« 墜落しかけている虚飾アベノミクス 財布を直撃されB層、C層も気づきはじめた | トップページ | 漏れた汚染水の濃度は限度の数百万倍、一般人年間被ばく線量限度の100年分 »

2013年8月21日 (水)

自分の身は自分で守るしかない

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st08212

2013/08/21(水)2  自分の身は自分で守るしかない

 

ネットゲリラの本日の記事をコピペしたんだが…↓
Netguelira_2

原発には愛がない

  野次馬 (2013年8月21日 12:44) | コメント(0)

リアルタイムで計測しながら発信し続けるヤツを持ってフクシマ行った人がいるんだが、福島駅を降りたところで既に、0.14マイクロシーベルトと、この辺の倍以上です。車内なのに。車外ではもっと高いのは言うまでもない。放射線量が倍になるとどうなるか? ガンになる人が増えるだろうが、もともとほっといてもガンになる人はいるので、区別がつかない。なので、保障もナシ。政府と東電は、どれだけガンが増えようが「無関係」で無視し続けるだけ。統計学的に有意な差が出たとしても、「アナタのガンが原発由来のものだとは証明できません」でオシマイ。
まぁ、自分の身は自分で守るしかない。

Book_2
この本を読んで吃驚しました。私は、どちらかと言えば日本の國を愛する保守の一人です。又、エンジニアなので安全さえ確保出来たら問題ないだろうという観点で、原発は、日本に必要なものだと思っていました。この本を読み、その考えは、一変しました。この原発の問題は、保守だろうが、右翼、左翼というようなイデオロギーに関係なく持つべきものではないということがわかりました。・日雇い労働者の被爆に支えられており、核廃棄物の問題、政治的圧力、GTCCを使えば電力問題は解決するなど、まさに原発には愛がない!ということがわかります。ぜひ、一読をお勧めします。

上は囲み記事は、ネットゲリラの本日の記事のコピペです。

つーか、HTML言語を駆使し、いかにもコピペしたように見せかける大変な作業なんですなー、これは。 (笑) でも、こんな作業が鷲は好きなんです。

で、なんでこんな大変な作業をヤッたかというと…、本文の最後の一行、まぁ、自分の身は自分で守るしかない。←この文章を強調したかったワケ。

鷲が『てげてげ』を書き続けているのは、↓コレ

自分の身は自分で守るしかない。

愛する家族や友人、同志の若い衆にこのことが言いたくて書いてる。

ネットゲリラは、きょう、見事な文脈の末尾に、鷲が言いたいことをポロッと一言、見事に付け加えた…。ほんと、脱帽だわ!

まぁ、ネットゲリラの言うこと書くことの99.9%は異議なし!かつ面白い!
ま、ヤツは物書きのプロ、ネットの古ダヌキなので当然なんだが…。

あ、99.9%は異議なし!と言ったが…、一個だけ文句がある。
それは…、
フランスしぐさでかしこく猛暑を乗り切ろう』というエントリの文章、

最近は日本の夏も熱帯並みなので、もう一日中閉めきってエアコン回しっぱなしにするしかないです。

これだけは、↑鷲としては気にいらん! 抗議したい。
どーゆー抗議かとゆーと、

ネットゲリラ! エアコン止めろ!

« 墜落しかけている虚飾アベノミクス 財布を直撃されB層、C層も気づきはじめた | トップページ | 漏れた汚染水の濃度は限度の数百万倍、一般人年間被ばく線量限度の100年分 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/58035969

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の身は自分で守るしかない:

« 墜落しかけている虚飾アベノミクス 財布を直撃されB層、C層も気づきはじめた | トップページ | 漏れた汚染水の濃度は限度の数百万倍、一般人年間被ばく線量限度の100年分 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ