« ひらがなの赤い糸 | トップページ | N-95のマスクをして中央本線に乗った »

2012年3月26日 (月)

ロケット・ミサイル・人工衛星 (8)

2012/03/26(月) ロケット・ミサイル・人工衛星 (8)

昨日は、志布志港17時発のサンフラワー号に飛び乗った。
四国沖の海がシケていたので、巨大なフェリーも揺れが大きかった。
また、鷲の船室は陸地の反対側なのでFOMAの電波が入らない。
しゃーない、これをアップロードするときは、陸地側のデッキに出よう。

海といえば、米国海軍の原子力空母ジョージ・ワシントンが横須賀港
に入港したようだ。
この空母は昨年の3月21日、定期修理を切り上げて横須賀を出港と
いうか、放射能から逃げ出していった「過去」がある。 (笑)

George Washington が横須賀に帰港したのは、理由がある。
一年前、慌てて修理を切り上げたので、乗せられなかった修理資材
を積み込むために寄港したのだろう。
それって、もしや、核弾頭だったりして! (この可能性は大きい。)
修理の際、空母から核弾頭や核ミサイルを降ろすのは常道だからな。

まぁ、あれだ、George Washington てぇ空母は、米国外に母港をもつ
のが決まりなんだが、横須賀は放射能が恐い!と。
そこで、横須賀じゃなくてズーッと西の方に母港が欲しいちゅーワケ。

馬毛島 そのあたりの機微(逃げたい気持ち)を
素早く読んだのが民主党政府の防衛族
民防)だった。
このへんは自民党よりも民主党のほうが
ご主人様の気持ちを読むのがうまい。
民防は、ポチというより貢(みつぐ)ちゃんで、
貢ちゃんは馬毛島を積極的に米軍に貢ぐ
ことを米軍と米国政府に確約してしまって
いる。裏で。この表舞台が 『2プラス2
という防衛大臣と外務大臣が出席する日米の合同会議。この表(おもて)
の会議でも民防は馬毛島を普天間に代わる米軍の訓練基地にしよう
と内心は大張り切りなのだ。

なぜ? どうして民主党の民防は、こんなにも馬毛島にこだわるのか?
親愛なる読者をジラしてはいけないので、答を早めに書いておく。

ひとつは、米軍艦載機の離発着訓練(FCLP)施設をつくること
もうひとつは、原子力空母ジョージ・ワシントンなど米国海軍の横須賀
に代わる母港をつくること。
まだある。
「対中国防衛」のための自衛隊のヘリ空母(10隻規模)の母港を築造
すること。
(上の二つの母港の築造とヘリ空母(10隻)で軽く10兆円の利権が発生する。)
まだまだある。
が、これはヤバイので折をみて書く。

(ヤバイというのは、鷲がヤバイのではなく、鷲に機密情報をくれた人物がヤバイ。)
(本文の情報にもヤバイ部分があるが、馬毛島のFCLP化は既定の路線だからな。)
(あと、鹿児島全県の軍事基地化も既定の路線だと、鹿児島県民に言っておく。)
(つまり、民防、防衛省、米軍、鹿児島県知事は、裏でズブズブだということ!)
(もちろん、馬毛島の表面上の所有者・タストン・エアポート社も同じ穴のムジナだ。)

飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr03261

鹿児島が軍事基地化か・・・。

いくら反対しても

ウラで決まっているのだから・・・

利権ってすっごい力じゃー

« ひらがなの赤い糸 | トップページ | N-95のマスクをして中央本線に乗った »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54311284

この記事へのトラックバック一覧です: ロケット・ミサイル・人工衛星 (8):

« ひらがなの赤い糸 | トップページ | N-95のマスクをして中央本線に乗った »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ