« ”安倍政権の閣僚ら、政治資金から不適切支出続々”もう? | トップページ | 「嘉田由紀子の独裁的手法を見ていると、菅・野田の幼稚な政治手法を真似たとしか思えない:兵頭正俊氏」 »

2012年12月29日 (土)

きてほしくない春もある…

飯山一郎

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr12291

2012/12/29(土)  きてほしくない春もある…
「私事で恐縮ですが…」という感覚が昔の人にはあった。
これは、私的・個人的なことを公衆の面前では話すことは、
恥ずかしいことだし、礼儀に反する!とする感覚である。

311以前は、鷲も、「私事で恐縮ですが…」 という感覚で
私事(わたくしごと)以外の事柄、たとえば歴史や政治や株の
ことを割りかし淡々と書いてきた。

しかし311以降、鷲は「飯山一郎という個性」を晒し始めた。
パーソナリティ(個性を前面に出したタレント)を演じはじめた。
そーして折をみては、恥も外聞もなく、ヌードまで晒した.ww
さらに、晒された…。
嗚呼、飯山一郎は、バカ丸出しである。(泣)

ところで、昔、久米宏というパーソナリティがいた。
その前の彼はTBSのアナウンサーで、個性を出さずに淡々
とニュースを報じていた。

それが、『ぴったし カンカン』あたりから、久米宏は、強烈に
彼の個性を前面に出しはじめた。
で、その「個性ムキ出し戦術」は『ニュースステーション』で
花ひらいたのでR。

ニュースは、アナウンサーが淡々と報じるよりは、強烈なる
個性をもったニュースキャスターやパーソナリティが迫力を
つけて 報道したほーが、視聴者は惹き(ひき)つけられる。
(この現象をあえてハッキリいえば)洗脳されやすい。
(報道するほうの側からいえば…)視聴者を、洗脳しやすい!

テレビが、その強力で効果的な洗脳力をムキ出しにしてきた
のは、あの頃からだった…。
そして今、テレビは、原発の危機とその深刻な被害を完全に
忘れさせ…、選挙の結果までをも左右することにも大成功!

日本は、いま、1984年(ジョージ・オーウェルの小説)まで一直線に
逆行である。そして、その先、日本には…、
沈黙の春(レイチェル・カーソンの著書)が、間違いなく、くる。

« ”安倍政権の閣僚ら、政治資金から不適切支出続々”もう? | トップページ | 「嘉田由紀子の独裁的手法を見ていると、菅・野田の幼稚な政治手法を真似たとしか思えない:兵頭正俊氏」 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/56419548

この記事へのトラックバック一覧です: きてほしくない春もある…:

« ”安倍政権の閣僚ら、政治資金から不適切支出続々”もう? | トップページ | 「嘉田由紀子の独裁的手法を見ていると、菅・野田の幼稚な政治手法を真似たとしか思えない:兵頭正俊氏」 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ