« 政治家に苦言を呈する資格が朝日にあるか? 財務省の犬、消費税を払ってくれよ | トップページ | 大丈夫か?異常な東北の人たち »

2013年7月17日 (水)

全てがプーチンの采配によって進行!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st07172

2013/07/17(水)3  全てがプーチンの采配によって進行!

香港のスノーデン

香港内を米英の諜報部員が必死で捜索。香港からスノーデンは脱出できるのか?

スノーデン元CIA職員は香港の某所で受けたインタビューで、
「私が情報をリークしたと分かれば、彼らは私を殺すだろう…」
と真顔で述べていた。

実際、米国の諜報機関はスノーデンの所在を必死で捜索していた。

この時、米国の諜報機関は、パスポートを無効にしたので香港を出ることは不可能!と読んでいた。

であるからからこそ、スノーデンが香港脱出に成功した後、米国は、中国政府を激しく非難し、抗議したのである。

米国の非難に対し、中国政府は、「香港政府の独自かつ合法的な判断であり、北京政府は関知していない…」と涼しい顔で受け流し、スッとぼけ、取り合わなかった。(外交問題は香港政府の権限外なのに。)

しかし、その地は香港である。香港はイギリスが統治していた場所で、現在も英国の諜報機関(MI6)のアジア総局がある。
もちろん、NSAやCIAの拠点オフィスもあり、MI6とは緊密な連絡を取り合っている。その香港で、米国の諜報機関はスノーデンの身柄を拘束できなかったのである。なぜか?

「当局」に保護されていたスノーデンは、「当局」の車で“香港某所”から捜索の網を掻いくぐり、香港空港の特別なルートを通り、ロシアのナショナル・フラッグ、アエロフロート・ロシア航空の機材の特別室に難なく着席したのである。6月23日だった。

以上が、スノーデンが香港を脱出!モスクワ・シェレメーチエヴォ国際空港(以前は軍事空港)に到着することが出来た経緯である。

なお「当局」とは、中国の諜報機関と香港政府の係官から全面的な協力を受けたロシア連邦保安庁(FSB、前身はKGB)の諜報工作員たちである。

以上の全てが、プーチンの采配の下で進行した…。
でなければ、米国が国家反逆罪で訴追した人物が香港を出ることなどは不可能!で、諜報と謀略では世界一の大統領の政治的采配、さらに前代未聞の謀略があったればこその香港脱出劇だった。と。

スノーデンのモスクワ到着後、プーチンは記者会見を受ける。
この記者会見は奇妙奇天烈、プーチンが別人になった雰囲気なのだが…、長文につき稿をあらためたい。あしからず。

« 政治家に苦言を呈する資格が朝日にあるか? 財務省の犬、消費税を払ってくれよ | トップページ | 大丈夫か?異常な東北の人たち »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/57811207

この記事へのトラックバック一覧です: 全てがプーチンの采配によって進行!:

« 政治家に苦言を呈する資格が朝日にあるか? 財務省の犬、消費税を払ってくれよ | トップページ | 大丈夫か?異常な東北の人たち »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ