2017年2月19日 (日)

泣く子も黙る 『長期保ち合い・下放れ』 

飯山一郎
2017/02/19(日)2  
初戻しは売れ (必ず下がる!)
『長期保ち合い・下放れ』神ってるパターンです
円・ドル相場の日足
足
拡大
100発97中ぐらいかな? ワシのチャート解説は,けっこう当たるので人気番組だ.
じつは,これ,ワシが当てているのではなく,「罫線理論」が当てているのだが…www
泣く子も黙る 『長期保ち合い・下放れ』! ← この罫線理論は,江戸時代の日本人の発明だ.
これが,じつに良く当たるのだ.昔のヒトは偉かった.
だっから,今回も当たるでしょ~! (鴨,爆)
飯山 一郎(71)

広島チームスタッフ10人が体調不良 症状はさまざま(デイリースポーツ) - Yahoo!ニュース

四面楚歌 

人生は冥土までの暇潰し
 
17021902
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16034724/72/

掲示板「放知技」で、堺のおっさんの投稿に目がとまった。一瞬、「エッ、〝ポッポちゃん〟て誰?」と戸惑ったんだが、すぐに、『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』(矢部宏治 集英社インターナショナル)を思い出し、鳩山友紀夫元総理のことを指しているのだと分かった(笑)。ちなみに、同書の冒頭(p.1~2)には、以下のようなことが書かれている。

『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(集英社インターナショナル/2014年刊)という本は、おかげさまで10万部を超えるベストセラーになったのですが、その刊行直後、偶然、沖縄でお会いした鳩山友紀夫さん(元首相)から、初対面でいきなりこういわれたのです。
「あなたが矢部さんですか。すごい本を書きましたね。私はこの問題(日米合同委員会などの軍事上の密約を生みだす法的構造)について、ぜんぜん知りませんでした」
おそらく鳩山さんはご自分の知性について、圧倒的な自信をおもちなのでしょう。だからこのような、非常にストレートなものの言いかたができる。
しかしその一方、よく考えてみると鳩山さんは、おじいさんは首相、お父さんは大蔵省の事務次官から外務大臣、ご自身はもちろん首相を経され、しかもスタンフォード大学の博士号をもつという日本のほんとうのトップ・エリートです。
その鳩山さんが、この問題について、ぜんぜん知らなかった。
この事実は、日米間に存在する軍事上の密約の闇が、いかに深いものかを明確にものがたっています。

16121002


ところで、亀さんは拙稿「本格化した河豚計画」で、横田空域のイラストを紹介しているが、同書は横田空域についても興味深い話を展開している。

「横田空域? それはもう知ってるよ」
という人もいらっしゃるかもしれません。しかし、
「じゃあ、なぜそんなものが首都圏上空にあるんですか? いつ、だれが、どんな取り決めをむすんで、そんなめちゃくちゃな状態になっているんですか?」
と聞かれたら、これはもう答えられる人はほとんどいないと思います。さきほど横田空域については、1~2%くらいの人しか、その存在を知らないんじゃないかと書きましたが、ここまで話を進めると、知ってる人は日本全体でもせいぜい数十人くらい、歴史的経緯をふくめて全体をきちんと説明できる人となると、ひょっとしたら数人くらいになるかもしれません。
ですから、このあたりからみなさんも少しずつ、戦後日本の最大の闇である、日米密約の世界に足をふみいれていくことになるわけです。

『日本はなぜ、「戦争ができる国」になったのか』p.23


15051505

ここで、鳩山元総理すら知らなかったという、日米合同委員会の組織図を以下に再掲しておこう。

17021907
運命の週末

ところで、北朝鮮がミサイルを発射したという報告を受けている、トランプ大統領と安倍首相の緊迫した様子が、一般人によっ写真に撮られてしまい、てSNSにアップされるという〝事件〟が起きた。写真には外務省北米局長の森健良氏といった、北米局のエースが数名写っているのに注目されたい。上記の組織図を見ればお分かりのように、日米合同委員会の日本側のトップが外務省北米局長であることを思えば、まさにネオコン派からトランプ派に寝返った安倍首相は、四面楚歌の状態にあると言っても過言ではないだろう。そして、ネオコンの手先である日本のマスコミに、安倍首相が叩かれ始めたのが気になるところだ。そのあたりについては以下の記事に詳しい。
アタマのなかは昔のまんま

17021901

17021903

トランプ大統領の場合も、フリン大統領補佐官が辞任してからというもの、親露派はティラーソン国務長官だけとなり、周囲はネオコン派だらけという具合で、まさにトランプも四面楚歌の状態にあると言っていい。

ここで、トランプは最近までは二世の実業家だったし、安倍首相に至っては三世の政治家だ。現在亀さんが読み進めている柴錬三国志のコメント(アマゾン)の中で、以下のコメントに目がとまった。

どんな国も政治家があまり二世・三世ばかりになると国力が落ちる…

17021904

頼りないトランプと安倍のコンビを、どのように稀代の戦略家プーチンがリードしていくのか、最悪のケース(トランプ暗殺あるいは安倍失脚)も想定しつつ、静かに推移を見守っていきたい。

【追記1】
以下は、みずほ銀行のOneシンクタンクの手によるレポートで、内容的に少々古いが、トランプ新政権を鳥瞰図的に捉える上で重宝する。
トランプ政権の誕生 ~米国は何をしようとしているのか 日本はどうすべきか~

【追記2】
17021905
17021906
今日の東京新聞に載った吉永小百合の「私の十本」(5)。

以前は許されなかった日露緊密化外交を… 

飯山一郎
2017/02/19(日)  
岸田外相が積極展開中!
親露のフリンは追放親露の岸田は堂々!
文字
SPUTNIK
岸田外相 4島の共同経済活動の両首脳の指示を早急に遂行したい
『スプートニク』 2017年02月18日 http://sptnkne.ws/d9gH
文字
SPUTNIK
ラヴロフ外相 東京で岸田外相と会談へ
『スプートニク』 2017年02月18日 http://sptnkne.ws/d9rX
  • フリンがトランプ内閣から追放された.この原因は何か?
  • その理由は只ひとつ.フリンが「親露」だったからだ.
  • 今も昔も,アメリカの政治を牛耳ってきたのは,ネオコン+軍産複合体(戦争屋勢力)だ.
  • ネオコンとは,元々はソ連を追放された「極左トロツキスト」と言われる連中で,ソ連やロシアを悪魔のように嫌っている.
  • ネオコンの政治的・軍事的目標は,1つしかない.何か?
  • それは,ロシアを叩きツブすこと!! これだけなのだ.
  • 現在のロシアは,ハートランド(ユーラシア大陸の中核・中軸地帯)を完全に支配する帝国になった.
  • ネオコンにとっては,これがシャクでたまらないのだ.
  • ウクライナでの激烈な紛争も,ソロスやヌーランドなどの過激ネオコンが,ロシアをツブすことが目的だった.
  • このように,ネオコンは,ロシアを支持し,ロシアを助ける者を,徹底的叩きツブす! あるいは,殺す.
  • だからフリンも,徹底的に叩きツブされる前に自分から去った.
  • トランプ大統領がフリンを守らず,守れず,さらに,「反露的」になったのは,「暗殺」の恐怖があったからだ.
  • 歴代アメリカ大統領の「最大の懸念」は,「暗殺の恐怖」だった.バラク・オバマの政治がブレまくったのは,「暗殺のオドシ」があったからだ.
  • ところが!である.
  • 「ロシアを支持しロシアを助ける者は,徹底的に叩きツブす!あるいは,殺す!」というネオコンの悪辣さを熟知しながら…
  • 「友好な関係」以上の「緊密な融和関係」を結ぶ政策を進めている政治家が,なんと,日本にゐるのだ.
  • その政治家とは,安倍晋三と岸田文雄と麻生太郎の三名.
  • 彼らの「ロシア融和政策」とは,『クリルの共同開発』であり…
  • 3月20日,東京での2+2フォーマット協議』だ.
  • このような対ロシア融和外交は,以前なら絶対に許されない外交政策なのだ.
  • それが今,安倍晋三総理大臣と岸田文雄外務大臣は,ロシアとの緊密化外交を(命懸けで)進めている!
  • この二名の政治家の(命懸けの)外交折衝を知ってか知らずか,日本の識者やマスコミは,「森友学園疑惑」を憎しみを込めて「告発」し,騒ぎ立てている.
  • 安倍晋三,投げるなよ! ぐあんばるんだぞ! 戦争屋の手羽先なんかに負けるな!
  • ワシも…,安倍晋三にエールを送る!な~んて時代が来るとは思わんかった(爆)
飯山 一郎(71)

断食…。体調不良や病気にはこれが一番効果があると感じる。 大昔の人は獲物が獲れなければ自然に断食になっていたはず。それは解毒にもなっていたかも。 お手軽に薬で治せるような病気はない。 長く大量に蓄積した毒素には、それ相応の手間と時間と我慢が必要。

2017年2月18日 (土)

お値段1000万円超のラグジュアリーな便器

五輪 テスト大会だけで51億円 2017年2月17日

工場爆発火災で従業員1人死亡(フジテレビ系(FNN))

アタマのなかは昔のまんま

飯山一郎
2017/02/18(土)
考え方を切り替えて猪!
トランプが大統領に当選した瞬間から,世界は,大きく変わった!
安倍晋三が,トランプと親密になった瞬間から,日本も大変化!
このことをシッカリ認識しないと,誤る!
ど~ゆ~ことなのか? こ~ゆ~ことだ.
日本の支配者が『ネオコン戦争屋』ではなくなった!
『ヒラリーというネオコン戦争屋』と激烈に戦ってきたトランプが米国大統領選に辛勝した.
そのトランプ大統領は当選後も,ネオコン戦争屋・マスコミを敵に回して,相変わらず激しい闘いの日々.
そ~ゆ~トランプ大統領の陣営に,51兆円もの「支援金」を持参して馳せ参じたのが,誰あろう,機を見るに敏な安倍晋三だ.
これで安倍晋三は,非戦争屋・反ネオコンのトランプ陣営にハッキリと参加・参陣したワケだ.
このことは,日本国の従来の支配者=戦争屋ネオコンからみれば…,『安倍晋三は敵に寝返った敵!』ということになる.
だっから,これから,安倍晋三は,戦争屋ネオコンの手羽先であるマスコミから総攻撃を受けることになる.
実際,その攻撃=安倍晋三ツブしは,すでに始まっており…,『週刊新潮』と『週刊文春』などは,協同して「安倍晋三ツブしの誹謗中傷」を大々的に始めている.
その「安倍晋三ツブシ」の爆弾ネタが「森友学園問題」だ.
これは「飛ばしネタ」で,安倍晋三は全く関与していない!
飯山一郎が『破武(中村正臣)』という横領罪犯に利用されたよ~に,安倍晋三も,総理の名前を勝手に騙った森友学園に利用された.
それなのに…,鬼の首を取ったよ~に,森友学園ネタで安倍晋三を攻めたてる!
われわれ日本人愛国者の敵は,日本を勝手放題に支配してきたアメリカの戦争屋ネオコンなのだ.
安倍晋三は,いま現在は,ネオコンと戦うトランプやプーチンと組んでいるのだ!
この事実をシッカリと考えてもらいたい.
考え方を切り替えて欲しい.
敵が味方になった! それが安倍晋三である!鼠~こと.
韓国・清州市にて 飯山 一郎(71)

トラック、高速道で隊列組み自動走行 政府が実験へ(朝日新聞デジタル)

本日は『清州市』に行きます 

飯山一郎
2017/02/18(土)
韓国の清州市に…
乳酸菌の大量培養プラントをつくりに行きます
韓国青州市
清州市の『上党山城』,控南門(南門)の遠景
  • 韓国の清州市に大規模な乳酸菌大量培養工場をつくる.
  • 大型グルンバによる豚ふん尿や生ゴミの処理工場もつくる.
  • 豚ふん尿や生ゴミを乳酸発酵させて,完全発酵有機肥料をつくり,化成肥料で痩せた農地を改良する仕事も始めます.
  • 中国の『青州市』の乳酸菌培養工場は,ワシの設計図を見ず,勝手放題につくったので,今は良く動いてないよ~です.
  • 暖かくなったら,中国・青州市にも行きますからね!
  • 2月は,韓国の清州市で仕事をします.
  • 大成功している済州島の乳酸菌培養工場のスタッフも,全員,清州市に行きます.
  • ワシが設計して,ワシが完璧に指導してつくる乳酸菌培養工場.これは間違いなく上手くいきます!
  • なにしろ,済州島の韓国人スタッフとは2ヶ月近くも寝食を共にして,ワシのグルンバ理論と技術の詳細を克明に教えた.
  • そ~して,今回は全てをワシの言うとおりに作る!
  • だから大成功は間違いなし.
  • げんに済州島では大成功している.
  • おっと,出発の時間です.この続きは,また後で…
飯山 一郎(71)

仁義なき戦い

人生は冥土までの暇潰し
 
17021803_2

掲示板「放知技」のスレッド「飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -22-」で、密度の濃い情報が交わされていたので報告する。切っ掛けは、道友の太秦東映さんの投稿であった。殊に注目すべきは以下の発言だ。

この『仁義なき戦い 完結篇』はものすごく好きな映画で、何回見たとかはよくわからないですが、
ほぼすべての台詞をソラで言えるほどには見ています。


17021802
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16010080/562/

それ以降のやり取りは、スレッド「飯山一郎と紳士・淑女の歓談室 -22-」で直接確認していただくとして、一連のやり取りが交わされた後、〝結語〟は以下のとおりとなった。

学校なんかに行くヒマがあったら,『仁義なき戦い』を鑑賞しろ!と,よく

説教したもんです.この考えは,今でも変わらないです.はい.


17021801
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/16010080/814/

この「仁義なき戦い」について語るからには、どうしても外せない書籍がある。笠原和夫の著した『昭和の劇』だ。亀さんは同書について、旧ブログで簡単に取り上げている。
http://pro.cocolog-tcom.com/edu/2005/06/post_a83d.html

17021804

手にすると分かるが、同書は600ページを超える浩瀚で高価な書籍である。残念ながら絶版になってしまったので、読みたいという読者がいれば、最寄りの図書館で取り寄せるしかない。なお、以下は同書の目次(部)だ。部ごとに小節があり、各部の小節に関心を持った読者のため、本稿の最後に目次をアップしておこう。ちなみに、画像をクリックすれば拡大出来るので、お試しあれ。

第1部 ひばり映画と時代劇
第2部 やくざ映画の時代
第3部 『仁義なき戦い』と実録路線
第4部 戦争映画と天皇
第5部 日本映画界の衰退


特に第3部の「『仁義なき戦い』と実録路線」については、多くの読者が関心をもたれるであろうから、以下に文字を起こしておこう。

広島やくざ戦争『仁義なき戦い』四部作
深作欣二監督起用の反対理由
復員兵のニヒリズム
一条さゆりとブラック・ユーモア
リバウンドする暴力
真相も結論もわからない…… ならば、何もわからない劇をつくろう
『仁義なき戦い』で、やくざ映画は終わるべきだった

特別攻撃隊『海軍特別攻撃隊』『あゝ決戦航空隊』
敵艦に突っこんだ特攻機なんて、一〇〇機中一機もない
引くに引けなくなった〝特攻の生みの親〟大西瀧治郎
皇国思想の行き着く果て
児玉誉士夫が語った天皇の戦争責任

日本共産党『実録・共産党』
渡辺政之輔の自殺を認めない日本共産党
亀戸事件と丹野セツ
その後の『実録共産党』
失われた左翼へのロマン

警察『県警対組織暴力』
警察は〝百姓集団〟である
右にも左にも行けない戦後的原罪意識

総会屋・沖縄やくざ戦争『暴力金脈』『沖縄進撃作戦』
総会屋は銀行の私兵である
反共デルタ地帯vs沖縄ナショナリズム
どうして今のやくざを描かないのか

在日朝鮮人『やくざの墓場 くちなしの花』
やくざ映画に潜在する差別問題
消えた「日本人は信用できん」というセリフ
オディロン・ルドンの絵

虚構の抱懐『人生劇場』『西鶴一代男』『真田幸村の謀略』
「四畳半」に後退するドラマ
<破(やぶれ)>の世界
題材のない国 日本


なお、松方弘樹に関連して、以下の書籍もお薦めする。

17021810
『映画の奈落: 北陸代理戦争事件』

17021805

17021806

17021807

17021808

17021809

2017年2月17日 (金)

プーチンとラブロフは,政治と外交のプロ 

飯山一郎
2017/02/17(金)2  
諜報と謀略のプロでもある
ティラーソンは政治も外交も今は素人
ラブロフとティラーソン
SPUTNIK
ラヴロフ外相:露米の全ての意見の相違を一度に克服することはできない
『スプートニク』 2017年02月17日 
『スプートニク』 2017年02月17日 http://sptnkne.ws/d89D
ドイツ西部ボンで米国のティラーソン新国務長官とロシアのラヴロフ外相が会談した。両氏は二国間の議題や、特に世界的な危機などの国際問題について議論した。

ラヴロフ外相は、ティラーソン国務長官側から米大統領が表明した損なわれた二国関係の期間を克服する用意が確認されたと指摘した。

 

一方でラヴロフ外相は会談を総括し、関係では常に合意を必要とする問題が残るとし、全ての意見の相違を一度に克服することはもちろんできないと付け加えた。

 

ドイツ西部ボンでロシアのラヴロフ外相とティラーソン米国務長官がG20外相会合を前に会談した。

これはこのようなハイレベルでのロシア政府とトランプ政権代表者による初の個人的接触となった。
  • 今回は『スプートニク』の記事を全文収録した.
  • 「含み」が多すぎる文章であり,難解な文章でもある.
  • これを,ど~解釈するか? これが難問なんだが…
  • よ~するにこ~ゆ~ことだ.
  • この1週間の間に,トランプ大統領は,「親露」から「反露」に方針を大転換!
  • フリンを追放した後のトランプ政権は,ティラーソン国務長官を除いて,反露のネオコン戦争屋が国家権力を握ってしまった.
  • 新任のポンペオCIA長官も「反露」を改めて表明,狂犬・マティス国防長官などはNATO軍をソソのかしてロシア攻撃を暗示する始末.
  • こ~ゆ~政治状況なのに,ティラーソン国務長官はドイツのボンで,「米露の関係修復」を脳天気に表明した…
  • その呑気なティラーソンを,ラブロフが優しくたしなめた…
  • これが上の『スプートニク』の意味深な記事.
  • ラブロフ(そしてプーチン)の真意はこ~だ.
  • 『ティラーソンさんよ,今は雌伏の時だ.今は成り行きにまかせて,ジーッと観察しながら耐える!そ~しているうちに,凶暴な戦争屋ネオコンは,必ずボロを出す.中東か南沙かアメリカ国内で無茶な武力=暴力を行使する.そして自滅する!
    あと2ヶ月,淡々と静観しませんか?』
  • かくして,米国の反露・戦争屋ネオコンは,プーチンが「処理」することになる.三国志演義そのままの劇的な「知略・謀略戦」が楽しめるハズだ.
  • アベは,プーチンとトランプ,二人の親分に仕えることになる.
飯山 一郎(71)

いま,トランプの側近は,すべて反露ネオコン 

飯山一郎
2017/02/17(金) 
ティラーソンだけが親露
トランプも親露だったが一晩で反露にww
ブレてるのは…
ブレないプーチン
ブレまくるトランプ
  • フリンが去った途端,トランプ大統領はブレまくりだ.
  • これは,フリン追放後,大統領の側近が,反露ネオコンだらけになってしまったからだ.
  • それで元々は親露だったトランプも,反露ネオコンたちのオドシとスカシに乗って,反露になっちゃた,と.
  • オドシというのは…,
    フリンが去ったので「暗殺対策」が万全ではなくなった…
    『ワシントンにも暗殺専門のプロが…,大統領,ココは1つ親露発言は慎まれて…』てな感じ.
  • 『ロシアは,いま,ウクライナやクリミアで非常に好戦的になってます!それで,マティス国防長官やポンペオ新CIA長官が,NATO軍に指示して,万全のロシア対策を整えようとして頑張っています!』
  • 『大統領,ロシア対策はマティス国防長官に任せましょう!』
  • この程度の話でトランプ大統領は,コロリとロシアに対する考え方を変えてしまう….暗愚な殿様そのもの.
  • しかし,トランプが大ブレしたのは…,「フリン追放人事」と「対ロシア外交」 ← これだけだ.
  • あとのイシュー(課題)は,何ら変わってはいない.
  • 米国国内への『大規模なインフラ整備』
  • 『税制改革(米国への利益還流法人税改革)』
  • 『雇用拡大のための企業帰国政策』等々は…
  • トランプ政権は総力をあげて進めていくだろう.
  • 国際政治に関しては暗愚な殿様も,金儲けは大好きなのだ.
  • いま,お殿様の『大規模なインフラ整備』に対して…
  • 日本が官民をあげて,50~100兆円の投資を行う!
  • これは日本の国益にとって必要な投資だし…
  • 見事なほど「時宜」にかなっている!
  • こ~ゆ~視点…,ワシは,あってもE~と思う.
  • ワシや皆さんが賛成しよ~が反対しよ~が…,安倍政権と目ざとい日本企業は,米国投資をガンガン進めていく.
  • ソフトバンクみたいに…
飯山 一郎(71)

Record China 2月13日 韓国LCCの乗務員ら、「放射能が心配」と就航予定の福島便への搭乗拒否 会社側の一方的な決定に、搭乗通告を受けた乗務員らは運航予定日に休暇をとるなど集団反発。

クソババア! 

人生は冥土までの暇潰し
 
 
「クソババア!」と叫んだのは、亀さんではない(笑)。TVドラマ「深夜食堂」シリーズの一本に、「あさりの酒蒸し」というのがあるんだが、そこから飛び出した言葉だ。以下は、母親のおレン(馬渕晴子)と息子の丈(宇梶剛士)が、深夜食堂のマスター(小林薫)の前で繰り広げる〝親子喧嘩〟のシーンである。おレンは深夜食堂で酒浸りの日々、そんな母親を一滴も酒は呑めなかった丈が、負んぶして自宅に連れ戻すというのが毎日の日課であった。ある日、丈が交通事故に遭う。やがて無事に退院、二人で「あさりの酒蒸し」に舌鼓を打つのだが、ナント丈は酒を呑めるようになっていた…。

17021704

母親 わたしがせっかく酒を止められたというのに、このバカ息子…。

17021705

息子 うるせえ、ババア! 死んじまえ。

17021706

マスター 親子だねぇ、まったく、仲が良いんだか悪いんだか…。


その宇梶が、先日のBSアサヒ「ザ・インタビュー」に登場していた。宇梶と言えば元暴走として知られており、しかも日本最大組織の暴走族、ブラックエンペラーの総長だった人物だ。その宇梶のインタビュー番組を見て、初めて宇梶にアイヌの血が流れていることを知った。さらに、宇梶の叔父はドキュメンタリー映画「カムイと生きる」の主演を務めた、あの浦川治造であった。

17021703_2
浦川治造と宇梶剛士



最後に、もし読者が食事中の場合、以下の漫画は食事を済ませてから見るようにしていただきたい(笑)。

マスター(小林薫)の「親子だねぇ」という呟きへの回答になるが、他人から見て仲の悪そうな親子でも、実際にはそうでもないというケースが多いのであり、そうした親子にしか分からない心の機微を見事に描いているのが、魚戸おさむの新連載「はっぴーえんど」なのだ。この漫画はビッグコミック誌に連載中で、以下は2月25日号に載ったものだ。漫画に展開されているシーンは、実際に親の介護を体験した者でなければ、おそらくピンと来ないと思う。

17021701.jpg

17021702.jpg

【トランプ革命その後】
田中宇氏のメルマガ最新号(有償)について一言。【田中宇PLUS:フリン辞任めぐるトランプの深謀】と題した記事中で、今週の土曜日(18日)に開催される集会(以下のツイート参照)は、「軍産リベラルマスコミ」との闘いを貫くという姿勢を、トランプが示すものとして高く評価、続けて、「トランプと軍産との戦いはまだまだ続く」という結論を田中氏は導き出しているが、間違いである。プリン前補佐官辞任の時点で、トランプ革命という線香花火は終わっており、トランプは軍産複合体の軍門に降ったのである(フリン前補佐官の辞任について、トランプが一回もツイートしていない点に注目)。

«案の定 トランプぶれて ロシア斬り

2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
フォト

amazon&shop

  • 飯山一郎ブランド:ミラクル大豆
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ