« じわじわと弱らせて一気に抹殺! | トップページ | もうどうにもとまらない・・・ »

2012年3月 8日 (木)

「国家意思」がない国家

昨年の6月2日、鷲は、『きょう,日本の命運が決まる!』 という文章を、
悲痛な気持ちで書いた。天に祈りつつ書いた。

日本という国が国力の全てを総動員し,国が主体となって,ふくいちを
封じ込める! これ以外に,日本が生き残る術(すべ)はないのである.
日本という国が,国の持てる力を総動員し,ふくいちを封じ込められる
かどうか?!
日本の命運を決める判断が,きょう,国会で下される.

2011年6月2日。日本の命運は尽きた! という判断が下された。
日本の命運がどのようにして尽きてしまったのか?
このことをシッカリと理解すれば、今の悪魔的な日本のなかで、鷲たちが
どう生きていったらいいのか? どう生き抜いていったらいいのか? が、
分かってくる。だから、是非とも以下のコメントを読んでほしい。

上の文章を読み、日本が滅亡への道を歩み始めた経緯を理解された方は、
もうひとつ、民族滅亡の危機を収束させるための強力な「国家意思」が日本
という「国」には全く存在しなかったことも納得されたはずだ。

民族滅亡の危機を収束させるための強力な「国家意思」とは何か?
それは、いったい、どういうものなのか?
一例をあげよう。
ヴィクトル・ヤヌコーヴィチが率(ひき)いるウクライナ国である。

約26年前に大爆発事故を起こしたウクライナのチェルノブイリ原発4号機を
コンクリート製の巨大な「石棺」で覆ったが、老朽化し崩落の危険がある上、
放射性物質漏れも疑われ始め、新たな構造物ですっぽり覆う必要に迫られ
ていた。

そこで、ウクライナ国は何をしたか?
どんな「国家意思」が発動されたのか?
どんなもこんなも、ウクライナ国はとてつもないことをやろうとしている。
まさに「国家」でなければ成しえない、ドエリャー工事である。
どういう工事かというと…、
「石棺」を、鉄製アーチ型の超巨大な「覆い」で包み込んでしまおう!
というドエリャー工事なのだ。
4号機近くに重さ2万9千トン、幅257メートル、高さ110メートルの「覆い」を
造って石棺まで移動させ、上から覆って密閉するのだと。完成は、2015年。
まさに「国家」でなければ成しえない、ドエリャー工事である。

ヤヌコビッチ大統領は工事開始に際し、
同事故の克服は自国だけではなく、全世界にとって極めて重要だ
と述べたという。
これ、まさしく強力な、そして見事な「国家意思」の表明である。
こういう「国家意思」は、この国には、ない!
永久にないままだろう。

飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr0308

bombbombbomb

最近bombannoyばっか・・・

永久に何もないんだよ。

日本は・・・

逆らえない奴隷のまま

滅亡shock

« じわじわと弱らせて一気に抹殺! | トップページ | もうどうにもとまらない・・・ »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54170473

この記事へのトラックバック一覧です: 「国家意思」がない国家:

« じわじわと弱らせて一気に抹殺! | トップページ | もうどうにもとまらない・・・ »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ