« 「交渉がなかなか妥結せず延期、延期となっているのは主役(カモ)がまだバスに乗っていないから:三宅雪子氏」   | トップページ | 持ち運び簡単 »

2013年2月 3日 (日)

安倍訪沖で現実味が増す極東戦争勃発

陽光堂主人の読書日記

http://yokodo999.blog104.fc2.com/blog-entry-881.html

安倍訪沖で現実味が増す極東戦争勃発

板垣英憲氏の「マスコミに出ない政治経済の裏話」は参考になりますが、変な記事もよく掲載されます。本日付の安倍の沖縄訪問に関する記事もその一つです。日米安保万歳の立場ですから、どうにもなりません。

 記事には昨日付朝日新聞の記事が引用されていますが、その一部を孫引きすると、次の通りです。

 「安倍晋三首相は2日、就任後初めて沖縄県を訪問し、那覇市内で仲井真弘多(ひろかず)知事と会談した。仲井真知事は米軍普天間飛行場(宜野湾市)の移設問題について『県民は、なるべく県外へ(移設を)という強い願いがある。願いに沿うような形で解決していただけるとありがたい』と述べ、県外移設を要求。安倍首相は『普天間の固定化はあってはならないことで、米国との合意の中で進めていきたい』と語り、県内移設に理解を求めた。首相は会談冒頭、『沖縄は日本の中でも可能性のある地域だ』と語り、沖縄側の求めに応じて那覇空港第2滑走路の完成時期を前倒しするなど、安倍政権として沖縄振興に力を入れる方針を説明。仲井真知事は安倍政権の姿勢を評価した。…」

 この記事を受けて、板垣氏は次のように述べています。

 

この安倍晋三首相の沖縄訪問により、米軍普天間飛行場の辺野古への移設、沿岸埋め立ては、確定的となった。仲井真弘多知事が「県民は、なるべく県外へ(移設を)という強い願いがある。願いに沿うような形で解決していただけるとありがたい」と県外移設を要望した発言は、事実上、県民向けのリップサービスに止まった。

 鳩山由紀夫元首相が、「海外、最低でも県外へ」と打ち上げて、実現できなかったことから、沖縄県民の大多数が、鳩山由紀夫元首相を「嘘つき」呼ばわりして、批判、非難したときから、「県外移設」を叫ぶ政治家が、政権内部に存在しなくなった。これが、辺野古への移設、沿岸埋め立てを確定的にした。

 米軍は、普天間飛行場への移設後も、飛行場の地下に設置している「化学兵器PCB貯蔵タンク」を維持し続けるとともに、辺野古滑走路建設の裏で「原子力潜水艦」用の基地も設けるので、移設のメリットは、多大である。日本政府は、辺野古地域の住民に、補償金を支払い、この問題の解決を図り、一件落着とする。めでたし、めでたし。

 仲井真知事が基地容認派であることは周知の事実で、選挙対策用に偽装していますが、以前から普天間飛行場の辺野古への移転を自民党政府とともに進めていました。今回の安倍の訪沖でこれが確定したとする見方は正鵠を得ています。

 しかし、米軍が普天間飛行場の地下施設を引き続き利用し、新たに原子力潜水艦の基地を設けるということですから、県外移設どころの話ではなく、従来に増して沖縄の米軍基地は強化されることになります。それなのに「めでたし、めでたし」とは信じられません。

 筆者は米軍の駐留を闇雲に否定するつもりはありません。国益に沿って正常な同盟関係を結ぶのであれば賛成します。しかし日米間には主従関係があって、日米の支配層がお互いの利益のために安保条約を締結し、多数の米軍基地を日本国内に設けています。日米両国民の利益とは無関係であり、支持するわけには行きません。

 米国は世界各国に米軍基地を置いていますが、他国に基地を作らしてもらうのですから、相手国に借地料を支払っています。ところが我国では、「思いやり予算」というふざけた名前で莫大な駐留費を肩代わりしています。これはどう考えても正当化できません。

 植民地同然で、我国の空域も米軍が好き勝手に使っています。そのため航空機の運行に支障をきたして事故がよく起きます。これは不正常な状態であり、到底容認できません。まともな感覚の持ち主なら、誰でもこう思うはずです。

 ましてや米国は戦争中毒の国で、10年に一度大戦争を起こさないとやって行けません。そんな国の基地が強化されれば、我国の安全が脅かされてしまいます。安全を脅かす安全保障条約など、ブラックジョークでしかありません。

 2003年のイラク戦争以来10年が経過し、今や戦争の期が熟しています。折しも北朝鮮が核実験の構えを見せており、危機の演出に余念がありません。もちろん、この裏には米国が存在します。

 板垣氏は、本日の特別情報として、次のような見出しを掲げています。

 北朝鮮が、3回目の核実験の準備を着々と進めているのに対して、韓国軍は米軍と合同で、4日から、韓国の東海岸の沖合で米軍の原子力潜水艦も参加して演習を行う。しかし、フリーメーソン・イルミナティ筋(ニューヨーク・マンハッタン島発)の情報によると、米軍は、北朝鮮に戦闘機を配備しているという。米国は、韓国と北朝鮮の両方に「二股」をかけているということだが、これから朝鮮半島で、一体、何が起ころうとしているのか?

 板垣氏の言う「フリーメーソン・イルミナティ筋」の情報は怪しいのですが、米軍が北朝鮮に戦闘機を配備していたとしても可笑しくありません。米国が韓国と北朝鮮の両方に二股をかけている可能性も高いでしょう。何と言っても、北朝鮮は米国の「お敵様」の一つなのですから。

 北朝鮮は「ブースト型分裂爆弾(強化原爆)」の実験を行うと朝日新聞は報じましたが、飯山一郎氏はこれを「タングステン水爆」と見ています。北朝鮮が独自開発できるとは思えないので、米国などが協力したと思われます。

 いずれにしろ、米国は怪しい動きをしているわけです。それなのに沖縄米軍基地強化を「めでたい」などと言うのは、極東戦争を煽る利敵行為に外なりません。米国は信用できませんから、基地問題の進展は我国を一層の危機に陥れることになります。

 

 

 

« 「交渉がなかなか妥結せず延期、延期となっているのは主役(カモ)がまだバスに乗っていないから:三宅雪子氏」   | トップページ | 持ち運び簡単 »

陽光堂主人」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/56687543

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍訪沖で現実味が増す極東戦争勃発:

« 「交渉がなかなか妥結せず延期、延期となっているのは主役(カモ)がまだバスに乗っていないから:三宅雪子氏」   | トップページ | 持ち運び簡単 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ