« 【朗報拡散希望】 | トップページ | 珍獣の生活 »

2012年10月 6日 (土)

軍事的な戦争を仕掛け、金融戦争で負ける国家

飯山一郎HP

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr10061

2012/10/06(土) 軍事的な戦争を仕掛け、金融戦争で負ける国家

昨夜のNY株式市場は、9月14日の高値(13653ドル)を抜き、新高値を
達成した。これで2007年10月の史上最高値までは500ドル余り。
かねてから鷲が予測していたよーに、NY株式市場は、仮装バブルの
様相を呈するはずだ。

日本をはじめ、世界中を食い物にして経済を立て直す!というアメリカ
の帝国主義的戦略は、リーマン・ショックを克服した…鴨。

今後、米国帝国主義は、政治、経済、軍事面でも中国に対して壮絶な
謀略と分断工作を仕掛けていくだろう。

広大な中国大陸を分断して、数個の自治区に分け、それぞれを日本の
ような美味しい属領にする! これがアメリカ帝国主義の狙いだ。

アメリカが、石原慎太郎や野田佳彦などの手羽先を使って、尖閣騒動を
画策したのも、中国大陸分断工作の一環だ。

しかし、分断工作は絶対に許さず、一つの中国を保持する! これが
中国の国是だ。
ジョージ・ソロスの謀略により天安門事件を引き起こされた、あの失敗を
中国は二度と繰り返さないだろう。

アメリカ帝国主義勢力が、尖閣騒動のような、余りにも露骨な分断工作
を展開するならば、中国は、NY株式市場の仮装バブルの頂点(天井)
で、富者の核兵器=金融の核爆弾を炸裂させるだろう。
すなわち、数百兆円に及ぶ米国国債とドルの一斉売却! である。

世界経済は、結局は、いま一度、経済大恐慌というハルマゲドンによる
悪魔(帝国主義)の選別と死滅を経ないことには、千年王国は来ない!
と、中国は認識し、覚悟しているからである。

金融市場における今後の焦点は、リスクヘッジ・テクノロジーである。
米国の仮装バブルの崩壊を、ヘッジ(米国債、ドル、株式の売り)の戦術を
駆使して、金融ワンワールドは生き残れるか?

鷲は、そーは行かずの踏切だと思う。
中国のリスクヘッジ・テクノロジーが長足の進歩をとげていることと…、
中国の売りが現物であること…、
そして、現物の売りで、金融市場全体が崩壊してしまうからでR。

ともあれ世界は、軍事的な戦争ではなく、金融戦争の勝者が世界覇権
を握ることになる。

« 【朗報拡散希望】 | トップページ | 珍獣の生活 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/55825480

この記事へのトラックバック一覧です: 軍事的な戦争を仕掛け、金融戦争で負ける国家:

« 【朗報拡散希望】 | トップページ | 珍獣の生活 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ