« 来年の予測 (5) | トップページ | 日本未来の党結成は小沢潰しの謀略だった »

2012年12月30日 (日)

来年の予測 (6)

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr12301

2012/12/30(日)  来年の予測 (6)
昨日の読売新聞は、重要な記事をさりげなく載せた。 なぜ?これが重要な記事なのか?
それは、来年の日本金融界の最大の悪夢といわれている
あの竹中平蔵が日銀総裁に就任!という謀略の一環だ
と、永田町・霞が関一帯では囁かれているからである。

日銀は最近、安倍晋三の脅しに屈しインフレ路線を飲んだ。
日銀の独立性を剥奪し支配下に置く!という安倍の執念
が実ったのである。
次に安倍が打ってくる手は、日銀総裁人事である。

安倍に反抗した人間は絶対に許さない!冷酷にツブす!
そのかわり尻尾を振る初い奴(ういやつ)には徹底的に弱い。
これが安倍の人事の特徴である。

さて、日銀総裁候補=浜田宏一、岩田一政、武藤敏郎、
丹呉泰健、杉本和行、勝栄二郎、伊藤隆敏、竹中平蔵。
このなかで最有力候補は、竹中平蔵だろう!と予測する
向きが多いという。

尻尾振りでは、石原慎に可愛がられた猪瀬直樹などより、
小泉純一郎に取り入った竹中平蔵のほうが数段上! と
いうよりも、宗主国・アメリカの意向なんだそうだ。

そのアメリカの意向を伝えたM・ボーイが、前原誠司だと
いう流れを鷲に教えてくれた男は、↓こうも言った。
「ウチから日銀総裁がでます!とハシゲも言っていた…」

ケケ中、前原、ハシゲ、猪瀬…、どれもアメポチ系である。
これに小泉進次郎次期総理!という路線が敷かれるのが
来年だとも言うのだ。

これをマスコミが囃して国民が熱狂する「若さ一杯の政治」
コレを、どー思います?>皆の衆

« 来年の予測 (5) | トップページ | 日本未来の党結成は小沢潰しの謀略だった »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/56424753

この記事へのトラックバック一覧です: 来年の予測 (6):

« 来年の予測 (5) | トップページ | 日本未来の党結成は小沢潰しの謀略だった »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ