« 民自公は連立の密約を交わしていた | トップページ | 不気味で不穏な師走の選挙 »

2012年11月19日 (月)

何があっても、免疫力!

飯山一郎HP

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr11192

2012/11/19(月)② 何があっても、免疫力!

この『てげてげ』に、鷲は膨大な文章を書きつづってきた。
ほとんどの文章は、鷲の事実認識と、予想と予測である。
鷲が認識する事実と、その事実の先はどんな近未来になるのか?
その現実のなかで、鷲たちは一体どー生きていったらEーのか?
といったことを鷲は書いてきた。

あーすべきだ! こーすべきだ! という当為論や政策論、提言の類は
鷲は一切書かないで。 (実際、ベキ論の類(たぐい)には、ゴミが多い。)
政府高官のベキ論・政策論、これは実現可能なので例外だが…。

さて、本日の本論にはいろう。
いまの世界の現状を、いったい鷲たちは、どー認識したらEーのか?
この認識の仕方によっては、鷲たちの人生が大きく変わってくるので、
「世界の現状を認識すること」は、非常に大切なことだ。

いま、世界の現状は、二つの大きな観点から見なければならない。
先ず一つ目。
世界は、今、アメリカと中国の壮絶な覇権争いの最中だということだ。

とくに日本は、米中の覇権争いに巻き込まれ、経済は疲弊の一途だ。
米国は、日中関係を悪化させよう!と必死だったが、石原慎をつかって
平穏だった日中の仲を見事に?最悪状態にした。
そして次は、日中を戦わせ、両国を疲弊させようという謀略に懸命だ。

北朝鮮を中国から引き離す作戦は、日本と北朝鮮を仲良くさせる工作
として現在進行中だ。 先ほど入った情報だが…、
北朝鮮に残留している日本人が、いま、北朝鮮政府や労働党の高官
になっていて、今後は、この日本人高官が日中交渉に出てくるという。
今回のモンゴルでの日朝協議も、米国の後押しで、北朝鮮とモンゴル
に残っている「残置諜者」が連絡しあっているという…。

米中の激しい覇権争いの結果として、日朝関係を打開させる噴霧器が
日々アップしてきている。

鷲たちも、経済が疲弊し、戦争に巻き込まれる危険を覚悟しながら…、
身体だけは病気をしないよう、免疫力を高めておかねばならない!
分かった?>皆の衆

« 民自公は連立の密約を交わしていた | トップページ | 不気味で不穏な師走の選挙 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/56146734

この記事へのトラックバック一覧です: 何があっても、免疫力!:

« 民自公は連立の密約を交わしていた | トップページ | 不気味で不穏な師走の選挙 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ