« 軍事的な戦争を仕掛け、金融戦争で負ける国家 | トップページ | 『ドイツ脱原発視察』について »

2012年10月 6日 (土)

珍獣の生活

飯山一郎HP

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr10062

2012/10/06(土) 珍獣の生活

「私事(わたくしごと)で恐縮ではありますが…」 という奥ゆかしい表現が
ある。
昔の日本人は、公の場で私事を得意がって話すことを非礼としていた。
「私事で恐縮ですが…」という表現は、だから、自分のことを話すという
失礼を詫び、許しを乞う物言いなのだ。

滅多なことでは私事を語らず、自己主張をしない。自己顕示欲は極力
おさえ、控えめに、遠慮がちに、我慢しながら日本人は生きてきた…。

つねに目の前の他人のことを慮り(おもんぱかり)、人様の気持ちを察し
ながら(=やさしく推察しながら)、激しい言葉は決して使うことなく、恩は
石に刻み、怨みや憎悪は水に流して、清く貧しく静かに生きてきた…。
こういう人こそが、純日本人と鷲が名づけた奥ゆかしい日本人である。

純日本人の奥ゆかしさや我慢強さを逆手(さかて)にとって、日本政府は
宗主国・アメリカや原発資本の命ずるままに、純日本人を食い物
にし、搾取の限りを尽くしてきた…。
それでも純日本人たちは、どこまでも静かで、控えめで、我慢の限界
を知らない羊の群れのよーなのでR。(涙)

質素で奥ゆかしい純日本人になろう!と、以前は鷲も努力をしてきた。
このHPも、はじめの頃は「私事(わたくしごと)」は書かなかった。
生活も質素にして、清く貧しく生きてきた。
きのこ氏が志布志に来て、鷲の生活ぶりを見たが、質素にして剛健!
と思ったはずだ。
しかり! 鷲の生活信条は、質実剛健なのだ。

ところが、その質実で剛気な性格が大衆受けし、最近では3流タレント
なみの人気が出てきてしまった。
それは、顔が見たい!声を聞いてみたい!どんな暮らしなのかを知り
たい! という珍獣なみの人気なのだが、この要望にこたえるために、
最近の鷲は、積極的に「私事」を語る!という、純日本人には程遠い
3流タレントになっているのであります。はい。

« 軍事的な戦争を仕掛け、金融戦争で負ける国家 | トップページ | 『ドイツ脱原発視察』について »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/55825595

この記事へのトラックバック一覧です: 珍獣の生活:

« 軍事的な戦争を仕掛け、金融戦争で負ける国家 | トップページ | 『ドイツ脱原発視察』について »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ