« 韓国、再び金融危機に陥る危険性 反日大統領の舵取りやいかに? | トップページ | 福島原発に「竜巻」の恐怖、東電は危機意識ゼロ »

2013年9月 4日 (水)

オババ VS オバマ

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st09041

2013/09/04(水)     オババ VS オバマ

 

『次期大統領は、ヒラリー・ローダム・クリントンで!』

ヒラリー

ヒラリーの復活劇は、ドラマティックでドラスティックな世界の悲劇…鴨。

 

7月末まで、オバマ・ケリーのタッグチームは、シリアを戦場にする!という戦争屋勢力(軍産体制)を圧倒していた。

その結果、オバマとケリーはノーベル賞ものの『中東和平交渉が3年ぶり再開、9カ月以内に合意目指す』という歴史的な仕事を成し遂げることが出来た。

しかし!
7月末、ヒラリーがホワイトハウスに乗り込んでオバマを脅したあたりから、形勢は逆転!
8月になると、反・戦争屋のオバマとケリーは、日に日に敗勢を濃くしてゆく…。

ヒラリーの脅しは半端ではなかったのだ…

イスラエルと米国の戦争屋勢力が全面的に応援したロムニーを見事に破り、第44代アメリカ合衆国大統領就任を果たしたバラク・フセイン・オバマの最初の大 きな仕事は…、米国戦争屋の女ボス・ヒラリーをブッた斬って、ジョン・F・ケリーという筋金入りの反戦政治家を国務長官に据えたことであった。

斬られたヒラリー・クリントンは、見るも無残といった態であった。

しかし!
『次期大統領は、ヒラリー・ローダム・クリントンで!』という米国軍産勢力の巧妙な後押しと強力な根回しで「その目」が出てくると…、
俄然! ヒラリーは復活した

復活したヒラリーの最初の仕事は…、オバマを強烈脅したこと。
そして、ただ脅しただけではなく…、
なんと!シリアに原爆(超小型戦術核兵器)をブチ込ませたのだ!
このへんの経緯(イキサツ)については、下のエントリーで詳述した。

【文末独言】鷲の分析を討議資料に採用した米国某シンクタンクに感謝します。

« 韓国、再び金融危機に陥る危険性 反日大統領の舵取りやいかに? | トップページ | 福島原発に「竜巻」の恐怖、東電は危機意識ゼロ »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/58126550

この記事へのトラックバック一覧です: オババ VS オバマ:

« 韓国、再び金融危機に陥る危険性 反日大統領の舵取りやいかに? | トップページ | 福島原発に「竜巻」の恐怖、東電は危機意識ゼロ »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ