« 金正恩の恐るべきIT戦略! (12) | トップページ | じわじわと弱らせて一気に抹殺! »

2012年3月 6日 (火)

怖いのはインフルエンザではなくて、ワクチン!

2012/03/06(火) 怖いのはインフルエンザではなくて、ワクチン!
Vakzin

怖いのはインフルエンザではなくて、ワクチン!


放射能ジェノサイド(国民皆殺し)を狙う民主党政府が、新たな殺人政策を
たくらんでいる。
それは、『強毒性新型インフル予測時、全国民に予防接種』というものだ。

ワクチンは殺人兵器どころか、地球人口削減計画の一環と考えるべき!
怖いのはインフルエンザではなくて、ワクチン!
と、鷲は強く言っておく。忘れるでないぞ!>みんな

いちおうワクチンの危険性の基礎知識を書いておく。目を通して欲しい。

1.日本で接種が始まった当初から関係者にはわかっていました。
 効かないということが。

2.効果がないので1994年には小中学生への集団接種も中止されてしまったほどです。

3.効かないことは厚労省もわかっています。「流行対策がない」との批判を避けたいだけです。

4.インフルエンザ・ワクチンは血液中にしか抗体を作れず、のどや鼻には抗体ができません。ウイルスはのどや鼻から入るから感染はまったく防げないのです。当然、「家族や周囲の人や乳幼児にうつさない」ということも不可能です。

5.インフルエンザ・ワクチンはもともと流行を予測して作られているだけ。
 そのうえ、インフルエンザ・ウイルスは日々猛スピードで形を変えるので効果は期待できません。

6.インフルエンザ・ワクチンは、製法上、弱い抗体しか作れません。殺したウイルスのさらにその一部だけを使って作るので、体内で増えず、ウイルスの一部に対する抗体しかできません。

7.高齢者の肺炎や乳幼児の脳症はインフルエンザとは無関係です。
 「かかっても重症化を防ぐ」も嘘。そのようなデータは全くありません。

8.「打っておいたほうがいい」どころか副作用があるから怖いのです。
 死亡者も出ています。打たないほうが安全だし安心です。
 そもそもワクチンは病原菌なのだし薬事法上は劇薬です。
 接種にはもっと慎重であるべきです。

9.効かないことを知っている医師も多いのですが、患者離れが怖いから言えないのです。

10.インフルエンザ・ワクチンは儲かるからなくならないのです。
  皆さんも、マスコミやお友達の言うことを真に受けずに、この本で真実を知ってください。

出典:母里啓子著インフルエンザ・ワクチンは打たないで! より

飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr030562

こわー

ワクチンが効かないのに騙して儲けるなんてshock

これでまた犠牲者が・・・end

« 金正恩の恐るべきIT戦略! (12) | トップページ | じわじわと弱らせて一気に抹殺! »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54157253

この記事へのトラックバック一覧です: 怖いのはインフルエンザではなくて、ワクチン!:

« 金正恩の恐るべきIT戦略! (12) | トップページ | じわじわと弱らせて一気に抹殺! »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ