« ♪むさしの人は言いました、(続き)、民主主義の崩壊・・・・ | トップページ | 若宮啓文・朝日新聞主筆の内容の乏しい卒業論文「40年のまとめ」 »

2013年1月12日 (土)

日経新聞・政治部長のオーラ

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st01112

2013/01/11(金)2  日経新聞・政治部長のオーラ

昔、日経新聞は鷲の経済学の教科書だった。
鷲の経済学のセンセがそー言うので、なおさら熟読の日々
だった。若い頃は。

いつだったか、日経新聞にインサイダー取引の疑いがある
と騒がれたとき、日経新聞はトカゲのシッポ切りで逃れた。
「ずるい!」と思った。
さらに、ヤツらは株価の操作(ステマ)が出来る立場にあるの
に、厳然とした姿勢がない! と、鷲は興ざめた…

大昔、新井明という人物が日経新聞の社長だった時の話。
イトマン事件初公判の冒頭陳述で検察側が、
「被告が日経の協力者に1,000万円を支払った」
と指摘した問題で、新井明社長は直ちに調査委員会を設置
して、「社内協力者」が実在しないことを証明し、検察側には
一歩も引かない姿勢を示し、事実上、過ちを認めさせ、言論
報道機関としての日経の信用回復に全力を挙げた。(wiki)

新井明氏と鷲は同郷で、宇都宮市内の会合の際、名刺交換
をさせていただいた。そのとき、日経新聞の「対米従属的」な
姿勢に、鷲は「アメリカ様あっての日本経済だから仕方がない
のだろう」と、憮然とした気持ちになった…。

その頃、鷲の高校時代の大の親友が大変な出世をした。
新井明氏のヒキで、日経新聞の政治部長になったのだ!
その出世祝いが地元で開かれたとき、鷲は幹事だったが、
日経新聞の政治部長様には、オーラが輝いていた…。

そらそーだ。日経新聞の政治部長ともなれば総理大臣にも
ほとんどアポ無しで会える!(と、親友は豪語していた。)
ま、実際、それほど凄い立場なのだ。「第四の権力」と言わ
れるマスコミのトップの人間は…。

その年の冬…。
鷲は沖縄に行こうと思ったのだが、羽田で気が変わり札幌
に飛んだ。豪雪の札幌、中島公園を歩くうち地吹雪に遭い、
鷲は遭難しそうになった。それほど北海道の地吹雪は凄いのだ。
這々の体(ほうほうのてい)で、這うようにして中島公園の近くの
超高級ホテルに鷲は転がりこんだ。

豪華絢爛なロビーは、春だった。助かった!と思った瞬間、
「おー!飯山!奇遇だな。どーしたんだ?びしょ濡れで…」
鷲の目の前には、日経新聞の政治部長様がおられた…。
大勢の付き添いやファンを従え、これから懇談会だという。

「飯山! 何かあったら電話をくれ!」
と日経新聞の政治部長は鷲に名刺を渡すと、大勢の人間
たちを従え、強烈なオーラを放ちつつ階上に消えていった。
その晴れ姿を呆然と見送る濡れ鼠の鷲、鼠ミジメな昔話。

あれから20余年。
早稲田→日経の政治部長→衆議院議員→総理大臣
これが、飯山、総理大臣への最短コースなんだ!」
と豪語していた鷲の大親友は、新井明氏の「失脚」とともに
あの燦々(さんさん)と輝くオーラを失ったよーだ。

オーラは死んじまっただぁー
そんなことはない! 友よ
♪この闇の向こうには、友よ、 輝くあしたがある♪ 鴨夜。

« ♪むさしの人は言いました、(続き)、民主主義の崩壊・・・・ | トップページ | 若宮啓文・朝日新聞主筆の内容の乏しい卒業論文「40年のまとめ」 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/56521709

この記事へのトラックバック一覧です: 日経新聞・政治部長のオーラ:

« ♪むさしの人は言いました、(続き)、民主主義の崩壊・・・・ | トップページ | 若宮啓文・朝日新聞主筆の内容の乏しい卒業論文「40年のまとめ」 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ