« 地震! | トップページ | 豆乳ヨーグルトの三段論法 »

2012年4月 2日 (月)

覚悟を決めた老人のオーラ!

2012/04/02(月) 覚悟を決めた老人のオーラ!

笠木の知恵

「わしが亡くなれば、そのぶん若い者の食い分が増える。
だから、わしを早く姥捨山(うばすてやま)へ連れてゆけ!」
こういう老人を深沢七郎は『楢山節考』で描いた。
若い衆の食べ物を増やすために老人が自らの死を願う…
こういう老人が、昔の日本には本当にいたのである。
覚悟を決めた老人が尊敬されるのは当然なのだ。

いま、もし老人が尊敬されることがあるとすれば、それは若い衆のために、知恵やカネや命を投げだすときだ。
昨年の春、副島隆彦は、F-1を鎮圧するための決死隊に参画したい! と言っていた。あのとき鷲は副島を尊敬した。鷲も副島と一緒にフクシマで死のう!と思っていた。
しかし、副島は変節し、放射能は安全だ! と言いだした。
いまや日本全体が、副島と同じような傾向だ。

しかし、日本には、笠木透のような老人もいる。若い衆のために、毎日声の限りにフォークを歌い、唄で警告を発し、危機を脱する知恵を唄で示している。たとえばこんな唄だ。
          『生命てんでんこ』  詩:笠木透
(1)
津波がきたら
父ちゃん 母ちゃん
子供たち
じいちゃん ばあちゃん
みんなにかまわず
逃げねばならぬ
自分の生命は 自分で守れ
いのちてんでんこ
てんでんこ
(2)
津波が去ったら
父ちゃん 母ちゃん
子供たち
じいちゃん ばあちゃん
みんなの分まで
生きねばならぬ
ひとりの生命も 見捨てるな
いのちてんでんこ
てんでんこ

津波が来たら、ほかを気にせずに逃げろ!
なんという凄まじい知恵であろうか!!
これが老人の知恵というものである。

「津波が去ったら、みんなの分まで生きろ!」
「津波が去ったら、一人の生命も 見捨てるな!」
こういう老人の知恵を75歳の現役フォーク歌手 笠木透
は、声の限りに歌いつづけている。見あげた老人である。
飯山一郎HPより
こういう老人が尊敬されるのね・・・

« 地震! | トップページ | 豆乳ヨーグルトの三段論法 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54370731

この記事へのトラックバック一覧です: 覚悟を決めた老人のオーラ!:

« 地震! | トップページ | 豆乳ヨーグルトの三段論法 »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ