« 吉田所長のウワサ | トップページ | 秀逸な吉本隆明論 »

2012年3月17日 (土)

南九州での苦しい避難生活

2012/03/17() 南九州での苦しい避難生活

鷲は本日、志布志・歴史資料館で6~7人の「避難ママ」に講演をした。
南九州に避難して楽観的になっているので、鷲は深刻な話をした。

4000℃以上の超高温で煮えたぎり沸騰するF-1の終末的な現状を
話すとママさんたちは青ざめた。
「それは日本が終っているということですか?」と質問されたので、鷲は、
「そうです!」と答え、F-1の最悪事態を常に頭において我々の生活を
を絶えず組み立てなおしていくことの必要性を説いた。

食べ物の話、学校給食の話も深刻だった。関東から南九州に避難した
のに、学校給食では「ベクレた米」や「ベクレた肉」を食わされてしまう…。
南九州でも、幼稚園や学校が “被曝場” と化している現実…。
これには避難ママさんたちも途方にくれるばかりだった。

ママたちの中に看護師さんがいて、東日本の病院が救急患者で一杯だ
という情報をくれたが、これには鷲も青ざめてしまった。

しかし、たくましく、たくみに南九州まで逃げてきた若いママ達は、逆境と
困難を乗り越えて、しっかりと子供たちを育てあげるだろう。そう確信した。

飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr03173

sweat01sweat01sweat02

避難ママさん・・・

せっかく九州まで避難してたのに

給食がベクレた米ではどうしようもないですねshock

安心して食べられるものはもうなくなってきてますね。

こういう状況は政府のトップたちだって知っているはず。

ホントにサバイバルだねbomb

乳酸菌と豆乳ヨーグルトで

何とか乗り越えるしかないか・・・sweat01

« 吉田所長のウワサ | トップページ | 秀逸な吉本隆明論 »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54244140

この記事へのトラックバック一覧です: 南九州での苦しい避難生活:

« 吉田所長のウワサ | トップページ | 秀逸な吉本隆明論 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ