« 日銀総裁にあの札付き竹中平蔵氏が浮上? | トップページ | 「脱成長」「縮小社会へ」という新しい方向を模索する年 »

2013年1月21日 (月)

株は現在の結果ではなく、未来の反映だ。

飯山一郎
2013/01/21(月) 株は現在の結果ではなく、未来の反映だ。

鷲が「シャープの応援」をはじめたのは、昨年の10月21日。
朗報! 拡散! シャープに大型商談!』という文章が最初
のエールだった。

あの頃、シャープは倒産の可能性もある!と言われていた。
さらに日経新聞やダイヤモンド社が悪意のある悪材料の記事
を流し続けていた。これを鷲は「ハゲタカ外資の手羽先だ!」
と喝破し、日経新聞を激しく口撃した。

日経新聞は鷲の口撃をけっこう気にしたらしく、日経新聞が鷲
のHPを覗きにくる回数が、けっこう増えた。(爆)
(ソレまで日経新聞は、鷲のHPには、ゴクまれにしか来なかった。)

しかし「捨てる神あれば拾う神あり」で、クアルコムやレノボが
俄然、シャープの超ハイテク技術に注目し、商談がすすんだ。
さらに強烈な円安の風が吹き、シャープ復活!の可能性が大
になった。

ツブれかかった企業が復活となると株価は驚異的に高騰する。
この第一段が12月の初旬、わずか9日間で株価が2倍以上も
暴騰する!という復活劇だった。

シャープは、「技術」と「円安」と「日本人の期待」で 見事に復活
への第一歩を踏み出したのでR。

シャープの復活劇は今後、世界の産業技術史に名を残すよう
な、手に汗をにぎる名場面を提供してくれるだろう。

さらにまた、シャープ株の今後の展開は、日本の株式相場史
の語り草になる 興奮に満ちた激しい攻防戦になるだろう。

資本主義社会の根幹をなす株式市場において、シャープという
超ハイテク企業の株式所有権の移転も、古い考え方の大株主
から、新しい経営哲学をもった大株主へと大きく変化する。

この巨大な投資家の交代劇は、昨年の後半だけで100億株を
ゆうに超すという大出来高にあらわれている。

シャープ株は仕手戦であるの、大口投資家は参戦していないの
といった素人談義をアザ笑うようなシャープ株の膨大な出来高
は、近年マレに見る 大口・小口・微細デイトレーダー総参加型
のメインイベントであり、巨大賭博場の様相も呈するはずだ。

それは先ず、1億株近くも積み上がってしまったカラ売りの買い
戻し=踏み上げの際の断末魔の修羅場から始まる。

その後、シャープ株は単なる踏み上げ相場に終わらず、産業
技術の進展のないイノベーション無策企業の淘汰にも及ぶ。

もっと言えば、コア・コンピータンス(絶対優勢なコア技術)のない企業
は滅びていくということだ。
その無策企業の名前は…、きょうは言わない(@wぷ

« 日銀総裁にあの札付き竹中平蔵氏が浮上? | トップページ | 「脱成長」「縮小社会へ」という新しい方向を模索する年 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/56590545

この記事へのトラックバック一覧です: 株は現在の結果ではなく、未来の反映だ。:

« 日銀総裁にあの札付き竹中平蔵氏が浮上? | トップページ | 「脱成長」「縮小社会へ」という新しい方向を模索する年 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ