« ビジネスの基本と本質 | トップページ | マスコミ腐敗! »

2012年3月31日 (土)

猪血を虎れる鴨

2012/03/31() 猪血を虎れる鴨

鹿児島県民がどんなに反対しようとも、鹿児島の軍事基地化は既定
の路線!
と書いたら、多くの方々からお叱りをいただいた。

グルンバの工事で忙しかったので、鷲は、ロクな説明ができなかった。
ご免なさい。

しかし、駄目なものは駄目なのだ。日本は民主主義の国ではない!
ので、国民がどんなに反対しても駄目なのだ。

日米安保条約から始まって、小選挙区制も、消費税も、沖縄も、原発も
国民がどんなに反対しても、「お上」が決めたことは通ってしまうのだ。

今回の種子島や馬毛島の軍事基地化だって同じだ。
馬毛島が米空母艦載機部隊による離着陸訓練(FCLP)の基地になる
ことは、日米両政府の合意事項として合意文書に明記されているのだ。
だから、国民や鹿児島県民がどんなに反対しようとも、「お上」は決めた
ことを、国民や鹿児島県民の意向などお構いなしに粛々と実行する。

実際に、コトは粛々と実行されている。
馬毛島には、米空母艦載機の離着陸訓練(FCLP)用の滑走路が完成
間近だし、この違法行為を鹿児島県知事は故意に見逃してきた。
種子島には韓国の(軍事用の)人工衛星が搬入されて、その発射準備
が着々と進んでいる。
マスコミは、北朝鮮のミサイル発射を攻撃するが、種子島からのミサイル
発射は見て見ぬふりだ。
このように、鹿児島県の軍事基地化は着々と、そして、粛々と進められて
いる。

しかし、上に書いたことは、ほんの序の口だ。
10兆円以上もの軍事予算を見込んだ大規模な軍事基地の築造絵図を、
日米の利権屋ロビーストたちは描いている。
軍事にカラんだ途方もない利権構造が鹿児島県を舞台にして生まれよう
としている。ようするに、軍事は儲かるのだ。

はたして、鹿児島県の地図上には、どんな絵図が描かれているのか?

猪血を虎れないよう、猫を噛む窮鼠(きゅうそ)の気持ちで書いていく所存。

飯山一郎HPより

http://grnba.com/iiyama/index.html#rr03312

一般大衆はなんも知らん。

何のために税金を払っているか・・・

まったく・・・

« ビジネスの基本と本質 | トップページ | マスコミ腐敗! »

飯山一郎」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/584026/54351288

この記事へのトラックバック一覧です: 猪血を虎れる鴨:

« ビジネスの基本と本質 | トップページ | マスコミ腐敗! »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ