« 「あたかも13人しか来なかったかのごとく報じやがって:橋本久美(生活の党)」 | トップページ | 日本の古代空間に遊び、天皇 をおもう。 »

2013年1月 3日 (木)

日本は必ず復活する!

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#st01021

2013/01/02(水) 日本は必ず復活する!

 

西の正倉院
宮崎・南郷村にある「西の正倉院」。奈良の正倉院と寸部違わぬ校倉造り。

日本は世界で最も美しく素晴らしい国だ、と思っていた。
日本人は、世界一心が優しく親切な民族だ、と考えていた。
だから…、
鷲は、日本国と日本人のためなら、いさぎよく死ねる! と
思いつづけながら生きてきた。

日本で生まれ育ち、日本の歴史と文化を必死で学んできた。
母や父や御先祖が話した日本語を、最高に愛してきた。
いや!今でも愛している。鷲は日本を死ぬほど愛している。

その日本が、今、危機存亡の瀬戸際に追い込まれている。
激甚なる放射能災害、未曾有の不景気、感染症の大蔓延、
さらに、戦争を辞さない極右の抬頭、原発路線の推進。
この悲惨な現状を明確に認識する国民は著しく少ないが…、
このままいくと、日本は20年後には滅亡しているだろう。

正月元旦。
鷲は、日向市の西30kmの山奥にある南郷村に行った。
そこには「西の正倉院」という驚くべき建造物があり、その
なかには、古代百済国の遺物の数々が収納されていた。
百済国滅亡後、かの国の王族・貴族たちは、まごうかたなく
南郷村の「百済の里」に移り住んだ、と鷲は確信した。
その後、百済人たちは、霧島、志布志へと九州を南下した。
以上が、『飯山一郎の古代史』の骨子である。

百済国は滅亡はしたが、遺族たちは、九州に避難し疎開し
て国を再興した。
この再興した百済国の後継国家が、じつは、日本国なのだ。

いったんは滅びても、別天地に移り、国を復興した百済国。
その百済国の後継国家である日本も滅びるが…、必ず絶対
に復興する。復興できる!生き残る人間が多ければ…。
こう思いつつ、鷲は「百済の里」を後にした。

日本の復興と再建。これは新しい日本をつくることだ。
そのために命を懸けていこう!と決心し、覚悟を固めつつ…。

« 「あたかも13人しか来なかったかのごとく報じやがって:橋本久美(生活の党)」 | トップページ | 日本の古代空間に遊び、天皇 をおもう。 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/56459424

この記事へのトラックバック一覧です: 日本は必ず復活する!:

« 「あたかも13人しか来なかったかのごとく報じやがって:橋本久美(生活の党)」 | トップページ | 日本の古代空間に遊び、天皇 をおもう。 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ