« キラリ! 綺羅星(きらぼし)の如き医師たち | トップページ | 新しい政治の動きに気づかない 民主党の末期[慶大教授 金子勝の天下の逆襲] 「日刊ゲンダイ」 2012/4/24 »

2012年4月25日 (水)

法 死 国 家

2012/04/25(水)   国 家

いよいよ明日である! 明日に迫った! オザーさんの判決。
有罪なのか? 無罪なのか?

有罪に決まってる!

そもそも犯罪行為など皆無なのに、大久保秘書の逮捕からはじまって、
やらせミエミエの、不当バレバレの検察審査会だ。
何が何でも強引に有罪にするに決まってる。

だって、ココは「法治国家」なんぞは看板だけの日本国だ。
「法治主義」なんてのは建前だけの北朝鮮以下の国なのだ。

だいたい犯罪行為がないのに犯罪人にデッチアゲるという無法を、鷲は
志布志事件”でイヤというほど見てきた。

公正であるべき警察・検察・司法が、政敵を抹殺するための手段に利用
される日本という「法国家」。
この国には、「法」なんてものはない!
とっくの昔に死んじゃってる!

だから問題は、オザーさんの有罪・無罪ではない。
オザーさんが立つ!か、立たないか? これだ。これしかない。
立たないで、「9月の代表選までは忍耐…」 な~んてことを言うようだと
オザーさんは終わる。

オザーさんが、無罪だろが有罪だろうが、そんなの構わないで雄々しく
立って、つまり新党をつくって実行支配を目指す政治行動を開始するか?
あるいは、しないまま今までのように眠ってしまうのか?!
これが明日からの注目点だ。

それから、もうひとつ。
弘中惇一郎センセー。今回は本気蛇ない。毒されている鴨という噂。
バックがよろしくない。
民主党の半小沢の某大物幹部と会い杉!

飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr04253

« キラリ! 綺羅星(きらぼし)の如き医師たち | トップページ | 新しい政治の動きに気づかない 民主党の末期[慶大教授 金子勝の天下の逆襲] 「日刊ゲンダイ」 2012/4/24 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54559299

この記事へのトラックバック一覧です: 法 死 国 家:

« キラリ! 綺羅星(きらぼし)の如き医師たち | トップページ | 新しい政治の動きに気づかない 民主党の末期[慶大教授 金子勝の天下の逆襲] 「日刊ゲンダイ」 2012/4/24 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ