« <福島の学校給食の実態>産地偽装青果販売業「三木屋」のニュース検証 | トップページ | 負ける喧嘩を売る馬鹿。買う利口。 »

2012年10月11日 (木)

覚悟ができてない国

飯山一郎HP

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr10102

2012/10/10(水) 覚悟ができてない国

放射能対策、経済、貿易と国際交流、政治…。様々な面で日本という
国は、国家滅亡の終末へと向かっている。
とくに政治は、国民を皆殺しにする気か?!と叫びたくなるほどヒドイ。

尖閣問題も、日本は負ける喧嘩をシラフで売るという愚かな自滅行為、
自傷行為を平気でやっている。

尖閣問題は、黙っていれば日本の実効支配が「次世代」まで続いたの
に、日本は自分から「棚上げ」の約束を破って、さらに「国有化」という
挑戦状を中国に叩きつけてしまった…。

日本の外交政策がどんなに愚かな行為だったか?! このことが理解
できないシトは(ハッキリ言って)石原慎と同じ、ただの喧嘩犬だ。
『一犬虚に吠え 万犬実を伝う…』 勝手にキャンキャン吠えてたらEー。(爆)

今回の尖閣騒動は、先ず石原慎が「尖閣買収」発言で火をつけた。
石原慎は(米国からご褒美が貰えるので)「確信的な放火犯」だったのだが…、
放火魔が火を放った火事に、野田佳彦がこれまた確信的にガソリンを
ブッかけた!

野田の確信犯ぶりは(米国戦争屋の後ろ盾があるので)自信たっぷりだった。

尖閣諸島の購入に関して、野田は「議論」を許さなかった。
国会でも閣議でも、形式的な議論さえなかった。
民主党が得意な「有識者会議」に諮問した形跡も全くなかった。
「国が購入することが望ましい」という発言だけで、野田佳彦は「一任」
の要請すらせず、国有化を強行してしまった。

しかも!である。
国有化の前日(9月9日)、野田佳彦は、胡錦涛国家主席から、国有化
を行わないように要請されていた。
ところが! である。
野田佳彦は、翌9月10日に関係閣僚会合で国有化方針を発表し、翌日
9月11日には国有化を閣議で正式決定し、強引に発表してしまう。

これでは中国が激怒するのは当然だろう。

ワンワン!キャンキャン!と吠えかかってくるイヌは、立ち上がれなくなる
ほど叩いておくべきだ…。このように中国は(間違いなく)考えている。
実際、中国は、日本をコテンコテンにブチのめす気でいる。

9月末。トヨタの張富士夫会長は、社用機で北京へ向かおうとしたが…、
中国から着陸許可が出ず、訪中を中止した。
中国は、トヨタの会長でさえ入国を許さない…。
中国は本気だ。本気で覚悟を固めている。
覚悟はできているのか?! 日本!

覚悟ができていない日本は、「中国側の領有権主張は認識しています
などとシッポを振って中国に媚びはじめた…。見苦しいぞ! ヌッポン。

「中国となんか付き合うな!」
(石原慎みたいに)勇ましいことを言うのは簡単だけど…。

« <福島の学校給食の実態>産地偽装青果販売業「三木屋」のニュース検証 | トップページ | 負ける喧嘩を売る馬鹿。買う利口。 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/55865785

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟ができてない国:

« <福島の学校給食の実態>産地偽装青果販売業「三木屋」のニュース検証 | トップページ | 負ける喧嘩を売る馬鹿。買う利口。 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ