« 民主議員のパーティーはガラガラ (週刊ポスト2012/04/06) | トップページ | 日本の底力 (雁屋 哲の今日もまた) »

2012年3月29日 (木)

圧制者は賠償回避のため国民を被曝に晒し… (『独りファシズム』より)

圧制者は賠償回避のため国民を被曝に晒し… (『独りファシズム』より)

独りファシズム

いかなる文学も表象し得ないディストピアが現出している。原発事故が近代国家の首都圏に勃発し、圧制者は賠償回避のため国民を被曝に晒し、メディアは擬似像で現実を隠蔽する。権力と資本とテクノロジーと暴力が渾然一体化し、生存権も財産権も法体系そのものが逸失され、社会は崩壊からカオスへ突入しているのだろう。暴対法の改正により社会現場における闇勢力の追放が喧伝されているのだが、原発の復旧作業が指定暴力団の二次あるいは三次団体による人材派遣へ依拠していることは周知のところだ。つまり暴力組織は国家の下部構造として厳然に機能しているのであり、むしろ権力と暴力は相互依存する共棲関係にあると言えるだろう。現制度において事業者は暴力組織との関係性が推定された段階で公共入札から排除され、金融機関による無条件の融資引き上げが実践されるのだから、実態は癒着により電力企業が超法規的に特権待遇を享受している証左に他ならない。生活困難者はシステマティックに被曝地へ搬送され、なんらの保障もされず虫けらのように殺されていく。すでにこの国は貪婪たるプリデター(捕食者)と被捕食者に分離されているのであり、公権力の実働部隊として機能するYakuzaと市井が対峙するというNeuromancerさながらの荒廃した世界が眼前に展開しているわけだ。あらゆる混乱の変遷を経て、社会資本は収奪され、産業資本は国外流出し、隣接する二つの超大国がこの国を分割統治することになるだろう。未来シミュレーションは容易く、歴史の常に倣うのであれば、次世代は原発労働奴隷として、あるいは下層売春婦として、あらたな宗主への従属が運命づけられている

  原文は → http://alisonn003.blog56.fc2.com/blog-entry-175.html
文殊菩薩より
http://iiyama16.blog.fc2.com/blog-entry-33.html

« 民主議員のパーティーはガラガラ (週刊ポスト2012/04/06) | トップページ | 日本の底力 (雁屋 哲の今日もまた) »

文殊菩薩」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54337432

この記事へのトラックバック一覧です: 圧制者は賠償回避のため国民を被曝に晒し… (『独りファシズム』より):

« 民主議員のパーティーはガラガラ (週刊ポスト2012/04/06) | トップページ | 日本の底力 (雁屋 哲の今日もまた) »

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ