« 『国を守る』覚悟?! | トップページ | 医者いらずの時代 (2) »

2012年4月10日 (火)

医者いらずの時代 (上)

2012/04/09(月) 医者いらずの時代 (上)

放射能時代を生きのびていくためには医学知識が必要だ。
医者は放射能障害(免疫不全と癌)をなおす臨床技術がない。
彼らにできることは患者の症状をおさえる対症療法だけ。
だから放射能時代とは、医者が役にたたない時代だ! とおもってEー。
つまり放射能時代とは、「医者いらずの時代」なのだ。
以上は、医者の悪口ではない。厳然たる事実なのでR。

さて、放射能の時代、何故にガンが増えるのか?
どのようにして正常細胞がガン細胞になるのか?
このことを分かりやすく解説したのが以下の文章だ。

放射能時代を生きのびていくために、ぜひ熟読してほしい。

学者の中には、放射能が身体にEーとか、体細胞には修復作用がある
といった、(補助金の)ためにする議論があるが、一切信用しないほーが
Eー。
放射線に叩かれ破壊されたDNAは、実験室(in vitoro)では修復作用
が認められたとしても、現在進行中の体内被曝の場合は、数十万個~
数百万個という膨大な数の体細胞のDNAが破壊されガン化している。
100個や1000個の細胞が、たとえ修復されたとしても、意味なしだ。

呼吸や食物摂取によって体内に取り込まれた放射性物質によって破壊
されたDNAが修復される! と言う学者は、「ミスター100ミリシー ベルト」
山下俊一ら悪魔の医学の手羽先だ。

安心させておいて、ジワジワ殺すジェノサイド!
これが、悪魔の医学の本質だ。

(昨日から人に会いどおしなので少々疲れ気味。一休みします。)

飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr04091

先生はお疲れのようですね。

少しお休みしてください。

どうしても医者が必要なのは・・・

歯医者?整形外科?

有能な医者はいても皆、金儲けに走る?

余計な治療は要らんが・・・

一般庶民は結局・・・カモか・・・・

« 『国を守る』覚悟?! | トップページ | 医者いらずの時代 (2) »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54436571

この記事へのトラックバック一覧です: 医者いらずの時代 (上):

« 『国を守る』覚悟?! | トップページ | 医者いらずの時代 (2) »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ