これが、あの男がタコを頬張っていた写真に関連する記事。
写真はここに載せたくないので載せない。

試験操業再開の松川浦漁港視察 首相、新地の仮設も訪問
福島民報 2013年10月20日
 
19日、福島県に来県した安倍晋三首相は、相馬、南相馬両市、新地町で震災、原発事故からの復旧・復興の現状を視察した。
福島第一原発の汚染水問題と風評被害について、
「試験とはいえ、漁が再開し、検査の結果、全て安全だと明らかになっている
福島の水産物、農産物は安全だ、という情報を発信したい」と述べた。
 
相馬市では、9月下旬に、相馬双葉漁協の試験操業が再開された、松川浦漁港を視察。
佐藤弘行組合長の説明を受け、ミズダコやシラスを試食した。
新地町では、仮設住宅の津波被災者を激励し、防災集団移転予定地を視察した。
南相馬市の旧警戒区域で、事業を再開させた厨房(ちゅうぼう)機器製造の、タニコー福島小高工場も見学した。
 
安倍首相の来県は、首相就任後、5回目。



次に、この件に関しての、ある専門家からの意見。

岐部健生氏は『わかりやすい放射能と放射線の知識(増補改訂版)~汚染食品から、子どもを守る方法~』の著者。

↓以下、氏のフェイスブックより転載させていただきます。

いくらなんでも、危険過ぎると思います。
放射性核種について、放射能や放射線、内部被ばくの怖さについて、知らない人達がやることは恐ろしいことです。
もしも危険性を知っていて、取り扱っている人たち(販売を許可した人達も含め)が、販売している商品を食べないとすれば、確信犯であると思います。

風評被害とは、別次元の問題です。 
本当に、放射性核種(セシウム137、ストロンチウム90など)の汚染がないのであれば、
最低でも、検出限界1Bq/Kgの検査機器で測定した、実測値をつけるべき
です。
国の基準の放射性セシウム100Bq/Kgでは、甘すぎると考えます。
量の多少にかかわらず、放射性汚染が疑われる食品を販売するのであれば、
消費者が選択できるように、全てを検査し、ベクレル表示をすべき
です。
それができないようであれば、販売すべきではないと思います。

新たな基準値では、セシウム(セシウム134、セシウム137)と、他の核種(、ストロンチウム90、プルトニウム、ルテニウム106)を比率で考慮し、
すべてを含めても、被ばく線量が1ミリシーベルトを超えないように設定した、と厚生省は説明していますが、
これは、福島第一原発事故(2011年3月)で放出された、放射性物質を想定されたものです。
これまで、放射性核種の放出や、漏出が続いていることを考えると、前提条件である放射性核種の比率も、異なっているのです。

考えましょう、食材のこと。

日本は、ストロンチウム規制がありません。


諸外国・地域の規制措置(平成25年9月1日現在)

E2bfb6b6f6caa57db348b6a05c6de7d9

http://www.maff.go.jp/j/press/shokusan/kaigai/pdf/kisei_all_130901.pdf


そしてこれは、昨日のニュース。

↓以下、転載はじめ

2013年10月21日 19:10



福島第一原発できのう、雨の影響で、タンクを囲む堰に溜まった雨水が、11か所で溢れました
このうち6か所で、排出基準値を超える放射性物質が、検出されました

放射性物質の濃度を測定したところ、6か所で、基準値を越える、ストロンチウムを含むベータ線が検出され、
最大で、基準値の71倍となる、710ベクレルが検出されました。
 
きのうは、100人以上の作業員が、緊急で汲み上げなどをしましたが、雨水が残っていて、作業が間に合わなかったということです。


 
東京電力では会見で、「海へ直接流出した可能性は低い」としていて、今週も台風が接近する予報のため、
東京電力では、汲み上げ用のポンプやホースを大幅に増やして、対応に当たるとしています。

↑以上、転載おわり


これを読んで、政府はなにやっとんねん?!と思う人は多いのか少ないのか。
こんなニュースを、ただただふつ~に伝える新聞テレビって、もう日本の危機は他人事?
いったいどないなってんのか?
などと言うわたしは、過激派でカルトな人間と見なされるんか?

↓以下、福島大学の門近くに設置された看板の写真。

Afd54c142a12d21b52ed0981905e3c1c


過激派団体・カルト団体、悪徳商法等に注意!

過激派団体・カルト団体、悪徳商法などは、ほんとうの姿を隠して、すでに皆さんの身辺に迫っています。

「反原発」などの主張を掲げた過激派団体の組織への取り込みに注意してください。
(安易に住所・氏名・電話番号・メールアドレス等の個人情報を教えたり、書いたりしないよう、各自で十分注意してください)

東日本大震災の被災地支援、原発問題の勉強会などと装う勧誘にも注意が必要です。

●戸別訪問による勧誘には、注意してください。
(大学が学生の住所等を他者に教えることはありません)

学外者による、合宿・講演・勉強会・施設見学の誘い、臓器(?)のモニター依頼、新入生歓迎会・学内外での集会などに注意してください。




福島県では、こんなふうに、家畜人の囲い込みが、正しく当然の行為として行われてるのか?

そして最後に、こんなお店もある↓。

F71f6258983e775f6242b31f2357e7f2



これで日本を心配すんな言われても、無理やろしかし……。

スパイ機関「米NSA」の暴走が止まらない ~これに同調する「日本版NSC」も国際スパイ同然~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ 

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/62332030aa18f095e3ce61edd5c7a90c

スパイ機関「米NSA」の暴走が止まらない ~これに同調する「日本版NSC」も国際スパイ同然~
2013年10月22日

元CIAのエドワード・スノーデンが機密文書を白日の下に晒して以降、「米NSA」による常軌を逸したスパイ活動が次々に明るみとなっている。

 

「米NSA」は暴露された情報収集活動について”対テロ名目”とし て正当性を主張しているが、そのスパイ活動範囲が国連本部・欧州連合(EU)から国際原子力機関(IAEA)といった国際機関にまでおよび、さらに80以 上の大使館・領事館までもがその通信傍受対象にされていたというのであるから、対テロという名目だけでこれを正当化するのはあまりに無理がある話であろ う。

 

「米NSA」の監視対象は国際機関や各国の大使館・領事館のみならず、一般の民間人もその対象に含まれるが、以下の「AFPBB News」記事にあるように、フランスの民間人の7000万件もの通話記録が極秘裏に傍受されていた事実が今回新たに明らかとなった話である。

 

勿論、我々日本人の通話・通信記録も相当数、「米NSA」によって秘密裏に傍受されているであろうことは言わずもがなであろう。
携帯電話による会話然り、Eメールの内容然りである。

 

更には以下のロイター記事にあるように、メキシコ前大統領の公的な電子メールをハッキングし、傍受していたというのであるから、宗主国アメリカが「NSA」を介してやっていることはハッキリ言ってメチャクチャである。

 

では日本はどうであろうか?

 

すでに世界各地の日本大使館・領事館も「米NSA」の監視対象とされていることが明らかとなっているが、重要なことは我々一般市民がその監視対象とされている点であろう。

 

にも拘らず、そんな中で、安倍政権は「特定秘密保全法案」と共に、「米NSA」の劣化コピーである「日本版NSC」を創設しようとしているのである。

世界中どこを見回しても、数々のスパイ行為にて悪評を買っている「米NSA」同様のスパイ機関を創設し、事もあろうかその「米NSA」と情報ネットワークを共有して協調していくことを宣言するようなバカな国家は日本以外にないであろう。

 

即ち、日本は世界中の”笑い者”であり、”鼻つまみ者”同然だということである。

 

スパイ機関と協調することは、自らもスパイ行為に加担することを意味するわけであり、日本版NSCが創設された暁には、日本はめでたく「国際スパイ」同然との”謗(そし)り”を免れないであろう。

 

「日本版NSC」創設については、国際的には「犯罪国家アメリカ」に同調するとの意であり、結果、”国益”を大きく損なう行為と断じてよい話である。

 

フクシマ原発の「汚染水問題」といい、「日本版NSC」創設といい、日本国民は”国際社会の目”というものをもっと常日頃より意識すべきであろう。

 

そう遠くない将来、フクシマ原発事故による放射能汚染問題が国際社会問題となることは自明であり、その時のためにも、「アメリカの目」=「国際社会の目」であるかのような「米国盲従」という”思考停止”状態からいい加減に抜け出すべきであろう。

さもなくば、日本はハリウッド映画の如く、極悪マフィアに忠誠を誓うものの呆気(あっけ)なく”切り捨て”にされるチンピラさながらの目に遭うことであろう。



(転載開始)

 

続きを読む "スパイ機関「米NSA」の暴走が止まらない ~これに同調する「日本版NSC」も国際スパイ同然~" »

2013年10月21日 (月)

「金額を引き上げたのに売れない」と嘆く国と銀行

simatyan2のブログ

http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11646397129.html

「金額を引き上げたのに売れない」と嘆く国と銀行
2013-10-21 19:57:0

当選金の額を6億円から7億円に引き上げたのに売れないと役人と銀行が
嘆いているそうです。

何の話?

年末ジャンボ宝くじの話です。

別名、愚者の税金。

つまり1等の当選金が4億円から5億円になり、前後賞は1億円のまま
で、前後賞あわせて7億円に引き上げられたってことです。

でも売れないんです。

今年は2005年以降、毎年売り上げが減少しているので当選金額を引き
上げれば売り上げが伸びるだろうと総務省が法改正をしました。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131019-00000617-yom-soci

しかし法改正をしてまで引き上げたのに売れないのです。

ということは、売り上げが落ちてるのは賞金の額じゃないからなんですよね。

売れない原因は大きく分けて3つあると思います。

まず景気が非常に悪いということです。

昔は景気が悪くなると「夢を買う」人が増えて宝くじは売れたそうです。

でも夢を買うなんてのは10年前までは通用した言葉で、今は国民は夢を
買う余裕もなくなったってことじゃないんでしょうか?

そもそも一枚300円というのも高すぎるんですね。

100円ならもう少し売れると思いますが・・・。

2つ目は、あたる確率の悪さですね。

6等(300円)に当たる確率が1/10です。
5等(3000円)なら1/100になります。
4等(10万円)が1/10000、
3等(100万円)が1/1000000、

これが1等になると天文学的な数字になります。

だから確率論的には宝くじは1枚だけ買っても1000枚買っても当たる
確率は変わらないそうです。

なぜなら当たる確率があまりにも低いので、1000枚程度買ったくらい
では確率に大きな差はないからなんですね。

まあどうしても宝くじを買いたければ1枚だけ買えばいいということです。

そして3つ目が最大の問題点です。

続きを読む "「金額を引き上げたのに売れない」と嘆く国と銀行" »

繰り返される米軍無人機による民間人の大量殺戮劇 ~阻止すべき戦争マフィアによる「無人機ビジネス」~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~   

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/ee71abf57f693a9ef99636c4e13139b9

繰り返される米軍無人機による民間人の大量殺戮劇 ~阻止すべき戦争マフィアによる「無人機ビジネス」~
2013年10月21日

911同時多発テロ以降、イラク・アフガンをはじめとする中東地域における米軍の侵攻作戦にて、いまや無人攻撃機が欠かせない存在となっている。

 

米軍の無人機については、日本国内ではほとんどその詳細が報じられることがない故、よく知らないという方が多いであろう。

 

と言う訳で、まずは無人機がどんな代物なのかについて纏められた以下の動画をご覧頂きたい。
(4年前に放送された内容であるが、無人機が何たるかを知るには格好の素材である。)

 

 

 

 

 

無人機の役割は、地上部隊のための「空の目」として敵軍の監視や情報収集をおこなうと共に、その強力な攻撃能力にて敵を攻撃することである。

 

動画をご覧になればお解りのように、無人機の操縦は中東から遠く離れたアメリカ本土にて遠隔操作にて行なわれるが、その様は「戦争シミュレーションゲーム」さながらと言ってよいであろう。

 

動画に登場する米空軍パイロットがインタビューに答える様子をみれば、当の本人は「ゲーム感覚」であることを否定しているが、その表情からは現実に人を殺(あや)めているという悲壮感・悪意といった感情は皆無と言ってよいであろう。

 

無人機による攻撃にて多くの民間人が誤爆され命を落としていることで、ここ最近、オバマ政権への風当たりが強まっているが、無人機が登場して多用されるようになった時期をみれば、その多くがネオコン・ブッシュら「米戦争屋」連中による仕業であることは自明であろう。

 

”自作自演”のヤラセ疑惑が尽きない「911同時多発テロ」である が、それ以降、「対テロ」名目にて如何に多くの血が流され、軍事マフィア連中が如何に大儲けをしたかを考えれば、”自作自演””ヤラセ”の真偽はともか く、結果として「米戦争屋」がイラク・アフガンへの侵略行為を正当化し、莫大な利権を得たことを考えれば自ずと答えはみえるであろう。
(911のヤラセ疑惑については、話が長くなるので今回はこれ以上は触れないこととしたい)

 

米軍の無人機による攻撃では、これまでに少なくとも500人近い罪 なき民間人が命を落としたとされているが、以下のニューズウィーク記事にあるように、テロ活動をやめさせようと説得しているところで巻き添えとなった男性 が、民間人ではなく戦闘員としてカウントされているというのであるから、実際に無人機による攻撃の犠牲となった民間人は3000~4500人かそれ以上で あっても何ら不思議ない話であろう。

 

さて、ここからが本題であるが、何故、今になって無人攻撃機が問題とされるようになったのであろうか?

 

無人攻撃機については、本来であれば、イラク・アフガン侵攻時やイエメンなど中東地域における作戦時に問題とされていて然るべき話であろう。

 

そう、”バカ息子”ブッシュ政権時である。

 

しかし、ブッシュ政権時と言えば戦争屋連中がまさに”わが世の春”を謳歌していた時代である。

 

即ち、そんなことを名指しで批判しようものなら、忽ちにしてCIAの捕捉対象とされ、社会的抹殺あるいは生命そのものの危険に晒される故、誰もこれを指摘できなかったということである。

 

ここからは小生のいつもの個人的な仮説(妄想)であるが、オバマは 敢えて”ピエロ”を演じ、自身への非難を通じて無人攻撃機を非難する世論を高めることで、「米戦争屋」連中による残忍極まりない殺戮行為と、世界各国への 無人機売り込みによる”悪乗り”極まりないぼろ儲け行為に歯止めを掛けようとしているのではないか?ということである。

 

即ち、先のプーチンとの共闘による「シリア攻撃阻止劇」と極めて同様の構図である。

 

オバマはこの際も、戦争屋連中がイラク侵攻(侵略)時と同様の構図にて、化学兵器の保有を理由にシリアへの侵攻を企てていた動きをものの見事に阻止したのである。

 

その真偽はともかくとして、世界に広がりをみせている”戦争マフィア”連中による「無人機による大量殺戮」とその諸悪の根源たる「無人機ビジネス」が阻止されることを祈りたいものである。

 

 

 

(転載開始)

 

◆市民400人超が犠牲、アメリカらが使用する無人攻撃機とは?
 Oct 20 2013  THE NEW CLASSIC




ア メリカ・イギリス・イスラエルが、イスラム武装勢力などを殺害する目的でおこなっている無人機による攻撃について、国連が民間人被害の実態についてまとめ た初めての暫定報告書を発表した。エマーソン特別報告者による調査では、無人機による攻撃で、パキスタン、アフガニスタン、イエメンの3カ国で2004年 以降、少なくとも市民479人が殺害されたことが明らかになった。

 

○パキスタンでは400人が死亡

 

調査によると、パキスタンにおいては少なくとも330回の無人機による攻撃が遂行さ れて、一般市民400人を含む2200人が死亡したとされ、200人以上が非戦闘員である可能性も指摘されている。同じく、アフガニスタンとイエメンでは それぞれ、58人と21人の市民が巻き添えになっていると報告しており、これらの政府に対して情報公開を求めている。

 

これまで、無人攻撃機はパキスタンなどで多用されており、攻撃目標の誤認から一般市民の犠牲者を多数出してきたことで批判を受けていた。しかし、これらの作戦には、米中央情報局(CIA)が中心的な役割を果たしていることもあり、その実態が明らかになることはなかった。

 

○無人攻撃機とは?

 

2001年のアメリカ同時多発テロ事件後、アフガニスタンへの侵攻を端緒として、イ ラク戦争、イエメンなど中東地域における作戦で無人攻撃機は多用されてきた。地上部隊進軍のための情報提供や、援護射撃、あるいはおとりなどとして使用さ れてきたが、近年では「MQ-9 リーパー」など長い航続距離と高い監視能力、そして強力な攻撃能力を持つ無人機が続々と投入されている。

 

機体そのものに兵士が搭乗しないために、撃墜や事故などで彼らが危険にさらされるこ とはなく、世界各国で配備が急増している。アメリカ空軍によると、2023年までに全ての攻撃機の内、3分の1が無人機になるとしており、高い成果を上げ ていることも相まって重宝されている。

 

一方で、本報告で明らかになったように一般市民への誤爆などが多いことから批判も多 く、また無人機のパイロットは一般兵士よりも心的外傷後ストレス障害(PTSD)になる確率が高いことも明らかになっており、兵士にとって戦場の実感が無 いままに作戦を遂行することで生じる弊害なども指摘されている。

 

○アメリカの対応は?

 

今回の調査が、最終報告書へとまとめられるのは来春となるが、アメリカやイギリスな どには情報の透明化が求められている。今月5月にオバマ大統領は、今後の対テロ戦について「際限がない地球規模のテロとの戦い」から、「米国を脅かす過激 派ネットワーク」へと対象を絞ることを表明し、無人攻撃機の使用についても限定仕様へと切り替えることを明らかにしている。

 

しかし、こうした方針転換だけではなく、オバマ大統領は具体的なデータの公開や、今後の無人攻撃機の投入について明確な説明が求められるだろう。なぜならば、彼はノーベル平和賞の受賞者なのだから。

 

 

 

◆知ってるようで知らない無人機攻撃の怖さ Everything You Need to Know About Drones
 オバマ政権の「テロリスト標的殺害」作戦。リーク文書で明らかになった驚くべき非道
 2013年2月22日(金)17時44分  ニューズウィーク日本版

 

ジョッシュ・ジーザ[2013年2月19日号掲載]

 

オバマ米政権の無人機使用は今や公然の秘密。しかしその実態はあまり知られていない。

 

パキスタンやイエメンで実施された作戦は広く報道され、米政府もそれとなく事実として認めることが多い。とはいえ公式にはあくまでも機密事項であり、作戦遂行に何らかの指針があるとしてもそれは非公開だ。

 

オバマ政権顧問として無人機による「標的殺害」計画を策定したジョン・ブレナンがCIA(米中央情報局)の新長官に指名されると、指名承認公聴会でも当然、注目を集めた。

 

折しも、先日NBCニュースが入手したオバマ政権の内部文書には、無人機による殺害を正当化する法的根拠などが示されていた。以下に、既知の事実と問題点をまとめる。

 

○リークされた文書の中身

 

16ページに及ぶこの文書を理解するには、11年9月の作戦について知っておかない といけない。アルカイダ系組織の指導者で米国籍を持つアンワル・アル・アウラキが、イエメンでの無人機攻撃で殺害された。彼は正式に訴追されていなかった ため、この作戦は米憲法修正5条(法に基づく適正な手続きなしに生命を奪われない)違反ではないかと指摘されている。

 

文書では、政府は外国にいる人物でも「切迫した脅威」を及ぼせば殺害できるとする。ただし「切迫した」の定義が広過ぎて意味がない。近日中にアメリカの国民あるいは権益が攻撃されることを示す明確な証拠がなくても、「切迫した脅威」に入り得るというのだから。

 

○作戦承認の手続き

 

「標的リスト」に新たなターゲットを追加する場合は、オバマ大統領自身が承認しているといわれる。またその傍らには常にブレナンがいるという。だがこの2人以外では誰が新たな標的を「指名」できるのか。選定に基準はあるのか。その場その場の判断なのか。

 

大統領選中に共和党のロムニー候補の優勢が伝えられた際、オバマ政権は引き継ぎに備えて、それまでなかったある種の「マニュアル」を慌てて作り始めたとも報じられた。

 

○誰を殺害しているのか

 

これも内部文書では明らかにされなかった疑問だ。02年のブッシュ政権時に始まった無人機作戦の初期の標的は、対米攻撃を計画中とされるアルカイダ幹部だった。しかし上層部を一掃した後も作戦は続行された。

 

最近はアフガニスタン、パキスタン、イエメン、ソマリアで反政府武装勢力の下っ端戦闘員が標的にされ、相手の身元がよく分かっていないこともある。

 

集団の行動パターンが少しでも武装勢力のように見えたら標的にする「識別特性爆撃」も論議を呼んでいる。米国務省では、こんなジョークがはやっているらしい。男が3人並んで軍事訓練のような挙手跳躍運動をすれば、すぐにCIAに殺される。

 

○民間人を殺しているのか

 

公式見解は、ブレナンいわく民間人の犠牲は「非常にまれ」だ。だがCIAは無人機作戦の犠牲者が成人男性だった場合、「戦闘員」として数えている。

 

昨年8月にイエメン人のアルカイダ要員3人が無人機で殺害されたとき、ちょうど彼らのテロ活動をやめさせようと説得に来ていた穏健派の聖職者とその親族の男性が巻き添えになった。この2人も作戦遂行直後は、民間人ではなく戦闘員として処理されたはずだ。

 

○作戦の全体像とその規模

 

正確には分からない。調査報道協会の推定では、作戦回数はパキスタンで04年から300回、イエメンで02年から40~50回、ソマリアで07年から3~9回。死者数は多めに見積もって3000~4500人だという。

 

(転載終了)

 

今後の小沢一郎(1) 『日本改造計画』は、日本の政治家に示した政治の羅針盤

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/5991f87ee5cb9c2ff32d0f8882cc8b2e?fm=rss

2013年10月21日

●今後の小沢一郎(1) 『日本改造計画』は、日本の政治家に示した政治の羅針盤

 ビデオニュース・ドットコムの“神保哲生・宮台真司”による、小沢一郎インタビュー及び“神保・宮台”の事後分析コメンタリーは、合計で2時間半に及ぶもので、時間がないことには、聞くこと自体相当大変だった。宮台の政局リソースには、民主党オリジナルに関与した新党さきがけ系譜の人材、高野孟や菅直人、福山哲郎などのソースの多くにバイアスが混在しているため、話を鵜呑みにするわけには行かない。しかし、神保・宮台二人とも、それなりの見識は有しているので、気がつかなかった角度で小沢一郎を考えるチャンスを提供してくれた。

 小沢支持者の中には、ビデオニュース・ドットコムの初期からの視聴者が数多くいたようだが、2010年の民主党代表選における“菅vs小沢”による、民主党代表選に関して、高野―宮台らが番組内で“菅支持”を打ち出したため、あの代表選が民主党を無力な政権に貶めた要因のすべてと思い込む人々からは、「あの時の、菅支持がすべてを台無しにした。お前たちは、その責任をどう取るつもりだ」等々のクレームが、今でも恨めしさを含め、ビデオニュース・ドットコムに寄せられているようだ。この辺は、馬鹿馬鹿しい、噴き上がり支持者の“坊主憎けりゃ、袈裟まで憎い”なのだが、小沢支持者の民度が窺えるというより、日本人の民度自体を窺わせる事実である。

続きを読む "今後の小沢一郎(1) 『日本改造計画』は、日本の政治家に示した政治の羅針盤" »

これが我が国の現実だ!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10211

2013/10/21(月)  これが我が国の現実だ!

 

原発4基が大爆発!
そのまま2年半も放置!

 

Hukuiti

不正選挙? 東京オリンピック? 脱原発? 中国の大気汚染? UFO? 馬鹿言ってんじゃないよ! 現実を見ろ! 首都圏の近隣で原発が4基も大爆発したままで放置され、放射能汚染地帯には国民が平然と住んでいる…。
被曝している子供たちを助けようともしない! 完全に狂ってる!

 

状況は、どんどん悪くなってきている…。

福島第一、せき12か所で雨水あふれる (読売、21日)
福島第一原発周辺土壌水汚染、濃度急上昇 (ロシアの声、18日)

ずーーーっと コレの繰り返しだ。

  大丈夫です  漏れてました・・・
  大丈夫です  また漏れてました・・・
  大丈夫です  ダダ漏れでした・・・

「日本はテロリストとバカの巣窟 もうどうにも止まらない~♪
と喝破したのはきのこ女史だが、その通りだ。 (記事)

鷲は紳士だから「バカ」とはヨー言わん。「おろか者」と言う。
「おろか者」とは物事の本質が分からないシトのことだ。

いま最も大切なことが見えないので、ヤッてもしょうがないことを得意顔でヤッているシト…。

不正選挙追求だ、 東京オリンピックだ、UFOだ、脱原発だーと、おろかなコトばかり言ってるシト…。

まぁ、シト集めすればカネになるんだろーし…、好きにヤッてればEー。
しかし!

重大な現実は一つしかない!

 大爆発した4基もの原発が放置されている!

 ソコから放射能がダダもれのまま2年半!

 ソレを吸いつづけて、深刻に内部被曝!

これが我々が、いま、ハッキリと認識すべきことだ。
そして、日々…、
真剣に(できたら楽しく)対応していく! コレしかないのだ。
コレとは乳酸菌のことだ。乳酸菌はカネがかからない!

コバイバ・オイルなんて高いもの買っちゃダメだ象。
UFOは、絶対にアナタを助けてはくれない夜!

なんべん読んでもムカつく『安倍晋三のふざけた答弁』と『小泉節』

ウィンザー通信

http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/4d8f5f1446cfa72939b58b480e0b0c74

なんべん読んでもムカつく『安倍晋三のふざけた答弁』と『小泉節』
2013年10月20日

小泉氏の最近の言動について書いた記事のコメント欄で、白やぎさんがあらためて、ふたつの記事を思い出させてくれた。
そのうちのひとつは多分、ここにも載せたことがあると思う。
けれども、今のこの時に、もう一度読み直し、さらに考えさせられたことがあったので、ここにもう一度、載せさせてもらう。

↓以下、転載はじめ

藤野やすふみ衆議院議員のブログより

小泉元首相の「原発ゼロ発言」。今週号の『エコノミスト』でさらに詳しく紹介されています


『毎日』”風知草”8月23日付

このコラムでは、「今すぐゼロは暴論という声が優勢ですが?」という問いに対して、小泉氏が、

「逆だよ、逆。
今、ゼロという方針を打ち出さないと、将来ゼロにするのは難しいんだよ。
野党はみんな、原発ゼロに賛成だ。
総理が決断すりゃできる。
あとは知恵者が知恵を出す」

と言ったと紹介されています。

基本的に、私も同じ認識です。

続きを読む "なんべん読んでもムカつく『安倍晋三のふざけた答弁』と『小泉節』" »

小泉純一郎の「脱原発」論を新聞・TVがやたら取り上げるのは、特定秘密保護法案から国民の目を逸らさせるためのダミーか・・・なんて妄想をしてみた。

くろねこの短語

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-6c96.html

2013年10月21日 (月)
小泉純一郎の「脱原発」論を新聞・TVがやたら取り上げるのは、特定秘密保護法案から国民の目を逸らさせるためのダミーか・・・なんて妄想をしてみた。

 ベッドから出るのがちょいと億劫になる寒い朝である。やたら、空気は澄んで、昼には青空が広がるんだとか。嵐の前の静けさとはこのことか。伊豆大島も福島第一原発も、週末に向かって厳戒体制なんでしょうね。まったく、おかしな雲行きだこと。

 おかしな雲行きとなれば、永田町の右に出るものは見当たりません。特定秘密保護法案成立に向けてカウントダウンが始まっているってのに、新聞・TVは大本営発表を垂れ流すばかりで、まったく緊張感や危機感ってものがないんだから困ったもんだ。で、野党はどうかと言えば、これもまた同じ穴のムジナばかりで、民主党も日本維新の会もみんなの党も基本的には賛成なんだから嫌になっちまうんだね。ハッキリと反対しているのは生活の党、社民党、共産党だけってんだから話になりません。

 この法案にからめて沖縄密約の西山事件がよく引き合いに出されるんだが、レレレのシンゾーは官房長官時代に「密約はいっさい、存在しないというのが政府の立場だ」って言い張ってたんだよね。今となっては、あからさまな「嘘」だったわけで、こういう言説が何の検証もされることなく罷り通るのが特定秘密保護法案なんですね。つまり、自民党政権が一貫して主張してきた「密約は存在しない」ってことが「嘘」だってことすら、国民は誰一人知ることなく、たとえば西山事件の西山太吉氏のように逮捕され有罪判決を食らう恐れがあるってことです。

 憲法学者の皆さんがようやく思い腰を上げて反対声明を出したけど、遅いなあ。あまりにもスローペースなんだよね。早ければ、今週末にも閣議決定しようってんだから、このままだと反対声明はごまめの歯ぎしりになってしまいかねません。

秘密保護法案 人権脅かす 憲法学者24人反対声明

 それもこれも、特定秘密保護法案をなるべくスルーして、読者や視聴者に情報発信するのを避けてきた新聞・TVの御用報道が功を奏しているってことです。

 このところ、ご隠居ソーリ・純一郎君の「脱原発」発言がマスメディアでも大きく取り上げられているのもおかしなもんで、では京大の小出助教の「脱原発」の声に真摯な態度で耳を傾けたメディアがあっただろうか。あったとしても、せいぜいコメンテーター程度の扱いだもんね。ようするに、両論並立のアリバイ作りに利用しただけってのが正直なところでしょう。

 そんな新聞・TVがなぜにご隠居ソーリの声には耳を傾けるのか・・・? 特定秘密保護法案で御用報道を続ける新聞・TVの劣化ぶりを見ていると、どうも釈然としないんだね。その裏には何があるんだろう、ってついつい勘繰りたくなるんだが、ひょっとしたら特定秘密保護法案から目を逸らさせるためのダミーか・・・なんて妄想してみたくなる月曜の朝であった。

原発事故由来の汚染物を埋め立てた場所でオリンピックが行われる!!

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7372522.html

原発事故由来の汚染物を埋め立てた場所でオリンピックが行われる!!

Everyone of athletes, must not come to Tokyo!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7309185.html

汚染ピック

ドラ息子は自民党のガス抜き客寄せパンダ、親コイズミは今頃になって、今更って時期になって、「原発ゼロ」発言に邁進中。(裏でナニ考えてんだかな?)

晴 天 と ら 日 和 

http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52126512.html#more

2013年10月20日21:51
ドラ息子は自民党のガス抜き客寄せパンダ、親コイズミは今頃になって、今更って時期になって、「原発ゼロ」発言に邁進中。(裏でナニ考えてんだかな?)

 

s-20131020実話

  実話ってかwww
  どこが実話やねんって思ったりしてwww
  買うのは憚られるわな。
  ってか、買うほどの雑誌でもないしな、。。。
  ってか、週刊誌を買うほど値打ちのあるのは元から2、3誌ぐらいだしね。

  

■週刊実話 2013年10月31日 特大号
訪朝も完全無視 官邸内で浮きまくる飯島内閣官房参与がブチ切れ3秒前
http://www.asyura2.com/13/senkyo155/msg/261.html

「脱原発」の主張で自民党をビクつかせている小泉純一郎元首相。安倍晋三首相は9月30日付で次男の進次郎衆院議員を復興政務官に任命したが、これが「父親の言動を縛るための人質」(全国紙政治部記者)とまで囁かれている。

そんな脚光を浴びる小泉親子を苦々しげに見つめているのが、飯島勲内閣官房参与だろう。

「秘書として仕えた純一郎氏とケンカ別れする前、進次郎氏に政界での処世術を叩き込んだのが飯島氏でした。しかし父親の指南もあり、進次郎氏は今では飯島氏を遠ざけるようになっているのです」(自民党ベテラン議員)

ただ、当の飯島氏も、小泉家に思いを馳せる余裕はなさそうだ。安倍政権の要人として、初めて北朝鮮を訪問したのが今年の5月。拉致問題の進展を狙ったもの で、周囲には「事務レベルでやれることはやった。後は政治判断だけ」と、満足げに語っていた。しかし、官邸はお膳立てを無視するかのように全く動かない。 事実上の“放置プレイ”に、飯島氏はフラストレーションを募らせているという。

「飯島氏を直接動かしてきたのは菅義偉官房長官です。2人は拉致被害者を帰国させる前提として、朝鮮総連が売却の憂き目にあった本部ビルを引き続き使用で きるよう手を回してきた。しかし、拉致問題にこだわりの強い安倍首相が“条件闘争”に難色を示し、官邸サイドは深く関与できずにいるのです」(同)

首相から顔にドロを塗られた格好の飯島氏だが、プライベートでも頭を悩ませている。公安当局が徹底マークする新興カルト宗教団体に、何と実弟が入信したというのだ。

「飯島氏は実弟に近づく信者に電話をかけ、『俺の弟に、1回でも電話してみろ、タダじゃおかんぞ』と恫喝したのです。その様子がこの団体の機関紙に載り、官邸内で一気に肩身が狭くなりました」(政治ジャーナリスト)
肉親にカルト宗教の信者がいれば、間違いなく公安捜査の対象だ。官邸で浮いた存在になり、ブチ切れ寸前なのも当然かもしれない。

続きを読む "ドラ息子は自民党のガス抜き客寄せパンダ、親コイズミは今頃になって、今更って時期になって、「原発ゼロ」発言に邁進中。(裏でナニ考えてんだかな?)" »

福島第一原子力発電所のタンクエリア堰内からの溢水。11箇所→12箇所~待ってました♡大雨~「排水しています♪」

みんな楽しくHappyがいい♪

Photo


http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3349.html

福島第一原子力発電所のタンクエリア堰内からの溢水。11箇所→12箇所~待ってました♡大雨~「排水しています♪」

せきの水11カ所あふれる
=つなぎ目で漏れも―過去に放射能基準超・福島第1

時事通信 10月20日(日)18時23分配信

東京電力は20日、福島第1原発で放射能汚染水を貯蔵する11のタンク群で、
せき内の水が降雨で増加し、あふれ出たと発表した。
せきの水が一度にあふれた箇所数としてはこれまでで最多
うち少なくとも8カ所では、
東電が定めたせきの水の暫定排出基準値を上回る放射性物質濃度が、過去に測定されたことがある。
 
別の一つのタンク群では、せきのコンクリートのつなぎ目から水が漏れていることも判明。
ここでも暫定基準を超える値が検出されたことがある。
 
東電は、あふれたタンク群のうちの四つを含む五つのタンク群で暫定基準値を下回ったとして、
せきの排水弁から排水を始めた
また、別の二つのタンク群で、地下貯水槽に水を移送した。
地下貯水槽は4月に一部で汚染水漏えいが判明し、使用を中止したが、
台風26号による大雨の際にも緊急に同様の措置を取った。
 
東電によると、流出した水の総量は不明
今回あふれた場所で、過去に測定した際に最も濃度が高かった所では、
ストロンチウムなどのベータ線を出す放射性物質が1リットル当たり2万9000ベクレル検出されていた。
暫定基準値は、ベータ線を出す放射性物質の半分程度を占めるとみられるストロンチウム90が
1リットル当たり10ベクレル未満
 
タンク群を囲むせき内には、過去にタンクから漏れ出したとみられる汚染水や
同原発の空気中に含まれる放射性物質などが落下して付着しており、
たまった雨水に一定程度含まれることになる。
東電は、水があふれないようタンクなどに早めに移送することにしているが、間に合わなかったとみられる。 




福島第一原子力発電所タンクエリア堰内からの溢水について(続報3)
東京電力株式会社 平成25年10月20日

本日(平成25年10月20日)発生しました、
東北地方における大雨による、福島第一原子力発電所のタンクエリア堰内からの溢水についての続報です。

以下のタンクエリアにおいて、新たに溢水が確認されております。
これまでに確認された溢水箇所については計12箇所となっております。

 ・H3タンクエリア  (午後8時45分確認)

また、緊急時の措置として、以下のタンクエリアにおいて、
堰内の四隅の水を採取して分析した結果が排出基準を満たしていることを確認した後、
ドレン弁を開操作し、堰内の水を堰外へ排水しています。

 各タンクエリアの堰内の水の分析結果は以下のとおりです。
 ・H8北タンクエリア(午後8時50分ドレン弁開)
  セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:12[Bq/L])
  セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:17[Bq/L])
  ストロンチウム90 :0.35[Bq/L]
 ・H8南タンクエリア(午後8時58分ドレン弁開)
  セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:8[Bq/L])
  セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:12[Bq/L])
  ストロンチウム90 :2.3[Bq/L]

 ※排出基準:
 ・セシウム134:15 Bq/L未満
 ・セシウム137:25 Bq/L未満
 ・その他のガンマ核種が検出されていないこと(天然核種を除く)
 ・ストロンチウム90:10 Bq/L未満(簡易測定法により計測)
 ・タンク内の水質等を参考に、他の核種も含めて告示濃度基準を満たすこと
以 上





福島第一原子力発電所タンクエリア堰内からの溢水について(続報4)
東京電力株式会社 平成25年10月20日

本日(平成25年10月20日)発生しました、東北地方における大雨による、
福島第一原子力発電所のタンクエリア堰内からの溢水についての続報です。

緊急時の措置として、以下のタンクエリアにおいて、
堰内の四隅の水を採取して分析した結果が排出基準を満たしていることを確認した後、
ドレン弁を開操作し、堰内の水を堰外へ排水しています。

 各タンクエリアの堰内の水の分析結果は以下のとおりです。
 ・Eタンクエリア(午後9時14分ドレン弁開)
  セシウム134:検出限界値未満(検出限界値:8[Bq/L])
  セシウム137:検出限界値未満(検出限界値:10[Bq/L])
  ストロンチウム90 :2.7[Bq/L]

 ※排出基準:
 ・セシウム134:15 Bq/L未満
 ・セシウム137:25 Bq/L未満
 ・その他のガンマ核種が検出されていないこと(天然核種を除く)
 ・ストロンチウム90:10 Bq/L未満(簡易測定法により計測)
 ・タンク内の水質等を参考に、他の核種も含めて告示濃度基準を満たすこと

以 上




福島第一原子力発電所タンクエリア堰内からの溢水について(続報)
東京電力株式会社 平成25年10月20日

本日(平成25年10月20日)発生しました、
東北地方における大雨による、福島第一原子力発電所のタンクエリア堰内からの溢水についての続報です。

先日の台風26号の影響により各堰内に水が溜まったため、
台風明け以降、水の移送作業を開始し、明日から台風27号に備えポンプの大幅増強等を予定しておりました。

台風26号前は堰内に水が少ない状態でしたが、
今回は、堰内の水位が30cmの堰の高さに対して、20cmを超えているエリアがあったため、
本日(10月20日)も作業を継続しておりましたが、
本日午後2時頃から当初の予想(30mm~40mm/日)を上回る降雨(最大約30mm/時)により、
現状の移送能力(1日数cmの堰内水位の低下)を上回り堰からの溢水となりました。
 溢水は、作業中や水位を確認に行った当社社員が確認しております。
 ※10月20日午後5時時点の積算降雨量:約90mm
      午後6時時点の積算降雨量:約102mm

なお、エリア内のタンク天板への降雨は堰内で受けることから、
溜まり水の水位は、実際の降雨量に比し約2.5倍に増加すると推定しています。
現在、堰内の水については、堰の4箇所から水を採取し分析をしております。
各タンクエリアにおいては、4000tノッチタンク群への移送、堰間移送、
自タンクへの汲み上げ等の対応をしております。
また、H5、H6タンクエリアについては、地下貯水槽No.7への移送を実施しております。

また、以下のタンクエリアにおいて、新たに溢水が確認されております。
現在、ノッチタンク群への移送を実施中です。
 <新たに溢水を確認したタンクエリア>
 ・H4タンクエリア (午後5時32分確認)→4000tノッチタンク群へ移送
 ・H4東タンクエリア(午後5時38分確認)→4000tノッチタンク群へ移送

あわせて、以下の箇所において、堰の繋ぎ目から堰内に溜まった雨水が漏えいしていることを確認しています。
(溢水と同等)
 ・H1東タンクエリア(午後5時50分確認)
以 上





福島第一原子力発電所タンクエリア堰内からの溢水について
東京電力株式会社 平成25年10月20日

本日(平成25年10月20日)、東北地方における大雨により、
福島第一原子力発電所の汚染水貯留タンクの堰内に雨水が溜まったため、
5箇所のタンクエリアの堰から雨水が溢水していたことを確認しました。

 <溢水を確認したタンクエリア>
 ・H2南タンクエリア(午後4時20分確認)
 ・H2北タンクエリア(午後4時20分確認)
 ・G3東タンクエリア(午後4時30分確認)
 ・G6南タンクエリア(午後4時35分確認)
 ・G6北タンクエリア(午後4時35分確認)

 ※福島第一原子力発電所構内タンクエリア図につきましては、平成25年10月18日
  に公表した資料の2ページをご確認ください。
  http://www.tepco.co.jp/nu/fukushima-np/handouts/2013/images/handouts_131018_09-j.pdf

2013102031s




今日は日曜日だし、テレビでも騒がれないしってなこと?
いい気になって、どんどん勝手に流します、排出します!
いい加減にしろ!(╬◣д◢)

福一から4kmの双葉町三字公民館付近の空間線量が急上昇!!

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7371662.html

福一から4kmの双葉町三字公民館付近の空間線量が急上昇!!

40マイクロ
===============================================

UFOキャッチャー落としたのかな……


2013年10月20日 (日)

仏紙の風刺画は被災者を傷つけたか

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7370527.html

仏紙の風刺画は被災者を傷つけたか

2020年東京五輪が決まった直後、フランスの週刊紙カナール・アンシェネが日本で五輪が開催されることを皮肉った風刺画を掲載した。福島第一原発の放射能汚染で手や足が3本になった力士が相撲を取る漫画だ。

汚染水漏れで五輪東京開催を風刺

これを受けて、菅義偉官房長官は「東日本大震災で被災した方々の気持ちを傷つける。汚染水問題について誤った印象を与える不適切な報道だ」と述べ、この風刺画に対し公式に抗議した。

フランスのメディアが日本政府の怒りを買うのはこれが初めてではない。昨年10月にもフランスのテレビ番組が福島原発事故に関連する同様のジョークを放送し、物議を醸した。

フ ランスには長い風刺の歴史がある。1881年の出版自由法以来、フランスでは滑稽でひどく残酷な風刺画が発達してきた。誰かの悲劇や苦境をからかうのも表 現の自由の一部と考えられている。権力者を皮肉るだけにとどまらず、障害者など弱者までもブラックユーモアのネタにされる。

80年代には エチオピアの飢饉の悲惨な映像が盛んに報道されたが、フランスでは当時この問題に関する無数のジョークが語られた。例えば「フランスとエチオピアのエレ ベーターの違いは?フランスではエレベーターに『定員4名・総重量320キロまで』と表示されているが、エチオピアでは、『定員320人・総重量4キロま で』となっている」などだ。

だがここで攻撃されているのは、飢餓の惨状であって人々ではない。だから、こうしたジョークに対する批判の声は、フランス国内ではまったくなかった。風刺は不可侵の権利である。事実、カナール・アンシェネはフランスで最も信頼され、最も販売部数の多い週刊紙だ。

同紙の歴史は第一次大戦中、前線からの悪いニュースを検閲する政府への抗議から始まった。以来、調査報道と過激な漫画で無数の腐敗を暴いてきた。

今回の汚染水の風刺画に不快感を覚えた日本人は多いだろう。原発事故の被害者が差別の目で見られかねないことを知っているからだ。事故発生後も現場に残った作業員、いわゆる「フクシマ50」の名前は、家族が差別される恐れがあるために公表されていない。

同紙に言わせると、あの風刺画は被災者をコケにしたのではないという。

カナール・アンシェネは次の号で、日本政府による抗議をこのように説明して皮肉った。

「本 誌の読者50万人のうち日本人読者は51人だ。われわれが誰の感情を害したというのか?あの風刺画の標的は誰だったか?原発事故の犠牲者か、それとも放射 能汚染を引き起こした企業と政府か。赤十字が、飢餓で死にかけた黒人の子供の写真を発表するとき、それは子供をさらしものにするためか。それとも子供の悲 惨な状況に対する世間の無関心を訴えるためか」

■原発の危うさを伝えるため

福島原発の事故は漫画が引き起こしたものでは ない。自然災害と、今日まで続く政府の対応の悪さだ。安倍晋三首相が福島の状況は「コントロールされている」と発言してから間もなく、東京電力は「コント ロールされていない」とコメントした。このような軽々しい言動をもとに、私たちジャーナリストはどんな記事を書けばいいというのか?

数カ月前、フランスに3年間駐在していた日本の外務官僚と話す機会があった。彼は、東京ではカナール・アンシェネが読めないことを残念がっていた。「日本にもああいう週刊紙があればいいのに。福島以来、日本にはまじめだけど容赦ない風刺の効いた新聞が必要だ」

彼は今回の風刺画を問題視していない。あの漫画が福島の人を笑いものにするためではなく、原子力の危うさを伝えるためのものだと知っているからだ。

今週のコラムニスト:レジス・アルノー

Newsweek 2013年10月15日(火)14時11分
http://www.newsweekjapan.jp/column/tokyoeye/2013/10/post-742.php
=============================================

「あの風刺画の標的は誰だったか?原発事故の犠牲者か、それとも放射能汚染を引き起こした企業と政府か」。

フランスのメディアは間違っていませんね。

日本政府による抗議は,被災者を利用した単なる逆切れに過ぎません。

本当に恥ずかしい話です。

首相が食べることによって風評被害を払拭できますか?

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7371384.html

首相が食べることによって風評被害を払拭できますか?

安倍総理大臣は19日、東日本大震災からの復興状況を視察するため福島県を訪れ、相馬市の漁港で、近海で採れた水産物を試食し、東京電力福島第一原子力発電所の事故による風評被害の払拭(ふっしょく)に努める考えを強調しました。

安倍総理大臣は、ほぼ月に1度、東日本大震災の被災地を訪れており、19日は福島県相馬市の松川浦漁港を訪れ、福島第一原発の汚染水問題で一時中断したあと、先月25日に再開した試験操業の状況などについて、漁協の関係者から説明を受けました。

安倍総理大臣は、近海で採れたタコやイカ、それに試験的な漁が始まったシラスを試食し、「全国の皆さんにおいしくて安全だということを知ってもらいたい。

われわれもしっかり発信していく」と述べ、風評被害の払拭に努める考えを強調しました。

続いて、安倍総理大臣は、新地町で、地震と津波で大きな被害を受け、住民を高台に集団移転させる事業の進ちょく状況を視察しました。

安倍総理大臣は、仮設住宅で暮らす住民に、「皆さんは、住民の合意形成が難しい集団移転でまとまり、いよいよ新しい未来の姿が見えてきた。

われわれも福島の復興のため全力を尽くすので、一生懸命頑張りましょう」と激励しました。

このあと、安倍総理大臣は、南相馬市に移動し、原発事故による旧警戒区域内で、生産活動を再開した、ちゅう房機器の工場を訪れました。

一連の視察のあと、安倍総理大臣は、記者団に対し、「試験的とはいえ漁が再開し、検査の結果、すべて安全であることが明らかになった。

一方、事実に基づかない風評によって被害を受けているのも現実で、福島の水産物や農産物は安全だという正確な情報をしっかりと発信していきたい」と述べました。

NHK NEWSWEB 10月19日 18時54分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20131019/k10015405361000.html
=============================================

続きを読む "首相が食べることによって風評被害を払拭できますか?" »

対岸の火事と思うなかれ、安倍晋三 “米・以・サウジ同盟”からサウジ脱落か? 

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/a49cfd514f3b400485e5a73244dffaa8?fm=rss

2013年10月20日
●対岸の火事と思うなかれ、安倍晋三 “米・以・サウジ同盟”からサウジ脱落か? 

 意味深く、且つ示唆的に富んだニュースが流された。サウジが非常任理事国就任を辞退と云うニュースなのだが、遠い中東の石油の出る砂漠国の話など、日本と関係はないだろうと思うのは、短絡的過ぎる。それこそ、対岸の火事と見物を決め込んで、「玉谷~、鍵谷~」と叫んでいる阿呆になりかねない。サウジアラビアは、外交防衛的には、日本同様アメリカ依存の強い国で、中東の金満国家であり、サウード家がすべてを支配する王権国家である。常に、アメリカン・デモクラシーとか、人権とかで口うるさい米国でありながら、なぜかこの国の政府が人権を無視したり、民主主義に反する王制を敷いていても、米国はなんの痛痒もなく、サウジと軍事外交で足並みを揃え、イスラエルを守っている。詳しくは踏み込まないが、イスラム教国家でありながら、イスラムの敵、ユダヤ教のイスラエルを米国と共に守護する勢力に加担している。この辺は一言で語れない複雑さがある。

≪ 国連:サウジ非常任理事国辞退に「前例ない」驚き広がる

 【ニューヨーク草野和彦】アラブの盟主を自任するサウジアラビアが18日、初めて選出された国連安全保 障理事会非常任理事国のポストを突然辞退し、国連内に驚きが広がった。「把握している限り前例がない」(国連事務総長報道官)という異例の事態。サウジは 安保理の「二重基準」などを理由とするが、シリア内戦への対応やイランの核問題を巡って関係が冷却化しつつある米国と、安保理内で協力することに抵抗を感じた可能性もある。

続きを読む "対岸の火事と思うなかれ、安倍晋三 “米・以・サウジ同盟”からサウジ脱落か? " »

悠然と死にたい…

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10201

2013/10/20(日)  悠然と死にたい…

 

悠然と飛びながら死ぬ…
コンドルの墓は インカの蒼天なり

鷲は、一人称を「私」ではなく「鷲」という漢字をつかう。これは、社会現象を語る場合、鷲が空から見る「鳥瞰図」(ちょうかんず)の観点で物事を語りたいからだ。もちろん地面を這いずりまわる「蟻」の視点=「虫瞰図」も忘れてはいけない…。

 

ナスカの地上絵。
コンドルらしき雄大な鳥の絵もある。

当時、あの巨大な地上絵の全体像を見ることが出来たのは、コンドルとUFO(爆)ぐらいだろう。

紀元前2世紀から6世紀の間に描かれたナスカの巨大な地上絵は、いったい何のために描いたものなのか?

宇宙人へのメッセージ! と考えるのは楽しい。が、幼児ならEーが、まともな大人が言うと思考が幼稚だと思われちゃう象(大爆)

まともな大人は、どー考えたらEーのか?
世界中のマトモな大人や知識人は「拡大説」を採用している。
「拡大説」とは何か?

十分な大きさの原画を描き上げた上で適当な中心点を取り、そこを起点にして放射状に原画の各点を相似拡大する方法が採られたのではないかというのが「拡大説」だ。

この「拡大説」は、地上絵の端にあった杭の存在や地上絵の縮小図の発見があったので今では最も妥当な仮説だと鷲もおもう。

九州産業大学の諫見准教授(建築教育学)は、「拡大法」で、小学校の児童による画鋲2個と糸1本のみを使ったナスカの地上絵の再現(実物大再現を含む)を、グラウンドや体育館で20回以上実践。児童15名から160名により、どれも開始後150分以内に再現成功!だと。 (記事)

「謎」は…、
ナスカの地上絵は、いったい何のために描いたものなのか? ということだ。

これは…、
「ナスカの地上絵は一筆書きになっており、それが雨乞いのための楽隊の通り道になった…。古代人たちは、雨乞いのために一列になって同じ道を練り歩く。この道筋として地上絵が作られた」 ということだ。

古代人たちの雨乞い(祈り)は、はるか上空を飛翔する神様の代理人、コンドルが見える場所で、コンドルに向けて祈られたのだろう。

悠然と飛びながら死ぬ…
コンドルの墓は インカの蒼天なり

最近、鷲は…、
コンドルのように悠然と死にたい!と念じている。

粗食・少食、乳酸菌、太陽凝視、ジョギング。どれもこれも免疫力を上げること! これが主目的ではあるが、健康で元気一杯!でいながら…、枯れていき…、ある日突然ポックリ逝く! これも目的の一つなのだ。

だがしかし…、
粗食少食、乳酸菌、太陽凝視、ジョギング。この効果で免疫力が上がり杉の、元気が出杉!元気が有り余ってしまい元気が一杯!満タン。
…困っている。これじゃ当分死ねそうにない…。

だから、きょうはマラソンだ! 行くぞ! Maaaa~aaaa~X!

 

詐欺師の嘘が真実となる日も近い

nuclear allergy ~福島の悲劇を二度と繰り返さないために~

http://einstein2011.blog.fc2.com/blog-entry-847.html

詐欺師の嘘が真実となる日も近い

少し言葉は悪いですが、痛快に真実を語っている記事があったので、ご紹介。

「安部首相 国会答弁でも大ウソ」(バカなのか 無知なのか 詐欺師なのか)

Bw3y9i0ccaaccfb


首相は国会答弁で「ベースアップを行なう企業の割合が5年ぶりに2桁になりました」と一時金を含めた賃金上昇をちゃっかりベースアップにして表現、アベノミクスが一時的なバブルである事を隠している。


こんな人だからこそ言える「汚染水はブロックされている」と。

トリチウム79万ベクレル検出 福島第1原発の観測用井戸

  東京電力は18日、福島第1原発でタンクから高濃度汚染水が漏れた影響を調べる観測用井戸で、地下水から放射性物質のトリチウムを1リットル当たり79万 ベクレルの濃度で検出したと発表した。この井戸の最高値(32万ベクレル)の約2・5倍の濃度。トリチウムを海に放出する際の法定基準は6万ベクレル。

 採取は17日で、この水からはストロンチウム90なども40万ベクレル検出。東電は「以前タンクから漏れた汚染水が土壌にしみこんだ影響」として、新たな漏えいを否定している。台風26号による大雨の影響もあるとみている。

東京新聞 2013年10月18日

続きを読む "詐欺師の嘘が真実となる日も近い" »

大型高級テレビに騙された人たち

simatyan2のブログ

http://ameblo.jp/usinawaretatoki/entry-11643127515.html

大型高級テレビに騙された人たち
2013-10-19 11:46:20

10月1日、全国一斉に東芝の大型テレビだけが故障するという珍事件が
発生しました。

東芝の「セルレグザ」という24時間各チャンネルの全番組が録画出来る
という豪華な大型テレビだけが一斉に故障したのです。

ちょっと前にテレビ番組で各評論家がべた褒めしてましたテレビです。
http://news.merumo.ne.jp/article/new/1415141

故障のはっきりした原因はつかめておらず未だ完全復旧していないようです。
http://www.toshiba.co.jp/regza/newsreport/20131002.htm

ハードではなくデジタル放送の情報を読み取れないことかも知れない
ということで、東芝側は応急処置的に対策ソフトのダウンロードを来月
までのスケジュールで始めています。
http://www.toshiba.co.jp/regza/newsreport/20131016.htm

いくら高級テレビといえども映らなければただの置物ですからね。

これで改善されなければ買った人は非常に高い勉強代を払ったことに
なります。

それと数年前に3Dテレビとかいうのもありましたよね。

3D映画が流行った後に売り出された立体的に見えるテレビです。

家電各社が色々と売り出していました。

でも買った人は今は見ることが出来ないそうです。

専用メガネを掛けるのが煩わしいから?

別売りで5000円もするそうです。

それもありますが、コンテンツ、いわゆる3Dソフトがないんですね。

だから立体的に見ようにも見る番組がないんです。

普通にお笑い番組やニュースを見るだけになっていますが、それなら
何のための3Dかわかりません。

3D専用の番組が無ければこれもただの置物です。

で、今や時代は4Kテレビだそうです。
http://getnews.jp/archives/429036

また裸眼でも立体的に見える8Kテレビも開発されたそうです。



確かに動画で見ても立体的というか奥行きを感じます。

凄いといえば凄いですが、でも迫力あるシーンは限られてくるし
いずれコンテンツ不足に陥いるのは時間の問題ですね。

要するに24時間録画できても見たい番組はなく、立体的に見たい
番組も限られてくるって事です。

そもそもテレビ離れそのものが始まってるのに新製品を出す意味が
あるのかどうか。

それでも3Dを買った人は4Kや8Kテレビを買うでしょうね。

そんな人はテレビ意外でも新しいパソコンやスマホが出れば・・・。

ステルスマーケティング(通称ステマ)も活発です。

例えば先日始まったテレビ朝日の新番組「相棒」は

半沢直樹に告ぐ高視聴率の番組で良質な刑事ドラマです。

ここでも番組内で使用されるノートパソコンはアップル製品で、
随所にアップルマークが番組内で映り込んでいます。

非常に解りやすいステマですね。

これが電通の戦略です。

電通「戦略十訓」

1 もっと使わせろ
2 捨てさせろ
3 無駄使いさせろ
4 季節を忘れさせろ
5 贈り物をさせろ
6 組み合わせで買わせろ
7 きっかけを投じろ
8 流行遅れにさせろ
9 気安く買わせろ
10 混乱をつくり出せ

いささか古いですが今も生きている十訓です。

全部当てはまりそうですが、さしずめ今は8と9に力を入れてる
みたいです。

これで景気が良くなればいいんですけどね。

日曜討論:各党が「特定秘密保護法案」巡り議論しました。

とらちゃん

http://toracyan53.blog60.fc2.com/blog-entry-5590.html

2013年 10月 20日 (日)  13時 10分 23秒

日曜討論:各党が「特定秘密保護法案」巡り議論しました。

s-日曜討論300


■日曜討論 10月20日 与野党激論 臨時国会の焦点
与野党激論 臨時国会の焦点
《テーマ》

衆 参の“ねじれ”が解消されて初めての本格的な論戦の舞台となる第185臨時国会が召集されました。政府・与党は、「成長戦略の実行が問われる国会」と位置 付けています。経済の成長を実現するための法案や特定秘密保護法案、東京電力福島第一原子力発電所の汚染水問題への政府の対応などをめぐって、論戦が繰り 広げられています。 山積する重要課題に各党はどう臨むのか。与野党の幹事長・書記局長が徹底討論します。
○出演者情報
■自由民主党  幹事長      石破 茂  さん
■民主党    幹事長      大畠 章宏 さん
■日本維新の会 国会議員団幹事長 松野 頼久 さん
■公明党    幹事長      井上 義久 さん
■みんなの党  幹事長      浅尾 慶一郎さん
■日本共産党  書記局長     市田 忠義 さん
■生活の党   幹事長      鈴木 克昌 さん
■社会民主党  幹事長      又市 征治 さん
○司会 NHK解説委員 島田 敏男

続きを読む "日曜討論:各党が「特定秘密保護法案」巡り議論しました。" »

相馬市沖の海産物が「すべて安全であることが明らかなになった」なんて言い草には警戒した方がいい。権力者が「安全」を声高に叫ぶ時は決まってその裏には「知られざる真実」というものが潜んでいるものなのだから。

くろねこの短語

Photo_3


http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-0df7.html

2013年10月20日 (日)
相馬市沖の海産物が「すべて安全であることが明らかなになった」なんて言い草には警戒した方がいい。権力者が「安全」を声高に叫ぶ時は決まってその裏には「知られざる真実」というものが潜んでいるものなのだから。

 巨大台風が虎視眈々と日本上陸を狙っているらしい。週末は大荒れになるんだろうか。福島第一原発からは、またしても汚染水が溢れ出し、海を汚すのだろうか。

 台風の襲来を前に、レレレのシンゾーは相馬市の漁港で、タコやイカ、シラスを食したそうだ。で、「試験的とはいえ漁が再開し、検査の結果、すべて安全であることが明らかになった。
一方、事実に基づかない風評によって被害を受けているのも現実で、福島の水産物や農産物は安全だという正確な情報をしっかりと発信していきたい」てなことをまくしたてたようだが、風評被害というのは「根も葉もない噂により経済的な被害を受けること」を言うんであって、福島第一原発による放射能汚染という具体的な要因が背景にある魚介類の汚染というのはけっして風評じゃないと思うけどね。

首相 風評被害の払拭に努める

 放射能汚染の数値が安全基準値以下だからって、汚染されていないと言うのは微妙なところなんですね。百歩譲ったところで、この程度の汚染で止まっている、ってのが正直なところなんじゃなかろうか。だから、「すべて安全であることが明らかなになった」っていう言い草そのものこそが風評なんじゃないのかと思いたいくらいなのだ。「完全にコントロールされている」と同じ類のうわ言ですね。

 相馬市沖の海産物を食すというパフォーマンスは、スッカラ菅君がO157問題でカイワレを食べて見せたのとはわけが違うからね。あの時は、カイワレがO157に汚染されているってのはまぎれもない冤罪だったんだけど、福島沖の魚介類となると話が違います。汚染は事実なんだからね。

 権力者がやたら「安全だ」って叫ぶ時ってのは、警戒したほうがいい。原発の「安全神話」がそうであったように、その裏にはけっして知らせてはならない過酷な事実ってのが隠されていますからね。相馬市沖の海産物試食なんていう猿芝居やってるうちにも、確実に海の汚染は世界中に拡散しつあるんだから。、くわぱらくわばらなのだ。

【くろねこの競馬予想】

 馬場状態が微妙で波乱含みの菊花賞。おそらく1番人気であろうエピファネイアは、渋った馬場はどうなんだう。というわけで、本命は思い切って、セントライト記念を勝ち上がったユールシンキング。馬場も味方しそうだし、未勝利を勝ってからの勢いに期待。相手は、マジェスティハーツ。長距離は騎手の腕がモノを言う。ここは名手、武に期待します。超大穴なら、抽選ですべりこんだネコタイショウ。重馬場実績もあるし、なにより馬名に惹かれます。
◎ユールシンキング、○マジェスティハーツ、▲エビファネイア、△ネコタイショウ

「フライデー」が放射能汚染状況を独自調査 ~海・農地の汚染をもみ消し、汚染水問題への矮小化が横行~

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~   

Photo_2

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/f1181f0d2bd66e04c437367906dc9ed4

「フライデー」が放射能汚染状況を独自調査 ~海・農地の汚染をもみ消し、汚染水問題への矮小化が横行~
2013年10月20日

フクシマ原発事故については、特に東京五輪開催決定以降、その問題 が「汚染水」にのみ”矮小化”され、周辺地域の土壌の汚染状況、除染により発生した汚染物質の保管方法や福1の1~4号機の収束に向けた作業の進捗状況等 については、政府・東電からの情報発信もなければ、大手マスコミ各社もこれを全くと言っていい程に報じない有り様である。

 

現状でもこの有り様ゆえ、「秘密保全法」が成立した暁には「テロ」の危険性名目にて一切の情報が遮断され、フクシマ原発に関する情報については何も知らされないどころか、これを探る動きさえも国家権力によって合法的に排除されるであろう。

 

さて、フクシマ原発による周辺地域の汚染状況について、雑誌「フライデー」が独自調査を行ない、同調査結果を報じているので、以下に転載した記事をご覧いただきたい。

 

同記事にあるように、福島原発沖1.5kmの地点にて採取された海底の泥は「1キロ当たり585ベクレル」という値であり、国の基準値(セシウム134)である「1キロ当たり60ベクレル」の10倍近く汚染しているのがその実態である。

 

東電が福島原発近海で「海底の泥」ではなく「海水」を測定し、「放射性物質は不検出」と公表し、大手マスコミ各社もこれを何の疑問も呈さずにそのまま報道しているが、東電も大手マスコミも”確信犯”的に海洋汚染の事実を隠蔽していることは明らかであろう。

 

即ち、いつもの政府・東電・マスコミによる”隠蔽の構図”である。

 

東京海洋大学の神田穣太教授が指摘しているように、「海水」は希釈されてしまうため、特殊な方法で測定しないと放射性物質はほとんど検出されない一方で、海底の泥への堆積物は着実に汚染しているのがその実態なのである。

 

また、フライデーによる独自調査では、福島原発沖から南に50km ほど離れたいわき市の久ノ浜における海底の泥の測定の結果、原発沖1.5kmの地点よりはるかに高い「1キロ当たり894ベクレル」という数値が確認され たということであるが、いわき市と言えば、以下の毎日新聞記事にあるとおり、2年7か月ぶりに試験操業が再開されたところである。

 

漁師たちは「漁業の町の再生に一歩踏み出せる」と気勢を上げ、「まずは地元の人に味わってもらい風評被害を払拭して全国の人にも食べてほしい」と話してるということであるが、ハッキリ言ってトンでもない話である。

 

いわき市沖の海底にて深刻な放射能汚染が進行しているにも拘らず、「セシウムがキロ当たり100ベクレルまでならOK」という、いつもの安直すぎる測定方法にて、ここ数日中にも日本全国に深刻に汚染された福島産の海産物が出回ることになるであろう。

 

今回はいわき市での話であるが、その他の漁港でもまったく同様の構図にて汚染魚が悠々と検査をパスし、「安全」と称して全国の消費者の食卓に並んでいるのである。

 

無論、これは地元の漁協が悪いという話ではなく、元はと言えば「安 全神話」を喧伝している政府・福島県(佐藤雄平)・大手マスコミらの”大嘘”がその直接的原因であり、本来であれば地元漁協に対して手厚く営業補償すべき ものを、この”悪徳連中”どもが「安全」と称して、地元に操業再開するしか道がないように仕向けているのがその諸悪の根源である。

 

海ばかりではない。

 

フクシマ原発周辺の農作地についてもその構図はまったく同様である。

 

フライデーによる調査の結果、福島県北部の農村の稲刈り間近の田ん ぼにて、田の土を測定すると「2359ベクレル」(キロ当たり)という汚染レベルであり、同田んぼの空間線量についても「1.2マイクロシーベルト」と除 染基準値である「0・23マイクロシーベルト」を大きく超える値が検出されたのである。

 

この数値は、この田のすぐ隣に除染作業の収集物を1000t分詰め 込んだフレコンバッグが放置(周辺の空間線量1.7マイクロシーベルト)されていることも影響しているであろうが、このようなとても安全とは言えない汚染 土壌にて平然とコメが生産され、何食わぬ顔で市場に出荷されていくことに改めて”危機感”を感じる次第である。

 

否、”危機感”を通り越して、改めて「日本の食の安全は完全に崩壊している」との念を強くした次第である。

 

同記事末尾にて、東電は「汚染水問題を最大の経営課題とし て全社一丸となって対策に取り組む」「海底に関してもほぼ問題ない汚染レベル」「福島の漁民・農家の方々に迷惑をかけ、心からお詫び」とのコメントをして いるが、そもそも論として”認識違い”も甚だしいと断じるべき話であろう。

 

東電の最大の経営課題は「4号機使用済み核燃料や各号機の核燃料物質の完全な封じ込め」であり、「汚染水問題」などはその作業のための前捌きに過ぎない話である。

 

また、海底の放射能汚染が深刻であるにも拘らず、海水のみを適当に調査して「問題なし」とする”隠蔽””矮小化”体質が改善されない限り、東電には事故の収束などとてもじゃないが不可能であろう。

 

さらに東電は漁業・農業関係者にお詫びの言葉を発しているが、同関 係者に対しロクに損害賠償もしないばかりか、「風評被害」と称して「食べて応援キャンペーン」を展開し、全国民を一様に内部被曝させるという極悪犯罪行為 を助長しているとの認識が全く欠落していると断じるより他ない話である。

 

これらの状況を鑑みると、情報隠蔽を繰り返し、「1億皆総被曝」に邁進する日本には、果たして「明るい未来」など存在するのであろうか?

 

チェルノブイリ原発では事故発生から3年目以降に周辺住民の健康被害が多々発生する事態となったが、311から既に2年半以上が経過し、国民の健康被害が顕在化するのも時間の問題であろう。

 

実際、”ホットスポット”である松戸・柏・つくば・取手など千葉県 と茨城県の15市町に住む0歳~18歳の子どもを対象に実施した尿検査にて、85人中、実に58人(約7割相当)の尿から1ベクレル以下のセシウムが検出 されたという検査結果が出ていることからも、国民の内部被曝は極めて深刻であることがわかるであろう。

 

多くの国民がまだ実感していないようであるが、そう遠くない将来、福島県周辺ばかりでなく、日本全土が阿鼻叫喚の巷と化すことであろう。

「ホンマ大概にせえよ」という話である。

 

※参考「【必読記事】 セシウム検査で判明した子どもの体内被曝の深刻度 ~これはもうアカンやろ~」
 http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/5537300016525ad2a68f3f689b6ff82a

 

 

 

(転載開始)

続きを読む "「フライデー」が放射能汚染状況を独自調査 ~海・農地の汚染をもみ消し、汚染水問題への矮小化が横行~" »

山本太郎氏、オリンピックよりは「お金使うべきは原発収束」 

かっちの言い分    

http://31634308.at.webry.info/201310/article_18.html

山本太郎氏、オリンピックよりは「お金使うべきは原発収束」 

<<   作成日時 : 2013/10/20 09:05 

日本の国として、東北地方の復興、福島原発の処理など、緊急にやるべきことがたくさんあるなか、東京オリンピック招致のため100億円以上掛けて、一国の総理が世界に向かって「汚染水は完全ブロックしている」と大嘘を言ってまで招致するという愚挙は許せないと思っていた。

東京オリンピックを招致する理由は、スポーツの祭典というよりは、前回東京都が施設を建てようとした土地を野ざらしに出来ないという理由と、この際環状道路、国立競技場等の整備という理由の方が大きいと思っている。道路だけで6000億円程度が投資されるという。国立競技場の改修に業者は3000億円という値を出してきた。正に利権オリンピックである。スポーツ選手も東京でやらなくても、他国でやる分には自分の活躍の場を奪われる訳ではない。

その中で、ただ一人五輪決議に反対したのは、以下のように山本太郎氏という。ただ一人というのがすごい。使うべきは、「原発収束」という。その通りと思う。

安倍首相を含めて、政府は、原発の現状をまだ高を括っていると考えている。タンクに汚染水を貯めて、まだ高々1、2年前後でこれだけの事故が発生している。廃炉処理は一声100年単位で掛る。このブログで何度も書いているが、製造物の事故の頻度というのは、必ずピークが出て来るものである。つまり、今時々起きている汚染水漏れは初期の現象(頻度)で、その内、頻度の最大ピークが現れてくる。これは、工業界で製品を作っているメーカーの人ならだれでも知っている常識である。

だから、自動車会社のメーカーは、車に何か欠陥品は発生すると、早々にリコールを掛けて、全部品を交換する。汚染水タンクも、同じ製造方法、同じ材質で作られているなら、前記のリコールと同じことをしない限り、同じような事故のピークが出て来るということである。

安倍首相は福島の漁港で汚染されていないと試食していたが、福島の人達には申し訳ないが、大嘘つきの安倍首相がそんなパフォーマンスをする程、逆効果と言っておきたい。大嘘つきの首相を誰も信じない!

「お金使うべきは原発収束」 山本太郎氏 ただ一人五輪決議反対
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2013101902000122.html

 二〇二〇年の東京五輪とパラリンピックの成功に向けて政府に努力を求めた国会決議の採決で、衆参両院議員のうちただ一人反対した無所属の山本太郎参院議員(東京選挙区)が十八日、本紙の取材に「うそで固められた五輪開催には賛成できない」と語った。
 山本氏は、国際オリンピック委員会(IOC)総会で「(東京電力福島第一原発の)汚染水は完全にコントロールされている」と訴えた安倍晋三首相の演説内容が事実と異なると批判。「原発事故は収束していない。汚染水問題など、お金を使うべきところに使わず、はりぼての復興のために五輪をやろうとしている。うそまでついて招致したのは罪だ」と主張した。
 決議への反対については「声を上げる場所は議会しかなかった。党に所属していないからこそ、自分の意思を自由に示すことができた」と語った。

日本共産党・反対声明文にて”浮き彫り”とされる「特定秘密保護法案」の問題点

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~      

Photo

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/531554513d50dcd7801e6354699cb60e

日本共産党・反対声明文にて”浮き彫り”とされる「特定秘密保護法案」の問題点
2013年10月19日

共産党による「特定秘密保護法案」反対声明文(全文)を大々的に取 り上げることで、正直、小生が熱狂的な「共産党支持者」あるいは「アカ」(共産主義者)と思われても困るのでどうかとは思案したが、ここ最近の「しんぶん 赤旗」の「秘密保護法案」に関する特集記事は、素直に的確かつ秀逸であったと感じる次第であり、同反対声明文もその流れを汲んだ内容ゆえ、これを取り上げ た次第である。

 

日本共産党については、党の存在価値そのものが政権与党たる自民党 のカウンターパートとしての位置づけ以外の何ものでもなく、共産党の政権批判の内容や議員のディベートレベルは評価できるが、肝心となる具体案の提示やそ の実行力はほぼ皆無である残念な政党というのが個人的見解である。

 

早い話、「ごもっともな反対意見は述べるが、それ以上何もできない(しない)」ということである。

 

ヒドイ表現になるが、もっと端的に言うと「政権与党に対するガス抜き政党」でしかないということである。

 

小生の共産党観はこの辺で終わりにして本題に移るが、以下に転載した赤旗記事にあるように、「秘密保護法案」はこんなにも問題点があるトンでもない代物であることが改めて認識できるであろう。

 

その問題点は、同記事にて纏められている以下2つの言葉にてほぼほぼ言い表されていると言ってよい。

 

〔1〕民主主義の根幹である国民の知る権利、言論・表現の自由を脅かし、日本国憲法の基本原理を根底からくつがえすもの

 

〔2〕「海外で戦争する国」につくりかえるため、国家が強権的に情報を統制し、国民の言論・表現を規制するのが真の狙い

 

その中でも、以下に拾い出した内容については、先日のエントリーにてその危険性を指摘したとおり非常に重要な内容であろう。

 

○一般市民による情報公開要求など「特定秘密」にアクセスしようとする行為まで処罰対象

 

○「共謀、教唆、煽動」など、処罰対象は市民のあらゆる行為におよび、その家族・友人などにもひろがる危険性あり

 

○「日本版NSC」は「米NSA」を真似てつくるもので、総理を中心に外交・安全保障政策の「司令塔」として情報を集中させ、アメリカと軍事戦略・情報を共有する「受け皿」となるもの

 

○「日本版NSC」と「秘密保護法」の両法案は、日本をアメリカと共に「海外で戦争する国」につくりかえる策動の第一歩

 

○両法案により、国民の目と耳、口をふさいで国家の情報を統制し、日米同盟の危険性を追及し批判する者を封じこめるのがその狙い

 

以下声明文の結びにて触れられているように、1985年に中曽根内閣により法案化が画策された「国家機密法案(スパイ防止法案)」については、野党および大手マスコミ各社の強い反対により最終的には廃案に追い込まれることとなったものである。

 

内容的にみて、この中曽根の「国家機密法案(スパイ防止法案)」が ゾンビの如く現代に蘇ったのが、今回、安倍晋三らが声高に提唱する「特定秘密保護法案」であるが、1985年当時の野党および大手マスコミ各社は、まだ今 ほどにはアメリカやその傀儡たる官僚機構に従属していなかった故、「廃案」に持ち込むことができたのであろう。
(実際、日本が真にアメリカの属国となったのは、「日航機墜落(御巣鷹山)事件」「プラザ合意」のあった1984~1985年であろう)


しかし、今回はどうであろうか?

 

野党たる民主党を筆頭に、その大半が”対米従属売国奴”ばかりであり、大手マスコミ各社についても同様であることは言わずもがなであろう。

 

即ち、「1985年の再現」などは残念ながら単なる”夢物語”だということである。

 

当時と違って今の世の中は、「対米従属」姿勢からはみ出し、これを 批判する者は例外なく「社会的抹殺」(あるいは生命そのものの危機)にされてしまい、今生き残って国家の中枢にいる者は、政治家・マスコミばかりか警察権 力・司法に至るまで、そのほとんどが”対米従属”姿勢を鮮明にしている者ばかりである故、もはや「日本版NSC」と「秘密保護法」の両法案が成立する流れ は変わりはしないであろう。

 

では何故、本ブログにて「日本版NSC」と「秘密保護法」について執拗に追及するのか?

 

それは両法案成立の後、我々に待ち受けているのがどんなに酷い世の中であるかを事前に想定することにより、そのような暗黒社会の中で如何に立ち居振る舞い、如何に生き長らえるかということを皆さんに具体にイメージしておいていただきたいからである。

 

バカバカしいと感じる方はそれもよし、あとは各人が思い思いに判断していただければと思う次第である。



(転載開始)

 

続きを読む "日本共産党・反対声明文にて”浮き彫り”とされる「特定秘密保護法案」の問題点" »

2013年10月19日 (土)

アメリカ奥の院で大変動 !!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10202

2013/10/20(日)  アメリカ奥の院で大変動 !!

 

本当の米国大統領は この人物 !!

Keith B. Alexander

 

 

先日、鷲は何気に↓書いた。
現在、プーチンの敵は、この男(Keith B. Alexander)一人だけでR。

このキース・アレキサンダー(KBA)という男は、いったい何者なのか?

簡明に言えば…、
KBAは、ホワイトハウス(米国政府)に君臨していた「ウラの政府」の「ウラの大統領」なのだ。 なぜ? どうしてこんなことが言えるのか? ↓説明する。

キース・アレキサンダー陸軍大将は、先ず、米国の最高位の諜報機関NSA(国家安全保障局)の長官だ。NSAが最高位だというのは、議会などの監視を一切受けない諜報機関だからだ。

次に、KBAは、「米サイバー軍」の最高司令官だ。
この軍隊は、2010年にKBAの命令一下、イランの原子炉の遠心分離機を「キネティック攻撃」というサイバー攻撃で破壊している。
米国の陸海空軍でさえ恐れをなす凄まじい破壊力を持つ軍隊なのだ。

さらに!
アレキサンダー陸軍大将は、第二陸軍部隊、第24空軍部隊、第10海軍部隊を直接の指揮下においている。

これは、まさに一人の人間が諜報機関と軍隊を意のままに動かせる!オモテの大統領や議会に関係なく遠慮会釈なく軍事行動が展開できるということだ。実際、KBAの命令一下、様々な軍事作戦が行われてきた。

どうだろう?
KBAは、アメリカ合衆国の「ウラの政府」の「ウラの大統領」なのだ。

加えてKBAは、オモテの政府の大統領をはじめ、国務長官も国防長官も、いや全ての政府高官と主たる国会議員の言動を、盗聴を含む諜報活動で一手に監視し、把握し、時には「秘密をバラす!」と脅して支配下においていた…。

どうだろう?
KBAこそが、アメリカ合衆国の本当の大統領なのだ。

ところが! である。

先週…、
KBAは、NSA(国家安全保障局)を去る!と発表しているのだ。

この情報は、ロイターが報道しており、ココにも書いてある。

よほど強烈なインパクトがあったのだろう。
KBAは、スノーデン事件で詰腹を切らされたのだ。
詰腹(切腹!)を闇の中から迫ったのは、プーチンとスノーデンとオバマによる合同チームだ!
最高殊勲賞は、スノーデンだ。これは当然だ。
絶対権限をもつ米国のウラの大統領の首を取ったのだからな。

KBAの公認となる最有力候補は、海軍中将のマイケル・ロジャーズ。
親オバマである!

そして、オバマのバックには、この人物(Martin Dempsey)がドッシリと控えていて…、オバマを守っていた。
この人物とプーチンがオバマの暗殺を防いできたのでR。

 (本稿を書くにあたり『ヤスの備忘録2.0』は非常に参考になった。感謝したい。)

 

秘密保護法案、学者も反対声明、“平和憲法踏みにじる”

まるこ姫の独り言   

Photo_4

http://jxd12569and.cocolog-nifty.com/raihu/2013/10/post-5859.html

2013年10月19日 (土)
秘密保護法案、学者も反対声明、“平和憲法踏みにじる”

秘密保護法案は、自公が成立に躍起になっている。
ネットでの単細胞な声、(公務員を厳重に罰することができる)と
は裏腹に、国民の間からも、有識者や法律を専門とする学者の
間からも、反対の声が多数上がっている。

この特定秘密保護法案を通したくて仕方がない自がく民党は別とし
ても、公明党がキーマンになると思ってきたが、公明党ももはや
賛成の方向へ歩みだしている。
自分たちの主張が認められたと胸を張るが。。。。。
公明党は狡猾だ。
いかにも自民党の暴走をいさめる役どころで、良識もあり、支持
母体の創価学会に配慮している風に装うが、実は裏では自民
党と通じているのではないか。
いつも自民党にもの申す、ご意見番と言うような立場を演じ、最
後は自分たちの主張が少しは通った、修正させたという形を取り
ながら法案を成立させると言う構図だ。
アリバイ作りと言うか、ポーズと言うか、いつもの公明党のやり
方だ。
福祉と平和の党の看板が泣くと言うものだ。
いつも政権にすり寄って、コバンザメ状態で、自民党に言いなり
でしか存在感を示せない党。情けない。

話を戻して、自民党が躍起になって成立させたがる、特定秘密
保護法案は、公務員を厳重に縛ると言うのが大義名分だが、情
報を漏らして公務員を縛る法律なら、国家公務員法、自衛隊法
で十分なはずだが、わざわざ特定秘密保護法案の成立をこれだ
け急ぐ背景には、結局、集団的自衛権の行使であり、改憲が視
野に入っているからだろう。

戦争の危険性も、秘密保護法案の恐ろしさも、戦中、戦前に生き
てその怖さを十分知る人が徐々にいなくなるころ合いを見計らっ
て、改憲なり、秘密保護法案なりががどんどん出てきている。

マスゴミは、国民の知る権利や取材に自由が担保されたとして
もう、トーンダウン状態だが、あまりに無責任で能天気すぎる。
戦時中、国民をあおって戦争に駆り立てた反省はあるのか。

憲法・メディア法学者たちからも、この法案に対して反対の声が
上がっている。
中日新聞によると、近く、声明をまとめ発表するそうだ。
<“基本的人権、国民主権、平和主義の憲法の基本原理を踏みに
じる危険性が高い”が反対の理由だ。
裁判官も秘密自体を確認できないため、適正な刑事手続きが保
障されないと強調。
”基本的な人権の尊重などの憲法の基本的原理を脅かし、刑事
法の人権保障も侵害する恐れが大きい”と指摘している。

特定秘密保護法案が成立すると、政府や官僚にとって不都合な
情報が表に出てこなくなる。
政策を判断し、政府を批判する事も出来なくなる。
政府にとって、それが狙いなんだろうけど国民主権とは程遠くな
るが、自民党は人の上に国があるとしているから、さもありなん。
自民党がどんどん官僚に都合の良い法案を上げて、官僚にとっ
て願ったりかなったりだろう。万々歳って事だな。

安倍の“積極的平和主義”は米軍追随で理解容易 小沢の“自立と共生”は難しい

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/62f7f395f4fa97551eccbf59d72dac4f?fm=rss

2013年10月19日

●安倍の“積極的平和主義”は米軍追随で理解容易 小沢の“自立と共生”は難しい

 安倍首相の臨時国会における「所信表明演説」は、NHK他のマスメディアが国民を“勘違い情報”に導き、プロパガンダ報道が着実に定着したものを拾いだして羅列、演説文に作り上げていた。全体に流れている精神は、プロパガンダ報道で定着に成功し、国民の多くが“都合のいい勘違い”をしている事項を掻き集めて、所信に替えて語っていた。全体としては、マスメディアが既に報道し、誤誘導の効果が出ているものを主体に構成しているので、印象的には間違いだらけの所信には思えないのが味噌である。

 ただ、旗色が必ずしも明確になっていない項目は、オマケで語っているだけで、時にはスル―した重要項目も存在する。安倍晋三が世界を俯瞰的に駆けずり回ったそうだが、金をバラ撒くシーンは数限りなく目撃したが、世界の首脳たちからアベノミクスが羨望の目で見られた事実は存在しないし、注目なんて浴びていないし、存在感そのものがナッシングされているシーンの方が目立つくらいだ。幾つか具体的数字等も語ったが、都合のいい数字の拾い読みであり、その数字の中身には言及していない。正社員数が減り、派遣等々不安定な有効求人倍率が増えたなどは、典型的レトリックだ。

続きを読む "安倍の“積極的平和主義”は米軍追随で理解容易 小沢の“自立と共生”は難しい" »

アナスタシア おひさ!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10191

2013/10/19(土)  アナスタシア おひさ!

 

Anastasia 信頼していた人物が、「ハマッキーに乗った宇宙人が日本を助けてくれる!台風26号も鎮めてくれた!」と心底から信じこみ、ブログに書きまくっていた…。
さらに飄(つむじ風)の飄平氏までが「UFOの信者」だった!
魔坂! 大のオトナがこれほど狂ってしまうのは何故なのか?!
この狂気は、たぶん、「日本の狂気」だろう…。
だとすると、これは日本社会の精神的崩壊につながる!いや、日本は、国家政府どころか、日本人そのものが精神的に崩壊しているのではないか?!
そう思って、鷲は「反UFO論」を書きまくり、「正気に戻ろう!まずは自分の健康と家族を守ろう!」と訴え続けてきたし…、これからも訴える。

その矢先…、『アナスタシア』には無茶苦茶なコトが書かれている!という投稿が掲示板『放知技』に載った。この記事である。

鷲は、「Eー書き込みだ!」と思い、本音でレス(応答)を返した。

『アナスタシア』。この9巻10冊にも及ぶ内容は、まさに玉石混交、味噌も糞も混じっている。その「糞」の部分だけを列挙しても、それは無意味な「アラ探し」だ。

ついでに鷲もアラ探しに付き合うがー、(爆)『アナスタシア』の日本語版は第一巻から「きくちゆみ」みたいなネットでは「詐欺師」呼ばわりされている人物が巻末に文章を書き、大きな顔をしている。

版権を買った「監修者」なる人物が「アナスタシア」の美名の下に「ビジネス」を展開しているという批判があるが…、たんなる「やっかみ」だけではないだろう。

英語版では翻訳の仕方から内容までがモメにモメて大騒動になり「旧約」は破棄され「新約」になった。

しかしアナスタシア問題の本質は、「アラ探し」でも「アナスタシア・ビジネス」でもない。

本論に入ろう。
『アナスタシア』には、世界に向けた「ロシア発!」の重要なメッセージが隠されている。そのメッセージには、日本向けもあるし、米国向け、中国向け、北朝鮮向けだってある。

この様々なメッセージの奥の奥に流れているバッソ・オスティナート(基調低音・執拗低音)は、一体どんな通奏音なのか?

ロシアの作曲家・イーゴリ・ストラヴィンスキー作曲の『春の祭典』。これは玉石混交の異様な不協和音に満ちあふれ未曾有の多声音楽であったためヨーローッパ中に一大騒動を巻き起こし、音楽の概念を一変させた!という作品だ。

この『春の祭典』という音楽の「文学版」が『アナスタシア』なのだろう、と鷲は解釈した。この解釈も、しかし、『アナスタシア』の一面を語るだけの評論家的な書評でしかない。

『アナスタシア』の「秘密」は、いくつもあるが…、最大の謎は、「ロシア発!」というときの発信者の意図である。哲学である。世界観である。さらに、ロシア発!の世界戦略、これである。これを知らねば『アナスタシア』の面黒さは分からないだろう。

その面黒さを最も知っている人物は誰か?
その人物の名前は、
Владимир Владимирович Путин。
日本語で書けば、ウラジーミル・ウラジーミロヴィチ・プーチン、その人である。(飯山一郎)

 

たしかに 『アナスタシア』は美しい物語だ。書評なども美しすぎる!

美しい言葉には気をつけろ!美しい言葉に釣られて我を忘れるな!
こう言いつづけてきた鷲に言わせれば…、「アナスタシア詐欺」みたいな悪質な策略には呉々も用心しなくてはならない。

ま…、
巧妙にカネをせびってくる連中の話には乗らない!

カネは出さない!

この心構えだけでEーのだが。

さて、文末に重要な結論を言うが…、
『アナスタシア』の物語は、プーチンの世界戦略の一環 なのでR!

もっと言えば…、
プーチンは、「日本人の皆さん、シベリアに移住しませんか?」
と、「ツラン源郷への日本民族大移住計画」のような壮大な提案をしている! 鴨なのでR。(爆)

だっから、熟読なのでR! 一大ロマン、『アナスタシア』

鮭もアルビノ

みんな楽しくHappyがいい♪

Photo_3
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3346.html

鮭もアルビノ

「縁起いい」黄金色のサケ 標津沖のサケ定置網で捕獲
北海道新聞 2013年10月16日 09:26)

2013101911

【標津】
根室管内標津町沖のサケ定置網に全体が黄金色に輝くサケが水揚げされ、漁師たちを驚かせた。
通常のサケと並べると色の違いは明らかだ。

14日早朝に見つかったサケは体長65センチの雄でヒレまで金色。
標津サーモン科学館によると、色素が欠乏した「アルビノ」と呼ばれる突然変異の個体
「生き残って戻ってくるのは珍しい」。

水揚げした漁業者は「縁起がいい」と大喜び。
出荷せず自宅に持ち帰った。厳しい漁模様が続く標津で黄金のサケが浜に活気を呼ぶか―。


ーー「アルビノ」関係ブログーー

「身体の一部が白くなるアルビノと呼ばれる突然変異」
ネズミや鳥になにが?高放射線量地域生物に異変TBS(内容書き出し)

2013091229

頭部に白い羽が見られます。
面積は小さいもののチェルノブイリで見つかったアルビノのツバメ同様、羽が白くなっています。
ムソー教授:
頭に白い部分が見られます
こうした部分はチェルノブイリでよく見てきました。
これは、
チェルノブイリのように放射能汚染などが進んだ地域でしか、絶対に見られない現象なのです。


<黒毛和牛の白い斑点>
「被ばく調査の生きた標本。 生きた証拠です」希望の牧場・ふくしま
9/13スーパーJチャンネル(内容書き出し)

吉沢:
360頭の牛の中に8頭ぐらい。
白い斑点状態の牛がね、8頭ぐらい今生きているんですよ。

吉岡:あの黒い牛の中に?
2013091346s

吉沢:
ええ。
黒毛和牛の身体の中に。
僕は40年位牛の経験があるんだけど、
初めて見た、その・・・症状。


<被ばく症状>アルビニズム白色症 ・アルビノそして白斑
カネボウ以外の9社でも白斑か
NHK 9月10日 17時56分
2013091241s

カネボウ化粧品の利用者に肌がまだらに白くなる症状が相次いで出た問題で、
ほかの9つの会社が製造した合わせて15種類の化粧品を使った16人に、
同様の症状が確認されたか、一時的に症状が出たおそれがあることが厚生労働省のまとめで分かりました。




ーーー"水揚げした漁業者は「縁起がいい」と大喜び”ーーー

普通に考えて、このサケは奇形魚だと思うけど、なんで大喜びをするのだろうか?

「過酷労働」でユニクロ敗訴。ブラック企業って認定されたようなもんか&中国の大気汚染に目くじら立ててるうちに、福島第一原発では40万ベクレルのストロンチウム。人類最大の危機はどっちかよ~く考えてみよう。

くろねこの短語   

Photo_2

http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-789a.html

2013年10月19日 (土)
「過酷労働」でユニクロ敗訴。ブラック企業って認定されたようなもんか&中国の大気汚染に目くじら立ててるうちに、福島第一原発では40万ベクレルのストロンチウム。人類最大の危機はどっちかよ~く考えてみよう。

 名張毒ぶどう酒事件の再審請求棄却した櫻井龍子裁判長は厚労省の官僚だったそうだ。最高裁の裁判官は弁護士資格は問われないようだけど、こんな判決出されちゃうとそれもなんだかなあのちょい肌寒い朝である。

 で、ユニクロが「過酷労働」記事をめぐって文春と争っていた裁判で敗訴したってね。これはめでたい。「『月300時間以上、働いている』と本で証言した店長の話の信用性は高く、国内店に関する重要な部分は真実」って判決理由も、一点の曇りなしって感じで、ま、あんたんところはブラック企業なんだよ、って裁判所から言われたようなもんです。

 店長クラスには一度タイムレーコーダー押して退社を装わせて、その後にサービス残業やらしてたっていうんだから、事実だとしたら相当に悪質だ。でもって、会長は世界有数の大金持ちで、家族がしっかり株握って、どうやら世襲も狙っているらしい、てな噂も飛び交ってますからね。この裁判結果を契機に、これまで沈黙していた元ユニクロ社員が一斉に訴訟起こしたら面白いんだけど・・・。

・ユニクロ側が文春に全面敗訴 「過酷労働」記事の訴訟

 ところで、福島第一原発の井戸の地下水から、1リットル当たり40万ベクレルの放射性物質が検出さそれたっていうんだけど、中国の大気汚染に目くじら立ててる場合じゃありませんよ、実際のところ。連日のように流れてくる汚染水の問題は、人類にとって最大の脅威だと思うけどねえ。なんで、みんな傍観してられるんだろう。焦れよ、政治家ども。国会でチンタラ予定調和の代表質問なんかやってる暇あるんだったら、福島行って汗流せ。

・タンク付近井戸40万ベクレル 福島第一 ストロンチウム検出

 そんな危機的な状況にあって、いわき沖では試験操業が始まった。安全性を確認したら市場に出すそうだが、本当にそれでいいんだろうか。とにかく、放射能の影響ってのは時間をかけて襲ってくるもんなんだから、いま獲った魚から安全基準値以上の放射性物質が検出されないからって、それこそ「完全に安全」ってことにはならないはずなんだよね。だから放射能汚染というのは怖ろしいわけで、舐めてかかってると孫子の代にツけを回すことになりますよ。

 そして、そのツケは命にかかわることになるってことを、為政者はもっと真剣に考えるべきなのに、「戦争をできる国」にすることが優先しちゃうんだもの、子どもたちの心が荒れるのもむべなるかなの今日この頃なのだ。

今の政権は、日本国民にどんな不幸をもたらすかわからない。

かっちの言い分

http://31634308.at.webry.info/201310/article_17.html

今の政権は、日本国民にどんな不幸をもたらすかわからない。

<<   作成日時 : 2013/10/18 23:08 

今日の参議院で、共産党市田氏が安倍首相に原発輸出について質問したが、以下の記事のように輸出は推進すると述べた。頭の良い人間であったのなら、震度6程度の地震で壊れたような原発を地震の多い国に輸出することは、自殺行為であることがわかるはずである。しかも輸出するに当たって、その原発に何か不測な事故が起こった場合、日本国が補償するという、とんでもない条件が付いていると噂されている。野党はこの件について言質を取っておくべきである。安倍首相は3兆円も化石燃料に頼っているというが、核燃料の廃棄物のコストを言わない。何万年、10万年も、人類がどうなっているかわからないぐらいの長期間管理していかなければならないコストは言わない。我々の世代の一時の使用のため、こんな原発の負の遺産を、未来永劫残してはならぬはずである。

安倍首相:今後も原発輸出推進の意向 参院代表質問
http://mainichi.jp/select/news/20131019k0000m010043000c.html

 安倍晋三首相は18日の参院本会議の代表質問で、原発輸出について「東京電力福島第1原発事故の経験と教訓を世界に共有することにより、世界の原子力安全に貢献していくことがわが国の責務だ。相手国の意向や事情を踏まえつつ、技術を提供していく」と述べ、今後とも推進していく考えを示した。共産党の市田忠義書記局長への答弁。

 市田氏は代表質問で「いま原発は1基も稼働していないが、国民生活は維持され、経済の破綻もない」と述べ、「脱原発」の決断を迫った。これに対し、首相は「原発停止で石油など化石燃料への依存を高めている。3兆円以上の燃料輸入費の増加や電力料金の上昇という形で、国民生活や経済が大きな影響を受けている」と反論した。

原発を売るために他国と結ぶ取り決め条件も、特定秘密保護法案が通れば、政府にとって都合の悪い情報は全て秘密の情報にしてしまうだろう。表に出てはまずい情報を秘密事項にすることは、目に見えている。日本国民にとってどんな不幸をもたらすかわからない。

生活の小沢代表は、上記の法案の日本版「国家安全保障会議」関連法案、秘密保護法案についての質問に以下のように答えている。これが、真っ当な国民が政治を託せる考えである。

国の安全保障ということは大事な問題であり、それを別に無碍に否定している訳でもない。また、国の存在にかかわるそれなりの機密が必要な限りにおいて、守られていなければならないということも別に我々は否定しない。

ただ、今政府で考えられているものは、必ずしも固まった成案ではないようではあるが、秘密保護法案のことについて、非常に包括的に、一般的に国民の基本的人権を制約することの出来るような内容の法律になりかねないという、心配をしているのではないだろうか。

戦前に治安維持法という法律があり、何でもかんでもそれを理由にして、言論・行動の自由を規制していったという歴史的事実もあるし、現在の世界でもアメリカの国家安全保障局やCIAやFBIやその他の国家機関が必要以上に個人のプライバシーを色々と情報として探っているという事が、大きな問題になっている。したがって、今この間伝えられているような政府の法律は、非常に国民の生活、そして言論を制約する脅かす物になりかねないと思い、このような法制度には我々としては反対をしていくつもりである。

排水溝の排出先変更 第一原発所長示す外洋から港湾内に

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7369490.html

排水溝の排出先変更 第一原発所長示す外洋から港湾内に

東京電力福島第一原発の小野明所長は17日、排水溝の排出先を外洋から港湾内に変更する考えを示した。近く工事に入る。 

港湾側に新たに排水溝を設け、外洋に直接、流出しないようにする。放射性物質を含む水や土壌が流れ込んでも、一定程度は港湾内にとどめることができるという。 

排水溝にはモニターなどを設け、どの程度の水が流れているかを瞬時に確認できる態勢も整える。 

港湾内の排水位置は現在、検討している。放射性物質の拡散防止効果があるシルトフェンス内への排水も想定しているが、新たな放射性物質が流れ込んだ場合、フェンス内にとどまっている放射性物質が外側に押し出される可能性もあり、慎重に検討している。 

観測用井戸40万ベクレル

福島民報 10月18日(金)11時38分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20131018-00000015-fminpo-l07
=============================================


外洋に流していたのですか。

東電は安倍総理が言ったことは最初から嘘だと判っていたのですね。


【東京地検】「過酷労働」記事の訴訟判決でユニクロ側が週刊文春に全面敗訴!キタキタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!

晴 天 と ら 日 和 

Photo


http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52126314.html#more

2013年10月18日22:59
【東京地検】「過酷労働」記事の訴訟判決でユニクロ側が週刊文春に全面敗訴!キタキタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!

s-パトカーイラスト

  実弾入りの拳銃を持ってるってハナシだったのでヒヤヒヤしましたが、 
  いやぁ~、。。。
  何事も無く無事発見されてよかったですね。
 
  本人も、
  拳銃自殺なんてバカなことを考えないでよかったと思います。

  24歳。  
  まだまだ、本人にやる気があればやり直せる年齢です。
  悲観せずに自分の人生を大事にして欲しいと思いますね、ホントに!

 

■時事通信(2013/10/18-22:47)
不明の巡査長を発見、逮捕=宇都宮市内、拳銃も所持-銃刀法違反容疑・警視庁
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2013101800932&j4 

警視庁は18日、勤務中に実弾入りの拳銃を所持したまま行方不明になっていた同庁綾瀬署の巡査長小林英正容疑者(24)=東京都足立区東和=を宇都宮市内のホテルで発見し、違法に拳銃や実弾を所持したとして、銃刀法違反容疑で逮捕したと発表した。
 
同庁は、小林容疑者が所持していたバッグから、実弾5発が装填(そうてん)された拳銃や手錠、警察手帳などを押収したが、警棒だけは見つかっていない。同容疑者は話ができない状態といい、同庁は勤務を放棄し、失踪した理由を詳しく調べる。
 
逮捕容疑は15日午後11時ごろ、足立区内の交番で勤務を放棄し、貸与されていた回転弾倉式拳銃1丁と実弾5発を違法に所持した疑い。同庁によると、小林 容疑者は2011年4月に入庁し、同署地域課に配属。交番勤務をしていたが、15日午後11時半ごろ同署と無線交信したのを最後に、拳銃や実弾などを持っ たまま連絡が取れなくなった。

続きを読む "【東京地検】「過酷労働」記事の訴訟判決でユニクロ側が週刊文春に全面敗訴!キタキタキタキタキタ━━━━━━(゚∀゚≡(゚∀゚≡゚∀゚)≡゚∀゚)━━━━━━!!!" »

地下水から過去最高のトリチウム…福島第一原発

地下水から過去最高のトリチウム…福島第一原発

http://news.nifty.com/cs/headline/detail/yomiuri-20131018-01135/1.htm

2013年10月18日(金)22時32分配信 読売新聞

 福島第一原子力発電所のタンクから汚染水300トンが漏れた問題で、東京電力は18日、近くの井戸で17日に採取した地下水から、放射性物質のトリチウムを過去最高の1リットルあたり79万ベクレル(国の放出限度は同6万ベクレル)検出したと発表した。

 同じ地下水からは、ストロンチウムなど別の放射性物質も同40万ベクレル(放出限度は同30ベクレル)検出されていた。

 東電は、汚染水漏れの後、周辺の土壌を撤去したが、一部は取り切れていない。そこに染みこんでいた放射性物質が、台風26号の大雨の影響で地中に広がった可能性が高いとみており、「できるだけ早く土壌を撤去し、地下水をくみ上げるための井戸も設置したい」と説明している。

2013年10月18日 (金)

人間は イメージ(幻想)のなかで 生きている

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10182

2013/10/18(金)2  人間は イメージ(幻想)のなかで 生きている

 

チェコ:巨大な亀を宇宙人と勘違い 

галапагос черепаха галапагос эквадор

日本人は衛星画像のノイズをUFOと勘違い。
上の写真は『ロシアの声』 2013/08/11 (Photo:EPA)

 

来客多数、仕事も多忙なのに、UFO関連の電話が増えて、鷲は日光浴も太陽凝視もできない。(ま、きょうの鹿児島は雨が降ってたんだけど…ww)

「UFOって幻想だったんですね。 センセの文章で納得しました!」
という電話がほとんどだが…、み~んな、鷲の声を聞くと安心する! と言い、話が長い。鷲は、なんか精神安定剤みたいだ猫~~ (笑)

それはそーと、
UFOってのは、社会心理学的には、現実逃避の典型だから寝!
人間は、不安心理にかられたり、解決不能な危機状況におかれると、「苦しい時の神だのみ」の心理がはたらいて、非現実の世界に逃げ込み、ダチョウになってしまうのだ。

この一週間、鷲は 「UFOってのが幻想・幻視・妄想であり、下手すると詐欺まがいの騒ぎに巻き込まれるぞ!」と↓書きまくってきた。

上の文章は、できたら再読して欲しい。>皆の衆

そのほかにも鷲は↓こんなことを書いた。

日本発の「UFO妄想」に、最近、ロシア海軍は悩まされた。
今年7月の露中合同海軍演習の際、こんな一幕があった。
日本メディアに、「日本海沿岸で未確認飛行物体が目撃された」との情報が踊った。ロシア海軍太平洋艦隊広報部の電話は鳴りっぱなしになった。演習とUFOの関係について問い合わせてきたのである。 (記事)
ロシアの海軍までもが『UFO妄想家』の騒ぎに手こずっていたんだ猫~

ま、こんだけ↑書けばー、
UFOなんてものは、幻想・妄想の現実逃避的思考である!ってことを納得したヒトたちが激増したのも当然なんだが…、言っとくけどー
「UFOって幻想だったんですね。 センセの文章で納得しました!」
な~んて電話、わざわざ掛けてこなくてもEーかん寝!www

それよか…、
健康を増進していく!という現実の乳酸菌生活を大切にしようね!

 

【新潟報告】 泉田知事 「田中委員長、公開質問します」

田中龍作ジャーナル

http://tanakaryusaku.jp/2013/10/0008064

【新潟報告】 泉田知事 「田中委員長、公開質問します」
2013年10月18日 19:17

8670982b952b96254b57b313b57ae07c~資料写真~「どういう風に審査をするのか? (原子力規制委員会の)田中委員長に会って答えを聞きたい」。泉田知事はこれまでも面談を求めてきた。=写真:筆者=

 原発再稼働の大前提となる原子力規制委員会の安全審査は、原子炉設備に偏り、「住民避難」は二の次となっている。これに疑問を唱える新潟県の泉田裕彦知事が16日、インターネット中継を通じて原子力規制委員会の田中俊一委員長に公開質問した。

 泉田知事は自らが経験した中越沖地震と福島原発事故を教訓に、住民の安全が確保されないとして規制庁がまとめた「原子力災害対策指針」を批判してきた。

 原子力規制委員会が発足した翌月の昨年10月29日に、泉田知事は1回目の質問状を送付した。最初の規制委員会の回答は今年2月に届いたが、わずか2ページ(内容は1ページ)の薄い内容のものだった。

 4月22日、池田克彦原子力規制庁長官に会った時、泉田知事は再度、田中委員長への質問状を渡し田中委員長との面談を求めた。回答は7月末に届き、今度は4ページに増えていた。しかしまだ内容が不十分と考える知事は委員長との面談を毎月のように申し入れているが、一向に実現する気配はない。

 田中委員長は「他の自治体の首長が納得しているなか、かなり個性的な発言をしている」と述べ、面会するつもりがないことを強調している。

 “個性的な” の部分は原発推進勢力が泉田変人説を流布するのに利用している。

 こうした経緯を踏まえ筆者は16日、新潟県庁で開かれたメディア懇談会で泉田知事に質問した。「田中委員長に公開質問状を出すとかIWJの画面を通じで公開質問するとかのお考えはないのですか?」と。

 泉田知事は「今やりましょうか?」とやる気満々で応じ、次のように公開質問した―「田中委員長、ぜひですね、設備の基準を、運用する側の観点で審査するのか。住民の被曝を避けるという観点で審査されるのか。どちらか、まずお答え頂けないでしょうか? ここ重要な所だと思うんです」。

 筆者「ハードに偏ってますからね」。

 泉田知事「断層を分析する班と設備班しかないんですよ。それでどう住民の安全を守るつもりなのか、ぜひご説明頂きたい」。

13cb87eb82d73742054e6ed7e1665579田中委員長はひょうひょうとしていて柔和な感じだが、頑として泉田知事に会おうとしない。=写真:筆者=

 泉田知事は設備の安全審査についても疑問を投げかけた―
「世界はメルトダウン事故があると考えて対策を講じているのに、日本はメルトダウン事故が起きないという形でやる。これでは“世界の基準に合わせます”の答えになっていない(田中委員長は“世界一厳しい規制基準”と豪語している)」。

 “メルトダウンは起きませんよ”というのは第二の安全神話である、と泉田氏は指摘したうえで、次のように話した―

 「メルトダウン事故が起きた時にどう対応するか? ヨーロッパではコアキャッチャー(※)だし、アメリカは(軍の)冷却部隊ということになっている。日本は両方やらないことになっている」。

 住民の避難対策はまともに検討されず、メルトダウンはしないことが前提。第二の安全神話を作り出そうとしている原子力規制委員会に異を唱えるのは、3.11以降、原発を抱える自治体の長であれば当然のことだ。

 泉田知事に会おうとしない田中委員長こそ、世界標準から見た場合、変人ではないだろうか。

 ◇
※コアキャッチャー:
原子炉格納容器の底部に設けられる装置。溶融(メルトダウン)したデブリ(堆積物)が冷却設備に導かれる仕組みになっている。

小選挙区、2大政党政治の問題点 米国の民主・共和党の茶番をみながら

あいば達也

http://blog.goo.ne.jp/aibatatuya/e/d9d105e2a0151696dd230bfde4f55f63?fm=rss

2013年10月18日
●小選挙区、2大政党政治の問題点 米国の民主・共和党の茶番をみながら

 今日は特に“見出し”のような話を長々するほど時間がない。ただ、最近筆者は、小沢一郎などが理想としていた、小選挙区選挙制度と2大政党体制による、いつでも政権交代のあり得る緊張感あるデモクラシー政治体制と云う面に、「そうなのだろうか?」というHATENAマークをつけるシーンが多くなった。なにも、現在の目茶苦茶な政治を平気で行っている安倍政権のようなものが、小選挙区選挙制度と2大政党と云う概念から生まれた事だけを見ているわけではない。

 どうも英国の2大政党デモクラシーの基礎には、欧州の歴史に色濃く残っている貴族制度が今なお、国民の中に脈々と受け継がれている部分が存在しているような気がしている。小沢一郎も英国の議会制民主主義を学んで、日本の政治に持ち込もうとした気持は良く判る。英国も日本も、ロイヤルファミリーの存在する国なのだが、貴族社会の系譜が未だに実存する英国と、米国によってズタズタにされた日本の貴族の系譜は、経済的バックボーンが国家の基礎とはなっていないし、心の片隅に身分社会性が消えうせている。此処が大きく英国と異なる。

続きを読む "小選挙区、2大政党政治の問題点 米国の民主・共和党の茶番をみながら" »

全ての原発が止まっていて何の問題もない現在「原発に代わる電源の確保の難しさ」を訴える経産省と「原発の新設」を要望する有識者と呼ばれる人々

みんな楽しくHappyがいい♪

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3343.html

全ての原発が止まっていて何の問題もない現在「原発に代わる電源の確保の難しさ」を訴える経産省と「原発の新設」を要望する有識者と呼ばれる人々

「原発の新増設を」 経産省がエネルギー基本計画会合
日本経済新聞 2013/10/16 21:35 (2013/10/17 0:53更新)

経済産業省は16日、
中長期的なエネルギー政策の方向性を示す基本計画に関する会合で、原子力政策を巡り話し合った。
経産省は7つの課題を挙げた上で、
原発を使わなくなる場合にコストや人材確保の不安が大きくなる見通しを示した。
有識者からは原発の新増設や寿命延長を求める声が相次いだ
年内にまとめる計画で原子力を必要な電源として位置づける。

東京電力福島第1原発事故を踏まえて改正した原子炉等規制法は、
原則として40年以上の運転を認めていない
経産省は16日の基本政策分科会で、
原発がすべて40年で運転を終えると、設備容量は現在の約5千万キロワットから2028年に半減し、
49年にゼロになる試算を示した。
20年代と30年代半ばに急激に設備の容量が減る「がけ」があり、原発に代わる電源の確保の難しさを訴えた。


分科会では山名元京都大学原子炉実験所教授
「急激に原子力依存度を下げることは代替エネルギーの確保に必要な時間や投資を考えると危険。
新増設は避けて通れない」と切り出した。

豊田正和日本エネルギー経済研究所理事長
「一定の率を維持するための新増設が可能となるメッセージを基本計画に入れ込んでほしい」と求めた。

増田寛也野村総合研究所顧問
「古い物を使い続けるよりは最新のもののほうが安全性は高いはず」と訴えた。

経産省は地球温暖化問題を巡り
「意欲的な目標だけが出ても道筋がなかったらうまくいかない」と主張。
来月の国連の気候変動枠組み条約締約国会議(COP19)に向け
20年までの温暖化ガスの削減の数値目標設定を急ぐ環境省をけん制した。
原発に絡む人材確保の面でも
「建設や保守の経験を蓄積して安全を高めるには原発の少ない状況が障害になる」と危機感を示した。



ーーーーーーーー


「すっごいな・・・」
この記事を読んで思わず声に出ちゃった。

「有識者からは原発の新増設や寿命延長を求める声が相次いだ」
こんなことを言う有識者って誰だ?それは、本文に出てくる↓この人達のことですd(◕‿-。) ネ❤

山名元京都大学原子炉実験所教授
2013101814s


急激に原子力依存度を下げることは代替エネルギーの確保に必要な時間や投資を考えると危険。
新増設は避けて通れない


※現在稼働している原子力発電所はありません。原子力の電気はゼロの状態です。
 なにか危険なことが起きているでしょうか?

豊田正和日本エネルギー経済研究所理事長
2013101815

一定の率を維持するための新増設が可能となるメッセージを基本計画に入れ込んでほしい


増田寛也野村総合研究所顧問
2013101816


古い物を使い続けるよりは最新のもののほうが安全性は高いはず


あらためて有識者って、
一体どんな知識を持っている人のことを言う言葉なんだろう(。◔‸◔。)??


経産省の言う「原発に代わる電源の確保の難しさ」って・・・
だから何度も言うけれど、今原発は一基も稼働していない。
経産省はそのことを知らないのだろうか(。◔‸◔。)??


なんだか、何時の記事なのかな?もしかしたら何年も前の記事かな?
そう思って何度も日付を見直してしまった私でした。

<責任逃れと国民への脅し>安倍「私の政権で"収束”と言ったことはありません。東電を破たん処理すれば電力供給も賠償もできなくなる」10/17志位和夫(日本共産党)本会議(文字起こし)

みんな楽しくHappyがいい♪

Photo_7

http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-3341.html




開会日 : 2013年10月17日 (木)
会議名 : 本会議 (2時間30分)



志位和夫(日本共産党)

福島第一原発の放射能汚染水の問題は極めて深刻な事態に立ち至っています。
総理は所信表明演説で汚染水問題について、
「国が前面に立って責任を果たす」と述べました。
私は「国が全責任を持つ」というなら、
政府の姿勢を次の4つの点で根本的に転換することが必要だと考えます。

第一は放射能で海を汚さないことを基本原則として確立することであります。
この間の東京電力のずさん極まる対応の根本には、
汚染水はいずれ海に流せばよい」とする安易な考え方があります。
原子力規制委員長までが、
放射性トリチウムは希釈して放出することになる」などと公言しております。
これらの考え方を一掃することが必要だと考えますが、いかがでしょうか?

第二は放射能汚染水の現状を徹底的に調査公表し、
収束宣言を撤回するとともに、非常事態という認識の共有を図ることです。

この点で総理が「状況はコントロールされている」「完全にブロックされている」などと、
事実を捻じ曲げる発言を行ったことは、有害極まりないものであります。
事実に反する発言は撤回し、
政府の責任で国内外の専門の知識を総結集した調査を行い、
国民に情報を共有するべきではありませんか?


第三に政府が原発の再稼働に前のめりになっていることが
汚染水問題の解決にとって重大な障害となっております。

東電は再稼働を狙う柏崎刈羽原発の職員は1200人体制を維持しながら、
福島第一原発では1300人から1000人にまで減らしました。
再稼働最優先の姿勢によって、事故現場は疲弊し、深刻なトラブルが相次いでいます。
再稼働のための活動は中止し、
放射能汚染水問題の解決のために持てる人的物的支援を集中すべきではありませんか?


第四に東電に事故対策の主体を任せておいて良いのかが根本的に問われています。
安易な仮設タンクに頼って汚染水を漏出させたのも、
地下水の遮蔽壁の建設を先延ばしにしてきたのも、
全てコスト優先の東電の姿勢が原因でありました。
もはや東電に当事者能力が無いことは誰の目にも明らかであります。
すでに債務超過に陥っている東電は破たん処理し、
国が直接に、収束・賠償・除染に全責任を果たす体制を構築すべきではありませんか?


以上4点について総理の見解を問うものです。




安倍晋三(内閣総理大臣)

志位和夫議員にお答えいたします。

汚染水の海への放出についてのお尋ねがありました。
汚染水による放射能の海への影響を福島第一原発の港湾内にとどめ
国民の健康を守っていくことがきわめて重要であると考えています。

汚染水への対応については地下水の流入量を抑制による汚染水増加の防止。
汚染水処理施設の整備による汚染源の除去。
タンクの増設による汚染水の管理。
といった手当てを講じることで、海への安易な放出は行わない方針です。

収束宣言の撤回と汚染水の調査についてのお尋ねがありました。
福島第一原発については原子炉等の状態を継続的に監視しており、
原子炉が安定的に冷却され、追加的な放射性物質も大幅に抑制されていることが
客観的データで確認されています。
他方、今なお厳しい避難生活を強いられている被災者の方々の事を思うと、
私は以前の政権が言った「収束」という気にはなれません
実際、私の政権で「収束」と言ったことはありません。

汚染水問題については、東電任せにせず、国が前面に出て対応してまいります。
このため地下水等の専門家を集めた汚染水対策委員会において検討を行うとともに、
国際廃炉研究開発機構に内外の専門家を集め、
さらには汚染水問題に関する技術を広く内外から募集するなど、
国内外の専門的知見を総結集して対応しています。
また、汚染水対策の状況については、その都度公表しています。
今後も世界の英知を活用しつつ、汚染水問題の解決に向けた取り組みをしっかりと進めてまいります。


汚染水問題にかかわる東京電力の姿勢についてのお尋ねがありました。
福島第一原発の廃炉。
汚染水問題への対応がおろそかになるような事があってはなりません。
現場でトラブルが続いていることは大変遺憾です。
東電においてはタンクからの汚染水の漏えい防止のためのパトロールの強化や、
タンクの取り換えの加速化等、廃炉・汚染水対策に取り組んでおり、
人員面でも200人増員を図ることとしています。
原子力規制庁長官からは、東電の廣瀬社長に対して
早急に現場管理が正常に行われるように手当をする事などを、さらに求めております。
柏崎刈羽原発の新規制基準への適合性申請に関しても、
福島第一原発の廃炉・汚染水対策に万全を期すよう、東電を指導しております。


東電の破たん処理についてのお尋ねがありました。
現下の優先順位が何かと考えれば第一、今一番必要なことは、廃炉・汚染水対策を確実に実施し、
同時に電力需給を安全に安定に万全を期すことと考えています。
汚染水対策をはじめとして関係者が総力をあげて取り組まなければならない中、
緊張感を持続して対応に当たることが重要です。

仮に、ご指摘のように会社更生法にそって、東京電力の法的整備を行うこととした場合、
被害者の方々への賠償や、
現場で困難な復興収束作業に必死で当たっている関係企業の取引債権が、
十分支払できな恐れ。

そして直ちに東電と同等の電力供給を行う体制を確保できなくなる恐れ、

海外からの燃料調達や、ケイエキ確保に支障が出る恐れがあります。

以上総合的に勘案して、国民に悪影響、負担が及ばないよう
東電は引き続き民間企業として、損害賠償・廃炉・汚染水対策・そして電力安定供給などを
確実に実施していくべきと考えています。


国はこうした東電の事情に対し、
原子力損害賠償支援機構法の枠組みや、
技術的に難易度の高い取り組みへの予算措置によって支援していきます。
政府としては今後とも福島の一日も早い復興のため、
東電任せにせず、国としてしっかり前面に出て果たすべき責任を果たしてまいります。

醜悪な新国立競技場のデザインと、既得権益に阿る安倍は五輪精神の真逆の極致だ。

ハイヒール女の痛快日記   

http://tokyolumix.blog60.fc2.com/blog-entry-1261.html

2013.10/18 [Fri]
醜悪な新国立競技場のデザインと、既得権益に阿る安倍は五輪精神の真逆の極致だ。

新国立競技場の巨大化に、本格的に「ストップ」がかかりそうだ。東京五輪のメイン会場として、8万人収容、全高75メートルの巨大な建物に生まれ変わる予定だが、著名な建築家の間でこのデザインは、

都の景観条例の趣旨から大きく逸脱していると異論が起きているのだ。

都の景観条例では歴史的建築物の、国会議事堂、迎賓館、丸の内駅舎、聖徳記念絵画館の眺望を守るため、対象建築物の正面からビルが突き出して見えないように、後方2キロまでの区域で高さを制限するなど、

一般基準とは別に厳しいルールが設けられているという。



て言うか、この規制はともかくとして、参加する資格が異常にハードルが高い国際デザイン・コンクールをした挙句、昆虫が奇形を起こしたような、こんな醜悪なデザインをした人のセンスを疑う。英国人というから、

放射能汚染を揶揄しているのかしら?それより、一体誰が選んだの?

そう思い、ネットで調べて見たら新国立競技場のホームページをみつけた。また、このホームページが見栄えだけカッコよく作っているが、ユーザビリティが極めて悪いイラつくホームページなのだ。要はクオリティが低いのだ。

「ここから未来が始まる」「いちばんをつくろう」という惹句だ!

日本の現状を無視した違和感のあるキャッチが出てくる。違うでしょ!「ここで未来が終わる」「いちばん恐いのは放射能汚染」でしょう。マッ、嘘で固めて東京開催を勝ち取ったのだからこれも当たり前か?

で、目を疑った!審査委員長があの超有名な建築家・安藤忠雄なのだ。

エエーッ!この人は昔からいちばん体制から遠い人だと思っていたのに?この東京五輪の競技場に関しては全然違ってるじゃない。因みにこのコンクールの参加資格は、建築界でも調和メジャーな人じゃないと無理なのだという。

所詮、資本主義に毒された権威主義者だったんだ?

同じ贅を尽くすのであれば、JR九州の豪華寝台列車「ななつぼし」のレトロチックな色合いに、和洋・新旧融合の日本の伝統藝術や美しさが見事に融合したデザインを見習って欲しい。それこそ、私が乗れるような列車ではないが見る限り、

日本の文化とおもてなしの心が凝縮された作品ではないかしら?

アーキテクトデザインもファッションデザインもグラフィックデザインもWEBデザインも、はたまた、華道も、人が主役でその脇を彩るのが素敵なデザインなのよね。今回の、競技場デザインが超未来的だとかいう問題ではなく、

今、日本でいちばん必要なサステイナブルを無視した精神が間違ってる!

安倍が世界に放射能汚染水は完璧に封じ込めている、と大嘘をついて東京五輪を騙し取ったのが、サステイナブルの対極で、持続出来ない社会の始まりだと言っていい。

私的には招致成功は裏金をおもてなしとして配った成果ではと思っている?

何れにせよ安倍首相が、福島県民を棄民化し、放射能汚染も無かったことにして、既得権益に阿る様は、一国のトップというより銭に塗れた妖怪のようだ。

核爆発であることを政府がどうしても認めたくない理由

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7368054.html

核爆発であることを政府がどうしても認めたくない理由

文部科学省のホームページに以下の法律について説明した部分があります。

=========================================
放射線を発散させて人の生命等に危険を生じさせる行為等の処罰に関する法律

(目的)
第 一条 この法律は、核燃料物質の原子核分裂の連鎖反応を引き起こし、又は放射線を発散させて、人の生命、身体又は財産に危険を生じさせる行為等を処罰することに より、核によるテロリズムの行為の防止に関する国際条約その他これらの行為の処罰に関する国際約束の適確な実施を確保するとともに、核原料物質、核燃料物 質及び原子炉の規制に関する法律(昭和三十二年法律第百六十六号)及び放射性同位元素等による放射線障害の防止に関する法律(昭和三十二年法律第百六十七 号)と相まって、放射性物質等による人の生命、身体及び財産の被害の防止並びに公共の安全の確保を図ることを目的とする。

(定義)
第二条 この法律において「核燃料物質」とは、原子力基本法(昭和三十年法律第百八十六号)第三条第二号に規定する核燃料物質をいう。

2 この法律において「放射線」とは、原子力基本法第三条第五号に規定する放射線をいう。

3 この法律において「放射性物質」とは、次に掲げるものをいう。

一 核燃料物質その他の放射線を放出する同位元素及びその化合物並びにこれらの含有物(原子力基本法第三条第三号に規定する核原料物質を除く。)

二 前号に掲げるものによって汚染された物

4 この法律において「原子核分裂等装置」とは、次に掲げるものをいう。

一 放射性物質を装備している装置であって、次に掲げるもの

イ 核燃料物質の原子核分裂の連鎖反応を起こさせる装置
ロ 放射性物質の放射線を発散させる装置
二 荷電粒子を加速することにより放射線を発生させる装置

(罰則)
第 三条 放射性物質をみだりに取り扱うこと若しくは原子核分裂等装置をみだりに操作することにより、又はその他不当な方法で、核燃料物質の原子核分裂の連鎖反応を 引き起こし、又は放射線を発散させて、人の生命、身体又は財産に危険を生じさせた者は、無期又は二年以上の懲役に処する。

2 前項の罪の未遂は、罰する。

3 第一項の罪を犯す目的で、その予備をした者は、五年以下の懲役に処する。ただし、同項の罪の実行の着手前に自首した者は、その刑を減軽し、又は免除する。

第四条 前条第一項の犯罪の用に供する目的で、原子核分裂等装置を製造した者は、一年以上の有期懲役に処する。

2 前項の罪の未遂は、罰する。

第五条 第三条第一項の犯罪の用に供する目的で、原子核分裂等装置を所持した者は、十年以下の懲役に処する。

2 第三条第一項の犯罪の用に供する目的で、放射性物質を所持した者は、七年以下の懲役に処する。

3 前二項の罪の未遂は、罰する。

第六条 放射性物質又は原子核分裂等装置を用いて人の生命、身体又は財産に害を加えることを告知して、脅迫した者は、五年以下の懲役に処する。

第七条 特定核燃料物質(核原料物質、核燃料物質及び原子炉の規制に関する法律第二条第五項に規定する特定核燃料物質をいう。)を窃取し、又は強取することを告知して脅迫し、義務のない行為をすること又は権利を行わないことを要求した者は、五年以下の懲役に処する。

第八条 第三条から前条までの罪は、刑法(明治四十年法律第四十五号)第四条の二の例に従う。

文部科学省
http://www.mext.go.jp/b_menu/houan/an/166/07022205/003.htm
=========================================

こ の法律によれば,3号機と4号機の爆発が核爆発(又は即時臨界爆発)だった場合,「核燃料物質の原子核分裂の連鎖反応を引き起こし、又は放射線を発散させ て、人の生命、身体又は財産に危険を生じさせる行為」に当たるため,東電や政府の責任者が処罰の対象になってしまいます。

それで,政府はマスコミを使って爆発シーンの写真や動画を徹底的に削除したり,メルトダウンの発表を何ヶ月も遅らせたりしていたのですね。

ということは,これを証明すれば彼らを服役させることができるということです。

「福島3号機は核爆発」元原発検査員の藤原さん
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7281775.html

1~4号機それぞれの爆発についての槌田敦氏の説まとめ(その2)
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/6342336.html

4号機も即発臨界爆発だった 槌田敦氏
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7292960.html

放射線の法律

名張毒ぶどう酒事件再審請求棄却したのは札付の裁判官みたいですね&「知る権利」「取材の自由」に「配慮」してくれるだそうだ。こんな傲慢不遜にも沈黙守る新聞・TVは、どんな鼻薬嗅がせられてるんだろう。

くろねこの短語    

Photo_6


http://kuronekonotango.cocolog-nifty.com/blog/2013/10/post-10b8.html

2013年10月18日 (金)
名張毒ぶどう酒事件再審請求棄却したのは札付の裁判官みたいですね&「知る権利」「取材の自由」に「配慮」してくれるだそうだ。こんな傲慢不遜にも沈黙守る新聞・TVは、どんな鼻薬嗅がせられてるんだろう。

 名張毒ぶどう酒事件の再審請求棄却は、驚き桃の木の判決だ。一審無罪で、再審開始決定判決も出た事件で、いまさらながら「自白の信憑性」がどうしたこうしたという理由で再審請求を棄却するとはねえ。少なくとも、「疑わしきは被告人の利益に」っていう原則に照らし合わせれば、ここは再審開始するが筋ってもんでしょう。

名張毒ぶどう酒事件 最高裁再審退ける

 聞けば、今回の決定を下した櫻井龍子っていう裁判長は、御殿場事件の上告棄却した張本人だってね。御殿場事件ってのは、強姦されたとされる少女の証言の信憑性が疑われたにもかかわらず、犯人とされた少年たちに有罪判決が下った事件で、いまでも冤罪が強く疑われている。TVでも長野智子が追求してたけど、結局は上告棄却で、少年たちは収監された。その事件の裁判長かあ。やっぱりなあ。

 名張毒ぶどう酒事件がここまでもつれにもつれたのは、証拠が少なく、自白に頼った捜査だったのが原因で、可視化されていればもっと早くに解決(=無罪)してたはずなんだね。その可視化を実現するはずだった検察改革は一歩も前に進まず、それどころかどんどん後退してるのが現状で、今回の再審請求棄却というのも司法が検察と一心同体ってことをはしなくも証明したんじゃなかろうか。可視化は遠くなりにけりか。

 ところで、秘密保護法案の修正案ってのがまとまったそうだ。しかしまあ、これが噴飯モノなんですね。たとえば、「知る権利」「取材の自由」についてなんか「国民の知る権利の保障に資する報道・取材の自由に十分に配慮しなければならない」だとさ。配慮ですよ、配慮。傲慢不遜も極まれりです。「知る権利」「取材の自由」というのは、権力に配慮されるものではなくて、権力を縛っているものなんだね。つまり、「知る権利」「取材の自由」の前には、秘密保護法といえども平伏しなくちゃならないわけで、配慮なんて言葉使うこと自体が倒錯してます。

秘密保護法案修正案要旨

 さらに、「法令違反や著しく不当な方法によるものでない限りは正当な業務による行為とする」からお咎めなしよ、ってなこと言ってるんだが、何をもって不当な方法とするかが問題なんですね。そもそも、取材に正当も不当もありはしません。ようするに、自分たちの都合の悪いことはすべて不当な取材ってことにしようっていう魂胆でしょう。西山事件で「秘かに情を通じ」って事件を矮小化した手口が、いまさらながらに思い出されるってなもんです。

 公明党との出来レースでどんどん秘密保護法案成立が既成事実化されているが、一部を除いて新聞・TVの無関心ぶりにはまあ呆れます。昨日の代表質問に、レレレのシンゾーは「この15年間で公務員による主要な情報漏洩事案を5件把握している。法整備は喫緊の課題だ」って息巻いたようだがどんな情報が漏洩したのか教えてしてほしいものだ。で、そのおかげで国益ってやつがどれほど損なわれたのか検証してほしいものだ。そして、そのことが何故に秘密保護法案に結びつくのか、論理的かつ理性的に説明してほしいものだ。

 おそらく、できやしないでしょう。日本版NSCとセットで「戦争のできる国」にすることこそが、この法案の目的なんだから。

 「何が秘密? それは秘密です」(東京新聞「こちら特報部」より)なんて笑えない時代もすぐ目の前か・・・植木等じゃないけど「フザケヤガッテ フザケヤガッテ フザケヤガッテ コノヤロー・・・泣けてく~る♪」。てなわけでお後がよろしいようで。

「秘密保護法が出てくる時勢というのは、いつもキナ臭い」by・前田哲男軍事ジャーナリスト。(アベシ、他人任せにしないでアナタが最前線にお先にどうぞ~!)

晴 天 と ら 日 和    

Photo_5

http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/52126218.html#more

2013年10月17日22:34
「秘密保護法が出てくる時勢というのは、いつもキナ臭い」by・前田哲男軍事ジャーナリスト。(アベシ、他人任せにしないでアナタが最前線にお先にどうぞ~!)

s-20131017榊区長

  ハシ↓曰く、。。。
  「問題だけが取り上げられる

  ナニ言ってるわけ?
  問題だから取り上げるのは当たり前じゃないの! ねぇ!
  ( ゚∀゚)アハハ八八ノヽノヽノヽノ \ / \/ \

  X 問題だけが取り上げられる。
  ○ 問題だから取り上げられる。

  この違いを、
  ハシ↓は理解出来ないのでしょうか?

  

■3k 2013.10.17 11:02
公募区長の自公批判ツイッターに議会が猛反発 擁護の橋下市長に矛先も
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/131017/waf13101711040013-n1.htm
*問題となった淀川区長の主な書き込み

橋下徹大阪市長の目玉施策である公募制度が騒動で揺れている。今月中旬、民間出身の淀川区長が、市長率いる大阪維新の会所属の市議会議長の進退問題をめ ぐって公明や自民を批判し、猛反発を招いた。市議会は21日に臨時の協議会を開き、区長を呼び出して聴取することを決定。市長の肝いりで制定された市職員 の政治活動規制条例に抵触しているとして処分・更迭を求める声が相次いでおり、協議会は紛糾も予想される。市長は「挑戦しようと思えば失敗も出る」と擁護 するが、自身に批判の矛先が向きかねない状況だ。

「橋下ベイビーズ区長は“橋下条例”に違反」

「申し訳ございません」。15日夜、市役所8階の一室。榊正文・淀川区長は同区選出の公明・杉田忠裕市議と自民・北野妙子市議に頭を下げ、謝罪文を手渡した。杉田市議は「謝罪が遅い。普通は朝一番。誠意がない」と突き放した。

騒動は12日午前0時ごろのツイッターの書き込みで始まった。維新の美延映夫(みのべ・てるお)議長の議長辞職を公明、自民、民主系の3会派が求めている ことを「市民不在の政争」などと批判した上で、杉田市議と北野市議に対し「説明責任を果たすべきだ」と要求。その後、書き込みを削除した。

榊区長との面会後、怒りが収まらない杉田市議は息巻いた。「第2、第3の榊区長を出さないため、けじめをつける」

焦点となるのは市職員の政治活動を規制する条例。平成23年秋の市長選で対決した平松邦夫前市長を職員労働組合が支援したことなどを問題視した橋下市長が 条例化に強い意欲を見せ、昨年8月に施行された。特定政党を支持、反対する目的で公に意見を述べることなどを禁じ、違反者は懲戒処分の対象になる。

榊区長は謝罪文で「特定の会派を批判したり、議会運営に口を挟むといったような政治的意図は全くございません」と釈明。しかしツイッターでは維新に言及せず、公明など3会派を批判しているため、自公内では条例に抵触するとの指摘があり、市人事室が事実確認を行っている。

「問題だけが取り上げられる」。橋下市長は15日、榊区長が批判される状況に不満を示した。同区が9月に同性愛者ら性的マイノリティー(少数派)への支援 宣言を行ったことなどを実績として挙げ、「(従来の)事なかれ主義をやめて挑戦したら失敗も出る。反省するところは反省し、良い部分を最大限に生かして」 とエールを送った。

橋下市長は別の公募区長、校長がセクハラで減給処分を受けた際にも「もう一度チャンスを」などと擁護した。自公内では「身内の公募人材に甘い」との声も広がり、9月26日の本会議で公募区長、公募校長への厳格な処分を求める決議が可決されている。

こうした状況下で起きた今回の騒動。榊区長には昨年8月、ツイッターで自身に批判的な書き込みに「アホか」などと書き込み、橋下市長から口頭注意を受けた“前歴”もある。自民市議団幹部は「市長が作った条例なのだから、しっかり処分を」と牽制(けんせい)している。

続きを読む "「秘密保護法が出てくる時勢というのは、いつもキナ臭い」by・前田哲男軍事ジャーナリスト。(アベシ、他人任せにしないでアナタが最前線にお先にどうぞ~!)" »

興と亡

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st10181

2013/10/18(金)     興と亡

 

やっぱ 米国の月面着陸はウソだったんだ罠~
ロシアの学者 月の埃が月開発の障害に
USO
© Flickr.com/Ennor/cc-by-nc-sa 3.0
ロシア科学アカデミー医学生物学問題研究所放射線安全部のウラヂスラフ・ペトロフ部長は、イタル-タス通信の取材に対し「月の開発を邪魔するものは、宇宙 放射線ばかりではない。最もきめの細かいフィルターも通ってしまう特質を持つ月の埃もそうだ」と指摘し、次のように続けた―
「月には大気が無く、宇宙線も含めた宇宙空間のあらゆるコンポーネントは、絶えず月をいわば『爆撃』しているため、埃の構造が事実上、ナノ粒子レベルに なっている。月の埃は、放射性のものではないが、最も密なフィルターさえ通ってしまうほど透過性が高い。この事は、深刻な問題の一つだが、これまで過小評 価されてきた。」(VZGLYAD.RU)  (記事)

 

上の記事は…、
月の表面が、チョー超微粒子(ナノ粒子レベル)の埃だらけだってことが、完璧に納得できる説明だ。

月には空気がないから、強烈な宇宙線の「爆撃」で小石も砂も粉々に粉砕されてしまい、何千年程度でチョー超微粒子になってしまう、と。

…となるとだ。アメリカの宇宙船が月面着陸したときの写真には、小石や大石がゴッロゴロ! こりゃあ、どーみても、アメリカ国内の撮影所で特撮した映像だわ猫~~ww

それにしても…、
アメリカをいきなりウソつき呼ばわりしないロシアの態度。
これは、大物鼠~か、大人(たいじん)でR。

真綿で首を〆るよーな追い込み方は、プーチンの得意技だ。
武力や戦力にたよらない謀略機関あがりの政治家は、先ずは知恵の限りを尽くす。次は、謀略と権謀術数の奥義を繰り出す…。

いま、アメリカは…、
「月面着陸のウソ」だけではなく、911の真実や、リーマン・ショックのヤラセから、アラブの春の汚い裏工作まで、全ての真相をプーチンに把握されてしまっている。

なにしろ、スノーデンがロシア対外情報庁(SVR)のハッキングの専門チームと一緒に完璧なウラ取り、裏付け作業をやっているから、ロシア発の情報の信ぴょう性は格段に高くなっている。

世界数十カ国の言語で世界中にMSGを発信している『ロシアの声』と『ロシアNOW』の影響力は、日本の御用新聞社5社がタバになっても勝てない。

国家興亡の歴史は、弾みがつくとウネリとなり、やがて潮流となるのだが…、プーチンのロシアは怒涛の勢い()である。

現在、プーチンの敵は、この男(Keith B. Alexander)一人だけでR。

いっぽう、小さな濁流がやがて奔流となり、土石流や(原発)火砕流と合流して全てを押し流しながら死の腐海へと流れ込む…。これが日本の現況()である。認めたくないだろうが…。鷲は悔しい。

「黙ってばかりじゃ思う壷 祈ってばかりじゃ思う壷」斎藤和義『猿の惑星』より

ウィンザー通信 

Photo_3


http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/254e57ddc2b62e0bd4489c38e885df25

「黙ってばかりじゃ思う壷 祈ってばかりじゃ思う壷」斎藤和義『猿の惑星』より
2013年10月17日

 


斎藤和義 『猿の惑星』

時代遅れの危ね~カバン 奴らマネージャンキー
怖くて中身は誰も知らない 奴らマネージャンキー

あぐらかいてても儲かる村じゃ
ご機嫌伺いの猿の群れ

隠蔽 増税 おなじみ不公平 サディスティックモンキー
停電 狂言 どう?今日の湯加減 サディスティックモンキー

あぐらかいてても儲かる村じゃ
責任逃れで右往左往

ようこそここへ 猿の惑星 海底に沈む大仏様
ようこそここへ 猿の惑星 血が流れる時が儲け時

ウーキキッキッ!! ウーキキッキッ!! ウーキキッキーのキッ!!
ウーキキッキッ!! ウーキキッキッ!! ウーキキッキーのキッ!!

ガキの使い無能な首脳 ステューピットモンキー
喉元過ぎりゃまたも煩悩 ステューピットモンキー

閻魔さん奴らの舌を抜け 
ノンキなたわ言 言えないように

低能 無能 NO MORE 放射能! ロマンティックモンキー
洗脳 煩悩 もう目を覚まそう! ロマンティックモンキー

黙ってばかりじゃ思う壷
祈ってばかりじゃ思う壷

ようこそここへ 猿の惑星 砂浜に突き出る東京タワー
ようこそここへ 猿の惑星 ぽっかり浮かんだ青い星

ウーキキッキッ!! ウーキキッキッ!! ウーキキッキーのキッ!!
ウーキキッキッ!! ウーキキッキッ!! ウーキキッキーのキッ!!

【監視社会化】 安倍政権が創設を目論む「日本版NSC」は、悪名高き「米NSA」の”劣化コピー”

暗黒夜考~崩壊しつつある日本を考える~ 

Photo_4

http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/6b184865d94de64274df2b5648c7e111

【監視社会化】 安倍政権が創設を目論む「日本版NSC」は、悪名高き「米NSA」の”劣化コピー”
2013年10月18日





「特定秘密保全法案」および「日本版NSC設置法案」に関する『しんぶん赤旗』の連載記事が、これら法案の問題点を単刀直入に”浮き彫り”にしており、実に秀逸である。

まさに「言いたいことは全部『赤旗』が言ってくれた」という内容である。

安倍政権が今国会での成立を目論む”暗黒法案”「特定秘密保護法案」の危険性については、つい先日のエントリー「【秘密保全法】 「秘密」とは無関係に”身辺調査”実施による「国民監視」の狙いが明らかに」にて、「しんぶん赤旗」記事を基にその危険性を指摘させていただいたが、同じく安倍政権が目論む「日本版NSC設置法案」の真意についても、以下の赤旗記事にてズバリとその危険性が指摘されているのでご覧いただきたい。

早い話、安倍政権が創設せんと目論んでいる代物は、悪名高き諜報機関たる「米NSA(国家安全保障局)」の”劣化コピー機関”である。

「米NSA」は、通信傍受・盗聴・暗号解読などの信号情報の分析等 をおこなう国防総省傘下の情報機関であるが、個人情報の収集・大使館の盗聴といった数々のスパイ行為を暴露したエドワード・スノーデンがその「米NSA」 の元外部契約社員であったと言えばイメージが湧きやすいであろう。

これらの邪悪な法案については、安倍晋三をはじめとする「軍国主 義」に陶酔した閣僚連中が「米戦争屋」の口車にまんまと乗せられた、「スパイごっこ」「戦争ごっこ」同然の稚拙な愚行そのものであるというのが個人的見解 であるが、「日本版NSA」を創設することでどれだけの重大情報がアメリカの都合のいいように利用されるかについて、安倍晋三らがどこまでその真意を理解 しているかは甚だ疑わしいと断じてよいであろう。

そもそも論として、「第2の敗戦」(経済敗戦)を喫した中曽根内閣 以降の日本においては、何事にも疑問を持たず、アメリカとその”御用機構”たる霞が関官僚の言いなりになる”売国宰相”が「有能な首相」として”偶像化” され、大手マスコミによる世論操作という加護を受けながら長期政権を築くというのが実情である。

その代表例が小泉”売国奴”政権であり、その一方で、”対米隷属”に背いた歴代首相らは例外なく”抹殺”(政治的あるいは生命そのもの)されてきたのである。

随分と本題より話が逸れたので話を元に戻すと、「日本版NSA」が創設されれば、アメリカと一体で戦争を行う体制が構築され、指揮権の発動を迅速化するべく米ホワイトハウスと首相官邸が直接的に結ばれることになるのである。

即ち、首相官邸直轄の「軍司令本部」同然の代物が創設されるということである。

本ブログにて何度も繰り返しコメントしてきたとおり、軍事面に関す る情報を「特定秘密」として”恣意的”に隠蔽することを合法化する「秘密保護法案」が成立すれば、まさに鬼に金棒、安倍晋三と重要閣僚数名のみによる”秘 密会議”にて、国家の軍事作戦が決定されるという「独裁軍事国家」の出来上がりである。

国家権力というものは、ひとたび暴走し始めれば誰もこれを止められない代物であるが、今回の臨時国会にて成立されようとしているのは、「米NSA」同様の”暴力装置”であり、国家権力による国民監視が蔓延る世界が現実のものとなろうとしているということである。

即ち、日本国民のあらゆる行動・個人情報が盗みとられる「監視社会化」の本格稼動である。

我々国民は「秘密警察国家ニッポン」がまさに誕生しつつあるということをよくよく理解し、今後、日常生活を送るうえで、最大限の警戒感でもって慎重な判断・行動をとることが必要不可欠と理解すべきであろう。

本当に恐ろしく、酷い話である。

 

(転載開始)

 

続きを読む "【監視社会化】 安倍政権が創設を目論む「日本版NSC」は、悪名高き「米NSA」の”劣化コピー”" »

奇形児と問題多い妊娠多発と明るみに出ない理由

とある原発の溶融貫通(メルトスルー)

http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7367461.html

奇形児と問題多い妊娠多発と明るみに出ない理由

 

   

公開日: 2013/06/30

福島原発 爆発後、奇形児と問題多い妊娠多発!Gundersen: Fukushima Deformed Children
<日本語訳・字幕↓:Jo2Rayden> 

ガンダーセン氏: Fairewindsサイトは、北日本の至る所の人々から多くの事例証拠を得ています。

私たちはちょうど先週、2人の姉妹が妊娠していた女性からEメールを受け取りました。

1人の子どもは奇形で生まれました。また、他の子供は子宮の中で死にました。彼女らは原発事故中に妊娠していました。

また、彼女らは、舌に金属の味がして、同種のものすべてだったのだと語りました。

したがって、私は、日本政府が適切にそれを説明していないと懸念しています。

それは、ヤブロコフ博士が、ウクライナにいた時、抱いていたのと同じ問題です。

ヘレン・カルデコット医学博士:はい、日本政府は本当に気が変になっていますね。

私が言いましょう。彼らはロシア政府がしたのよりさらに悪く、この事故で隠蔽しているのです。

メルトダウンがあったことをソ連政府は、約10日間認めなかった。

また、彼らは約5年間その犠牲者を全く研究し始めませんでした。

何が起こっていたかに関する医学の多くの証拠を否定した。

しかし、少なくとも、ソ連政府は、人々をほとんど直ぐに退避させました。日本政府は、事実上それをしていません。

子どもたちは、今も非常に高い放射能の地域に住んでいます。

事実、アーニー、あなたが測定したように、東京には非常に高放射能の地域があります。

そして、人々は放射性のちり等のあるアパートに暮らしているのです。

私は日本へ行った時に人々に語りました。そして、彼らは真実を聞きたがった。

たとえ冷酷な事でも、彼らは放射能が何を起こし得るかその事実を聞きたい。特にとてもとても脆弱な彼らの子どもたちへの影響を。

私は、医者として40年50年間で、ほんとうに本当にこんな卑劣なことを見たことがありません。

人々は、大きな危険に直面しても無視されているのです。

福島原発爆発後奇形児と問題多い妊娠多発
=============================================

ある人々はこのような情報をデマだと言います。

その根拠として,死産や奇形児が生まれたという報告がないと主張します。

しかし,次の動画をご覧ください。

=============================================
深刻な奇形の赤ちゃんが日本で殺害されている

   

            アップロード日: 2011/08/27          

                   
            

Keiko Ichikawa, the author of "A Letter from Fukushima", says why we hardly see malformed children in Japan and what will possibily happen hereafter, in the symposium on the accident of Fukushima Daiichi Nuclear Power Plant held in Odawara on 21st Aug 2011.

About donation for IWJ:
http://iwakamiyasumi.com/archives/3338

         
=============================================

これでは,報告が上がって来ないわけです。

↓こちらもご覧ください。

広島・長崎原爆で奇形児が少なかった理由
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7194898.html

『特別秘密保護法』は憲法違反!主権者は堂々と、却下の鉄拳を振り下ろせ!

ウィンザー通信 

Photo_2


http://blog.goo.ne.jp/mayumilehr/e/3ee67570cfb5960ba4e55749981a5768

『特別秘密保護法』は憲法違反!主権者は堂々と、却下の鉄拳を振り下ろせ!
2013年10月17日

もういっぺん言います。

この『特別秘密保護法案』というのは、ものすごく間違っている、憲法に反する法案です。

日本はもともと、情報公開制度が十分に整備されている国では無いのです。
これまでずっと、政府(公務員)の勝手な判断で、文書を作成したり破棄したりしていたんです。

で、2011年の4月にようやく、『公文書管理法』というのが施行されたばっかりで、
それまではもう、ずっとずっと、いわゆる前の自民党時代の間中ずっと、公文書はそうやって、政府機関の都合の良いようにされてきました。

この『公文書管理法』の施行より、『情報公開法』が先に施行されてしまったために、
各省の公務員は、自分たちに都合の悪い文書は、すべて破棄。
過去に遡って国政を調査することが、極めて難しくなってるそうです。

どうですか?この無法政府っぷり!

世界でも指折りの、無茶苦茶っぷりと思いませんか?
ほんで、それを全く知らんと、追及することもせんと、たらたらと時間を過ごしてる市民や報道屋の惚けっぷりも、かなりのもんちゃいますか?

さらに、情報の開示をめぐって裁判になった場合、
裁判官が、該当する文書を見て、開示の必要性を判断することができないそうです。
そしてさらに、情報公開請求にはお金がかかるため、資金力がないと、大規模な情報公開請求ができないそうです。
 
こんな法律以前に、情報公開についてのきちんとした法律を作らせる義務が、我々主権者にあるのんとちゃいますか?

どんなふうにむこうが言うてこようとも、頑として否!を突きつけてください。
腰抜け議員への圧力、ガンガンかけてください。


日本の情報公開制度どこが問題?/秘密保護法案で「知る権利」に懸念
【The Capital Tribune Japan】2013.10.16


政府は、秋の臨時国会に、『特定秘密保護法案』を提出する予定です。
しかし、この法案に対しては、慎重論も多く、予定通り国会で審議できるかは、不透明な状況となっています。
その最大の理由は、日本では、情報公開制度が十分に整備されておらず、この状態のまま、法案が通過してしまうと、
国民の知る権利がないがしろにされるのではないか、と危惧