« | トップページ | 日本の領土が、どんどん減ってゆく… »

2012年5月14日 (月)

鹿児島の未来は軍事基地

2012/05/14(月) 鹿児島の未来は軍事基地
馬毛島

いよいよ! 鹿児島の軍事基地化が本格化 してきた。
ということは、日本が対中国軍事作戦の軍事基地(不沈空母)になると
いうことの第一歩になるので、注目しなければならない。

さて、「鹿児島県庁筋」と「種子島筋」からタレ込み情報があったのだが、
明日(15日)、数十人もの馬毛島視察団が、大型ヘリとチャーター船で
馬毛島に上陸するという。
この「視察」の目的は、馬毛島が訓練地として適していることを米軍に
認識してもらうことだ。米軍がOKを出せば、馬毛島は本格的に米軍の
空母艦載機の陸上離着陸訓練(FCLP)として基地化が進む。
そうして軍事基地化のための巨大な軍事予算が計上され、軍事利権が
構造化してゆく。

「視察」は、新聞発表が5月12日で米軍による現地視察が明日15日。
これは大変急展開だ。なにか理由があるのか?
ある! が、いまは、ヒト(人脈)、カネ(予算)、モノ(軍事兵器)、すべて
の面で「阿吽(あうん)の呼吸」が整ったとだけ言っておこう。

“スジ”情報では、「馬毛島視察団」には、ヒト(人脈)が勢揃いする。
米軍、「政府関係者」、防衛省、鹿児島県、のほか、馬毛島の所有者で
立石勲氏も参加する。
さらに、18日に発射される韓国の人工衛星・アリラン3号の「関係者」が
続々と鹿児島・種子島に集結している。

こうして、日・米・韓・三国の軍事利権人脈が鹿児島に勢揃いし、謀議を
こらし、「対中国防衛」の美名のもと、鹿児島県全域を前線基地化すると
いう、さらに壮大な絵図が描かれていくのでR。

飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr05141

« | トップページ | 日本の領土が、どんどん減ってゆく… »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54712918

この記事へのトラックバック一覧です: 鹿児島の未来は軍事基地:

« | トップページ | 日本の領土が、どんどん減ってゆく… »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ