« 寒い! | トップページ | ひらがなの赤い糸 »

2012年3月25日 (日)

「歴史学の時代」がくる!

2012/03/25(日) 「歴史学の時代」がくる!

昨日のことである。
ブログ『京の風』と古代史研究で著名な新井信介氏が会いに来てくれた。
で、『霧島倶楽部』のロビーで、延々7時間半の歴史談義。
これを聴こうという10人近い「聴衆」が集まるという賑やかさ。
新井信介氏は驚異的な博学多識、というか稗田阿礼(ひえだのあれ)みたい
に『古事記』を暗記していて、「ウォーキング古事記」とも言うべき御仁だ。

新井氏と鷲の歴史談義は、『魏志倭人伝』の帯方郡の所在地にかんして
「対立」がふかまった。 (笑)
帯方郡の所在地が、平壌(ぴょんやん)の近辺ではなくて、遼西の地にあった
となると、卑弥呼の邪馬台国は日本には存在しなかった!ことになる。
と、鷲は新井信介氏に強調した。
これは鷲の歴史学の師匠・山形明郷が証明しきった学説だが、日本では
「山形・飯山史観」は異端の異説である。

しかし中国政府は、「山形・飯山史観が正しい!」 とする大変な歴史書を
本年中に出版しようとしている。ココを読んで覚悟してほしい。
そして出版後には、中国政府の「史観」をめぐって国際的な騒動が起こる
ことが予想されている。

そうなると、東アジアの歴史にかんして、今までの日本の「一国歴史学」は
まったく役にたたない。
「一国歴史学」とは、『魏志倭人伝』が「日本の古代史」であると思い込み、
卑弥呼の邪馬台国が北九州にあったの、いや、畿内だのと、日本一国の
なかだけで歴史を語っていくという狭小な歴史学のことである。

ともかく、われわれ日本人の御先祖様である「百済」や「帯方郡」は、朝鮮
半島の南部の狭隘(きょうあい)に地域ではなく、広大な満州にあった!
このことを歴史学の知識・教養・素養としてシッカリと認識しておかないと、
中国や北朝鮮や韓国やロシアに馬鹿にされることになる。
そうならないためには、これからは、なんといっても「山形・飯山史観」しか
ない!ということ、飯山一郎、自信をもって申し上げる。

「飯山・山形史観」を知るためには、右にある『卑弥呼の正体』を読むのが
一番なのだが、とりあえず、『百済や帯方郡が遼西にあったという証拠』と、
ないものは見つからない! 邪馬台国』を読んでおいてほしい。
あと、『歴史の謎が解けた.日本のルーツは「扶余」』という文章も読んで
ほしい。
ニッポンのルーツと、日本国の成り立ちがシッカリと認識できれば、あなた
は、東アジア全域を堂々とのし歩ける国際人になれるのだから…。

飯山いちろうHPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr03252

7時間半も?sign02

でも足りないな。

歴史は興味あるが

ぜんぜん詳しくなーい。

そこにいたら・・・

ただ聴いてるだけやなcoldsweats01

飯山先生は間口が広いから

楽しそうhappy02

« 寒い! | トップページ | ひらがなの赤い糸 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54305996

この記事へのトラックバック一覧です: 「歴史学の時代」がくる!:

« 寒い! | トップページ | ひらがなの赤い糸 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ