« 2012 3.11 東日本大震災1周年追悼式 天皇陛下のお言葉 | トップページ | 今日で一年 »

2012年3月11日 (日)

天皇陛下の御言葉 (於:追悼式)

2012/03/11(日) 天皇陛下の御言葉 (於:追悼式)

天皇陛下が政府主催の追悼式に出席された。
ご入場の際、陛下は唇を固く結ばれていた。
常ならぬ堅い御表情でいらした。
何か強い御覚悟と御決意が秘められた御尊顔であると鷲は思った。
天皇陛下の追悼式での御言葉で印象に残ったのは、次の御言葉だ。

更に、この震災のため原子力発電所の事故が発生したことにより
危険な区域に住む人々は住み慣れた、そして生活の場としていた
地域から離れざるを得なくなりました。
再び、そこに安全に住むためには放射能の問題を克服しなければ
ならないという困難な問題が起こっています。

これまでも、今上陛下は戦争と平和の問題を明確に語ってきたが、今回の
御言葉におかれても、その御姿勢は変わらない。
おそれおおいことだが、陛下の御言葉を素直に解釈すると、
「放射能の問題を克服しなければ、そこに安全に住むことはできない!」
と陛下はおっしゃっている。

住み慣れた、そして生活の場としていた地域は、危険な区域であるのだ
から人間は住めない! と、陛下は至極当然のことを述べておられる。
これは、人間が住めないような危険な地域に人々を帰すことは遺憾だと
いうことだ。きわめて当然のことを陛下は言っておられる。

もうひとつ。
天皇陛下の御言葉には重要な部分がある。それは、
「放射能の問題を克服しなければならないという困難な問題が起こっています」
という文言だ。これは非常に重要な御言葉だ。
なぜなら、
「放射能の問題は終わっていない!」という、ひとつの宣言だからだ。
陛下のこの御言葉の言外の意味は、
「収束宣言などもってのほか!」ということだ。

天皇陛下は、つまり、
「放射能の問題は、なんとしても克服しなければならない!」
ということを明確に言っておられる。至極当然のことだ。
放射能の問題を克服しなければ………、このあとを書くのはやめよう。
あまりにもおそれおおいことになってしまうから…。

御言葉を述べられたあと、陛下の御表情には、当初の固さはなかった。
「言うべきことは言った!」
という御安心の御境地になられたのだとおもう。

飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr03112

« 2012 3.11 東日本大震災1周年追悼式 天皇陛下のお言葉 | トップページ | 今日で一年 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54196245

この記事へのトラックバック一覧です: 天皇陛下の御言葉 (於:追悼式):

« 2012 3.11 東日本大震災1周年追悼式 天皇陛下のお言葉 | トップページ | 今日で一年 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ