« なんか怖い>田中俊一さんが任命する原子力規制長官は前警視総監 | トップページ | 一卵性親子 »

2012年9月13日 (木)

Where is she? (シーはどこだ?)

飯山一郎HP

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr09133

2012/09/13(木) Where is she? (シーはどこだ?)

習近平の10日以上もの”失踪”は只事ではない。異常事態である。
コメントを求められることが多く、口頭で話してきたが、ココにも書く。

なお鷲の場合、全てに渡って常識やぶりの”異説”が多く、ソレが時に
大当たり!するので、ブログが炎上したりする…。
しかし、今年は冷夏だ!という予測がはずれたりもする…。
(ただし南九州は、冷夏と長雨でイモやコメの出来が悪かった…。)

さて、習近平の”失踪”は、中国国内でも大きな話題になっている。
政府も神経質になっていて、ネットの「不穏な書き込みは即削除」と
いう状況だ。只事ではない。

で、中国のネットのメジャーな認識は…、

「She受傷了,Who干的?(シーが負傷した。フーがやったのか?)

といったところだ。
「習」は中国語で「シー」と読み、胡錦濤の「胡」は、「フー」と読むが…、
この「フー」が「シー」をヤッた!という見解は見当はずれではない!

話は、今年の2月、習近平の500人超の大訪米団が残した“疑惑”に
さかのぼる。

習近平の訪米に、米国はバイデン副大統領を常時同行させるなど
破格の歓迎をし、習近平副主席も昔のホームステイ先を訪問するなど、
米国との親密な関係を示し、米国国産品を2兆円強も買い付けたりと
異例な大盤振る舞いであった。これには「中国は朝貢した者には多大
な土産を賜る」という原則に違反しているという批判も出た。

さらなる大問題は、習近平国家副主席に同行した中国の企業関係者、
約500人の米国での「成金ぶり」=拝金主義的な行動であった。
これがネット網から中国国内に流れ、習近平=太子党=拝金・金権
との“疑惑”がふくらんだ。

もっと問題なのは、大弾圧された中国の大本教=「法輪功」との関係だ。
五百人のうちの何人かが、米国で「法輪功」に対して同情的発言をした
というのだ。
習近平の訪米の1週間前から始まった、王立軍や薄煕来など「法輪功」
を大弾圧してきた高官の追放劇の陰に「習近平あり!」という“疑惑”も
この半年間にふくらむ一方だった。…致命的である。
これを致命傷にするべく胡錦濤の陰にいる“精華幇”(精華大学OB)も
張り切っているらしい。

失脚か? 復活してくるのか? 復活できるのか? その条件は?

いま、習近平は、その条件闘争の最中ではないか? 誰(Who)と?

すべてのカギは、胡錦濤(Who)が握っている!

« なんか怖い>田中俊一さんが任命する原子力規制長官は前警視総監 | トップページ | 一卵性親子 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/55648217

この記事へのトラックバック一覧です: Where is she? (シーはどこだ?):

« なんか怖い>田中俊一さんが任命する原子力規制長官は前警視総監 | トップページ | 一卵性親子 »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ