2018年4月25日 (水)

豊かな人生・豊かな栄養=チョウザメです

飯山一郎
平成30/04/25(水)  
乳酸菌チョウザメです
国産チョウザメを優雅に食する時代です
1500円 1300円
(左)キャビア1g Aセット \1500 (右)フィレスライス・アラペーストのBセット \1300
チョウザメは3億年前から生きてきて,強度な放射線環境や氷河期を絶滅せずに乗り越えて来ました.

恐竜は絶滅しています.
チョウザメは,放射性元素を安定元素に転換出来る能力を備えている(らしい).

311から7年目,今後は放射線障害が急増します.
放射線障害の救世主!チョウザメ3億年のDNAパワーで健康長寿!

ワシのおススメは,アラペースト.
アラペーストには,エラと内臓以外の全てが入っています.(頭,中骨=脊椎,各ひれ,カマ,中落ち,縁側,皮,鱗,肋骨).

つまり,カルシウムは勿論のこと,DHA,EPA,コンドロイチン,たんぱく質(コラーゲン,アミノ酸)が豊富に含まれています.

膝関節痛,腰痛でお悩みの方にお勧め!
さらに,コラーゲンたっぷりなので…
美容効果が抜群のスーパーフード!…です.

お値段はリーズナブルです.
キャビア1g付き Aセット ¥1,500
フィレスライス40g・アラペースト40g Bセット ¥1,300

チョウザメの寿命は,70~100年.
150歳というチョウザメもいて…,長寿で縁起の良い魚です.

長寿のDNAを食べて健康寿命を延ばしましょう!
パーフェクトフード!です.
だっからワシも,週に2回は食べます!
飯山 一郎 (72)

2018年4月24日 (火)

きょうは真剣な書き込みになります

飯山一郎
平成30/04/24(火)  
長文ですが御清読のほど
トランプ大統領が安倍総理を絶賛
いま,習近平の中国は.朝鮮半島を影響下(=支配下)に置こう!と躍起になっている.

そういう中国の覇権主義・膨張主義に対して日本が対抗するには,米国との緊密な同盟関係が最も重要だ.

その米国は,とくにトランプ大統領は,いったい日本をどのように考えているのか?
このことに関しては『日米共同宣言』でのトランプ大統領の安倍総理に関しての発言(上の動画)が重要である.

それで,「Ricky_Elwoodさん」がトランプ大統領の発言を日本訳してくれたので,その文章を以下に載せます.

今後の日米関係を考えるための重要な資料ですので,この際ですから,ご精読・熟読をお願いします.>皆の衆
重要資料 トランプ大統領:「安倍晋三」を語る
翻訳:Ricky_Elwood

・ 安倍総理のアメリカ訪問を「失敗」と断じた新聞があったそうですがそいつはバカです。
・ 今回の日米首脳会談は目も眩む程の大成功です。その成果がこの共同会見に集約されております。
・ 私は「アメリカ大統領が日本の総理にここまで言ってくれるのか」と感動しました。以下、安倍総理の名誉挽回の為に日米共同宣言におけるトランプ大統領の演説要所を日本語訳します。
・ 凄いものです。大変長いですが安倍総理支持者の皆様、是非とも目を通していただければ幸いです。

(上の動画の2分45秒あたり)
「今日、私の良き友人、日本の安倍晋三総理を迎えた事に興奮している」

(上の動画の4分39秒あたり)
「私は何年にもわたる(安倍)総理大臣の見識とサポートに感謝したい。我々は平和で核の無い朝鮮という夢を追及して来た。シンゾー(晋三)、君は我々と共に一生懸命仕事をしてくれた。そして我々の仲間たちよ、我々は君達にとても感謝しているし我々は君達と共にある。君達はこれまでよりもずっと我々と近しくなった。我々はこの問題について共に仕事をしている。有難う」

【訳注1】
トランプ大統領の“I(私)”と、“We(我々)”の使い分けに注目したいです。安倍総理に謝意を表すときは、“I wanna thank the Prime Minister for his insight and support..”とトランプ大統領個人が「オレが感謝している」というニュアンスがあるのが感じられます。
尚この部分、”insight”についてはやはり安倍総理がトランプ大統領に朝鮮半島情勢、歴史などについて縷縷説明をしたという事があったのだろうと考えられます。
その見識やアドバイスにトランプ大統領は納得して「シンゾーにはinsight(見識/洞察力)がある」と考えているのだと思います。
【訳注終わり】→続く。次は必読です!

(5分10秒)
「我々がこの重要な瞬間に間に合った事については君(安倍総理)のサポートが常に決定的なものだった。もしこれが成し遂げられたら、それは歴史的な瞬間であるし、ことによるとそれ以上のものだ。
本日の我々のディスカッションは、北朝鮮問題と我々の共通国防問題についてアメリカ合衆国と日本の間での濃密な協力を再確認するものだった」

【訳注2】
ここは劇的な部分です。以下原文聞き取り(やや適当w)
“Your support has been critical to getting us to this important moment in time, it’s a historic moment and possibly beyond that if it works out properly.”では ”this important moment”
(この重要な瞬間)とは何か?
「朝鮮半島の非核化を目指す米朝会談」の事です。その前の”getting us to”と合わせると「朝鮮半島の非核化(または米朝会談)に我々アメリカが到 達する」という感じ。
”in time”は「間に合った」くらいの語感か。
つまりこの重要な瞬間をこのタイミングで実現するのに「安倍総理のサポートは、ずっと決定的(critical)なものだった」と大統領は述べているのです。これを聞いて私はブッたまげました。
続けて大統領は、“it's a historic moment and possibly beyond that if it works out properly”と言っています。この会談が成功して朝鮮半島の非核化に成功したら歴史的な瞬間どころか、それ以上のもんだぜ、と言っている訳です。私もそれはそうだと思います。
【訳注終わり】

(6分24秒)
「昨年の秋に日本を訪れていた時、北朝鮮政府によって愛する家族を拉致されたという恐ろしい心痛に耐えている日本のご家族に会った。
我々はこの家族が可能な限り早く再会するのを見たい。
そしてこれはシンゾー(安倍晋三)の心の中で真に最も重要な事だという事実を私は知っている」

(6分52秒)
「我々はこの件についてしばしば話し合った。君(安倍総理)にとってとても大事な事だ。そして我々は彼ら彼女らを取り戻すために、日本に連れ帰って 来るために出来る事は何でもするつもりだ.

【訳注3】
原文は、“We talk about it often, so important to you, and we're going to do everything possible to have them brought back, bring them back to Japan. I gave you that promise.”です。
ここで刮目すべきは最後の“I gave you that promise”ではないでしょうか。これは「私は君に約束したんだ」くらいの訳でいいと思います。つまり、アメリカ大統領が「シンゾー、オレはお前と約束したんだ」と言ってるのです。
アメリカ大統領に、ここまで言わせた日本の政治家は,過去にはいないと思います。
【訳注終わり】
(※この後暫く軍備や貿易の話になるが省略)

(8分42秒)
「この2日間は極めて実りあるものだった。私は心から信じるのだが日本とアメリカ合衆国との友情が今日ほど濃密(close)なものであった事はかつて 無かった。そして二国の人々の紐帯がこれほど強固な事は無かった。
今後数ヶ月にわたって我々はこの偉大なる友情を信頼する。何故なら我々は数々の難題と新しい好機に直面するからだ。我々はそれら(諸問題)に共に向かい合うのだ」

【訳注4】
後半のトランプ大統領の言葉の重さに私は慄く(おののく)思いでした。以下原文。
“The friendship between Japan and United States has never been closer, I truly believe it has never been closer than it si today.(中略) In the months ahead we will rely on this great friendship, as we face an array of all challenges and new opportunities and we will face them together.”
つまりトランプ大統領は「私は今日ほど日本とアメリカの友情が濃密だった事はないと本当に信じている」と前置きをした上で、「我々は来るべき数ヶ月においてこの偉大なる友情を信頼することになる。何故なら我々は数々の難題と新しい機会に直面するからだ。我々はそれらに共に向き合うのだ」と述べた訳です。
これ、慄然としませんか?
我々は“we will face them together”だそうですよ。この言葉には「同盟」という物の持つ重さを感じました。我々は現在の激しく動きつつある世界情勢の中に既に組み込まれているのです、否応なく。我々は今、激動の端緒に立っている様に思われます。例えば米朝会談がうまく行ったらトランプ大統領は日本に同盟国として相応しい多くのことを望むでしょう。米朝会談が決裂したら,次は軍事行動です。そこでもトランプ大統領は日本に同盟国として相応しい行動を望む、あるいは要請するでしょう。同盟、allyとはそういうものです。
【訳注終わり】

(9分22秒)
「(安倍)総理大臣、この重要なディスカッションとミーティングの為に貴方がマーアラゴまで来てくれた事に私は再度お礼申し上げる。君をここに招く こと、そして我々の2つの真に偉大で素晴らしい国のため大いなる安全保障、繁栄、そして平和について仕事をする事はとても名誉な事だ。君がここにいてくれて有難う。有難う」【日本語訳終わり】。私はそれを約束する」

以上です。
巷間誠しやかに語られる「安倍総理がアメリカに相手にされていない」とか「安倍総理は蚊帳の外」とか「日米会談は失敗だった」という論調がいかに軽薄なものか、いかに的外れで無責任なものかがお判りいただけたかと思います。

それにしても朝日新聞やテレビ朝日などに代表される日本のマスコミの愚かさには言葉を失います。野党議員の低能さにも言葉を失います。

日米宣言を見た後で日本のニュースを見ると、まだモリカケやセクハラ問題をやっている。その度し難い愚かさに暗澹たる気持ちにならざるを得ません。

日本でのニュースを読む限り、マスコミ人は誰もトランプ大統領の演説を聞かなかったんじゃないか、誰も日米共同宣言の重みを理解しなかった んじゃないかと疑いたくなります。と言うのも、少しでもこの内容を理解したら絶対あんなお粗末な記事は恥ずかしくて世に出せない筈だからです。長文失礼しました。

追加。我々は安倍総理が今の日本にとって如何に大事な総理かという事を知っていますが残念な事に新聞、テレビ、野党及び自民党の能無し政治家にはそれが理解出来ません。

万一安倍総理が退陣する事があったら日米関係は根底から揺さぶられます。石破等の無能政治家には安倍総理の代役は務まりません。

安倍総理は何故か「世界情勢変動の中にある日本」に対する理解が抜群でその認識がトランプ大統領とかなりの部分で一致しています。

安倍総理以外に今後5年の変動期の舵取りを経済も含めて出来る政治家はいません。

安倍総理が今退陣したらまた昔の日本に逆戻りです。それが最も悪いシナリオです。

私のツイートにいいねを下さった方々、リツイートして下さった10,000人以上の皆様本当に有難うございます。このツイートが一人でも多くの人の目に 触れて「マスコミによる安倍総理報道が虚偽だらけであり、悪意と中傷にまみれた虚報である事」を周知する助けとなれば幸いです。本当に有難うございます。

上の長文をシッカリ読まれた方.
日米関係とアジアの近未来が明快にイメージできたでしょ?
ワシは…
安倍晋三を持ち上げ,褒めているのではない.
ワシの子供や孫たちが生きてゆく日本国の隆盛を祈る際,安倍晋三の貴重さに気づいただけなのだ.
以上,本日は長文すぎるので,感謝しつつ筆を置く.
飯山 一郎 (72)

応神天皇の秘密(4)

人生は冥土までの暇つぶし

倭は日本列島にあった国ではなく、元来から朝鮮半島に在ったのだし(下図)、決して日本(日本人)のことではなかった!
応神天皇の秘密(3)

18042201
『卑弥呼の正体』p.187


今回の堺市で飯山一郎さんとお会いしたのは四回目(東京→青州→大阪→堺)となったわけだが、歴史が話の中心となったのは二回ある。初回は一昨年秋の青州、そして今回の堺だ。青州には四日間滞在し、歴史の深奥について多くを聞いた。そのあたりの報告は、「青州で思ふ」と題したシリーズで計9本の記事を書いているが、中でも歴史を中心に書いた記事は以下の4本である。

青州で思ふ(3)…古代中国
青州で思ふ(4)…古代朝鮮
青州で思ふ(5)…古代日本
青州で思ふ(6)…総括(殷→箕子朝鮮→北魏→北燕→邪馬台国→馬韓→扶余→百済→日本)


青州では「青州で思ふ(3)」にある古代中国の話を中心に、飯山一郎さんの話を四日間かけて聞いたわけだが、今回の堺市では二日間かけて「青州で思ふ(4)」の古代朝鮮について聞いたことになる。殊に、話の中心は朝鮮半島の三国時代(紀元前1世紀~7世紀)で、そのあたりを中心に幾本かの記事を書くつもりでいた。

18042302
朝鮮史

ところが先週金曜日の夜、長年の付き合いのあるドイツの翻訳会社からメールが届き、昨年の晩秋あたりから予告のあった大量の仕事(翻訳)が、今週からスタートすることが本決まりとなったと書いてあった。だから、慌てて「応神天皇の秘密(3)」を一昨日アップしたのだが、どう考えてみても、予定していた残り数本の記事を書き終えるのは無理…。

そして今朝、件の翻訳会社から大量の翻訳ファイルが届いたという次第だ。当初は20万語ていどと言われていたのだが、いざフタを開けてみたところ、ナント倍近くの36万ワード…。今までの体験から、36万ワードを翻訳し終えるのに数ヶ月かかるはずで、7月下旬にアルゼンチンへ発つまでに終わるかかどうか心許ない。もしかしたら、アルゼンチンに行っても仕事を続けざるを得ないかもしれないのだ。よって、次の「応神天皇の秘密」シリーズを書くにしても、アルゼンチンから帰国して以降のことになりそうだ。

むろん、途中で時間が取れたら「応神天皇の秘密」シリーズを書くかもしれないが、そのあたりは皆目わからないというのがホントウのところだ。そこで、本稿では堺市で耳にした飯山史観のあらましを、箇条書き(順不同)の形で示しておくことにしたい。

■応神天皇の出自は熊襲
堺で飯山さんの話を伺って、話の骨格が【連載:ホンダワケ】シリーズに示されていると改めて思ったので、以下にリンクを張っておこう。

応神天皇は仲哀天皇の子?
巨大な前方後円墳の原型は?
やはり応神天皇は…


ここで、応神天皇の御代以降、熊襲は隼人と称されるようになったという点に注目の上、その背景を上の記事で確認していただきたい。

また、皇統という観点から見た、応神天皇についての以下の記事も重要である。

応神天皇(ホンダワケ)が祟る時代が来る…鴨


■蒲生君平の著した『山陵志』
「初めて古墳を天皇陵(山陵)として比定したのが、江戸時代の蒲生君平である」と飯山さんは語っていたが、それと関連して、山形明郷先生の以下の言葉を併せて紹介しておく。

ところで、ここに一つ不審に思われることがあるので、概略を述べておきたい。

わが国の史学者は、どういうわけか他国の歴史に関するものであるとわざわざ出向していき、めったやたら陵墓を掘り返し、何が出土したの発見されたのなどと、他国の歴史的存在や文化程度の一端が解明されたと発表しているが、こと自分たち日本列島の具体的な歴史解明については、一向になされず放置したままで平然としている。

このことは、学者のみならず、一般の研究家と称される人たちもまったく同じ姿勢なのである。これはいったい、なぜなのであろうか。

日本の古代史を語る上で、つねに持ち出されるのが、その信愚性がまったく定かではない「魏志」を始めとする「倭人伝」一辺倒の解釈である。

「倭人伝」を引っぱり出して云々することは各人の自由であるが、それならば「邪馬台」やその国の女王であったという「卑弥呼」の墓と推定されている「箸墓古墳」を始め、幾多の陵墓が現存しているのであるから、なぜそれらの墓を調査しないのであろうか?

それは、現在の皇室に関わる存在であるから、という懸念からだとするならば、そのような考え方は一掃されるべきである。

今日現在、天皇の陵墓としてみなされている存在は、百パーセントの確率で考古学上の物証は皆無である。江戸の寛永年中、蒲生君平によって編纂された『山陵志』が語っているに過ぎないからである。

『古代史犯罪』p.79~80


また、以下は飯山さんが蒲生君平について言及した投稿…。

天武以前の日本は古墳時代で、豪族たちが合従連衡していました。

その豪族たちの中で最大の勢力を誇っていた首長の墓が仁徳天皇陵とした
のは、伊勢松阪の本居宣長の指導で蒲生君平が書いた『山陵志』が最初。
これを後代の学者がほとんど検証しないまま、現在に至っている…。

ズバリ言えば、仁徳天皇は架空の存在です。実在した証拠はありません。

http://grnba.bbs.fc2.com/reply/14186314/917/


豪族に関して、同じく飯山さんの以下の投稿にも注目されたい。
http://grnba.bbs.fc2.com/reply/15523279/932/

■唐仁大塚古墳
【参照】飯山HP

昨日は朝から夜まで隣町で歴史の勉強!
断定:「日本国」は大隅半島で建国された!
日本建国の秘密は大隅半島にある!


堺市で、堺のおっさんと亀さんのみに配布してくれた史料、以下に公表する。

1804230318042304

1804230818042309

■原田古墳
参考【飯山HP】
あらびき茶の産地は 日本古代史の舞台

■日本書紀
日本書紀は幾つかの改訂版があり、版を重ねる毎に六代の天皇について、良い書き方をしなくなっていくのがわかる。

応神天皇 陵の記載なし
允恭天皇 皇居地の記載なし
雄略天皇 兄弟殺害等の暴虐
清寧天皇 皇后の記載なし 皇子なし
顕宗天皇 兄の仁賢天皇より先に即位
 皇統は兄の仁賢天皇にまわる
武烈天皇 暴虐、皇子の記載なし

藤原不比等は日本書紀に登場する、応神天皇から武烈天皇までを悪ざまに改訂しているわけだが、古事記同様、日本書紀初版には、上記の天皇について悪く書いてはいなかったのだ。

■開化天皇
欠史八代の最後の天皇である開化天皇から初めて枝分かれし、そこから安倍晋三の遠祖が出た。従って、現皇室(田布施)よりも前に分家していることから、安倍家の方が格上と安倍総理は認識している。

なを、流れとしては葛城王朝(欠史八代王朝)→イリ王朝(崇神王朝または三輪王朝)→ワケ王朝(応神王朝または河内王朝)と王朝の交替があった(継体天皇以降の王朝は略)。

■東アジアの二大源流(殷とツングース)
・殷のシャーマニズムを引き継いでいるのが日本の今上天皇。
・ツングースのツンとは豚の意。

殷のシャーマニズムについては、拙稿「天頂に生きる」に書いた。ツング=豚については、飯山さんが幾本か記事にしている。たとえば、「われわれの先祖は豚を飼う民族だった」を参照のこと。

上記以外に、誉田八幡宮の宝物館に入館させていただいて観賞した金銅透彫鞍金具、部落の起源、鯨解体族、その他という具合に書きたいテーマも多いのだが、ネットという公の場では発表できない秘話も多々あるので割愛させていただく。

18042301
宝物館の前庭に咲く紅白梅

ここで一言。

亀さんが堺市に赴いて飯山さんの話を聞きに行ったのは、知的好奇心から飯山史観に関心があるというだけではない。新しい御代を迎える来年5月以降、どのように生きていくべきか、自分なりの羅針盤を作成したいと思ったからだ。そのあたりは、今年の忘年会の勉強会において発表できればと思う。

なを、アルゼンチンでの体験もブログ記事にする予定だが、これは「応神天皇の秘密」シリーズが終わってからにしたい。

最後に、堺市で別れる際に飯山さんが次のように言ってくれた。

今度は、古代日本について語りたいことがある。場所は志布志!


いよいよ大詰めとなる飯山史観についての最終話、志布志市で古代日本の秘密に迫る話を聞くことになるわけで、今から楽しみだ。しかし、その前に、「応神天皇の秘密」シリーズを完結せねばならぬ…。

2018年4月23日 (月)

「有名人をひと目見たい!」という強烈願望

飯山一郎
平成30/04/23(月)  
見て 興奮して 思考停止ww
とにかく有名人を見たい!と熱狂
180422hanyu
羽生結弦(23)の凱旋パレードに,12万人!
有名人(Celebrity)をひと目だけでも見てみたい!
大衆は,こ~ゆ~強烈な願望をもつ.
ワシも大衆なので,羽生結弦を見に行きたかった!www

沿道ビッシリの大群衆が大歓声を上げるなか…
車上の羽生結弦選手は,時速2kmで過ぎ去って行った.
アッ!と言う間だった.
それでも…
「ひと目でE~! 一瞬でE~!」と熱烈願望した大群衆は…
み~んな大満足!
そらそ~だ,念願の超有名人が見られたんだからな.

「自分は,羽生結弦という超有名人を,見た!」
た~だソレだけなんだが…
ヒトは満足感にひたり,憂いや悩みを(一時的に)忘れる….
悪いことではない.決してE~ことでもないんだが…www)

そ~して,ヒトは,また明日から,悩み多い日常生活に戻る.

こ~ゆ~社会現象を,柳田國男は…
『ハレとケ』という対立概念で説明した.
「ハレ」とは,晴れであり,儀礼や祭など「非日常」.
「ケ(褻)」は,普段の生活である「日常」のこと.

ヒトには,「ハレの日」が必要なのであり…
それを羽生結弦クンが,もたらしてくれたワケ.
悪いことではない.www
飯山 一郎 (72)

2018年4月22日 (日)

応神天皇の秘密(3)

人生は冥土までの暇潰し

倭が日本列島にあったと頭から信じ切っている。
応神天皇の秘密(2)


前稿で取り上げた歴史雑学探究倶楽部編『天皇家の謎』の場合、倭が日本列島にあったと頭から信じ切っていたし、安本美典氏の場合も、倭は日本のことだと思い込んでいるのが一目瞭然であった。以下、安本氏の『応神天皇の秘密』からの引用である。

すべて(※)「海」を渡ったと記している。

これらは、日本列島にいた「倭」が、海をわたって朝鮮半島におもむいたことを記している。「倭」が日本列島の勢力であることを示している。そして、日本がわの文献『古事記』『日本書紀』を読めば、渡っていった主体は、神功皇后に率いられた軍隊であると記されている。

以上で用いた諸史料のうち、「広開土王碑の碑文」の年代などは、同時代史料なので、ほぼ確実である。

『応神天皇の秘密』p.90

(※)広開土王碑、古事記、日本書紀を指している。


「倭が日本列島にあったと頭から信じ切っている」のは、なにも歴史雑学探究倶楽部や安本氏だけではない。実は、どの辞書や百科事典も押し並べて、倭は日本のことだと解説しているのだ。たとえばデジタル大辞泉の場合、「」について以下のように定義している。

日本人の住む国。古代、中国から日本を呼んだ名。


事実は、倭は日本列島にあった国ではなく、元来から朝鮮半島に在ったのだし(下図)、決して日本(日本人)のことではなかった! その倭について、山形明郷先生は以下のように書いている。

倭人は現韓半島の南部、すなわち慶尚南道の海岸地帯から、全羅南北道の広汎な地域にわたって住んでいた『在地原住民』なのである。その居住区域は、極めて広く、また、その数は厖大なものであったと思われるのである。
『卑弥呼の正体』p.210


18042201
『卑弥呼の正体』p.187

18041706
3月3日、深夜の堺市にて。手前の本は山形明郷先生の『古代史犯罪』

さて、前稿で「■応神天皇の生きた時代」について書くと約束していたが、その前に古墳時代から飛鳥時代(592年~710年)にかけて、つまり、国のかたちが一応成立した(中央集権国家成立)頃までを簡単に取り上げておこう。

■応神天皇の生きた時代
先月、紀伊田辺と大阪の堺を旅していた車中、『応神天皇の秘密』をパラパラと捲ってみたが、出鱈目だらけというのが率直な読後感だった。ただ、飯山一郎さんも指摘しておられるように、「応神天皇=ホンダワケが,武内の宿彌と神功皇后とのあいだの子である」、という考察は評価に値すると思うし、それだけでも安本氏の『応神天皇の秘密』を入手しただけの価値はあった。

ここで、大和政権をキーワードに、各々の辞書や百科事典が大和政権について、どのような解説を行っているのか確認しておこう。以下はデジタル大辞泉の「大和政権」の定義である。

大和および河内(かわち)を中心とする諸豪族の連合政権。大王(おおきみ)とよばれる首長を盟主に、畿内地方から4世紀中ごろには西日本を統一し、4世紀末には朝鮮に進出。種々の技術を持つ渡来人を登用し、5世紀末から6世紀ごろには部民制・氏姓制度による支配機構が成立し、国・県(あがた)による地方統治組織が整えられ、大化の改新を経て律令国家へとつながっていった。


上記の「大和政権」について解説したページではデジタル大辞泉以外に、マイペディアといった百科事典の詳しい解説も併記されているので参照していただきたい。では、デジタル大辞泉などの解説を叩き台に、次稿では飯山史観と対比させる形で、具体的に「■応神天皇の生きた時代」について筆を進めることにしよう。

放知技の「虻農〇」氏とは何者なのか?

飯山一郎
平成30/04/22(日)  
楽しい!文学的仮説
YK6 YK2 YK1 YK3 YK4 YK5

文学的仮説 野菜と果物:何が違うのかッ
Author:虻農〇(アブノーマル)
野菜と果物 何が違うのかッ

この素朴な疑問に ようやく一筋の光明が差した.

・・・・・・・そう

野菜わ「食べられたくなく」果物わ「食べられたい」ということだ.

野菜わ「食べられたくない」ので 独特の苦味やアクを有しており
キュウリわ 塩もみしてトゲとアクを取り
ゴボウなどわ毒々しいまでのアクが出て
豆の類わ レシチンなる毒まで有している
つまり 野菜を効率的に消化するにわ
ひと手間かけなければならず
野菜わ「食べられたくない」のであり
野菜農家の苦労わ 誰もが知るところである.

いっぽう

果物わ「食べられたい」が故に えもいわれぬ芳香を漂わせ
狂おしいまでの色合いを発し…
動物達に一度食べたら止められない
甘美な味を提供し 消化されない種は…
糞と一緒に新しい土地に移動し
そこでまた 個々の生命を維持させようと…
涙ぐましいまでのモチベーションに満ち溢れており

果物屋の店主にわ 苦労顔した者など居ない.

・・・・・という結論に達した~♪

 -以上-
『放知技』の異才「虻農〇(アブノーマル)」氏は,先頃も紹介した(記事)が,思考も文章も実に特異で…,異彩を放っている.

上に載せた「虻農〇」氏の文章のタイトルに,『文学的仮説』と付加したのはワシだが…,理由は,彼の文章が誠に「文学的」だからだ.

「文学的」というのは…,読み手が文章に魅せられ,引き込まれてしまうからだ.
そ~して,彼の「文学的仮説」を信じでしまうww

「文学的な文章」とは,フィクション(想像,架空,小説)であり…,読み手を楽しませるエンタテイメントでもある.

そう! 「虻農〇」氏の文章は,実に楽しいのだ.
しかも,知的刺激にあふれている!
だっから,「虻農〇」氏には,“ファン”(読み手)が物凄く多い.

それにしても「虻農〇」氏の文章は,読ませる!
野菜や果物を「文学的に擬人化」して…
野菜わ「食べられたくなく」
果物わ「食べられたい」ということだ.
野菜わ「食べられたくない」ので
独特の苦味やアクを有しており
キュウリわ 塩もみしてトゲとアクを取り
ゴボウなどわ 毒々しいまでのアクが出て…
このよ~に「虻農〇」氏は延々と「自説」(自分だけの説www)を延々と主張して,読み手を文末まで引っ張ってゆく…www

野菜と果物の違いは(日本では)野菜は「草本性」で…
果物は「樹木性」と行政が大雑把に定義しただけの話.
草として生えるものは野菜.木になるものは果物と.

だっけど,キュウリ(ウリ科)は野菜として扱われ,同じウリ科でもスイカやメロンは果物として扱われるのは,おかしい.ヘンだ!

やっぱ,「虻農〇」氏の言うとおりで…
スイカやメロンは「人間に食べられたい」ので…
“果物”なんだわね!(爆)

飯山 一郎(72)

2018年4月21日 (土)

ニッポンは『おっぱい騒動』で多忙ww

平成30/04/21(土)
世界を変える!金正恩の大構想
北朝鮮,核実験とICBM発射実験中止
核実験場も廃棄と発表
朝鮮半島の平和と安定のため周辺国と
緊密な対話を積極的に行うことも決定

日米は一体どうする?
「金正恩の新国策」を邪険に扱うと…
北朝鮮は中国陣営になびき…
朝鮮半島は中国の影響下に入ってしまう

君子豹変しアジア激変す
180420newkim
テレビでは,色んなシトが色んなコトを言ってますが…
本質は,上のタイトル・サブタイトルの文言が全てです.
おっと!
「分蜂が始まった!」 と皆が騒いでいるので…
日本蜜蜂の捕獲作業に出かけます!
ワシ,いちおうは,プロですので…www
飯山 一郎 (72)

2018年4月20日 (金)

思考の訓練に役立つ絶好の文章

飯山一郎
平成30/04/20(金)2  
視点を変えれば別世界
悪いと思っていたがじつは善かった!
教育勅語の効用
Author:愚 山 人
教育勅語は、敗戦後占領軍GHQによって禁止された。
何故禁止されたか?

あの連中が
日本人の“ため”に
教育勅語を禁止したなんてことではない。
(原爆投下と焼夷弾の絨毯爆撃を想起!)

連中に都合が悪いから禁止したのだ。

天皇を頂点(中心)にして
日本人が精神的に一体化すること……

これは連中の占領政策に支障を来す。
のみならず、
将来、連中の覇に対する脅威となるから。

このように考えてくると
逆説的だが
日本人の教育の淵源は、教育勅語にある! 鴨葱。
敵の敵は味方。
故に
敵が潰したものは、日本人の宝。

況んや、今は世界の覇が大きく変動しようとしている。
日本人が心を一つにしなければならない時期だ。

古代中国の人は曰く
内部がばらばらの国は離間を拡大し、
混乱している国は転覆させる。
これが覇王の策略というものです(春秋左氏伝閔公元年)

マスゴミと似而非日本人には要警戒だな。 (原典)
視点を変えて沈思黙考
放知技が求める柔軟な思考と実事求是Houchigi2018
放知技』には実に多才な人間が集まってくる.
その一人,「虻農〇(アブノーマル)」氏は先ごろ紹介した.(記事)

今回は,愚山人氏.
彼の視点・視座は独特で,実に柔軟な思考を展開する…
『放知技』を代表する思想家だ.

愚山人氏は,右翼でも左翼でも中道でもない…
しいて言えば,「愛国の士」だ.

「愛国の士」が『教育勅語』を評価すれば右翼!となるのだが…
だんじて違う!
愚山人氏は,『教育勅語』を崇拝する右翼ではない.

敗戦後の日本人はこんな教育を徹底的に受けてきた.

『教育勅語』を含め,戦前の日本の思想・文化・伝統は極悪だった!だから,あんな無謀で悪質な侵略戦争をヤラかした!戦前の日本を否定して,戦前の日本とは違う新日本をつくろう!と.

こういう「自虐史観」を叩きこまれて,日本人はマゾ(Masochistic)になってしまったのである.

愚山人氏の考え方はこんな感じだ.

世界の覇権が激動している今,日本人が右と左に別れて喧嘩している時ではない!日本人が心を一つにしなければならない時期だ.

愚山人氏の文章には現在の日本国に対する警告がある.

内部がばらばらの国は離間が拡大してゆき,混乱している国は転覆させられる

こうならないように!という祈りが,愚山人氏の文章にはある.
国を想い,国を憂える愚山人氏の文章.ワシは好きだ.
飯山 一郎 (72)

お友達は少ないより多いほうがE~!

飯山一郎
平成30/04/20(金)  
安倍とトランプは「お友達」
互いに相手を忖度しあう仲
二人ともマスコミとイチャモン野党が大嫌い
2pho
SPUTNIK
トランプ氏,拉致問題で「全力を尽くす」 日本政府を支援
『スプートニク』 2018年04月19日 https://sptnkne.ws/hrRM
トランプ米大統領は19日、安倍首相との共同記者会見で、日本人拉致問題で日本政府を支援していく考えを明らかにした。
中曽根康弘とロナルド・レーガンの「ロン・ヤスの関係」.
あれは「ロン!ヤス!」と呼び合いましょう!と決めただけ.
ところが…
安倍晋三とトランプは,本当のお友達!
いままでに3回もゴルフをやり,電話会談だけでも何十回!
安倍晋三がフロリダでトランプと過ごした時間は,17・18両日だけで10時間を超えた.
これほど仲の良い首脳関係は,歴史上にも例がない.

ただし今回は,仲の良さなどには無関係な深刻な問題を…
日・米両国は抱えていた.それは朝鮮半島の問題である.

本年元旦,金正恩は「平昌五輪に参加!」と言い出し…
朝鮮半島の深刻な緊張を,胡散霧消させてしまった.

韓国の文在寅は外聞を気にせずに,「北向け北!」
中国の習近平までが,金正恩を破格・異例の国賓待遇!

このままだと朝鮮半島は,中国の忠実な同盟圏に入り…
釜山港には中国の軍艦がウジャウジャ状態になる?

「シンゾー! キミならど~する?」 トランプは真剣だった.
成功すれば歴史的な英雄! 失敗なら中間選挙,大敗!

だっからトランプは,安倍晋三と10時間も一緒にいたのだ.
二人は,ゴルフ場でも密談を重ね,密謀を練った…

安倍晋三は,提案のキーワードとなる英単語を書き込んだ「カンニングペーパー」(首相周辺)をポケットに忍ばせてゴルフに臨んだほど真剣だった.

で? 二人は「金正恩籠絡の秘策」をまとめられたのか?
まとめられた!と,ワシは思う.

それは,米朝首脳会談の直後,世界を仰天驚愕させる!
そのような内容の「秘策」が発表されるだろう.
飯山 一郎 (72)

2018年4月19日 (木)

日本とアメリカの今後のアジア政策は…

飯山一郎
平成30/04/19(木)2 
ゴルフ場で決まった!
こ~ゆ~首脳外交が出来ればシメタもの0418atgolf
(野党を含む)反安倍スッポン族(「ビンボ~人」ら)は,安倍のゴルフ外交を(憎悪心ムキ出しで)ナジっている.

首脳外交には(一国の命運を左右する)密約と密談が伴うため,漏洩防止には(壁に耳あり,障子に目ありの心配がない)ゴルフ場は最適なのだ.

さらに…
日米首脳が二人きりになってゴルフを楽しみながら密談をする!という関係は一朝一夕で築けるものではない.

万々が一,安倍総理が辞めたとして,トランプ米大統領とサシでゴルフができる政治家がいますか?!

民主党政権下で日米関係は最悪になったが…,アレの二の舞になるのが関の山.

こ~ゆ~ことを安倍総理も与党主流派も知っているので,安倍総理は辞めない!

イチャモン野党やネオコンマスコミが,さらに五月蝿くなったら…,安倍総理は,解散を断行するだろう.

案の定というか,アドバルーンというか…
飯島勲(元小泉純一郎の第一秘書,現内閣官房参与)が解散風を吹かせ始めた.

時々当たる飯島発の“解散風” いまだ“老熟”せぬ『狭量小泉節』
この記事はヒッジョ~に面黒い!
読んでみて下さい.>皆の衆
飯山 一郎 (72)

『てげてげ』:プリティギャラリー開店!

飯山一郎
平成30/04/19(木) 
将来性ある画家を発見

Miyukim2_3 松嶋美由紀画伯.ほぼ毎年,東京銀座の新井画廊などで個展が開催されるので,東京近辺にはファンが多い.ワシも大ファンの一人だ.というのは彼女の絵(水彩画)を買って,飾って,毎日ながめているからだ.心が癒されるのだ.疲れた時,彼女の絵を見ていると,元気が戻ってくるのだ.将来,この画家の絵は人気が出る!値段も上がる(ヒヒヒ)と思うと,さらに元気が出る…(爆)

桜と茶畑有名な「遠山桜」の景色です
S_7813424201919 Toyamazakura
絵をクリックすると,別窓で拡大写真が見られます.
【作者の添え書き】:熊本県球磨郡あさぎり町の茶畑に咲く一本桜です.朝もやの雰囲気を表現したかったです.この桜の花びらは,遠くから見ても存在感が出るように何回も重ねて塗りました.このような自然の風景をいつまでも大切にしたいという思いで描きました.(松嶋美由紀)
「桜と富士山」日本人が大好きなモチーフ
S_7813422906364 Sukurafuji
絵をクリックすると,別窓で拡大写真が見られます.
【作者の添え書き】:桜も富士山も大好きで,どちらも見ているだけで幸せな気持ちになります.この絵では,自分の思い描く富士山になるまでに何日もかけました.水彩画では,描きあげて一日経つと紙に絵の具が吸収されて違う色になってしまうことがあります.自分の思う色になるまで何回も色を重ねます.小さな花びらを一枚一枚描くたびに,幸せな思いにあふれていました.淡いピンクの色に心が満たされていました.また,冠雪の色も何十回も塗り重ねています.(松嶋美由紀)
『てげてげ』:プリティギャラリー開店!
松嶋美由紀画伯の水彩画には,「日本人の真心と誇り」があります.
だっから多くの日本人の知っていただきたい!と思い…
『てげてげ』:プリティギャラリー開店!の運びとなりました.

丁寧に描かれた貴重な水彩画で,今回は2点しかない…
その2点水彩画は,『ぽんぽこ笑店』が発売させて頂きます.
お値段は,『桜と富士山』が68,000円.『遠山桜』が95,000円.
発売時期は,1週間以内です.
ですから「早いもの勝ち」となります.(オークションではありません.)
今回買い逃しても…,2ヶ月後には新作品を発表します.

松嶋美由紀画伯の絵を身近に掲げて,日がな眺める…
疲れた心が洗われ,心身ともにリラックス!
そのような水彩画です.
ゆったり,まったり,絵を眺めて暮らす人生を!
飯山 一郎 (72)

2018年4月18日 (水)

野党は公党として存在価値なし!

飯山一郎
平成30/04/18(水)2  
日本の国益を無視する
野党は日本国民の敵
麻生氏のG20出席 野党側の反対で了承せず 衆院議運委理事会
G20は国際的に一番大きな会議と言ってもいい程の国際会議。そのG20に日本の財務大臣である麻生太郎大臣を欠席させようとする野党は,経済も外交も軽視しすぎ。国益優先ではなく,倒閣を優先する野党は日本国民の敵! (DAPPI氏のツイート)
野党はG20より財務省オッパイ問題が重要と
Yatoteki
アメリカで開かれるG20=主要20か国の財務相・中央銀行総裁会議について、18日の衆議院議院運営委員会の理事会で、政府が麻生副総理兼財務大臣の出席に理解を求めたのに対し、野党側は財務省をめぐる問題への対応を優先すべきだと反対し、了承されませんでした。(記事)
モリカケ疑惑.総理と総理夫人を犯罪人あつかいするのに…
お友達!と言うだけで,根拠もね! 証拠も証言も,全くね!!

オラ,こんな野党ヤだ~♪ 辻元なんかもヤだ~♫•*¨*•.¸¸.•♪
東京の国会は,濡れギヌ着せて,冤罪づくり~♪♫
立憲・希望・民進は,デッチ上げばかりヤる中傷政党だ罠~♪

まったく牛~!この1年間で日本国は冤罪社会になってしまった.
いつ濡れギヌを着せられて犯罪人呼ばわりされるか分からない.

そのあげくに野党は,麻生財務相をG20に行かせない!だと.
政治・経済・外交を全く無視して,野党がヤることは倒閣運動だけ.
日本の野党の目的は,内閣支持率を下げることだけ!

こんな卑怯で卑劣な野党は,日本国民の敵です!

次の総選挙は,野党の朝鮮系議員(例:福山哲郎)を狙い撃ち♪
♪ウッララ・ウララ~・ウラ社会とツ~カ~の辻元も落としましょ!
♪逃~がさない~! パッと狙い撃ち!

    ウララ ウララ ウラウラで~
    ウララ ウララ ウラウラよ~
    ウララ ウララ ウラウラの~
    この世はワシらのためにある!
飯山 一郎 (72)

激変する世界のなかで日本はモリカケ

飯山一郎
平成30/04/18(水)  
 
安倍一強・一人外交
 
表情かたく同じネクタイ
180418at1
 
180418at3
 
180418at2
 
安倍晋三総理の表情には,かすかな微笑も…
 
安倍晋三とトランプのツーショット.ワシは100枚以上の写真を精査したが,上の3枚が「二人の平均的な表情」だwww

ようするに,トランプの表情は固く,深刻そうで,安倍晋三は幾分くつろいだ感じ.

二人の表情から判断するに…
日米首脳会談は,対北朝鮮・対中国の対処・対応法について非常に深刻な話になっているようだ.

そらそ~だ.
中国側・習近平が全力を挙げて金正恩を懐柔しつつ,朝鮮半島の全域をチャイナの影響下に治めようと総力を挙げている…

朝鮮半島が中国の傘下に入って,目と鼻の先の釜山港に中国の軍艦がウジャウジャ集結し始まったら,ど~すんの?!と,安倍晋三はトランプに迫った!

つい先ごろ北朝鮮問題の当事者になったトランプ大統領は,長い長い経験をもつ安倍晋三総理に,「シンゾ~はど~考えてるんだ?」と聞きただそうとする.

こ~ゆ~ヤリトリのなかで,トランプ大統領は,「米朝首脳会談での拉致問題の提起」をシンゾ~に明言せざるを得なかった.

そのほか,アレも,コレも,ソレもと,色~んな難題があることを,安倍総理はトランプ大統領に話しまくった…

かくしてトランプ大統領は,(経験者)安倍総理が描いた構想に沿って,米朝会談に臨むことになる.

もっといえば…,トランプ大統領は「日本国の名代(みょうだい)」として,日本国の立場を北朝鮮に伝えることになる,と.

それはそ~と…
二人のネクタイの柄が同じ!鼠~ことは,偶然ではない.北朝鮮と,中国と,韓国にも,「メッセージ」や「サイン」を送っている….

なかなか手のこんだことをヤル二人.芸が細かい.
外交とは,まぁ,そ~ゆ~ものなのだ.
飯山 一郎 (72)

2018年4月17日 (火)

北朝鮮:「ファーストレディ」がデビュー!

飯山一郎
平成30/04/17(火)  
金正恩を支える良き妻
ロシア:正恩夫妻のイメージアップ報道
金正恩夫妻
SPUTNIK
朝鮮中央通信が正恩氏夫人の初単独動静報道 中国芸術団の公演観覧
『スプートニク』 2018年04月16日 https://sptnkne.ws/hqsq

朝鮮民主主義人民共和国の朝鮮中央通信によれば、訪朝した中国芸術団の初公演が14日、平壌で行われ、金正恩朝鮮労働党委員長の李雪主夫人や、妹の金与正党第1副部長らが観覧した。時事通信社が報じた。

朝鮮中央通信は金正恩氏に随伴しなかった夫人を「尊敬する李雪主女史」と伝えてた。夫人の初の単独動静報道で、「ファーストレディー」としての地位を内外に誇示する意図があるとみられる。
14日.李雪主・正恩夫人が中国芸術団の平壌初公演を観覧 (記事) 16日.金正恩委員長は中国芸術団のバレエ公演を李雪主夫人と鑑賞した.公演後,舞台で芸術団メンバーと握手し「中国人民の友情をわが人民に抱かせた」と話した.中国共産党の宋濤・中央対外連絡部長には「習近平国家主席に私の熱い挨拶を伝えてほしい」と述べた.(記事)

いやはや,なんともはや…,金正恩の外交戦略,イメージ戦略には,様変わり!というか,目を見張るものがある.

夫婦揃って国民の前に出る,なんちゅ~コトは,祖父や父はヤラなかったし,「喜び組」とか,な~んか陰湿な雰囲気があったが,三代目はスカッと爽やかに夫人同伴でバレエ鑑賞www

しかし,コレは金正恩が練りに練った緻密な作戦なのでR!

14日は自分は行かず,李雪主夫人と妹の金与正の二人の女性に中国の宋濤・中央対外連絡部長を接待させるわ,ついでに李雪主夫人をファーストレディとして華々しくデビューさせるわ…

16日は夫人同伴でバレエ鑑賞に行き,「習近平国家主席に私の熱い挨拶を伝えてほしい」と述べる金正恩.

これで安倍晋三とトランプはこう思って,焦りまくるだろう.
「金正恩が親中国になった!このままだと文在寅と協同の南北統一の過程で,朝鮮半島全体が中国の傘下に入ってしまう!」 と.

まさに今,「中露 対 日米」という対立の構図で,朝鮮半島を,中露? 日米? どちらの陣営が傘下に治められるか?!という熱い争奪戦が展開中なのである.

日本の最大の問題は…
朝鮮半島が中国の傘下に入り,目と鼻の先の釜山港に,中国の軍艦がウジャウジャ集結し始まったら,ど~すんの?!という問題だ.

財務省の事務次官が飲み屋で「おっぱい触ってE~?」と言ったの言わないの,ロクでもない話で国会が紛糾する!って,これ,卑劣な野党の卑怯なカラー革命でしかない.

そんなコトより,明日と明後日の日米首脳会談.
安倍晋三もトランプも,かなり深刻だろう.

それにしても,金正恩は,まこと,したたかだ罠~.
飯山 一郎 (72)

応神天皇の秘密(2)

人生は冥土までの暇潰し

実に衝撃的な内容であった。
応神天皇の秘密(1)

今回より「応神天皇の秘密」に筆を進めていくことになるが、その前準備として二本の小節を書いておきたい。一本は、我々が学校の教科書で習ってきた日本史。これを、一度突き放す形で見直して欲しいと思い、本稿「■日本史の〝常識〟を乗り越える」を書いた。そして、もう一本は次稿で取り上げる予定の「■応神天皇の生きた時代」で、応神天皇の御代とは、どのような時代だったのかについて振り返ってみたいと思う。何故なら、そうしないことには、何故に飯山史観が〝衝撃的〟なのか、てんで分からなくなるからである。

■日本史の〝常識〟を乗り越える
18041701

初代の神武天皇から綿々と続いてきた皇統、現在の今上陛下は初代神武天皇から数えて第125代目の天皇であられる。神武天皇以降、2678年もの時間が経過、読者の頭の中では、天皇家について分からないことが幾つもあるのではないだろうか。たとえば、手許にある『天皇家の謎』の目次に目を通すに、以下のようなことが天皇家にまつわる謎とされているようだ。

18041702
18041703
18041704

念のため、久しぶりに同書をサーッと斜め読みしてみたが、無知蒙昧という他はない。たとえば「謎の四世紀をめぐって」(p.52)という小節だが、五世紀前半の応神天皇とも関連してくることもあり、少々長くなるものの、以下に同小節の全文を引用しておこう。

謎の四世紀をめぐって
抜け落ちた大和朝廷成立と倭の五王

史書に記されない空白の時代
まだ日本に文字が入っていなかった時代の出来事を知るには、周辺の国、なかでも中国の史書に頼るしかない。

実際、日本列島の出来事と思われる記述は、西暦五十七年ごろの『漢書地理史』にはやくも登場している。また、有名な邪馬台国と卑弥呼について書かれているのも中国の『魏志倭人伝』だ。

ところが、ある時期から中国の史書に、日本の記述が見られなくなる。およそ百年、西暦四世紀から五世紀にかけての出来事が、まるでわからなくなってしまうのだ。

古代のことだ。百年くらい、どうということはないと思われるかもしれない。

だが、この百年は、日本という国にとって、きわめて重要な百年なのだ。

というのも、それ以前の中国の史書は「倭」という国について記述している。それは、女王卑弥呼の「邪馬台国」に連なる国だ。

ところが百年後、再び中国の史書に登場するのは、いわゆる「倭の五王」と呼ばれる大王たちで、彼らはいずれも「大和朝廷しの「天皇」に相当する人物なのである。

この百年は、大和朝廷成立の経緯が詰めこまれた、きわめて重要な年代だった。にもかかわらず、なんの記録も残されていない。ゆえにそれを「謎の四世紀」と呼ぶのである。

謎の百年の間になにが起こつたのか?

大和朝廷成立にかかわる百年が抜けているということは、この日本という国の起こりが抜けているということに等しい。

つまりわれわれは、もっとも重要な「国の始まり」の歴史がわかっていないのだ。

ちなみに「倭の五王」とは、『宋書』や『梁書』に登場する「賛(讃)、珍、済、興、武」五人の王のことをいう。この五王がどの天皇にあたるかについては諸説あるが、最後の「武」を雄略天皇にあてることはほぼ一致している。そして「興」が安康天皇、「済」が允恭天皇ということも問題はない。意見が分かれるのは賛と珍で、それぞれを履中・反正天皇にあてる説もあれば、応神・仁徳天皇にあてる説もある。

が、いずれにせよそれは十五代から二十一代という天皇の時代であり、それ以前の初代神武天皇から応神天皇までの時代がそのまま謎の四世紀、ということになるわけだ。

四世紀、列島で何が起こっていたのか?

邪馬台国論争にしても、もとはといえばここに原因がある。邪馬台国は畿内にあり、そのまま大和朝廷になったのか? あるいは九州の邪馬台国が東征したのか? 邪馬台国が九州の地方勢力で終わり、大和朝廷は別にどこかで発生した可能性もある。騎馬民族による日本征服説にしても、やはりこの謎の四世紀の出来事なのである。

辛亥銘鉄剣と雄略天皇
ところで、日本にも数少ないながら、この時代の史料が残されていた。

一九七八年のことだ。埼玉県行田市の埼玉古墳群稲荷山古墳から出土した鉄剣に、百十五字からなる金象嵌の銘文が刻まれていることがわかったのだ。

衝撃的だったのはそこに「私は獲加多支鹵大王に仕え、天下を治めるのを補佐してきました。そこで辛亥年七月に、これまでの功績を剣に刻んで記念とします」(意訳)と書かれていたことだった。というのも、「辛亥年」は四七一年と推定されるので、文中の「獲加多支鹵大王」は、「オホハツセワカタケル」――雄略天皇ということになるからである。

雄略天皇は、中国の史書に「倭王武」として登場する人物だ。つまり、この天皇が実在し、しかも当時、勢力を北関東にまで及ぼしていた、という証明になるわけである。

一方、この「辛亥年」を六十年後の五三一年とする説もある。この場合は、「ワカタケル」は欽明天皇ということになる。

この違いは大きく、もしも「ワカタケル」が雄略天皇なら、謎の四世紀からわずか百年で東国に勢力を伸ばしていたことになる。その場合、畿内勢力はかなり早い段階から成熟していた――邪馬台国は畿内にあった――ことの傍証になるというわけだ。はたして、どちらが正しいのだろうか。

18041705


どうだろうか? もし、読者が上記の小節を読んで、何等疑問を感じなかったのであれば、以降の拙記事に目を通す前に、『卑弥呼の正体』(山形明郷 三五館)を熟読していただきたいと思う。

ちなみに、『天皇の謎』を著したのは歴史雑学探究倶楽部という所のようだが、雑学の名が示すとおり実に雑な内容、出鱈目のオンパレードである。上の小節「謎の四世紀をめぐって」に目を通しただけでも、卑弥呼が日本列島に居たと思い込んでいる、倭が日本列島にあったと頭から信じ切っているといった具合で、目も当てられないとはこのことだと思った。もし、歴史雑学探究倶楽部のように、倭が日本列島にあったと思い込んでいる読者がいたとしたら、上に紹介した『卑弥呼の正体』の第九章、「倭はどこだったのか」の熟読をお勧めする。

ともあれ、『天皇家の謎』では日本の四世紀は謎であると主張しているのだが、とんでもないことである。そのあたりは、次稿以降において敷衍していくとして、「応神天皇の秘密」シリーズを開始する理由の一つが、この機会に、従来の教科書的な日本史を乗り越えて欲しいからだ。

2018年4月16日 (月)

米軍の韓国からの撤退もあり?!

飯山一郎
平成30/04/16(月)2  
中国から世界を診る
野崎博士(中国在住)の中国発情報は貴重だMonju
セウォル号沈没も米潜水艦の仕業か
米国が北朝鮮に大使館設置を検討
野崎晃市博士は上の記事の解説でこう書いている.

(米国は北の体制を認め…)朝鮮半島からの米軍撤退の議論へとつながるものと思われる。

魔坂!とも思うが,野崎博士の予測は当たる!ので,こまるwww
何はともあれ,『文殊菩薩』は.必読です.
飯山 一郎 (72)

きょうは短編小説を読んで下さい

飯山一郎
平成30/04/16(月)  
短編小説納屋のイヌ
Author:虻農〇(アブノーマル)
東北のとある村に ひとり住む婆ちゃん
子供の頃から 動物好きで イヌが欲しくて仕方なかったが
厳格な父親わ 娘の望みを叶えようとわしなかった.

その後 就職 結婚 出産 夫との死別で 独り暮らしとなった.
そんなある日 野良仕事を終え 山を散策していた時
玉のような子犬と 巡りあった.

これわ何かの縁とばかり 子供の頃からの夢が叶い
家へと連れ帰った.

栗毛色した 子犬わ 食欲旺盛であったが 大人しく
無駄吠えすることもなく スクスクと育ち
みるみる内に 婆ちゃんのひざ上あたりまで成長し
家の番人としての 役目に心なしか満足しているようだった.

そんなある日 息子達から帰郷の知らせがあり
婆ちゃんわ これわ一大事と慌てふためいた
イヌ嫌いの息子達に このことがバレれば
引き離されるのわ 間違いなく どうしたものかと思案した.

やがて息子達が帰郷し その日の夕方
やんちゃ盛りの孫達が 「納屋にワンコがいるよ」と
はしゃぎながら 親に駆け寄った.

もはやこれまでと 婆ちゃんわ 覚悟を決め
・・・・・・・これまでの 経緯を説明し
息子達わ 兎に角 どんなイヌなのか見定めようと
納屋へ向かった.

納屋から戻った息子達の顔わ ひきつっていた.

「婆ちゃん・・・・・・・あのさ」

「わたしわ あの子と一緒に暮らしたいんよ」

「いや・・・・・・・あのさ」

「なんじゃ あんたらの指図わ うけんよ」

「いや・・・・・・・そうじゃなくて」

「なんじゃ・・・・・・・」

「アッ アレ・・・・・・・イヌじゃねえよ」

「なんじゃ・・・・・・・」

「アッ アレ・・・・・」

「クッ・・・・・・・クマだよ」

「・・・・・・・・・・」

(了)
異彩を放つ多才
放知技が求める柔軟な思考と実事求是Houchigi2018
放知技』には実に多才な人間が集まってくる.
なかには「異彩を放つ天才」もゐる.
その一人が「虻農〇(アブノーマル)」氏だ.

彼のモノの見方は,柔軟にして独特,皮肉も多いが正論も多い.
とりわけ社会を見る目,そして人間観察は…,上から目線ではない,下からの卑屈な目線でもない,やや斜め上から“心眼”で物事を洞察する趣(おもむき)なのだ.

『虫の目,鳥の目,魚(サカナ)の目,コウモリの目』.
視点や立ち位置,思い込み等々で,物事は違ったカタチに見えるものだが,「虻農〇(アブノーマル)」氏は,ヒラヒラと空中を舞いながら人間社会を見透かす『蝶々の目』も持っている.

そして彼の文章が,また,ヒラヒラと蝶々が華やかに舞うような文体なので,いつしか読み手は心底から魅せられてしまう….

彼は『放知技』のなかに,「独り言(ゴミ箱) 2」というスレッドを持っている.
ためしに一度,「脳活」だと思ってコレをクリックして読んでみて下さい.世の中には,ほんと,多彩な考え方があるもんだなぁ!と,なりますから….

あ,上の短編小説は,読み手の心理を引っ張る手法なので…
東北の村に住む婆ちゃんが…
「熊と犬の区別がつかんハズなかろう!」などといった…
ツッコミは入れんといて猪~大寝!>皆の衆
飯山 一郎 (72)

応神天皇の秘密(1)

人生は冥土までの暇潰し
大阪府羽曳野市に位置する応神天皇陵、飯山一郎さんや堺市の同志と一緒に訪れたのは、前日は紀伊田辺に泊まり(「南方熊楠の世界(1)」参照)、翌朝の特急に乗って堺市に到着した3月3日(土)だった。そして翌日に跨がること2日間、応神天皇を中心テーマとした、興味深い歴史の講義を飯山さんから受けたのだが、実に衝撃的な内容であった。だから、一刻も早く放知技の読者に報告したかったのだが、その直前に訪れた紀伊田辺でも多くの出来事を体験したこともあり、最初に南方熊楠シリーズを書いたのと、仕事(翻訳)の納期に連日のように追われていたのとで、なかなか「応神天皇の秘密」シリーズに筆が進まなかった。しかし、昨日今日に至って漸く仕事が一段落、応神天皇シリーズに取り組むことができるようになった次第だ。

さて、本シリーズでは幾本かの記事を書く予定だが、初回の今回は両日とった行動のあらましを述べておこう。

■3月3日(土)
飯山さん一行は志布志と堺を結ぶフェリー「さんふらわあ」で、前日の3月2日18:30に志布志を発ち、翌日3月3日午前8時50分に大阪に到着、その足で宿泊先のホテルに直行している。だから、到着したばかりの飯山さん一行が、ホテルのロビーで寛いでいた時、亀さんも同ホテルに到着した形だ。そして挨拶もそこそこに、早速、飯山さんによる応神天皇を中心とした、飯山史観の講義がスタートしたのだが、その日に飛び出した飯山史観については次稿以降に書く。

その後、堺市役所の展望台に向かい、眼下に仁徳天皇陵を眺めつつ、再び飯山さんの講義が続いた。本来は同展望台で昼食会のはずが、参加者からの質問が相次いだため、「一日一食の猛者ばかりなのだから、昼飯くらい抜いても大丈夫だろう」という飯山さんの鶴の一声で、同展望台での昼食は急遽中止、急ぎ車に分乗して応神天皇陵へと向かった。(後で聞いた話だが、参加者の一人「舎弟のもっちゃん」は一日三食主義だったようで、大変な思いをしたらしい…笑)

18041601
百舌鳥古墳群をめぐって活発な議論が交わされた

到着後、最初に応神天皇の御霊に二礼二拍一礼した後、神主さん親子の説明を受け、続いて宮内庁管轄の応神天皇陵に案内していただき、ほぼ全員が生まれて初めて、応神天皇陵の一部を目の当たりにした。なかでも猿都瑠さんの場合、実に思うところ大だったようだ。

その後は全員で堺市に戻り、夕食会。最初は話者の中心が飯山さんだったのだが、次第に堺市役所の展望台で合流したYさんが話のリードを握るようになった。やがて、話(酒?)の勢いで全員でYさん宅に押しかることになり、そこで二次会と相成る。その後はホテルに戻り、堺のおっさんの部屋で飯山さんをはじめ皆さんが集合、深夜まで話が続いたというが、亀さんは紀伊田辺での疲れが溜まっていた上、珍しく当日は酔ったこともあって、残念ながら顔を出していない。

■3月4日(日)
翌日の3月4日、ホテルのロビーに再び集合。飯山さんによる講義が暫く続いた後、堺のおっさんから今後の乳酸菌事業の詳しい説明があった。その後は再び車に分乗して、大阪は難波へと向かた。今思い出すに、活気に満ちあふれた難波を肌で感じるという、滅多にない機会となった。

昼食に鯨料理専門店「徳家」で、美味しい鯨料理に舌鼓を打ちつつ、さらに楽しい会話が弾んだ。ふと腕時計を見ると、もう夕方の5時半、皆さんへの別れの挨拶もそこそこに、急ぎ新大阪駅の新幹線のホームへ向かってダッシュ、辛うじて終電数本前の電車で関東のチベット、飯能に戻ることができた。

18041602

次稿より、いよいよ飯山さんが堺市で語ってくれた、応神天皇の秘密に迫る話に筆を進めることにしよう。

2018年4月15日 (日)

中東はロシアが完全制覇!

飯山一郎
平成30/04/15(日)  
シリア アサド政権 盤石誇示
「侵略ミサイル 大半を撃退」
西側報道の写真はワザと寒々しい感じにAsadobz
14日、シリアの首都ダマスカスの広場に集まり、アサド政権への連帯の意思を示す政権支持派の人々.(EPA=時事)
14日,シリア軍は声明を発表し,米英仏3カ国によるミサイル攻撃で,首都ダマスカス近郊などに撃ち込まれたミサイル110発の大半を迎撃したと主張し,内戦を優位に進めるアサド政権が盤石であることを誇示した.(記事)

シリア軍の主張は,そのとおりであろう.
米英仏連合軍が100発以上のミサイルをダマスカスに撃ち込んだ.これは昨年4月の50発のトマホーク攻撃の倍以上の規模.それだけ米英仏軍が総力を結集した!ということだ.

その米英仏の総攻撃を,シリア軍とロシア軍は撃退し,ダマスカスを守りきった!このことの意味は重大である.

今回,米英仏は(全域を全面的に支配していた)中東の支配権を失い…,今後,軍事力をもってしては中東支配を回復できない!

このことが明確になった!ということである.
しかし,そうは言っても…
シリアを含むロシア連合の天下は,そう易々(やすやす)とは来ない.

むしろ…
ユーラシア・ハートランドの覇者・ロシアをツブし,あるいはプーチン暗殺を狙う米英仏の謀略機関の暗躍が激烈化するだろう.

米英仏連合軍の今回のシリア攻撃と,その「失敗」の結果…
世界は,「新冷戦」とも言える対立激烈化の時代に突入した.
こ~ゆ~視点が,より正確な世界認識には,必須!と.
そう思って,ワシは,世界(の政治・経済・軍事)を診てゆく所存.
飯山 一郎 (72)

2018年4月14日 (土)

本日,米軍がシリアにミサイルを撃ち込む!

飯山一郎
平成30/04/14(土)2 
シリアは主権国家なのだが…
ダマスカスは無傷米ミサイルは無能
4780310
SPUTNIK
米国がシリア攻撃
露上院議員「西側諸国による攻撃時、シリア軍は対処しミサイル3分の2を迎撃」
『スプートニク』 2018年04月14日 https://sptnkne.ws/hp6Y
シリアに対する米軍による攻撃の結果は、シリアの防空システムが脅威に対処できたうえ、シリアに向けて発射されたミサイルの3分の2を迎撃することに成功したことを物語っていると、ロシア上院(連邦会議)国際問題委員会のジャバロフ第1副委員長が14日、スプートニクに対し述べた。 (全文を読む)
ワシは昨日このように予測した.
(トランプは)ロシアとシリアに充分な時間を与えて…
ミサイルをブッぱなして…
結果は,ほとんどがロシアに撃ち落とされて…
昨年4月のトマホ-ク攻撃=失敗劇みたいに終わる,と.
まぁ,そんなトコだろう.(記事)
本日の米軍によるシリア攻撃はこのとおりになった.

しかし,それにしても,米・英・仏という白人国家が…
シリアという主権国家の首都にミサイルを撃ち込んだ!
しかも,化学兵器使用の証拠を一切示さずに!である.
白人国家は,こ~ゆ~暴挙を平然と強行してきた…

日本は,そ~ゆ~白人国家に70年間も支配されてきた.
そして何人もの首相や知識人が変死させられてきた.(記事)

シリアの首都へのミサイル攻撃を命令したトランプ大統領.
何を仕出かすか?予測不能の獰猛な大統領と安倍総理は,17日から3日間「ゴルフ首脳会談」を,フロリダで行う.

普通の日本人は,無事と健闘を祈ることしか出来ない.
自分の国の総理の健闘を祈る! しごく当然のことなのだが…
飯山 一郎 (72)

«あの愚かな除染作業は…

2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト

amazon&shop

  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機14畳用 FU-A51-W
  • SHARP プラズマクラスター搭載空気清浄機 8畳用 FU-A30-W
  • 横田めぐみさんと金正恩
  • SHARP サイクロンクリーナー ベージュ系 EC-CT12-C

カテゴリー

無料ブログはココログ