« 「被ばくの症状と予防対策」エフゲーニャ・ステパノワ博士OurPlanetTV(内容書き出し) | トップページ | 松原大臣:横田めぐみさんは生きている! »

2012年9月15日 (土)

尖閣の海は戦争前夜!

飯山一郎HP

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr09144

2012/09/14(金) 尖閣の海は戦争前夜!

石原慎太郎の「尖閣買収」発言を、中国は「挑発!」と解釈した。
しかも、石原の「挑発行為」は米国戦争屋と共謀した計画的な所業だ。

石原の「挑発」に対して、温家宝は「一歩も引かない決意」を示した。

当然、中国の軍部も黙ってはいない。
実際、中国軍が動き出した。
最も先鋭的な中国南部・華南の「葉一族の軍隊」である。
その傘下にある海洋監視船6隻が艦隊を組んで日本の領海内に侵入、
これに警告を発した海上保安庁の巡視船に対して、中国の監視船は、
「(尖閣諸島は)古来より中国の領土である。ただちにこの海域から
離れてください!」

と日本語で応答してきたという。

かつてないほど、中国の監視船の姿勢は強硬である。
「一歩も引かない決意」が、ありありと感じられる。
これは、バックに中国海軍が控えているからである。
実際に中国海軍が後方に控えて指揮をとっている。(福州からの情報)
中央政府も「一歩も引くな!」という“お墨付き”を与えている。

尖閣付近の情勢は、戦争前夜という緊張状態…。
石原慎太郎やヘリテージ戦争財団、そして中国華南軍部の思う壺だ。

戦争屋はそれでEーだろう。選挙資金も入るし…。そのほーがEー!

しかし、すでに経済活動が支障をきたしている。
日中貿易が循環不全を起こし、経済的な麻痺が深刻になっている。

日中間のチャーター便がストップし、ビザの発行も遅れに遅れている。
上海や天津で日本人に対する嫌がらせや暴行事件まで起きている。

広州や福州では、アメリカ人が商売がやりやすい!と大喜びだそーだ。
トヨタやホンダの車がさっぱり売れなくなり、GMは売上倍増だってさ。

もっと喜んでいるのは、ヘリテージみたいな戦争屋だってよー。

畜生!
石原のクソ爺、国を売ってまでバカ息子を総理大臣にしたいのか?!

« 「被ばくの症状と予防対策」エフゲーニャ・ステパノワ博士OurPlanetTV(内容書き出し) | トップページ | 松原大臣:横田めぐみさんは生きている! »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/55661022

この記事へのトラックバック一覧です: 尖閣の海は戦争前夜!:

« 「被ばくの症状と予防対策」エフゲーニャ・ステパノワ博士OurPlanetTV(内容書き出し) | トップページ | 松原大臣:横田めぐみさんは生きている! »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ