« 現場作業員が告白「汚染水1年半前から漏れていた」「コントロールできてない」「マスコミへの口封じ」 | トップページ | 10月17日の世界と日本の危機は回避されたか? »

2013年10月12日 (土)

時鳥(ほととぎす) ときに父鳥 けたたまし  飯山一郎  2012/10/12

『文殊菩薩(ブログ版)』

http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-6860.html

時鳥(ほととぎす) ときに父鳥 けたたまし  飯山一郎

時鳥(ほととぎす)の父鳥が時々けたたましく鳴くことがあるが…、あれは子供たちに警鐘を鳴らす場合か、叱っている時である。…という意味が上の俳句には含まれている。今の『文殊菩薩』の状態を謳った句でもある。(^^)

さて、『文殊菩薩(ブログ版)』は、編集長(明るく憂える者)が自由に書き散らしてきたブログであったが、所詮は他人様のブログの文章をコピペしてきただけ!というのが実態だ。このコピペの過程での選択基準は、編集長の「好み」だけ! そこには確固とした思想や哲学は全くなかった。

しいていえば権力や強者に対する感情的な反発心敵愾心はあった。この反権力・反体制派的な心情は、猪突に似て中々たくましくも獰猛なモノであった。いちおうの評価はしたい。

ただし徳洲会問題では、編集長は大きな錯覚に陥った。
検察&マスコミという日本で最も悪質な勢力による弾圧事件! しかも米国TPP資本に巨大病院チェーンをツブしてから捧げる目論見もある事件を、「悪質な徳洲会勢力を叩くのだ!」と、マスコミ・検察と一緒になって、些細な選挙違反を大問題にして大叩きする大馬鹿ぶり。

そこで鷲は、ホトトギスの親鳥のように警鐘を鳴らしたワケだ。

あと、『太古水』、『ハマッキー(葉巻型UFO)の大船団が日本を救う!』などなど、父鳥としてはヒナ鳥を叱らざるをえないん蛇夜。

前から、飯山一郎の思想哲学とは全く矛盾する記事が多すぎる!という指摘を、鷲はそれこそ大勢の方々から受けてきたが…、今後は、鷲が「編集局長」としてココを見張る。駄目だと鷲が判断する記事は削除する。

んで、ときどきは、ココにも色々な雑感を書こう! と思っている。
題して「ホトトギス雑評」。ご愛読のほど、衷心より願い上げる次第。

           2013/10/12         飯山一郎九拝

« 現場作業員が告白「汚染水1年半前から漏れていた」「コントロールできてない」「マスコミへの口封じ」 | トップページ | 10月17日の世界と日本の危機は回避されたか? »

文殊菩薩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/58367868

この記事へのトラックバック一覧です: 時鳥(ほととぎす) ときに父鳥 けたたまし  飯山一郎  2012/10/12:

« 現場作業員が告白「汚染水1年半前から漏れていた」「コントロールできてない」「マスコミへの口封じ」 | トップページ | 10月17日の世界と日本の危機は回避されたか? »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ